プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

近似直線の傾きとSlope関数で求めた傾きについて
Excelでxとyについてのプロットデータに近似直線を追加しグラフにしました。そのときグラフ上にy=aX+bのような近似式を表示することができます。
ことのきの近似式の傾きaと、同じプロット点を使いSlope関数で求めたときの傾きとは別物なのでしょうか。同じになると思っていたのですが、同じ値にならないもので・・・。

A 回答 (1件)

通常は「同じ」ですが,グラフに表示させた方は表示桁数の問題でそのまま目視して計算に使うのは適切ではない(その意味では見た目は「正しく」は無い)場合がよくあります。


今回のご質問は傾きの係数を調べたいだけというお話ですが,近似値まで求めてしまおうとすると更に「別物」の結果になってしまいます。

勿論公平を期して言うなら,逆に関数式の方で単純に何かミスってSLOPE関数の方が間違っている可能性もあります。関数の結果がグラフの表示とまるで全然大ハズレしてた場合は,たとえば関数に与える「既知のY」と「既知のX」を逆に入れていたなんてミスなんかがあったりするかもしれませんね?

でも一般に正しく関数を使えば,SLOPE関数など一連の関数式で出てきた結果の方が正しい答えです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング