『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ブライトクランクのCDが少ない理由は?
私はモノラルをステレオにしたブライトクランクのCDが好きなのですが
ブライトクランクのCDはフルトヴェングラーのベートーヴェン、ブラームス、チャイコフスキーの交響曲などだけであまり多くありません。

私はフルトヴェングラーのトリスタンとイゾルデ全曲やマイスタージンガー全曲や指輪全曲などモノラルではなくブライトクランクで聞きたいです。
カンテッリやトスカニーニのメンデルスゾーン「イタリア」も名演なのでブライトクランクで聞きたいです。
ブライトクランクのCDが少ない理由は何なのでしょうか?


(※ブライトクランクとは、エレクトローラ社が開発した、モノラル音源を電気的にステレオ化する技術のことであり、聴感は広がりと臨場感を増す)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

レコード会社の人間ではないので実際のところは分かりませんが、自分の考えるところでは。



クラシックファンはオーディオマニアを兼ねる人が多く、オーディオマニアは可能な限り音源に忠実な再生を望みブライトクランクのような編集を嫌うからではないでしょうか?

フルトヴェングラーのブライトクランク物は確かに複数リリースされていますが、これは特別でしょう。
特別という意味は、もともとフルトヴェングラーの録音は人気が高く、出せば売れる状態なのでレコード会社も冒険がしやすいのと、同じ録音が何度もリリースされる中で付加価値をつける必要があり、その一つの手段としてブライトクランク盤があると。
ようは昔のゴールドディスクとか今のSHM-CDなんかと同じようなものかと。

カンテッリ、トスカニーニのイタリアは確かに名演ですが、正直、フルトヴェングラーのベートーヴェン、ブラームス、チャイコフスキーの交響曲といった売れ線に比べれば期待される販売数は圧倒的に少なく、レコード会社の営業的にはわざわざ余分な手間、コストのかかることはしようとは思わないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきましてどうもありがとうございます。

なるほど、ブライトクランクのCDが少ない理由がかなり理解できました。

確かに、クラシックファンの人は上級者になるほどモノラルのままでも満足できる人が多いようですね。

ただ一方で、クラシックファンは上級者ほど割高な国内盤ではなく割安な輸入盤を買いますから
輸入盤に対抗するための付加価値として国内盤でブライトクランクのCDが増えてくれるとありがたいのですが。

実際、フルトヴェングラーのブライトクランクのブラームス交響曲全集(国内盤のみ)は日本側の要請でモノラル音源がブライトクランク化されたそうですから。
http://furtoroor.exblog.jp/4245246/

また、現在クラシックのCDはSACD(スーパーオーディオCD)に移行していますが、モノラル音源のCDをSACD化しても仕方ないと思うので
「今後付加価値をつけるためにモノラルをブライトクランク化したCDが発売される可能性はあるかな?」
と希望的観測ですが少し思ったりします。

ただ、カンテッリやトスカニーニの場合は販売数が圧倒的に少ないとなると無理そうですね。

お礼日時:2010/10/25 17:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカラヤンの第九について…

カラヤンの第九の音源はたくさんあると思うのですが、皆さんどれがいい一番いいと思いますか?意見が聴きたいので主観的な意見全然OKです。

Aベストアンサー

私が聴いた演奏では、
1962年盤・・・イエスキリスト教会での録音のせいもあるためか、ステンドグラスのような輝きをもったサウンドが印象的です。ベートーヴェンによる第一楽章の指定テンポに付属されたマエストーソ(荘厳に)という言葉が一番ぴったりくる演奏ではないでしょうか。圧倒的な推進力を持って不滅の名曲が演奏されていきます。

1977年(DVDによるライブ映像)・・・名手たちの演奏を視覚的に楽しみたいのならこれでしょう。カラヤンのライブはスタジオ録音からは想像できないテンションの演奏が多々ありますが、これもそのひとつ。

1976/77盤・・・恐らく、カラヤンBPOが残したベートーヴェン全集の最高峰に位置する録音でしょう。2年の歳月を費やして完成したこの全集は、カラヤン芸術によるベートーヴェン演奏も完成されたようです。歌唱陣ではペーターシュライアーのテノールが魅力的です。

1977(東京普門館ライブ)・・・会場がもっといいホールであればもっと印層は変わるかもしれません。やや荒削りながら、ダイナミックな第九が展開されていきます。

1983年盤・・・老境に達したカラヤンの執念が現れているようで、若かりし頃のスピード感は著しく後退してはいますが、重心は低いながらも黄昏時の深い味わいをもった演奏でしょう。

簡単に紹介しましたが、私個人では1962年盤が一番のお気に入りです。

私が聴いた演奏では、
1962年盤・・・イエスキリスト教会での録音のせいもあるためか、ステンドグラスのような輝きをもったサウンドが印象的です。ベートーヴェンによる第一楽章の指定テンポに付属されたマエストーソ(荘厳に)という言葉が一番ぴったりくる演奏ではないでしょうか。圧倒的な推進力を持って不滅の名曲が演奏されていきます。

1977年(DVDによるライブ映像)・・・名手たちの演奏を視覚的に楽しみたいのならこれでしょう。カラヤンのライブはスタジオ録音からは想像できないテンションの演奏が多...続きを読む


人気Q&Aランキング