1年ほど前に中古カメラを買いました。
Leica IIIcといいます。
さて、このカメラなんですが、シャッタースピード切り替えダイヤルを見ると、
通常のシャッタースピードの他にBとTというのがあります。
Bは現代のカメラにもあるんで理解できたんですが、Tって何でしょうか?

因みに"T"でシャッターを切ってみました。
シャッターが開いたまんまダンマリになっています。
??と、次にシャッターをチャージすると、普通にチャージできます。
「ひょっとして やっちゃいけないコトをやってしまったか!」と、あわてて、
他のシャッター速度にしてみるとちゃんと切れます。

だいたい、これはもともと何をするための機能なんですかねー。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Bはバルブという機能、Tはタイムという機能です。


バルブはシャッターボタンを押している間シャッターが開けっ放しになる機能で、タイムは一度押すとシャッターが開きもう一度押すとシャッターが閉じる機能です。例えば夜景や星の撮影、多重露光撮影時に使用したりします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。よく解かりました。

ふうむ,そうですか...
タイムについて実験してみましたが、1回目はなるほどシャッターが開き、
2回目にシャッターボタンを押しても..シャッターは閉じなかったっす。
ひょっとして、壊れているのかな...
保障期間過ぎてるしなー。タイムじゃなー。費用対効果的に苦しいしなー。

お礼日時:2001/03/28 20:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもっとも使いやすいM42マウントのカメラ。

ってなんでしょう。
とりあえず、1つM42マウントのレンズでお気に入りのブツがありまして、
手放せないほど気に入っているんですが、ボディがニコンしか持ってないもんで、マウントアダプターでくっつけてる状態です。
どーにも勝手が悪いんで、M42マウントのボディを買おうかなと思ってます。
で、お伺いしたいんですが、M42マウントのボディでなるべくシャッタースピード最高速が早く、なおかつ、メーター内蔵のブツってどのカメラになるんでしょうか。
また、PENTAX SP-Fはものによってはつけられないレンズもあるとか聞きましたので、それ以外のボディでお願いします。

開放測光はできなくてもいいです。。この際。。。。。


って、こんなマニアックな質問答えてくれる人いるんでしょうか。。
いるといいな。お待ちしてます。

Aベストアンサー

またまた出てきました。この話になると、尽きないもので。
>オートフォーカス使えばいいのにってツッコミはなしにして下さい。
オートフォーカスは、だめですよね。シャッター切った瞬間は、撮れていませんね。
> 僕は可能な限り正確にピント合わせて、ギリギリまでピント浅くした写真が好きなもんで
分ります。レンズに拘ればそうですよね。絞ったらどのレンズも似たような物ですもの。
>OM-2とかにつければ露出補正ダイヤル使いやすいから
OM-2持ってます。残念ながらバックフォーカスが46ミリでたった0.5ミリ長いだけですが、無限にしたときで10メートルまで行きません。やはりコンバージョンレンズ付きのアダプタになります。それと自動絞り式を実絞り測光にセットするためのレバー(接写リングの後ろに出ているような)が必要です。アダプターに付いているとは思いますが。でもダイレクト測光なので速写に良いです。いっそOM-20あたりをM42専用にマウント改造してしまいますか。いま、まじで考え中です。
ペンタックスのLXもダイレクト測光ができるので、M42を使うのにとても良いそうです。でも今となっては、高価につきますね。
>M42のレンズで評判いいやつって何か他に知りませんか?
>アンジェニーの28mm/f3.5とかどうかなって思ってるんですけど。
フランスですね。持っていませんが、やわらかで丸みのある表現をするので特長的だそうです。広角なのにぼけ味が良いそうなのでoni_ocさんの撮影スタイルにあうかも、解像力は、さほどでないそうです。
わたしは、懐の都合でペンタックス、オリンパスなど日本製が多いです。
とりあえず28mmでは、SMCスーパータクマー28mmF3.5、Gズイコー28mmF3.5両方とも解像力が良いのであまり特徴的ではないようですが、写りは良いです。
アンジェニーもそうでしょうが、F3.5で28mmとなるとピントの山がつかみにくいので、フォーカススクリーンの目の粗めのボデーが良いでしょう。
女の人を中心に開放気味で撮られるようですが、でしたら、もう少し長めレンズは、どうでしょうか。
スーパータクマー55mmF2、タクマー135mmF3.5などで、もっとボケの効果が出ますので。
M42は、まだまだたくさん魅力的なものがあるとは、思いますが、長くなりますので、撮影スタイルと予算にもよりますので、この辺で。

またまた出てきました。この話になると、尽きないもので。
>オートフォーカス使えばいいのにってツッコミはなしにして下さい。
オートフォーカスは、だめですよね。シャッター切った瞬間は、撮れていませんね。
> 僕は可能な限り正確にピント合わせて、ギリギリまでピント浅くした写真が好きなもんで
分ります。レンズに拘ればそうですよね。絞ったらどのレンズも似たような物ですもの。
>OM-2とかにつければ露出補正ダイヤル使いやすいから
OM-2持ってます。残念ながらバックフォーカスが46ミリでたっ...続きを読む

Q自分でフィルムを現像する方法

35mmのフィルムで撮った写真を自分で現像・プリントしたいと考えているのですが、薬品や機材はいくらぐらいするのでしょうか。また、暗室を作るのにはどうしたらよいのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要りません。

保存タンク:薬品を保存するためのタンクです。専用のものがよさそうです。これも数百円程度、停止液は使い捨てなので、フィルム用に2つ在ればよいです。

計量カップ:得に専用のものでなくても、料理用などで十分です。ただし2Lまで量れるものが便利。薬品は粉末や濃縮状態のもの
が多いので、これで薄めます。これは1000円しないとです。

温度計:上記の薬品はお湯で溶かすことが多い上に、薬品の温度で現像などの時間が異なるため必須です。
100度まで計れるものであればなんでもいいです。

漏斗:これも何でもいいです。薬品をタンクに戻すときに使うだけ。いざとなればなくてもよいです。

ダークバック:これも暗室があれば不要です。明るいところで作業するためのもので、首の穴がない長袖シャツみたいなものです。

フィルムであればこれぐらいあればよいかと。


プリント
印画紙:これは必須です。必要に応じて購入してください。数千円単位ですが全紙サイズになると結構高いです。
表面にコーティングのないバライタ紙、コーティングありのRC紙があります。通常はRC紙でよいかと。

バット:薬品を入れてこれに印画紙を漬けます。現像、停止、定着、水洗の4つがあるといいです。

引き伸ばし機:スライド映写機のように。フィルムの画像を印画紙に焼き付けるものです。値段はばらばらで安くても3万円程度
はします。レンズとタイマーは別売りなのでさらに各1万円はプラスになります。
引き伸ばせるサイズとカラーへの対応で値段が異なります。高いものは数十万円しますね。

イーゼルマスク印画紙を綺麗に平面に固定するためのものです。相場は3000円前後でしょう

ピンセット:薬品に触れずにやるにはこれが必要。竹のものとプラスチックのものが在ります。数百円程度ですね。薬品が混ざら
ないように薬品ごとに用意してやるのが普通です。

各種薬品&ポリビン:フィルムとは薬品が違うので、プリント用に用意してやる必要があります。値段は大体同じです。停止液は同じです。

フォーカスルーペ:熟達した人には不要ですが、普通は必要です。引き伸ばしの際、ピントがちゃんと合っているか確認するため
のものです。安いやつで十分なので2千円程度です。

セーフライト:テレビとかのシーンに出てくる赤いやつです。モノクロの印画紙は赤色に反応しないので、これを使って作業します。
ないと暗くて難しいです。フィルムはしっかり赤色にも反応するのでフィルム現像のとき使うとフィルムが死にます。3000円程度です。

まあ、おそらくこのぐらいだと思います。

ただ、ここで述べているのはすべて「白黒フィルム」の現像とプリントの話です。

カラーは、それぞれの値段が高い上に、温度管理などが厳密なので非常に難しいです。素直にお店に出しましょう。

暗室ですが、一番よいのは風呂場ですね。光を遮断しやすい上に現像時に大量に必要な水が確保しやすいですから。

水洗のみ外でやるのであれば押入れでもいけます。
必要なのは、光を遮断すること、水があること、電気が使えることです。
ただし、現像液とかのにおいはかなりきついので、密閉すると危ないです。

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要り...続きを読む

QLマウントとM42マウントの違い

古いレンジファインダーのカメラ(CANON7)を、もっております。中古の交換レンズを購入しようと考えていますが、「L(ライカ)マウントレンズ」なら交換できるはずですが、時々「M42マウントレンズ」というものが、雑誌に載っています。
この二つは、違うマウントなのでしょうか。それとも両方ともCANON7につくのでしょうか。ご存知の方、教えていただけませんでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

同じスクリューマウントですが、
ネジ径が違います。
M42は読んで字のごとし42mm
別名プラクティカマウント、
Pマウントとも
呼ばれています。
このマウントは1眼レフ用の
マウントで以前は1眼レフの世界標準的な
マウントでした。

Lマウントは39mmです。
別名ライカマウント、
M39マウントとも呼ばれます。
口径(ネジ径)がまったく違うので、
そのままではまったく付きません。
マウントアダプターでも有れば
装着可能ですが。
(有ったような気もする・・・)

LマウントのLはleicaのLです。
M型以前のバルナックタイプ
と言われるモデルが採用していました。
当時(1960年代以前)レンジファインダー機の
世界標準的なマウントでした。

蛇足ですが、引伸し機の
レンズが同じ39mm径で装着可能です。
(ヘリコイドが有りませんが、一部の超マニアは
装着して遊んでいます。)

QNikon F フォトミックTNファインダーの電池について

最近、Nikon F(フォトミックTNファインダー)を譲り受け、故障している部分を修理に出して直してもらいました。しかし、フォトミックTNファインダーの電池がなくなっており、露出を計るなどの一部機能が使えなくなっています。新しい電池を買おうとしても水銀電池なので生産されておらず困っています。
代わりになる電池や何らかの対処法を知っておられる方、ご助言お願いします。

Aベストアンサー

単純に言って、1.5Vですと約15.4%ほど過電圧ですよね。
そうすると約1段半から2段ほどオーバーと言うことになりますが。
ですがあくまでも机上の計算ですので、実際には
外部露出計等で正確な露出を測って比較してみないとなんともいえないです。

Fでは無いのですが、過去にOM-1を修理したときに
やはりメーターが狂っていて、メーター本体のアジャストスクリューを
調整してあわせたことがあります。
多分、FTNファインダーにもアジャストスクリューか
可変抵抗等で調整出来るようになっているとは
思うのですが、私自身FTNファインダーを修理
したことが無いのではっきりしたことは分かりません。

Qフィルムの解像度を画素数にすると?

フィルムたとえばVelvia100の35mm版の粒子径から
換算される等価画素数は幾らになるのでしょうか?
伸ばすと結構ザラザラになるので1000万画素ぐらい
かなと思うのですが、どうなんでしょうか?

よろしくお教えください

Aベストアンサー

ASA (ISO) 100 Film の感光粒子径は 6~8μm と言われ、これから 35mm Film を Scan するのは 3600DPI が理論限界みたいな解説を読んだ記憶がありますが、Film の感光粒子は規則正しく並んでいるわけではなく、2 つの粒子の間にもう 1 つの粒子が顔を覗かせているような層を成しており、粒子同士がくっついて大きな粒子状になっている箇所もあります。

このため大きな粒子状になっている高感度部分から小さく顔を覗かせている低感度部分まで広い Latitude を持っているのですが、現在では同じ Size の Digital Image Sensor の方が高精細、高感度、広 Latitude になってきていますね。

単純に粒子径から計算すれば 6μm 径で 36mm×24mm ならば 6000×4000=2400 万画素、8μm 径で 1350 万画素ですが、あくまでも机上の理想論ですので 1000 万画素ぐらいというのが現実的な感覚値ではないかと思います。

Digi'Came' でも LPF (Low Pass Filter) のせいで 1000 万画素以上を謳っていても 600 万画素以下の高額一眼レフ機の方が遙かに解像度が高かったりしますし・・・。

素敵な Camera Life を(^_^)/

ASA (ISO) 100 Film の感光粒子径は 6~8μm と言われ、これから 35mm Film を Scan するのは 3600DPI が理論限界みたいな解説を読んだ記憶がありますが、Film の感光粒子は規則正しく並んでいるわけではなく、2 つの粒子の間にもう 1 つの粒子が顔を覗かせているような層を成しており、粒子同士がくっついて大きな粒子状になっている箇所もあります。

このため大きな粒子状になっている高感度部分から小さく顔を覗かせている低感度部分まで広い Latitude を持っているのですが、現在では同じ Size の Digital Ima...続きを読む

QCanonの一眼レフ用レンズでFDマウントとニューFDマウントの違いは?

表題のとおりですが、FDマウントとニューFDマウントの両者にはどういった違いがありますか?また、CanonA-1には両方ともマッチするのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

FDレンズとニューFDレンズ(NFD)とキヤノンA-1をまだ所有しています。

> FDマウントとニューFDマウントの両者にはどういった違いがありますか?

基本的には、FDレンズをマイナー・バージョンアップしたものがニューFDです。外見上の違いは、銀色のギザギザリングを締め付ける方式のマウントから、レンズ全体をねじって固定するバヨネットマウントに変わり、銀色が印象的なFDから真っ黒なニューFDに変わったという所でしょうか。

> CanonA-1には両方ともマッチするのでしょうか。

CanonA-1には両方ともマッチします。と言うか、絞り機構や信号伝達機構は同じなので、CanonA-1に取り付けて使う場合には、操作は全く同じです。性能の差については、当時のカメラ雑誌のテスト記事などで見る限り、光学系(中身のレンズ)自体はFDからNFDにそのまま引き継いだものが多かったようです。ただし、開発時期が違いますから、ニューFDになってから発売されたレンズの中には、同じ焦点距離でも光学系が改良されたものはあったようです。

CanonA-1にFDもしくはNFDレンズを装着して絞り優先で撮影する場合は、レンズ自体はAマークに合わせて開放測光で使うようにし、ボディー側のダイヤルで絞り値を設定してやれば問題なくできますが、絞り込み実絞りの状態から絞り優先での使用には対応できていません。

キヤノンA-1のことが詳しいサイト
http://canon-a.fantastic-camera.com/

FDレンズシリーズに関するメーカーの公式サイト
http://web.canon.jp/Camera-muse/history/canon_story/1970_1975.html

参考URL:http://canon-a.fantastic-camera.com/,http://web.canon.jp/Camera-muse/history/canon_story/1970_1975.html

FDレンズとニューFDレンズ(NFD)とキヤノンA-1をまだ所有しています。

> FDマウントとニューFDマウントの両者にはどういった違いがありますか?

基本的には、FDレンズをマイナー・バージョンアップしたものがニューFDです。外見上の違いは、銀色のギザギザリングを締め付ける方式のマウントから、レンズ全体をねじって固定するバヨネットマウントに変わり、銀色が印象的なFDから真っ黒なニューFDに変わったという所でしょうか。

> CanonA-1には両方ともマッチするのでしょうか。

CanonA-1には両方と...続きを読む

QニコンF4のファインダーの掃除の仕方

F4のファインダーを掃除したいのですが取り外しが分かりません
どなたか教えて下さい!

Aベストアンサー

F4を上から見たときに、ファインダーと巻き戻しクランクの間に‘みたいな形の5、6mmのスイッチというかそういうのがありますでしょ。それを反時計回りに動かせばロックが外れて、あとはファインダーをボディの後ろ側に引けばはずれるハズですが。

Q古いカメラのM/F/Xって何ですか?

古いカメラで、ストロボ同調切替スイッチが「M/F/X」と可変です。ストロボを使う時にはどれに合わせれば良いのでしょうか? また、これらの違いは何でしょうか? Fはフラッシュバルブかな?と予想するのですが・・・

Aベストアンサー

電子式フラッシュいわゆる「ストロボ」を使用するのであればX接点を使います。M接点とF接点は最近ではほとんど見なくなったフラッシュバルブ用の接点です。フラッシュバルブは電池からカメラの接点を通じて電流を流して、内部のマグネシウムとアルミ箔に点火して発光させます。フラッシュバルブにはレンズシャッター用(M)と、フォーカルプレンシャッター用(F)があり発光のタイミングと持続時間が違っていました。フォーカルプレンシャッターであっても、縦走りのシャッター幕を使っているものではMタイプのバルブを使用するものもありました。
ストロボを使うときは、X接点を使います。レンズシャッターでは全速同調。フォーカルプレンシャッターの場合は機種によって違います。一般に1/60秒より遅いシャッター速度で使います。縦走りタイプでは1/125とか、1/250でも同調するものもあります。一般にシャッターダイヤルの文字が赤色で示されています。

Qダハミラーとペンタプリズムの違いは何ですか?

デジカメを2台所有してます。D100のミラーがペンタプリズム、キスデジがダハミラーです。ダハミラーは他にニコンのD70もそうらしいです。この2種類のミラーの違いって何ですか? 比較的安価なデジカメ一眼にはダハミラーですよね? この違いによって何が違うのか?よくわからないのです。教えて下さい。

Aベストアンサー

ペンタミラーでは、空気中を反射させる事しか出来ないのでどうしても光路長が長くなってしまいます。
※光路長=フォーカシングスクリーンから接眼レンズまでの距離。

しかし、ガラス製のペンタプリズムでは光路長を短く設計する事が可能です。
※高屈折率ガラスを使用するとさらに短く出来ます。

光路長を短く出来るという事は、ファインダーの視野角を広く、明るく、ファインダー倍率を高く設計しやすいというメリットがあります。

当然、視野は明るく広い方が見やすいですし、倍率は高い方がMFでのピント精度が上がります。

ペンタミラー採用機は暗いファインダーを誤魔化す為に、透過率の高いフォーカシングスクリーンを採用する場合もありますが、こう
いったフォーカシングスクリーンはピントの山が掴みづらい事が多くさらにMFの操作性が悪化する場合があります。

コストと軽量化ではミラー有利ですが、一眼レフのファインダーとして有利なのはペンタプリズムです。

Q故障なのでしょうか(オリンパスOM-2)

オリンパスOM-2なのですが、フィルムを入れる直前まで正常に作動していたのですが、フィルムを入れてからシャッターがあがらなくなってしまいました。(上がる時もあるのですが...まれです。)オートマ、マニュアル設定をOFFしてシャッターを切ると通常通り作動しますが、オートマかマニュアルのどちらかに設定するとシャッターは切れますが、あがらなくなり、その状態でOFFへ設定を動かすとシャッターがあがり元に戻ります。
故障なのでしょうか、それともフィルムの入れ方が悪かったのか、私の操作ミスなのでしょうか。

ともかく古いマニュアル機なので、説明書もなくとても困っています。大事なカメラなので何とかなおしたいと思っていますので、どなたか詳しい方いらっしゃいましたら教えて下さい。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

古いマシンの古い質問ですが、解決なさっていないならOM-2もかわいそうで、思わず。
交換すべき電池がわからなくて、おいておられるのではないかともおもい、アドバイスします。
電池は銀電池G-13がメーカーの仕様ですが、公害等の問題で相当昔から製造されておらず、酸化銀電池のSR44が代替になっていたとおもいます。寿命の点でさらに劣りますがLR44ならたいていの量販系の電気店でも置いています。ちょっと小さいSR43、LR43もまにあわせの数本なら工夫すれば使えます。(デジタルカメラの電池に比べたら日数的には数十倍かと)
#1の方はおそらくOM-2のことをいっておられるとおもいますが、その後出た改良版のOM-2(N)のほうが数がでまわっており、この二機種で若干この電池消耗時の復帰方法がすこし異なります。
質問から推定するに、このNに近いようなので、追加回答します。
マニュアルでは、「電池がはいってないときや、消耗した時、・・・トラブルを未然に知らせるための安全装置が働いているのです。切替レバーをCHECK・RESETの方向に強く押して解除してください。」・・・「電池を入れなおしてください」と記載されています。
また切替レバーがOFFのときシャッターを押すと、1/30S以上の明るさなら適性露出でシャッターが下りることになっています。:それ以下なら強制的に1/30でシャッターが下りる!!(切替レバーの各位置とレンズカバーの有無でさらに複雑な動きが生じているように見えます)
さらにフイルムが入っているときと入っていないときではシャッタースピードが違う!!というとんでもない設計(発売当時露出関係ではダントツのハイテクマシンだったとおもいますが)がなされているため、初めて触る方はこのことを知っていないと、なにがなんだかわからなくなると思います。
マニュアルといっても肝心な部分はすこしですし、作ったメーカーも相談したら、喜んでコピーしてくれるのでは?オリンパスって、そんな会社だとおもうのですが。おもいいれすぎかも。

古いマシンの古い質問ですが、解決なさっていないならOM-2もかわいそうで、思わず。
交換すべき電池がわからなくて、おいておられるのではないかともおもい、アドバイスします。
電池は銀電池G-13がメーカーの仕様ですが、公害等の問題で相当昔から製造されておらず、酸化銀電池のSR44が代替になっていたとおもいます。寿命の点でさらに劣りますがLR44ならたいていの量販系の電気店でも置いています。ちょっと小さいSR43、LR43もまにあわせの数本なら工夫すれば使えます。(デジタルカメラ...続きを読む


人気Q&Aランキング