ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

消防署はわかります、消防所って?あるの?

くだらない質問で済みません。

どうも気になって。・・・・・・・・。

 ”所”があるのか、という質問です、有るとすれば違いは?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ありません。

「●●所」とは、仕事を行うためにこしらえた場所であり、例えば、役所・駐在所・刑務所などがあります。

消防の仕事や活動はその場所では行いませんから、「消防所」とはなりません。

ちなみに町内にある消防団の集まる場所は、「詰め所」と呼ばれることが多いです。(あとは「寄り合い所」「事務所」など)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答、有難う御座います。
たいへん参考になりました。

お礼日時:2010/07/30 16:42

#3です。

 追記します。

消防署は、法律で決められた消防署長の事務を行う場所で、町レベルですと通常一か所です。

消火活動には時間が問題ですので、出先を作り消防車を置き署員が待機します。
つまり、「消防所」は消火活動専門の詰め所になります。

東京では、「××署○○出張所」(○○は地名)と言っていますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご回答頂き、有難う御座います。

私は、「消防所」というものが、無いと思っていました。

 #3様の
    <消火活動には時間が問題ですので、出先を作り消防車を置き署員が待機します。
    <つまり、「消防所」は消火活動専門の詰め所になります。

という事で、詰め所という事で、「消防所」は有ると思っていいのですね?

 #3様の
    <東京では、「××署○○出張所」

には、「消防所」という単語は出できていませんけど?

お礼日時:2010/08/02 02:31

消防法では、「消防署長」の事務権限が規定されています。


消火活動だけではなく、予防・査察業務も行っています
ですので、
署長がいるのが「消防署」
署長がいなくて、消火に関わるだけなのが「消防所」或いは「出張所」になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、有難う御座います。

 でも、前の二人の方の回答で、
消防の仕事や活動はその場所では行いませんから、「消防所」とはなりません。
「消防署」は有るけど、「消防所」は無いという事で理解するつもりでした・・・・。

 どっちなの~~~。 又、解らなくなってしまいました。

お礼日時:2010/08/01 01:02

消防団の詰め所を消防所と呼んでいたのを聞いたことがあります。

ただ、正式な呼び方かはわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、有難うございます。

参考になりました。

お礼日時:2010/07/30 16:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「消防」「消防局」「消防本部」「消防署」それぞれの意味の違いについて。

「消防」「消防局」「消防本部」「消防署」それぞれの意味の違いについて。

「消防」とは、火災を防御するとともに予防する“活動”及び“組織”のことだと、
何かの資料で読んだのですが、消防を“組織”の意味でとらえた場合、
「消防」「消防局」「消防本部」「消防署」の定義の違いを教えて下さい。

今、私が認識しているところでは、「消防局」→「消防本部」→「消防署」という
縦の関係で、これらすべてをひっくるめて「消防」と呼ぶのだと思っています。

間違ってますか?

また、「出張所」と「分署」の違いもお願い致します。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

消防法の専門家です。

他の方の回答にもありますが、消防は市町村レベルで設置することになっています。しかし市町村というのは規模にかなり幅があります。

横浜市や大阪市のような政令指定都市、またはそれに準じるぐらいの大きな市(千葉県船橋市など)は「局」という名称を利用しています。これは市の財政の規模が大きく自前の組織を十分に持つことができるために、水道局や道路局など予算権限を分散してそれぞれの組織をもっているからです。
「横浜市消防局」が市を代表する名前です。
次に「本部」という名称をもつのはもう少し小さい市です。たとえば埼玉県上尾市などが上げられます。これくらいの市だと局というほど大規模ではないものの消防署や分署をいくつか持っているために、総合的に指令を出す(119を受けることも必要)司令塔が必要になるために、「消防本部」が置かれるからです。このような市町村では他の部局も行政部・総務部のように、「部」という名称を用いているようです。名称としては「上尾市消防本部」という名称になります。
次にもうすこし小さい市町村で消防署を1つもっていれば足りるようなところは消防署、ですむわけですが、たぶん市町村を代表して「○○市消防署」というところは無いのではないかと思います。最低でも○市消防本部か○市町村広域消防組合(消防本部)です。
ちなみに東京は警視庁というのと同様、消防も消防庁といいます。規模がちょっとした国家並なのと、日本の首都であるための特別性が考慮されて国家組織なみの扱いだからです。

ところが市町村でも規模が小さい(人口が少なくて予算がすくない)と、特に地方だと行政面積だけは広いため、市町村が連携して行政組合を作りそこに消防本部を置くこともあります。
wikiに一例がありましたので参考にして下さい:http://ja.wikipedia.org/wiki/山武郡市広域行政組合

ということで
「消防」は消火活動・火災予防活動をする組織の総称です。
「消防局」は規模の大きい市で、他の部署(水道とか土木・建築)が局という大きな組織であることが多いです。
「消防本部」は各市町村にいくつか消防署がある場合で、「局」というほど大きな組織ではないときに使います。これが一番多いと思います。
「消防署」消火活動をする1単位です。つまり市町村で火事や事故・救急があったときに必要とする装備・人員をそろえているわけです。
「出張所・分署」これは市町村によって若干異なります。たとえば東京の出張所は1000平米以下の建物であれば消防関係の届出などを処理しますが、横浜市の出張所は事務仕事はしません。
どちらも「消防署」というほどの装備・人員は配置していないけれども、必要な装備を持っている。というレベルです。

会社でも大きな会社だと事業部という形で独立採算制を取っていることが良くあります。ひとつの事業部が社内の会社単位になっていて、たとえば家電事業部の赤字は(決算としては現れるけど)他の事業部から埋め合わせは原則しない、などのルールがあります。消防局というのはこのくらいの規模です。
中堅企業から中小企業までは総務部・営業部・生産部などの部制をとっています。相互に関連しながら予算はひとつで会社の損益が決定します。これが普通の市町村の消防本部だといえます。
零細企業だと仕入れや販売ひとつとっても規模が小さいため、零細企業同士で仕入れ組合や販売組合を作って共同で行うことがあります。
これらが消防組合で、どこかに消防本部が置かれるのです。
消防署は営業所と同じレベルと考えればいいと思います。

消防法の専門家です。

他の方の回答にもありますが、消防は市町村レベルで設置することになっています。しかし市町村というのは規模にかなり幅があります。

横浜市や大阪市のような政令指定都市、またはそれに準じるぐらいの大きな市(千葉県船橋市など)は「局」という名称を利用しています。これは市の財政の規模が大きく自前の組織を十分に持つことができるために、水道局や道路局など予算権限を分散してそれぞれの組織をもっているからです。
「横浜市消防局」が市を代表する名前です。
次に「本部」という...続きを読む

Qアクリル絵の具。ポスターカラー。水彩絵の具の違いを教えてください。

アクリル絵の具。
ポスターカラー。
水彩絵。の具の違いを教えてください。
特性と、素材、使用した作品にどのような違いが出るのか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
もうでてますが、透明水彩と、不透明がある。
ここでは、不透明→ポスカラとしときます。
透明水彩は、
その名のとうり色が透けます、色を徐々に重ねて絵に深みを出してゆくそうです。
白は使わないのが基本だそうです。
前後関係が表現できるようになると、雰囲気のあるいい絵ができます。
風景画に向いてるとおもいます。
不透明水彩は、樹脂と顔料の他に白(亜鉛白だったかな?)をベースとして加えてあります。こうすると色が透けず、発色がよくなって(むつかしい言い方をすると、光を跳ね返す)
色面のインパクトが強くなる。
加筆して(仕事を重ねて)仕上げていくやり方に向いていると思います。
量感を意識したモチーフが向いているでしょう。

全般的に、水彩はつや消しになるので、アクリルに比べると目につきにくい。
ですが、絵の評価は、作家の技量による所が多いと思うので、一概には言えませんが。
アクリルでも、淡い表現になってしまう人もいますし…。

興味がおありでしたら、美術技法の本を参照されると成分から、モノによっては、歴史まで書かれてあるものがあります。結構奥が(歴史が)深く作品分析にも欠かせないような知識も中にはあるとおもいます。

例えば…
アクリル→シケイロス(壁画)
ポロック、ケネス・ノーランド、マザーウェル、
んーと、ホックニー。

水彩絵の具→
ブレイク、ターナー、トマス・ガーティン(?)
クレー、
ホッパー、ワイエス、ベン・シャーン。

などなど
御存じの作家を思い浮かべるのも、一つの手かなと思いました。

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
も...続きを読む

Q(Excel)あるセルに文字を入力しただけで、同じブック内のほかのワークシートにも、同じ文字が自動的に入るようにするには?

こんにちは。
質問内容はタイトルのとおりです。

あるワークシートのあるセルに文字を入力すると、ほかのワークシートのセルにも同じ文字が自動的に書き込まれる方法を知りたいです(ブックは同じ)。複数のワークシートを制御するには、やはりマクロを使うのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

clam_chowderさん、こんにちは。

Sheet1のA1にたとえば「100」と入力しますね。
Sheet2のA1に、これと同じ数値を表示するには、
 =Sheet1!A1
でOKです。

数式をいれるのが苦手なら、
Sheet2のA1セルで「=」を入力すると、数式入力状態に入りますから、
ここでSheet1のシートタブをクリックし、
リンクしたいA1セルをクリックしてEnterすると、
自動的にさきほどと同じ式が入ります。


人気Q&Aランキング