お金をためて、ミュージックマンのスティングレイを買おうと思っているんですが、
ネックの種類にメイプルとマッチングヘッドってありますよね??
そのネックの種類で音が変わったりするんですか??
変わるのであればどうゆう感じで変わるんですか??

教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

メイプル寅杢の20年前のスティングレイ使ってます。


スティングレイがサブ機で、メイン機は当時はスティングレイより高かった別メーカーのローズ指板マッチングヘッドのベースですが、今、中古で売ったら、スティングレイの方が数倍高い値が付きそう(^^ゞ

まぁ、現行のスティングレイのマッチングヘッドだったら、ほとんどがローズかエボニー指板だと思いますが、「マッチングヘッド」自体は、元々の意味は「ボディと同色ヘッド仕様」と言う意味で、このことだけでは音質とは何の関連もありません。
ただ、問題は指板で、メイプルは無垢材(に、実際は塗装…というより、スティングレイの場合は『樹脂加工』してますが)ですが、マッチングヘッドの指板はローズやエボニー仕上げが多いです。


ちょい昔は、「ローズ指板の音は…」「メイプル仕様の音は…」なんていうウンチクいう人多かったんですが、これらは指板の仕様が原因の音色の違いではなく、「メイプル仕様は1本材」「ローズ等仕様は複合材」の場合が多く、その材の違いが音に出ていた「こともあった」というのが真相。
ただ、複合材だったら裸木クリア仕様では継ぎ目が見えて不細工なので、指板貼ってヘッドも含めた全塗装仕様にする事が多いです。

また、複合材でなくてもちょっと杢目があんまりきれいじゃないので、全塗装指板貼り仕様にする事もあります。
この場合は、単に見栄えだけの問題で小細工してるだけなので、ネック全体は1本材と変わりません。

最近のスティングレイのマッチングヘッドは実際どうなのか…は詳しくないのですが、大抵は「杢目」の関係で裸メイプルと塗装ネックを造り分けているだけで、品質そのものには問題ないと思いますので、そんなに明確な音の違いはないでしょう。
自分のかっこいいと思う色目の物を買って問題ないですよ。
(別に、めっちゃかっこいい寅杢だからといって、絶対的に音が良いってワケでもないですし…単に見た目の問題です。)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスティングレイ(エイ革)

じつは、旅行から帰ってきた叔父さんにお土産としてスティングレイ(エイ革)の長財布を貰ったんですが、
なんというか…デザインは黒と白のなみ線みたいな…
デザインなんですが
スティングレイの財布を使ってる女子高生ってどう思います?
もう今年で卒業しますが
そして周りからみたらこういう財布使ってるひとってどんな風にみえてますか?

Aベストアンサー

エイ革、素材として希少価値があると言う程、特別珍しい革ではありませんが、牛革等に比べると面白い素材ですし、どこにでも売っている物ではないですよね。

デザインが「特別年寄りくさい」とかじゃなければ、別に「高校生だから」とか、あんまり考えなくても良い様に思いますよ。

私なら逆に、「珍しい素材」って事で話題にしますけど。

そもそも、他人の目を気にしすぎて持ち物を決めると言うのは、没個性に繋がりますし、わたし的にはあんまり好きじゃありません。
むしろ、高校生がクロコの本革のウン万円の物を持っている方が分不相応でおかしく感じます。

肝心なのは、自分が気に入っているかどうかじゃないでしょうか?

Qメイプルネックについて

ネックにはローズウッドやメイプルといった種類がありますが、同じメイプルでも色が違うものがありますよね?
ビンテージギターであれば濃い色のメイプル、新しいギターであれば白に近いメイプルなどです。
これはどのような違いがあるのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メイプルの濃い色は、日焼けによるものです。
出来たては、白に近い色ですが、古くなると照明や太陽光の紫外線で焼けて、黄色味が強くなります。また塗装の透明皮膜もたいていはウレタン系のニスなので、紫外線で科学的に黄変します。
メープル材は、最初はみんな同じように色白です。

Q自分は今、MUSICMANスティングレイを使っています

自分は今、MUSICMANスティングレイを使っています

今はこのベースしか持っておらず
バンドでジャズベースに近い音が欲しいと言われたのですが
自分の実力不足もありどうしても近い音が作れません

スティングレイはどの設定でもあくまでスティングレイの音と言われているのは知っていますが
それを踏まえてジャズベースに近い音を作るにはどうイコライジングしたらいいと思いますか?

周波数のポイントとか教えてもらえれば幸いです。

Aベストアンサー

スティングレイ弾きですが、私の腕(大したこと無いが)でも、そいつはかなり難しいです。

回答になってませんが(^^ゞ
私は、個人の趣味的にジャズベがキライ(上手い他人が弾く音を聞くのは好きだが、自分が弾く分に好きではない変わり者)なんですが、どうしても種々の事情で『いかにもジャズベ』な音が必要な時には、素直に友人のジャズベコレクターから1本借ります。

スティングレイは、他ならぬプレベとジャズベの開発者本人が「自分が今まで作ったベースと全く違うベースを作ろう」という意図で開発しただけ有って、本当に音の基本傾向が全然違いますからね。

何より、アンプ繋がずに弾いた時の「ボディの響き」の音質が、全く異質なくらい違います。
想像の世界ですが、仮にスティングレイボディにジャズベPUを積んでも、絶対にジャズベ音にならないし、ジャズベボディにスティングレイPUを積めたとしても、スティングレイサウンドにはならないでしょう。それほど本体そのものの音傾向が違います。

そんなわけで、少なくともベース本体のコントロールと弾き方の工夫だけでは、スティングレイでジャズベと近縁な音を作るのは無理でしょう。
アンプ側でもかなりの工夫が必要ですし、アンプの種類によってはどうしようもない時もあると思います。

あくまで私なら…ですが、
まず、アンプは自由に選択可能の前提で、フェンダー系のような、もともと高域の「枯れ感」が出しやすいアンプを選ぶ。
スティングレイのコントロールはオールフラットで、間違ってもブーストはしない。
(もし高域を強めにしたいなら、トレブルブーストではなく他をカットの方向)
スティングレイのミドルは癖が出ないよう下げ目
(ローも下げたいがアンプによる)
高域質感は、スティングレイ本体はなるべく触らず、弾き方とアンプ側の調整で。
アンプも、ミドル以下はやや抑えめにして、弾き方勝負。
あと、
可能な範囲でスティングレイ側のボリューム控えめ(パワー抑えめ)にして、その分はアンプで調整した方が「枯れ感っぽい音」は、やや作りやすい。

って感じかなと思います。

アンプ(アンプ側の音質…逆に言えば、アンプによっては到底不可能なモノも)にもかなり助けて貰わないと難しいので、ピンポイントで「ここの周波数をこうすれば」なんていう特効薬的な設定はありません。

スティングレイ弾きですが、私の腕(大したこと無いが)でも、そいつはかなり難しいです。

回答になってませんが(^^ゞ
私は、個人の趣味的にジャズベがキライ(上手い他人が弾く音を聞くのは好きだが、自分が弾く分に好きではない変わり者)なんですが、どうしても種々の事情で『いかにもジャズベ』な音が必要な時には、素直に友人のジャズベコレクターから1本借ります。

スティングレイは、他ならぬプレベとジャズベの開発者本人が「自分が今まで作ったベースと全く違うベースを作ろう」という意図で開発した...続きを読む

Qエレキギター ネック スカーフジョイント ネックのスカーフジョイントについての質問です。 何ヶ月か前

エレキギター ネック スカーフジョイント



ネックのスカーフジョイントについての質問です。

何ヶ月か前に似たような質問を
させていただきましたが
また質問させていただきます。

自分が所有するギター
DEAN ML79なのですが

ネック裏のスカーフジョイントの部分が
亀裂?が入ってるような気がします。

以前質問した際よりも
亀裂というか引っかかる感じが
強く感じられるようになりました。

傷になっているので
気にしすぎてそのように
思っているのかもしれませんが笑

実際スカーフジョイントの部分は
簡単に割れたり、剥がれたりは
するのでしょうか?

一応ネック裏には塗装がしてありますが
塗装の浮き?なのでしょうか……

アドバイスと言うか、慰めというか
わかる方いらっしゃいましたら
回答の方よろしくお願いします...泣

Aベストアンサー

>実際スカーフジョイントの部分は
簡単に割れたり、剥がれたりは
するのでしょうか?

・・・う~ん、なるほど。
 多くの方が思い違いをしているところなので、まずはスカーフジョイントについて。

 スカーフジョイントは元々、ヘッド強度を上げる為に考案されました。決して木材の歩留まりを上げてコストを下げる為ではありません。(スカーフジョイントを使わないギブソン系のネックは・・・一般機械構造用部材として見た場合、ひどい木目の取り方をしています。あれはヘッド強度を少しでも得る為に妥協してああいう繊維の方向になっているワケですが、それでも特に薄く削られている`60年代初期のネックでは、ヘッド折れはもはや風物詩の域ですよね。ギブソン社は、後にナット裏にボリュートを設けてネッド強度を上げる様に設計変更しましたが、しかし木取りに問題がある以上、根本的な解決にはなっていません。この種の問題を一気に解決するには、機械強度が高くネバリのあるメイプル材などでヘッド角度を付けずに削りだすか~フェンダー社のネックがまさにコレ~、或いはヘッド、ネックそれぞれで最大の強度が得られる方向に木目を通した材を別々に作り、それを貼り合わせて使うか~これがスカーフジョイント~です。)

 またスカーフ部の接着強度に関しては、接着していないワンピースの木部よりも丈夫なぐらいです。
 ギターに限らずバイオリンやチェロやウッドベースなどで、高価なモデルでは将来的にバラバラにしてリペアが出来る様、分解可能な接着剤(具体的には水蒸気で温めると緩むアニマルグルー)を使って全てを組み立てますが、相当高価なギターでさえ、スカーフ部だけは事実上非分解となる強力な合成樹脂系の接着剤を使います。

 っというワケでスカーフジョイントは本来、強度的には有利な設計とされています。

 問題は設計・製造時に予測が困難な、木材の経年変化です。
 繊維の方向が全く違うスカーフジョイントでは、木材の収縮による段差が発生し易いのと、繊維の方向が違うということは塗料の吸収性が違うので、塗膜の乾燥が進むと引っ張られて塗膜の表面にヒビが入り易いということです。

 で、長くなりましたがここからが回答です。

>アドバイスと言うか、慰めというか

 ヘッドが起きてきた、サスティンがおかしい、チューニングが安定しなくなった、ヘッドをつかんで少し動かすとミシミシ音がするなどの自覚症状が出ていなければ、接合部に段差が出来てもスカーフ部の接合強度自体は十分保たれていると考えられます。
 対策としては№1様ご回答の通りで、

※接着部面が損傷していないなら、ヘタに修正しない方がよいでしょう。(スカーフに限らず例えばアコギのブリッジの接着面などでも、スキマが出来た→しかしトーンやチューニングには影響が見られない・・・という状態では特に修理せず、トーンを保ったまま50年間も放置されている例も沢山あります。)

※手触りで段差があるのは精神衛生上?よろしくないので、塗装の修正はアリです。
 スカーフジョイントの境界線に沿って段差が発生しているのであれば、塗装を修正してもやがてまた段差が発生することが多いですが、しかししばらくは段差を意識しないで済みます。

・・・スカーフの接着面が剥がれるとネック剛性が急に低下し、トーンやチューニングに明確な影響が出ます。そういう影響が出るまでは、スカーフ自体の段差そのものは放置でよい様に思われますが・・・但し。
 ワタシは現物を見ていないので、実際のところワタシの判断が正解かどうかは判りません。塗装の修正の為にリペアショップにギターを持ちこむ時、クラックの有無や、クラックが入っている場合はその成長の状態などをチェックしてもらえば安心出来るでしょう。

>実際スカーフジョイントの部分は
簡単に割れたり、剥がれたりは
するのでしょうか?

・・・う~ん、なるほど。
 多くの方が思い違いをしているところなので、まずはスカーフジョイントについて。

 スカーフジョイントは元々、ヘッド強度を上げる為に考案されました。決して木材の歩留まりを上げてコストを下げる為ではありません。(スカーフジョイントを使わないギブソン系のネックは・・・一般機械構造用部材として見た場合、ひどい木目の取り方をしています。あれはヘッド強度を少しでも得る為に妥協して...続きを読む

Q僕の友人のベーシストが、新しいベースにミュージックマンのスティングレイ

僕の友人のベーシストが、新しいベースにミュージックマンのスティングレイを選び、8月に買うそうです。

しかし、ひとつ疑問に思いました。その友人はベースを始めてまだ1年経つか経たないかの真性DQNで、スラップもできません。エフェクターも知りません。弾く曲といったら「けいおん!」や「初音ミク」の曲ばかりです。

そんな彼にスティングレイが使いこなせるのでしょうか?
僕が思うにおそらく彼は「高いベースなら大丈夫だろう」もしくは「ミュージックマンを使ってる俺かっこいい」と考えてスティングレイを選んでいるはずです。
確かに本人が「買う」と決めたら僕は何も言えませんが、せめてスティングレイがどういったベースなのかを教えてあげたいです。

なんというアドバイスをしてあげれば良いのでしょうか?
僕はできればあまり買ってもらいたくないのですが・・・楽器がかわいそうですし。

Aベストアンサー

スティングレイも持ってます、ベース弾いて30年ヲヤジです。

うーん、まぁ全く違う意見も出るかもですが、私は買えるお金持っているなら、1年目でスティングレイは悪い選択じゃないと思いますよ。

別にスラップできなくてもスティングレイは有りです。
私なんか、スラップは、まずよほどのことがない限りやらない(だから下手でもあるが(^^ゞ)、基本はピックベースの専門屋ですが、スティングレイはピックでも指でも弾きますし、どっちでも弾き応えはある良いベースです。
スティングレイは、確かにスラッパーの人が多い印象があるでしょうが、実際はそうでもないです。そこそこ「万能系」のベースです。

だから・・・確かに、そのご友人は格好だけで買われるのかもしれませんが、挫折しても確実に中古で売れて、もっと上手い人に買って貰える可能性がかなり高いベースなので、その点で「そのベースの将来に安心感」がありますのでね。
ありがちなベースの10万円台までだと、売るに売れないこともありますから(^^ゞ
(そうなると、タンスの肥やしになって朽ちていくだけなのでかわいそう)

それに、私もまだ初めてそんなに経ってない、この先ベース続けるかどうかもわからない時に、周りにも半分止められながら当時の1ヶ月分の給料より高いベース買った口です(^^ゞ
それから二十数年、もちろんメインベースで使い続けています。
(スティングレイは、だいぶ後で余裕ができた時に買ったサブベースだったり・・・ちなみに、途中で参加バンドが無くなって3年ばかりブランクがあったことも、2度ほど有りました。)

ご友人が、私のように続ける可能性も、まぁ無いことはないわいな・・・と思いますから、「どうせ買うなら思い切ってスティングレイ」というのも、あながち否定はできないと思うわけです。

スティングレイも持ってます、ベース弾いて30年ヲヤジです。

うーん、まぁ全く違う意見も出るかもですが、私は買えるお金持っているなら、1年目でスティングレイは悪い選択じゃないと思いますよ。

別にスラップできなくてもスティングレイは有りです。
私なんか、スラップは、まずよほどのことがない限りやらない(だから下手でもあるが(^^ゞ)、基本はピックベースの専門屋ですが、スティングレイはピックでも指でも弾きますし、どっちでも弾き応えはある良いベースです。
スティングレイは、確かにス...続きを読む

Qミュージックマン stingray

ミュージックマン stingrayについて

ベースを弾いています
現在ミュージックマンのstingrayが欲しくて色々探しているのですが
お店で見ているとロゴのsting rayのあとにbam?と
書いてあるものがあります。
これはstingrayの種類の違いなのでしょうか?
種類が違うのであればbamはどんな特徴があるのか教えてください。

またUSA製と日本製の見分け方などがあれば教えて欲しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

bamっては記憶にありませんが・・・
それは、SUBの間違いではないでしょうか?
SUBは、低価格版スティングレイベースとして販売されいて
今では生産中止になっているモデルです。
ヘッドのMUSIC MANのロゴのあとにデカデカとS.U.Bとあります。

日本製はEXと言いますが、こちらも生産中止になって
かなりたつので、新品を見かける事はまずないでしょう。
一応USA品との見分け方は、USA品は、ヘッドの裏に
MADE IN U.S.Aのプリントがあります。

現在のスティングレイベースの低価格版としては、
「Sterling by MUSIC MAN」と言うブランドがあります。
今ではほとんどの楽器屋が、これとUSA品しかない置いてないと思います。

Qスティングレイ

ずっとジャズベ(5弦、4弦パッシブ)を使っていましたが、やっぱりスラップをするとき、プリアンプを繋げてもあんまり迫力が無いという事で、先日楽器屋でスティングレイを試してみました。やはりスラップは気持ちよかったです。でもまだ購入にためらってしまいます。現在僕のやっているバンドは2つで、一つはポップスバンド、もう一つはB'Z系のポップスを基調にしたロックバンドです。指弾きとスラップを多用します。それで聞きたいのですが、現在スティングレイを使っている方にお聞きしたいです。スティングレイのいいところ、悪いところ、この楽器の気に入っているところ等を教えてください

Aベストアンサー

はじめまして
メインでスティングレイを使用しています

いいところ:チョッパーが気持ちいい。(バキバキとした音がする)
悪いところ:なんとなく指弾きしづらい(これはわたしだけかも知れません。元々PUに親指を置いて弾くのが好きなので)ミーハーだといわれる。(くやしい!)
気に入っている点:形。見た目。スラップのしやすさ。

こんなところです。

Qスティングレイ(ベース)のサーキット改造

ずっと昔にヤフオクでスティングレイの中古を探していたときに、出品者の説明のところに「スティングレイのサーキットの回路配線にはもともと問題があって、低音があまり出なくなってしまっているとサイトに書いてあったので直したら音がよくなった」と書いてある、出品物があったんですが、今ちょっと気になっています。

今は数年前に買ったスティングレイEXが手元にあるんですがいまいち低音が出なくて困ってます(イコライザ使っても納得できる音が出ない)。アンプが悪いせいも、近所迷惑に成らないように普段あまり大き音を出せないせいも、USA製でなく日本製であるせいもあるのだと思いますが、そう書いてあったのを思い出したので、どなたかご自分の改造体験や、お勧めの改造がありましたら教えてください。
低音がもっと出るのがいいのですが…

Aベストアンサー

基本的に弦楽器の音質とは「弦の振動の仕方」が要素になっているので、
まず低音をしっかり受け止められるだけの頑丈さが楽器には必要ですし、
それをPUで拾い上げ、電気回路が若干の補正をしているに過ぎません。

ちなみに楽器の状態については不明ですが、ネックの順ゾリが著しいと、
楽器全体の振動の仕方に締りがなく、音質もボヤけた感じになります。

この辺の問題をクリアして、なおかつ他の楽器と比べて低音に不満があれば、
その時は買い替えた方が良いかも知れませんね。

Qスティングレイサウンドが聴ける曲

題名の通りですがスティングレイの音が聞ける曲、教えてください。出来ればレッチリ以外でお願いします

Aベストアンサー

DURAN DURANのアルバムです。
 「RIO」(リオ)

確証はないですがあれこれ記事を読んだ記憶ではステイングレイを使っているようです。歌モノですが割りと切れの良いラインが楽しめます。
ゴリッとした感じと下に潜る勢いは多分そうではないでしょうか。参考になれば幸いです。

Qお金をためて、ミュージックマンのスティングレイを買おうと思っているんで

お金をためて、ミュージックマンのスティングレイを買おうと思っているんですが、
ネックの種類にメイプルとマッチングヘッドってありますよね??
そのネックの種類で音が変わったりするんですか??
変わるのであればどうゆう感じで変わるんですか??

教えてください

Aベストアンサー

メイプル寅杢の20年前のスティングレイ使ってます。
スティングレイがサブ機で、メイン機は当時はスティングレイより高かった別メーカーのローズ指板マッチングヘッドのベースですが、今、中古で売ったら、スティングレイの方が数倍高い値が付きそう(^^ゞ

まぁ、現行のスティングレイのマッチングヘッドだったら、ほとんどがローズかエボニー指板だと思いますが、「マッチングヘッド」自体は、元々の意味は「ボディと同色ヘッド仕様」と言う意味で、このことだけでは音質とは何の関連もありません。
ただ、問題は指板で、メイプルは無垢材(に、実際は塗装…というより、スティングレイの場合は『樹脂加工』してますが)ですが、マッチングヘッドの指板はローズやエボニー仕上げが多いです。


ちょい昔は、「ローズ指板の音は…」「メイプル仕様の音は…」なんていうウンチクいう人多かったんですが、これらは指板の仕様が原因の音色の違いではなく、「メイプル仕様は1本材」「ローズ等仕様は複合材」の場合が多く、その材の違いが音に出ていた「こともあった」というのが真相。
ただ、複合材だったら裸木クリア仕様では継ぎ目が見えて不細工なので、指板貼ってヘッドも含めた全塗装仕様にする事が多いです。

また、複合材でなくてもちょっと杢目があんまりきれいじゃないので、全塗装指板貼り仕様にする事もあります。
この場合は、単に見栄えだけの問題で小細工してるだけなので、ネック全体は1本材と変わりません。

最近のスティングレイのマッチングヘッドは実際どうなのか…は詳しくないのですが、大抵は「杢目」の関係で裸メイプルと塗装ネックを造り分けているだけで、品質そのものには問題ないと思いますので、そんなに明確な音の違いはないでしょう。
自分のかっこいいと思う色目の物を買って問題ないですよ。
(別に、めっちゃかっこいい寅杢だからといって、絶対的に音が良いってワケでもないですし…単に見た目の問題です。)

メイプル寅杢の20年前のスティングレイ使ってます。
スティングレイがサブ機で、メイン機は当時はスティングレイより高かった別メーカーのローズ指板マッチングヘッドのベースですが、今、中古で売ったら、スティングレイの方が数倍高い値が付きそう(^^ゞ

まぁ、現行のスティングレイのマッチングヘッドだったら、ほとんどがローズかエボニー指板だと思いますが、「マッチングヘッド」自体は、元々の意味は「ボディと同色ヘッド仕様」と言う意味で、このことだけでは音質とは何の関連もありません。
ただ、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報