今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

microKORGをMIDIキーボードとして使いたいのですが、そのためYAMAHA USB-MIDIインターフェース [UX-16]を購入しようと思うのですがその際、リアルタイムに弾く時に音の遅れ(レイテンシー)があった場合どうすればよいでしょうか?

デバイス設定をしたらいいかなどは漠然とわかっています。

DAWはCUBASELE4です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

DTMでレイテンシが生じるのは音源にソフト音源を使用している場合です。

ハード音源を使用している場合には通常聞いてわかるほどのレイテンシは生じません。ですから、microKORGやUSB-MIDIインターフェースが原因でレイテンシが生じることは通常ありません。また、microKORGは音源内蔵ですから、それを鳴らせば聞いてわかるほどのレイテンシなど生じることはありません。再生はソフト音源を使うとしても、入力時にはmicroKORGの内蔵音源で演奏をモニターするほうがやりやすいでしょう。
ソフト音源を使用する場合には、ソフト音源が発音するためにパソコンによる演算時間を取っていますから、MIDIファイルなどを再生することを前提としている通常のソフト音源では、仕組み上、リアルタイム演奏では遅れが生じるようになっています。また、ソフト音源をスピーカーやヘッドフォンなどで聴けるようにするためにはオーディオインターフェースが必要であり、その処理でもレイテンシが生じます。
ソフト音源でレイテンシを回避するためには、VSTiなどのプラグインソフトの音源を使い、またレイテンシの生じにくいASIO規格などのオーディオインターフェースを組み合わせる必要があります。CubaseにはVSTiのソフト音源が付属していますから、あとはASIOなどに対応したオーディオインターフェースを用意することでしょう。もちろんハード音源を使用するなら必要ありません。
要するに、DTMにおけるレイテンシはシステム構成の問題なのであって、回答No.1の方が書いているようなパソコンの能力的なことが原因なら、レイテンシどころではなく音が途切れたり出なかったりするような症状になります。

ちなみに、VSTiもASIOもCubaseの開発元であるスタインバーグが作った規格です。
    • good
    • 0

レイテンシが目立つ時は本来なら何が原因か調べる必要があります。



パソコンのCPUに対する負荷が高すぎるのか
低速なインターフェイスを利用する処理の割り込みによる順番待ちなのか
HDDのフラグメンテーションの影響なのか
HDDを仮想RAMとして利用していることによるものなのか

それぞれ対処法が違ってきますが、基本的にはDAW以外の処理は極力無くすことです。
原因がわからなければ可能な対処を片っ端からやっていくことになります。
MIDIインターフェイスのドライバが最適なものを使えることを前提にして例を挙げると
・DAWをインストールする前に不要なデータ&アプリを削除してデフラグをかけておく
・DAW導入に伴ってデータやブラウザの一時ファイル等は全て外部HDDに記録するようにする
・壁紙を無しにする
・表示をクラシック表示にする
・Eメールの自動チェックやOSの自動アップデートを停止する
・常駐ソフトを可能な限り停止する
・RAMを増設する余地があるなら増設する
などが挙げられます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QmicroKORG XL+ をmidiキーボード兼外部音源として併用するにはどうすればいいですか?

お忙しいところ失礼します。
DTM初心者です。始めたばかりで右も左も分からないレベルです。

microKORG XL+というmidiキーボードを購入しました。
DTMソフトは「SONAR X1 LE」を使用しています。

「microKORG XL+」をmidiキーボードとして使用することはできましたが、「microKORG XL+」の内蔵音源をSONARに打ち込む方法が分かりません。

オーディオインターフェイスはRoland の「QUAD-CAPTURE」を使用しています。

「microKORG XL+」のmidiの入出力端子と、「QUAD-CAPTURE」の入出力端子を接続してみましたが、できませんでした。

「microKORG XL+」を、SONARの外部音源として使用し、かつ、「microKORG XL+」をmidiキーボードとして使用するにはどうしたらよいのでしょうか。

分かりにくい説明で申し訳ありませんが、ご教示いただきたく存じます。

Aベストアンサー

MIDIキーボードの音源は、そのままLINE OUTからオーディオとして取り込みます。

MIDI機器の出力とオーディオインターフェースをPhoneケーブルで接続し、モノラルあるいはステレオ(2ch)で接続します。
DAW側でオーディオ・トラックを作成し、上で作った入力チャネルにアサインして、録音します。

MIDIトラックを作成して演奏情報を取り込む方法と違い、オーディオで取り込みますので、音の粒立ちがよく、演奏時も単なるオーディオトラックなので、ソフトウェアシンセを鳴らすのと違って、DAWに負荷もかけません。
オーディオトラックですので、イバーブやコンプ、マキシマイザーなどのエフェクトは自由にかけることができます。

鍵盤が弾ける人はこちらのほうが演奏ニュアンスをダイレクトに伝えれますのでオススメです。

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

QなぜHIPHOPのサンプリングは著作権違反ではないのか?それなら・・・

世に出ている有名なHIPHOPグループ又はアンダーグラウンドのHIPHOPグループが過去のアナログ12インチの一部をサンプリングして使ったりしていますが、たとえば私は仕事でFlash製作をしているのですが、過去のアーティストの音楽データーから音の一部をちぎって、ループさせる音を作って、HPあるいは素材に使ったら著作権違反になるはずです。この違いはどこにあるのですか?????◆趣旨と外れた安易な回答はいりません。

Aベストアンサー

HIFANAの回答をしたBlackRiderです。
【回答に対するお礼】のなかでの質問に答えるのはルール違反でしょうか・・・?埼玉or東京あたりでリズムマシーンなどに触れるスポット、わかりません。実はこちら沖縄なんです。
しかしHIFANAの拠点は吉祥寺だとか・・・ごめんなさいね。

Qシンセサイザーにギター用のエフェクターを繋ぎたいのですが

シンセサイザーにギターのエフェクターを使いたいのですが、DIを繋いでからエフェクターを繋げばいいと言われました。
本当なのでしょうか?

ファズ、ワウなどを繋ぎたいです。

Aベストアンサー

No.2です。
>要するに、DIが必要であってもシンセとエフェクターの間に繋ぐ必要はなく、PAミキサーの前に繋ぐことになるということですか?
はい、基本的にはそう考えていただいて差し支えないです。

もう少しウンチクを言えば、
「エレキギター/ベースのような『ハイインピーダンス出力』の音源電気信号を『ローインピーダンス用』に設計された機器(ミキサーが良い例)に接続する時に、D.I.を使ってインピーダンス変換する。」
というのが、おおむねの使い方です。
ただ、シンセの出力は普通はローインピーダンスなので、本来は直接ミキサーに繋ぐ事はできるのですが、ステージの場合はケーブルの引き回しが長いので、外来ノイズに強いXLRタイプのバランスケーブルを使う方が有利な点が多いため、シンセからミキサーに送るラインは、あえてD.I.を使ってXLRバランスケーブル(マイク用のケーブルですね)でミキサーに繋ぐケースがほとんどです。ご存じと思いますが、D.I.は標準フォンタイプの出力ケーブルをXLRタイプのバランス端子に変換する機能も持っていますので。

ギター用の床置きタイプのコンパクトエフェクタは、入力はギターが繋がるのが前提ですからハイインピーダンス対応です。ローインピーダンスのシンセ出力を繋ぐのは問題ありません。ロー出力→ハイ入力は問題なく、逆のハイ出力→ロー入力は音量(パワー)と音質の両面で不都合が多いという理屈です。
また、コンパクトエフェクタの出力は、ほとんどの機種は電気的にはローインピーダンス設計なのですが、ローインピーダンスといえどやや高めの設計だったり、一般の音響機器よりパワーが弱目の場合が多いので、コンパクトエフェクタの出力をミキサーに送る場合にはD.I.を使うのがステージ実務では事実上の常識となっています。
この場合のD.I.は、ミキサーに一番近いところに置けばよいので、シンセに複数のコンパクトエフェクタわ繋ぐ場合、最後のコンパクトエフェクタのその後ろに繋げばよいです。

また、既に前の投稿で述べましたように、エフェクタ経由のシンセ音をミキサーではなくギターアンプやキーボードアンプ等に繋ぐだけなら、ギターアンプはもちろんハイインピーダンス入力設計ですし、キーボードアンプもエフェクタなら問題ない設計になっていますので、D.I.は特に必要ないです。

唯一の例外は、ラックマウントタイプの「ラインレベル入力」(すなわちローインピーダンス入力と考えて良いです)しかないエフェクターを使う場合です。
シンセの出力を直接ラックマウントタイプのエフェクタに繋ぐのは全く問題がないのですが、シンセ→コンパクトエフェクタ→ラックマウントエフェクタと繋ぐ場合、大抵はさほどの問題はないのですが、各機器のインピーダンス設計によっては、コンパクトエフェクタとラックマウントエフェクタの間にD.I.を入れて、ラックマウントエフェクタに入る信号のインピーダンスを下げてやった方が、音質やノイズの面で有効な場合も、あることはありますね。ただ、こういうのはやや特殊なケースとは言えます。

No.2です。
>要するに、DIが必要であってもシンセとエフェクターの間に繋ぐ必要はなく、PAミキサーの前に繋ぐことになるということですか?
はい、基本的にはそう考えていただいて差し支えないです。

もう少しウンチクを言えば、
「エレキギター/ベースのような『ハイインピーダンス出力』の音源電気信号を『ローインピーダンス用』に設計された機器(ミキサーが良い例)に接続する時に、D.I.を使ってインピーダンス変換する。」
というのが、おおむねの使い方です。
ただ、シンセの出力は普通はロ...続きを読む

Q ライブでmidiキーボード+音源モジュールを使おうと思っています。

 ライブでmidiキーボード+音源モジュールを使おうと思っています。

ライブと云っても、軽音部の高校生風情のすることなので殆どお遊びですが・・・。

今迄、部室のEOSを使っていたんですが・・・自分でもそろそろ買おうと計画しています。
欲しいなぁ~と思うシンセはちょっと高すぎて手が出ません。

そこで、音源モジュール(Sonic cellあたりを考えています)とmidiキーボードを組み合わせて使おうと思っています。

 そこで質問なんですが、音源モジュールを使うときはPCは必須なのでしょうか?
またPCはどんな役割をするのでしょうか?

この辺に関しては全くの初心者で右も左も分からないのでぜひご教授願います。

Aベストアンサー

MIDIキーボードにMIDI端子(OUT)があれば、MIDIケーブルでSonicCellのMIDI端子(IN)と接続すればいいです。
もともとMIDI規格はそのような使い方をするために作られたものであって、コンピュータはその機能を応用して使っているに過ぎません。コンピュータソフトを使う必然性がないなら、コンピュータを経由する必要はありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報