なんか最近陰陽師だか陰陽道とかいうドラマっぽいものがやってたんでみたんですけど、・・・陰陽道ってなんなんだ!!!と思ってしまいました。ってゆーか無理だろ!!と思いましただって普通はあんなことできないし・・・・・そこで陰陽師のあなた!またはそうでないあなた!!陰陽道っていったいなんなんですか??教えていただけるととってもうれしいです!!!ところで陰陽道って占い??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

言葉の出典は、易経と言われる書物の中の繋辞伝に


「一陰一陽これを道と謂う。」と言う言葉から発していることは間違いありません。
「易」というものは森羅万象を六十四の卦(陰と陽を重ね合わせた積み木みたいなもの。)で表し、宇宙の真理を体得する学問です。中国ではその学問の道を陰陽道と言うようです。つまりそれを学ぶ人が陰陽師です。
現在日本の映画で、陰陽師が色々奇怪なことをしている姿を模写していますが、あれは陰陽師の本来の目的や姿ではありません。
でも、過去にはあのような陰陽師がいた時代もあるでしょうけれど・・・・。
そういう意味では、孔子も陰陽師と言えます。易を学んだわけですから。
    • good
    • 1

もう皆さんのかきこ有るので簡単に? 笑


本来の陰陽道
 天と地、月と太陽、生と死、男と女、陰と光 物事は全て対立する2個も物、すなわち陰と陽から出来ているとゆう考え方が陰陽道です。
日本の(又は最近の)陰陽道
 有名な香港映画のキョンシーのように、頭に呪符を貼って、死者、他人、悪鬼等を操る事が出来るとゆう考え、
 これは、通称「道教」と言われる現世的(つまり金と色欲)(ちなみに道教も昔は、はるかにまともだった 笑)な考え方です。
 陰陽道の占いで有名な物には、筮竹(ぜいちく)が有ります。街で、たまーーに見かける、竹の棒をじゃらじゃら、やってるキョンシー帽子を被ったおじさんが、やってるあれですね。笑
 亀とか、牛の骨を焼く、通称「亀甲」とゆうのも、有りますが、こちらは、秘伝がはるか昔に失われたようです。
 ちなみにテレビの「陰陽師」の作者は、日本における有名な、キョンシー系の作家ですので、話半分に見た方が良いと思われます。
    • good
    • 0

陰陽道とは、古代中国の学問で天文、暦、占いなどを見るものです。

大晦日に除夜の鐘を打つのも、節分の夜に豆を撒くのも、陰陽道に関係するそうです。
天武天皇は陰陽寮という役所を置き、長官の下に占筮 ・相地(地相占い)を司る「陰陽師」、陰陽道を学ぶ陰陽生を教える「陰陽博士」と暦を作り、暦生を教える「暦博士」と担当役人を率いて時間を管理する「漏刻博士」をおいていましたが、だんだんと貴族の私的占い師の性格を強め、貴族たちの生活に重きをなしてきます。
有名人としては「阿部清明」がいますね。ドラマや小説にするとおカルトっぽい面が強調されますが、あの時代のテクノロジーだったのでは...?
阿部清明と陰陽道を一緒に説明しているHPを紹介します。

参考URL:http://www.people.or.jp/~seimei/usitora.html
    • good
    • 0

先の質問もかねて参考URLを紹介いたします。



それと
http://homepage1.nifty.com/haruakira/index.html

も、みてみるといいでしょう。

参考URL:http://www.e-kyoto.net/neta/b01/colum.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q陰陽師の呪文

陰陽師の呪文らしき言葉で「元柱固具、八隅八気、五陽五神、陽動二衝厳神、害気を攘払し、四柱神を鎮護し、五神開衢、悪鬼を逐い、奇動霊光四隅に衝徹し、元柱固具、安鎮を得んことを、慎みて五陽霊神に願い奉る」の読み方がわかりません。どなたか教えていただけないでしょうか?調べる方法でも結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

くうっ、ムー民にはたまりませんな。

さて、これは言呪符のようなもののようですね。
これは決まった文があるのではなく、状態や信仰する神様によって適宜、構成を変えるもののようです。
毎朝、朝日に向かって唱えるとよいそうです。

前半は、自らの環境を正すイメージを。
中盤は、四柱神の加護の元、周囲を聖別するイメージ。
後半は、五陽霊神に願い奉るイメージを。
・・でよろしいかと。
ーーーー
「がんちゅうこしん、はちぐうはつき、ごようごしん、おんみょうにしょうげんしん、
 がいきをゆずりはらいし、しちゅうしんをちんごし、ごしんかいえい、
 あっきをはらい、きどうれいこうしぐうにしょうてつし、がんちゅうこしん、
 あんちんをえんことを、つとみてごようれいしんにねがいたてまつる」

Qこの占いってなんだっけ?!!!

yahooの広告で、「本当の自分を暴かれる?!」
けち度とか色々占えるやつ無料のなんですけど、ふろむーちゃん?だっけ?

もう一回あの占いがやりたくて!

そのサイトとか知ってる人とかいますかね?
けっこうあたってたのでやりたくて!おねがいします!!

Aベストアンサー

こんばんは

こちらでしょうか?
http://froma.yahoo.co.jp/info/editcmp/sndn2012/index2.html

Q日付と陰陽五行

カテゴリとタイトルに不安がありますが、質問させて頂きます。

『過去のとある一年の内で 陰陽五行的に最も水』な日を調べています。
過去のとある一年とは、例えば昭和50年だったり平成10年だったりと様々で…
今、陰陽五行や風水関係で「西暦→月→日→木・火・土・金・水」等の対応表の様な物がないか探していますが中々見つかりません。また、調べ方が適切かどうか自信がありません。
上手く説明が出来ていなくて申し訳無いのですが…(平伏)

対応表(出来ればweb上で)をご存知の方、情報戴けると助かります。
また 上手い調べ方のアドバイス等戴ければ幸いです。
宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

質問内容を読み返してみて、ふっと思ったのですが・・・

もしかしたら、『四柱推命』の本を購入すれば、巻末に、当然のごとくついている『干支付きの万年暦』を手元にお持ちで無いのではないでしょうか?

ネット上で『干支付きの万年暦』を掲載しているところがあるかもしれませんが、単純に「この日は水だ」とか「この日は土だ」とかと、決めつけることができるものではありません。
ですから、簡単に「何月何日は水の日」などと掲載されているサイトをお探しならば、おそらく、そんなサイトは無いと思います。

例えば、1983年11月20日は、癸亥年癸亥月壬子日となるので、最も水の性質が強い日となりますが、このようなことは、『干支付きの万年暦』を見ながら、前回回答した内容を参考にして丹念に探していくしか方法は無いと思います。

書店に行かれれば、『四柱推命』関係の本は、多数置いてありますから、千数百円程度の安いものを1冊購入なされば、『干支付きの万年暦』は、直ぐに手に入れることができます。

Q三重県の陰陽師

三重県に知る人ぞ知る陰陽師の方がいらっしゃると聞いたのですが、その方の情報をお願いします!
また大阪で当たる霊能者(霊視・霊査)の方を知っていたら教えて下さい!

Aベストアンサー

中林先生というのが有名らしいですが。



↓この人とは別人ですが参考に

「はるあきら」さんのページ
http://homepage1.nifty.com/haruakira/

参考URL:http://www.google.co.jp/search?q=cache:6xqvVMX7PuUJ:www.39mag.net/cgi-bin/bbs_see.cgi%3Fcano%3D2%26tmno%3D55+%E4%B8%89%E

Q陰陽五行占いについて。。。

今日和、reiniといいます。

安倍晴明様の陰陽道が陰陽五行説から基づいていることを知り、
その占い方を調べているんです。
陰陽五行占いの占い方が詳しくわかる本・またはHPはないでしょうか?

HPはだいぶ調べたのですが、なかなか無くて・・・。
本は、たくさんありすぎて選べないので、
お勧めの本を教えてください!

どうかよろしくお願いします!

Aベストアンサー

reiniさんへ
こんにちは。
えっとですね…
本当にたーくさんの本が出ており、お悩みになられるお気持ちは
本当にわかります。
陰陽道につきましては、作家の
豊嶋 泰國さんが書かれてある本が結構あるかと思います。
それ意外に、入りやすい感じの本は、
『ブックス・エソテリカ・シリーズ』での
【陰陽道の本】と言うのが一番わかりやすいかと思います。
いろいろなシリーズがあり、他には風水の本とか神秘学の本とかたーくさんの
シリーズ本があります。
とても解りやすく書かれてありますので、入り口と致しましては
とても良いのではないかと思います。
こちらは表紙が赤い分です。
それではお勉強頑張って下さいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報