画学生です。女性です。
人物水彩を描く際に、人の顔や服の柄などのディティールがわかりずらく、双眼鏡があったらいいかも!と思い購入を検討しています。
使用用途は以下の通りです。お勧めの双眼鏡がありましたら教えてください。
(単眼鏡は現在考えておりません)

・ 人物を観察するのに使う
・ 美術鑑賞時に、筆のタッチや絵具の乗せ方など、微細にチェックしたい
・ たまにコンサートに行くときとかにも使いたい
・ 年に数回の旅行に持って行って、仏像とか建築とかの細かいところをみてみたい

以上のような使用用途に適しているのがあれば教えていただけますでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

質問者さんの要望についてチェックしておきたいポイントは、


最短ピント距離、倍率、アイレリープです。

最短ピント距離は2m以下のもの。
倍率はコンサート用途まで含めるなら6倍程度以上。
アイレリーフは15mm以上が理想。

ステージ照明下の明るさなら、顔の表情まで確認できる距離はせいぜい20mくらいまで。
すると肉眼並みに鮮明に見える6倍光学系ならば、20m×6倍=120mまでが圏内になります。
コンサート会場の規模による最遠席は、ホールクラスで40-50mくらい、アリーナクラスで80mくらい、ドームクラスで130mくらいですから、平均的には6倍あたりがコンサート用途には最適な倍率になります。

一般的には高倍率=高性能と勘違いされてますが、手ブレの影響は高倍率ほど視界像を大揺れさせ、高倍率ほど見える範囲は狭くなり、高倍率ほど暗く不鮮明になってしまい、「高倍率=高性能」とは間逆の性質を持っています。
それに同じ○倍製品であっても製品の品質によって、鮮明に見える~不鮮明に見えるに大差があります。

アイレリーフとは、視界全体がケラレなく見渡せる目と接眼レンズとの許容離れ。
万人が覗きやすいと感じる離れは15mm(ハイアイポイント)で、この離れ値が大きいほど一概には覗き易くなり、15mmあれば眼鏡を掛けたままでもOK。
しかしこれが10mm前後だと、非常にイライラします、眼鏡者はメガネを掛け外ししなくてはいけないのでもっとイライラします。

また見口を覗いた時の視界の広さを見掛視界といい、標準は50度になりますが、標準50度で6倍だと実際に見える範囲は、50度÷6倍=8.3度になります。
美術館等での対象(絵画など)までの距離が2mの場合には、約30cmの範囲が拡大して見えます。
3m離れれば43cmの範囲が見えます。
これが8倍の場合には2mで22cm範囲、3mで33cmの範囲と、、高倍率ほど観察できる範囲は狭くなります。


-お勧め-

★PENTAX Papilio 6.5×21 (ポロ式/中国製/10722円~)
http://kakaku.com/item/10910410062/
倍率は6.5倍、口径は21mmのコンパクトな双眼鏡です。
重さは290gと、このクラスでは標準的な重さ。
見掛視界は49度、見口は今時の便利なスライド式見口、
アイレリーフ15mmです!
そして最短ピント距離は、なんとっ『50cm』!!。
美術鑑賞はもとより、例えば昆虫や草花の自然観察(まるでフィールド顕微鏡)や、~コンサート用途までカバーする、正に用途を選ばない双眼鏡です。
口径に対して倍率が低い分、明るく鮮明に見えますので、星見用途にだって使えます(集光力は肉眼の9倍)。
この双眼鏡で、よりベストな環境(光害が少ない環境)の天の川でも見ようものなら、そりゃ素晴らしい星野の川が楽しめると思いますよ。
肝心の光学グレードも価格相応(マルチコーティング、BaK4プリズム)です。


他には、

☆Nikon 遊 4X10D CF (ダハ式/日本製/11800円~)*最短合焦1.2m
http://www.nikonvision.co.jp/you/index.html
http://kakaku.com/item/K0000018938/
65g、見掛視界40°、アイレリーフ 13.7mm、視度調整なし、
倍率は4倍になりますので、コンサート用途だと、ホールクラス~アリーナクラスまでが圏内になります。
アイレリーフ13.7mmなら、眼鏡視もギリギリなんとか。
視度調整機能がありませんので、左右の視力に差がある人にはNG仕様です。
何と言っても65gの軽さとコンパクトさがウリの双眼鏡です。

☆Nikon ミクロン 6x15 CF (ポロ式/日本製/19800円~)*最短合焦2m
http://kakaku.com/item/10910510120/
130g、見掛視界48°、アイレリーフ10.1mm、
遊もミクロンも像質はニコン品質なのですが、こちらはアイレリーフが短いのが欠点。
眼鏡視はNG、視度調整機能は付いています。(視力の悪い人でもメガネを外せば使えます、が・・・)

注意:どちらも口径が小さい(10mmと15mm)ので、コンサート用途でバラード系など照明が暗くされたステージなどでは、極端にその性能を落とします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

PENTAXがよさそうですね。
でも、ごっついですね…普段持ち歩けるかな…

PENTAXの機能でニコンミクロンのデザインなら鬼に金棒なんですが。

実際に美術館とか博物館で、2メートルも離れたところから見ることって大きな絵画しかないですよね。
たとえば、細かい細工が施された王室ジュエリーや調度物の柄とか、ガラスケースに単品で入っているものを2m遠くから眺めるというのは現実的に無理な気がしますね。

1.2メートルでもちょっと厳しそうです。

Pentaxがベストみたいです。

お礼日時:2011/03/01 12:19

無駄に安物から高価格のモノまで、また星見用、鳥見用、登山用、狩猟用、コンサート用、美術鑑賞用と各種双眼鏡を揃えている大バカ者です。



>・ 人物を観察するのに使う
>・ 美術鑑賞時に、筆のタッチや絵具の乗せ方など、微細にチェックしたい
>・ たまにコンサートに行くときとかにも使いたい
>・ 年に数回の旅行に持って行って、仏像とか建築とかの細かいところをみてみたい

近距離で焦点が合う、焦点合わせが簡単、低価格である、携帯電話程度のサイズ・重量という点で、「ビクセン フラット HF 5x17 」をお勧めいたします。
この製品、数年前までキヤノンから売り出されていて、双眼鏡オタクたちにも割と高く評価されており、私もこれを購入し、今でも愛用しております。
両製品、スペックが同じですから、同じ会社からのOEM供給ということでしょうね。

なお、下記によると、現在、最安値価格だと1万円を切るようです。
http://www.coneco.net/PriceList/1080506068/order …

また、同製品の評判については、「キヤノン(Canon)5x17FC」で検索なさってみれば、その長所・短所に関する情報が簡単に得られます。
    • good
    • 1

追記です、


以下の画像を参考に「Papilio 6.5×21」の大きさをイメージして下さい。

-参照↓-

写っているのは外人さんの手ですが、
http://www.betterviewdesired.com/images/Papilio_ …
http://www.bestbinocularsreviews.com/images/bino …

写っているのは子供です。
http://livedoor.blogimg.jp/ayacnews/imgs/7/6/761 …

サイト
http://yamanon.at.webry.info/200909/article_10.h …
    • good
    • 0

双眼鏡にはあまり詳しくありませんが、20年ぐらい前のニコンの8倍をプロ野球観戦につかっていますが、ちょうどいい倍率です、当時にケンコーと見比べましたが、ニコンのほうがスカット綺麗に見えました、ニコンに比べると安いケンコー製はガラスが曇っているような感じにみえます、通信販売で買ったメーカ不明のズーム式双眼鏡も持っていますが大きい重たい、倍率を大きくすると手がブレて見てられない、星を見ると端のほうは滲んでいる等使うことがなくなりました、


安い物は明るい昼間ならつかえても暗いコンサートや色や質感を見るなら一流メーカ製にしましょう、出来れば現物を見て確認することを勧めします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
光学機器だけに、メーカー品がいいということですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/01 12:15

常に持ち歩くために、軽量コンパクトがいいんですよね。


それでいて、ディテールのチェックに使うので、ある程度の光学性能も欲しい。

するってーと、この辺りになりますかね。
http://shop.nikon-image.com/front/ProductBAA516A …

デザインも秀逸で、画学生さんにお勧めです^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かっこいいデザインですね。
所有欲は刺激されそうです。

お礼日時:2011/03/01 12:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水彩絵具などでの色の作り方がわかるHPを・・・

ご存知の方いらっしゃいますか?

水彩画を始めようと思うのですが、
色の発想が乏しいので、18色絵具ではイメージが
なかなかわきません。

コレとコレでコレになる!
この色はこうだーーーっ!!
このあたりの色はこの色を足すっ
こんな色もあるのです!
などなど・・・
色の作り方などが載っているHPをご存知の方教えて下さいませっ(>_<)

Aベストアンサー

下のURLに
3色絵の具と13色絵の具による混色見本があります。
各色見本の下に小さい文字で絵の具の混合比率が書かれていますので
参考にしてください。

なおこの3色絵の具は
3原色の混合によってあらゆる色を生成できるという
減法混色の原理に忠実な画期的な絵の具だそうです。

Match Colors/ショールーム/混色見本とカラー見本
http://www.alps.or.jp/match/showroom/mihon.html

参考URL:http://www.alps.or.jp/match/showroom/mihon.html

Qお勧めの固形水彩絵具

いつもはパソコン(Painterのデジタル水彩)で着色しているイラストを、アナログの本物の水彩絵具で塗ったら楽しそうだなぁ…とふと思い、現在どの水彩絵具を買おうか悩んでおります。

固形水彩絵具を買いたいと思います。
漫画っぽいタッチのキャラクターを塗る為、余り色合いが渋くなく鮮やかなものが希望なのですが、何かお勧めの固形水彩絵の具がありましたら、是非とも教えて下さい。

ちなみに現在一番購入を考えているのは、ホルベインの24色セットです。
そのくらいの色数が入ったセットが希望です。

Aベストアンサー

ホルベインのケーキカラー(固形水彩)は、色数も少なく、一般的な透明水彩の固形(半練り)ではないのであまりお薦めしません。(透明色26色、不透明色24色)
もし、ホルベインの透明水彩を使うなら、透明水彩のチューブを購入し、仕切りのあるパレットの小枠に出し、乾燥させて使った方がいいです。本来、透明水彩は、パレットで固めておいて使う物です。
(広い面積を塗る場合には、チューブから出したまま、溶き皿で溶いて使った方が楽ですが)
(ガッシュ(不透明水彩)は、固めて使う事はお薦めしません)

また、セットで購入する事もお薦めしません。
セットの中には、合成色(複数の顔料を混合して作られているもの)が含まれている物があり、これは混色でできるものであり、混色の手間を省くものでしかないからです。
色数も、単一顔料の原色を選べば、12~18色で充分でしょう。
むしろ初心者の場合は、混色を学ぶ為にも少ない色で始める方が良いです。

セットでは携帯用パレットに入って一緒に売られています。
しかし、このパレットが必要でないのなら、バラ売りで好みの色を購入した方がいいでしょう。
注意するのは、まともな絵の具なら、ラベルやカタログを見てColor Index (顔料のナンバー)が(PY35 カドミウムイエローなど)表示されているので、(PY35 / PR108 カドミウムオレンジ)などと複数の顔料を使用している物は選ばないようにしたほうが経済的です。

固形水彩用のパレットは、たいていはセットですが、ターレンスのレンブラント用、と、シュミンケのホラダム用は空のパレットを売っていますので、それを購入するのもいいでしょう。

さて、発色に関してなら、アーティスト用として売られている物なら、どれも遜色はありません。
また、固形水彩を扱っているメーカーでも、廉価な習作用(学生用)と高価なアーティスト用を出しているところがあります。
例えば、
W&N(ウインザー・アンド・ニュートン)(イギリス)なら、コットマン(習作用)とアーティスト。
TALENS(オランダ)なら、バン・ゴッホ(習作用)とレンブラント(アーティスト用)です。
初めての水彩なら、これらの中から習作用のものを選ぶのも良いと思います。
品質は、習作用でも、国産のアーティスト用に勝るとも劣らないです。(ホルベインと同じくらいの価格で買えます)

また、発色が比較的鮮やかなシュミンケのホラダム(ドイツ)は、24色パレットに12色を入れて12色セットなどとしているので、あとから好みの色を足す事が出来るので、このような物を利用するのも良いかと思います。
(シュミンケは価格も一流ですが・・・・)

あと、イタリアのマイメリ(扱っている店が少ない)も色が鮮やかな部類だと思います。

P.S.
透明水彩は、アクリル絵の具などと違って、メーカーが異なっても混ぜて使う事にあまり支障はありません。
専門家のパレットに色々なメーカーの絵の具が混在しているというのはさほど珍しい事ではありません。

ホルベインのケーキカラー(固形水彩)は、色数も少なく、一般的な透明水彩の固形(半練り)ではないのであまりお薦めしません。(透明色26色、不透明色24色)
もし、ホルベインの透明水彩を使うなら、透明水彩のチューブを購入し、仕切りのあるパレットの小枠に出し、乾燥させて使った方がいいです。本来、透明水彩は、パレットで固めておいて使う物です。
(広い面積を塗る場合には、チューブから出したまま、溶き皿で溶いて使った方が楽ですが)
(ガッシュ(不透明水彩)は、固めて使う事はお薦めしません...続きを読む

Q固形の水彩絵具で、色を塗りたいのですが。

今、固形の水彩絵具の購入を考えているのですが、
私は漫画のようなイラストを描いているのですが

・固形絵具は、ホルベインなどの絵具がいいのか、墨運堂などの顔料入りの絵具がいいのか?

・少し和風タッチにしたい場合は墨運堂などの濁った感じのを買うべきなのか?


凄く悩んでます。
よろしくお願いします(;_;)

Aベストアンサー

ホルベインのケーキカラーにしろ、墨運堂の顔彩にしろ、どちらも顔料ですよ。
(染料を加工してレーキ顔料とした物もありますが:耐光性が劣る物はこれの場合が多いです。)

不透明色はその顔料が不透明な物もありますが、体質顔料やホワイトで隠蔽力を強くしている物もあります。安価な絵の具では後者が多いのではないでしょうか?

好みで選んでよいのではないでしょうか?

ただ、濁った感じを出すのであれば、補色を混ぜたり、ホワイトを混ぜることで出来ますが、逆に不透明な絵の具を透明にするのは困難です(大量の水で薄める程度でしょうか)

個人的には、固形水彩絵の具を使用するなら、ケーキや顔彩よりもパン あるいはハーフパンのタイプの透明水彩をお薦めします。

比較的安価な入門用では、W&Nのコットマン・ウォーターカラーや、ターレンスのヴァンゴッホをお薦めします。

http://www.bonnycolart.co.jp/item/cat19/090/
http://www.talens.co.jp/product/water/van_gogh4.html

また、チューブの透明水彩絵の具は、パレットに出して乾燥させ固めて使用するのが普通ですから、ホルベインの場合はチューブ絵の具を使用した方が良いと思います。
(不透明水彩:ガッシュは、定着剤の量が少ないので再溶解性が悪いため、乾燥させて固形絵の具としての使用はお薦めしません)

なお、水彩の場合は、使用する紙に因って、発色や絵の具の伸びが大きく変わります。
できれば、水彩用紙を使用する事をお薦めします。

P.S.
漫画調のイラストでベタ塗りを多用するのであれば、ポスターカラーやガッシュを使用された方が良いかもしれません。
http://www.holbein-works.co.jp/postercolor.html
http://www.holbein-works.co.jp/gouache.html
特にアクリルガッシュであれば、乾燥後は下の色が溶け出す事は殆どありませんから、作業し易いと思います。
http://www.bonnycolart.co.jp/item/cat14/004/
http://www.holbein-works.co.jp/acrylagouache.html

ホルベインのケーキカラーにしろ、墨運堂の顔彩にしろ、どちらも顔料ですよ。
(染料を加工してレーキ顔料とした物もありますが:耐光性が劣る物はこれの場合が多いです。)

不透明色はその顔料が不透明な物もありますが、体質顔料やホワイトで隠蔽力を強くしている物もあります。安価な絵の具では後者が多いのではないでしょうか?

好みで選んでよいのではないでしょうか?

ただ、濁った感じを出すのであれば、補色を混ぜたり、ホワイトを混ぜることで出来ますが、逆に不透明な絵の具を透明にするのは...続きを読む

Q固形水彩絵具の開封の仕方を教えてください。

固形水彩絵具の開封の仕方を教えてください。
初めて、通販でシュミンケのハーフパンセットを買いました。がっちりアルミシートでくるまれて固定されています。一個づつはずすこともできないようです。いきなりナイフでアルミシートの上側を切り取るような開封方法でいいのか、迷っています。
何か適切な開封の方法があるのでしょうか。
説明書にもそのことについての記載はありません。

Aベストアンサー

金属製の折りたたみパレットにはめ込まれているタイプですよね?

パレットには、挟まれているだけですから、固定金具の高い方を広げるようにすれば、パンがパレットから外れます。
固定台はパレットに乗っているだけなので台ごと外してからの方が作業はやりやすいです。(W&Nのヘビーケースでは外せませんが)
パンを横にスライドさせて取る方が金具が広がりにくいです。
(包装してあるため少しきつくなっていますが、包装を剥がせばちょうど良いきつさだと思います)

パンの方は銀紙で包装してある上に紙のラベルが貼ってあると思います。
キャラメルの包装を剥がす要領で剥がせると思います。

包装を剥がしたら、上からパチンとはめ込めば良いです。
なお、小さな白い皿(パン)の中に固形絵の具が入っていますが、皿の中から絵の具は出す必要はありません。
付け外しを何回もやっていると金具が広がって絵の具の固定が甘くなる場合もあるかと思いますが、この場合は金具を内側に軽く曲げてやるときつくなります。

ただし、包装を剥がしてしまうと色が判りにくくなってしまうためラベルを採っておいて、別の大きな紙等にパレットに収める順番に貼っておくと、どの色がどこに収まっているか判りやすいです。
(本当は実際に水彩紙に色を塗った色見本を作っておくと良いのですが)
また色名以外にも、毒性やC.I.(カラーインデックス:顔料の種類)もラベルに描いてありますから最初のうちはラベルは保存しておく方が良いと思います。

金属製の折りたたみパレットにはめ込まれているタイプですよね?

パレットには、挟まれているだけですから、固定金具の高い方を広げるようにすれば、パンがパレットから外れます。
固定台はパレットに乗っているだけなので台ごと外してからの方が作業はやりやすいです。(W&Nのヘビーケースでは外せませんが)
パンを横にスライドさせて取る方が金具が広がりにくいです。
(包装してあるため少しきつくなっていますが、包装を剥がせばちょうど良いきつさだと思います)

パンの方は銀紙で包装してある上に紙のラ...続きを読む

QW&N(ウインザー&ニュートン)の固形水彩絵具について質問です。

W&N(ウインザー&ニュートン)の固形水彩絵具について質問です。
水彩初心者なので、何が便利でおすすめなのかわからないので、どうぞご教授ください。
購入を検討しているのは以下の3つのいずれかで迷っています。
1. ライトボックス24色
2. ヘビーウェイト16色
3. ハーフパン12色 フィールドボックスセット

環境は以下の通りです。
・友人から送られてくる絵封筒や絵手紙の返事を書きたい
・携帯に便利なのが良い
・外で描くことがあるかどうかわからないが、購入したら旅先に持って行って描いてみたい

以上です。
フィールドボックスセットは、水入れや筆も付いていて、コンパクトでいいかなぁ、とも思うのですが、プラスチックなので使い勝手はいかがなものだろうと懸念しております。
個人的に、こういうメカモノっぽいものが好きなので、選択肢としては3を購入してさらに1か2、ということも考えています。

ただ、使い勝手がどうなのか、ということ、色数が少ないより多い方がいいのかどうか、ということ、ヘビーとライトではどういう風に入れ物が違うのか、ということ、三者それぞれ、入っている絵具の大きさは同じかどうか、ということも気になっています。

水彩をしている方、これらを所有されている方など、「これが便利!」とか「これがステキ!」とか「携帯用なんていらないわ」など、様々なご意見をいただけるとありがたいです。

W&N(ウインザー&ニュートン)の固形水彩絵具について質問です。
水彩初心者なので、何が便利でおすすめなのかわからないので、どうぞご教授ください。
購入を検討しているのは以下の3つのいずれかで迷っています。
1. ライトボックス24色
2. ヘビーウェイト16色
3. ハーフパン12色 フィールドボックスセット

環境は以下の通りです。
・友人から送られてくる絵封筒や絵手紙の返事を書きたい
・携帯に便利なのが良い
・外で描くことがあるかどうかわからないが、購入したら旅先に持って行って描いてみたい

以...続きを読む

Aベストアンサー

パレットがヘビーウェイトかライトウエイトかは、丈夫さと重さの問題です。
予算があって長く使うなら、丈夫で絵の具を収納に余裕のあるヘビーウエイトをお薦めします。

色数の問題は、16、24色の両方とも20色は収められる訳ですからどちらでも構わないです。

重さの問題ですが、24色ボックスに34色詰めて約400g
16色ボックスに23色詰めて約250gです。
屋外でパレットを手にもって描く時には24色ボックスは少し重いですね。
もちろんテーブルが用意できるならかまいませんが。
ちなみに48色のレンブラントのパレット(W&Nのライトウエイトに相当)ですと約500gです。

24色ボックスでは皿が4つに平板が一つ
16色ボックスでは皿が3つに平板が一つ
色を混ぜる面積はあきらかに24色の方が広いです。
10号程度の大きな物を描くなら広い方が良いですが、これも皿を拭き取ってパレットを奇麗にする手間を気にしないなら16色ボックスでもかまいませんし、
葉書サイズからF4位までなら苦にならないでしょう。
小皿やプラスチックのデザインパレットを持っていけるなら、もっと大きなサイズでも大丈夫ですね。

一般的なチューブ絵の具用のパレットより少し小さい位で使い勝手を優先するなら24色ボックス。
(手にもって描く時に重いのを我慢してという条件付きですが)
携帯性を重視するなら16色ボックスではないでしょうか。

ちなみに水入れはペットボトルでも良いですが、旅行用の化粧品やシャンプーなどを入れる小瓶も、大きなスポイトのように使えるのでなかなか便利です。

書道用のガーゼの雑巾などを数枚用意しておくことをお忘れなく。
(水の含みやすい雑巾)
筆の水や絵の具の量の調節、筆の清掃とパレットの清掃に使います。

パレットがヘビーウェイトかライトウエイトかは、丈夫さと重さの問題です。
予算があって長く使うなら、丈夫で絵の具を収納に余裕のあるヘビーウエイトをお薦めします。

色数の問題は、16、24色の両方とも20色は収められる訳ですからどちらでも構わないです。

重さの問題ですが、24色ボックスに34色詰めて約400g
16色ボックスに23色詰めて約250gです。
屋外でパレットを手にもって描く時には24色ボックスは少し重いですね。
もちろんテーブルが用意できるならかまいませんが。
ちなみに4...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報