おすすめのミステリー小説を教えてください。

初めて質問させていただきます。
失礼なところがあるかもしれませんが、ご回答いただければ幸いです。

最近、本選びに行き詰ってきたので、いろいろな方からおすすめの本、作家さんを教えていただいて
参考にさせていただきたいと思います。
ジャンルはなんでも読みますが、今はミステリーが読みたい気分なので
できればミステリーでお願い致します。

魅力的な男性キャラが出てくるものが好きなので、そういうものがあれば是非・・・。
美形設定大歓迎ですが、平凡で冴えない男性が事件を解決するようなのも大好きです。

ちなみに今思い付く『好きな登場人物』は
・今野敏さん/STシリーズ:青山翔、超能力者シリーズ:遠田宗春
・高里椎奈さん/薬屋探偵シリーズ:深山木秋
・椹野道流さん/鬼籍通覧シリーズ:伊月崇
・西澤保彦さん/匠千暁シリーズ:匠千暁、腕貫探偵シリーズ:腕貫さん
・氷川透さん/氷川透
・高田崇史さん/毒草師シリーズ:御名形史紋、千葉千波シリーズ:ぴいくん
・篠田真由美さん/建築探偵シリーズ:桜井京介
・清涼院流水さん/JDCシリーズ:龍宮城之介
・西尾維新さん/戯言シリーズ:いーちゃん
・栗本薫さん/伊集院大介シリーズ:滝沢稔
などです。
作家読みするので、上記の作家さんの著書はほとんど読んでいます。

他に読んでいる作家さんは
太田忠司さん、我孫子武丸さん、柄刀一さん、二階堂黎人さん、麻耶雄嵩さん、山口雅也さん
などです。
海外だとアガサ・クリスティーやエラリー・クイーンなんかの超有名所しか読んでいません。

さらっと読めるものでも、重たい本格ミステリーでも大丈夫です。
他ジャンルでも…

なんだか曖昧な質問になってしまいましたが、是非宜しくお願い致します。
長文失礼いたしました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

心霊探偵八雲/神永学


斉藤 八雲:
死者の魂が見える左目をもった大学生。
口はかなり悪く、ひねくれ者である。これまで誰にも心を開かずにいたが、自分の眼を初めて「綺麗」と言った晴香に対して微妙な感情を持ち始め、他人と絡む様にもなった。
http://www.team-yakumo.jp/
ドラマ化、漫画化しています。今年秋にアニメ化するそうです。

百鬼夜行(京極堂)シリーズ「姑獲鳥の夏」など/京極 夏彦
中禅寺秋彦:
中野で古本屋「京極堂」を営む男。宮司、副業は「憑物落とし」の「拝み屋」。店の屋号に因んで「京極堂」と呼ばれる。
「この世には不思議なことなど何もない」と言うのが口癖であり、座右の銘。
http://www.blacktiegifts.com/
映画、漫画、アニメ化しています。

蓮丈那智フィールドファイル(凶笑面など)/北森鴻
内藤 三國:
《異端の民俗学者》蓮丈那智の研究室の助手。
フィールドワークを主とする調査方法であるため、研究室の予算がすぐになくなってしまい、その度に調査費のことで教務部の担当者と話し合うのは三國の役目である。
記憶力が良いが、那智曰く「どうでもいいことに関しては」。
http://www.shinchosha.co.jp/book/120721/
三國は平凡でさえない感じです(笑)
凶笑面はドラマ化しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な回答、ありがとうございます!

心霊探偵八雲は読んでます。
面白いですよね!

京極夏彦は人気があるので何冊か読んだのですが、
なぜかはまりませんでした。
自分が残念です…。

北森鴻さん、お名前は知っていましたが未読です。
内藤三國…好きになる予感がします!
早速読んでみたいと思います。

お礼日時:2010/05/19 17:52

私もミステリー大好きですが、まだクリスティーやドイルなどの有名人作品しか読んだことがないので、私自身参考にさせて頂いてます(笑)


ドラマ「相棒」の大ファンで、小説版も結構たくさん出てて一読されることをオススメします!かっこいい登場人物…変人警部と熱血刑事の掛け合いが面白いかも。特に、列車内殺人などの昔からある定番作品から、「節約」をキーワードにした事件など現代的な社会問題を取り上げたものなど、それはもうミステリーの中の幅広いジャンルを取り上げてあるのが魅力的です。外務省など、現代政治の悪をついた話は、まさに寝ることも忘れるほどの面白さがありました。あんまり詳しく書くとネタバレになるのでこのあたりで…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

皆様が親切に回答してくださるので、
ミステリーファンにはすごく参考になりますよね!

ドラマ「相棒」、右京さんかっこいいですよね。
個人的には米沢さんが好きです…。
小説は読んだことがないのですが、ドラマで放送された内容と同じなのでしょうか?

といっても、ドラマで見逃した回もあるし、展開を覚えてなかったりもするので
内容同じでも楽しめそうですね。
よく行く本屋さんに置いてあった気がするので、読んでみたいと思います!

お礼日時:2010/05/22 18:42

再度失礼します。


高橋克彦さんはいろいろなジャンルの作品を書いています。
確かに『竜の柩』など伝奇系は苦手という人も多いですが、違う系統のは読めるのではないかな・・・と思います。
『写楽殺人事件』など浮世絵関係のシリーズもどうぞ。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/406183780X.h …

ついでに、歴史(時代)小説は魅力的キャラ満載です。
『火怨』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062735288.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足回答、ありがとうございます!

一冊(一シリーズ?)だけ読んで判断しちゃだめですね。
ご紹介いただいた『写楽殺人事件』『火怨』、どちらも面白そうです。
勝手に苦手意識を持っていましたが、
高橋克彦さんの著書のなかでも自分にあうもの、あわないものがありそうですので
いろいろ読んでみたいと思います。

お礼日時:2010/05/21 12:25

今野敏さんは私も大好きな作家です。


逢坂剛さんはいかがでしょうか?
『禿鷹の夜』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4167520060.h …
ほかのシリーズも魅力的なキャラが登場します。

高橋克彦さん
『ドールズ』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4041704065.h …

石田衣良さんの『池袋ウエストゲートパーク』シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4167174030.h …

また時代小説なんですが、最近見つけて大当たりだった田牧大和さん。
『身をつくし』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062160897.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

逢坂剛さんは読まず嫌いだったのですが、
mokuma88さんの薦めてくださった百舌シリーズも面白そうですし
この機会に他の著書も読んでみたいと思います。

高橋克彦さんは…以前『竜の柩』を読んであまり好きじゃなかったので、
それ以来読んでいません。
『ドールズ』なんだか怖そうですが、チャレンジしてみます…!

『池袋ウエストゲートパーク』はドラマ見ました。
原作は未読なので(石田衣良さん、よくテレビに出てらっしゃるので読まず嫌いで)
読んでみます。

田牧大和さん『身をつくし』、面白そうですね!
ぜひ読ませていただきます!

お礼日時:2010/05/20 13:39

翻訳物であれば、ジェフリーディーヴァーのリンカーン・ライムシリーズ


「石の猿」「魔術師」「十二番目のカード」「ウォッチ・メーカー」
日本の警察物であれば今野敏氏の他に堂場瞬一氏鳴沢了シリーズ「雪虫」「破弾」「熱波」「孤狼」などなど。
逢坂剛氏百舌シリーズ「百舌の叫ぶ夜」「砕かれた鍵」「よみがえる百舌」などはいかがでしょう。
いずれも、同じ男性が主人公のシリーズものです。

私などは驚愕の結末、どんでん返しが醍醐味と思っているので、そういった作品を中心に呼んでおり、騙された快感を味わっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。

ジェフリーディーヴァーはボーン・コレクターの作者さんなんですね。
不勉強で知りませんでした…。
せっかくなのでシリーズ一作目から順に読みたいと思います。

堂場瞬一さんは知らなかったのですが、ご紹介いただいたシリーズを調べてみました。
あらすじを読んだ段階では好きなタイプかどうか判断できなかったので、
まずは一冊読んでみます。

逢坂剛さん、読まず嫌いでした…。
百舌シリーズ面白そうです。
公安警察シリーズとして紹介してあるサイトもありましたが、同じものなんでしょうか?
シリーズ一作目をちゃんと調べてから読んでみますね!

私も驚愕の結末、好きです。
おすすめいただいた本を読んで、その醍醐味を味わいたいと思います!

お礼日時:2010/05/20 13:19

赤川次郎/泥棒シリーズ:今野淳一


森博嗣/S&Mシリーズ:犀川創平
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

赤川次郎さんの他のシリーズものはたまに読みますが、
泥棒シリーズはまだ読んだことがないのでチャレンジしてみたいと思います。

森博嗣さんは…以前何かの著書を読んで(何だったか…)、
あまり好きではなかったのでそれ以来読まず嫌いでした。
S&Mシリーズはまだ読んでいないと思うので(たぶん)
この機会に読んでみます。

お礼日時:2010/05/19 22:20

20世紀を代表する誘拐ミステリーと評され、映画化もされている作品で


・天藤真 大誘拐 創元推理文庫
 http://www.amazon.co.jp/dp/4488408095
一風変わった名探偵・猫丸先輩が活躍する作品で  
・倉知淳 過ぎ行く風はみどり色 創元推理文庫 
 http://www.amazon.co.jp/dp/4488421032
同上の作者の雪に閉ざされた山荘で起きる殺人事件で読者に挑戦する本格推理作品で
・星降り山荘の殺人 講談社文庫 
 http://www.amazon.co.jp/dp/4062646153
などどうでしょうか
   
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

天藤真さん、あらすじとレビュー拝見しました。
面白そうなので、読んでみたいと思います。

倉知淳さんの猫丸先輩シリーズは何冊か読みましたが、
『過ぎ行く風はみどり色』は未読でした。
『星降り山荘の殺人』も面白そうなので、読んでみます!

お礼日時:2010/05/20 13:00

・京極夏彦


・スティーヴン・キング……『ミザリー』など
・ダン・ブラウン……『ダヴィンチコード』『天子と悪魔』
・乙一……『GOTH』『きみにしか聞こえない CALLING YOU』など
・スティーグ・ラーソン……『ミレニアム』3部作
・ヘニング・マンケル……『殺人者の顔』『リガの犬たち』『白い雌ライオン』など
・レイモンド・チャンドラー……『長いお別れ』
・エリザベス・フェラーズ……『自殺の殺人』
・ヒラリー・ウォー

・甲田学人『Missing』(ライトノベル)

〔ミステリー以外の作品〕
・光瀬 龍……『百億の昼と千億の夜』(SFファンタジー)
・荻原規子……勾玉三部作シリーズ
・東野圭吾……『流星の絆』など
・宮部みゆき
・松本清張
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんご紹介いただき、ありがとうございます。

京極夏彦さん、乙一さん、東野圭吾さん、宮部みゆきさん、松本清張さんは
何作か読みましたが、それほどはまりませんでした。
ファンの方には申し訳ないですが…。

海外作家の方々と甲田学人さん、光瀬龍さんは不勉強で存じ上げなかったのですが、
読んでみたいと思います。

萩原規子さんは以前から興味があったので、この機会にぜひ読ませていただきます!

お礼日時:2010/05/19 17:42

んじゃま、新しい方を。



富士見ミステリーの「あとがき女王」で、最近直木賞を受賞された「桜庭一樹」さんの「GOSICK」。なぞ解きだけに期待すると拍子抜けしますが、ミステリーと考えると面白くて一気に読めます。彼女の作品は他も「外れ」が無いです。
http://www.amazon.co.jp/dp/4044281068/

文体が特徴的で好き嫌いがあるかもしれませんが、気にならないならこちらも一気に読める「平井骸惚此中ニ有リ」。新刊では入手不能ですが探せば中古は結構あるかも。
http://www.amazon.co.jp/dp/482916252X/

これってミステリーかどうか疑問は疑問なんですが、「榊一郎」さんの「君の居た昨日 僕の見る明日」。いわゆる「ラノベ」風味はあるんですが、ストーリー全体を通した「謎」が結構上質なので好きな作品です。
http://www.amazon.co.jp/dp/4829116390/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

どれも読んだことがないので、読んでみます。
紹介いただいた三つのなかでは「平井骸惚此中ニ有リ」が一番気になったのですが、
新刊では入手できないのですね。
中古で探してみたいと思います。

お礼日時:2010/05/19 17:27

やはり、日本三大名探偵の一角、高木彬光の「神津恭介」シリーズでしょう。



かなり古いですが・・・。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%B4%A5% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただき、ありがとうございます!

高木彬光さん、お名前は聞いたことありますが読まず嫌いでした。
神津恭介…好きなタイプかもしれないです。
早速読んでみたいと思います!

お礼日時:2010/05/19 17:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小説家・今野敏のお薦めの作品を教えてください

今野敏の「隠蔽捜査」シリーズは面白かったのですが、「潜入捜査シリーズ」「ST・警視庁科学特捜班・青のファイル」は今一つでした(STシリーズはこれだけしか読んでません)。この作家は著作が多いので少し絞りこんで読みたいと思います。お薦めの本があれば教えて下さい。
また、他の作家の警察小説でお薦めの作品やシリーズがあれば教えてください。

Aベストアンサー

「安積班」シリーズはいかがでしょうか?
『二重標的』
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784758432252

あとは、警察が主役ではありませんが「任侠」シリーズ
『とせい』
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784122049390

他の作家の警察小説だと、逢坂剛さんの『禿鷹の夜』など。
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784163191706

Qミステリー小説のおすすめ

はじめまして。私はミステリー小説が10年まえほどに好きだったのですが、最近読んでいません。
ネットのランキングや書店を見ているのですが、いまいちピンと来ないのでよければ、ここ数年の発売でオススメを教えて下さい。
私は元々洋書が好きだったのですが、日本のを読みたいです。
あと学生時代はチープかもしれませんが赤川次郎が好きでした。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

岡嶋二人『99%の誘拐』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062747871.html

今野敏「ST」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062732068.html

島田荘司『占星術殺人事件』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4061833715.html

綾辻行人『十角館の殺人』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062758571.html

高橋克彦『写楽殺人事件』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/406183780X.html

Q今野敏さんの役小角シリーズのタイトル?

最近、今野敏さんの「わが名はオズヌ」という本を読んだのですが、これと同じ主人公たち(賀茂晶たち)が登場する作品が他にもあれば、読んでみたいので教えてください。

ちなみに、「パラレル」という作品も読みましたので、それ以外にもあれば、という主旨の質問です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

続編はないと思いますよ。
本人のHPの作品で未読のものを検索してみましたがありませんでしたし、今は別のシリーズを執筆中みたいです。
http://www.age.ne.jp/x/b-konno/

Qおすすめミステリー小説

読書は好きなのですが書店の本棚でどんな本を読めば良いか立ち尽くしてしまいます。おすすめミステリーがあれば教えて下さい!
いままでで面白いと思ったのは
東野圭吾さんの「秘密」「悪意」「私が彼を殺した」など
宮部みゆきさんの「模倣犯」「魔術はささやく」など
貫井徳郎さんの「慟哭」
筒井康隆さんの七瀬シリーズ
あたりです。こんな僕が次に読むべきなのは?

Aベストアンサー

こんにちは。上の本はほぼ全部読んで面白いと思った者です。
七瀬シリーズ、懐かしい・・・私、すごいはまりました。
ちなみに私は今「富豪刑事」読んでます。

そんな私も読んでいる、多分上記とは毛色の違うものをいくつか挙げてみます。

若竹七海さん 
「プレゼント」「依頼人は死んだ」あたりお薦めです。
連作短編集で同じ探偵が活躍するんですが、ブラックです。

北森鴻さん 
「凶笑面」民俗学者の女探偵が活躍する連作短編。
「狐罠」骨董をテーマとした一風変わった推理短編。シリーズ化しています。

北村薫さん
「盤上の敵」 この作家にしては異質な感じの長編推理。
あと、落語家円紫シリーズ(「空飛ぶ馬」他)は本格ミステリですが
女性向けかもしれないです。一応薦めておきますね。

伊坂幸太郎さん
全部お薦めなんですがあえて挙げるなら「アヒルと鴨のコインロッカー」が
ミステリ色が濃かった気がします。文庫にはなっていません。

あとはどんでん返しものを2作品ほど。
「ハサミ男」殊能将之さん
「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午さん(文庫ではないです)

今思いつくのはそんなところです。ご参考になれば幸いです。

こんにちは。上の本はほぼ全部読んで面白いと思った者です。
七瀬シリーズ、懐かしい・・・私、すごいはまりました。
ちなみに私は今「富豪刑事」読んでます。

そんな私も読んでいる、多分上記とは毛色の違うものをいくつか挙げてみます。

若竹七海さん 
「プレゼント」「依頼人は死んだ」あたりお薦めです。
連作短編集で同じ探偵が活躍するんですが、ブラックです。

北森鴻さん 
「凶笑面」民俗学者の女探偵が活躍する連作短編。
「狐罠」骨董をテーマとした一風変わった推理短編。シリーズ化...続きを読む

Qおすすめの小説を教えて下さい。

最近小説を読む時間が出来たので面白い小説を探しています。
新旧問わず、おすすめの小説を教えて下さい。

最近読んで面白かった小説は
今野敏「隠蔽捜査」
東野圭吾「パラレルラブストーリー」
奥田 英朗「イン・ザ・プール」
海堂 尊「チーム・バチスタの栄光」

好きなジャンルは
警察官僚系
コン・ゲーム、詐欺犯罪系
理系・医療系
等です。

Aベストアンサー

警察系だと逢坂剛さんの「公安警察シリーズ」(通称)なんかいかがでしょう。「禿鷹シリーズ」も警察官ですが、どちらかというと任侠ものにちかいかも・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A2%E5%9D%82%E5%89%9B

詐欺犯罪系で面白かったのは、真保裕一の『奪取』ですかね。
http://www.amazon.co.jp/%E5%A5%AA%E5%8F%96-%E7%9C%9F%E4%BF%9D-%E8%A3%95%E4%B8%80/dp/4062082829

Qおすすめのミステリー小説を教えて下さい。

タイトル通り、皆さんのおすすめ小説を教えて下さい!

この手の質問は沢山投稿されているのはもちろん分かっているのですが、
だいたい目を通してみても自分の希望とはちょっと違ったので新たに投稿しました。

最近、アタリだと思う小説になかなか出会いないので、これは本当に良かったという皆さんのとっておきを教えて下さい。
といっても、ミステリーというジャンルはとても曖昧なので、自分が今まででこれは良かったと思った小説を書いておきます。
この路線が好きです。

「ZERO」麻生幾
「白夜行」東野圭吾
「ワイルド・ソウル」垣根 涼介
「The S.O.U.P.」川端 裕人
「青い虚空」ジェフリー ディーヴァー
「聖なる黒夜」柴田よしき

ミステリージャンルではありませんが、
「沈まぬ太陽」山崎豊子

ご覧の通り、諜報ものやコンピューター、ハードボイルドが好きです。
でも、他のジャンルでも結構読みます。山崎さんの沈まぬ太陽はとても良い本でした。
ただ、こてこての恋愛要素がある小説はあまり好きではありません。そこにミステリーが絡んでくれば読めるのですが・・・

我が儘な質問ですが、皆さん是非宜しくお願いしますm(_ _)m

タイトル通り、皆さんのおすすめ小説を教えて下さい!

この手の質問は沢山投稿されているのはもちろん分かっているのですが、
だいたい目を通してみても自分の希望とはちょっと違ったので新たに投稿しました。

最近、アタリだと思う小説になかなか出会いないので、これは本当に良かったという皆さんのとっておきを教えて下さい。
といっても、ミステリーというジャンルはとても曖昧なので、自分が今まででこれは良かったと思った小説を書いておきます。
この路線が好きです。

「ZERO」麻生幾
「白夜...続きを読む

Aベストアンサー

コンピューターということで、
岡嶋二人『99%の誘拐』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062747871.html
この作品は結構昔に出たものですが、今読んでも古びていないと思います。本当に面白いミステリーです。

楡周平『Cの福音』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4043765037.html
コンピューターものでもあり、ハードボイルドでもあります。

そのほか、
五條瑛『スノウ・グッピー』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4334735975.html

逢坂剛『禿鷹の夜』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4167520060.html

Qオススメの本を沢山教えて下さい読む順番などモモ芥川

サンタともうします。
男性40歳
本が好きなのですが、ピースの又吉さんのようにどっぷり浸れるようになられたいいなと思っております。
ただ本を読むスピードが遅いので、何から読もうか迷ってしまいます。芥川賞、直木賞の受賞歴を古い順から読んでいったら良いかなと思ったりします。
基本を抑えつつ、読解力もつけたいし、ひたれるようになりたいです。
(読解力や空想力がないと、理解できない、浸れない本がある(ピースの又吉さん弁(アメトーーク読書芸人より)))

実用書や雑誌はよく読みます。コンピュータ系、
今までに大好きな本は、
「モモ」 ミヒャエル・エンデ
「遠い太鼓」 村上春樹
「ノルウェイの森」村上春樹

色んなジャンル、作家さんの本を読ませて頂きたいです。
直木賞、芥川賞の一番古い受賞作から読んでいくのも良いのでしょうか?

また、大好きなおすすめ本がありましたら教えてくださいると嬉しいです。

よろしくお願い致します。
失礼致します。

Aベストアンサー

普通に「ラノベ」から入るといいんじゃないですか?

「ラノベ」は元々、アニメやゲームが好きな層で、かつ、活字も好きな層に
向けて始めた小説ですから、非常に読みやすく書かれています。でも、
「元ラノベ作家」が直木賞取ったりしてますから、ラノベと言ってもかなり
レベルが高いものが少なくないんですよ。

例えば「キノの旅」↓ 短編集なのですが、「やや黒目」の話から「キュンと
来る良い話」まで揃っていますので誰にでもお勧めできるかと。
http://www.amazon.co.jp/dp/4840215855/

・・・賞作家の本は、往々にして読みにくい場合も少なくないですからね。

Q恋愛、ミステリー、SF以外でお薦めの小説

恋愛ものがどうしてもだめです。(架空の話だと割り切れず、読んでいて、しんどくなってしまう)
ミステリーも、ぜんぜんおもしろいと思えません。
SFは、たくさん出てくる空想の言葉についていけなくて苦痛になってしまいます。
また、想像力そのものが無いのかも知れません。

と、読書の好き嫌いに偏りがあります。特に、好きな作家と言うのは居ません。
これまで夢中になって読めたのは、「少年H」「博士の愛した数式」など。
平凡すぎる淡々とした話は好きではなくて、上記のような、緩やかな中で
深い感動、悲しみ、などが伺える話が好きなようです。

急に時間ができたので、本をゆっくり何冊か読みたくなりました。
簡単なあらすじと、タイトルを教えてくださると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「日曜日たち」(吉田修一)
「赤ひげ診療譚」(山本周五郎)
「スティル・ライフ」「バビロンに行きて歌え」(池澤夏樹)
「彗星物語」(宮本輝)

あたりで・・

「バビロンに行きて歌え」

http://www.shinchosha.co.jp/book/131811/

Q「5・15事件」海軍はなぜ犬養毅を射殺したのか

海軍軍縮をした民政党を恨むのならわかる。
ところが民政党を倒して政権交代した
政友会の犬養毅が暗殺される理由が解せません。
「とばっちり」という回答ではなく
なぜ殺したのか、その理由を教えてください。

Aベストアンサー

犬養自身は軍縮を唱えていた人間ですが、ロンドン軍縮条約では「統帥権干犯」を唱えて政府を非難し、結果的に軍部の暴走の後押しをしてしまいます。
つまり犬養は国益よりも議会における自党の主導権確保を優先させるという、政治家としては無責任のそしりを免れぬ人物でした。
結果、満州事変でも犬養は本音で国際的孤立を招く軍部の暴走を危惧していたのは間違い無いのですが、自分が火を付けた「統帥権の独立」を盾にする関東軍の行動を黙認せざるえませんでした。
この行為は当時から「党利党略で国を危うくするもの」だと強く批判され(最終的に犬養や鳩山らがたきつけてしまった「統帥権」問題は大日本帝国滅亡の遠因となります)、更に五私鉄疑獄事件、そして世界恐慌に対する無策なども加わり、急速に政党政治に対する不満が高まっている時期だったのです。
5・15事件を引き起こした将校達は、このような空気から「政党政治の長としての首相、犬養毅」の命を狙ったのでした。
結果的に犬養は自分で引き起こしてしまった政党政治への不信により墓穴を掘った

Qミステリー小説を書くにあたって

初めてミステリー小説の短篇を書こうと思ってるのですが、警察機関についての知識が全くありません(泣
特に刑事と警察官の違いなど、知っている方おおざっぱでいいので教えてくれませんでしょうか。
参考文献やサイトなどもあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 そういうことなら、別冊宝島の警察関係の書籍がいいですよ。人間関係とかそういうのも交えて書いてあるからすごく参考になります。
 あと、ミステリーであれば薬学、法医学、法律なんかの知識もあった方がいいでしょう。ただし、深く考えると面倒臭いので、本当の意味で「広く浅く」でいいです。

 それからミステリーは、下手に「クイズ小説」にしようとすると失敗する場合があります。
 その作家の作風にもよりますが、その事件が起こることによって乱れる人間関係や、事件と関わることによって起こる主人公の心の乱れなどを中心に書くといい場合が多いです。
 クイズ小説がいいか、人間関係中心のものがいいかは、自分がどちらを読むのが好きかを考えればいいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報