戦争の映画(地雷のシーン)を教えてください。

この度、戦争に関する演劇をすることになり、地雷を踏んで片足がなくなってしまった瞬間の男性の役を演じることになりました。

私は演劇の素人なので、実際に地雷を踏んだ方の様子がどういったものなのかはあまり分かりません。そこで、映画などで地雷を踏んでしまった人がいるシーンを参考にしたいと考えているのですが、何か良いものはありませんか?

緊急を要するもの(2日以内)なので、できればyoutubeなので動画として配信されているものが良いです。

実際に地雷を踏んだシーンでなくとも、参考になりそうなものがあれば構いませんので、どうかご協力ください。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

残念ながら地雷ではありませんが、


フォレストガンプ一期一会のダン中尉(?)
バンド・オブ・ブラザーズ(8話?)のアルデンヌの戦いでは迫撃砲で足がちぎれてしまった瞬間の人の様子がとても生々しく描かれています。
参考になるといいですね
    • good
    • 0

「プライベート・ソルジャー」



で地雷踏んでしまって動けなくなったシーンがあったような気がしますが
    • good
    • 0

「ランボー/最後の戦場」が良いと思います。


「エネミー・ライン」もあまり直接的なカットはないかもしれませんが、ハイスピード撮影でのスローなどが多く、地雷原を走り抜けるシーンなどは爆風の参考になると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地雷の仕組み(韓国映画「JSA」)

韓国映画「JSA」で、地雷を踏んだ主人公が、足で地雷を踏んだまま
数時間我慢し、偶然遭遇した北の兵士に助けてもらう場面があります。

このときの地雷撤去作業が不思議でした。
地雷と離れたところに地面かた突き出た細長いものを触っていました。
そして撤去終了後、手に信管を持っていました。

地雷は踏んだだけでは爆発しないのでしょうか?
地雷の位置と信管の位置が違うのはどうしてでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 その映画は見ていないので正確かどうかはわかりませんが、

> 地雷は踏んだだけでは爆発しないのでしょうか?

 1番の方もお書きの通り、地雷(信管)には、踏んだ瞬間に破裂するものもあるし、一度かかった重みが取れた瞬間に破裂するものもあるようです。

 前者は、例えば木が倒れてきた時も爆発しますが、後者は誰かがその木を取り除いた時に爆発します。どっちが地雷として効果的かは明らかでしょうね。

>地雷の位置と信管の位置が違うのはどうしてでしょう。

 信管は地雷の中にある(爆薬と信管が全体として1個の地雷)のがふつうでしょうね。映画などを見ていると、誰かが踏んづけた足の下を戦友が掘り返して、地雷から信管を抜き取っています。

 問題のものはそれとは違うようですね。

 地雷とは信管があってこそ爆発するので、信管がついていない地雷(爆薬部分)だけを踏んだって爆発しないと思うのですが・・・ 。不可解です?????

 そういうのを映画で見た記憶はないのですが、手榴弾を木の根本につけて、糸を張って、誰かがその糸をひっかけると、手榴弾のピンが抜けて爆発する(本当は数秒のライムラグがあるのですが映画ではすぐ爆発)というトラップはしばしばみかけます。

 それを応用して、例えば、その『地面かた突き出た細長いもの』に共同信管みたいなのを付けて、どれかの地雷を踏んでその後足を離すとその信管から電気が流れて複数の地雷を・・・ んなわけないか (^^; 。

 あるのかないのかわかりませんが、質問者さんの見間違いでなければ、そんな設定なのかも。

 その映画は見ていないので正確かどうかはわかりませんが、

> 地雷は踏んだだけでは爆発しないのでしょうか?

 1番の方もお書きの通り、地雷(信管)には、踏んだ瞬間に破裂するものもあるし、一度かかった重みが取れた瞬間に破裂するものもあるようです。

 前者は、例えば木が倒れてきた時も爆発しますが、後者は誰かがその木を取り除いた時に爆発します。どっちが地雷として効果的かは明らかでしょうね。

>地雷の位置と信管の位置が違うのはどうしてでしょう。

 信管は地雷の中にある(...続きを読む

Qコンバットやバンドオブブラザーズのような戦争もののビデオでベトナム戦争

コンバットやバンドオブブラザーズのような戦争もののビデオでベトナム戦争のドラマのタイトルを忘れてしまいました。何話か続くもので映画ではなかったと思います。わかる方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

ひょっとして「グッドラック サイゴン」かな?これは確かTVドラマだったような気がするのですが。

Q地雷除去について

毎日地雷により70人がなくなっているそうです。
80カ国以上の国に一億個以上もの地雷が埋まっているそうです。
世界中の軍隊に地雷除去作業をしてもらうのは可能でしょうか?さまざまな技術があるのに地雷を除去をするために労力を費やしないのは何故ですか?
日本の重機会社の地雷除去機も76台しか活動してないそうです。
世界中に兵器は沢山あって地雷除去機は76台ってのは明らかにおかしいと思います。
おかしいとおもいませんか?
長文もうしわけありません。

Aベストアンサー

 おかしいけれども、それが戦争、そして置き土産です。
 なにしろ地雷はどこにどれだけ有るのか分からない兵器です。その為容易に発見出来ず、処理も大変。爆破処理が主のようだから。
 重機も入らない可能性もある。実際地雷除去のものは開発はされていますが、処理してお金になるのなら良いのですが、お金にならない事です。
 地雷のある国は戦争により経済的に良くはないので費用が無いです。
 だからこそ、時間がかかるのです。これでも良くなっている方ですけどね。

Q洋画では、女性がパンストを脱ぐシーンや、穿くシーン、それから、男性が女性の足の匂いを嗅ぐシーンのある

洋画では、女性がパンストを脱ぐシーンや、穿くシーン、それから、男性が女性の足の匂いを嗅ぐシーンのある物はありますか?

Aベストアンサー

卒業

Q地雷の発明(?)はいつ頃、どこの国ですか

地雷について調べているのですが、地雷の発明(?)はいつ頃、どこの国なのでしょうか。

また、現在、日本で地雷除去装置が開発されていることは知っているのですが、地雷を作っているということはないでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 対戦車地雷と対人地雷はWW2には明確に分離されていました。

 そもそも、対戦車地雷は撃破が困難な戦車の機動を制限/遅滞させようという目的のものです。ところが、これだけを敷設すると、敵の兵士によって簡単に除去されてしまいます(人が踏んでも爆発しないので)。そこで、この除去する兵士を妨害するために周辺に対人地雷も敷設して地雷原を形成することが一般的となります。

 両者は、爆薬の量や種類、爆発するのに必要な刺激の多寡などが異なっています。例えば対戦車用は数百キロの荷重がかからないと爆発しないようになっています。

 例としてWW2時代のドイツ軍が使用した地雷の例を挙げます。
http://feldbluse.ld.infoseek.co.jp/a-000e.html

 ソ連が「殺さない地雷」を開発したのは#5の方の御回答の通りですが(番組はNHKスペシャルの「世紀を超えて第4集・地雷、無差別兵器の残酷」だと思います)それのみを指して対人地雷であるとするのは無理があります。

 また、通史に関しては、分かりやすいページを発見しましたので、参考に挙げます。

また、地雷の材料の製造に関してですが、どの位の関与かで変わってきます。「外皮の原料であるプラスチック素材」とか、そういうレベルではヒョッとするとあるかも知れませんが、明らかに兵器に使われる物に関して、日本は輸出に大変抑制的です。半製品などであっても輸出することは無かったと思われます

参考URL:http://www.jmas-ngo.jp/page/sonota/jiraihajimari.htm

 対戦車地雷と対人地雷はWW2には明確に分離されていました。

 そもそも、対戦車地雷は撃破が困難な戦車の機動を制限/遅滞させようという目的のものです。ところが、これだけを敷設すると、敵の兵士によって簡単に除去されてしまいます(人が踏んでも爆発しないので)。そこで、この除去する兵士を妨害するために周辺に対人地雷も敷設して地雷原を形成することが一般的となります。

 両者は、爆薬の量や種類、爆発するのに必要な刺激の多寡などが異なっています。例えば対戦車用は数百キロの荷重がかから...続きを読む

Q車のシーンではほとんどが窓が空いてますが、現地での実際も同じ? 

数多くの映画でそうですが、サイドガラスが空いてる状態なのは撮影するにあたっての便宜上なのか、海外では窓を閉めている状態が元々少ないからなのでしょうか?

私が考えるには、ガラスに景色が写りこまずに俳優の顔が良く見えるからだろうと思いますが、更にはフロントガラスを外して撮影された映画も有るので、映画で車のシーンの撮影の『常識』となっているのでしょうか?

あと、主人公が車に乗るだけの映像でもサイドガラスが空いてる状態なのも多く感じます。
日本とは気候が違って湿度が低いからなのか?でも犯罪率は高いからやっぱり一般生活では窓は閉めているものなのか?
気になるのです。

Aベストアンサー

おそらく、撮影のための照明やカメラやその他の人が写るからでしょう。
>主人公が車に乗るだけの映像
でも、ボンネットに幾つかの照明をセットし、カメラの脇からの照明も必要です。良い条件で撮影するには、ガラスがない方がよいですね。

因みに、正面からの撮影は安全のためにクレーン車などで引っ張って撮影します。日本でも、撮影中に事故があったことなどから、実際に俳優が運転しながら演技することは自主規制されています。

Q核より先に対人地雷を保有すべきと思いませんか?

核保有が議論となっていますが、日本は直近の問題として対人地雷やクラスター爆弾を保有すべきではないでしょうか?

これらの兵器は、有効に使えば敵に多大な存在を与え、味方の損害は皆無もしくは軽微です。
製造・保有・設置も簡単ですし、日本の地雷探索・撤去技術は世界有数ですから、有効に使えば他の地雷生産国にも負けないほどの地雷が作れるでしょう。

Aベストアンサー

クラスター爆弾が対人対物地雷になります。

Q自分の腕を食べるシーンがある戦争映画の名前を教えて下さい。

子供の頃にテレビでチラッと観たワンシーンが忘れられません。
それは、戦争物の洋画で、ジャングルを徘徊する一人の兵士が、
あまりの飢えに耐え切れず、なんと自分の片腕の肉をムシャムシャと
噛みちぎりながら歩いてるというシーンがある映画でした。
どなたか映画にお詳しい方で、この洋画のタイトルがお判りの方
いらっしゃいませんか? 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

野生の証明で高倉健が自分の腕を食べます

Qジャンプ型地雷について

先日「ノー・マンズ・ランド」という戦争映画を観て疑問に思ったことを書きます。

気絶している間に死んでいると勘違いされた兵士が体を地雷の上に置かれてしまいました。結局、救出に向かった国連の地雷処理の者は除去は不可能であると判断して匙を投げてしまいます。

地雷はジャンプ型だということでしたが、この地雷はそのどのような特徴によって除去が不可能になっているのでしょうか?

跳ね上げ型地雷と呼ばれているものと同じだと思いますが、調べても爆発時の特徴しかわかりませんでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もこの映画をみましたが、この地雷は圧力感知型信管の地雷で、ある一定の圧力(この場合人間の体重)がかかっている間は信管が作動しませんが圧力が減少ないしなくなると信管が作動して爆発するようになります。

従って人間を助けようとして動かすと爆発をさけられません。

別の映画で同様に圧力信管つき地雷の上に乗ってしまった兵士を救出するのに、体重と同重量の重りをのせる瞬間に救出していました。
これは兵士が動ける状態なので成功したのでしょう。

ジャンプ型地雷は同様な圧力信管付きですが飛び上がってある高さで爆発する遅延型の信管です。
これは1人だけでなく、複数の兵士を殺傷出来るように広範囲を狙うもので、爆薬量も多めです。

Q戦争映画で通信文を「ブラボー、エコー・・・」などと確認するシーンがある映画

「クリムゾン・タイド」で本国からの通信文(指令文)を、事前にしまってあるプラスチックのケースを割ってあけたコードと照らし合わせて、本物の通信文であることを確認するシーンがあります。
「ブラボー、エコー、チャーリー・・・」などと読み上げて照合するシーンです。

他の映画で同様のシーンがあったと思います。(最近テレビで見たような気もするのですが・・・)
クリムゾン・タイド以外で、このようなシーンがある映画をご存じの方、映画のタイトルを教えて頂きたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ウォーゲーム」の冒頭(核ミサイル発射サイロ内のシーン)に、同様のシーンがあったと思います。


人気Q&Aランキング