『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

以前、ケーブルテレビのアニメ専門チャンネルで見たルパンで気になる作品があるのですが、調べても手掛かりが得られず悶々としています。その作品は、毎週放映されていたテレビアニメのうちの一話で、画面の構図が映画の風の谷のナウシカにそっくりなものでした。
はっきりとは覚えていないのですが、
ルパン達が大型の軍用機のようなものに乗っている→頭上から敵襲が来る→ルパンがコックピットから体を出して撃たれそうになる→機体を軽くするために荷物を捨てる→機体は不時着する
という場面があり、これがナウシカが人質として敵国へ向かう場面にそっくりだったのです。
ルパンは再放映される機会が多いので是非また見たいと思っているのですが、シリーズも作品のタイトルも分からずお手上げです。分かる方いましたら是非教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ルパン三世 第2シリーズの145話「死の翼アルバトロス」になります。


この回がナウシカにそっくりなのも当然です。

この回の演出(監督)・脚本、それに今でいう所の作画監督(絵コンテ・原画)を
「風の谷のナウシカ」の宮崎駿さんが担当しているからです。
この「死の翼アルバトロス」は監督がその前に作った「未来少年コナン」の影響が見て取れます。

さらに言うと第2シリーズ最終回の「さらば愛しきルパンよ」も
宮崎駿さんが監督・脚本・作画監督をつとめていて、
こっちの「さらば愛しきルパンよ」の方が後の「風の谷のナウシカ」や「天空の城ラピュタ」に近いです。

「死の翼アルバトロス」と「さらば愛しきルパンよ」は数あるルパン三世シリーズの中でも特に人気が高く、
この2回分だけを収めたDVDも販売されています。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E3%81%AE% …

この回答への補足

ネットで調べていると「ナウシカみたいな人が出てくる」というような検索結果ばかり出てくるので、この作品にはたどり着けないでいました。今改めて調べなおしてみると沢山紹介されていたので驚きました。

補足日時:2011/04/02 08:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ウィキペディアにわざわざ作品の一つのタイトルが紹介されていることに驚きました。ストーリーの詳細を見ると何やら込み入っていそうですね。しかもこの2回分だけを収めたDVDも販売されているなんて!是非見てみたいと思いました。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/02 07:56

 たぶん・・・セカンドシーズンの145話「死の翼アルバトロス」じゃないかな?



 作画もナウシカぽかったらなら確実と思いますが・・・。

 
 理由
 
 ナウシカっぽい・・・セカンドシーズン、145話と155話(最終回)しか宮崎氏は参加していない(ファーストシーズンだとナウシカぽいのは無いと思う、よくて未来少年コナンぽいぐらい、サードシーズンは確実に違うとおもう)。

 大型の軍用機・・・「巨大飛行艇アルバトロス」が話の中心。

この回答への補足

セカンドシーズンというのは私にとって意外でした。ナウシカがモデルの話ならナウシカよりも後に作られた作品→サードシーズンかなあと思ってサードシーズンばかり調べていました。

補足日時:2011/04/02 07:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
回答を読んでいて「わ~、この作品な気がする」って今ドキドキしています。
今度テレビで放映される機会があったら見逃さないようにしたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/02 07:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング