最近読む本がなくなってきて困っています。
いい小説家のかたを新規開拓したいと思ってるので、
二度読みしてしまうような面白い小説教えてください。
おねがいいたします。

ちなみにもう読み済みの方は
石田衣良、伊坂幸太郎、江國香織、恩田陸、白石一文、吉田修一、藤堂シズコ、角田光代、川上弘美、浅田次郎、東野圭吾などです。
あと、ミステリーは少し苦手です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

堀江敏幸さん、私は新聞連載されていた「めぐらし屋」がきっかけでしたが、「雪沼とその周辺」など、どうでしょう。


小川洋子「ミーナの行進」「博士の愛した数式」、重松清「その日の前に」「君の友だち」(←中学生の息子が繰り返し読んでました。)、
遠藤周作「深い河」「侍」、
辻邦生「春の戴冠」「嵯峨野明月記」(長編歴史小説以外の作品もあります。)、
福永武彦「草の花」など。
私は最近乱読気味で、繰り返し読んだのは北村薫さんの新潮文庫のシリーズくらいです…。伊坂さん、恩田さん、浅田さんは私も必ず新刊をチェックしています。好きな作家さんが増えますように!
    • good
    • 0

山田悠介さん!山田悠介さんの作品は本っっっ当に凄いです。

その世界に引きずり込まれます。特におすすめなのは、「リアル鬼ごっこ」と「モニタールーム」ですね。少々残酷ですが・・・凄いおすすめです!

(あくまでも個人の感想ですので、保障はできませんが・・・)
    • good
    • 0

私は伊坂幸太郎さんが好きです。



辻村美月さんがお勧めです!!
伏線があって読み返したくなります。

ちょっとミステリーっぽい本もありますが…
伊坂幸太郎さんが好きなら好きかと・・・
    • good
    • 0

こんにちは。


私は質問者様があげた作家さんでは江國香織と川上弘美、吉田修一が好きです。

そのほかで好きな作家さんは山本文緒、佐藤正午など。
佐藤正午は短編集がお勧めです。
長編では新刊の「身の上話」。とても評判がいいようです。

ご参考まで~。
    • good
    • 0

乙一は怖いイメージということなんでZOOの中の陽だまりの詩とか


失踪HOLYDAY(2作収録されてますがどちらも)を是非。
陽だまりの詩は短編なんで立ち読みでもすぐ終わると思います。
長編だと、”暗い所で待ち合わせ”なんかも。

怖い作品もたくさん書いてますが、ほっこりさせてくれる作品も色々書かれてる作家なんで
怖いだけで敬遠するのはもったいないです。勧めてくれた友人の為にも是非ご一考を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね。
では今度、ぜひ乙一さんデビューしてみます!
丁寧にコメントくださり、ありがとうございました☆

お礼日時:2010/03/21 00:08

いきなり傾向が違う作家をあげますが、円城塔はいかがでしょう。


ネット上の評判を見てみると、皆さん、「わけが判らないけれども、なぜか面白い」といっています(同感です。でも判る人もいるのかも)。
しかも、判らないと思いつつ読み終えた後、また頭から読み返してしまい、下手をすると延々ループしそうになります。

それからもひとつ傾向が違う作家として飛浩隆を挙げておきます。
第一長編の『グラン・ヴァカンス』のあとがきで「清新であること、残酷であること、美しくあることだけはこころがけたつもりだ」と述べていますが、その自負心に値する描写力を持った作家です(でも、筆が遅い…)。

一口に小説と言ってもいろいろあると実感しますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに今まで聞いたことない方ですね。
でも挑戦してみます‼

お礼日時:2010/03/19 23:12

筒井康隆のロートレック荘事件


最初に戻って読むことになる確率が相当に高い作品だと思います。
質問を理解しつつ、多少外した答えにしてみました。

”読み返すなら新しい作品を”と考え、あまり何度も読むことのない自分ですが
乙一のZOOという短編集は好きなので何度か読み返したりしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ローレック荘事件ですね。
ちょっと本屋さんでさがしてみます。

乙一さんですか。
友人にも進められたんですけど、
なんか怖い作品なイメージがあって、
読んだコトないんですよ。。
せっかくすすめていただいたのにすいません。。

お礼日時:2010/03/19 23:17

ジャック・ドワイヨンの「ポネット」は思い出すと何度も読んでいる気がします。


梨木香歩の「西の魔女が死んだ」も読み返し率高いです。

どちらも泣きたくて読んだたり・・・

ミステリーとか関係なく個人的に読み返してる作者は桐野夏生・京極夏彦・江戸川乱歩・羽田圭介・乙一etc.ですね。

参考になればいいですが・・・
気になる方がもしいたら読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

西の魔女がしんだ!
いつも買おうかと迷ってやめてしまっていたので、
これを気に挑戦してみます‼
ありがとうございます!

お礼日時:2010/03/19 23:49

すごくベタですが村上春樹は読まれないのでしょうか?


私は1Q84の2度目を読んでいるところです。
1度目は結構早いスピードで読むので、
内容を追うだけで物語の謎や伏線をじっくりと味わえないので
2度目はゆっくりと味わうように読んでいます。

でも春樹作品は合う人合わない人がはっきり分かれる感じがするので
万人にお勧めできるものじゃないかもしれません。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
村上春樹は、学生時代に一度よみはじめたんですが、
何となく合わなくて。。
以来手をつけてない方の1人です。。
すみません。。

お礼日時:2010/03/20 18:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q呉音読み?漢音読み?それとも?

漢字の読み方についての質問です。
学校で「呉音読み」とか「漢音読み」とかがあることは習いました。

しかしどの読み方が「呉音読み」なのか、また「漢音読み」なのかが判りません。
どれが「呉音読み」なのですか?
また「漢音読み」なのですか?

またそれ以外の読み方はあるのですか?

どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

漢字の読みには一生悩まされますね。最高学府を卒業し
60歳になっても自国語を辞書なしで100%読めない(発音できない)国語を持つ日本は世界でも珍しい存在だと思います。

漢字の読みは漢字や学問が日本に伝えられた時代とルートによって次のように分かれます。

漢音(かんおん)
8世紀ごろをピークとして、遣唐使や渡来人によって伝えられた中国語音にもとづき、日本語の中に取り込まれた読みのこと。現在の私たちが普通に使う音読みのこと。人をジンと読む。

呉音(ごおん)
5~6世紀ごろ日本語の中に取り入れられた漢字の音読み。8世紀になって「漢音」が入ってくる以前には、この音が漢字の音読みの主流だった。仏教用語によく用いられる。人をニンと読む。

唐音(とうおん)
10世紀ごろから江戸時代の末(19世紀)までの長い期間に渡って、日本語の中に取り入れられていった漢字の音読みのこと。時代的にも地域的にもさまざまな中国語の音をベースにしている。蒲団をフトンと読む。

以下は参考まで。

訓読み(くんよみ)
漢字の意味する内容を日本語に置き換えた読み方。「大」を「おおきい」と読んだり、「修」を「おさめる」という読み方。漢和辞典では「字義」「意味」などという呼び方をする。

重箱読み(じゅうばこよみ)
2文字からなる漢字熟語を、1文字めを音読みで、2文字めを訓読みで読む読み方。「縁側」「台所」「本屋」「蜜蜂」など。逆に1文字めを訓読みで、2文字めを音読みで読む読み方を「湯桶読み」という。

それぞれの読み方(キーワード)で検索すれば多くの例(漢字の読み)がわかるでしょう。

漢字の読みには一生悩まされますね。最高学府を卒業し
60歳になっても自国語を辞書なしで100%読めない(発音できない)国語を持つ日本は世界でも珍しい存在だと思います。

漢字の読みは漢字や学問が日本に伝えられた時代とルートによって次のように分かれます。

漢音(かんおん)
8世紀ごろをピークとして、遣唐使や渡来人によって伝えられた中国語音にもとづき、日本語の中に取り込まれた読みのこと。現在の私たちが普通に使う音読みのこと。人をジンと読む。

呉音(ごおん)
5~6世紀ごろ...続きを読む

Q川上弘美「蛇を踏む」

学年末のレポートで「川上弘美論」を書くことにしました、「椰子・椰子」がオモシロかったからなんですが、芥川賞受賞作「蛇を踏む」が、まったく理解できません。
「蛇」のモチーフというか、イメージについて、みなさんはどのように解釈されましたか?ぜひお教えください!

Aベストアンサー

はじめまして。「蛇を踏む」について、感想ですが…

蛇女はヒワ子の分身、ヒワ子の無意識である。
つまりヒワ子と蛇女の争いは、ヒワ子の意識と無意識の葛藤。
「蛇」は足が無く、何とも不気味だ。
身近な存在でありながらも、現れた時には
日常を異化してくれる。
蛇とは日常と非日常の境目に存在するものだ。
加えて、蛇は多く日本の神話に登場し、不死と再生の象徴になっていたり
執念深さを連想させたり、愛情の激しさや淫欲の強さを表す。
こんなことを作品のエピソードと合わせると、
また深い読みが出来る気がする。

すごく簡潔に書いてしまいましたが…
こんな感じでどうでしょう?
レポート、頑張って下さい。
私もレポートに追われています~。

Qチャーリーチャップリンの生家のある都市名の読み方

“CorsiersurVevey”という都市がスイスにあるのですが読み方が分かりません。フランス読み?イタリア読み?ドイツ読み?が予想されると思うのですがカタカナで確実な読み方を教えてください。

Aベストアンサー

確実には日本語表記できませんが、『Corsier-sur-Vevey(コルシエ・シュル(スール)・ヴヴェイ)』が近いと思います。

http://www.paoon.com/star/245.html

参考URL:http://www.paoon.com/star/245.html

Q伊坂幸太郎 「終末のフール」について!

最近読んだ本ですが…


3月の大地震とリンクする事柄が多く、正直驚きました。

地震ではなく、小惑星ですが、大勢の人が亡くなり、パニックになり、洪水や津波も起きるであろう…。


いつの作品かは分かりませんが、舞台が仙台であるが故に、なにか予感めいたものが作者にはあったのかな?とも考えてしまいました。


この本を読まれた方、あなたはどう感じましたか?

Aベストアンサー

伊坂ファンやその他諸々の読者はそんなことは関連付けないでしょう。
他の方もおっしゃる通り、作者は仙台出身であり小説の舞台のほとんどが仙台だから。

それと揚げ足取りのようで申し訳ないですが、、
×神様の精度
○死神の精度
ですね。
確か金城武さん主演で映画化されてます。

>いつの作品かは分かりませんが
本の巻末に記載されているはずなので確認してみたらどうですか。

Qpwdの読み方

pwdの読み方を教えてください。
割りと一般的な読みが望ましいのですが、個人的な読み方でも結構です。

ちなみに私は「ぱうど」と読んでいます。
通じないときには「プリント・ワーキング・ディレクトリ」といいます。
どうしても通じないときには「ピー・ダブリュー・ディー」とアルファベットを読みます。

「ぱうど」という読みはどうですかね?おかしいですか?


Linuxを「エル・アイ・エヌ・ユー・エックス」とは言わないのと同じように、
もし読みがあるのなら、アルファベットを読むべきではないと思っています。


それからついでにchmod、chownの読みも教えてください。
私は「ちもど」「ちょうん」と読んでいます。
信頼性が微妙なあるサイトではこの2つについては「ちもど」の読みも
紹介されていますが「[ちもど]と読む人がいたのにはびっくりした」と
作者のコメントが書かれているので、これも微妙なのかなーと思っています。

新版 UNIX 由来/読み方辞書
http://x68000.q-e-d.net/~68user/unix/unix-term-dic.html

よろしくお願いします。

◎質問まとめ
・一般的な「pwd」の読みは?
・個人的な「pwd」の読みは?
・「pwd」を「ぱうど」といって通じるか、どう感じるか
・「chmod」の読み
・「chown」の読み
・「ちもど」「ちょうん」という読みをどう思うか

pwdの読み方を教えてください。
割りと一般的な読みが望ましいのですが、個人的な読み方でも結構です。

ちなみに私は「ぱうど」と読んでいます。
通じないときには「プリント・ワーキング・ディレクトリ」といいます。
どうしても通じないときには「ピー・ダブリュー・ディー」とアルファベットを読みます。

「ぱうど」という読みはどうですかね?おかしいですか?


Linuxを「エル・アイ・エヌ・ユー・エックス」とは言わないのと同じように、
もし読みがあるのなら、アルファベットを読むべきでは...続きを読む

Aベストアンサー

個人的には, まず単語の場合に
・そのまま英語 (っぽい) 読み: dump/restore など. 略語としては cat がこの範疇.
・1文字ずつよむ: ls や rm など, 「無理して略しました」感のあるものはこんな感じ.
が基本.
複合語の場合には「元の単語がなんとなく想像つく」場合には「もとの単語から読みを拝借する」, 「どうにも想像つかない」場合には「1つの単語とみなす」ことが多いかな. たとえば cc/dd なんかは後者.
で挙げられた例だと
・pwd: print working directory の略. 「pwd」でこれを想像するのは無理なので単語として読むんだけど「英語として」は読めないので 1文字ずつ読んで「ピーダブリューディー」.
・chmod/chown: それぞれ change mode/change owner の略であたまに「ch」があるので「チェンジモード」「チェンジオウナー」と読んでる, 同系に chgrp/チェンジグループ, chsh/チェンジシェルなど.
「ちもど」はまだ分からんではないけど「ぱうど」「ちょうん」は (個人的には) ないなぁ. とはいえ (コマンドを打つとき限定で) pwd を「パパ私はどこ」と言ったりもするので (苦笑) なんとも.
そういえば Linux は「リーヌクス」 (「リ」にアクセントがある) と読め, って話もあったなぁ. TeX/テフとか....

個人的には, まず単語の場合に
・そのまま英語 (っぽい) 読み: dump/restore など. 略語としては cat がこの範疇.
・1文字ずつよむ: ls や rm など, 「無理して略しました」感のあるものはこんな感じ.
が基本.
複合語の場合には「元の単語がなんとなく想像つく」場合には「もとの単語から読みを拝借する」, 「どうにも想像つかない」場合には「1つの単語とみなす」ことが多いかな. たとえば cc/dd なんかは後者.
で挙げられた例だと
・pwd: print working directory の略. 「pwd」でこれを想像するのは無理...続きを読む

Q山本文緒さんか角田光代さんの本で・・・

山本文緒さんか角田光代さんの本で『私は5分で弁当を食べ終わり』というくだりがあって、その後、役所に勤める主人公は金券ショップで格安の乗車券を買ってひまをみてはひとり旅に行く・・という小説があったと思うのですが、文庫のタイトルが分からなくなってしまいました。
ご存知の方が見えましたら、教えてください!

Aベストアンサー

こんにちは。
お探しの作品は、山本文緒の『ファースト・プライオリティー』に収録されている『旅』という短編(掌編?)です。
文庫は角川から出ていますよ。



http://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E6%96%87%E7%B7%92/dp/4041970121/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1224287070&sr=1-1

Qベートーヴェンの読み方

ベートーヴェンの読み方はなぜドイツ語読みではなく、英語読みなのですか?

Aベストアンサー

英語読みというよりつづりから類推した日本語読みでしょう。

英語・ドイツ語ともに -tho- の h を発音するのが主流ですが、h を発音せず「トー」と発音する人もいます。

ドイツ語 [be:t(h)o:fэn]
英語 [beit(h)ouvэn]

Ludwig van Beethoven のように van をもつのでオランダ系の家系ですが貴族ではないそうです。

オランダ語 [be:tho:vэ(n) / beithouvэ(n)]
v は地域により [v] になるところと [f] になるところがあります。

Q浅田次郎氏&島田荘司氏&恩田陸氏の作品について@

読書の好きな私ですが、島田氏も恩田氏も浅田氏も、数多く作品を出されている方々なので、どこら辺から手をつけてよいのか迷っています。。。
そこで、どちらでもかまいませんので、お勧めの作品を教えてください@

Aベストアンサー

島田荘司は、ほとんど読んでいます。
きちんとした推理小説です。
大きく分けて御手洗潔ものと吉敷竹史ものがあります。
過去の作品のキャラの経緯が新しい作品に微妙に反映されていることもあり、
新しい作品を先に読むことには注意が必要です。

御手洗ものだったら、
発表順に読むことを強くお薦めします。
『占星術殺人事件』
『斜め屋敷の犯罪』
『異邦の騎士』
という順番です。
『異邦の騎士』はいいですね。
短篇集『御手洗潔の挨拶』も面白いです。

吉敷ものだったら、
『涙流れるままに』は後回しにする方がいいでしょう。
面白いのは、
『北の夕鶴2/3の殺人』
『奇想、天を動かす』
あたり。

他に、独立した作品で『火刑都市』はお薦めです。

特に『龍臥亭事件』『龍臥亭幻想』は先に読まない方がいいです。
まあ、作品の水準の問題もありますが。

Q中国人・韓国人の氏名の読み方について

ニュースなどを聴く時、
なぜ中国・台湾の指導者は名前を日本語読みして、
韓国の指導者は現地の読み方をするのでしょうか?
(でも、中国の指導者でも温家宝や毛沢東は日本読みですよね)
中国国内の地名でも、北京・上海などは現地読みだけど、成都などを日本語読みするのは何故でしょうか?
一般に左傾向が強いと言われている某新聞に氏名の読みも一緒に表記してあったので、どう言う読み分けがあるのかなと思いました。

よろしければどなたか御教示くださいm(__)m

Aベストアンサー

余計なことかもしれませんが・・・。
北京の「ペキン」は、現地読みではありません。「ペイチン」が近いようです。英語表記のPekingが定着したもののようですが、昨今はアメリカの文献でも、Beijing表記が目立っています。「香港」の漢字を「ホンコン」と読むなんぞ、理屈っぽく言えば、コッケイです。
中国の地名や人名は、地域によって(北京語、広東語などと通称あるいは俗称されるように)発音が異なるので、カタカナでの表記は統一化できない、といった識者の話を耳にしたことがあります。
「李」姓も、南北朝鮮では発音が異なります。南ではイ(またはイー)、北ではリです。

Q伊坂幸太郎さんの「フィッシュストーリー」

伊坂さんの「フィッシュストーリー」が映画化するというようなことがウィキペディアにあったのですが、ファンサイトの「無重力ピエロ」にはそんなことは書いてありませんでした。何か知っていたら教えてください。

Aベストアンサー

監督は「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋監督。「チーム・バチスタの栄光」関連で中村監督が雑誌に載った時、記事の中にちらっと出ていました。
しかし、今のところこれくらいしか情報は出ていません。
表に出て来るような情報はまだ何もないと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報