「勉強のかいがあった」とか、効果、効き目のことを「かい」と言いますね。「効があった」とも書くようです。
これをふつう「甲斐」と書くのは、単なる当て字なのでしょうか、それとも何か理由があるのでしょうか。

また「ふがいない」はよく「不甲斐ない」あるいは「腑甲斐ない」と書きますが、どちらが正しいのでしょうか。
また、「不甲斐ない」「腑甲斐ない」の「甲斐」は上の「効果」を意味する「かい」と同じものでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 語源については俗解も含め諸説紛紛するところですが、学界の通説としては、現代語の「代える・替える」に相当する四段動詞「替ふ(かふ)」の名詞形「かひ」から来たとすることで固まっていると思われます。

つまり、「代わりになるもの」「替えることのできるもの」から「価値のあるもの」となり、転じて「効果」「効き目」という意味になったというものです。
 具体的には、日本国語大辞典(第2版)や時代別国語辞典(上代編)が採用する見解ですが、万葉集の「代」を「かひ」と読ませる古訓がありますし、妥当だと思もわれます。

 「貝」について、「替えることができる」から「貝」だという話は江戸時代からあります。そうだとすれば、「貝」と「甲斐」は関係があるということになります。
 しかし、言語学的にはもちろん、考古学的にも疑問点が多く、私としては支持しがたいところです。

 「不甲斐ない」については、「腑も不も当て字であろう。甲斐は『かひなし』の甲斐で良いだろうが、『ふ』の具体的役割はよく分からない」というのが、穏当な立場かと思います。
 江戸時代の『片言』という解説書には「云ふ甲斐なし」の省略であろうとあるそうですが、そういう考え方も否定はできない、という程度でしょう。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

専門的な立場からのご解説ありがとうございました。
いろいろ調べまして、小生も「替ふ」説が妥当ではないかと思います。

お礼日時:2003/06/21 03:21

#6です。



#7の方が書かれていますが「貝」と「甲斐」・・・
これは無関係ではありません(という論が最近では唱えられています。)

「甲斐」の語源は、最近では「交ひ」だと言われています。これは、甲斐の国が黄泉の国との境(交わっているところ)だといわれているところに由来します。(昔、伊邪那岐命が黄泉の国から帰ってくる時、持ち物を投げ捨てたところから奥津甲斐辨羅神という神が生まれたというところに由来します。)

同様に「貝」も「交ひ」に由来していると言われています。これは#7の方も書かれているように「交換できる」という意味です。

つまり「貝」と「甲斐」は無関係ではありません。
ただし、この時に使われる「甲斐がある」の「かい」は当て字でもともとの意味は「貝」だということです。

もっとももともとの日本語の意味は、
「か」・・・仮の
「ひ」・・・中心
です。「貝」にしても「甲斐」にしても「交ひ」にしても元は同じ音から組み立てられていると思われます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貝に由来するというご教示、ありがとうございます。

甲州の「甲斐」は、「峡谷」の「峡」(かひ)ではないかという説もありますね。

奥津甲斐辨羅神についてのご教示、興味深いですね。一般的には「沖と水際の間」を司る神で、沖に関わる水神であるとされているので、海のない甲州との関連がいま一つ分からないところがありますが……。

ただ海がないくせに山梨県には「海の口」とか、海に関する地名があるので、そこらへんに何かあるのでは、という気もします。研究課題ですね。

お礼日時:2003/06/21 03:28

かい→貝です。

甲斐はあくまで当字ですね。

古くは平安時代ぐらいから「価値のあるもの」という意味で使われていました。(竹取物語にもでてきます。)

どうして貝が価値があるものかというと、昔は貝(子安貝)を通貨として使用していたからです。

で、「貝」の語源はネパール語のkyay(あるもの)だと言われています。
    • good
    • 1

No.2です。



ここで突っ込んで議論するほどの知識はありませんが、
不用意な当て字がイメージを作り、いろいろと理由付けが始るのではないでしょうか。

生きがい、やりがいなどの「がい」は接尾語なので甲斐はあきらかに当て字です。問題は不甲斐なしですが、これも当て字からくる錯覚を起していました。「ふがいなし」はそのような状態を示した形容詞だと思いますので、名詞の甲斐(性)を不で打ち消したり、腑で強調したものではないと考えます。漢字を忘れてやまとことばとして語源を追求すればもっと確実なことがいえると思いますが、残念ながらその知識も時間もありません。

その道の真打の登場を待ちたいですね。
    • good
    • 0

#3です



「効があった」は 「甲斐があった」では わかりにくいから 効果が あったという意味で 書き換えていると
思います

 すべては「甲斐性」から 始まっていると 思います

「腑甲斐ない」も 外面だけでなく はらわたから 内面からも 甲斐性がない と言う意味だと 思います

 いずれにしても 甲斐の国の人の 性質から これらの
言葉は 始まっていると 思います

この回答への補足

karrinさま
さっそくのご教示をいただきありがとうございます。

すべては「甲斐性」から、つまり戦国時代の甲斐の国の人たちの性質からこれらの言葉が生まれ、それが「効があった」ということですが、
たとえば百人一首の周防内侍、
春の夜の夢ばかりなる手枕にかひなく立たむ名こそ惜しけれ
では、「かひなく」は「なんの甲斐もなく、つまらなく」と、現用の「甲斐なし」と同じ意味で用いられています。つまり戦国時代以前、甲州武士が武名を轟かせる以前の平安時代から「かひ」という語は用いられていることになります。
この点はどうお考えになられますか?

補足日時:2003/06/16 10:57
    • good
    • 1

 ふがいないは 腑が正しいと思います



 甲斐性 は 「甲斐」の国の人の「性質」という
 意味で 昔 言われてたのが 語源だと 思います

 つまり 戦国時代に 山梨県のあたりに 住んでいた
人は 気力にあふれ 頼りになる 武人が 多かったという 印象から 甲斐性 という 言葉が できたのでは
ないでしょううか
    • good
    • 2

漢語辞典を見る限りそのような意味はないので、当て字でしょう。

甲斐(甲州、山梨県)の国の甲斐からの連想かもしれません。

ふがいないは腑(腹わた)が正しいと思います(腑ぬけともいう)が、こちらも単に強調の意味で使っているので当て字ともいえます。一方甲斐性がないことを不甲斐ない(効果がないことではなく、傍目にもいくじがなく黙っておれない状態)という場合は不が正しいでしょう。この場合の「がい」は名詞でも動詞でもないので、不はやはり当て字くさく、腑も不も日本人が器用に使った当て字だと思います。現代では腑は死語に近いので不が有利かも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>martinbuhoさま
さっそくご教示いただき恐縮です。

「かひ」が何らかの形で甲州の甲斐と関係があれば、山梨県の人が自慢すると思うのですが、(笑)そういう形跡がないのですね。
ですから単なる当て字かなあという思いが強いのですが。

また「不甲斐」という言葉があったとして「なし」に続くと二重否定になり、肯定となります。それでなければ「ふがい」(腑がい?)という言葉が「意気地がある」という意味であれば「ふがいなし」が「意気地がない」という意味として通じますよね。
そういう解釈もあるかな、と思いました。

お礼日時:2003/06/16 11:31

男らしさや、経済力を行ってるようですね。



http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B9%C3 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q甲斐がある?

「…してよかった」という意味で「…した甲斐がある」という表現を使いますが、この「甲斐」の語源というか由来は、甲斐の国(山梨県)と関係があるんでしょうか。

Aベストアンサー

語源として説明しているもので有名なものは竹取物語。

つばくらめ(燕)の子安貝を持参すれば嫁ぐという約束だったので、懸命に探したが見つからず、「かひなし」と言ったという話です。

ただ、これは掛詞というか地口というか、なかなか難しいところですが、縁起譚としてこういうものがあるということを紹介しておきました。

さて、「甲斐」はそうするとどうなのかということなんですが、これはちょっとわかりかねます。「かひ」の「ひ」のイ段の音も古代は2種類の母音があったことですし、もしかするとそのへんを知っている方が見当をつけて下さるかもしれません。私の勝手な推測では、ただ当て字にしたのではないかという気もしなくはありません。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Q「右に出る者はいない」はなぜ右なのでしょう?

よく「彼の右に出る者はいない」等と言いますが、何故右なのでしょうか?

今日、国語の授業で日本人は本来物を右から左へ見て、
欧米人は左から右へ見る、と言う論文みたいなものを読みました。
しかし戦後の欧米文化の影響で日本人も左から右へ見る様になって来ているらしいのです。
ひな祭りの人形も実はお内裏様が向かって右側に置かれるはずらしいのですが、
西欧の王様・女王様の並び方がモデルになってるのか、昭和以降は左側になっています。
そこでその日本人の本来の右から左へ見る、という文化の上で
「右に出る者はいない」や「右に同じ」と言った言葉は何故右なのか?と思ったのです。

皆さんの意見・予想や、聞いた話・読んだ話など、色々お聞かせ下さい。
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

中国(漢朝)の文化を取り入れて“右”に優位性を持たせたという皆様の意見でおよそ正解だと思います。
そこで私は余談程度に補足を。

宗教的な意味合いからも左(手)よりも右(手)に優位性を持たせるという見方もあります。南国等のヒンズー教・イスラム教・仏教を信仰する地域に多いのですが、左手は用便(大便)をすませた後処理をする不浄な手という発想があります。その意味からも、左よりも右が優位性を持つ訳です。

ひな人形の飾りかたについてですが、これは皇家をモデルに作ったものですから、皇室内での並び方に準じて配置されます。(以前は逆であったが)昭和天皇即位の時から向かって右(本人から見れば左)に上位の者が座るようになり、それをモデルにそのように配置されるようになりました。以前の日本の風習では、「天子南面」という言葉があるとおり、(本人から見て)左側が上位の者の位置するところだった訳です。(南に向いた時、左(方角的には東)が太陽のいずる方角であるために上座、逆に右(方角的には西)が日没の方角として下座とされてきました。皇太子を日継御子(ひつぎのみこ)と呼び、「春宮」や「東宮」と書くのはこの現れです。)

中世のヨーロッパでは家にはいる時には必ず右足から入らなければならず、左足からはいると悪魔が付いては行って来るという迷信もあったそうです。悪魔(サタン)の左足も山羊の足で、左足さえ見れば悪魔かどうか判断できるという迷信もあったそうです。

結婚指輪を左手の薬指につけるのにも意味があって、太古から女性の血は心臓から左手の薬指にかけて一本の導管が真っ直ぐにつながっているものだと信じられていたようで、女性の左手の薬指にリングをつけることが相手のハート(心臓)をつなぎ止めておく手段だと信じられていた頃の名残があるようです。

他にもいろいろと迷信とも言えるような“右”の優位性に関する話はありますが、多くは古き時代の女性差別を伴った思想に基づくものであるため、この辺りで終了といたします。
幾分かでも参考になれば幸いです。

中国(漢朝)の文化を取り入れて“右”に優位性を持たせたという皆様の意見でおよそ正解だと思います。
そこで私は余談程度に補足を。

宗教的な意味合いからも左(手)よりも右(手)に優位性を持たせるという見方もあります。南国等のヒンズー教・イスラム教・仏教を信仰する地域に多いのですが、左手は用便(大便)をすませた後処理をする不浄な手という発想があります。その意味からも、左よりも右が優位性を持つ訳です。

ひな人形の飾りかたについてですが、これは皇家をモデルに作ったものですから、皇室内で...続きを読む

Qうろ覚え?うる覚え?どちらでしょうか!?

私はずっと「うろ覚え」と使っていたのですが

最近ネット上で「うる覚え」という表現を見かけるようになり
どちらが正しいのかわからなくなってきましたぁ~!

どちらが正しいのでしょうか?

※ちなみにCD-ROMの辞典で調べると「うる」は出てこなかったんです・・・。

Aベストアンサー

うろ覚えが正解です。

過去にもありましたね、この質問。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=167373


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報