昔読んだ物語で、今読みたいものがあるのですが、探せません。

 内容は詳しくは思い出せませんが、夏の話で、やせぽっちで色黒の女の子が自分のコンプレックスを気にしているというもので、白いワンピースと新聞屋さんのお兄さんに仄かな恋心を抱くのを覚えています。終わりは告白をした女の子にお兄さんがおでこに「親愛のキス(兄弟のキス?)」をしてくれたと思います。

 昭和49年生まれの私が小学中~高学年ぐらいに読んだと記憶していて、学研の「学習」の夏の読み物付録か、学校の夏休みの読み物冊子に掲載されていたと思います。作者は安房直子さんだったと思うのですが、子供の記憶ですので不確かです。何冊か短編集にあたってみたのですが、見つかりませんでした。

 ご存知の方があれば宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 こんにちは。

安房さん作品愛読者の一人です。お探しのお話は「野ばらの少女」というお話で、学研夏の読み物特集号86年、6年生の号に掲載されたものかと思います。 
 
 コンプレックスだらけの主人公が、絵本の中の美少女に憧れと嫉妬を抱き続けていましたが、彼女に会いに行き、ひとときを共にし、言葉を交わすことで自分には自分の素敵な魅力があることに気づく…といったストーリーです。結末は主人公には思いがけない事実も判明するのですが…。よって、お探しのお話は「野ばらの少女」と他のお話が混ざっているのではないかと思われます。
 
 残念ながら、このお話はその号のみのため書き下ろされたもののようで、それ以外の形で出版されていません。(出版の予定も無いそうです)
 しかし、今年度末までに「安房直子選集」が偕成社から出版予定です。収録作品リストが未公開なのでわかりませんが、収録されている可能性が(少ないかとは思いますが)、あります。私も期待しています!ぜひご覧になってみてください。
 
 同じくこのお話を探している方をHPなどでお見かけしたこともありますが、本当に印象に残る、美しいお話だと思います。ぜひとも多くの人の心に残っていくよう、「全集」として出版してほしいと願っています。

 私も数年間このお話の雑誌を失くしてしまい、探し続けました。運良く再会できましたが、記憶のなかでふくらんだイメージを裏切らない内容でした。このお話に思い出をお持ちの方がいらっしゃるのが嬉しく、おこがましくも回答させていただきたくて今回初めて会員登録したのですが、少しでもお役に立てれば幸いです。

 不慣れなもので、長くてわかりにくい回答かと思いますが、yuki-haruさんが「野ばらの少女」に再会できることをお祈りしています!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西村京太郎 十津川さんが直子さんと結婚した巻は分かりますか?

こんにちは。
西村京太郎の十津川シリーズで、タイトルの通りなのですが教えてください。

・十津川さんと直子さんが結婚した巻
・直子さんが活躍する巻があればそれも教えて欲しいです

・かなり昔のだと思うのですが、東京都民全員が人質のような話で、十津川さんが出ていた話はなかったでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.h6.dion.ne.jp/~jikenbo/f_totsugawa.html
このサイトを参考に。
「夜間飛行殺人事件」という話で結婚したそうです。

>・かなり昔のだと思うのですが、東京都民全員が人質のような話で、十津川さんが出ていた話はなかったでしょうか?
作者は一緒ですが、十津川警部は出てと思いますが「華麗なる誘拐」という話が日本国民全員を人質に取ったという話しでありました。

Q昔読んだ本ができたらもう一度読みたいです!

中学のときシリーズで読んだと思うのですが、ニューヨークやシカゴといった都市全体が宇宙を旅していて、主人公は確かニューヨークの市長で、最後に降り立った惑星で、「人類の住むところが地球なのです。」といったような記憶があります。ハヤカワ文庫だったのですが、暇ができたのでもう一度読みたいなと思っています。

Aベストアンサー

 今晩は。何日か前にサンリオの文庫版に関する質問が有って、ここにも自分を含めて少なくとも3人はSF読みがいることが判りました。その時に回答していた人はかなり読んでいますね。そちらに1日遅れで回答しようとしたら、既に締め切られていたので私は参加できませんでした。
 さて、質問の作品は、ジェイムズ・ブリッシュの宇宙都市シリーズですね。これは全部で4作から成っていますが、第1部「宇宙零年」は舞台が木星で、ここではまだニュー・ヨークは出て来ない筈です(いやぁ、私も読んだのはもう20年も前のことなんで・・・恐縮)。次からは最終巻までニュー・ヨークが出てきますが、今度は果たしてそのどれに質問の文章が有るのやら・・・(^^;
 シリーズの中では第3部「地球人よ、故郷に還れ」が最も有名ですが、私としては第1部が一番良かったですね。尚、第2部は「星屑のかなたへ」、第4部は「時の凱歌」で、質問に有る通り早川書房の出版です。SF史上の傑作の一つですからまさか絶版ということはないでしょう。それでは。

Q普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オ

普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オススメの本はありますか?教えてください!

Aベストアンサー

このテーマは、本当に本当に難しいです。
おいしいお店教えてもらう、または、いいミュージシャンを教えてもらうことより難しいです。
そう言える理由は、私が読書ガイドでさんざん失敗してきたからです。
本の紹介本を読んで、私なりに「これはいいかも!」と思って買っても、当たる確率は5%くらいでした。
こうなる理由は、人によって興味の持ち方がまるで違うからです。
それでもお薦めできる方法を挙げてみます。
① ネット検索をしていると、その分野で「この本は、お薦めですよ」と薦められていることがあります。
その本をAmazonのレビュー数を見て、数が多ければ当たる確率は、ある程度高いと思います。
それだけ注目されているということです。
ただ、あまりにも酷評が多いのは、危険です。
② BOOKOFFの¥108~¥200のコーナーで選んでくれば、外れてもお金の損失は少なくて済みます。

Qマザーテレサの本を、読んだ事がある人に聞きます。 自分が、読んで心に残ったエピソードを教えて下さい!

マザーテレサの本を、読んだ事がある人に聞きます。
自分が、読んで心に残ったエピソードを教えて下さい!
出来レバ、長い文が良いです。

Aベストアンサー

沢山ありすぎて…
死を待つ人の家、を建てたことと子

Q記憶する心臓 ある心臓移植患者の手記

記憶する心臓 ある心臓移植患者の手記
を買おうと思いますが。。。

どんな感じの本なのでしょうか?

簡単に内容を説明していただけるとありがたいです

それで、読んだ感想も書いていただけるとありがたいです。

図々しいしくて
済みません。

Aベストアンサー

「BOOK」データベースより引用。

原発性肺高血圧症という難病に冒され、心肺同時移植手術を受けたクレアは、手術後、自分の中に別の誰かが存在していると感じ始めた。食べ物の好みや性格にも変化があらわれ、不思議な夢を見るようになる。一体自分に何が起こっているのか、答えを求めてクレアの旅が始まる。脳死の定義に大きな疑問符を投じる衝撃のノンフィクション。

以上、引用終り。

ここから当方の私見。

「記憶は脳だけが行う」と言うのは、確かめられてはいません。間違っている可能性があります。

誰も「脳以外の器官は記憶は行わない」というのを確かめてはいません。

脳は「神経細胞の集まり」です。

でも、神経細胞は全身、至る所にあります。

裸足で石を踏んで「痛い」と感じるのは、足の裏にも神経細胞があるからです。

意識しないでいても心臓が勝手に動くのは、心臓の筋肉に神経細胞がビッシリと付いていて、信号が送られてくるからです。

神経細胞の集まりである脳が記憶を行えるのであれば、ある程度神経細胞が集まった場所でも、例えば、心臓でも、記憶する事が可能だとは思いませんか?

当方は「脳だけが記憶の専売特許とは思えない」です。程度の差こそあれ「全身で記憶が行われているかも知れない」です。

該当の本はまだ読んだことが無いですが、当方の考えが正しいと仮定すると「起きても不思議じゃない話」だと思います。

「BOOK」データベースより引用。

原発性肺高血圧症という難病に冒され、心肺同時移植手術を受けたクレアは、手術後、自分の中に別の誰かが存在していると感じ始めた。食べ物の好みや性格にも変化があらわれ、不思議な夢を見るようになる。一体自分に何が起こっているのか、答えを求めてクレアの旅が始まる。脳死の定義に大きな疑問符を投じる衝撃のノンフィクション。

以上、引用終り。

ここから当方の私見。

「記憶は脳だけが行う」と言うのは、確かめられてはいません。間違っている可能性があります。

誰...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報