最新閲覧日:

1年ほど前に中古カメラを買いました。
Leica IIIcといいます。
さて、このカメラなんですが、シャッタースピード切り替えダイヤルを見ると、
通常のシャッタースピードの他にBとTというのがあります。
Bは現代のカメラにもあるんで理解できたんですが、Tって何でしょうか?

因みに"T"でシャッターを切ってみました。
シャッターが開いたまんまダンマリになっています。
??と、次にシャッターをチャージすると、普通にチャージできます。
「ひょっとして やっちゃいけないコトをやってしまったか!」と、あわてて、
他のシャッター速度にしてみるとちゃんと切れます。

だいたい、これはもともと何をするための機能なんですかねー。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Bはバルブという機能、Tはタイムという機能です。


バルブはシャッターボタンを押している間シャッターが開けっ放しになる機能で、タイムは一度押すとシャッターが開きもう一度押すとシャッターが閉じる機能です。例えば夜景や星の撮影、多重露光撮影時に使用したりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。よく解かりました。

ふうむ,そうですか...
タイムについて実験してみましたが、1回目はなるほどシャッターが開き、
2回目にシャッターボタンを押しても..シャッターは閉じなかったっす。
ひょっとして、壊れているのかな...
保障期間過ぎてるしなー。タイムじゃなー。費用対効果的に苦しいしなー。

お礼日時:2001/03/28 20:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報