忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

家を継ぐべき、農地のある実家を守るべき、これは義務か、親孝行なのか?

私37歳は妻と二人の娘という家族構成で、とある小さな地方都市に住んでいます。
年齢的に戸建て住宅に住もうと思い始めましたが、
「家を継ぐべき、農地のある実家を守るべき、これは義務か、親孝行なのか?」
という葛藤に悩まされています。

中心地から車で30分行った農村に私の実家があり、そこの長男として生まれた私は大学卒業後、東京ではなく実家から近いこの地方都市に就職し、結婚して住んでいます。

実家の父は他界し、母も難病を患い、おそらくこのまま病院生活が続くと思われ、実家の住宅と田んぼと畑、一部の山林は完全に私に相続されることになります。

言い遅れましたが、私には二人の姉がいますが、一人は結婚して外国に永住、一人は九州に嫁ぎました。そういう意味で私が実家の管理を任されています。

病床で母は言います。
「多少不便でも実家に住んで家を守って、田畑を管理してもらいたい」と。
その気持ちはわかるのですが、その実家がある場所は、立地的に不便で、若い人や子どもの減少が激しくなってきており、これからの子育てや学校教育の点で環境が良くないと判断しています。

以上の生活環境のデメリットに加え、実家から何年も離れているため特に仲の良い友達もいませんし、郷愁を覚えるというよりもさみしい記憶が多い実家に、戻り住宅を改修して住む現実的な魅力や動機づけが私にはありません。

しかし、農村の村意識というのは、暮したことがある人はわかると思うのですが、農地がある長男が家に戻らず、車で30分しか離れていない場所にあえて新居をかまえることは、「ばちが当たる」、「親不孝者」、「不経済極まりない」っといった声が実家の近所からは聞こえてきます。

深く話せば僕は実家を完全に捨てるなんて思いません。
今後子どもの手がかからなくなる時期には、いったん実家に戻り農業やスローライフを楽しみたいと考えています。(よぼよぼになればその後は老人ホームでしょうが・・・)
ただ今の時期、子どもに何かと手がかかる時期から高校卒業ころまでは市街地に住みたいと思います。
というのは子どもにできるだけたくさんの選択肢と可能性を与えてあげたいからです。
その間、実家は週に1回は見回りに行くとか、田畑は誰かに貸したり、草刈りをしたりして、他人様に迷惑のかからぬよう妻と計画的に管理しようと考えています。

確かに相続の結果、新居と実家の家を2つ持つ形になることは不経済極まりないことでしょう。ただ、経済的に苦しくとも、生活環境を重視して贅沢を我慢するという価値観をもって新居と実家をもつというのは、バカげたことなのでしょうか?

資産ある故の贅沢な悩みだぞっと友人に嫉妬されますが、その一方で、農村社会のもつプレッシャーも嫌なものです。

僕は甘いですかね?親不孝者でうかね?
家を継ぐべき、農地のある実家を守るべき、とはどういう意味かについて良いアドバイスをお待ちしています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

義務


親孝行

なんだか、恩着せがましい。
義務???何が???法律で決まっていますか?
後々は、そこで住みたいけれど、今はちょっと・・・
そう思っている時点で、親孝行してないですよね?今は、都心に近い場所で楽に暮らしたいんですもんね?

私が当事者ならば、勿論悩みますが、
「義務」「親孝行」
なんて考えません。今後、自分の家族が、相続することで苦労するならば相続放棄をします。
勿論、思い出の土地はあった方がいい。私も実家は田舎なので、思います。
でも、いざとなれば、今の生活、今の自分の家族優先するしかないかと思っています。

父は、祖父の考えは十分わかっていましたが、山林は手放しました。
ただ、やはり後ろめたさがあったのか、1周忌後だったかと思います。
やはり、持っている以上、なんだかんだとお金がかかるので。自分の父の思い出の土地であっても、そこで自分もそして子(私)も思い出を作ったにせよ。管理は、期限があるわけじゃない。
自分が他界すれば、同じ思いを子(私)もするならば、今のうち手放した方がいい。という結論でした。
正直、私ども兄妹にしてみたら、助かりました。
父が他界したら手放そう!なんて話していましたが、手放すにしてもまた厄介。兄妹で手放すにしても擦り付け合いになるんだろうなぁーって(笑)

とはいえ、このことは、お姉さま方ともよくお話をなさるべき。
海外にいようと九州にいようと、沖縄だろうと、離れ小島だろうと、土地を所有することはできるのです。誰かに保全、管理を頼めることはでいます。貸す事で、収入を得て、それで守り続ける事もできるのです。
別に、近くにいる長男がしなくてはいけないことではありません。
そういうことを代行してくれる会社はいくらでもあります。

義務、親孝行
なんだか、他人に責任があって、その火の粉が自分に飛んできた的考え方で継ぐのは絶対に辞めたほうがいい
絶対に後に
「俺が長男だったからついでやった」とか言い出しそう。そういうこという事事態、大人気ないですから。
継ぎたいならば継ぐ。
守りたいならば、守る。
その意志一つ。
お母様だって、いやいや継がれて、墓の前で愚痴られるのも嫌でしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

率直なご意見ありがとうございます。
だんだん考えが整理されつつあります。
何が最善かをあれこれ考える段階から、何を得て、何を捨てるかという、決断をする段階にきた感じがします。

妻にも「いやいやながら家を継げば、その姿に子どもたちは敏感に感じ取る」って警告されています。
また、僕自身も納得できない偽善的な親孝行といわれる行為は末代に渡って引っかかるかと思います。
幸いにして経済的に決断をできる立場にいますので、覚悟を決めて父や祖父母の墓前ではっきりと報告しようかと思います。

どんな決断になるにせよ、今回のコメントにより背中を押していただいた気がします。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/01/16 20:36

こんにちは。

40代既婚女性です。

前の結婚で田舎の旧家の長男の嫁として
同居歴15年があります。

田舎といっても近所に
新興住宅地も結構あり、教育、病院
買物は特に大きな不便は無い地域でした。
元々その土地を開墾し
一族で田畑を維持していた村落を
新興住宅地が取り囲む形になってます。

しかし、その「新興」住宅地も、住人の高齢化が進み
(1970年代にできて、標準世帯といわれる家族たちが住みだした)
車がないと生活できない地域に
病院通いを毎日する高齢者が
車を運転できなくなり
子世帯が戻ってくることをよく聞きます。

そこから車でさらに奥へ30分
もっと草深く、山や川に囲まれた
自然一杯の地域がありますが
きっとあなた様のご実家は
そういうところなんでしょう。
ご実家の近くにキャンプ場があるような・・・。

田畑の管理は想像するだけで頭がくらくらします。

前の婚家の田畑は、まだ「売れる土地」だったので
私が嫁に入ったときは
自宅と借家の敷地、自営の店の敷地のみ残して
後は全部、新興住宅用に売り払ってました。

これは前夫の祖父が売ったそうです。

前の婚家は農業から手を引き、不動産業者として生きています。

たまたま売れる地域に土地があったから
売れたと言うラッキーでしょう。

あなた様の、「地域の声」を気にするお気持ちはよく解ります。
でもね、外野は無責任なことを言うんですよ。
先祖代々の土地を手放すとは・・・
先祖代々の土地から離れるとは・・・
全部「精神論」でしょう?
「情けない」「親不孝」「バチが当たる」
その土地で生活できたら
戻りたいに決まっていますよね?
でも、どうやったらそれができるか?

今の状況では、不利なことばかりではないですか。

世間は暇だから、そうやって
他所様の家のことをあれこれ言うんです。

私自身は、自分の親やその親たちが親元から離れて
独立独歩、先祖の墓はあるけど
先祖の出た地域から数百キロ離れたところで
根を張って生活してきたので
自分のルーツの土地には
興味と愛情はありますが
そこの土地に絶対に縛られて
その土地の上に住まないと・・・などは思いません。
そういう枷のある、あなた様のような環境の方を
お気の毒だとすら思います。

先祖がそこで花を咲かせた。
それでいいでしょう。
花の種であるあなた様や、あなた様の娘さん達は
風に飛んでいって
遠い遠い土地で根を張り、花を咲かせ
また種を遠くに飛ばせばいいのですよ。

もう元の花が咲いた土地は
栄養もなくやせてしまったのですから
花が咲かないのですもの。
咲かせようがないのですもの。
種のためにはさらにいい場所を探して
風に乗って飛んでいく。
これ、自然の道理ですよね?

あなた様の娘さん達の時代には
海外どころか
月や火星で暮らしているのかもしれません。

いつまでも地球の小さな地域に
苔のようにしがみついていていいのでしょうか?

言葉が過ぎたかもしれません。

私の前夫は、町の田舎で
変に便利なので
逆に生家から縛られて、
遠くに行けない人生です。

学校も、就職も
電車で2時間程度範囲
就職も数年後には実家の家業を継ぐからと
せっかく得た資格も生かせず
中途半端で終わりスキルも磨けず
すべてが「実家の親の言うがままのレール」に乗って生きていました。

それはすべて「この家と土地を守る」
「先祖の墓を守る」
そのためにだけ生まれてきて
それだけを望まれて生きてきたのです。
それが人生での最優先で、
本人の本当にしたいことや
本当に結婚したい相手と結婚できず
ずっと鬱屈して生きていたように思います。

前夫だって、やせた土地で花を咲かせたくなかっただろう。
自分の可能性を閉じられて
目隠しされて、洗脳されて
それに気がつかず、今、60前です。

気がつかないまま人生を終ることが出来たら
それはそれで本人は幸せなんでしょう。
今頃気がついても、いったい彼にどうすることが出来るでしょうか?

縛られた鎖を切る機会は
何度かありました。
私との離婚の時もそうです。
結婚生活の維持か、親を取るか
前夫は「嫁のかわりはいくらでもいるけど、親の代りはいない」と
自分の足についた鎖を切らずに
私を切りました。

その親も、父親は亡くなり
今は母親のみです。

私には「土地土地」と言い張る
前夫がこっけいに見えました。
自分の先祖がいつのまにか「ここからここは、うちのもの」と
線を引いて
その代価として、働くとか金銭で得たものでしょう。

元々は誰のものでもない。

先祖先祖って
数億年前には海の中でクラゲのように
フワフワ浮いていたのに。

なにも、先祖をおとしめるわけではないのですよ。

私が言いたいのは「もう十分に土地の恩恵は受けたでしょう。
土地神様にお返ししたらどうですか?」ということです。

この世に永遠のものなど何一つとしてないのです。
国家ですらそうです。
人間社会だってそうです。

もう十分にその役目を果たした
先祖の土地は
いまや子孫のお荷物化してるわけですよね。

手離して、子孫が新世界で道を切り開くか否か
あなた様もいずれ「先祖」になるわけですから
決断を迫られているのですよ。
まだ見ぬ子孫に。(あなた様のお孫さんやひ孫さん。)

そんな大局を見ないといけないときに
近所の噂など小さい!小さすぎます!

また、相続時に
全部あなた様が相続できるとは限りませんよ。
姉上達にも権利はあります。
相続放棄をしてもらっても
税金を払うとなると
現金になりますから
不動産を現金に換えないといけなくなります。

相続を均等にしたら
無人の生家の管理も、きょうだい間で平等に分担すればいいのです。
物理的に距離があって
労力の提供が不可能なら
管理のための金銭負担を分担です。

あなた様の子孫に
負の遺産を残すことのないよう
(もらってもありがた迷惑)
長期的視野で考える時期にきているのではないですか?
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ご回答者さまのリアルな経験をもとにしたアドバイスは心を打ちます。

もし妻に「結婚生活の維持か、親を取るか」と聞かれたら、結婚生活をとります。(笑)
親の愛は表面的に切れても原始的に断ち切ることができないとても大きなものです。一方、結婚生活は維持する努力が無ければそもそも存在しないし、結婚生活が無ければ親の愛が次の世代に受け継がれないから、と思うからです。

話がそれました。

コメ=イコール=経済的価値といわれていた戦国時代や江戸時代初期ならいざ知らず、土地を保有する(守る)意味が全く変化しているのに、何かの観念だけで土地に縛られた生き方は自分ではよくても配偶者その子どもたちや周囲の人からは"異様”に見えることでしょう。僕の子どもたちにはそんな影は見せたくないです。

おっしゃられるように長期的視野で考える機会を持てたことに感謝して、決断します。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/01/16 19:24

都会生まれの都会育ちの中にはちょっとだけ体験したい・・・という人もいます。


そういった人たちに住宅つきで農地などを貸すということもビジネスとして在りかと。

「家を継ぐべき、農地のある実家を守るべき、これは義務か、親孝行なのか?」
’べき’や’義務’は現在多様化している生活状況では非現実的なことになりつつあるでしょう。
お母様にとっては昔の生活や思い出が詰まっていますからことのほか大事です。
それでもこれから将来をになうお子さん達にはどうでしょうか??

農村の近所の方ももう若い働き盛りの人はいないのでは?
大なり小なりご近所の家庭も同じような問題を抱えているはず。
親が無理やり子供家族を呼び寄せている所も多いでしょう。
子供が自ら進んで農村に戻ってきた所はマレでしょう。

家屋が在るだけで贅沢と昨今は言われるようですが・・・
家屋も農地も手をかけないと傷みが激しくなります。
農地を貸したり、実家を貸すことである程度傷み方が柔らぐので悪いことではないです。
特に実家を賃貸に出すことで家屋の修理代ぐらいにはなるのでは?

’資産’があるとはいえ農地や家屋は手入れをしなければその価値が全くなくなります。
価値が無くなった資産は’不の財産’となってしまいます。

戦前の日本は地主さんと小作人との関係でうまく農産業が出来ていました。
大きな地主さんは自分で農作業をしないことが多かったようで農地の一部は借地として農家は地代を払っていたり、農作業員を雇って農業を・・・
規模が違うでしょうがそういったことも今なら出来るのでは?

ここまで日本が急激に変化してきたのですからこの辺でちょっと振り返ってみては?
好景気の時には農村から町に人々がドンドン出て行き、田舎を振り返らずに忘れ去られていって
ほとんどの農村は過疎化にかなり苦労したと聞きます。
好景気が去って不景気がやってきても過疎化した田舎には人が帰ってこない。
ソコソコ町に近い農村にはボツボツと帰る人が・・・
昨今の不況でまた仕事が無くなり都会には失業者が日々増えていく中、田舎からも仕事を都会に求めて出てくる。

ごく一部の人の中に原点に帰るということで農業をやってみようという人もいるようです。
家庭菜園の延長程度に考えているようですが。
40代半ばぐらいの人で体力にまだ自信があれば少し大きな家庭菜園などもやり始めるでしょう。
ちょうど町からも近いようですからそういったことでも需要があるのでは?

本格的な農業は難しいでしょうから「家庭菜園場」としてやっていけるのでは?
実家には農業のことがよく判る人に家庭菜園の管理人として賃貸するなり・・・
一つのアイデアではありますが。
大工さんがテナントだと住みながら修理してくれたりするかも?? (修理代は別払いでしょうが)

まだお若いですから経理などの資格を取られると将来実家の管理経営をするときに有利です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おっしゃられるように農村の農地や住居にも価値が無いのでなく、有効的な使われ方が昔と同じではなくなっているんです。

実家の近所の農家(兼業農家)の人の昔は農業で生計を立てていましたが、今では大半が町で働く、あるいは農業の副収入としてアルバイトをしているのです。生活必需品だって市街地まで買いに行っていますし、市街地の恩恵を受けているこのような現状を棚に上げて農村が一番的な考え方は都合がよすぎます。

農村と農地の現在価値の変化に柔軟に対応することが大事なのに、近所の人は家の継承問題に摩り替えている、、、バカゲタ考えです。そういう人こそあたのたの農地は価値を生まない農地になるんだよって言ってやりたくなります。

家を継ぐことはせず、市街地地域に住んでも、農地の有効活用は視野に入れます。僕は僕の時代にあった土地の活用をしていきたいです。その姿勢を見てを子どもたちが何かを掴んでくれることを期待します。
もしかしたら、(かなり確率は少ないですが、)「食糧危機」が来ないとも限りません。農地を持つことはこの時の大きなリスクヘッジとなります。
このまま時代が流れ、子どもが相続した後、結局価値を生まない農地になった場合の保有コスト(固定資産税)はそう多くは無いので、その経費の合計ぐらいは事前に引当金として子どもらに現金で用意するつもりでいます。まあ、その先はいよいよ国庫返納でしょう。

農地活用についていろいろと参考になりました。
もう少し検討してみます。

お礼日時:2010/01/16 19:01

解決もアドバイスもできませんが、あまりに境遇がそっくりで、同じ悩みを抱えているため、思わず回答を書かせていただきます。


こればかりは、同じような境遇の人じゃないと分からないでしょうね。
私も車で40分ほどの農村に年老いた両親が田畑を守って暮らしており、私自身は妻と子供(まだ赤ちゃん)の3人で、職場近くの市街地の賃貸アパートに暮らしています。
親は、同居とは言わないが、実家を改築するなり二世帯にするなりして、近いうちに帰ってきてほしいようなことは言いますが、妻と親の関係(今いちウマが合わない)や子供の学校のこと、職場の場所などを考えると今の方が場所的には都合が良いため、可能であれば子供が大きくなるまでは現在の市内に住みたいとも思い、葛藤に苦しんでいます。日頃、妻からもプレッシャーが・・。
親も高齢のため、畑仕事を続けられるのもあと数年がいいとこという感じです。
私自身も、退職後は畑仕事でもしながら(結構普段から農業は手伝っていますし)暮らすのもいいかなと思っていますが、当面の子供が大きくなるまでの間が問題です。
今の賃貸アパートは狭いこともあり、子供の転校もかわいそうなので、小学校に上がるまでには決断しないといけません。
ただ、こればかりは自分でいつかは方向を決めないといけないのでしょうね。

質問者様の場合は、不経済とは言っても、経済的に何とか可能なのであれば、希望通り市街地の新居と実家の維持を両立し、将来は新居を売るなり貸すなりして実家に戻るという形も良い選択ではないでしょうか。
そこまで考えられているのだし、親不孝ではないでしょう。
田舎のご近所の声ってのは、私も痛いほどよく分かります。
ただ、親と付き合いのあるご近所の方々も結構ご高齢だと思いますし、あと10年20年もすれば、隠居したり亡くなったりする人も多いかと思います。古い考えもだんだん薄れてくると思いますし、この際、あまり気にしなくてもいいんじゃないでしょうか。私の実家の近所でも、若い世代の人は外へ出て行っている人も珍しくないですし(いずれは戻ってくるのかもしれませんけど)。
難しい問題ですが、お互い良い落としどころを見つけられるよう頑張りましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本当に近い境遇のひとはいるんですね。WEB2.0のおかげです。
このようにWEBを通じて価値観の多様化が進むように、
あと10年20年もすれば、、、農村においても因習にとらわれない合理的な考え方が主流になると思います。
僕も(そして回答者様も)農村か市街地かという二者択一でない自分にあった落としどころを模索することでしょう。
いずれにせよ「あの時どうして自分の考えがぶれてしまったのか」というように後悔だけはしたくないものです。

心強い回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/16 18:28

古い考え方を持つ奴も中にはいることは事実だな



実家の空いた土地は借りたいって言う人がいたら、安い借賃で貸してやりな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

古い考え方、それは半世紀前の視野の狭い考え方の方がいます。
どこにでもいるのです。その国にもあるのです。

当事者としてその現実に今対峙しています。

お礼日時:2010/01/16 18:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長男です。離れた実家の親と先祖代々の土地をどうすればよい?

長男です。離れた実家の親と先祖代々の土地をどうすればよい?
30代既婚幼い子供もいます。実家から車で7時間もかかる離れた県に
持ち家で夫婦子3人で暮らしています。弟がいますが、結婚し私と同様の状況です。
昨年突然父が急逝し、実家には母と祖母だけが暮らしています。
実家は代々農家で水田もありますが、専業でやっていける規模ではなく、
ものすごく田舎で良い仕事もありませんでした。そのため、私は仕事のある都市で就職・結婚しました。
父がいなくなってから、現実問題実家をどうしていけばいいのか悩みに悩んでます・・。
今の仕事は順調です。しかし、実家をほっとくわけにもいきません。
母や祖母の面倒もですが、私は田畑を守ってきた父や祖父を尊敬しており、
そんな実家の土地を放置や放棄したくないんです。
父が死んでから強くそう思うようになってしまいました。
できれば帰って兼業農業しつつ母や祖母の面倒みたいと思っています。
しかし、嫁や子供は絶対に苦労します。スーパーや小学校も遠く、収入も激減する。
今の嫁と子供に苦労させたくありません。
田畑は誰かに貸して管理してもらう手がありますが、
限界集落に近く、借り手が見つからない可能性が高いです。
何かほかに良い選択肢がないのでしょうか?私と同様な状況の人いますか?
今さら後の祭りですが、これなら嫁不足の実家近くで役場にでも就職して、独身のままかもしれないけど実家を守ったほうが良かった気がしてなりません。

長男です。離れた実家の親と先祖代々の土地をどうすればよい?
30代既婚幼い子供もいます。実家から車で7時間もかかる離れた県に
持ち家で夫婦子3人で暮らしています。弟がいますが、結婚し私と同様の状況です。
昨年突然父が急逝し、実家には母と祖母だけが暮らしています。
実家は代々農家で水田もありますが、専業でやっていける規模ではなく、
ものすごく田舎で良い仕事もありませんでした。そのため、私は仕事のある都市で就職・結婚しました。
父がいなくなってから、現実問題実家をどうしていけばいいのか...続きを読む

Aベストアンサー

まず、貴方は立派だと思いますよ?

長男としての自覚があるから悩むんだと思います。

周囲を見ると長男だからって関係ないとか、実家のことなんか考えてないとか、弟だっているからとか同等に考えている長男が多いのにびっくりします。

実家の事を考えるって長男の責務だと思います。
それが出来なかった時は弟の順番だとおもいますが、弟に任せるなら自分の事以上に弟をサポートする必要があると思います。

仕事が無い、収入が少ない、家族が苦労をする等の心配事。

弟と相談して弟が行ってくれるなら、自分は心配事を回避できるのだからその分弟をサポートしないと・・・って思います。

>嫁や子供は絶対に苦労します。スーパーや小学校も遠く、収入も激減する。
今の嫁と子供に苦労させたくありません。

田舎は車が普通だし、スーパーなんかは問題ないのでは?
ネットが繋がるなら何でも揃う時代ですよ。私なんか殆ど通販です。
収入が減ってもそれなりの生活をすればいいですし、子供はすぐ順応するでしょう。
学校が遠くても通いますよ。行く気が有るか無いかです。
嫁の反対が有るならそれまでですが・・・

本気で心配ならどの選択肢を取るかでしょう。

1.移住する。

仕事が無い、収入が少ない、家族が苦労をする等の心配

2.弟に移住してもらう。

仕事が無い、収入が少ない、家族が苦労をする等の心配をサポートしてやる。
痛み分け。

3.毎月通う。

例えば、東京から福岡を毎月1回、週末金曜日の夜便で行って、日曜日の最終で帰ってくる。
家族で往復10万。年間120万円掛ければ、仕事が無い、収入が少ない、家族が苦労をする等の心配を軽減出来ませんか?
問題は田畑は誰かに貸して管理してもらうですね。
スローライフが流行ってるからその辺の活動している団体が有るかも知れませんよ?

何の犠牲も無しにってのは無理だと思います。

母や祖母の面倒だけで考えるなら故郷を捨てて呼ぶかですね。

何を選ぶにしても家族の協力無しには達成できませんね。

まず、貴方は立派だと思いますよ?

長男としての自覚があるから悩むんだと思います。

周囲を見ると長男だからって関係ないとか、実家のことなんか考えてないとか、弟だっているからとか同等に考えている長男が多いのにびっくりします。

実家の事を考えるって長男の責務だと思います。
それが出来なかった時は弟の順番だとおもいますが、弟に任せるなら自分の事以上に弟をサポートする必要があると思います。

仕事が無い、収入が少ない、家族が苦労をする等の心配事。

弟と相談して弟が行ってくれるなら、自分...続きを読む

Q田舎の土地を手放したい

田舎に土地があり、草刈りなどの手入れが大変です。

何も無い村で過疎化が進んでおり

若い人が家を継ぎ放置状態で草の塊になったり、田んぼや畑を放置して雑草が凄い事になってます。

私の場合も例外では無く

今は両親が手入れをしてますが
私の代になれば、とても面倒などみれません。


周りの親戚に話しをしても
田舎の土地は誰も欲しがらないそうで
売れないとの事

田舎なんで資産税はたいしたことありませんが
雑草などの維持ができません

使ってない田んぼや畑は少額ですが
お金を出して使ってもらっています。
その方が周りに迷惑がかからず
安上がりなんです。


両親が土地を大切にしているのは先祖からの遺産を大事にしてるのも有るみたいですが、自分は生活で手一杯でとても無理です



私の代になり、周囲の人に迷惑を掛けないように手放したいと思ってます。


国は引き取らないという話しを聞いています。


村の人たちも土地が余ってるので
いりません

どうすれば手放せるでしょうか?

Aベストアンサー

>どうすれば手放せるでしょうか?

未だ手に入れていない(=現在はお父様所有の)土地を手放す算段をするのは早とちりですよ。

まず、不要な土地を相続しないことを考えましょう。

遺言書で第三者に相続させる方法や、相続税が発生する方の場合は物納などいろいろな方策があります。

しかし、一番確実な方法は法定相続人として相続放棄の手続きを取ることです。
相続放棄の場合は、土地以外の相続財産も放棄することになりますので、お父様が土地以外の財産も保有している場合は、生前贈与を実施し、お父様の相続財産から消しておくことをお勧めします。

つまり、土地だけを残して死亡していただき、その時点で相続放棄をするという作戦になります。

Q家を継ぐとは具体的にどんなことをするの?

よろしくお願いします。
結婚3年目で子供はいません。主人は長男で田舎出身で都内在住です。
田舎に住む義両親とは関係が悪く「もう家は継がなくていい」と怒りながら言われました。
田舎でいう「家を継ぐ」というのは、具体的になにをすることでしょうか?
同じ姓を名乗っていますし、私たちが子供をつくれば、その姓が続いていくし、私としては「継ぐ」ということになると思うんですが。それだけじゃないみたいです。
それから、「盆も正月も帰ってくるな。お前たちとは付き合わない」と言われその後連絡とっていません。いかにも勢いで言っちゃったという感じだったので、今回のお正月は、お墓参りついでに30秒くらい私たちから顔を出そうかと思っていたのですが、そこまで義理を尽くすほどモチベーションがあがりません。(私達から謝ってきたと受け取られかねない)
とはいえ、長い目で見たら、こちらから出向くことが、のちのちは、主人の為・自分達夫婦の為になる気もいたします。
しかし、非常識な義両親&小姑との関係で精神的苦痛があり、主人は髪が少し薄くなった気もしますし、私は生理が1年とまってしまいました。
今後どうなっていくのか・・、このまままったく縁が切れた状態なら楽ですが、私達に子供ができたなど、折に触れて連絡をするか・しないか悩むのもしんどいです。

よろしくお願いします。
結婚3年目で子供はいません。主人は長男で田舎出身で都内在住です。
田舎に住む義両親とは関係が悪く「もう家は継がなくていい」と怒りながら言われました。
田舎でいう「家を継ぐ」というのは、具体的になにをすることでしょうか?
同じ姓を名乗っていますし、私たちが子供をつくれば、その姓が続いていくし、私としては「継ぐ」ということになると思うんですが。それだけじゃないみたいです。
それから、「盆も正月も帰ってくるな。お前たちとは付き合わない」と言われその後連絡...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

都会にずっと住まわれている質問者さんは田舎のことは本当に想像できないでしょうね。
私は田舎出身で今は都会に住んでいますが、絶対田舎に嫁になんかいきたくないです。幸い結婚相手が首都圏出身者だったので助かりました。

田舎は嫁に行って苗字が変わるのが当たり前、夫の実家で同居、もしくは近居するのは当たり前、仕事をしていても自分の家族+義両親の食事まで作って当たり前、子供は二人以上産んで当たり前、義両親の老後の世話をして当たり前、お盆たびにお墓参りして当たり前、これらすべてのことをこなして60になったころには息子が結婚し、今度は息子のお嫁さんに気を使い・・・。

おそらく、旦那さんのご両親はまず息子夫婦が自分たちと同居していないことでご立腹でしょうね。そういう不満は言ってきませんでしたか?
その期待にこたえない限り、義両親に大事にされることはないでしょう。あちらは息子より自分のことが一番大事でしょうから。質問者さんから折れることがゆくゆくは自分のためになるって思われているようですが、実際最後まで相手に折れて上げられる覚悟がないなら、この問題が長引くだけですよ。もし付き合いきれないなら、ある程度相手のことをあきらめて、自分の適度な距離をさがせばいいと思います。
それにこちらが距離をとっても一年もすればまたあちらから連絡をとってきますよ、心配しなくても。

私は旦那さんにご兄弟がいらっしゃるならそちらにお任せしてしまえばいいと思うんですけどね。
あてにならないと言っても、実際介護とかの話になったら女手以外に何も役に立ちませんし。質問者さんたちにできるのはちょっとした仕送りぐらいじゃないですか?その代わり財産を放棄すればいいと思います。
弱い犬ほどよくほえるといいますけど、ほんとにそんな感じなのでしょうね。心配しなくても質問者さんたち夫婦が義両親のことにはかかわらない覚悟が決まれば、相手が何かひどいことをするたびに「やっぱり自分の決断が正しかった」と思えてくると思います。要は覚悟しだいです。義両親のほうが性格が変わることを期待するのは無理です。

こんばんは。

都会にずっと住まわれている質問者さんは田舎のことは本当に想像できないでしょうね。
私は田舎出身で今は都会に住んでいますが、絶対田舎に嫁になんかいきたくないです。幸い結婚相手が首都圏出身者だったので助かりました。

田舎は嫁に行って苗字が変わるのが当たり前、夫の実家で同居、もしくは近居するのは当たり前、仕事をしていても自分の家族+義両親の食事まで作って当たり前、子供は二人以上産んで当たり前、義両親の老後の世話をして当たり前、お盆たびにお墓参りして当たり前、こ...続きを読む

Q田舎の長男と結婚したのに、跡を継がなかった方

35歳主婦、結婚3年目で子供なし、夫婦で東京に住んでいます。
旦那は超ド田舎の本家の長男で、私は生まれも育ちも東京です。

旦那の仕事が東京で、田舎に仕事はないので、定年まではずっと東京に住むこと確実だし、
定年になった頃には義両親も他界して、同居も跡を継ぐことも
実現しなくて済むだろうと思い、結婚を決意しました。

帰省のたびに、「子供はまだか」「早くこっちに帰ってきて一緒に住め」
「こっちで仕事探せ」「農作業を手伝え」等々のうっとうしいことを言われても、
”同居するわけじゃないし、帰省のときだけ、年に数日の我慢”と思い、
適当に笑って受け流してきたんですが、最近そういう発言がエスカレートしてきて
だんだん本気でキレそうになってきています。

基本的に男尊女卑、女は子供を産む機械であり、農作業の労働力、
家事は全部やるものという考えなので、代々東京に住んでいる私の実家とは
考えが対極過ぎて全く理解できません(うちも家事は母がやっていますが、
母が手を抜いても父は何も言わないです)。
義父は何かにつけて、義母を呼びつけては雑用をさせています。
義母がまた気の弱い人なので、見ていて奴隷のようです。
女性とはいえ、私は高度な教育を受けてきたし、経済力も身に着けてきちんと自立できるよう
育てられてきたのですが、義父は女のくせに高学歴・高収入(だった)で子供を産まない
嫁のことが気に入らないようです。
下手に会話に入ると嫌がられるし、嫁に人権なんてないんだと実感しています。

数え上げればきりがないほど、時代錯誤の考えや発言、しきたりが多く、
それらを押し付けてくることがこちらも理解できません。
結婚前は特にそういったことは言われたことなかったのですが、結婚して慣れるにつれて
あれやこれやと言いたいことを言ってきます。

ものすごい過疎化してしまっている村なのに、跡を継がせることに必死で、
先祖代々の土地を守りたい気持ちはわかるのですが、土地に子孫を縛り付けることが
子孫の人生そのものに著しく制限かけてしまってることになぜ気づかないのか、とか
そんなことばかり思ってしまいます。

その土地だって、全部合わせてもせいぜい300坪程度で、土手の斜面とか
どうしようもない土地ばかりで、維持費だけかかる負債の塊のような土地なので、
私だったら、自分の代でできる限り処分して、後世の人たちに負担のかからないように
してあげたいと考えますが、義両親は私たちが跡を継ぐのは当然で、さらには
私たちに早く男の子を産んで安心させてほしい、くらいの気持ちでいます。
でも、そもそも子供を産むか産まないかだって、私たち夫婦が決めることではないでしょうか。
同居して親の介護をして、土地とお墓を守って後世に引き継ぐのが私たちの大事な仕事と
言ってるようです。
貧しい家なので、もしかしたら私たちの援助をあてにしているのかも、などとも
思ってしまって憂鬱でなりません。

私の実家は、両親含め周りの親族を見渡しても、みんな子供には迷惑かけないよう、
自分の世話ができなくなってきたら自ら老人ホームなどに入り、子供に介護や経済的な負担が
及ぶことのないように、という考えです。
私自身は子供はいませんが、子供に迷惑をかけないようにする、というのは
当たり前のことだと思っていました。

なので、このような考えの義両親のことが最近とても重荷に思えてきて、
帰省のときだけの我慢とは言っても、帰省が近づくたびに体調を崩すことが多くなり、
どうにかうまく対処する方法はないものかと思っています。

旦那には、私は東京から離れるつもりはないこと、跡を継ぎたいなら離婚か別居と言ってあります。
もちろん、旦那との生活は幸せなのでこのまま二人でずっと暮らしていきたいですが、
知り合いも誰もいない(しかも超閉鎖的で、東京出身の私を受け入れるとも思えない)土地で
義両親の介護、その後は義姉の介護なんて、自分がノイローゼになるだけだと思ってます。

このままなんとか跡を継がずに義両親が他界するのを待って、お墓以外は適当に
処分したいのですが、私のように、のらりくらりと跡継ぎや同居の話をかわして、
最終的には処分をしたという方がいらっしゃいますでしょうか。
それまでどういった心構えで、このうっとうしい発言の数々を乗り越えていけばいいのか、
そして処分に至るまでにはどんな苦労があったかなど、先人の経験談を教えていただきたいです。

35歳主婦、結婚3年目で子供なし、夫婦で東京に住んでいます。
旦那は超ド田舎の本家の長男で、私は生まれも育ちも東京です。

旦那の仕事が東京で、田舎に仕事はないので、定年まではずっと東京に住むこと確実だし、
定年になった頃には義両親も他界して、同居も跡を継ぐことも
実現しなくて済むだろうと思い、結婚を決意しました。

帰省のたびに、「子供はまだか」「早くこっちに帰ってきて一緒に住め」
「こっちで仕事探せ」「農作業を手伝え」等々のうっとうしいことを言われても、
”同居するわけじゃない...続きを読む

Aベストアンサー

嫁じゃなくてすみませんが(田舎の長女です)
わりとどうでもいいことかもしれませんが、田舎の土地は売れませんよ。
義両親に貯金が無いなら相続放棄した方がいいと思います。
売りに出したのはいいけど20年経っても売れませんでした☆
なんて日常茶飯事です。

農家や自営業者はサラリーマンや公務員と違って年金が無いです。
奥さんがよほどしっかりしていないと老後は息子におんぶに抱っこになります。
稼いでいる間はサラリーマンよりも収入が多いため贅沢三昧をしているので、その生活が忘れられず息子の給料で豪遊しようと考える老人も少なくありません。

義両親は何歳なのですか?
定年迎えても、多分生きてると思いますよ…。
父が定年になりましたが、父方の祖母も母方の祖父母も健在です。
父方の祖父は若い時に亡くなり、母方の祖父もめっきり弱くなりましたが祖母×2は死にそうにありません。

のらりくらりかわして死ぬのを待つなら旦那さんもその気がないと結局もめますよ。
「義両親の発言も態度も大嫌いだから絶対に面倒を見ない」と断言してしまうのも手です。
そういう長男の嫁も、近所にいます。
あと笑ってやり過ごしていると、嫌がってないと思っている夫もとても多いですよ。
ある日爆発した妻を見て「そんなに嫌なら早く言えばいいのにいきなり激怒して意味がわからない」とデリカシー皆無→離婚
とかもよくあります。

嫁じゃなくてすみませんが(田舎の長女です)
わりとどうでもいいことかもしれませんが、田舎の土地は売れませんよ。
義両親に貯金が無いなら相続放棄した方がいいと思います。
売りに出したのはいいけど20年経っても売れませんでした☆
なんて日常茶飯事です。

農家や自営業者はサラリーマンや公務員と違って年金が無いです。
奥さんがよほどしっかりしていないと老後は息子におんぶに抱っこになります。
稼いでいる間はサラリーマンよりも収入が多いため贅沢三昧をしているので、その生活が忘れられず息子の給料...続きを読む

Q先祖代々の土地の売却って、罪ですか?

昨年の春、隣の県から夫の住む埼玉県に嫁いで来ました。


夫の実家は、江戸時代から続いてきた農家で、
夫は、生涯結婚しなかった、父親の弟の養子に入りました。
養子先の義父は3年前に他界しています。


義父は、実家の畑だった土地に45年前に家を建てて暮らしておりました。
そこに、私たち夫婦が、新居として現在水周りだけリフォームして住んでおります。

しかし、周りの膨大な畑からの砂埃、不便な立地、家の老朽化などで悩み

夫と二人で話し合いをかさね、悩み、その結論として
売却して、その資金で他に住み替えしようと決断いたしました。(以前から隣の建築会社から売って欲しいと言われておりました)



夫が兄弟親戚の方達に了解を得るため話を持っていったところ
二人が決めたことなら文句は言わない との返事をもらいました。

しかし、昨日80歳の叔母の家に(農家です)二人で行った所
私に対しての風当たりが、想像以上に強かった為、
恨まれ憎まれてでも、売却を進めていいものか、悩んでおります。


先祖代々の土地を手放すという事が、どれだけ罪なことなのか
教えてください。

文章がうまくまとまらず、申し訳ありません。。

昨年の春、隣の県から夫の住む埼玉県に嫁いで来ました。


夫の実家は、江戸時代から続いてきた農家で、
夫は、生涯結婚しなかった、父親の弟の養子に入りました。
養子先の義父は3年前に他界しています。


義父は、実家の畑だった土地に45年前に家を建てて暮らしておりました。
そこに、私たち夫婦が、新居として現在水周りだけリフォームして住んでおります。

しかし、周りの膨大な畑からの砂埃、不便な立地、家の老朽化などで悩み

夫と二人で話し合いをかさね、悩み、その結論として
売却して、その資金で他...続きを読む

Aベストアンサー

今まで一生懸命、戦後の苦しい時も不況の今まで、守ってきた者、それを見知っている者にとって、辛さを知らない世代があっさり(何十年何百年に比べたら)売却を決めたとなったら、抵抗感を抱くのは当たり前と思います。

罪なんて考えるのは、多少被害妄想かなと思います。
いま、あなた方の財産ですが、そうなるためには義父上、その前の世代の努力があったことも忘れるべきではないと思います。
叔母上からすれば、あなたがたに楽をさせるためだけにみんな一生懸命守ってきたのではない、というところでしょう。
自分たちのルーツに誇りを持ち、それを子々孫々に伝えるために守ってきたんじゃないでしょうか。

あなたがたが責められたのは、それを考えずに話を伝えたからじゃないでしょうか。
「あそこは不便だから」だけでは、誇りを踏みにじったことになります。

長い歴史がある土地を受け継ぐということは、単に財産を受け継ぐだけではすみません。
やはりそこに積み重なった歴史、先祖の思い、ルーツを受け継ぐことだと思います。
土地の守り人となってほしい思いが、強いことも事実だったとおもいますよ。

しかし、あなたがたにも人生がありますし、それに振り回される必要も義務もないと思いますし、それが事実だと思います。
土地を売るなら、それがあなたがたの選択として尊重されるべきです。

なのでもう一度、叔母上の気持ちを考えて、そのように話をすすめてはどうでしょうか。
あなたがたの自由も、叔母上の自由も両方大事です。
上手く話をすすめてみて下さい。

今まで一生懸命、戦後の苦しい時も不況の今まで、守ってきた者、それを見知っている者にとって、辛さを知らない世代があっさり(何十年何百年に比べたら)売却を決めたとなったら、抵抗感を抱くのは当たり前と思います。

罪なんて考えるのは、多少被害妄想かなと思います。
いま、あなた方の財産ですが、そうなるためには義父上、その前の世代の努力があったことも忘れるべきではないと思います。
叔母上からすれば、あなたがたに楽をさせるためだけにみんな一生懸命守ってきたのではない、というところでしょ...続きを読む

Q田舎の不要な土地の処分法方

とある田舎に親から引き継いだ土地が無人で約900坪有ります。
親の死後兄弟で名目上、等分相続しました。分筆はしていなく宅地、畑と一体になっています。

そこに現在母屋が一軒建っておりますが、古く住める状態ではありません。
土地は地元の知り合いに年1,2回有償で草取り等管理してもらっています。

等分相続した兄弟もちりぢり田舎とは離れた所に住んでおり各々帰省永住する者はいません。
所有権も放棄して良いといっています。(不要なのに固定資産税が等分にかかってくるから。)

地元の役所の知り合いに、
「土地を役所に寄付するから何かに使わないか」と持ちかけましたが
土地はいっぱいあるし管理費がかかるし要らない」と断られました。
マブダチなのに冷たい奴です。

2,3無い知恵で考えましたが、
条件としてこちらからは出費は無し。もちろん対価も要りません。
1.地元に自治会に無償贈与、または貸与。
2.地元お寺に寄付(無償贈与)、または貸与。
3.その他があれば・・・

以上(譲渡される)相手に納得がいく、こちらにも大金の出費無く解決方法はない物でしょうか。

こちらのカテでもくぐって覧ましたがこういう悩みをお持ちの方が沢山いらっしゃいました。
解決も各々条件が違い難しい問題のようですが宜しくご教授頂ければ幸いです。

とある田舎に親から引き継いだ土地が無人で約900坪有ります。
親の死後兄弟で名目上、等分相続しました。分筆はしていなく宅地、畑と一体になっています。

そこに現在母屋が一軒建っておりますが、古く住める状態ではありません。
土地は地元の知り合いに年1,2回有償で草取り等管理してもらっています。

等分相続した兄弟もちりぢり田舎とは離れた所に住んでおり各々帰省永住する者はいません。
所有権も放棄して良いといっています。(不要なのに固定資産税が等分にかかってくるから。)

地元の役所の知り合...続きを読む

Aベストアンサー

田舎の畑ですよね。
日当たりがいいでしょうからもっと『土地活用』でお金を生み出すと考えては?
太陽光発電システムを使うのがいいですよ。
いや、ほんとうに羨ましい。
お金は持っている人のところに集まるって、ホントなんですね。

ほっておいても売電による利益を生みますから(何しろ自分で電気を使わないんですから)
10年後に設備償却が終わり、20年後には土地が2倍になっているかもしれません。

Q農家の嫁で現在同居中のものです。もう辛いです。

結婚して同居を初めて1年2か月の27歳です。
旦那の家は農家、酪農、土木の仕事をしていて1年中忙しいです。
結婚する前は、義理母に休みは週二回はやろうと思ってる。お給料もちゃんと払うと義理父が言っていたなど説明され、旦那の家とも早くなじみたく仕事も辞めて同居をきめました。そのかわり二階の三部屋だけくれたので、そこをリフォームしてもらいキッチン、お風呂は別につけてもらいました。
最初は朝、晩は一緒に食事をしていましたが毎日毎日同じ話を聞かされ、サラリーマンはあーだとか農家が一番だとか、おまらの代になったらつぶれるなど言われ苦しくなっていた時期に田植えがはじまり私も初めてながらトラクターの乗りかたも覚えて田んぼすべてを一人でおこしました。(結構広い方だと思います18ちょうくらい?)ですが、生き物も飼っているので忙しさで義理父がピリピリしだし何故か私が遅くまで田んぼをおこしている事を怒られ、(私の他の仕事は終わっています)私は早く仕事が進めば後々楽でしょ?と言ったらさらに怒りは増し、お前に何がわかる!など怒鳴られショックをうけそれからは夕食も別にしました。
もともと料理も好きで旦那とテレビを見ながら二人でゆっくり話もできて幸せでしたが、義理父には部屋にばかりいる。と、なにかと言われます。
それからは、どんどんエスカレートし、ちょっとのことで呼ばれては手伝わされ(全然一人でできること)私は家事もし、動物の餌やりも私がやっていたので(100頭ちかくいます)休む暇もなく、やっと腰をおろそうと思ってもすぐ呼ばれる・・・それにイライラがたまり、行けない!と思わず断ると義理母に愚痴りその後旦那が義理母に呼ばれてもっと上手くやるように伝えなさい。と話されてショックでした。
毎日毎日朝から晩まで働き、機械も乗り、それでもなかなか認めてもらえないのが辛いです。
義理母もたまに外にでれば餌のやり方がどうだこうだと文句をつけられ意味の分からない事で急に怒鳴られる・・・(本当にこれには驚きます。旦那は俺は慣れてるけど、お前には辛いよなと言って義理母に言いますが効果なし)もう、わけがわかりません。そんなですから休みはないですし、給料は年末にもらうのですが、何に使うんだ!と、なかなか貰えず義理妹と旦那が説得しやっと貰えた感じです。金額は光熱費はかからないので月15万の年間180万です。
今年はまだもらえていません。
しかも昨年10月にストレスが溜まりパニック障害になり義理両親の顔を見るのも辛くなりました。そんななか11月に妊娠がわかり不妊治療の末に授かった子だったので嬉しく、この子を守りたい!(一度超初期流産をしているので余計ナイーブになっていました)と仕事も休み、悪阻も酷かったので義理両親へ顔を出すことはほとんど無かったのですが義理両親はやはり面白くなく旦那によくあたっていました。ですが9週3日で稽留流産になり手術を受けました。痩せすぎていたので入院生活が長引き最終的に11日も入院していました。本当辛かったです・・・エコー写真では手も足もできていたので信じられませんでした・・・私の誕生日の次の日に手術になり心細い中、旦那は当日以外は夜に来るのがやっとでした。手術ぐらいで旦那を1日奪うのも義理両親は面白くなかったのです。本当悔しいです。今は自宅療養中ですが顔をだすのが怖く今は不安定だからと帰って来てから挨拶をしていません。義理母には不妊治療も納得していなかったので何を言われるか・・・と怖く、一度、超初期流産の時には出血と貧血がひどく休んでると義理父に寝腐ってるなど言われたので何を言われるか怖いです。
本当にどうしていいかわかりません。旦那は理解してくれていてそれだけは有難いのですが、それだけでは耐えられなくなってきています。もともと妊娠もしにくいので治療ももっとしっかりしたいですし、重労働も排卵日など考えるといつも不安だったので旦那とは話して子供ができるまでは治療に専念し、身体も少し休めたら良いと言ってくれたのですが義理両親が認めてくれるか・・・不安です。
もちろん将来は私も旦那と頑張るつもりです。農家も酪農も初めての経験ですが(元は美容部員です)楽しかったです。なにより旦那と二人で仕事しいるときは幸せです。老後の両親のお世話もちゃんと視野に入れています。ただ、今だけ心穏やかに暮らしたいのです。赤ちゃんの事もまだ整理できませんし思い出すだけで悲しいです。これは、我がままですか?やはり我慢すべきですか?
話にまとまりがなく、申し訳ないのですが本当に限界なんです。農家の嫁いだ皆さんどうやって乗り越えていますか?

結婚して同居を初めて1年2か月の27歳です。
旦那の家は農家、酪農、土木の仕事をしていて1年中忙しいです。
結婚する前は、義理母に休みは週二回はやろうと思ってる。お給料もちゃんと払うと義理父が言っていたなど説明され、旦那の家とも早くなじみたく仕事も辞めて同居をきめました。そのかわり二階の三部屋だけくれたので、そこをリフォームしてもらいキッチン、お風呂は別につけてもらいました。
最初は朝、晩は一緒に食事をしていましたが毎日毎日同じ話を聞かされ、サラリーマンはあーだとか農家が一番だ...続きを読む

Aベストアンサー

No5です。ご丁寧なお礼、ありがとうございました。
他の方へのお礼もざっと拝見しました。
別居は選択肢にないのですね。
私も、農業よりはるかに楽ではありますが、
『実家元ならではの色々な行事ごと』の作業は嫌ではないので(自身の実家が実家元なので)、
「実家元に同居で嫁いだのが馬鹿だ」と言われても、
でも嫌いではないからいい…というお気持ち、共感します。
なので、別居を考えずに同居で楽になる方法を考えないといけないのですね(^^;

辛さは違えど私と一緒だなと思いました。
私も別居は考えていません。
別居するなら夫が勘当されるか、離婚かどちらかです。
(でも夫は、仮に私が義父母に出て行けと言われたら一緒に出ると言ってくれました。
 離婚する気はない、離婚しても再婚する気もない、と。その言葉で頑張れています。)
基本、同居は夫のためにがんばっています。
質問者様も同じお気持ちなのだろうなと思います。
私は親孝行したいと思わせてくれる義父母なので、それでも頑張れますが、
質問者様の義父母では到底思えないので、そこでマイナスが多すぎて辛いですよね……。

>旦那や義理妹その旦那いわく、義理両親は自分たちの事しか考えられない人。
>特に義理父は血も涙もないので人の痛みをわからない人だからと言われました。
>事実、義理両親は町内でも有名で驚きました。
現状の改善にはなんら役立ちませんが、この事実は少し気持ちが楽になりますよね。
特に夫や義妹がそう思ってくれているというのは大きいです。
現実的ではなくて精神的だけでもいいので、誰か味方についてくれる人を見つけると、
気持ちの持ちようがかなり違ってくると思います。
この親だったので逆に子ども達がまともに育った(=反面教師)のかなあ…と思いました(笑)

この状態なら、ご主人には
「何があっても同居を続けていきたいから、私が頑張れるよう協力してほしい、
 あなたも大変だろうけどできる限りフォローしてほしい。
 体調を崩さないよう、その都度我慢しすぎず希望をきちんと言うから、
 これからも今までのように向き合って話を聞いてほしい。」
と改めてお願いしたほうがいいように思います。
きちんと分かっていつつもやはり男性は、嫁の立場には立てません。
例えば、同性で同じ既婚者でも、別居嫁には同居嫁のことは分かりません。
同居していても自分の親とで、性別も違う夫ならなおのことです。
また人間、慣れてくると鈍感になってきます。
これが結婚年数を重ねると、現状を見ること自体に慣れてきたり、
嫁に対しても「もう慣れただろ」になる可能性はあります。
(俺は慣れているけどというくだりで、私はこれが気になります)
慣れても辛いことがある、ということもあわせて伝えておかれると…と感じます。

ご主人の協力は相当に期待できそうで、義妹さんも心情的に味方のようなので、
あとはまた授かられた時、妊娠生活に適した生活ができるよう準備することかなと思います。
医者が嫌いなのは、怖い部分もあるのかもしれませんね。
「勝てない」ので。
専門家で自分より上なので、受け入れざるを得ません。
自分に不利なことを言われても、です。
それが怖くて、頭から拒否するのかなあと感じます。
他に、義父母が頭があがらない人、言ったら比較的素直に聞く人はいませんか?
その感じだと娘も無理っぽく、役場の人もダメなのですよね。。。
おそらくダメな人は、医者と同じで、
心の中では自分たちより上だと思っていてコンプレックスがある人なのかな…と感じます。
学歴が高くないとなれない職業、かなと(^^;
赤ちゃんや子どもがからむ場合、普通は小児科医や産婦人科医、
あと役場の子育て担当課や保健師・保育士からの言葉が効くものなので、
このままだとまた授かって無事生まれても、子育てで問題が発生することが目に見えています。
誰の言葉なら多少聞く・効くのか、探しておけると今後が楽かなと思います。
ご主人や義妹さんに相談し、そのあたりも今のうちから考えておけるといいですね。

不妊治療の辛さも、普通の人でも理解しきることは難しいのに、
その義父母では下手したら「最初から欠陥のある嫁」と見られている感じに思えます(-_-)
私ですら医師に「ストレスによる無排卵」と診断され、
カウンセラーには同居のストレスが原因と断定されたくらいなので、
質問者様は言わずもがなかと思います…。
治療により排卵を起こさせられるならまだマシだと自分は思っていましたが、
でもこの投薬治療は副作用が辛いですよね…
しかしこれを続けないと妊娠しない…と頑張りぬきました。
質問者様も頑張って下さい。体を壊すことはないように…
私は気持ちとしては「自分が頑張るしか道はない」と思って耐えました。
諦めたら負け、ここで捨てたら自分が後悔する、と思って…
今は子どものために頑張れています。
ただ、質問者様の同居生活は、我慢しているだけでは改善しないように思います。
過ごす年月によって分かり合えて慣れてくる…というのはなさそうな…(^^;
義父母が年をとって主導権が夫に来れば変わってくるから…と頑張るか、
授かって母親になることによってまた頑張れるので、それを目標に頑張るか、
かなと思います。
(前者だと、あちらが引退しても口だけ出してくるでしょうが。。。
 後者は、子育てに口出してくるでしょうが^^;)

あまり参考にならない回答で申し訳ありません…
現状で別居の選択肢なしなら、気持ちの持ちようだけになってしまいますよね(^^;
今できることは、次授かった時のための環境を少しでもマシになるようにしておく…
くらいだと思います。
夫婦仲を一番大事にし、体を壊さない程度に頑張って下さいね。
再度の長文、失礼しました。

No5です。ご丁寧なお礼、ありがとうございました。
他の方へのお礼もざっと拝見しました。
別居は選択肢にないのですね。
私も、農業よりはるかに楽ではありますが、
『実家元ならではの色々な行事ごと』の作業は嫌ではないので(自身の実家が実家元なので)、
「実家元に同居で嫁いだのが馬鹿だ」と言われても、
でも嫌いではないからいい…というお気持ち、共感します。
なので、別居を考えずに同居で楽になる方法を考えないといけないのですね(^^;

辛さは違えど私と一緒だなと思いました。
私も別居は考えて...続きを読む

Q古い家の考え?それとも当然?

僕は今色々将来を考えている、大学3年の者です。東北の県出身で、家が兼業農家をしています。そして僕自身4人兄弟の長男です。
将来僕は幸せな結婚をしたいと考えています(いました。。)愛する人と出会い、あらゆる時を共有する、なんて素晴らしいのだろうと。
しかし、
実家を継がなくてはいけない、
実家に住みたくない(仙台に住みたい)、
農家をしたくない(別の仕事が本業になりますが)
という大きな理由で、これからどうしたら良いのかと考えてしまうのです。
継がなくても良いのならば継ぎたくない。継ぐとならば好きでもない農業もしなくてはならない。そうなると、田舎の農家に来てまで僕と一緒になりたいと思う女性と、巡り会うのはかなり困難です。恋愛なんて言ってられない。
ただ家を存続させるための結婚。家の存続。僕以外の人間は、無事家が次に繋がることを喜ぶのかもしれないが、僕自身生きてることに虚しさを感じると、今すでに思ってしまいます。
僕が甘んじて、つらい現実を受け入れ、親を安心させることが必要なのでしょうか。家を、伝統を安心させるのが必要なのでしょうか。こう聞かれても答えられないかもしれません。相手が違うのだから。
考えると、地元に住むよりも今住んでいる仙台の方が好きで、ずっとここで住んでいたいと思っています。これは、甘い考えなのでしょうか?親を大切にしていない、ということにつながるのでしょうか?

まとまりのない文で申し訳ありませんが、この文章をお読みになって思うところがありましたらご意見お願いします。

僕は今色々将来を考えている、大学3年の者です。東北の県出身で、家が兼業農家をしています。そして僕自身4人兄弟の長男です。
将来僕は幸せな結婚をしたいと考えています(いました。。)愛する人と出会い、あらゆる時を共有する、なんて素晴らしいのだろうと。
しかし、
実家を継がなくてはいけない、
実家に住みたくない(仙台に住みたい)、
農家をしたくない(別の仕事が本業になりますが)
という大きな理由で、これからどうしたら良いのかと考えてしまうのです。
継がなくても良いのならば継ぎたく...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。結婚20年になる主婦です。あなたに年齢の近い娘がおります。

あなたはきっととても心が優しくて生真面目な好青年なのでしょうね。そしていかにもご長男らしい責任感もあって。いまどき・・という言い方も失礼ですが、親世代から見ていまどきよくこういう方がいたものだと嬉しくなります。

既に回答していらっしゃる方々のご意見もまったくもって
ごもっともなものばかりですので、ここで私は思いきって
ちょっと(かなり?)過激な意見を申し上げてよろしいかしら。あくまで私のごく個人的な考えなので、失礼の段おゆるしください。

もし、私があなたの立場であれば私はそのまま仙台に住み、心にかなう適職に就き、大好きな人を見つけて結婚します。

あなたの人生は誰のものですか?ほかの誰でもない、あなたご自身のものではないのですか。誰か別の人に属するはずがありません、たとえそれがご両親であっても・・ね。

主人と私が娘に願うことはたったひとつ、それは良い人生、娘自身にとって満足のいく人生を送って欲しいということなんです。そのために、親としては出来る範囲でという条件はついてしまいますが大学卒業までは衣食住、教育などの面ではベストの環境を提供します。これは親としての義務ですから、これに対して娘が将来的に何かを私たちに”返さなくては”ならないということは全くありません。物心両面で、娘に一切の返済義務はないのです。

子供は親が勝手に産んだものですので、子供が親に対してなにかの義務を負わされるというのはまったくもっておかしなことだと考えています。その代わり子供には自分自身に責任を持ち、しかるべき年齢に達したら自立してもらわないといけません。親に対する義務から解放されているのですからこれは当然ですね。

そしてあなたは、卒業後は立派に自立しようと考えていらっしゃる。親としてなんと嬉しいことでしょうか。

私たちが思うのは、一番の親孝行とは子供が後悔のない、良い人生をおくることなんです。好きな仕事をして、好きな人と結婚し、幸せな家庭を作る。まさにあなたが、これから実行しようとしていることではありませんか?

親孝行とは決して、親の都合に沿った人生を送ることではありません。なーんて言い切ってしまうととってもきれい事みたいですけれどね・・ですから、私たちもある程度覚悟はしていますよ。もしかしたら娘がどこか地球の果てへ行ってしまって滅多に会えなくなったりするかもしれないって・・・考えています。だけど、それでも仕方がありません、娘が自ら望んだことであり、それで娘が幸せだと思うのなら。心配ですが文句は言わないつもりです。

子供は親の私物ではない。
子供は、親の人生に尽くすべき存在ではあり得ない、
親の人生を彩るために存在しているのではない、
と確信しています。

娘には十分過ぎるほどの愛情を注いで育ててきたからこそ、この子の主体性を大切にしたいと思うのです。
娘の人生は彼女自身に属するのであって、決して親のものではない、これは娘が生まれたその日からずっと思ってきたことなんです。

うまくしたもので??娘が何と言っているかと申しますと、将来はやりたい仕事を頑張って私たちに別荘を買うのが夢、そしてゆくゆくは近所に住みましょう、と。
おもしろいもので人間、強制されないことはむしろやってみたくなる・・・この傾向は誰にもあるのかも知れないですね。

ですから。
あなたは何も心配なく、そのまま仙台に残り、好きな仕事につき、思い通りの結婚をしてください。ご両親は悲しまれるかもしれないですが、そのことに対してあなたが罪悪感を抱く必要はまったくありません。ご兄弟の誰かが継ぐのもよし、後継者がいなければそれも仕方のないことです。

どこのお宅にせよ、永遠に栄えていくなどということがあり得ますか? どのような名家でもいつかは絶えます。
それでいいのです。それが世の理というものですから。
私の実家もちょっとした旧家でしたが私の代で途絶えました。だからといって私に養子をという話はついに出ませんでした。未来永劫にわたって・・などというのは傲慢な発想だと思います。

私は第一次産業、特に農業というものに対しては特に深い敬意を抱く者ですが、それとこれとは関係ありません。人には天賦の才能を活かす義務があり、あなたの才能が農業に向いていないのであればそれを無理に一生の仕事にするべきではありません。そうこう言いながら、もしかしたら30年後くらいにあなたも突然帰農宣言なさるかもしれない。それはそれでとても喜ばしいことではないですか?
周囲の方にとってはもちろん、あなたにとっても。
あなたが自発的に農業をやりたいと思ったら、こんなに
いいことはないですね。
でも、今からご両親に束縛される必要は断じてありません。

あなたの人生をあなたが主体的に生きなくてどうするのでしょうか?もっと勇気をもってください。
あなたが求めていることはご両親への裏切りなんかではないですよ。ひととして当然のことに過ぎません。

あなたがここで決断することにより、子供が親の人生のために生きることを半ば強制されるような、この膠着した人生観の連鎖が断ち切られることになり、これはあなたの子供達を救うことにも繋がります。ご両親への親孝行は別の形でお考えになればよいのです。

子供が幸せになることを望まない親など存在しません。
おそらく今の時点でご両親を説得することはとても
難しいでしょうから、この際実行あるのみ、です。

あなたはもう成人なのです。
後悔のない人生をどうかその手で掴んでください。
これは我が儘とか身勝手とは全く次元の違う話です。
人として当然の権利でもあるのです。
どうかすべてうまく行きますようにとお祈りしております。

初めまして。結婚20年になる主婦です。あなたに年齢の近い娘がおります。

あなたはきっととても心が優しくて生真面目な好青年なのでしょうね。そしていかにもご長男らしい責任感もあって。いまどき・・という言い方も失礼ですが、親世代から見ていまどきよくこういう方がいたものだと嬉しくなります。

既に回答していらっしゃる方々のご意見もまったくもって
ごもっともなものばかりですので、ここで私は思いきって
ちょっと(かなり?)過激な意見を申し上げてよろしいかしら。あくまで私のごく個人的...続きを読む

Q跡を継ぐということの意味

35歳主婦(子供なし)です。

主人の実家が何代も続いている田舎の本家です。
義父は婿養子で、主人は小さいころから将来はお前が家を継ぐんだと言われてきたそうです。
なので、義両親は当然、私たち夫婦にも将来は田舎に戻って後を継ぐこと(主人の実家は地方ですが、私たちは現在東京に住んでいます)と、子供を産むことを望まれています。
こういった考えについて、私自身は特に否定も肯定もなく漠然と、地方や家によって考え方は違うものだし、受け継いでいけるものなら受け継いでいけばいいんじゃないか、みたいな感じで、特に深く考えたことはありませんでした。
ですが、私たちは不妊治療中で、かれこれ2年続けて結果が出ない今、改めて「跡を継ぐ」というのがどういうことか、何の意味があるのかを考えるようになりました。
以下、私の考えるところを書かせていただきますので、みなさんはどう考えているのか、いろいろな意見を聞いてみたいので、何でもいいので教えていただけたらと思います。

私たちは先述の通り、なかなか子宝に恵まれません。治療は精神的、肉体的、経済的にかなり辛く、いつまで治療を続けるか、日々悩んでいます。子供が欲しいので頑張っていますが、やはりお互いに治療で疲れてきていることもあり、最近は子供ができなかったら、二人であちこち旅行したり、楽しく過ごそうなんて話をするようになりました。ですが、義両親は私たちに子供ができなかったら、おそらく戸籍上だけですが、主人の姉の子供(男の子が二人おり、義両親の家の近くに住んでいて行き来も頻繁にあり、とてもかわいがられています)を養子に入れることを考えています。もちろん、本人たちの意思もありますし、私たちもそのようなことは今はとても考えられませんので全く不確定ですが、義両親の考えとしてはそういうのがあります。何としても代々続いてきたのを絶やすことはできない、みたいな考えです。

私は自分自身が子供を欲しいので治療を頑張っていますが、子供ができない可能性は高いし、できたとしても男の子が生まれる保証なんてありません。もし女の子が生まれたら、跡を継ぐためにまた養子を取らなければならないのか。でも彼女の好きになる人が婿養子に入ってくれるなんてかなり可能性は低いと思います。晩婚化、少子化の時代で、そんな相手を見つけるなんて不可能だし、そもそも家を継ぐために好きな人と結婚できないとしたらそれは不幸だと思います。
また、義姉の子供が養子になるとして、もしその子に男の子ができなかったら、私たちと同じように悩むのではないかと思います。自分は養子にまでなって跡を継いだのに、自分に跡継ぎができなかったら責任を感じるんじゃないかと。養子に出せるほど男兄弟のいる家なんてどんどん減る一方で、今の時代、名前を受け継いでいくだけでも難しくなっていると思います。

また、義両親は私たちに田舎に戻って、家屋敷や畑などを全部受け継いでもらいたちと思っていますが、それもまた難しいと思っています。主人の職場は東京なので、定年までは東京に住むつもりですが、それからいきなり田舎に行っても、私自身は生まれも育ちも東京なので、60を過ぎて突然生活環境が変わるのは厳しいと思います。主人も高校までは地元でしたが、そんなに友人が多いわけではなく、東京での生活の方が長いので、戻っても果たしてメリットなんてあるのかと思ってしまいます。
主人の実家が資産家とか、伝統工芸や代々続く老舗だったりするならともかく、普通のサラリーマン家庭です。ご先祖様にすごい人がいるわけでもないです。代々続いているというので、ご先祖様についていろいろと質問したことがありますが、誰もその功績やどんな人物だったかなどを知ってる人はいません。先祖伝来の家宝があるわけでもなんでもないです。
土地も畑を少し持っていますが、自分の家で食べる分くらいを作っている程度で、受け継ぐ財産らしい財産は全くありません。それをもらったところで、農業なんて突然できるわけでもないし、維持費ばかりかかって、農地なので売るのも手続き踏んだり大変ですし、私自身はそれら(負の遺産?)を継いでいったいどうしろというの??なんて思ってしまいます。
たとえ、私たちに将来男の子ができたとしても、その子は東京で育つことになるので、跡を継ぐために田舎に住むという選択肢を選ぶ可能性は低いと思います。名前は継げたとしても、ずっと土地を継いでいくのには無理があると思います。

そんなこんなで、跡を継ぐことの意味っていったい何なんだろう?と疑問に思っています。
跡を継ぐために、住む場所を制限されたり、男の子を産むことを望まれたりして、いったい誰が幸せになるんだろうと思います。ご先祖様が代々受け継いできたものを後世に引き継がすことができたとしても、それは単に、自分たちが引き継いできたものを欠けることなく次の世代に渡したという自己満足にしか過ぎないのでは、とまで考えるようになってきています。実際、田舎の祖母は、土地を欠けることなく息子に継がすということに必死でしたので、土地信仰みたいのが田舎には根強いのかもしれません。義父は自分が婿養子に入ったくらいなので、子供たちが跡を継いでいくのは当たり前と考えていて、私たち夫婦が将来どうしたいかなどの意見を聞かれたことは一度もありません。私たちが、子供はいなくても二人でずっと東京に住みたいと考えていると言って、受け入れてもらえるとは到底思えません。

私自身、自分がこのままずっと東京にいたいという思いもありますし、子供ができないからといって養子を取ったところで、その子にまた跡継ぎができて田舎に住んでくれるかもわかりませんし、いずれは途絶えてしまうだろうと思っています。田舎には働く場所もないし、子供もできなければ、もう仕方ないのではないかと思います。自分の代で途絶えることに罪悪感があり、昔は兄弟の数も多かったから養子を迎えることができたから続いてきただけなのではないかと思います。

歌舞伎とか、日本の伝統芸能として広く認められ、保護されているものなら、跡継ぎということに社会的な要請もあるのでそれなりに意味があることだと思うのですが、義実家のようなただただ名前を残す、土地やお墓を守るだけのために、犠牲を払う必要性が理解できないでいます。

私はわりと自由な考えな家庭環境で育ち、両親にも「あなたたちが幸せに暮らすことが一番大事であって、孫はいなくても構わない」と言われています。私には兄が一人いて、結婚して両親と一緒に住んでいますが、兄が結婚する時も、お相手が姉妹だったので、「もし養子に入って欲しいと言われたら、それでも構わない」と言っていたくらいです。うちは特別自由というか、本人たちの幸せが大事であり、自分たちのやりたいようにやれば良い、家に縛られる必要は全くないという意識が強かったので、余計に義実家の考えが理解できません。

今考えていることを思いつくまま書いたので、長文乱文で申し訳ありません。

跡を継ぐということについて、みなさんはどうお考えでしょうか。継ぐことの意味、メリットやデメリットなど、何でも良いのでご意見いただけたら幸いです。

もちろん、嫁に行ったのだから、郷に入れば郷に従えというのはごもっともで、そういう視点でのご回答は今回はご遠慮願いたいと思います、すみません。あくまで跡を継ぐとはどういう意味があるのかについてご意見お聞かせください。

よろしくお願いいたします。

35歳主婦(子供なし)です。

主人の実家が何代も続いている田舎の本家です。
義父は婿養子で、主人は小さいころから将来はお前が家を継ぐんだと言われてきたそうです。
なので、義両親は当然、私たち夫婦にも将来は田舎に戻って後を継ぐこと(主人の実家は地方ですが、私たちは現在東京に住んでいます)と、子供を産むことを望まれています。
こういった考えについて、私自身は特に否定も肯定もなく漠然と、地方や家によって考え方は違うものだし、受け継いでいけるものなら受け継いでいけばいいんじゃないか、...続きを読む

Aベストアンサー

跡を継ぐとはどういう意味があるのか?

というのが長い質問文においてのあなたの質問なのですね。

跡を継ぐとは、単に駅伝でバトンを渡されたってことぐらいのことでしょう。

ですので、

一位で渡されたバトンだって、二位にも五位にもなることもあるわけで。(自分の受け持つ区間距離においては)

でも、家の跡を継ぐっていうのは二位以下に順位をさげることが厳禁と先の走者から言われることかな?

たとえが悪いかな?

厳禁指令があるから窮屈で、バトンをもらった人の諸事情に合わないことがでてくるから困るのよね。

あなたの質問文に書いてあることは、全くもって共感できる内容です。

そこ子の人生、、そんなことで縛られることなんてナンセンスですよね。

私の嫁ぎ先も一代(義父)で築いた財産(土地)を守っていってもらわねばならぬ!!

そういった戒厳令がでています。

私どもにも長い間子供ができなく、、義父は主人の妹の子(次男のほうを)を養子にしたらどうか?

という話もされたことがあります。

運よく、私どもにも子が生まれ(男)、、、

主人の次の代までは確保できた確証のもと、養子の話などなくなりました。

悲しいことに、、息子は勝手にいちずけされてしまってます。

でもね、、、そんな義父の思いなど、今の日本国の相続においてできるわけないのです。

切り売り、、または全部売ってお金にかえないと相続税など払えない。

土地は国からお借りしているのです。

普通のサラリーマンが、汗水たらして貯めたお金が、ただ税金支払いの為に消えていくなんて、

なんてつまらない人生なのか?

それにサラリーマンがたくさんの土地を維持できること不可能だし。

なので、、我が夫は、息子にはそんな思いはさせたくないと言っています。

もちろん、自分もそのつもり、、、

知らぬは義父ばかりかな?

ひどい言い方ですが、、亡くなってからは後を継いだ人の思うようにすればいい、、という考えです。

ですので、、、相談者様もそういう風に考え、、肩の力を抜くといいですよ。

まわりの親戚が何と言おうが、、気にすることないし、先祖も恨んで出てきやしない(笑)

とても悩んでいる様子がわかりますが、、

子供さんが授からないのはあなた方のせいばかりではない、、、

努力は神様も先祖もお見通しですから。

日本国、、の国民(私もね)、、狭い国土の陣取り合戦は大昔からの悪い習慣ですよね。

欲張ってもなんもいい事はないのにね。

本題から反れましたかね?

しつこいようですが、、、跡とりに任命された子の妻は皆似たような悩みを抱えています。

あなたも頭から重石の状態だとは思いますが、、、

なるようにしかならない!!くらいの気で暮らしていかれるといいと思います。

跡を継ぐとはどういう意味があるのか?

というのが長い質問文においてのあなたの質問なのですね。

跡を継ぐとは、単に駅伝でバトンを渡されたってことぐらいのことでしょう。

ですので、

一位で渡されたバトンだって、二位にも五位にもなることもあるわけで。(自分の受け持つ区間距離においては)

でも、家の跡を継ぐっていうのは二位以下に順位をさげることが厳禁と先の走者から言われることかな?

たとえが悪いかな?

厳禁指令があるから窮屈で、バトンをもらった人の諸事情に合わないことがでてくるか...続きを読む

Q1000万で家を建てた方。快適さはどうですか?

いつか家を建てたいので今勉強中です。
ですがこの先何があるか分からないのであまり無謀なローンは組みたくので1000万くらいの家を建てようと思ってます。
家は安いのは安かろう悪かろうと良く聞きますがすべてがそうとは限らないと思うのですがどうなんでしょうか?
大手のハウスメーカーではなく地元の工務店にお願いしてみようと考えています。
家の外観や設備にはあまりこだわりはありませんが自然素材で作りたいです。
あまり便利な機能はつけるつもりはありません。ごくシンプルな家を目指しており足りない部分はDIYなどに挑戦してみたいです(大変だと思いますが)
子供が2人います。最初は1部屋で大きくなったら2人部屋に分けるような作りにします。
土地の広さや建てる場所はまだ決まってないので何とも言えないのですが1000万から1500万くらいで建てられた方住み心地はどうでしょうか?
工夫されたことを教えて頂きたいです。
建てる場所の候補は静岡、神奈川あたりに考えています。
良かったこと、後悔したことどんなことでも結構ですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 1000万じゃないんですが、いいですか?

 我が家は1200万でした。4SLDKです。リビングダイニングの広さは16畳位。
 一階はLDKと水回り和室、二階に三部屋(クローセット付)と納戸があり、ベランダもあります。
 
 他に犬用にガーデンルームを別工事でとりつけました。

 子供は二人、男女ですから分けました。もう大きいしね。
 ツレとは別室ですから、もしも仮に客が来たら和室を空ける予定ですが、今は私が和室を占有しています。
 四人で四部屋です。
 リビングの一角に書斎のような仕事スペースを作りました。いまそこでこれを書き込んでいます。
 
 脱衣所も普通の広さ、お風呂は広いくらい。
 二階にもトイレがあるし、廊下も広い。
 二階でこだわったのは将来大きい部屋として使えるようにと、壁ではなく開けられるような間仕切りにしたこと。
 和室の収納を確保するために畳下を収納スペースにしたこと。これも別料金でしたが、小上がり風になり四畳半のスペースがそのまま収納になります。二畳は板間、床の間というか仏壇スペースと一間の押入れがあります。

 住み心地はいいですよ。特に遜色なく住んでいます。
 キッチンもそれなりに広いし、
 玄関アプローチもしっかりしているし。

 細かいところでは、各部屋のドアがストッパーがあり、トレイにはペーパーホルダーが二個用のもので上に物が置けるような板があるところもいいかんじ。洗面所の床下収納は便利です。台所にもあります。普通のシステムキッチンですが別に困ることはありません。

 実は警戒区域からの避難民なので、これで家は三軒目です。
 よって、どこにお金がかかってどこを削れるのかが分かるからかもしれませんが、満足ですよ。

 書いていいのかな…・・建設会社の名前は・・・・一文字です。〇建設。
 一度は手抜き工事で告発された経緯があるので、今はしっかりしていますよ。

 定期点検もしてもらえるし、無料だからこれもOK

 フラット35を使ったのでエアコンや照明分は手出しになったことがネックかな。でもまあ自己資金があるならこれもOK。


 土地はそれなりに500万位のところです。
 電車の駅から徒歩四分。
 少し歩くと河川敷。増水の心配はなし。あっても対岸なので・・・これもOK.

 新興住宅地なので近辺に10件建っています。他は古い住宅。でも少し行くとまた新しい家が沢山ならんでいるような地区です。学校までも遠くない距離。

 壁紙もそれなり。

 最初は張り切るでしょうけれど、住んでいるうちに何とかなるし、リフォームも必要になる時期が絶対に来るから、あまりにもこだわりすぎたりしないで、お仕着せでも十分だと思いまして・・・・・。

 1200万の家。いいですよ~。

 1000万じゃないんですが、いいですか?

 我が家は1200万でした。4SLDKです。リビングダイニングの広さは16畳位。
 一階はLDKと水回り和室、二階に三部屋(クローセット付)と納戸があり、ベランダもあります。
 
 他に犬用にガーデンルームを別工事でとりつけました。

 子供は二人、男女ですから分けました。もう大きいしね。
 ツレとは別室ですから、もしも仮に客が来たら和室を空ける予定ですが、今は私が和室を占有しています。
 四人で四部屋です。
 リビングの一角に書斎のよ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング