出産前後の痔にはご注意!

マイボートでブリ・ワラサのナブラ撃ちをしているんですが、どうしても喰わないナブラが時々あります。

同じナブラでも時間帯によって喰いが変わるということもあるんでしょうか?

ベイトによっては喰わないということがある(シラスなど)とは思いますが、1番喰いそうなイワシナブラでも喰いません。

そのエリアでは秋刀魚ナブラが1番喰います。


下記に記す内容は試してみましたが、これ以外に攻略方法(ルアーアクション等)がありましたらご教授願います。

・水平フォールルアーでのほっとけフォール
・ベイトサイズのルアー選択
・ダイビングペンシルでの泡引きダイブ

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

> ただ、今回私が遭遇しているのは食い気たっぷりでボイルしまくりのナブラなんです…


> 船のすぐそばまで背鰭見せてボイルしてきます。

私の経験では、そういう時、ポッパータイプのルアーが効果ありますよ。
30~40g程度のものを使用して表層をストップ&ゴーでガンガンしゃくってやればヒットしやすいですよ。
    • good
    • 0

ナブラが立っても食わないことは良くあります。


理由は簡単、小魚は大型魚が近づくと大騒ぎしますが、その時に大型魚が必ずしも食いに来ているとは限りません。
食う気が無くて単純に泳ぎ回っているだけの場合も結構あります。
それでも小魚には大事ですからナブラは立ちます。
場合によってはボートが近づくだけでもナブラが立つことがあります。
特にイワシは食物連鎖の底辺に近い魚ですからね。
秋刀魚がイワシの稚魚を食べることもあるぐらいですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
なるほどそれもわかりますね。
ただ、今回私が遭遇しているのは食い気たっぷりでボイルしまくりのナブラなんです…
船のすぐそばまで背鰭見せてボイルしてきます。

本物のイワシが多すぎてルアーが目立たない、もしくは興味ないのかもしれませんね。

お礼日時:2010/02/17 08:03

No.1です。



やはり熊野沖でしたか。

2月入ってからサンマ回りだしましたからね。

もしやと思って回答してみました。

でもマイボートなんていいですね。

何ftくらいあるんですか??

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/biobiobio_3
    • good
    • 0

熊野から串本にかけてのサンマ&イワシナブラでもサンマのときはいくらでも釣れますが、イワシがベイトの時は釣果悪いですよ。



ベイトが多すぎるのも辛いです・・・

そんな時はルアーのサイズをどんどん小さくしてます。

最近なら12センチくらいまでさげます。

サンマがベイトなら18~23センチくらいのルアー投げますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
実はまさしく熊野の話しです。

先日から秋刀魚混じりのナブラではキャッチできるんですがイワシナブラでは空振りしてます。

なるほど。ベイトが多すぎるということもいえるんですね。

お礼日時:2010/02/16 15:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q至近距離のナブラ攻略

漁港で朝マヅメの地合い(10分程)に、至近距離でイワシを追う直径5m程の高速の小さいナブラが散発的にありました。正体はイナダなのですが、ジグでは反応せず、ジャクソンのピンテールで早巻きよりちょい遅いくらい、表層で1本だけ揚げました。

同じ地合いに少し離れた潮通しのよいポイントで4~5本揚げているのが、見えましたが、どんなルアーを使っていたのかは、確認できませんでした。確かにナブラの数も圧倒的にそちらの方が多かったとは思いますが、ちょっと悔しいです。みなさんなら、どのようなルアー、アクションで攻略しますか?

Aベストアンサー

つい最近その状況に遭遇しました。私のは20mほどの60から70cmぐらいのハマチのナブラでした。

やはりまず一番にはジグを投げますよね。私も投げました。マッチ・ザ・ベイトだから。
しかし一向にヒットしません。表層をスプラッシュするように早引きしてもダメです。
そこで思いついたのがペンシルベイト。実は私の地元ではこれから年内いっぱいぐらい
河口でブリが釣れるのですが、ペンシルしか釣れないんです。

そこでブリにも圧倒的な人が使っているヘドンのザラスプークを投げました。
(実際は全てチニングタックルそのものですので、エクスキャリバーのスーパースプークJrでしたけど)
これが一発でした。ものすごい勢いで襲ってきてスイッチが入りました。
これで2本ランディングして(と言ってもエギング用に20Lのクーラーに
保冷剤だけで氷を売っているところまで約30分ですので全てバーブレスでリリース)
3本目はものすごい勢いでルビアス2500Rのドラッグが出ているときに
フッと軽くなって「切られた」と思ったらカルティバのクイックスナップ
#2が完全に開いて伸びていました。
これまで90cmオーバーのスズキでもビクともしなかったのに。恐るべし青物!

この時点でスイベル類を見たらショアジギに使っていた大型のクロスロックスナップが
あったのでそちらに交換。ルアーは2本フックが付いているとグリップで
掴んでいてもフックを外すのが大変なのでZetzチヌポッパーの腹のフックを
外して尻のフックのみに。このポッパーは飛距離も抜群でポッピングも
チヌポッパーの中では最高に優れていますが、私は更なる飛距離とポッピングの
立ち上がりのレスポンスを良くするために尻のフックを2番の太軸に交換してあるので
そのまま青物に対応でき、むちゃくちゃかっ飛びます。

これまた大正解!派手目のスプラッシュが出るように強めにポッピング。
3アクションぐらいで2、3匹が背びれを出して猛アタックしてきました。
とにかく投げれば猛アタックの連続で6、7回のバイトでフッキングしたのが4本。
最後のは60cmをゆっくり越えているサイズでしたが、フックを外そうと
グリップで掴んで上げたときに最後の一暴れ。哀れ、Berkeleyのピストル
グリップ口がねの蝶番部分のプラスチックが欠け崩壊(>_<)
グリップ無しでフックを外すのは大変危険なのでここでThe endになりました。

今回はたまたま浜で、チニングタックル、一口サイズのトップルアーを
たくさん持っていたのですぐに対応できましたが、太く強いショアジギロッドなどだと
トップルアーのアクションも難しく、軽いトップルアーは全然飛びませんからね。
ただ、グリップがダメになったのとシーホーク80Lのバットとその上の
ガイドのバーニッシュが5mmほど欠け、スレッドが出ているのに昨日気付きました。
夢のような体験でしたが代償もかなり大きかったですね。

つい最近その状況に遭遇しました。私のは20mほどの60から70cmぐらいのハマチのナブラでした。

やはりまず一番にはジグを投げますよね。私も投げました。マッチ・ザ・ベイトだから。
しかし一向にヒットしません。表層をスプラッシュするように早引きしてもダメです。
そこで思いついたのがペンシルベイト。実は私の地元ではこれから年内いっぱいぐらい
河口でブリが釣れるのですが、ペンシルしか釣れないんです。

そこでブリにも圧倒的な人が使っているヘドンのザラスプークを投げました。
(実際...続きを読む

Q【オフショアキャスティング】ナブラはどこを狙うか?

沖釣り歴6年くらいですが、昨年から乗合船にてジギングを散発的にやるようになりました。
主に東京湾でサワラやイナダ、ワラサ狙いで10回ほど経験しており釣果もボチボチといった感じです。

船宿よりキャスティングタックルも用意するように言われて毎回必ず持参するのですが、ジギングの時に限ってなぜか一度も鳥山に遭遇したことがありません。
とはいえ、いつか遭遇するであろうその時に慌てたくないので知識だけでも蓄えておきたいと思っているのですが、基本的な疑問があります。

鳥山のどこを狙うのか?
ネット情報で「鳥山の進行方向数メートル先を狙うといい」というのがありましたが、乗合船で同じ場所を狙うのは難しいように思いますし、かといって鳥山のド真ん中を狙うとナブラが沈んでしまうとも聞きました。また、鳥山のド真ん中では鳥に当ててしまう危険もあるように思います。
どこを狙うべきでしょうか??

Aベストアンサー

東京湾、相模湾でキャスティング全般やってます。

状況次第ではありますがざっくり言うと、ナブラというか追っているターゲットの移動スピードが速い場合は進行方向の先に投げてナブラの前を横切らせ、遅いナブラ(下から突き上げるように食っている)は奥に投げてナブラの中を通します。
相模湾マグロなんかはパターンの違いが顕著です。極端な話、後者ならナブラにドボンで放置とか。

鳥山を恐れていたらナブラ撃ちはできませんよ。
鳥よけの小技としては、トップで追われたら止めれば追わなくなるのと、ピンクバックは比較的無視されやすい傾向です。
また、青物ナブラ撃ちはキャストをミスれば即終わりのワンチャンスの場合も少なくないです。
普段からキャスト精度を高める努力はした方がいいですね。
特に乗合船はアンダーハンドの出番が多いので要練習ですね。
私もいまだに苦手ですが。


人気Q&Aランキング