冬物クリーニング最大49%OFFはコチラ

小説家(純文学)の印税生活の実態を教えて下さい。確かな筋で知ったことですが、小説で食っていける人は例え芥川賞をとっても、10人のうち一人が精一杯だそうです。その他の「作家」の人たちの年収なんて、200万円なんてざらだそうで、ほとんどの「作家」の人たちは他に職業を別に持って何とかやっていると聞きました。自分は純文学の造詣は深い方に入ると思いますが、年収200万円のために芥川賞は目指せないと思いました。もう小説はやめようと思っています。何せいい事は芥川賞を例え取っても、待っていないと本能的に思うからです。自分はマンガの原作に行こうと思っています。マンガならもし当てれば巨万の富を手にできるからです。さらにマンガなら認められないという事も起こらないと思います。面白ければ人は必ず認めるだろうからです。芥川賞を取ってフリーターより年収が低いなんて、最低な職業だと思いました。

教えて!goo グレード

A 回答 (5件)

僕は文筆業に携わっていますが、収入はかなり低いのが現状です。

文章は誰でも書けるからです。特に軽薄短小の今の日本社会では、純文学の本はまず売れないでしょう。漫画の原作者になって、漫画家とコンビを組んで、講談社に売り込むのがいいかもしれません。純文学の作品が書けるなら、原作者として成功できるかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。作家の方だそうで頭が下がります。今日なんと長年の純文学のプライドをかなぐり捨てるようにして、「赤川次郎」の本を古本屋で3冊も買ってきました(+_+)。はっきり言って屈辱的です(笑)。自分が好きなのはカミュと大江健三郎なのですが、例え芥川賞に輝いたとしても年収がフリーターより下なんてどうかしていると思いました。よって自分はマンガの原作の方に行くべく今猛勉強中(?)です。確かな筋によりますと、赤川次郎みたいにベンツやポルシェに乗り、別荘まで持てる作家はせいぜい1~2%だそうです。それでなくても暮らしていけるいいところで10%程度だと聞きました。OPERAさんは暮らして行ってる作家だそうですね。だったらその10%以内に入っている事となります。すばらしいです。作家さんからお返事が頂けたなんて光栄です。最後に余談になりますが、自分は歌劇はワーグナーが大好きです。ワーグナーが嫌いな人が居る事は知っていますが、先生はどうでしょうか?

お礼日時:2010/05/12 23:32

no.2です。



>はっきり言って作家を目指すってものすごい大変なのをご存じ無いのですね(笑)。

言うべきか迷ったので伏せましたが
私は漫画を描く側の人間です^^;
まぁそんなに売れてはいませんが一応プロです。
何かを目指す大変さ、あなたに負けないほど存じ上げておりますよ。

>自分はマンガを取ろうと思います。はっきり言って屈辱的です。

屈辱的って・・・漫画を見下してませんか?
漫画原作も厳しいですよ。
あなたによほどの実績やネームヴァリューがあれば別ですが
きっと小説家の道と負けず劣らず狭き門だと思います。
たとえデヴューしても、飛ばず鳴かずなんてザラですから。

それこそ芥川賞でもささっと受賞されてから
漫画の世界に来られたらどうでしょうかw
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。プロの漫画家の方でいらしたのですね。自分はマンガ家を尊敬こそすれ下になんか見てはいません。自分が尊敬するマンガ家は大友克洋と浦沢直樹です。特に前者様は日本マンガ史において実に重要だと思いました。自分はマンガ史については何も知りませんが、文学的な勘でわかるに、大友克洋氏の「AKIRA」はマイルストーンとして多くの人に影響を与えるだろうと思っています。自分はマンガは原作だけでなく絵もやっていこうと決心しました。アニメもやるつもりです。小説の事は分かりますが、マンガやアニメの事は何も知りません。どうか指南の程をよろしくお願いいたします。
 ところでマンガ原作の新人賞にはどんなものがあるのでしょうか(本当に応募してみようと思っています)?インターネットではどういったキーワードでそれらを検索したらいいのでしょうか?教えて下さい。やる以上は原作もアニメも本気でやろうと思います。例え失敗してもそれらはライフワーク(趣味)として残るのでいいです。趣味を探すのは大変だと思います。これが実は悩みでした(笑)。例え日の目を見なくても、マンガやアニメーションは知人にネット上で公開すればいいと思います。これはいい「趣味」だと思いませんか?
 小説の事はもうきっぱり忘れるつもりです。ほかの所でも似た悩みで質問させて頂きますから、SHITHUMONさん。よろしく指南して下さい。いつかもしかしたらお会いできるかもしれません・・・・

お礼日時:2010/05/13 19:06

芥川賞とっても年収200万以下の方は、そういうスタンスの書き方をしているだけじゃないかなあと思います。



少なくとも、賞を取れば、書く場は与えられます。その与えられた場を生かすも殺すも、作家自身だと思うのです。
自分の書きたいものではない要求(たとえばエッセイを書けだの、もっと軽いものを書けだのという、編集者側の要求)を蹴り飛ばし、自分の信念を曲げず、書きたいものだけを書く、そういう作家はいると思います(小生の好きな作家がそのタイプです)。お金じゃないです。本当に書きたいものを書く、それが作家です。それを「最低な職業」だなどと、まだ賞すらとっていない方に罵倒されたくはないです。

もちろん、プロの作家である限り、ある程度、編集者や読者の要求に応えられる、一種のエンタテインメント性を持たねばならないでしょうけれど、特に芥川賞という、自分自身の内面から湧きでてくるものを、大衆に媚びず、芸術的に物語として紡いでいくような方は、お金に目が眩んで「何でもいいから書いてしまえ」というふうにはならないはずです。また、そうなってしまっては純文学作家とはいえないでしょう。

年収の少ない作家なんて最低だという質問者さんは、そういう「どうしてもこれを書かねば」という芸術的欲求がない、つまりは純文学作家としての資質がないのでしょうから、大衆に媚び、お金のたくさん儲かる漫画の原作作家になればよろしいかと存じます。
なれれば、のお話ですが。

と、ここまで書いて気づきましたが、質問は何でしょう。ここは質疑応答の場だったはず。質問ではなく意見を声高に述べたいというのでしたら、別の場所でお願いします。
せっかくここまで書いたので、もったいないから回答としてアップしておきます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。しかしながら自分はもう小説の事は一切やめにしようと思いました。はっきり言って文学に未来を感じません。作家の人たちも、狭い社会でただ品評会をやっているだけだと思います。全く発展性を感じません。

お礼日時:2010/05/13 20:17

純文学に相当する漫画ってなんですか?面白い漫画に相当する文学なら純文学というより現代文学とか大衆小説ではないですか?


それなら村上春樹も渡辺淳一も大金持ちですけど。
漫画家が当たれば富を得られるでしょうが、そんな人はひとにぎりでしょう。
漫画家の平均年収はもしかしたら200万より低いかもしれませんよ。

そんなことより今の時代、餓え死にすることはないのだからやりたいことをやったほうが楽しいと思うけど。
    • good
    • 1

小説家の印税生活はしりませんが、


なにも小説家を目指すのを辞めなくてもいいと思いますよ。

>年収200万円のために芥川賞は目指せないと思いました。

そういうことは芥川賞をとってから言ってください!^^;

あなたのこの文章を読んでいると
どうしても手に入らないならいっそ嫌ってしまえ!と、無理やり考えを変えようとしているようにも感じます。

マンガの原作をしながら小説も書いたらいいじゃないですか。
ま、漫画の原作も甘くは無いと思いますけどね・・・^^;

>ほとんどの「作家」の人たちは他に職業を別に持って何とかやっていると聞きました

そういう人たち、かっこいいと思います!
あきらめるより続けることの方が勇気です。

どうぞがんばってください。
あなたの作品がいつか世の中に出ますように。。。(祈
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。しかし失礼ですがあなた様は女性ですか?男性ですか?文面から判断しますに、女性の方と思いましたので言わせて頂きますが。はっきり言って作家を目指すってものすごい大変なのをご存じ無いのですね(笑)。作家を目指すのは一種の「賭け事」になります。なぜかと言って例えどんなに勉強したとしても作家になれなければ、それまでの労力と時間はフイになってしまうからです。何も後に残りません。オールオアナッシングの世界なのです。よってよっぽど才能に自信があるとか無い限り(東大医学部出の安部公房のように)これは踏み込めない世界です。自分も親とこの事でどれだけケンカしたか知りません。
 何も作家を目指すのを止めなくてもとの事ですが(親にも全く同じアドバイスを頂きました。自分はこんな会話は悪いですが聞きなれています)たいていの場合「二兎を追うものは一兎も得ません」。よってマンガか文学かは、どちらかにはじめから決め無ければいけません。嫌おうとしているのではないのです。自分はマンガを取ろうと思います。はっきり言って屈辱的です。しかし、仕方ないと思いました。一個人の進路について貴重なお時間を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/13 00:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング