「ハンニバル」の小説の表紙の絵って切られた自分の首を持って歩く男の絵だったと思うんですが、その絵については、たしか小説には出てこないですよね。
その絵は実話を元にした有名な絵だと思うのですが、どんなエピソードの絵かわかりますでしょうか?
または、その絵がハンニバルとどういう関係があるのかわかる方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

小説の中のレクターが住むカッポーニ宮の場所を説明するくだりで、サン・ミニアートの伝説(自分の首を持って歩いた)が語られています。

表紙の絵はきっとサン・ミニアートを描いたものだと思います。カッポーニ宮は、昔、サン・ミニアートが首を持って歩いたと言われる道沿いにある、とかなんとかと言う内容だったと思います。
サン・ミニアート伝説は小説の中でも触れられていますが、250年頃、ローマ帝国デキウス帝による迫害時代に断首されました。彼は打ち落とされた自分の首を拾い上げ、フィレンツェ闘技場からアルノ川を渡り、埋葬して欲しいと望んでいた丘へ登っていったと言われています。その後、その丘の上にはサン・ミニアート聖堂が建てられました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

半ばあきらめていたのですが、お答え頂き嬉しいです。感謝致します。
どこかで見た絵だなあ、ていうことで、ただすごく気になってしまっていました。
たしか内容が自分の首を持って歩くという恐ろしい内容だけになんだか忘れられない絵です。
その話、小説の中に出てくるんですね・・・。すいませんです。一回ちゃんと読んでみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/20 04:03

見つけましたよ!!


「カバーに使用した絵はグスタフ・ドレという画家が19世紀に発表した‘Dante's Divine Comedy(ダンテの『神曲』)’という画集の表紙となっている線画で、新潮社装丁室に依頼してCGでバックを作ったものです。世界で唯一のデザインということになると思います。」
新潮社の担当編集者さんが映画のbbsに書きこんでましたから、確かでしょう。
(あなたが尋ねられたのでしたら今ごろ間抜けな回答ですけど…)ちゃんとレクターが講義するダンテとかけてるんですね、凝ってるなー。

参考URL:http://www.hannibal.ne.jp/bbs_f.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

尋ねたのは私ではありません。しかし、凝ってるんですねぇ。
こんなサイトがあったんですね。すごく面白いです!
もやもやがすっきりしましたー。ありがとうございました!!!

お礼日時:2001/05/01 15:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外絵画販売協力には古物商必要?

絵画(自分意外のもの)を海外のサイトで販売するには古物商の許可が必要ですか?

絵画の持ち主→自分(英文作成、画像添付等)→ebay等の海外サイトで販売

売れたら数%手数料として頂く。

この場合古物商許可は必要となりますか?

Aベストアンサー

形としては、委託販売になるので、必要になるでしょう。

Q「ヤバイ経済学」という本の表紙に載っている絵って何を意味しているのでしょうか?

「ヤバイ経済学」という本の表紙に載っている絵って何を意味しているのでしょうか?

レモンみたいなかんきつ類の絵です。

知っている方いたら教えてください。

Aベストアンサー

この本は、世の中の色んな出来事の裏側にあるヒミツを、経済学的手法で(でも難しい用語や数式などを使わずに)暴いてしまうという、売れただけあってなかなかおもしろい本です。
お尋ねのカバー写真は、「一見リンゴに見えるけど、切ってみると実は…」という、この本のテーマを象徴的にあらわした物だと思います。

Qあの印象派の絵画は?

以前テレビで見かけた、ある絵画の情報を探しています。

絵画の内容は、代表的な印象派の画家が一同に会して座っていて、左の台の
上には日本製の壺とギリシャの女神像が置いてあり、一同がそちらを向いて
いるというものです。自分達はこの二つを美の規範とするという意味が込め
られているそうです。

作者・題名・収蔵先・画像リンク等をご存じの方、情報をいただけましたら
幸いです。

Aベストアンサー

『バティニョル街のアトリエ』(1870年) 画:アンリ・ファンタン=ラトゥール

絵に関して
http://suesue201.blog64.fc2.com/page-47.html
http://www.geocities.jp/yoshipa83/page7/millet.p7.html

画家に関して
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%83%A9%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%AB
http://www.salvastyle.com/menu_impressionism/latourf.html

詳しく書かれている本
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/isbn/9784121020529

Q薔薇頭でマンドリンを弾いている表紙絵の本

 今から15年ほど前に高校の図書館で、頭部(顔)が薔薇(薔薇っぽい花)でマンドリンを立ちながら弾いている表紙絵の小説を見ました。卒業してからずっとその本のことが気になっていていろいろ探したのですがわからず現在に至ります>< どなたかこの表紙絵の小説(たしか小説っぽい系統)の題名ご存知の方教えてください。本の表紙の中央に薔薇の頭をした人がマンドリンを弾いているちょっと不思議な絵の本です。新書版か文庫サイズだったと思います。よろしくお願いしますm。。m

Aベストアンサー

こんにちは。

ご質問の作品は中井英夫の「虚無への供物」ではないでしょうか?
青い薔薇が頭部で琵琶を持っている人物(?)が表紙です。
ただし、私が見たのは文庫本ですので高校の図書館にはなさそうな気もします。もしかしたら単行本で出版されていてそれが同様の表紙だったのかも知れませんね。

講談社文庫がこの表紙ですので、Amazonあたりで調べたらすぐに見つかると思います。

Q大きな絵画(230cmサイズ)を発送可能な業者を探してます

大きな絵画(230cmサイズ)を発送可能な業者を探してます

ネットで調べると、どの業者も170cm以下の取扱いが限度です。
3辺の合計が230cmの絵画を発送してくれる業者がありましたら
教えて下さい。

Aベストアンサー

ヤマトの美術便は、表にあるのは200cmまでですが、その他のサイズはお問い合わせ下さいとありますから、取り扱ってはくれるでしょう。
http://www.kuronekoyamato.co.jp/bijutsu/bijutsu.html

Q高畠華宵の『馬賊の唄』のカラー表紙(少年が白馬に頬を寄せている絵)がよ

高畠華宵の『馬賊の唄』のカラー表紙(少年が白馬に頬を寄せている絵)がよくWebで華宵を説明するときに引き合いに出されていて印象的ですが、あれの元がどの雑誌の何号に掲載されたか、ということを御存知のかたはいらっしゃいませんでしょうか。
『日本少年』の表紙だったのですか? 口絵ですか? あるいは単行本? 販促ポスター?
出版当時の人は、あの絵をどの形態で眼にしたのでしょうか。
よろしくお願いします……

Aベストアンサー

どうやら雑誌「日本少年」1929年(昭和4年)の口絵だったやうです。
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-mikmu/tokubetsuten01.html

Q絵画オークションや転売について

絵画を描く、鑑賞する、などが好きで、しだいにコレクターになっていき、オークションや画廊・画商などから、コツコツと買いためてきた絵画を楽天オークションに主に出品しているのですが、これは転売だ! と、大手の老舗画廊の方に叱られてしまいました。

勿論、自分のお気に入りの絵画は手放してはいないです。

転売というのは何か問題があるのでしょうか?

私は転売の利益で更に自分の好きな絵画を求めているのですが。

そもそも、画廊・画商さん達も、ある意味、転売しているのではないのかな? と、個人的には思うのです。


画廊・画商さん側が大手の専門オークションや、資産家から買い取った絵画の入手価格などを調べてみました(その画廊・画商さんによりますが)。すると、現価価格の約8~10倍で売っていることが判りました。

値段は相場で画廊・画商さん達が上下させておられるのでしょうが、他の経路で、例えば、描いた画家から直接の取り引きで、その絵画が売れた場合、画廊・画商さん側の取り分が7~8で、画家の取り分が2~3くらいということも、知り合いの画家さんから訊きました。

画廊・画商さんというのは、何か特別な特権のようなものがあるのですか?

自分の買ったモノをどうしようとも、本人の自由なのではないでしょうか?

描いた画家さんに言われるのなら納得できますが、ある意味、自分らも転売的な商売をしている画廊・画商さん達に口出しされるのには、どうにも納得できません。


このような絵画オークションや、仕組みについて詳しい方、教えてください。

一番知りたいのは、転売は罪なのですか? ということです。


お願いします。

絵画を描く、鑑賞する、などが好きで、しだいにコレクターになっていき、オークションや画廊・画商などから、コツコツと買いためてきた絵画を楽天オークションに主に出品しているのですが、これは転売だ! と、大手の老舗画廊の方に叱られてしまいました。

勿論、自分のお気に入りの絵画は手放してはいないです。

転売というのは何か問題があるのでしょうか?

私は転売の利益で更に自分の好きな絵画を求めているのですが。

そもそも、画廊・画商さん達も、ある意味、転売しているのではないのかな? ...続きを読む

Aベストアンサー

>>一番知りたいのは、転売は罪なのですか? ということです。

転売が罪なら、絵画以外でも多くの商品が転売であるオークション出品者が犯罪人になってしまいますね。
そもそも、小売業っていうのは、卸屋とかメーカから買って、利益を乗せて消費者に転売しています。
なので、デパートやスーパや個人商店のほとんど、自家製の惣菜などを売っているお店をのぞいて、すべてが犯罪を犯しているってことになります。

ヤフオクがヤフーオークションで、すべて無料だったころ、同じように、「俺から落札した商品を、再度オークションに出して転売するな!!」というクレームが複数の出品者から出たことがありました。当初は、「オークションでの転売は悪いこと」という意見が優勢を占めた気がするのですけど、「それなら、小売業はどうなんだ、みんな転売じゃあないか!落札した商品をどうしようが、落札者の勝手だろう!」という反論が出て、一気に形勢逆転して「オークションで落札したものの転売はOK!」というところに落ち着いたと記憶しています。

たぶん、絵画業者は、一般客に高い値段で売っているため、オークションに出されると、その絵画(画家)の作品相場が広く知られてしまうことになるから、商売的に大迷惑ってことで文句を言っているのでしょう。

私の購入した作品は、購入前には何も言わず、購入後の作品添付の書類に「オークションに出すのは禁止する」なんて文章が入っていたと思います。(その文章を律儀に守る必要は無いと思うのですけど)
その後、引越しのとき、大きくてじゃまになったので処分しようと絵画の業者に連絡したら、作者名を聞いたあと「買取価格は、額縁代程度です。好きで買われたんでしょう?そのまま持っていらっしゃれば?」なんて言われてしまいました。

たぶん、オークションに出せば、額縁代以上で売れるとは思うのですけど、それでも、購入価格の1/20以下になりそうですので、画商や作者にとっては迷惑なんでしょうね。

>>一番知りたいのは、転売は罪なのですか? ということです。

転売が罪なら、絵画以外でも多くの商品が転売であるオークション出品者が犯罪人になってしまいますね。
そもそも、小売業っていうのは、卸屋とかメーカから買って、利益を乗せて消費者に転売しています。
なので、デパートやスーパや個人商店のほとんど、自家製の惣菜などを売っているお店をのぞいて、すべてが犯罪を犯しているってことになります。

ヤフオクがヤフーオークションで、すべて無料だったころ、同じように、「俺から落札した商品を、再...続きを読む

Q『本格小説』(水村美苗/2002/新潮社)で東太郎と冬絵はどちらがウソを付いていますか?

※ネタバレになるので未読の方は絶対にご覧になさらないでください。
登場人物の行動に対する疑問です。東太郎と冬絵はどちらがウソを付いていますか?

(上)p80で東は、イタリア系秘書のシンディと出来上がっちゃっているような描写がなされています。
一方でよう子に対して、
(下)p244-255

-でも恋人はいたでしょう?
-いいや。
-いなかってっていうの?
-いなかった。
-一人も?
一度細めた目を段々と見開いていっています。
-一人も。

という受け答えをしています。
よう子に対する受け答えが本当ならば、シンディなどの恋人を持たなかったということを意味することをだけでなく、富美子(後述)とも恋仲になっていなかった事を意味します。

ところが、冬絵は冬絵で、
(下)p380

「あなたね、フミ子さんが太郎ちゃんと関係をもっていたというのはお聞きになってらっしゃらないでしょう」
」(以下、具体的説明に入る)
と傍観者である加藤祐介に吹き込んでいます。
(下)p381

冬絵の口から出てきた言葉には驚かされたが、一度それを耳にしてしまえば、冬絵のその言葉が真実であるのを疑うことはできなかった。

などと少なくとも加藤祐介に疑念を抱かせることに成功しています。


そこで質問です。東太郎と冬絵はどちらがウソを付いていますか?
私は両方嘘つきで、東太郎は行き当たりばったり、冬絵は毒を吹き込むのが好きで加藤祐介にウソを吹き込んだのだと思っていますが、誤読でしょうか?

※ネタバレになるので未読の方は絶対にご覧になさらないでください。
登場人物の行動に対する疑問です。東太郎と冬絵はどちらがウソを付いていますか?

(上)p80で東は、イタリア系秘書のシンディと出来上がっちゃっているような描写がなされています。
一方でよう子に対して、
(下)p244-255

-でも恋人はいたでしょう?
-いいや。
-いなかってっていうの?
-いなかった。
-一人も?
一度細めた目を段々と見開いていっています。
-一人も。

という受け答えをしています。
よう子に...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは

シンディとの関係は、恋人というより、
単なる、現地での遊び相手、という気がします。
ダンスパーティでも、半ば、自暴自棄で踊ってますよね。
終わった後は、秘書達の固まっているところにシンディを
置いて、自分は背を向けて戻ってきています。

フミ子との関係は、私は本当だったように思います。
狭いアパートで、19歳と29歳の男女が同棲すれば、
それはあり得ることでしょう。でも、最後までフミ子は太郎に
表だった恋愛感情を示すことはなく、あくまで、よう子と太郎の
後見人のような立場を貫きますよね。
太郎も、フミ子には、姉のような、母のような愛情を示しています。
そして最後には、自分の不動産までフミ子に贈与していますね。
そこには、恋愛感情ではない、もっと深い、他人には分からない
何かお互いの根底に流れる信頼感のようなものを感じます。
ただ、フミ子の中には、大人になった逞しい太郎に惹かれる
女としての側面もあったのでは、とは思います。
祐介が泊まった時に、唐突に流した涙は、
恋愛に発展させてはならない自分の心情があふれてしまったのかなぁ、とも思いました。

冬絵が、第三者で部外者の祐介に、フミ子との関係を話したのは、
幸せな家庭に生まれながら、純粋な恋愛には縁が薄かった自分の、
フミ子に対するある種、羨ましい心情を、つい吐露したのだと思いたいですね。
これが、フミ子のたくらみのようには感じたくないのが本当のところです。

昭和の香りがぷんぷん匂う本格小説でしたね。

参考までに書いてみました。

こんばんは

シンディとの関係は、恋人というより、
単なる、現地での遊び相手、という気がします。
ダンスパーティでも、半ば、自暴自棄で踊ってますよね。
終わった後は、秘書達の固まっているところにシンディを
置いて、自分は背を向けて戻ってきています。

フミ子との関係は、私は本当だったように思います。
狭いアパートで、19歳と29歳の男女が同棲すれば、
それはあり得ることでしょう。でも、最後までフミ子は太郎に
表だった恋愛感情を示すことはなく、あくまで、よう子と太郎の
後見人の...続きを読む

Q絵画ですが、刺繍でできてます。こういうのはなに画と呼ばれるのですか?また絵画の販売ですが、鑑定書が無

絵画ですが、刺繍でできてます。こういうのはなに画と呼ばれるのですか?また絵画の販売ですが、鑑定書が無ければ不可能でしようか?
売るなら何処のうるのがよいですか?
ご存知の方宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

>なんか聞くとこに寄りますとgoblins織と言うのは、確からしいのですが。

色や額装から、もしかするとそうではないかとも思っていました。ゴブラン織りならもちろん「織物」で、刺繍ではありません。
プチポワンでこの大きさの図柄では、そう簡単に買えるものではないです。
フランスが発祥ですが、本物かどうかわかりませんので、「西洋アンティーク」のほかに、「ゴブラン織りタペストリー 買い取り」でも検索してみて下さい。

ゴブラン織り
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E7%B9%94

Q「南総里見八犬伝」の本で、表紙がまんがっぽいもの。

題名は、うろ覚えですが「南総里見」はなかったと思います。でも「南総里見
八犬伝」をもとに書かれている小説です。表紙はまんがっぽくて、「信」とか
「孝」とかの文字のかわりに、変わった文字を使ってありました。どなたか
この本について教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

自信はありませんが、電撃文庫の「聖・八犬伝」ではないでしょうか?
作者は「鳥海永行」、発行は「メディアワークス」、発売は「主婦の友社」
5巻まで発行されたようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報