ACCESS2000を使用しています。社内で共有しているデータベースファイルにセキュリティウィザード機能を使ってユーザーレベル セキュリティの設定を試しにしてみましたが、設定を元に戻す(セキュリティ設定を解除する)方法がACCESSのヘルプファイルを参照してみても見当たりません。どなたかご存知の方いれば教えていただきたいのですが。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

セキュリティを設定したDBのセキュリティを解除なら


セキュリティを元に戻しましょう。
「セキュリティ」-「ユーザ/グループの権限」の使い方がわからないならその旨を

毎回ログインウィンドウが出るので止めたいなら「MS Access Workgroup Administrator」で新たなワークグループを作成するのが一番簡単かな。
C:\Program Files\Microsoft Office\Officeのフォルダにショートカットが存在します。
起動すれば大体見当はつくでしょう。

なんだか先日後輩にも同じ事を聞かれたな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。返信遅れ申し訳ありませんでした~。

お礼日時:2001/04/18 19:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウイルスセキュリティを入れると無線LANがつながらない

ウイルスセキュリティを入れると無線LANがつながらなくなります。
PCは2台あり、1台は有線。別々のソフトを購入。そちらのウイルスセキュリティは大丈夫。無線LANは、ADSLのモデムからバッファローを使用。バッファローに問い合わせてもセキュリティに聞くしかないとのこと。無線LANは、ダイナブックの内臓を使用。

Aベストアンサー

当方も同じ症状になってます。
根本的な解決方法ではないのですが、PCを起動させる度に一旦ウイルスセキュリティを無効にし、無線が繋がった時点で有効にするようにして使ってます。
無効にさせるにはウイルスセキュリティのアイコンを右クリックし、「すべての機能を無効」をクリック、ダイアログの「はい」をクリックします。

QACCESS2003セキュリティウィザード実行したのですが

ACCESS2003にてセキュリテイウィザードを実行した結果、ショートカットファイルが作成されましたので、作成したショートカットファイルを複数のパソコンにコピーしましたが、同じACCESS2003ユーザーのパソコンからは問題なくファイルが開けるのですが、ACCESS2000ユーザーのパソコンではショートカットファイルのアイコンが正常に表示されない上にファイルも開けませんでした。ACCESS2000ではサポートしていない機能なのでしょうか?ACCESS2003もしくは2007にアップグレード必要でしょうか?ご存知の方おりましたら教えて頂けますでしょうか?

Aベストアンサー

2002以降のサポートです。
2000では、残念ながら・・

Q無線LAN機器のセキュリティ

無線LAN機器に無線ルータ、無線ブリッジがありもADSLモデムにもルータとブリッジがありますが、ルータモデムに無線ルータをつないだらセキュリティがあがりますか?できませんか?
セキュリティの設定ですが無線LAN機器のセキュリティ設定以外にWindowsXPやSP2の設定やセキュリティソフトの設定がありますがすべてやるんでしょうか?

Aベストアンサー

はい、全部やって下さい。
基本的に有線LANより無線LANはセキュリティ面では下がります。無線ですから誰が繋がるのか分かりませんし。自分関係以外に電波が飛ぶのを阻止する方法もありませんし。
なんで無線LAN関係のセキュリティは有線LAN時より厳重にやる必要があります。

QAccess2003 セキュリティウィザード 助けてください!

大変困っています!!助けてください。
Access2003を職場で作成しています(超初心者です)、立ち上がり直後にスムーズにファイルが開かず、
ちょっと待てばいいものを「あれ?」とあれこれいじくり、セキュリティウィザードというものを完了まで進めてしまいました。
すると、フォルダの中に、見慣れぬアイコンのショートカットキーが現れるのはまだしも、再度ファイルを開こうとしても、
「権限がありません」という表示がでてしまい、全くファイルが開けなくなってしまいました!(泣)せっかくいいところまで作っていたのに~(泣)
ちなみにウィザードでは余計な選択をせず、
そのまま「次へ」「次へ」で完了させてます。
そして使用しているPCは職場にかりたばかりのもので一切のユーザー設定やらパスワードやらわかりません!
一体どうすれば元通りになるでしょうか?
やはり別にデータベース作成して一から作り直すしかないのでしょうか?どうぞお力をお貸しいただければと思います。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

元のファイルがあったフォルダに、「(元のファイル名).bak」という、
拡張子が「.bak」とになっているファイルがあるはずです。
(操作を実行後、そのファイルを削除していなければ、ですが・・・(汗))

それがあるなら、今ある「開けなくなったファイル」の名前を変更して、
上記ファイルの拡張子「.bak」を「.mdb」に変更すれば、元のファイル
を復元できます。

上記ファイルを削除してしまっていた場合は、もっと面倒な作業が
必要になりますが、とりあえずは上記の結果を確認して下さい。
(もしもウィザード内でパスワードを設定していて、しかもそれを
 忘れてしまっていた場合は、作り直ししかなくなりますが・・・(汗))


※上記パスワードは当該ファイル(正確には当該MDWファイル)限定
  なので、パソコン側のパスワード等は関係ありません。
  (ComputerNameは、全くの無関係というわけでもありませんが)

Q無線LANのセキュリティ

自宅にwindowsとMacがあり、windowsはネットにつながっているのですがMacはつながってないので、無線LANを利用して一回線でやっていこうかと思っています。色々調べて無線LANの基礎知識はわかったのですが、どうやらセキュリティに弱いとのこと。セキュリティ強化のための方法がいろいろあるのは知っていますが、それを実行しても無線LANだと安心できないのしょうか?どなたか確実な無線LANのセキュリティ方法を知りませんか?どうしても守りたいのなら、やはり有線LANにしなければいけないのでしょうか??

Aベストアンサー

利便性とセキュリティはトレードオフの関係にあるので、どちらかを立てようと思うともう一方は下がってしまいます。

WEPやESS-IDステルス、MACアドレスフィルタリングなどを併用すればセキュリティ面ではそこそこ上がりますが、有線にはやはり敵わないと思います。

といっても、有線でもセキュリティ面では同じといえば同じですがね。盗聴の危険性は無いことはないです。たとえていうなら、99%と99.9%ぐらいの違いかな。

参考URL:http://www.kateinai-lan.com/security2.html

QAccessセキュリティ設定でのバックエンドデータ保護

 Accessを使ったアプリケーションによる社内業務改善、初挑戦の者です。

 Access2003で開発したアプリケーションを用いて社内LAN上でデータベース
を共有するため、セキュリティウィザードによって作成されるショートカットを
社内ユーザに配布して運用しています。
 ところが、配布したショートカットのプロパティはユーザが覗くことができ、
そこには実体ファイルの所在がフルパスで記述されている為、これをたどれば
ユーザが実体ファイルに直接アクセスすることができてしまうことに、きづき
ました。
 せっかくセキュリティ設定しても、改ざん(意図はなくても誤操作を含め)
や破壊のリスクがある為、なんとかしたいと考えています。
 回避する方法はないでしょうか?

 なお、アプリケーションファイルはテーブル以外のオブジェクトを含んだ
フロントエンドと、データベース本体(テーブル)のみを含むバックエンドに
分割しており、上記のセキュリティウィザードはフロントエンドに適用して
作成したものです。
 フロントおよびバックエンドのmdbファイル、およびセキュリティ設定の
mdwファイルはいずれも、関係ユーザのみがアクセス可能な社内LAN上の
特定フォルダに置いています。
 万一所在が知られても、セキュリティ設定されたフロントエンドファイルや
セキュリティ設定ファイルは開けないので良いのですが、バックエンドファイル
(データそのもの)が開かれて改ざんされてしまうことを危惧しています。
 つまりファイルが消されてしまう事故は気付くので良いのですが、データの
改ざんは、気付かずに運用継続されてしまう為、安心して運用ができません。

 回避方法のご教示を、どなたかよろしくお願い致します。
 
以上

 Accessを使ったアプリケーションによる社内業務改善、初挑戦の者です。

 Access2003で開発したアプリケーションを用いて社内LAN上でデータベース
を共有するため、セキュリティウィザードによって作成されるショートカットを
社内ユーザに配布して運用しています。
 ところが、配布したショートカットのプロパティはユーザが覗くことができ、
そこには実体ファイルの所在がフルパスで記述されている為、これをたどれば
ユーザが実体ファイルに直接アクセスすることができてしまうことに、きづき
まし...続きを読む

Aベストアンサー

遅くなりました、No.1~3のDexMachinaです。

> (注)2.2で、空のデータベースにインポートするという方法

すみません、職場で作成したデータベースでは、ワークグループ
管理をまだ適用しておらず、管理用のツールだけ先行作成した
状況で、その件は完全に忘れていました(汗)
大変失礼しました。


> 結果 ⇒ 別の他者は開けてしまった。
> つまり現状、開ける人と開けない人が出てきてしまいました。

こちらで確認した限りでは、新規データベースへのインポートにより、
セキュリティウィザードを適用した端末以外から開いた場合でも、
データベースに対する『開く/実行』の設定が正しく反映される
(=権限がない旨のメッセージが出て開けない)結果となりました。

念のため、こちらで行った操作を以下に記述します。
なお、前の回答ではショートカットを使用した起動方法をご紹介
しましたが、上記のテストは「既定のワークグループ情報ファイル
を変更」する形で行いました。
(No.3の冒頭と重複しますが、以下で改めて説明します)

1)Windowsのスタートメニュー等からAccessアプリケーションを起動
2)メニューで「ツール(T)→セキュリティ(T)→ワークグループ管理(G)」
 を選択して『ワークグループ管理者』ダイアログを開く
3)『参加(J)』ボタンをクリックして『ワークグループ情報ファイル』
 ダイアログを開く
4)『ワークグループ(W)』欄のアドレスを、メモ帳などに記録
 (後で元に戻すため)
5)『参照(B)』ボタンをクリックしてファイル選択ダイアログを開き、
  以前にセキュリティウィザードで作成したMDWファイルを開く
  ※一般ユーザーにデータベースを開く権限を与えていないもの。
6)「3)」のダイアログに戻ったら『OK』ボタンをクリック
 (ワークグループに参加したことを知らせるメッセージあり)
 ※これで、既定のワークグループ情報ファイルが変更されます。
7)「2)」のダイアログに戻ったら、『OK』ボタンをクリックした後、
 念のためAccessを一旦終了
8)Windowsのスタートメニュー等から、再度Accessを起動
9)『新規作成』ボタンをクリックするなどして、空のデータベースを
 作成
 →『新しいデータベース』ダイアログで『作成(C)』ボタンをクリック
  すると、『ログオン』ダイアログが開くので、管理権限を持つIDで
  ログオン
10)新規データベースが開いたら、既存のデータベースから適当に
  テーブルなどをインポートしたら、データベースを閉じる
11)「2)~6)」と同様の操作を行い、「4)」で記録しておいたワーク
  グループに設定を戻した後、新規作成したデータベースを開く
⇒【こちらでの確認結果】
  開く権限がない旨のメッセージが表示されることを確認
12)LAN上の適当なところに、新規作成したデータベース(MDB
 ファイル)をコピーし、他のユーザーの端末から開いてみてもらう
⇒【こちらでの確認結果】
  作成した端末以外に3機で確認した限り、どの端末でも開く
  権限がない旨のメッセージが表示されることを確認
  (いずれもWinXP・Pro&Access2003)


この手順を行えば、No.3の補足欄で引用されている英文の末尾で
触れられている通り、Accessの既定のユーザーID「管理者(Admin)」
に対する全ての権限の許可は解除されるはずなので、端末によって
結果が異なることは、理屈的にはなくなる、と思われるのですが・・・(汗)

こうなると、No.2の補足で説明のありました「セキュリティウィザードを
適用したことがないにもかかわらず、バックエンドファイルへのウィザード
適用でエラーとなった」ことが、ちょっと引っかかってきます。

殆どあてずっぽうのようで申し訳ないのですが(汗)、インストールされて
いるAccessのウィザードに何らかの不具合が発生している可能性を
考慮して、Accessを一旦アンインストールしてみるのも手かもしれません。

遅くなりました、No.1~3のDexMachinaです。

> (注)2.2で、空のデータベースにインポートするという方法

すみません、職場で作成したデータベースでは、ワークグループ
管理をまだ適用しておらず、管理用のツールだけ先行作成した
状況で、その件は完全に忘れていました(汗)
大変失礼しました。


> 結果 ⇒ 別の他者は開けてしまった。
> つまり現状、開ける人と開けない人が出てきてしまいました。

こちらで確認した限りでは、新規データベースへのインポートにより、
セキュリティウィ...続きを読む

Q無線LANブロードバンドルータにHHDを繋げたときのセキュリティ

無線LANブロードバンドルータにHHDを繋げたときのセキュリティ

無線LANブロードバンドルータのCG-WLR300Nを持っています。
HDDを無線LANにつないで家庭内ネットワーク?で使おうと思っていますが、
セキュリティはどうなってるんでしょう?
パソコンだとセキュリティソフトを入れますが、HDDはないですよね?
これはみんな普通に繋いで使ってるんでしょうか?

Aベストアンサー

 無線LANを構築するにはルータが必要です。そのルータは接続しようとする機器のアクセスに対し、IDとパスワードを要求します。その照合に合格したパソコンからのアクセスだけを受け付けます。HDの場合にはLANに繋がったコンピュ-タのどれかに有線で装着しておいてその設定を行ないます。また、無線を飛ばすときの情報についてはこれを暗号化し、外部からその情報を盗まれないようにしています。つまり、ルータが認めたコンピュ-タじゃないとそのHDにアクセスできないのです。

QAccess(アクセス)の「ふりがなウィザード」

アクセスが使うことになり1から勉強をしています。(Access2003で完全インストールをしました)
 書店でセミナーテキストというのがあったのでそれを見ながら操作しているのですが、「テーブル」の「デザインビュー」にて「氏名」と「シメイ」のフィールドがあり、「氏名」を入力すると自動で「シメイ」が表示される。という設定で「氏名」フィールドプロパティの「ふりがな」の横にでてきた「・・・(ビルド)」をクリックすると以下のエラーが表示されるのですが、どうしたらよいか教えてください。

 ・『ウィザード、ビルダ、アドインを起動できません』
  *ウィザード、ビルダ、アドインを含むライブラリ データベースがセットアップされていません。[ツール]メニューの[アドイン]をポイント[アドインマネージャー]をクリックして、ライブラリデータベースが組み込まれているか確認してください。
  *ウィザード、ビルダ、アドインのコードがコンパイルされておらず、Microsoft Office Accessでコンパイルすることもできません。コードに多くの構文エラーが含まれます。
  *Windowsレジストリのアドインキー設定が正しくありません。

 と表示されるので[アドインマネージャー]をクリックすると別の?エラーが出てしまいます。
 

アクセスが使うことになり1から勉強をしています。(Access2003で完全インストールをしました)
 書店でセミナーテキストというのがあったのでそれを見ながら操作しているのですが、「テーブル」の「デザインビュー」にて「氏名」と「シメイ」のフィールドがあり、「氏名」を入力すると自動で「シメイ」が表示される。という設定で「氏名」フィールドプロパティの「ふりがな」の横にでてきた「・・・(ビルド)」をクリックすると以下のエラーが表示されるのですが、どうしたらよいか教えてください。

 ・...続きを読む

Aベストアンサー

これかなぁ~
下記URLの対処法を試してみて下さいね。

参考URL:http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;882111

Q公衆無線LANのセキュリティについて

よろしくお願いいたします。

 街中などでの無線LANの利用時の注意点として、有償の無線LANといわゆる無料の公衆無線LANではセキュリティの高さに違いがあるので使い方に気をつけようという話しをよく耳にします。

 この話は「無料の公衆無線LANのセキュリティの設定は低いから」と結論づけられます。

 しかし、個人情報やら乗っ取りなどのセキュリティ面の問題が叫ばれている世の中で、わざわざセキュリティが低い状態の道具を使いインフラを広めていることが理解できません。

 これはやはり企業側の顧客獲得(イメージアップ)のための戦略に使われているサービスだからなのでしょうか?

 公衆無線LANとなると、そんなにセキュリティの面の管理は手間がかかったり、コストがかかるものなのでしょうか?

 一般的に家電量販店で売られている無線アクセスポイントの端末ですら、SSIDのステルス化やパスワードの設定、WPE2での通信暗号化などの設定ができます。

 このように端末ごとでの管理ができるなら、もう少しまともな端末を使って公衆無線LANとかを整備できないんでしょうか?


 何ができない理由なのか、いつもこの点が不思議でなりません。


 皆さまの知見を伺わせてください。

よろしくお願いいたします。

 街中などでの無線LANの利用時の注意点として、有償の無線LANといわゆる無料の公衆無線LANではセキュリティの高さに違いがあるので使い方に気をつけようという話しをよく耳にします。

 この話は「無料の公衆無線LANのセキュリティの設定は低いから」と結論づけられます。

 しかし、個人情報やら乗っ取りなどのセキュリティ面の問題が叫ばれている世の中で、わざわざセキュリティが低い状態の道具を使いインフラを広めていることが理解できません。

 これはやはり企業...続きを読む

Aベストアンサー

No.1 です。
暗号化に最低限必要なのは、「鍵」です。
※最近は、これを、「暗号化のパスワード」と説明しているものもありますが、本来、パスワードではないです。

暗号というのは、「他人には読めないようにする」ための技術ですが、同時に、「必要な人には読めるようにする」ことが必須です。
なので、ただ単に、データを(一見)意味不明な信号にするだけではなく、元に戻すことが絶対に必要です。
その、暗号化したりもどしたり(復号化)するために、「暗号化の鍵」を予め知っておく必要があります。
ですから、暗号化したLANを使うためには、「鍵」を知っておく必要があるのです。
なので、「手続き」というのは、「鍵を知る」ということになります。

または、「公衆」ということで、「誰にでも使える」ということを実現するためには、「誰でも鍵を知ることができる」環境が必要になります。
世の中には、「公開鍵暗号」という種類のものがあって、「みんなに鍵を教える(公開鍵)」と「暗号化したものは、特定の人にしか元に戻せない」というのを両立させる技術もありますが、無線LANではこの暗号は使われていません。

なので、「公衆」というのを、「誰でも使える」と考えるなら、
・暗号化しない
・暗号化のための鍵を誰でも判るようにしておく
ということしかできないのです。

なを、最近の暗号は、(WPA2-PSKでも、それ以前の TKIPとかでも)、最初の鍵は、「事前共有鍵」といって、実際には、その後、随時鍵を変更しながら、通信が続けられます。
なので、途中からであれば、通信を傍受しても、「だだもれ」というほどひどくはありません。
ただし、「接続の最初から」傍受されると、鍵の変更手順なども、最初の事前共有鍵をもとに、全部追跡されますから、やはり、危険だと言えます。

No.1 です。
暗号化に最低限必要なのは、「鍵」です。
※最近は、これを、「暗号化のパスワード」と説明しているものもありますが、本来、パスワードではないです。

暗号というのは、「他人には読めないようにする」ための技術ですが、同時に、「必要な人には読めるようにする」ことが必須です。
なので、ただ単に、データを(一見)意味不明な信号にするだけではなく、元に戻すことが絶対に必要です。
その、暗号化したりもどしたり(復号化)するために、「暗号化の鍵」を予め知っておく必要があります。
...続きを読む

QAccessのウィザードを消したい!

Access2000の勉強を始めたばかりなのでトンチンカンな質問ですが、
データベースウィンドウでテーブル作成やクエリ作成などを選択すると”デザインビューでテーブルを作成”などのウィザードがありますが、あのアイコンを安全に消す方法はありますか? 画面のデザインがうっとしい感じでなんとかしたいと思っています。

Aベストアンサー

[ツール]-[オプション]-[表示]タブ-[新規オブジェクトのショートカット]を
オフにすると表示されなくなります。


人気Q&Aランキング