丸谷才一氏が作品で旧仮名遣いを使用し始めたのはいつからでしょうか?
確か、記憶違いでなければ、文壇に登場した当初は現代仮名遣いだったと思うのですが。
また、旧仮名遣いに拘る理由は?

ご存知の方、コメントください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

『桜もさよならも日本語』所収の


「言葉と文字と精神と」の中(新潮文庫版138ページ)にあります。

・最初の小説は歴史的仮名遣いを使っていた。
・しかし、翻訳もやっていたので、翻訳は新仮名遣いを用いた。
・そのうち翻訳以外の時にも新仮名遣いを使うようになった。
・だが、『後鳥羽院』を書いたとき、
「引用文は歴史的仮名づかひ、地の文は新仮名づかひでゆくというふわづらわしい二本建ては、
必然的に両者の比較をわたしに課すことになつたのである。
優劣は明かだつた。わたしはその評論を書き上げたのち、
ごく自然に新仮名づかひと別れ、国語改革を再検討する意向を固めたのである」(前掲書)

理由は、簡単にいえば歴史的仮名遣いの方が論理的であり、
新仮名遣いは例外が多く、論理的にすっきりしていないから…とのことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> 『桜もさよならも日本語』所収の
> 「言葉と文字と精神と」の中(新潮文庫版138ページ)にあります。

これは知りませんでした。

> 簡単にいえば歴史的仮名遣いの方が論理的であり、新仮名遣いは例外が多く、論理的にすっきりしていない

文法的なことは私にはわかりませんが、字面に関しては、読み慣れると、旧仮名遣いの方が美しい?・・・ような気もします。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/08 18:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内田百閒が旧仮名遣いを使いつづけた理由は?

昭和21年に内閣が旧仮名遣いを新仮名遣いへあらためる内閣訓令を出したにもかかわらず、内田百閒は、昭和46年に亡くなるまで旧仮名遣いを使い続けたということですが、なぜでしょうか?単に、新仮名遣いが馴染めなかったというようなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 
  内田百閒について、あまり詳しくないので自信なしとしますが、文学者は一般に、「言語」つまり、日本人の作家なら日本語を大事にします。その場合、日本語の何を大事にするか、重視するかは、作家の作風や、文学についての考え方で違って来るのが当然だと思います。
 
  内田百閒は、特異な文体を持った文学者でしたし、その主題も非常に韜晦したというか、錯綜した内容を持っていました。彼にとって、自分の文学空間を十分に表現するためには、日本語の歴史的典拠全体が必要で、その上に更に彼独自の言語空間・物語の空間を築くという操作が必要であり、また、そのようなことを意図したのだと思われます。
 
  日本語の伝統との連関で言うなら、「旧仮名遣い」の方が合理的で、伝統文学や伝統の重みの意味と整合性や調和性があります。「新仮名遣い」はいわば、日本語の歴史を無視して、或る時点での日本語のありようを切ってみせて、「標準」を決めたとも言えます。これでは、日本語の歴史に立脚して文学空間を構築しようという文体や意匠に拘泥する作家には、納得の行かないものでしょう。
 
  現代の新仮名遣いの文学は、それはそれとして、時代を開いているのですが、日本語の文学伝統や、言語の歴史との連続性から言えば、色々なものを失っているとも言えます。失う代わりに得たものがあるのですが、どうしても、失いたくない場合は、旧仮名遣いに拘泥するのは少しも不思議なことではないと思います。
 
  また、旧仮名遣いで育った世代にとっては、旧仮名遣いがいわば「マザータング」であり、新仮名遣いが不自然なのだということも言えるでしょう。
 
  逆に、たかが内閣訓令ぐらいで、何故、自己の言語表現を変えねばならないのか、という疑問が出てきます。新仮名遣いを採用した結果出てきた不都合なことや、色々な矛盾は、古典を読むと、かなり分かるのですが、しかし、新仮名遣いで育った人には、古典の記述がむしろ、奇妙に見えているのだとも思えます。
 
  旧仮名遣いで、自己の文体を築き、更に、その上に自己の文学世界を構築して来た人、また、そういう歴史的厚みのある言語空間でないと自己の世界が表現できない文学者にとって、むしろ、何で、新仮名遣いのような、確かに、「口語・会話」においては、そういう風になっているが、日本の言語伝統からすれば、整合性のない記述方法を採用せねばならないか、理由が皆無ではないでしょうか?
 
  ベストセラー作家や、誰でも読めるエンターテインメントを目指す人は、読みづらい旧仮名遣い表現は、それだけで読者に背を向けているということになるのかも知れませんが、或る時代の読者受けすることを狙うのが作家・文学者ではないでしょう。やはり、文学者も、芸術家である以上、時と空間を越えた、「普遍」を目指すものでしょう。
 

 
  内田百閒について、あまり詳しくないので自信なしとしますが、文学者は一般に、「言語」つまり、日本人の作家なら日本語を大事にします。その場合、日本語の何を大事にするか、重視するかは、作家の作風や、文学についての考え方で違って来るのが当然だと思います。
 
  内田百閒は、特異な文体を持った文学者でしたし、その主題も非常に韜晦したというか、錯綜した内容を持っていました。彼にとって、自分の文学空間を十分に表現するためには、日本語の歴史的典拠全体が必要で、その上に更に彼独自...続きを読む

Q旧仮名文字に拘っている俳句の流派はありますか。

昔、明治生まれのある先生が「俳句は旧仮名づかいで書くものだ」とおっしゃるのを聞き、そのお弟子さんたちは戦後の新仮名遣いで生まれ育っているのに一生懸命旧仮名遣いを勉強されていました。今でもこのように旧仮名づかいにこだわっている俳句流派はあるんでしょうか。また、和歌・短歌の世界はどうなんでしょうか。旧仮名遣いに拘るのは、文学の敷居を高くしているだけだと思いますが、いかがなものでしょうか。

Aベストアンサー

俳句は、旧仮名遣いで文語文法のきまりに従うと、私も習いました。これを堅持しているのは、結社(流派と書かれたのは、結社のことと推測しました。)にかかわらず、俳句界全体であろうと思います。私も楽しんでいる、集団遊戯的某ネット句会には、旧仮名遣いにこだわらない投句も散見されるが、少数派ですね。旧仮名遣いにこだわるのは、文学の敷居を高くしているとは思いません。小説でも随筆でも短詩系文学でも、一定のきまりがあり品格も求められるから、それぞれのジャンルにおける「敷居」を越えて楽しむべきだと思います。

Q旧仮名遣い

旧仮名遣いで文章を書こうと思っています。
「どうなさっていらしたの」という女性の言葉を旧仮名遣いで書くとどうなるんでしょう?
「どうなさつていらしたの」か「どうなさつてゐらしたの」か迷っています。

Aベストアンサー

「いらしてください」は「来る」の尊敬語で、「どうなさっていらしたの」の「いる」は「居る」の尊敬語。
旧カナで、前者なら「いる」を用い、後者なら「ゐる」となるということではないでしょうか。

Q「わづらふ」の現代仮名遣いは?

ご教授下さい。
古語の「わづらふ」を現代仮名遣いに直すと「わずらう」になるのでしょうか?それとも、au音があるので「わずろう」が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

『広辞苑』で「わずらう」を引くと、

わずら・う【患う】ワヅラフ

と出てきますから、「わづらふ」を現代仮名遣いに直すと「わずらう」になるでしょう。
それを「わずろう」と発音するかどうかは別問題ですが。

Q旧仮名遣いについて

旧仮名遣いで文章を書こうと思っています。
「どうなさっていらしたの」という女性の言葉を旧仮名遣いで書くとどうなるんでしょう?
「どうなさつていらしたの」か「どうなさつてゐらしたの」か迷っています。

Aベストアンサー

「ゐる」の方じゃないかと思います。
ある語の旧仮名遣いが知りたいときは、大辞林を引くと出ています。

ところでその言葉、「なさる」と「いらっしゃる」がかぶっていて、いわゆる一つの「正しい日本語」から外れているので、なんかすごく現代風に聞こえて、旧仮名遣いだった時代の言い方とずれてそうな気がするんです。
わかりませんが。気ですが。
もしもですが、明治ごろを舞台にした小説をお書きになるためこの旧仮名が知りたいということでしたら、明治ごろからそう言う人がいたのかどうか調べた方がいいかも。
(その場合、いわゆる一つの正しい日本語から外れているのは別にいいけど、明治時代からそういう言い方があったのかどうかは重要ですよね。)
あるいは、「どうなさつてたの」か「どうしていらしたの」にする等。

無意味なおせっかいだったらすみません。

Q文語詩と口語詩の立てわけとは何なのでしょうか?歴史的仮名遣いが使われて

文語詩と口語詩の立てわけとは何なのでしょうか?歴史的仮名遣いが使われていても口語詩と言われたりしますよね?よく分かりません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>歴史的仮名遣いが使われていても口語詩と言われたりしますよね?

まずは『新旧仮名遣いの違い』と『文語口語の違い』が別のお話であるのをご理解ください。

新仮名遣いが採用されたのは太平洋戦争後です。
それ以前は、文語詩も口語詩も『歴史的仮名遣い』で書かれていました。


>文語詩と口語詩の立てわけとは何なのでしょうか?

"文法の上で"文語の文法で書かれたのが文語詩、
口語の文法で書かれたのが口語詩です。

仮名遣いとは直接関係の無いお話です。
口語の文法については、今我々が日常で使っているような文法です。
文語の文法についてはご自身でお調べください。

ちなみに文語詩の代表格が『若菜集』です。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000158/files/1508_18509.html

口語詩の代表格は……サッと出てきませんが、取り敢えずこれでもどうぞ。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000011/files/9_20331.html

Q丸谷才一が旧仮名遣いを使い始めた時期とその理由

丸谷才一氏が作品で旧仮名遣いを使用し始めたのはいつからでしょうか?
確か、記憶違いでなければ、文壇に登場した当初は現代仮名遣いだったと思うのですが。
また、旧仮名遣いに拘る理由は?

ご存知の方、コメントください。

Aベストアンサー

『桜もさよならも日本語』所収の
「言葉と文字と精神と」の中(新潮文庫版138ページ)にあります。

・最初の小説は歴史的仮名遣いを使っていた。
・しかし、翻訳もやっていたので、翻訳は新仮名遣いを用いた。
・そのうち翻訳以外の時にも新仮名遣いを使うようになった。
・だが、『後鳥羽院』を書いたとき、
「引用文は歴史的仮名づかひ、地の文は新仮名づかひでゆくというふわづらわしい二本建ては、
必然的に両者の比較をわたしに課すことになつたのである。
優劣は明かだつた。わたしはその評論を書き上げたのち、
ごく自然に新仮名づかひと別れ、国語改革を再検討する意向を固めたのである」(前掲書)

理由は、簡単にいえば歴史的仮名遣いの方が論理的であり、
新仮名遣いは例外が多く、論理的にすっきりしていないから…とのことです。

Qしぇいくすぴあ「マクベス」に登場するマクベス夫人は現代にもいるか?

 シェイクスピアの四大悲劇「マクベス」について・・・
 マクベスに登場する夫人は、現代にもいる(夫人の要素が現代人の中にもある)と思いますか?
 またシェイクスピアはマクベスを通じて人々に何を伝えたかったのでしょう
 高校生ですので、わかりやすくお願いします。

Aベストアンサー

きちんと読んだわけではなく、あらすじを楽しんだ程度ですが、 「マクベス」 は好きです。マクベスはもちろん、マクベス夫人もわりと好きです。以下、マクベス夫人についての勝手な注釈をこころみます。

かつて古典的なSF (ヴォネガットやブラッドベリなどのいくつかの作品) を読んで、主人公の妻などの女性が共通してまるで 「マクベス夫人」 のようにえがかれているなあ、とおもったことがあります。男性の主人公が内省的、理想主義的で、優柔不断であるのにたいして、女性は内省することがなく、現実的で果断、世俗的なものさしによって男性を低くみるのです。
たとえば、夫の悪事を背後からリードした妻が現代の 「マクベス夫人」 とよばれるとしたら、そこにはこうした一種の男性中心的な女性観が前提にされているのではないかと感じます。夫が主、妻が従であるのは、日本の神話や仏教、儒教の影響による秩序意識というだけでなく、キリスト教などの一神教における伝統的な価値観でもあります。
マクベスよりも精神的に強かったマクベス夫人が夢遊病のうちに自分を失って死んでしまうことが、わたしにはたとえば、現在のフェミニズムの凋落とすらかさなってみえるのです ( 「さあ、血みどろのたくらみごとに手を貸す悪霊たち、私を女でなくしておくれ」 1幕5場 福田恆存 訳 )。

以上のような俗流の読解にもとづく荒唐無稽な解釈は、シェイクスピアが 「マクベス」 を通じて伝えたかったこと、ではありえません。ただし、作品の解釈とは、かならずしも作者が伝えたかったことを明らかにすることでもないのです。解釈とは、読者によってつくりだされるものです。さらに、作品が芝居として上演される場合には演出者の解釈、翻訳される場合には訳者の解釈もはさまります。もちろん、いろいろな解釈が対等というわけではなく、すぐれた解釈とだめな解釈があります。客観性があって、しかも作品の意味がより豊かになるような解釈がのぞましいのです。そのためには、きちんと作品を読むだけでなく、たとえばもともとの作品の形 ( 「マクベス」 の場合には、もっと長い脚本がはじめに書かれていたという説があり、現在の脚本の一部分がべつの劇作家によって加筆されている可能性もあるそうです) や作者の意図なども、できるだけ明らかにしたほうがよいわけです。そういうわけで、「マクベス」 についても、膨大な注釈や研究、批評があります。あいにく、わたしはそれらをほとんど知りません。

「マクベス」 を書いたシェイクスピアの意図としてよく知られているのは、当時の国王でシェイクスピアの所属した劇団の後援者でもあったジェイムズ1世を賛美することです。
すなわち、この劇は宮中の国王の前で上演されたのですが、バンクォーは国王の先祖でした。王位継承の資格をもち名君でもあったとつたえられていた歴史上のマクベスが劇のなかでは徹底的に王位簒奪者、あっけなく滅ぼされる自業自得の暴君としてえがかれ、一方、自身も王位への野心をもちマクベスの陰謀にもかかわったとつたえられるバンクォーは美化されているのです。4幕1場の魔女の洞窟にあらわれた8人の王の幻影のうち、鏡をもってあらわれた8番目の王は国王の父であって、鏡はスコットランドとイングランドの王を兼ねる国王その人をうつしだすためのものであった、ともいわれます。ついでにいえば、国王は魔術にも大きな関心をもっていました。

こうした作者の意図がたしかにあるとしても、それが劇のテーマということにはならないでしょう。テーマはやはり、マクベスの悲劇 (破滅) のはずです。ただし、どこに悲劇の中心をみいだすかは、観客 ・ 読者しだいなのです。当時 「マクベス」 が胸のすく勧善懲悪のフィクションとして観客に受けいれられたというのはおおいにありそうなことですが、現代の読者が同じようにして読まなくてはならないということはありません。

参考図書
『マクベス』 福田恆存 訳 (新潮文庫)
『シェイクスピアの世界』 木下順二 (岩波 同時代ライブラリー)
『小田島雄志のシェイクスピア遊学』 小田島雄志 (白水社)
『シェイクスピア』 福田陸太郎・菊川倫子 (人と思想 清水書院)
"The Tragedy of Macbeth" (Signet Classic)

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/MacBeth, http://www.sparknotes.com/shakespeare/macbeth/

きちんと読んだわけではなく、あらすじを楽しんだ程度ですが、 「マクベス」 は好きです。マクベスはもちろん、マクベス夫人もわりと好きです。以下、マクベス夫人についての勝手な注釈をこころみます。

かつて古典的なSF (ヴォネガットやブラッドベリなどのいくつかの作品) を読んで、主人公の妻などの女性が共通してまるで 「マクベス夫人」 のようにえがかれているなあ、とおもったことがあります。男性の主人公が内省的、理想主義的で、優柔不断であるのにたいして、女性は内省することがなく、現実的...続きを読む

Q短歌の新旧仮名遣いについて

短歌では新旧仮名遣いの混同はいけないと言われていますが、その論拠がもうひとつわかりません。特に文語を新仮名で表記する場合、例えば、「閉づ」「恥づ」「出づ」なども「閉ず」「恥ず」「出ず」と表記するのが正しいことになりますが、それでいいでしょうか。辞書では文語イコール旧仮名遣いになっていると思いますが(「閉ず」などの言葉は載っていない)、短歌などの特殊事情でしょうか。根拠を教えてください。

Aベストアンサー

文章校正に詳しい高山盛次は、その著「赤いランプの終列車 私流・日本語探検」において「出づか出ずか」の項を立ててこの問題に触れています。
「この問題に関して朝日新聞は出づは文語体の動詞の下二段の終止形だから、現代仮名遣いを適用することはできないとする。
「待望の新刊出ず」という文は「ず」が否定の助動詞と受けとられるおそれがあるからだ。したがってこの場合は文語体の仮名遣いを守らなければならないという立場だ。
閉づなども閉ずと表記すると閉<とじ>ずと読まれるおそれがあり認めない。口語体の動詞には、出ず、閉ずは存在しないという考え方である」と語り、高島俊男「お言葉ですが…」の「「づ」を守る会」提唱に賛同しています。

ちなみに「岩波 漢語辞典」では、「出」の訓読みについて「でる・だす・いづ・いだす (名)いずる」として、終止形では索引でも「いづ」で立項してます。

Q明治時代の文壇・文学について

明治時代の文壇・文学を学ぶための資料を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

20-25年前の著作ですが伊藤整の近代日本文学史(名前はちょっと違うかも知れません)と言う数十巻の本があります
大学か図書館にはあると思います
明治初期から三島由紀夫まで詳しく網羅してあります


人気Q&Aランキング