「ハンニバル」の小説の表紙の絵って切られた自分の首を持って歩く男の絵だったと思うんですが、その絵については、たしか小説には出てこないですよね。
その絵は実話を元にした有名な絵だと思うのですが、どんなエピソードの絵かわかりますでしょうか?
または、その絵がハンニバルとどういう関係があるのかわかる方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

小説の中のレクターが住むカッポーニ宮の場所を説明するくだりで、サン・ミニアートの伝説(自分の首を持って歩いた)が語られています。

表紙の絵はきっとサン・ミニアートを描いたものだと思います。カッポーニ宮は、昔、サン・ミニアートが首を持って歩いたと言われる道沿いにある、とかなんとかと言う内容だったと思います。
サン・ミニアート伝説は小説の中でも触れられていますが、250年頃、ローマ帝国デキウス帝による迫害時代に断首されました。彼は打ち落とされた自分の首を拾い上げ、フィレンツェ闘技場からアルノ川を渡り、埋葬して欲しいと望んでいた丘へ登っていったと言われています。その後、その丘の上にはサン・ミニアート聖堂が建てられました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

半ばあきらめていたのですが、お答え頂き嬉しいです。感謝致します。
どこかで見た絵だなあ、ていうことで、ただすごく気になってしまっていました。
たしか内容が自分の首を持って歩くという恐ろしい内容だけになんだか忘れられない絵です。
その話、小説の中に出てくるんですね・・・。すいませんです。一回ちゃんと読んでみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/20 04:03

見つけましたよ!!


「カバーに使用した絵はグスタフ・ドレという画家が19世紀に発表した‘Dante's Divine Comedy(ダンテの『神曲』)’という画集の表紙となっている線画で、新潮社装丁室に依頼してCGでバックを作ったものです。世界で唯一のデザインということになると思います。」
新潮社の担当編集者さんが映画のbbsに書きこんでましたから、確かでしょう。
(あなたが尋ねられたのでしたら今ごろ間抜けな回答ですけど…)ちゃんとレクターが講義するダンテとかけてるんですね、凝ってるなー。

参考URL:http://www.hannibal.ne.jp/bbs_f.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

尋ねたのは私ではありません。しかし、凝ってるんですねぇ。
こんなサイトがあったんですね。すごく面白いです!
もやもやがすっきりしましたー。ありがとうございました!!!

お礼日時:2001/05/01 15:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外絵画販売協力には古物商必要?

絵画(自分意外のもの)を海外のサイトで販売するには古物商の許可が必要ですか?

絵画の持ち主→自分(英文作成、画像添付等)→ebay等の海外サイトで販売

売れたら数%手数料として頂く。

この場合古物商許可は必要となりますか?

Aベストアンサー

形としては、委託販売になるので、必要になるでしょう。

Q「ヤバイ経済学」という本の表紙に載っている絵って何を意味しているのでしょうか?

「ヤバイ経済学」という本の表紙に載っている絵って何を意味しているのでしょうか?

レモンみたいなかんきつ類の絵です。

知っている方いたら教えてください。

Aベストアンサー

この本は、世の中の色んな出来事の裏側にあるヒミツを、経済学的手法で(でも難しい用語や数式などを使わずに)暴いてしまうという、売れただけあってなかなかおもしろい本です。
お尋ねのカバー写真は、「一見リンゴに見えるけど、切ってみると実は…」という、この本のテーマを象徴的にあらわした物だと思います。

Q委託販売の詐欺で売られた絵画を取り戻したい

父が、約半年前に、画廊で知り合った画商と名乗る人を信用してしまい、
絵画を2点、委託販売してもらいました。

今年に入り、絵画が売れたと連絡があり入金を待っていたのですが
期限までに振り込まれず、連絡も取れなくなりました。

その画商と名乗る人は、某百貨店(百貨店名は聞いています)に
委託販売してもらったと言っていました。

父が、知り合いの画商さんにその話をすると、その画商さんも同じ手口で
引っかかったと話していたそうです。

その詐欺の画商とは、当時、絵画の預り証およびパスポートのコピーをもらいました。

まだ、被害届は出していない状況です。

これから、被害届を出すつもりですが、
もし、百貨店で売却先の人物が特定できたら
絵画は父の手元に帰ってくるのでしょうか?

本人同士の問題として、百貨店には問えないのでしょうか?


被害総額は、およそ500万円くらいです。

どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

警察を介せば購入者の情報を聞けるでしょうが、個人では個人情報保護法に引っかかりますので教えてくれないでしょう。

また、仮に詐欺罪で画商を立件できたとしても、既に売却されてしまったあとでは返却してもらう事はできません。

まだ買い手が付かない状況であれば、百貨店に絵画を返却してもらい、百貨店側は掛かった経費などを慰謝料として画商に請求することができました。
しかし、どのような経緯であれ第3者が購入してしまった場合、その第3者にはお父様と画商の都合は関係ありません。
お父様と画商との間の預かり契約には百貨店は絡んでおらず、百貨店も購入者も正規の手続きを踏んで売買しています。

しかも今回の件は絵画そのものの販売に関する詐欺ではありません。
販売された後の、お父様と画商との間の支払い問題に関するものなので、その前に正規に販売されてしまった絵画に関しては詐欺とは無関係ということになると思われます。

よって、手元に戻すためには購入者が購入した額がそれ以上の金額で買い戻すしかありません。

画商を特定し、詐欺を立証することができれば、買い戻し金額分を賠償請求することもできるかもしれませんが、上限額がある上に絵画の買い戻しは詐欺そのものと関係ないので、購入者に売る意思が無ければ不可能です。

まずは被害届を出して警察と相談しましょう。
仮に購入者がさらに転売してしまったら、もっと面倒になりますよ。

警察を介せば購入者の情報を聞けるでしょうが、個人では個人情報保護法に引っかかりますので教えてくれないでしょう。

また、仮に詐欺罪で画商を立件できたとしても、既に売却されてしまったあとでは返却してもらう事はできません。

まだ買い手が付かない状況であれば、百貨店に絵画を返却してもらい、百貨店側は掛かった経費などを慰謝料として画商に請求することができました。
しかし、どのような経緯であれ第3者が購入してしまった場合、その第3者にはお父様と画商の都合は関係ありません。
お父様と画商と...続きを読む

Q薔薇頭でマンドリンを弾いている表紙絵の本

 今から15年ほど前に高校の図書館で、頭部(顔)が薔薇(薔薇っぽい花)でマンドリンを立ちながら弾いている表紙絵の小説を見ました。卒業してからずっとその本のことが気になっていていろいろ探したのですがわからず現在に至ります>< どなたかこの表紙絵の小説(たしか小説っぽい系統)の題名ご存知の方教えてください。本の表紙の中央に薔薇の頭をした人がマンドリンを弾いているちょっと不思議な絵の本です。新書版か文庫サイズだったと思います。よろしくお願いしますm。。m

Aベストアンサー

こんにちは。

ご質問の作品は中井英夫の「虚無への供物」ではないでしょうか?
青い薔薇が頭部で琵琶を持っている人物(?)が表紙です。
ただし、私が見たのは文庫本ですので高校の図書館にはなさそうな気もします。もしかしたら単行本で出版されていてそれが同様の表紙だったのかも知れませんね。

講談社文庫がこの表紙ですので、Amazonあたりで調べたらすぐに見つかると思います。

Q絵画ですが、刺繍でできてます。こういうのはなに画と呼ばれるのですか?また絵画の販売ですが、鑑定書が無

絵画ですが、刺繍でできてます。こういうのはなに画と呼ばれるのですか?また絵画の販売ですが、鑑定書が無ければ不可能でしようか?
売るなら何処のうるのがよいですか?
ご存知の方宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

>なんか聞くとこに寄りますとgoblins織と言うのは、確からしいのですが。

色や額装から、もしかするとそうではないかとも思っていました。ゴブラン織りならもちろん「織物」で、刺繍ではありません。
プチポワンでこの大きさの図柄では、そう簡単に買えるものではないです。
フランスが発祥ですが、本物かどうかわかりませんので、「西洋アンティーク」のほかに、「ゴブラン織りタペストリー 買い取り」でも検索してみて下さい。

ゴブラン織り
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E7%B9%94

Q高畠華宵の『馬賊の唄』のカラー表紙(少年が白馬に頬を寄せている絵)がよ

高畠華宵の『馬賊の唄』のカラー表紙(少年が白馬に頬を寄せている絵)がよくWebで華宵を説明するときに引き合いに出されていて印象的ですが、あれの元がどの雑誌の何号に掲載されたか、ということを御存知のかたはいらっしゃいませんでしょうか。
『日本少年』の表紙だったのですか? 口絵ですか? あるいは単行本? 販促ポスター?
出版当時の人は、あの絵をどの形態で眼にしたのでしょうか。
よろしくお願いします……

Aベストアンサー

どうやら雑誌「日本少年」1929年(昭和4年)の口絵だったやうです。
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-mikmu/tokubetsuten01.html

Q絵画の販売方法

絵画の販売方法や販売ルートについて詳しく知りたいです。どのような販売方法が一般的なのか。どのような企業があるのかなど、詳しく教えていただきたいです。
解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人が買う場合画廊か、直接作家から、金融商品としてマネジメント会社で買う(日本ならSBIアートとか)、サザビーズとか、クリスティーズといったオークションで入札する、アートフェアで買う等のルートが有ります。
このうち、作家が所属する画廊から、若しくは作家から買う場合のマーケットの事をプライマリ、オークションとか第三者が仲介する市場の事をセカンダリと言います。また依頼されてから作る作品の事をコミッションワークと呼びます。

美術館が新しい作家の作品を買う場合は、作家が所属する画廊に仲介を依頼することや、ギャラリストが美術館に売り込みに行くことが多いです。国立等の大きい美術館の場合買いたい作家を含めたグループショーをやってから、その作品を買うという様な手続きをとります。つまり展示会場で、買うに値する作品かどうか判断する訳ですね。

ちなみに画廊と作家の取り分は新人の場合1:1で、制作費は作家持ち運送費や会場費は画廊持ちの事が多いです。有名に成って売れるほど画廊の取り分は減って行く事が多く、有名作家なら、7:3位の場合も有ります

Q『本格小説』(水村美苗/2002/新潮社)で東太郎と冬絵はどちらがウソを付いていますか?

※ネタバレになるので未読の方は絶対にご覧になさらないでください。
登場人物の行動に対する疑問です。東太郎と冬絵はどちらがウソを付いていますか?

(上)p80で東は、イタリア系秘書のシンディと出来上がっちゃっているような描写がなされています。
一方でよう子に対して、
(下)p244-255

-でも恋人はいたでしょう?
-いいや。
-いなかってっていうの?
-いなかった。
-一人も?
一度細めた目を段々と見開いていっています。
-一人も。

という受け答えをしています。
よう子に対する受け答えが本当ならば、シンディなどの恋人を持たなかったということを意味することをだけでなく、富美子(後述)とも恋仲になっていなかった事を意味します。

ところが、冬絵は冬絵で、
(下)p380

「あなたね、フミ子さんが太郎ちゃんと関係をもっていたというのはお聞きになってらっしゃらないでしょう」
」(以下、具体的説明に入る)
と傍観者である加藤祐介に吹き込んでいます。
(下)p381

冬絵の口から出てきた言葉には驚かされたが、一度それを耳にしてしまえば、冬絵のその言葉が真実であるのを疑うことはできなかった。

などと少なくとも加藤祐介に疑念を抱かせることに成功しています。


そこで質問です。東太郎と冬絵はどちらがウソを付いていますか?
私は両方嘘つきで、東太郎は行き当たりばったり、冬絵は毒を吹き込むのが好きで加藤祐介にウソを吹き込んだのだと思っていますが、誤読でしょうか?

※ネタバレになるので未読の方は絶対にご覧になさらないでください。
登場人物の行動に対する疑問です。東太郎と冬絵はどちらがウソを付いていますか?

(上)p80で東は、イタリア系秘書のシンディと出来上がっちゃっているような描写がなされています。
一方でよう子に対して、
(下)p244-255

-でも恋人はいたでしょう?
-いいや。
-いなかってっていうの?
-いなかった。
-一人も?
一度細めた目を段々と見開いていっています。
-一人も。

という受け答えをしています。
よう子に...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは

シンディとの関係は、恋人というより、
単なる、現地での遊び相手、という気がします。
ダンスパーティでも、半ば、自暴自棄で踊ってますよね。
終わった後は、秘書達の固まっているところにシンディを
置いて、自分は背を向けて戻ってきています。

フミ子との関係は、私は本当だったように思います。
狭いアパートで、19歳と29歳の男女が同棲すれば、
それはあり得ることでしょう。でも、最後までフミ子は太郎に
表だった恋愛感情を示すことはなく、あくまで、よう子と太郎の
後見人のような立場を貫きますよね。
太郎も、フミ子には、姉のような、母のような愛情を示しています。
そして最後には、自分の不動産までフミ子に贈与していますね。
そこには、恋愛感情ではない、もっと深い、他人には分からない
何かお互いの根底に流れる信頼感のようなものを感じます。
ただ、フミ子の中には、大人になった逞しい太郎に惹かれる
女としての側面もあったのでは、とは思います。
祐介が泊まった時に、唐突に流した涙は、
恋愛に発展させてはならない自分の心情があふれてしまったのかなぁ、とも思いました。

冬絵が、第三者で部外者の祐介に、フミ子との関係を話したのは、
幸せな家庭に生まれながら、純粋な恋愛には縁が薄かった自分の、
フミ子に対するある種、羨ましい心情を、つい吐露したのだと思いたいですね。
これが、フミ子のたくらみのようには感じたくないのが本当のところです。

昭和の香りがぷんぷん匂う本格小説でしたね。

参考までに書いてみました。

こんばんは

シンディとの関係は、恋人というより、
単なる、現地での遊び相手、という気がします。
ダンスパーティでも、半ば、自暴自棄で踊ってますよね。
終わった後は、秘書達の固まっているところにシンディを
置いて、自分は背を向けて戻ってきています。

フミ子との関係は、私は本当だったように思います。
狭いアパートで、19歳と29歳の男女が同棲すれば、
それはあり得ることでしょう。でも、最後までフミ子は太郎に
表だった恋愛感情を示すことはなく、あくまで、よう子と太郎の
後見人の...続きを読む

Q大阪の難波でポストカードを配って絵画を販売している

人がいるのを知っている人いますか?
先日友人が90万円の絵画をローン組まされて購入してました。
一応画家も絵画も本物で保証書等あるらしいのですが、どうなので

しょうか?あそこは何か昔からあって怪しいと思ってた所なんですがあそこの絵画は本物なのでしょうか?

Aベストアンサー

キャッチセールスまがいの奴ですね。
こういう絵画販売は一時期問題になり、規制が厳しくなりました。その後は強引なものは減ったようですが、日本橋や千日前ではまだ店がありますね。

>あそこの絵画は本物なのでしょうか?

どういう説明を受けましたか?
最近はそういう業者のところに出向いたことは無いのですが、だいたいは印刷物のはずですよ。
機械で印刷しているのです。普通のポスターよりもインクもいいし紙もいいのですが・・・・。
絵の下に鉛筆で28/300などと数字が振っていませんか?最初の数字が何枚目に刷られたかという通し番号。後の数字が全部で何枚印刷したかという数です。

浮世絵版画などは版画そのものが「本物」ということになります。その意味では本物です。しかし、作者自身が筆で描いたものではありません。

>90万円の絵画をローン組まされて購入

後から考えて失敗したと思っているのでしょうか?強引な販売をされましたか?
8日以内ならクーリングオフが効くと思うのですが、相手の店舗に出向いているから無理なのかな・・・・。
90万円って、すごく高い絵だと思います。版画だとしたら超高額です。でも、自分が納得して購入したなら、その値段の価値があると思うならいいと思うんですよ。
でも、後から値段が上がるとか、無理な(長期の)ローンを組まされたというなら問題です。本物と言っても大量に摺られることの多い印刷物(版画?)です。一点ものではないので後から値段が上がることは少ないでしょう。

批判的なサイトですが、ココが詳しいです。
http://sekichiku.freehosting.net/candy_nise01.htm

キャッチセールスまがいの奴ですね。
こういう絵画販売は一時期問題になり、規制が厳しくなりました。その後は強引なものは減ったようですが、日本橋や千日前ではまだ店がありますね。

>あそこの絵画は本物なのでしょうか?

どういう説明を受けましたか?
最近はそういう業者のところに出向いたことは無いのですが、だいたいは印刷物のはずですよ。
機械で印刷しているのです。普通のポスターよりもインクもいいし紙もいいのですが・・・・。
絵の下に鉛筆で28/300などと数字が振っていませんか?最初の...続きを読む

Q個展をしたいと思っているんですが、大半の絵が売りたくはないんです。ただ、その時に見てくださるだけでい

個展をしたいと思っているんですが、大半の絵が売りたくはないんです。ただ、その時に見てくださるだけでいいんです。

そういうのは貸し画廊の方に言ったらOKしてくれるんですかね?

Aベストアンサー

okですよー。
大半と言わず、全部でも可能なはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報