『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

21世紀を創造する生活文化産業[著編者 ・出版社]編:信州大学経済学部産業社会交流科目運営委員会 〔ほか著〕:根本祐二 出版社:(株) 税務経理協会についての質問です。第6章コンテンツ産業 P.123ビジネス系人材育成は必須課題というところ、17行目から「また、徹底した契約社会であるアメリカにおいては、実演家、映画監督、脚本家等の出演料、権利関係を交渉するエージェントが活躍しており、大手3大エージェント会社においては自社と契約する実演家、監督等をパッケージとして映画会社に売り込み、その結果、豪華キャストによる大予算で商業性の高い作品が製作される例も見られる。」とありますが、こちらの3大エージェント、そしてその豪華キャスト映画が何なのかを分かりましたら教えていただけませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

3大ではなく以下の5大エージェントが有名です。


Creative Artists Agency
William Morris Endeavor Entertainment
International Creative Mangagement
United Talent Agency
Endeavor Agency

豪華キャスト映画がどの作品をさしているのかは、数が多いのと、その本が書かれた年代等がわからないので、見当も付きません。

あてずっぽうにCreative Artists Agencyのスピルバーグ、William Morrisのリドリー・スコットなどの関連作品じゃないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
この本の出版社に問い合わせたのですが、
何の回答も無かったのでとてもうれしいです!
ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/13 15:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング