マルシェル新規登録で5000円分当たる

一時停止中の、接触してない人身事故(車対自転車)について
見通しが悪く信号のないT字路交差点で、左折のために一時停止しておりましたところ、
左から勢いよく未成年の運転する自転車が来ました。
草木が繁っていて見通しが悪い道であったために、自転車は私の車に急に気づいて急ブレーキをかけ、
その勢いで転倒しました。
大丈夫かと声を掛けましたが、無言で去ってしまったため、接触はしていませんが念のため警察に届け出ました。
すると先方は片方の前腕を打撲しており、家族がひき逃げ事件として通報していました。
こちらも届け出ていたために、ひき逃げ扱いにはなりませんでしたが、
私は交通人身事故の立派な加害者となりました。
私は車道に大きくはみ出て停止していたわけでもなく、車道外側線の外側(線を超えてはいない程度)に
車の前部が位置する程度に停止してましたし
(車道外側線の外側を通行してきた自転車の進路は塞いでいましたが、それより手前に停止していては
左方の安全確認が全くできないのです)
勢い良く車の頭を出したわけでもなく、自転車がこちらに気づいて急ブレーキをかけるよりも前に
私は自転車を認知しております(私の一時停止後のことです)。
後続車がいましたので、後退する訳にもいきませんし、後退する暇もありませんでした。
交通弱者保護の点から、私に過失が生じるのは仕方ないとして、
こんな状況なので、心情的に自分に非があったとはどうしても思えないのです。
事故数時間後、連絡先交換のために顔を合わせた先方のご家族は激高しており、
「こんなことをしておいてお前は謝りもしないのか」と怒鳴られましたが
謝る場面だったのでしょうか。
怪我の具合を心配する発言はしましたが、確かに謝りはしませんでした。
自分が関与しての事故なので、お大事にして欲しいという気持ちは当然ありますが、
謝るということについてはどうしても抵抗を感じてしまいます。
菓子折りを持って1度は被害者宅を訪ねるようにと、保険会社から言われました。
お見舞いすることは構わないのですが、また「謝れ」と言われそうなので悩んでいます。
ご意見、ご助言、どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

当たっていないのにどうしてあなたが責められるのですか?


自転車が停止できないほどの高速で走っていたと言うことでしょう
自信があるのなら最後まで争う
押しの利く人の支援を受ける
謝ってほしいのなら裁判で謝罪を要求してくれと言えばいいです
現場を見ていないのではっきりとは言えません

ただし
左右を見通せない交差点への正しい入り方
ヘッドライトが見えるくらいに頭を出して停止します
これで車がいることを知らせます
しかる後に注意して左右が見通せる位置までゆっくりと出ていきます
いきなり左右を見通せる位置まで前進してはいけません
道路標識の停止位置は車の先端を示しています
これより前に出て停止したのでは一時停止違反となります

この回答への補足

その後,相手方に過失割合の件で保険会社が連絡したところ,自分の孫に非は全くない,100対0以外あり得ない,とごねておられるようです。私の車と接触した,とも言い出しているようで・・・ なんだか話がこじれてきました。

補足日時:2010/08/10 10:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
裁判に持ち込んで仮に勝てたところで出費の方が多くなりましょうし,労多くして功少なしに思えたので,腑には落ちませんが事故の形にしました。
後日調書作成のため警察へ行きましたが,そちらでは正直扱いが微妙なケースだと言われました。

一時停止の標識も線も何もないT路交差点で(私はTの下から上へ,相手方は左から右へ),車の先端が車道外側線(実際には交差点箇所には車道外側線がないので,その延長線)に被らない位置にて停止していました。車道外側線と側溝の間(これを歩道と言うのでしょうか)は,自転車1台分の幅程度です。当分左折できそうにない状況がもっと手前から把握できていましたので,ノロノロとその地点まで前進しました。手前で一度停まらずに,停止位置まで前進した点に非があるとするなら,そうなのかもしれません。でも,私が一時停止し,相手方を視認した後に,相手方がこちらに気づいて急ブレーキをかけていたので,私がどのような形で一時停止に至ろうが,結果は変わっていなかったように思います。

私の入っている通販型保険会社の説明では,私が通っていた道よりも相手方の道の方が太いこと,車対自転車であることで,過去の判例から90対10の過失割合が妥当であり,更に相手が児童であることで5%がこちらに加算され,95対5の事故になるのではないか,ということです。相手が逆走していようが,スピードを出しすぎていようが,そういう結果になるとのことです。世の中こんなものなのでしょうか。私には全く意味がわかりません。

お礼日時:2010/08/09 17:37

何処か安い所の保険会社なのでしょうか・・。

担当者の対応が悪いですね。
女性という事が影響しているのかもしれません。
可能なら旦那様に電話してもらえると良いと思うのですが。
担当者の対応が目に余るものがあれば、会社の窓口に電話で苦情を入れて、担当者を変更してもらう事も可能でしょう。
その担当者との会話を録音するようにすれば、何かよろしくないセリフがとれるかもしれないですね。

過失割り合いは相手との話し合いで詰めて行きます。現段階では、まだ早いと判断しているのでしょう。特に問題ではありません。

「自分が悪くないという事で自信で治療費を払っていくという事か?」との対応。担当者の言ってる意味が分からないです。無茶苦茶な事言ってるように思います。
私も、どう話を持っていくのか戦略を考えるのがプロの仕事だと思います。
恐らくあなたの様に非を(認めなくても良いけど)認めない人には強引に持っていこうと言う、この方の方針があるのかも知れないですね。

とにかく、あなたの質問にちゃんと答えれていません。
こちらに逆切れするような人では困りますね・・。相談窓口がどこかに電話して見ても良いかと思うのですが、これを数回すると最後の担当者は弁護士に行き着くようですが。

女性だと折れてしまうのでしょうが、私だったら、その疑問点(質問点)に納得行く回答がなければ、過失0を主張しますね。現段階でも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またのご回答をありがとうございます。

どんな感じで進めていくのか,双方の言い分もある程度聞いているはずなので,今後の流れも含めて過失がどうなりそうか聞いているにもかかわらず,「まだ相手の方がお怪我をされて治療中なのに,あなたは過失の話がしたいんですか?」と。まるで私が人でなしのような言い様ですよね。早速相手と折衝して欲しいという話をしたわけではないのに,何でそこでズレが生じるのか・・・。大事な孫(先方の窓口は祖父なので)を酷い目に遭わせておきながら謝りもしない酷い人間だ,と先方に言いくるめられたのかな?と勘ぐったりもします。

私も昨日はイラッときていて,担当者変更のことも頭をよぎったのですが,過失割合が10対0になろうが5対5になろうが,私の負担に差がないのであれば(10-0では腹が立ちますけど),新たな揉め事を増やすよりは放って置いたほうが良いのかとも思ったり,迷っています。

ちなみに保険会社は,おっしゃる通り国内・通販型の安いところ(M井)です。保険金担当者が全体的に同じレベルなのか,私がハズレくじを引いただけなのか,女性は軽くあしらわれるものなのか・・・ためしに一度夫に対応してもらおうとも思います。

お礼日時:2010/08/03 10:42

>私は交通人身事故の立派な加害者となりました。



 交通事故が発生した場合に生じる責任には、「刑事上の責任」「行政上の責任」「民事上の責任」があり、通称3責任と言われていますが、その内容はどれも同一基準で判定されるものではありません。
 例えば、刑事上の責任は、「質問者さんの運転行為に違法性があるか?処罰に値するものか?」という尺度で判定されます。
 言い換えれば、刑事事件に「◯:◯」という責任割合はありません。
 質問者さんの責任が「大きい・通常・軽い」という尺度で判定され、その結果として人が怪我をしているということであれば、相手の過失の有無やその程度に関わりなく、刑事事件の被疑者(疑われる者)として検察庁に書類が送られる(送致)ことになります。
 完全無過失の場合以外は、警察は、無理やりでも、何らかの過失があったように書類を作ります。
 ただし、警察は取締期間であり、各種の刑事罰を与えるのは最終的には裁判官以外にはあり得ないし、警察は、発生した人身事故については、全件送致と言って、ほとんど全ての人身事故を検察庁へ送致します。
 そうしないといけないことになっているだけです。
 検事さんは、警察から送致された事件を審査して、過失の有無やその程度を考慮し、処罰に値すると判定した場合だけ、処罰を求めて「起訴」することになります。
 つまり、怪我の程度や過失の内容しだいでは、起訴しないこと(不起訴)もあり得ます。
 この時点で刑事上の責任が重いのか、軽いのかが判定されることになりますから、警察時点では未定と言うことになるのです。
 つまり、警察官の言う「相手が自転車だから・・・。」という説明は、本来的な刑事上の責任の尺度で説明しているのではありません。
 怪我をしているのは自転車であり、質問者さんが怪我をしていないのであれば、自転車の違法性を確定するのは、道路交通法違反以外はないということで、自転車に対しては、実態として刑事責任(道路交通法違反)として処罰手続きが取ることが困難なだけなのです。
 自転車は、きわめて悪質な違反の場合以外は、道路交通法違反として処罰手続きがとられることはほぼありません。
 また、自転車の運転には運転免許は要りませんので、自転車に対して行政上の責任が加わることもないわけで、最終的には、自転車に対する刑事・行政上の処罰手続きが取られないことになります。
 このように刑事・行政の責任面では、自転車に対する処罰手続きが取られないだけで、逆に自動車の運転者に対する手続きだけが行われるため、何か自動車側が何でも悪いかのように勘違いされやすい状態になるのです。

 これに対して民事上の責任は、損害賠償としての損害の分担が求められます。
 民事上の損害の分担を行う場合、「公平な負担の原則」というものがあり、この考え方によれば、交通弱者と車両が衝突した場合には、交通弱者の損害が大きくなる傾向があるため、交通弱者の負担を軽減するために、交通弱者に対して大きな過失責任割合をとれないという実態があるということになります。
 民事上の責任割合は、過失割合という言い方は正確ではなく、過失相殺率という言い方をします。
 この意味では、民事上でも「交通弱者の過失が低い」という判断をしているのではなく、「過失相殺率の割合を高くとらず、その損害の分担率を公平に」しているだけなのです。
 「車の方が悪い」という考え方は、本当は間違った考え方と言えるのですが、一般的な常識としては、本当のところを理解されていないと考えるべきでしょう。
 くれぐれも、質問者さん自身が誤解して自分を卑下しないようにしてください。


>謝るということについてはどうしても抵抗を感じてしまいます。菓子折りを持って1度は被害者宅を訪ねるようにと、保険会社から言われました。お見舞いすることは構わないのですが、また「謝れ」と言われそうなので悩んでいます。

 質問者さんの説明する事故状況であれば、本来の過失責任は自転車が大きくなると考えるほうが適切ですが、上記のとおり、法律的には妥当だと考えられる場合でも、一般的には誤解された考え方が蔓延しています。
 お見舞いに行くことに納得できないことは理解できますが、検察庁から呼び出しが来たときに、謝罪を行ったか否か検事から問われると思います。
 謝罪・お見舞いをしていないという場合、ともすると「反省がない」と受け取られる危険性もあります。
 私が質問者さんの立場であれば、自分が刑事上で不利にならないように、保険会社の示談交渉がスムースに進むように、理屈が通らなくて納得できなくても、黙って謝罪に行くと思います。

※なお、過失の割合は、詳細な事故状況が不明なため、こういうサイトでは判定はできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な説明をありがとうございました。
現場検証の際,私に過失があったと何が何でもしたいような言動を警察が繰り返した理由がわかってすっきりしました。なぜそんなに責めてくるのか,私の印象が悪かったのだろうか?とか余計なことを色々考えてしまったもので。
謝罪を兼ねたお見舞いは,自分の利益を最優先に考えたら,やはり行った方がいいのですね。
窓口となっている家族から,家まで押しかけてやる等とかなり恫喝されて恐い思いもしてますし,未だにヒートアップした状態のままであることが保険会社経由で伝わってきますので,これは余談ですが,自分が現在妊娠中で,ただでさえお腹が重くてしんどいのに,精神的苦痛を受けたくないということもあり,なかなか行く勇気が起きませんが・・・考えてみます。(考えない方がいいのかな)

お礼日時:2010/08/02 16:58

あなたの過失が8~9割と自分の保険会社に言われてるのですか・・、ショックですね。


おおよそお互い(加害者・被害者)の言い分に差は無いようですね。
どの位置で自転車を認識していたかも大切でしょう。

ご自身の保険会社にこれらを訊ねて下さい、
○右側走行(逆走)の自転車は、過失に考慮されてるのか?
○交差点に近付いてるのに急ブレーキ転倒し、これほどの怪我をするスピードの出し過ぎは過失割り合いに考慮されてるのか?
○私は一時停止してるにもかかわらず、安全確認の出来てない自転車の過失は考慮されてるのか?
○そもそも一時停止した私に驚いて、転倒したスピードの出た自転車に対して私に責任があるのか?今回スピードが出てなければ普通に止まれて、怪我もしていないはず。
と、言ってみて欲しいですね。なんと答えが返ってくるか。

私の個人的な意見ですが、あなたが責任を認めてくれた方が保険会社は儲かります。
おそらく今回の賠償額は大した事ないでしょう。自賠責内で済むかもしれない。仮にちょっと任意の範囲に入ってもしれている。それで次回等級ダウンしたら、そっちの方が有り難い。逆に駄々こねて弁護士特約使われたら、弁護士費用に100万円以上の金が飛び、次回等級は据え置き・・。是非今回の事故は責任を認めてください。ってのが無いような有るような・・・・。
弁護士を使えば、弁護士には代理権があるので、あなたが煩わしい事は特に無いかと思います。相手の方は弁護士を拒否する事は出来ません。
適当に自腹で事故に強い弁護士事務所に相談に行き、勝てそうだったら保険でお願いしてはどうでしょうか?。
民事の問題が主となるでしょうが、刑事。行政等で不服があれば申立も出来ると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
土日を挟んでいたためか,今日初めて保険金担当の人から連絡がありました。
今までは取り継ぎの人だったようです。
で,その担当の人に過失割合について訊ねてみたのですが「今はまだ相手の方がお怪我をされている段階ですので,過失については話しておりません」とのこと。話すとか話さないとか,意味がわからなかったのですが,とりあえず自分が一時停止して上で安全確認していたこと,相手が逆走していたこと,相当なスピードが出ていた可能性が高いことなどを話した上で「自分が悪かったとは思えないような状況なのですが,それでも私の方がかなり分が悪くなるんでしょうか」と聞くと「ご自身が全く悪くないとおっしゃられるということは,保険を使わずにご自身で治療費などをお支払いしていくということですか?」と。「は?」って感じでした。さらに「過失の話をされたいのでしたら,先方(相変わらず激高したままらしい)に○○様(私)のおっしゃられたことを伝えますが」とか。両者の話を統合して,どう話を持っていくのか戦略を考えるのがプロの仕事なのかと思っていましたが・・・
私はてっきり,できるだけ支払い分を減らすために,保険会社というのは保険契約者としっかりタッグを組んで話を進めていくものなのかと思っていただけに,大変驚きました。これは担当者の問題なのでしょうか。
ちなみに,弁護士特約について保険の契約内容を書類で確認してみたら,死亡事故か,それに相当する事故の場合のみとなっていたため,今回は使えそうにないことがわかりました。

お礼日時:2010/08/02 14:57

こんにちわ、No.2です。



お礼ありがとうございました。

>事故扱いにしなければ自分が直接被害者家族とのやりとりを続けなければならず、負担が大きすぎるのではないかと判断しました。

あなたの判断は、正しいと思います。これ以上、負担をするのはもうやですね。

しかし、自動車を乗るということはリスクが大きいと知りました。

私も、あなたの体験から勉強させて頂きました。

あとは、保険会社にまかせてもう過ぎたことは忘れて新たな生活をした方が得ですね。

人生、色々なことがありプラス思考でいきましょう。

今回は、事故をもらってしまった天災としてあきらめましょう。

プラス思考で今回、自転車の人が死なないで、良かったと考えるべきでしょう。

(事故で相手が死んでしまっては、あなたが悪くなくとも刑務所に行くことになりますからね)

これからの、人生がんばりましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またのコメントをどうもありがとうございます。
今はまだ保険会社とのやり取りが始まったばかりで,何度も嫌な思いをしていますが(保険会社なのに全然味方とは思えぬ対応をされてびっくりしています),ある程度片がついたら,きれいサッパリ忘れてしまいたいです。裁判所からの呼び出しなど,当分嫌な思いは続くのかもしれませんが・・・
今日も車を運転していて思いましたが,今は夏休みなので,無謀な運転をしている自転車がすごく多いですね。どうか皆様が私のようなもらい事故(としか思えない)に遭いませんよう,祈るばかりです。

お礼日時:2010/08/02 14:35

あなたの言い分を全面的に信用するなら・・・



1、被害者(自転車)は私に驚いて急ブレーキをかけて転倒した。
2、急ブレーキをかけなければならない程のスピードで運転だった。
3、スピードが車の発見を遅らせた。
4、急ブレーキによる転倒で、この様な怪我をしたのはスピードの出し過ぎが原因だ。

5、私(車)は、一時停止をして安全確認をした。
6、停止中の事故で私に責任は無い
7、車とは接触していない。

これらと一緒に、あなたは「被害者の怪我は私の責任ではない」と主張すべきでしょう。
あなたがが自分に責任は無く、怪我の心配はするが、謝る事には抵抗があると仰るなら、その姿勢は貫き通すべきです。
もし謝罪すれば、あなたは「被害者の怪我は自分の責任です」と認めた事になります。ご注意を。
もし弁護士特約を付けていれば、「過失0を主張」し、後の対応は弁護士に任せると宜しいです。来年の保険金はUPせずに据え置きとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私の主張自体は警察にも通っているのですが(安全確認していたことも、一時停止していたことも、接触していないことも認めてもらっている)、それでも道路交通上では車対自転車なので、私が第一当事者なのだそうです。にわかに信じられないのですが、接触してようがしてまいが、相手が転倒した誘因であるので、ということです。私がいなければ、先方はびっくりすることも急ブレーキをかけることもなかった。とすると、そこに車で居合わせたこと自体が罪である、と解釈できましょうか。
弁護士特約はついていますので、保険金については戦えるかもしれません。
ですが、保険金の弁護士特約は民事上の問題についてのみで、行政処分と刑事処分についてはまた別の話となりますよね。。。

お礼日時:2010/07/31 08:28

はじめまして、よろしくお願い致します。



>左折のために一時停止しておりましたところ

自転車がかってに、前方不注意で転倒しただけです。

あなたには、過失はありません。

ここは、強気に裁判にした方が良いです。

急ブレーキをかけると転倒するのはあたりまえです。

交通事故の場合は、謝った方が負けです。

相手の人は、うその届出をしているので完全にあなたの勝ちです。

あとは、保険会社にまかせて解決した方が良いです。
保険会社はプロなので、簡単にお金を出さないからです。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
確かに、法令違反もしておらず、停止していただけの私は事故の当事者ではないとして全面的に争う選択肢もあったかもしれないのですが、事故扱いにしなければ自分が直接被害者家族とのやりとりを続けなければならず、負担が大きすぎるのではないかと判断しました。
結果的にも人身事故扱いになりましたので、民事上の問題については保険会社にお任せできます。しかしその保険会社が、事故の状況を説明したにもかかわらず、過失割合は5対5どころではなく、相手が自転車であるために私の方が相当悪い形になると言っていました。9対1になるか8対2になるか、といったあたりでしょうか。ここら辺の交渉を有利にすすめるためにも、被害者の怒りを「お見舞い、菓子折り」という形で鎮めるよう言うのですよね。この保険会社は頼りないのでしょうか。それとも世の中こんなものなのでしょうか。。

お礼日時:2010/07/31 08:16

素人なのでご容赦を。



左折しようとしていた所に左側からと言う事は、自転車の交通違反だと思います。
自転車も軽車両ですので当然自動車と同じく左側通行ですよね。
警察はどの様に判断しているのでしょう?

家族は一方的に子供の言い分を聞いて判断しているので(子供は自分の過失等は棚に上げて話しますよね)、貴方を責めると思います。
菓子折りを持って行く事事態が謝罪ですので、過失割合によって菓子折りを持ってお見舞いに行けばよいと思いますよ。

以前家族が交差点を青信号で通過しようとした時歩行者信号は赤なのに老婦人が突然渡り始め避け切れず接触して転倒させてしまいました。怪我は擦り傷で掛けていたメガネが壊れてしまったくらいです。
家に帰ったその婦人は自分は青信号で渡っており一切の過失は無いと家族に話していた為菓子折りを持って見舞いに言った時、物凄い勢いで罵倒され慰謝料を要求されました。しかし、警察からの連絡で事実を知らされ老婦人の方の過失が判ると再度お見舞いに伺ってもバツが悪いのかインターフォン越しの会話のみで出てきませんでしたし、前回の謝罪も無ければ何も言いませんでした。

こんな例も有りますので警察や保険会社、後目撃証言が有ると有利なんですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。
ご家族の方が似たような経験をされているのですね。

おっしゃる通り自転車は右側を走行していたので非はあるらしいのですが、それでも自転車対車なので100%とは言わないけれども私の方が分が悪いと警察は言うのです。保険会社も同じような事を言っていました。
状況については私と先方の証言が完全に一致しているので(事故後、何も言わずに私が去って行った、という点では相違がありましたが)、私が安全確認していたこと、車道外側線を超えない位置に停止していたこと、これらの主張は通っています。
にもかかわらず、私の方が分が悪いとのことです。
もっと手前で停止してたら事故は避けられたんじゃないの?などと、私に過失を認めさせようとする誘導尋問もさんざん受けました。
実際は自転車側の過失としか思えないような事故でも、人対車だからという理由で、車サイドが悪くなるということですよね。

お礼日時:2010/07/31 08:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車の目前で、車にぶつからずに自転車が転倒した時

2ヶ月ほど前の晩のことです。

近所の大通りから小さな道に左折し、左折後すぐ、さらに小さな脇道(塀がありみづらい)があり、自転車が出てきていたので停車しました。すると自転車が車の前で転倒(車にビックリしたらしい)。自転車の者は、怪我の治療と買い物の品(瓶入りの酒類)の破損の弁償を要求しました。

私は普段から危険だと承知していた場所なので注意していましたし、自転車の存在には気づいていました。ただ、相手が無灯火のため、気づくのは遅かったと思いますが、十分間に合ったと思いますし、スピードもゆっくりです。
また相手が倒れたのは車には当たっておらず、車からの距離も1メートルくらいはあったとますし、ギリギリセーフというわけでもないとおもいます。転倒する前にすでに私は停止していました。

そのため私は、自分に非は一切無く、完全な自転車側の不注意であり、しかもライトを付けていればもっと転倒は防止できたであろう、さらに接触していないし事故ではないと説明しました。

向こうは接触していなくとも、自動車に驚いて転倒したんだからそのような運転をした車側の不注意だ。車対自転車や歩行者では一方的に車側に法律的な非がある。警察に言えば、車が悪くなるのは目に見えている。また、そうでないにしても、警察の前で、あたってないのに接触したと言ったとしても、自動車の方が一方的に悪いのだから警察は自転車や歩行者を信用するし、目撃者がいないのでそれを実証できないので確実にあんたが悪くなるぞ、と言い返してきました。

私は怯えましたが、悪くないと思ったので、警察よびたいならそうして下さい、わたしは悪くないので帰りますといって去りました。
帰り際、相手はナンバープレートから住所を探して、訴えると言ってきました。しかし今のところ何もありませんのでほっとしています(まだ油断できませんが)。

後日、知人に話したところ、警察を呼ばれていれば私は加害者になっていた、呼ばれなくて助かったと言われました。

そこで質問です。
(1)このようなケースの場合、事故になり、自動車側に非が出てくるのか。
(2)ぶつかっていないのにぶつかったと嘘を言われたら、警察は自転車・歩行者の話を信じてしまうのか。また嘘と証明できないのか。
(3)自動車対自転車・歩行者の場合、相手に無灯火などの非があっても追求できないのか。この場合は無条件に一方的に自動車側が悪くなるのか。
(4)事故となる場合、ひき逃げになるのか。

よろしくお願いします。

2ヶ月ほど前の晩のことです。

近所の大通りから小さな道に左折し、左折後すぐ、さらに小さな脇道(塀がありみづらい)があり、自転車が出てきていたので停車しました。すると自転車が車の前で転倒(車にビックリしたらしい)。自転車の者は、怪我の治療と買い物の品(瓶入りの酒類)の破損の弁償を要求しました。

私は普段から危険だと承知していた場所なので注意していましたし、自転車の存在には気づいていました。ただ、相手が無灯火のため、気づくのは遅かったと思いますが、十分間に合ったと思いますし...続きを読む

Aベストアンサー

あなたの言い分を100%信用したとして回答いたします。

(1)今回のケースでは、自転車側の自損事故になり、あなたの責任はありません。

(2)嘘はすぐにばれます。ちゃんと警察は調べますので、ぶつかった痕というのは案外あちこちにつくものです。自転車とぶつかったときにできたと思われる傷を調べます。一致した傷が無ければぶつかってないことになります。

(3)もし、事故になった場合は自動車側が加害者になりますので、あなたが追求することはできません。ただ、あなたの証言や周りの証言から、過失相殺や過失割合を算出する場合や、第一加害者を決めるのに使われます。(第一加害者というのは、事故を起こした責任はよりどちらにあるかという事をきめるのもです。)私も、自動車でバイクから追突された事がありますが、第一加害者はバイクでした。

(4)ひき逃げにはなりません。一旦は相手と話をされているわけですから、自転車が転倒してそのまま走り去っていればなるかもしれません。ですが(1)の結果次第では引き逃げではないですが、逃げたことになるでしょう。

という事になりますが。実は(1)が実に微妙なんですよね。クラクションやライトなどで警告を出していた場合は、逆にびっくりしたいう自転車側の言い分が通ってしまいます。あなたが徐行(時速10Km以下の速度)し、完全に停止状態であったならば、自転車の単独転倒ということになるでしょう。こういう場合は迷わず警察に連絡するようにしてください。へたすりゃ当屋って事もありますから。

>転倒する前にすでに私は停止していました。
ここなんです、タイミングが重要になります。車がとまってからバランスを崩したのか、バランスを崩してから車が止まったのか?かが問題になります。車の方が後から止まったのであれば、自転車側のびっくりしたという言い分が通ることになります。

>悪くないと思ったので、警察よびたいならそうして下さい、わたしは悪くないので帰りますといって去りました。
ここがまずいですね。逃げたととられてもしょうがありません。私だったら、そんな風にもめたらその場で警察を呼んでますね。結局自転車が転倒してできた怪我って今回の場合は軽症で人身事故になっても刑罰は無いか、仮にあったとしてもかなり軽いものになりますから。
被害者、加害者の双方の言い分が食い違った時は警察を呼んだほうが良いと思います。なんでもかんでも呼べばいいと言うものではありませんが、今回の場合は呼んでいた方が良かったかな?と思います。

あなたの言い分を100%信用したとして回答いたします。

(1)今回のケースでは、自転車側の自損事故になり、あなたの責任はありません。

(2)嘘はすぐにばれます。ちゃんと警察は調べますので、ぶつかった痕というのは案外あちこちにつくものです。自転車とぶつかったときにできたと思われる傷を調べます。一致した傷が無ければぶつかってないことになります。

(3)もし、事故になった場合は自動車側が加害者になりますので、あなたが追求することはできません。ただ、あなたの証言や周りの証言から、過失相殺や...続きを読む

Q先日、非接触事故を起こしてしまいました。

先日、非接触事故を起こしてしまいました。
こちらが優先道路を走行中に左の一旦停止のある側道から走行車線上に車が飛び出してきて、こちらが急ブレーキをかけ、そしてタイヤがスリップして相手の車の後方をすり抜けるようにして、ガードレールにぶつかり大破し、怪我をして人身事故にもなりました。
事故証明書も発行してもらって、相手の名前も記載されています。
こちらの保険屋さんに事故の相談をしたら、「接触してないので難しいです」と言われてしまいました。
しかし、知り合いの保険屋さんに聞くと「非接触でも事故の誘因や原因がある場合は接触と同じ処理をする」と言っていました。
過失割合などはいったいどうなるのでしょうか?
後、相手の保険屋とは自分達で交渉するのと、こちらの保険屋にすべてまかすのとどちらがいいのでしょうか?
初めての事なのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

基本的にはあなたと相手保険屋との交渉になります。あなた側に過失があれば過失の交渉はしますが、非接触ということなので相手側に損害はないはずで、あなた加入保険屋の出番はありません。

相手に損害がないということは、あなたの過失部分の相手に支払う賠償はありません。保険屋はあなたの無過失部分の取りたて・回収交渉は弁護士でないのでできません。

任せるというのは上記部分のことになるでしょうから、左記に申し上げたように出番はありません。保険に加入してれば、なんでも交渉してくれるという錯誤は払拭すべきですね。
保険屋もおのずから、対応できる場合 できない場合があります。

>知り合いの保険屋さんに聞くと「非接触でも事故の誘因や原因がある場合は接触と同じ処理をする」と言っていました。
それは、あなたに過失が有る場合の、相手に損害が有る場合のことです。

書き込みから、あいてに過失は多くありそうなので、相手が加入保険屋に事故報告すれば何らかのコンタクトはあるはずです。
相手保険屋と人身・物損被害について、あなたが交渉することですね。問題は過失がどの程度になるかの問題で 主に物損被害に関係してくるでしょう。

人身については自賠責120万限度内に収まるようなら、過失相殺関係なく100%補償してくれます。

基本的にはあなたと相手保険屋との交渉になります。あなた側に過失があれば過失の交渉はしますが、非接触ということなので相手側に損害はないはずで、あなた加入保険屋の出番はありません。

相手に損害がないということは、あなたの過失部分の相手に支払う賠償はありません。保険屋はあなたの無過失部分の取りたて・回収交渉は弁護士でないのでできません。

任せるというのは上記部分のことになるでしょうから、左記に申し上げたように出番はありません。保険に加入してれば、なんでも交渉してくれるという錯誤...続きを読む

Q車との接触を避けようとして転倒しケガをしました。治療費は貰えないのですか?

先日、自転車で走行中、飛び出してきた車を避けようとして転倒し、全治1ヶ月のケガをしました。運転手は当たっていないので自分には関係ないと主張し、「大丈夫か?」の一言もなく、「あんたが勝手にこけたんや。ぶつかってないから自分には関係ない。」と主張しました。私は足が痛いので警察を呼んで欲しいと言ったのですが、「勝手にすればいい。当たってないから何にもない。」と言い自分の名前と家がどの辺りかだけ告げると行ってしまいました。とりあえず車のNo.だけは控え仕事に行きました。仕事中も足の痛みは酷くなり紫色に腫れてきたので、相手の誠意の無さにもやりきれなくなり警察に相談しに行きました。警察は人身事故になるということで相手の方を呼び出し、やはり車に過失があると認められました。その後、相手の保険屋さんが来て私が警察に行った事で運転手も迷惑をしている、当たってないし車に傷も付いていないのに呼び出されて、あなたが自分で転倒したんだから。と私が自分で転倒したので責任は無い。と言うような事を言い、保険も出ないだろうから病院も健康保険を使って行った方が良い、と言われました。でも、私が避けて転倒しなければ車と接触していたのです。本当に治療費は払って貰えないのでしょうか?

先日、自転車で走行中、飛び出してきた車を避けようとして転倒し、全治1ヶ月のケガをしました。運転手は当たっていないので自分には関係ないと主張し、「大丈夫か?」の一言もなく、「あんたが勝手にこけたんや。ぶつかってないから自分には関係ない。」と主張しました。私は足が痛いので警察を呼んで欲しいと言ったのですが、「勝手にすればいい。当たってないから何にもない。」と言い自分の名前と家がどの辺りかだけ告げると行ってしまいました。とりあえず車のNo.だけは控え仕事に行きました。仕事中も足の痛...続きを読む

Aベストアンサー

人身事故として処理されていれば、何の問題もありません。人身事故の場合、まず任意保険ではなく自賠責保険からの補償を受けることになります。任意保険は契約者が保険使用に関してyesの意思表示が必要ですが、自賠責保険の場合、契約者側が自分に落ち度の無いことを証明しない限り使えることになっています。しかも「被害者請求」といって、被害者の方から保険を使うことができます。
今回のようなケースでは、この「被害者請求」という制度を利用されることをお勧めします。自賠責保険のことであれば、どの保険会社でも相談に乗ってくれますので安心です。それにこれ以上相手側と接触して嫌な思いをすることもありません。文章から受けた印象では、今更何かを相手側に求めても自分の腹が立つだけのようにも思います。

交通事故であっても健康保険を使うことができます。特に今回のようなケースでは健康保険を使い、医療費の圧縮を図ることが賢明です。保険者(組合や自治体)に「第三者による傷病届」を提出することになるでしょう。

名を自賠責保険の請求時に必要な「事故証明書」は、警察ではなく「自動車安全運転センター」で発行されます。窓口に行かれてもいいですが、郵送で取り寄せることも可能です。

人身事故として処理されていれば、何の問題もありません。人身事故の場合、まず任意保険ではなく自賠責保険からの補償を受けることになります。任意保険は契約者が保険使用に関してyesの意思表示が必要ですが、自賠責保険の場合、契約者側が自分に落ち度の無いことを証明しない限り使えることになっています。しかも「被害者請求」といって、被害者の方から保険を使うことができます。
今回のようなケースでは、この「被害者請求」という制度を利用されることをお勧めします。自賠責保険のことであれば、どの...続きを読む

Q無接触の交通事故における損害過失について

事故が発生した場所はT路地で、(Tの上の部分の)左手がカーブしているため見通しの悪い場所です。夫の車がTの下の部分に相当する脇道より右折、相手のバイクが左手より直進です。

夫が右折の前に一旦停止して安全を確認。時速約10キロで右折、その後10~15mほど進んだときに背後で音がしたためバックミラーをみると、オートバイが倒れているのが見えました。

前進しながら状況をみていると、誰も転倒した人を助けていなかったため、さらに15mほど進んだところで車を駐め、バイクの所まで戻りました。そこで初めて、バイクが夫の車をみて急ブレーキをかけ、転倒したことが分かったそうです(接触なし)。

夫の言い分は「左右確認した際に、バイクは左手に見えなかった。大きくカーブしているため、スピードを出し過ぎていたバイクが突然自分の車に気づき、急ブレーキをかけたのではないか。仮にバイクを見落としていたとしても、スピードを出しすぎていなければ、車を回避できたはず」。

また先方は、「進行中に停車をしている夫の車を視認した。右折する様子がなかったので減速せずに直進したところ、車が右折したため、急ブレーキをかけて転倒した」と言っています。

警察には、
・バイクの方が優先道路を走っていたため、どんなにゆっくり進んでいたとしても、一旦停止時に確認した後、右折中も左右を確認する義務がある
・バイクが転倒した地点と、その時に夫の車がいた地点には距離があるため、バイクもスピードを出しすぎていた疑いがある
との理由で、双方に過失の疑いがあると言われました。

相手は任意保険に加入者していますが、夫は自賠責にしか加入していません。今後は先方の保険の担当者と直接交渉に当たらなければならないのですが、このような事故の場合、どの程度の過失割合を念頭に話し合いを進めたらよいのでしょうか。

アドバイスをどうぞお願いいたします。

事故が発生した場所はT路地で、(Tの上の部分の)左手がカーブしているため見通しの悪い場所です。夫の車がTの下の部分に相当する脇道より右折、相手のバイクが左手より直進です。

夫が右折の前に一旦停止して安全を確認。時速約10キロで右折、その後10~15mほど進んだときに背後で音がしたためバックミラーをみると、オートバイが倒れているのが見えました。

前進しながら状況をみていると、誰も転倒した人を助けていなかったため、さらに15mほど進んだところで車を駐め、バイクの所まで戻りました。そこ...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問のような「衝突を避けようとして起きた事故」は珍しくありません。「別冊判例タイムズ」で過失割合が示されているような典型的な事故ではありませんが、判例もあります。

1.ご主人の責任について
「急ブレーキをかけなければ衝突が避けられなかった」という状況であれば、たとえ接触していなくても、原因となった車両にも過失責任があるというのが裁判所の見解です。今回の場合、現場検証をした警官もご主人の過失を認めているので、責任はないと主張することは難しそうです。なお、相手のスピード違反が事故の原因だった場合、そのことはご主人の責任を軽減しますが、責任が免除されるわけではありません。

2.過失割合について
裁判になった場合、基本的な考え方は、衝突した場合の基本過失割合を出発点として、それぞれの過失を考慮して増減するというものです。

(1)平成9年9月30日神戸地裁判決
道路外の駐車場に入るために左折しようとした乗用車に、後ろから来たオートバイが衝突しそうになり、衝突を避けようとして転倒。乗用車は左折の合図が遅れ、しかも後方のオートバイを確認せず。
過失割合:乗用車85%、オートバイ15%
(衝突した場合の基本過失割合:乗用車80%、オートバイ20%。乗用車の合図の遅れなどを5%加算)

(2)平成9年3月25日岡山地裁判決
T字路交差点で、Tの横棒の部分が優先道路(=交差点でも減速の必要のない道路)になっており、そこを右手から直進中のトラックが、Tの縦棒方向の脇道から、一時停止をせずに飛び出してきた乗用車を避けようとしてハンドルを左に切り、横転。トラックは30kmのスピード違反。
過失割合:乗用車70%、トラック30%
(衝突した場合の基本過失割合:乗用車90%、トラック10%。スピード違反によりトラックの過失割合を20%加算)

今回の事故で、仮にご主人の車とオートバイが衝突した場合、基本過失割合は、『別冊判例タイムズ』の146図、156図、および93図、94図などを参考にすると、大体ご主人85%、相手方15%程度になりそうです。それを修正する要素にはご主人に有利な点が多く、仮にご主人が一時停止したことを相手方が認めており、またご主人はオートバイが転倒したとき、すでに右折を終えていたとすれば、それは少なくとも10%、おそらくは20%程度相手の過失割合を増すことになります。
そうすると、修正した過失割合は、ご主人65~75%、相手方35~25%というあたりが目安になるかもしれません。ただし、これはあくまでも質問者の説明が正しく、ご主人にその他の過失がない場合のことです。裁判になった場合は、警察の作成した実況見分調書に何が書かれているかが決定的に重要です。

3.相手への対応について
「7割でも10割でも大した違いはないから相手の言い分を認めて早く決着させよう」という考え方は危険です。相手のいいなりに責任を認めると、後から途方もない要求が出てきた場合、それから争おうとしても不利になるからです。日弁連の「交通事故相談センター」などで相談されることをおすすめします。無料ですし、「示談あっせん」という制度もあります。

ご質問のような「衝突を避けようとして起きた事故」は珍しくありません。「別冊判例タイムズ」で過失割合が示されているような典型的な事故ではありませんが、判例もあります。

1.ご主人の責任について
「急ブレーキをかけなければ衝突が避けられなかった」という状況であれば、たとえ接触していなくても、原因となった車両にも過失責任があるというのが裁判所の見解です。今回の場合、現場検証をした警官もご主人の過失を認めているので、責任はないと主張することは難しそうです。なお、相手のスピード違...続きを読む

Q一時停止中の車に自転車が・・・

説明が分かりにくいかも知れませんが宜しくお願いします。(知人の事です)
車で小路から大通りに出る際に大通りの車が途切れるのを待っていました。(完全に車は停止状態)
普通は一時停止などの標識のある場所から一気に加速して通りに合流しますよね。
ところが角地に自動販売機がたくさんあり、見通しが悪いため一時停止の所からでは歩行者を轢いてしまいます。そこで、どうしても歩道を遮る状態で車を停止して大通りの車が途切れるのを待つしかない状態でした。
すると、小学校5年生くらいの子が自転車で突っ込んできました。
幸い、その子のタイヤと車のタイヤがぶつかったので自転車も無傷、車も無傷、その子もちょっとヨロケタだけで済みました。(大丈夫?等確認したそうです)
今回は無事に済んで良かった!!
ここで質問ですが、完全に停止している車に自転車がぶつかって来て車がキズついた場合その親に修理してもらう権利はあるのでしょうか?
それとも、歩道にまたがって合流するのを待っていた彼が悪いのでしょうか?
でも、どうしても安全の為にはそこまで出ないと無理なんです。
私の別の知人も以前、同じ場所で高校生位の子に思いっきり突っ込まれて車がキズつきました。(その時はその子も倒れたけどすぐ立ち上がりすごいスピードで逃げて行った。)
今後もありそうな事ですから気になって・・・
宜しくお願いします。

説明が分かりにくいかも知れませんが宜しくお願いします。(知人の事です)
車で小路から大通りに出る際に大通りの車が途切れるのを待っていました。(完全に車は停止状態)
普通は一時停止などの標識のある場所から一気に加速して通りに合流しますよね。
ところが角地に自動販売機がたくさんあり、見通しが悪いため一時停止の所からでは歩行者を轢いてしまいます。そこで、どうしても歩道を遮る状態で車を停止して大通りの車が途切れるのを待つしかない状態でした。
すると、小学校5年生くらいの子が自転車...続きを読む

Aベストアンサー

>完全に車は停止してる

これがどのような状況かですね。

一時停止してその後ゆっくりと前進し停止してから
例えば30秒後に自転車が衝突したのであれば
自転車側に全ての過失がある言うこともできるかもしれません。

また、自転車側が余所見をしていて衝突したような場合であれば
自転車側にもある程度の過失があると思われます。

しかし、このようなことが運転者側に立証できた場合か
自転車が証言した場合以外は状況証拠により
処理されるのが通常と思われます。


ご質問の事故が停止してから2~3秒後に衝突したような場合では
自動車に過失が発生すると思います。
(見通しが悪いなどの状況は原則として加味されません)

まぁ、このような事故であれば
失礼ですが運が悪いとしか言いようがありません。

なお、自転車ではなく歩行者であった場合は
自動車側のほぼ100%の過失と思われます。

しかし、賠償問題は民事の問題ですから
#1の過失割合が全てとは限りません。

Q接触のない交通事故について

今日、母が原付バイクで走行中、横道から出てきた乗用車をよけようして、転倒し足首を負傷しました。

相手の車は 接触してないから悪くないと言って菓子折りだけ持ってきて その後の処置費用は払う気がないようです。

接触がなかったことと、相手が近所なので母は警察には届けでていないようです。
相手の人は 素直にこちらの意見を聞くようなタイプではないので、困っています。

このような場合、どうしたらいいのでしょうか?

接触事故ではないので警察に届け出ても 相手が支払
う気がなければ 自腹で治療するしかないのでしょうか?

素人なもので ご教授お願いします。

Aベストアンサー

非常に、難しい「ケース」です

>母が原付バイクで走行中、横道から出てきた乗用車をよけようして<
とお書きになってますが、ここまで行くには「過程」がなければ
今回の問題には、ならない筈ですよね?
少し、判らないのですが(例えば、一時不停止等)
ですか

>接触してないから悪くないと言って菓子折りだけ持ってきて その後の処置費用は払う気がないようです。<
「接触」が、ないので今現在は「状況証拠」であり
相手からしては「勝手に転倒した(質問者様が)」しか思ってないでしょうね
先ず・・・・
1・警察に、連絡して現場検証をして貰う

2・目撃者をに「証言」を貰う
ですね

あくまで「警察」は、事故証明等を発行してもらえますが
示談は、最終的には「当事者」同士でやるしかありません

>自腹で治療するしかないのでしょうか?<
そのような事は、ありません
先ずは相手の「非」を、認めさせるしかありません

PS 参考になるかと思い参考サイトを添付します
http://www.yokoben.or.jp/consultation/accident/mediation.html

一日も、早く質問者様が全快する事を心からお祈りします

非常に、難しい「ケース」です

>母が原付バイクで走行中、横道から出てきた乗用車をよけようして<
とお書きになってますが、ここまで行くには「過程」がなければ
今回の問題には、ならない筈ですよね?
少し、判らないのですが(例えば、一時不停止等)
ですか

>接触してないから悪くないと言って菓子折りだけ持ってきて その後の処置費用は払う気がないようです。<
「接触」が、ないので今現在は「状況証拠」であり
相手からしては「勝手に転倒した(質問者様が)」しか思ってないでしょうね
...続きを読む

Q接触のない事故

今回は皆さんに意見を拝借いたしたく質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。
簡単に説明させていただくと
お店に入ろうと右折のウィンカー出して止まっていました。
(交差点ではないです)
そして対向車がいなくなったので曲がろうと思ったら
前方から原チャがくるのが見えてすばやく止まり
待っていました。(対向車線が2車線あったのですが手前の車線で
止まっていたため奥の車線は原チャが通れるようにしてありました)
通り過ぎるのを止まってまっていたら
近づいてから現チャがこちらの止まっている車に気づいたらしく
びっくりしてすっころびました。
もちろんこちらの車には傷ひとつないです。
で、あとは車を止めて「だいじょうぶですか?」と
行ったら 絡まれました。

そして 警察を呼びましょうとお話していたら時間がないので
と断られ電話番号を聞かれその人は原チャで去っていきました。

後日電話があり原チャの人は16歳の子だったのでその子の両親からでした。
「警察に行って一通り話したので連絡あると思います」と。
で、警察に行って事情を話すと
「接触がなくても事故になる」と言われ現場検証を行うといわれました。
お互いの意見が食い違っていてもそれを調書にして上に提出して
あとは上の判断で~みたいなことを言われ人身と判断するだけが警察の仕事ですあとは保険屋さんの仕事です。と言われました。
ちなみに車は私の車ですが運転していたのは彼氏です。
車の保険はもちろん彼氏は適用になりません。
(家族限定なので)
もちろん彼氏は免許ありますが。
学生をしているので国民年金も免除してもらっているほど経済力は皆無です。
この場合やはり切符をきられるだけでは収まらないのでしょうか?
義務or善意で治療費などを払わなければいけないのでしょうか?

長くなりましたが どうか助言のほうお願いいたします!!

今回は皆さんに意見を拝借いたしたく質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。
簡単に説明させていただくと
お店に入ろうと右折のウィンカー出して止まっていました。
(交差点ではないです)
そして対向車がいなくなったので曲がろうと思ったら
前方から原チャがくるのが見えてすばやく止まり
待っていました。(対向車線が2車線あったのですが手前の車線で
止まっていたため奥の車線は原チャが通れるようにしてありました)
通り過ぎるのを止まってまっていたら
近づいてから現チャがこ...続きを読む

Aベストアンサー

誘因事故ですね。
バイクと自動車でよくある事故です。

事故状況や相手方の事故後の状況など、警察や保険会社に説明するしかありません。
実況検分を事故現場でした訳ですから、過失等は警察に任せるほかありません。その説明を保険会社の担当者にお話されれば十分です。
誘因事故は瞬時のことで、お互いの非の特定は難しいところがありますが、双方の運転を総合的に検討すれば、状況の把握ができます。
貴方の車が進行して相手車線の2車線の半分に出てくれば、直進バイクはそのまま横切ってきて衝突すると咄嗟の判断をすることもあります。車は止まるつもりで進行し止まっても、バイクにとってみれば進行を妨害してくると咄嗟に危険を感じ判断してもおかしくありません。
わずかな車の動きもお互いの一致した気持ちとならないもので、バイクは危険防止から急制動をとることがあります。

よく大通りを走行していると、脇道から大通りの車等を確認するために、車の頭を進行しながら出す場合があります。
大通りを走行している車にとっては、そのまま進行してくる驚異を感ずることもあります。

対向車線の車が無くなったのを確認して右折を開始した様ですが、右折を開始する前にさらにバイク等の対向車を確認すべきでした。
結果的にはバイクに急制動をかけさせて転倒させる運転をしてしまったと解釈されると思います。
事故はちょっとしたタイミングも不運になることもあり、より安全運転をすることが大事です。
しかし、お互いの言い分があるはずですかにら、それはそれとして説明することは間違っていないとおもいます。
人身事故になると切符ではなく、業務上過失傷害になり刑事処罰を受けるかどうかになります。
治療費や物損については、当然民事として支払い義務が発生します。
学生という立場は考慮されません。

怪我や物損が軽けれでばいいですね。

誘因事故ですね。
バイクと自動車でよくある事故です。

事故状況や相手方の事故後の状況など、警察や保険会社に説明するしかありません。
実況検分を事故現場でした訳ですから、過失等は警察に任せるほかありません。その説明を保険会社の担当者にお話されれば十分です。
誘因事故は瞬時のことで、お互いの非の特定は難しいところがありますが、双方の運転を総合的に検討すれば、状況の把握ができます。
貴方の車が進行して相手車線の2車線の半分に出てくれば、直進バイクはそのまま横切ってきて衝突する...続きを読む

Q車と自転車の事故(車が主道。自転車は一時停止無視)

昨日、私が車を運転中、自転車とぶつかってしまいました。
私が主道を走ってましたところ(時速20キロくらい)、右の脇道から自転車が飛び出してきて左に曲がってきました。つまり私の車の方に向かってきた形です。
自転車側の道は一時停止だったのですが、一時停止はしないで飛び出したので大回りをしましたので、私の車にぶつかってしまいました。交差点の2~3メートル手前です。
私はブレーキを踏んで多分止まることは出来ていたと思います。
先方は多少打撲があるようです。
この際、責任の割合は一般的にどのようになるのでしょうか?御存知の方、また経験者の方はおられますか?

Aベストアンサー

>相手が自転車だと言うことだけで、責任割合が変わることがあるようですが、現実問題として受け入れなければならないことはあるんでしょうね。

交通弱者という観点から過失割合が10%程度修正されることがあります。

昨今の不景気の影響?でしょうか、
保険会社は過失割合基準や判例などを元に
厳正に対処する傾向にあるようです。

過失割合を片方でも納得しなければ
争うしかなくなってしまいますね。

#2のお礼欄をみると
全てを保険会社に任した方がよさそうですね。

Q自転車が車にぶつかってきた。悪いのは?

同僚が事故をしました。会社までの近道をしようと、住宅街を走っていました。住宅街なのでノロノロ運転です。

路地から自転車が飛び出てきました。自転車が飛び出てきた方は車は一旦停止の標識があるところです。

高校生で学校に遅刻しようとして急いでいたか携帯を見ながら走っていたのかはさだかではありません。

同僚の車の後部座席にぶつかってきました。なので、同僚はひいたわけではありません。

警察を呼んで、高校生を病院に連れて行って、保険会社に電話して示談で終わったような事を聞きました。

同僚の車は高校生が自転車で突っ込んできたので、後部のドアはペコリと凹んでいました。

私の感覚だとひいてはいない。自転車が突っ込んできたのだから、自転車側に非がある。車の修理代は相手の親が払うべきで自分の保険で相手の医療費を払うべきではない。

と思ってしまいました。現実はどうなんでしょうか?どちらが悪いことになるんでしょうか?

Aベストアンサー

交通事故は、動いていたから過失なしにならないというわけではありません。

双方動いていても、過失がないと証明できれば過失0となります。
(実際そういう事例ありますし・・・。)

で、今回の場合、ポイントは二つ。

交差点で優先道路出ない道路を走っていたのであれば、
脇道からの飛び出しは予測対応できなくてはいけません。

それができてないと判断されたのでしょう。
(詳細の現場の状況が不明ですので憶測です。)

もう一つは、事故で起きた怪我は、
過失割合に関係なく、怪我をさせた方が加害者となります。

人命は大事ですから、最低限は保険で守りましょう。という意味だと思います。


で、そのための強制保険(自賠責)です。

今回、仮に車の過失が0でも、車にかけてある強制保険から
支払われます。
(過失割合に応じて減額はあります。また怪我の場合は最大で120万円までです。)

強制保険を使う上で、次年度の保健代が上がるなど
車側の所有者が負担を受けることはありません。

なお、自分の車の修理費用は、相手の自転車の修理費と過失割合に応じて
請求できた可能性はあります。

交通事故は、動いていたから過失なしにならないというわけではありません。

双方動いていても、過失がないと証明できれば過失0となります。
(実際そういう事例ありますし・・・。)

で、今回の場合、ポイントは二つ。

交差点で優先道路出ない道路を走っていたのであれば、
脇道からの飛び出しは予測対応できなくてはいけません。

それができてないと判断されたのでしょう。
(詳細の現場の状況が不明ですので憶測です。)

もう一つは、事故で起きた怪我は、
過失割合に関係なく、怪我をさせた方が加害者と...続きを読む

Q停車中に自転車に突っ込まれた

長文&文章が下手なので読みにくかったらすみません。

先週、県外(実家の隣県)から実家に帰省中、自転車(中二男)に突っ込まれました。
状況は、T字の道路で(Iの部分は私道です-の部分は両側に歩道のある4車線道路です。)

私はTの合流地点(歩道の手前)で一旦停止していました。(一旦停止の表札等ありません)
左折したかったので右側を向き車を見ていました。
するとドンっと音がして前を見ると男の子が歩道に自転車と共にひっくり返っていました。

私はビックリしてすぐ車から降りて「大丈夫?」と声をかけました。
男の子は「大丈夫です。ケガもない。」と言い立ち去ろうとしました。

そこで私は「えっ?」と思い車をみるとバンパーからスポイラーにかけてえぐれた状態になっていたので「ちょっと待って!」と男の子を止めました。

私・・・・・「私動いてないよね?君が突っ込んできたんだよね?」と聞きました。
男の子・・・「はい。いけると思って。」
私・・・「車に傷がついてるから警察と親御さん呼ばないと。どうする?」
男の子・・・「親呼びます。」

で、しばらくして彼の両親がきたんですが、両親がきたとたんいきなり男の子と周りの友達達(6人くらいで横並びで走行していた)が「車が動いた。」と言ってきました。

「私は絶対に動いてません。」ハッキリそう伝えると彼の両親が「子供達の言う事を信じないわけにもいかないので・・・。」といってきました。

私は子供のしたことなので,車が走行できないわけでもないのでちゃんと謝罪してくれれば大事にする気もなく穏便にすまそうと思っていたのですが、その子の態度も親の態度にも腹が立ちそんな気持ちはなくなってしまいました。

私・・・・「じゃぁ警察呼びましょう。」
親・・・「そうして下さい。その方がこの子達もスッキリすると思うし。」

そして警察を呼び、警察が車の傷と自転車のあったった箇所、彼のこけた場所などを検証した結果車が動いて自転車をひいた場合にはこんな傷にはならないと親にはっきり言ってくれました。

親はしぶしぶ、修理代は払いますと言いました。その間にも謝罪はなし。
最後に私が何か言うことあるんじゃないですか?と言うと男の子がそれはそれは憎たらしい言い方で「すみませんでした。」と言ってきました。

結局10-0で向こうが払うとなりましたが、本当に腹がったってしょうがないです。
長くなりましたがここで質問です。

車の見積もりを出す際に車を購入した車屋で見積もりをだしました。修理ももちろんそこでします。
その車屋が実家のある県なので片道約100キロほどあります。その時にかかる交通費も請求したいのですが可能でしょうか?見積もりの時もそうですが、修理する時もそこまでいかなければいけないので結構な出費になるのと、相手をとことんこらしめたいと言う気持ちもあります。

長くなりましたが宜しくお願いします。

長文&文章が下手なので読みにくかったらすみません。

先週、県外(実家の隣県)から実家に帰省中、自転車(中二男)に突っ込まれました。
状況は、T字の道路で(Iの部分は私道です-の部分は両側に歩道のある4車線道路です。)

私はTの合流地点(歩道の手前)で一旦停止していました。(一旦停止の表札等ありません)
左折したかったので右側を向き車を見ていました。
するとドンっと音がして前を見ると男の子が歩道に自転車と共にひっくり返っていました。

私はビックリしてすぐ車から降りて「大丈夫?」と...続きを読む

Aベストアンサー

請求は可能ですが、相手がそれに従うかどうかは別問題です

通常は、正規の修理見積もりまでが相手の賠償責任の範囲です
わざわざ100kmも離れたところに行って見積もりしてもらったり修理する交通費の実費分は、賠償責任から逸脱しています

その車の最寄の正規ディーラーが、そこしかないというのなら要相談でしょう

質問者さんが、不服なら司法の判断を仰いで決着つけるしかないでしょう

まず勝てないと思いますが、万が一勝てたとしても時間とコストで割りに合いません


人気Q&Aランキング