OCNのモバイルに新コース登場!キャンペーン続々開催中

linuxから使用できる外付けDVDドライブを探しています。

RedHat Enterprise 5(最新のもの)をインストールしたLinuxのサーバで、USB外付けのDVD-Rなど書込ができるドライブを探しているのですが、ネットで探してもどうしたも見つけられません。

実際に使っている等があれば、メーカ・機種等教えて頂けませんでしょうか?

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

既に必要な回答は付いている…思いますが…。


DVD-R(W)とかの焼き付けに失敗でもしているのでしょうか?

Linuxかどうかに関係なく、USB接続で補助電源を使用していない場合は
書き込み速度などに注意しないと電力不足で失敗する可能性はあります。
ドライブ側に補助電源としてACアダプタが接続可能になっている場合が多いとは思いますが。

Panasonic UJ-870に外付け用のスリムドライブケースの組み合わせのものを持ってはいますが…
Linuxに接続して焼き込みしたことはありませんからねぇ。
# 元々はmini-ITXで組んだマシンに入っていたのですが…
使わないのと、省電力目的で取り外してスリムケースへ。
が、実際のファイル移動はネットワーク経由なので使わないままです。
# 読み取りで動くことだけ確認しましたけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2010/11/30 08:41

/dev/scd0とか/dev/sdaといったデバイス名が


SCSIエミュレーションを介したデバイスゆえのデバイス名なのはご存知でしょうか?

TCP/IPアプリケーションがそうであるように
Linuxで使われているデバイスドライバーやライブラリーなどにも
階層化によって、部分的な入れ替えが自由になっているものがあります。
SCSIエミュレーションは現在のLinuxのローカルストレージ利用の
中心となっている仕組みと言えます。


外付け光学ドライブの主流と言えるUSB2.0接続は
SATAやATAPIの機器を、USB機器として変換しているだけです。

それが意味することは、つまりそれぞれの機器を管理する命令は
SATAケーブルやATAPIケーブルの代わりに、USBを通して行き来するというだけで…
USB接続になった光学ドライブが、SATA接続の場合と比べて
まったく違うソフトウェアインターフェイスで動くわけではありません。

そして、Linuxの場合は、アプリケーションはSCSIコマンドを発行し
それを受け取ったOSはデバイスに該当するUSBドライバーやSATAドライバーに
SCSIエミュレーションの仕組みによって伝えていきます。

ですから、USB接続にしたこと自体が原因で
内蔵で動く光学ドライブが、使えなくなることはありません。
動かないなら、他の要素がからんできているはずです。

そして、DVD-R,RWなどの利用については
Linuxの最近のカーネルでは、特に注意することも無いようです。


ちなみに、うちで使っているのは、ASUSのDRW-1814BLTのようです。
ぶっちゃけ安いの見つけて買ってくるというだけで
メーカーも型番も気にしたことがありません。


ただし、厳密に言えば、Firmwareのバージョンや
書き込みストラテジとメディアの組み合わせの問題など
不安要素が無いということでも無いですね。

どのドライブを買うかに悩むより
そのドライブで、どのメディアを使ったら安定しているか?
そういった問題のほうが、はるかに大きい気がします。

具体的な検証手段を知りませんが…
購入予定のドライブの名前とLinuxというキーワードを使って
Linuxでの利用例を探すといいのではないかと思います。


つまり、この案件は使えるものを探そうとするより
使えないもの(トラブルが出たもの)を探すほうが効率的に思えます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

的確なアドバイスをありがとうございました

お礼日時:2010/11/30 08:40

USB接続かどうかに関係なく使えると思うけど。


メーカーのサイトで「対応OS」と書いてあるのは、添付の書き込みソフトやDVDプレイヤーソフトの対応OSですね。
参考までに。

参考URL:http://pcb.nobody.jp/freecate1.html
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCentOSでのCDマウントがうまくできない

virtualboxにCentOS6.2をゲストOSとしてインストールしています。

CDのデータをターミナルでファイル操作をしたいため
CDのデータをファイルシステム上の/mntにマウントしたいのですができません。

ホストOSに音楽CDを挿入すると(ホストOSではDドライブ)、ゲストOSであるCentOSのデスクトップ上にCDのアイコンが出てそれを直接開けます。
/mntにマウントするときのデバイス指定が/dev/cdromにすべきなのか/dev/dvdにすべきなのかもよく分かりません。
ホストOSはwindows7 HomePremiumでDVDマルチドライブです。


[root@centos ~]# mount -t iso9660 /dev/cdrom /mnt
mount: ブロックデバイス /dev/sr0 は書き込み禁止です、読込み専用でマウントします
mount: 間違ったファイルシステムタイプ、不正なオプション、
/dev/sr0 のスーパーブロックが不正、コードページまたは
ヘルパープログラムの未指定、或いは他のエラー
In some cases useful info is found in syslog - try
dmesg | tail or so


マウントのやり方が基本的にわかっていないようなので困っています。
上記のやり方で何が間違っているのでしょうか?
初歩的な質問ですみません。よろしくお願いします。

virtualboxにCentOS6.2をゲストOSとしてインストールしています。

CDのデータをターミナルでファイル操作をしたいため
CDのデータをファイルシステム上の/mntにマウントしたいのですができません。

ホストOSに音楽CDを挿入すると(ホストOSではDドライブ)、ゲストOSであるCentOSのデスクトップ上にCDのアイコンが出てそれを直接開けます。
/mntにマウントするときのデバイス指定が/dev/cdromにすべきなのか/dev/dvdにすべきなのかもよく分かりません。
ホストOSはwindows7 HomePremiumでDVDマルチドライブです...続きを読む

Aベストアンサー

> mount -t iso9660 /dev/cdrom /mnt

マウントポイントを指定すればよいと思います。
cd /mnt
mkdir cdrom
mount -t iso9660 /dev/cdrom /mnt/cdrom

/dev/cdrom
が不安であれば、
cd /dev
ls -al
と入れて、さがしてみるのがよいと思います。

QLinux対応DVDドライブ

このほどDVDドライブの購入を考えているのですが、近所の家電量販店で置いてあるものはどれもウィンドウズ対応のものばかり。しかし私のパソコンのOSはFedoracore1です。そのFedoracore1が付いていた本には、「Fedoracore1対応と書いてなくとも繋げば使える」的なことが書いてあるのですが、そんなことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>ということはバッファローとかのメジャーなところは大丈夫ですか?
バッファローがメジャーかどうか、微妙ですが(^_^;)
少なくても私はダメだった事はありません。

こちらも参考になるかと思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=740165

Qハードディスク増設方法を教えて下さい

Fedoraを使用していますが、USB2.0かIEEE1394の外付けハードディスクを増設し、WEBサーバのHTMLファイルを置こうと考えています。初期化から使用できるまでの方法を教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

(1)

FedoraCoreなら、USBタイプの外付けHDはすぐに認識できるはずです。

# tail -f /var/log/messages
でログファイルを監視しながら、USBのHDをつないでみてください。

[/var/log/messages]

Dec 28 10:24:33 sv kernel: hub.c: new USB device 00:1d.7-3, assigned address 2
Dec 28 10:24:33 sv kernel: usb.c: USB device 2 (vend/prod 0x5e3/0x702) is not claimed by any active driver.
Dec 28 10:24:36 sv kernel: Initializing USB Mass Storage driver...
Dec 28 10:24:36 sv kernel: usb.c: registered new driver usb-storage
Dec 28 10:24:36 sv kernel: scsi3 : SCSI emulation for USB Mass Storage devices
Dec 28 10:24:36 sv kernel:  Vendor: TOSHIBA  Model: MK4019GAX     Rev: 0811
Dec 28 10:24:36 sv kernel:  Type:  Direct-Access           ANSI SCSI revision: 02
Dec 28 10:24:36 sv kernel: Attached scsi disk sda at scsi3, channel 0, id 0, lun 0
Dec 28 10:24:36 sv kernel: SCSI device sda: 78140160 512-byte hdwr sectors (40008 MB)
Dec 28 10:24:36 sv kernel: sda: sda1
Dec 28 10:24:36 sv kernel: USB Mass Storage support registered.
Dec 28 10:24:37 sv devlabel: devlabel service started/restarted

下から3行目を見てください。
sda: sda1

外付けUSBのHD は /dev/sda として認識できています。
既にDOSフォーマット(vfat)のパーティションがひとつあるので /dev/sda1 でマウントできます。

# mount -t vfat /dev/sda1 /mnt

注意:ntfsパーティションはデフォルトではマウントできないはずです(要カーネル再構築)


(2) /dev/sda上でパーティションを作り直すには fdisk コマンドを使ってください

# fdisk /dev/sda
.......
.......
コマンド (m でヘルプ):


(3) fdiskのヘルプを確認しながら、TypeID83番のLinux用区画を作成してください。

d 領域を削除する
n 新たに領域を作成する
t 領域のシステム ID を変更する
w テーブルをディスクに書き込み、終了する


(4) mke2fsコマンドで ext3ファイルシステムを作成します

# /sbin/mke2fs -j /dev/sda1

(-j ext3ジャーナルを持ったファイルシステムを作成する。)


(5) 作成した領域をマウントする

# mount -t ext3 /dev/sda1 /mnt


以上が、初期化から使用できるまでの方法です。
一度覚えてしまえばなんでもない事ですので、ぜひ習得してください。

(1)

FedoraCoreなら、USBタイプの外付けHDはすぐに認識できるはずです。

# tail -f /var/log/messages
でログファイルを監視しながら、USBのHDをつないでみてください。

[/var/log/messages]

Dec 28 10:24:33 sv kernel: hub.c: new USB device 00:1d.7-3, assigned address 2
Dec 28 10:24:33 sv kernel: usb.c: USB device 2 (vend/prod 0x5e3/0x702) is not claimed by any active driver.
Dec 28 10:24:36 sv kernel: Initializing USB Mass Storage driver...
Dec 28 10:24:36 sv kernel:...続きを読む

QLinuxのOSノートパソコンで外つけHDDを読み込む方法

はじめまして、yuu567と申します。

質問させていただきます。

DELLのWinndows7でOS搭載のパソコンを使っていたのですが
リカバリもできないくらいに立ち上がらなくなってしまったので
以前から興味を持っていたLinuxのUbuntuをOSとして
パソコンにインストールしました。

メールの送受信とかYouTubeはみれるのですが
Windowsで使っていた外つけHDDが認識できません。

大切なデータが入っているので使えるようにしたいのですが
方法が分かりません。


どなたか、教えて頂けないでしょうか
宜しくおねがいいたします。


yuu567

Aベストアンサー

#5の方の回答を支持しますね。

個人的に現状Ubuntuを利用していますが、外付けHDDはNTFSのまま読み書きに利用しています。
WindowsのPCもありますから外付けHDDをext4フォーマットして汎用性を狭める必要ないし・・・
現状MACは持っていないですがOSとしてNTFSをマウントして読み書きは出来て当たり前と思います。
最悪でもブートキャンプでMACで仮想マシンでWindowsも運用できるしね。

まぁ外付けHDDを暗号化する事は余程セキュリティの厳しい会社関係以外では考えられないけど…
仕組みを知らない自称マニアさんがやらかす位か?

それよりも
>リカバリもできないくらいに立ち上がらなくなってしまったので
>以前から興味を持っていたLinuxのUbuntuをOSとして
>パソコンにインストールしました。

リカバリが効かないほど論理フォーマットが崩れたとすれば外付けHDDも道連れになったと考えた方が納得いくね。
それでもUbuntuがインストール出来たってことの方が不思議って言えば不思議。

大事なデーターっていうならば今のPCではなく他のWindowsPCに接続してみるのがチェックの第一歩でしょう。

会社のでも良いしネットカフェのPCでも良いし接続して認識するかの確認をしないとね。
(ネットカフェで繋いだらPCウィルス感染がなんて世迷いごとは言わないでね。そんなの後から何とでも出来る瑣末な事だから)

そこで曲がりなりにも外付けHDDが認識できて中のファイルが確認できるならば良し。

後はバックアップ用のWindowsPCと新しい外付けHDDを用意してバックアップしてください。
個人的にはrobocopyかGUI化した「RichCopy」をお勧めする。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/05/15/richcopy.html

現行のUbuntuPCは個人的には信用できないと思う。
robocopy以上にSYNCできるのがLinuxでは多いけど使いこなせないと予想します。
だからWindowsPCを使った方が結果的に良いと思います。

尚、絶対にMVコマンドは使ってはならない。
ちょとした障害で大事でオリジナルファイルを復元ソフトでも復元できない状態にしてくれる恐ろしいコマンドです。


認識できないならば外付けHDDはダメージを受けていることが確定です。
データー復旧会社で100万円以上払っても復旧させる程大事なデーターかは自分で判断してください。
まぁ肝心の外付けHDDの型番や容量などの情報がないのでどうなるか分からない。

#5の方の回答を支持しますね。

個人的に現状Ubuntuを利用していますが、外付けHDDはNTFSのまま読み書きに利用しています。
WindowsのPCもありますから外付けHDDをext4フォーマットして汎用性を狭める必要ないし・・・
現状MACは持っていないですがOSとしてNTFSをマウントして読み書きは出来て当たり前と思います。
最悪でもブートキャンプでMACで仮想マシンでWindowsも運用できるしね。

まぁ外付けHDDを暗号化する事は余程セキュリティの厳しい会社関係以外では考えられないけど…
仕組みを知らない自称マニア...続きを読む

QIP-VPNとインターネットVPNの違い

就職活動をしている大学生です。
セキュリティとネットワークに興味があり、そこから自分が何をやりたいのか突き詰めて行った結果VPNを提供している企業が浮かび上がって来ました、業界研究をしている際に疑問が出てきました。

IP-VPNとインターネットVPNの違いの違いがいまいちわかりません。

インターネットVPNはインターネット上を介したVPN、IPは事業者のネットワーク内のVPNって解釈でよいのですかね??

そうなるとプライベート回線を引くのとIP-VPNの違いは???

提供している事業者の違い、VPNに関すること、VPNの今後&求められるもの等、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用い、自社専用ネットワークであるかのようなWANを構築できるサービスのことです。
通信事業者側で用意している網は品質を保証してあり、ユーザー側はIP-VPN網に接続するだけで、セキュアな通信ができ、インターネットVPN同様LANのように使えます。

プライベート回線とは専用線やフレームリレー網などのことを言っているのですかね?
専用線は料金が距離に比例し、拠点間の距離が離れるほどコストが大きくなり、セルリレー/フレームリレーは、フルメッシュ型接続ですけど、柔軟なネットワーク構築が難しいという問題があります。専用線・フレームリレーなどは回線帯域の割にはコストが高いので、インターネットVPNやIP-VPNでコストを安くしてネットワークを構築するようになってきてます。

インターネットVPNやIP-VPNはプロトコルにIPを使わなくてはならないので、データはIPに乗せる必要があります。
そこで、広域イーサネットというサービスを各通信事業者が行っています。広域イーサネットはプロトコルをIP以外(IPXやSNAなど)を通すことができ、またイーサなので、WAN側に接続するのに極端な話、スイッチでつなげられますので、今までのようにルータの設定などいらなくなります。(VLAN構成にするならスイッチの設定が必要ですけけど)また、QoSなどデータの優先制御や帯域制御などもできますので、VoIPなどにも使えますね。
ということで、簡単に拠点間のLAN構築が可能になります。

提供しているサービスの違いは、どこも似たり寄ったりかなって思いますけど。
サービス提供エリアや、構築にあったオプションサービスなどで選べばいいのでは。

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワ...続きを読む

Q「su」ログインできない

Linux初心者です。

コマンドプロンプトから、管理ユーザにログインしたいのですが、パスワードのところで認証失敗と出てしまいます。「su」というコマンドを打ってみたのですが‥・。

入力したパスワードは、PCを起動した時に入力するパスワードです。何か他に設定が必要なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 使っているディストリビューションはUbuntuです。
Ubuntuの場合は、最初のログインは、一般ユーザーですね。

端末、または、コマンドライン端末で、
sudo su
と入れ、パスワードを聞いてくるので、rootパスワードだと思ったけど、だめだったらユーザーログオンしたパスワードを入れてみてください。
私は、面倒だから、同じパスワードにしているため、失念しました。
rootパスワードは、OSをインストールするときに、指定したものです。
すると、$から、#に変わります。
この変わったのを確認したら、root権限になったことを意味します。

man sudo
man su
とかを入力して、コマンドの説明を読んでください。

また、Ubuntuのフォーラムは、下記のところにありますので、
分からないことがあれば、検索をかけて調べましょう。

https://forums.ubuntulinux.jp/index.php

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)


人気Q&Aランキング