25才の女性です。
長い文章ですし、似たような質問も多いと思いますが、
この文章を読んで率直な意見を頂ければと思います。

付き合って1年少しの彼(36歳)と半年後に結婚する予定です。
ケンカもしたことがなく、変わらない穏やかな付き合いをしていますが、
前の彼女が気になって仕方がありません。
嫉妬心を無くさせるにはどうすればいいですか?

元々彼は、前の彼女の事をあまり話さず、
もうとうに過去のものになっていて、会ってもいないらしい。
彼と同じ医者で、彼の方が振られてしまったことぐらいしか知りませんでした。
きっと、キャリアウーマンでクールな感じかなと想像してたんですが違いました。

ある日、彼の家の押入れの収納ボックスが開いていて、
何気なく覗くと、彼女とのアルバムが入ってました。
その彼女は、私の予想と全然違い、
私と同じくらいの年齢で小柄で、自然体で笑顔がかわいらしい人。
これで女医さん・・・・

私は医療とはまったく関係のない普通の会社員で、
彼とは紹介で知り合いました。
年も離れているし、医師として立派な彼に少しでも釣り合いたいという気持ちから、
片道2時間の彼の家にほぼ毎週末通い、お料理や掃除をして、
サポートできればと励んでいます。、
でも、それでも、ふと自分に自信がなくなるときがあります。
ホントに私でいいのかな?って。

そんなある日、このアルバムを見て、すっかり自信をなくしてしまいました。
そして彼にデートの別れ際に、見てしまったことと、ショックだったことを伝えました。
彼は苦笑いで何も言いませんでした。そのあとに私はメールで、
「ショックだったけど、貴方に釣り合うように頑張ります。もうこのことは言いません。
代わりに、捨ててとは言わないけどアルバムは私のわからない場所に隠して下さい」と伝えました。

でも、あとで収納ボックスを見るとそのまま残っていて・・・
片付け下手で、忘れっぽい彼なので、単に忘れただけかもしれない。
けどその事も小さくショックでした。

彼のことは大好きです。彼も私を大事にしてくれていて、
安心できると言ってくれています。
彼は年も落ち着いているので、前の人の事も、きっと自分でケジメをつけたと思います。
それは充分分かっているけど、気になります・・・
こんな嫉妬はしたくありません。嫉妬した嫌な顔を彼に見せたくない・・


前の彼女があまりにも素敵な女性だったこと。
彼がアルバムをそのまま置いていること。
自分にすっかり自信がなくなったこと。
もしかしたら、前の彼女が彼の最大の愛する人かもしれない・・・と思ってしまうこと。

嫉妬は本当に醜いと思います。でもやめられない。。

この嫌な感情を持ったまま結婚するのも苦しいです。
自分の気持ちの中で解決したいので
前向きに考えを転換できる方法など、ありますでしょうか?
ささいなことでいいので、「私はこういう風に乗り越えた」というアドバイス等が
ありましたら、教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

これ、ドラマ密の味の 釣りかなぁ?


ストーリー、そっくりだね。
    • good
    • 0

#3です。

お節介おばさんの戯言としての回答?ご容赦です。

貴女とほぼ同じ年齢の娘と息子がいる40代後半(笑)

私はすごく若くハタチで結婚出産しちゃったので、あまり深く考えるには幼過ぎちゃった組です。

そうでしょうね、20代半ばの頃ですら遠い昔だけど思い出せます。

貴女の他の方へのお礼や補足を拝読させていただいて、貴女やうちの娘年代の頃って私もそうだったなぁ
などと。

結婚適齢期のうら若き女性達、多かれ少なかれ悩みの中にいたり、大好きな彼と結婚すること嬉しくて仕方ない一方で

どこかしら何かしら不安感でいっぱいになったり。

私もカレとの結婚(というかデキ婚だったので 汗;;;)が具体的になっていった時、何もわからない小娘ながら

そういえば、ひと悶着あったことも思い出してしまいました。

結婚するカレの元カノから電話が入ったところに居合わせてしまったこと。話の内容は元カノに仕事紹介の件なだけ

だけどメッチャ凹む、、、前に怒り心頭が先に立って思いっきり回し蹴りしちゃいました、妊婦が;;;

その後しばらくは、その元カノのことが頭から離れなかったですよ、当然です。当り前の感情ですよね。

そこから端を発して、貴女のようにあれこれ難しく考えちゃったりして混乱したりも覚えてます。

ここに良い回答を寄せてくれている私と同じような年代であろう方々は、その後の長い結婚生活を経ているから

貴女の心情理解できるし、頑張って!そんな難しいことじゃないんだよ~って伝えたいんだと思います。

貴女のこれまで、より婚約者の彼とのこれからの方がずーーーっと長いんだってことに想像はできても

んなの、実体験しなけりゃわかるわけないですよね。

それでも、貴女の倍くらい生きてしまった私達は大丈夫!って言いたくなってしまうんです。自分は経験してるから。

28年まえ、祖母が言ってたこと。「夫・家族には十分与えて、自分は腹八分もらえばいいんだよ」当時は全く

ピンとも来なくて、それじゃこのまま私はお世話係りさんなわけ? 夫に気に入られるためにどうするかばかり

考えて生活しなきゃなわけ? 短絡的にそんな風にしか受け入れられなかったけど、その意味がやっとわかる頃には

自分もそろそろおばあちゃんの年齢に差しかかってきてる(笑)

カレカノ時代にね、我がまま言っちゃって~、嫌なものは嫌って言っちゃって~、甘えちゃいなさぁ~い^^

そんな難しく考えること、ないですって。 元カノの写真が元でマイナス思考に拍車かかるようだったら

そのコトちゃんと彼に伝えてけじめて(捨てるか見えない場所にやっちゃってもらうか)もらっちゃいましょー。

(回し蹴りなど乱暴なことはせずに 笑)


親より長く一緒に人生歩むことになる現カレシ、もうすぐ夫。これからどんな二人の生活が待ってるか。

行き違いや喧嘩や何かしら問題が出てきたり。。。その時その時で解決していけばいいだけのこと。


ひとり親家庭だったことも影響してるのか? どうかわからないけどうちの娘もあれこれあれこれ悩みの中に

いるようです。

すっかり図々しくなりオヤジ化しつつあるおばさんの私は、緩ぅ~く緩ぅ~くの術覚えました。


最後に、彼は貴女よりかなり年上なんだから貴女より経験値あって当然なだけ。私も当時年上夫は何でも知ってて

社会人ですごくオトナで、こんな何もわかんない自分なんて。。。も夫婦になってしまったら精神年齢ほぼ同じ、より

あっという間に男性より女性が上に行ってしまうことも多しかも。


これから♪ これから^^☆ 自ら毛糸の玉の糸絡ませるような思考必要なし^^V
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度目の回答ありがとうございます。
お礼が遅れてごめんなさい。自分なりに答えを探そうとしてましたので。。

きっと結婚前と結婚後では彼に対する態度ももっと変わるんだろうなと思います。
おっしゃるように、自分の親よりもこれから長く一緒に生きていくことになるから。
この不安も今だけの考えかもしれません。
おかげさまで時とともに少し薄れてきたように思います。
頑張ります。(無理しないようほどほどに)
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 23:59

naonao_2006さま



補足を読ませていただきました。

お話しから察するに、
あなたにとって、初恋の成就ということですね。

彼に開眼してもらったり初めての経験を共にしてもらったり、
確かに、与えてもらった部分が大きい、
だから、相手のために何かできないか~と無理に近い努力を重ねている。

お父様の介護にあたった青春時代、
自分のことを置いておいた(※)大変な人生だったと思います。

エニアグラムで言えば、あなたは「世話する人」なのかもしれません(推測に過ぎませんが)、

ここで、また新たに、何故、お二人に、恋愛の継続ではなく「結婚」という選択が生じたのか、
個人的に、わからない部分があります、
私個人としても、はるか年上の男性には全く興味を持ったことがなく、
与えてくれるものは受け取り与えていだだく~ということに経験値も免疫もありませんので、
本当にわからない。
(ただ、私の場合も「世話する人」だった時期があったため、
その反動で、「もう世話なんてしない人」に自分からなろうとしてなった転換期があった、ということだけお知らせします。)


※)自分の人生を謳歌しようとした時に出会った彼との体験は、
新鮮でもあり、有意義だったと察せられます。

しかし、そういった一定の時期も、チャンスを与えられるだけにもの足らず、
自分から主体的に能動的に自らチャンスを選ぶことが可能となる人~になる、
という反動が待っているような気がして、

わたしが気になった通り、
あなたの場合も、いつか「世話しない人」に変わりたい~という時期が来るような気がしてならないのです。

その分岐点が到来した時に、
まだ若くエネルギッシュに満ちている、可能性も果てしない、しかし「結婚している」、
となった時に、果たしてあなたがそれをプラスに動向させていけるのか、
ここで引っかかるのが、あなたが無理して相手に合わせようとしてきた、という態度なんです。

いろんな体験を与えてもらったし努力する姿勢も磨いて来た、

しかし、もう私はわたし、新しいわたしになる、なりたい、
一歩づつ先に進んで来たから、10歩先、100歩先が見えてくるようになった、

その時にも、お相手とのパートナーシップ(結婚生活)を堅持していけるかどうかなのです。


男性の中にも「世話する人」がもちろんいます、
あなた方の場合、あなたが「世話してきた人」→「世話される人」に成長し、
彼は、その成長に「世話する人」として大きく関わってきたんです。

しかしながら、GiveとTakeだけの関係性に限られてしまったことは、
あとになって、GiveもTakeもない別の関係性に変貌していく可能性が大きい、
間違いなく、変化していかざるを得ないと私は考えます。

おいしい食事を堪能してお腹が一杯になれば、運動したい、外に出かけたいと思うはずなのです。

これから先、40年、50年、添い遂げることを選ぶのはあなた方です、
お二人の結婚観・家族観に、私見を差し挟める立場ではありませんので、

ただ、私に言えることは、
あなたが妻となり主婦となり家事することによって、相手にGiveしなければ、

という努めは、

お父様の世話をしてきた~という慣れ親しんだ態度、
その延長線上におのずと発生したもので、過去の体験の繰り返しになるのでは、

という危惧だけです。



「幸せとは、自分の力で勝ち取るもの」



あえて結婚という契約、新生活に突き進むのであればなお、

二人のためではなく、あなた自身のために、

「我慢」ではなく、自分自らの意志から「辛抱」するのだ、

という発想の転換が待っているような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度の回答をありがとうございます。

すみません、途中が難しくて理解するのが・・・
でも結婚は、「この人とこの先も一緒に居たい 家庭をつくりたい」という
シンプルな気持ちで良いと思いました。
zosteropsさんの意見を否定するわけではないですが・・・

これから、こんな嫉妬なんてまたあるかもしれない、
もっと辛いこともあるかもしれない。
でも、彼と、そして自分自身とも向き合っていきます。
結婚を前に、再自覚しました。ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/10 18:55

・人生を10年多く経験しているお相手だということ


・10年分、過去を持っていること
・結婚することと、自由恋愛(※)
・外見(元恋人)から、妄想できてしまうこと
・喧嘩をしたことがないということ
・釣り合おうという発想
・自信がなくなるということ

最後に、女性よりも男性の方が、過去を引きずりやすいこと

まず、気休めかもしれませんが、
アルバムを捨てずに残しているのは、単なるズボラだと思いましょう。
あなたに見られてはまずい、罪悪感があれば、きちんと隠すはずです。

また、結婚することと、恋愛することに線を引くことの覚悟をする試練なのだと思います。

男性は「僕は君を選んだ」と必ず言います。
けれど、過去に愛した女性のことを、すっかり忘れてしまえる生き物ではないです、男性は。

女性のあなたの過去はいかがですか?

妻の座というものをどうとらえるか、
モンスター・ワイフになってしまうか、
あなたの資質も問われます。

結婚とはそういう契約であり、
過去をはらみながら生き続ける生活なのだということを知ってください。

そして、嫉妬という感情とは、人は長く付き合わされるものです、

とらわれなくなるか割り切れるかどうかは、人それぞれの覚悟次第でもあり、
修羅場(相手との格闘ではなく、自分自身の心のダークサイドとの闘い)
を通して、乗り切るものでもあります。

お若いあなたなら、今は、想像がふくらんだり、自分と比べたりしてしまって当然です、

自信がなくなる、喧嘩をしたことがない~という点にひっかかります。
相手に選んでもらった、だけでなく、あなたも相手を選ぶんです。

釣り合わなきゃ、という発想を持ったままでは、
結婚後もそういった劣等感のようなものにまとわれ続けると感じます。

そうではなくて、あなたはなぜ、彼と「結婚」をすることを選択するのですか?

安泰・安定・家庭を守る主婦になる、だけが目的だとしたら、
それが偽りの幻想なのだ、ということがはっきりした事態なのだと思いますよ。

結婚しても、自分のマイナスな感情や精神の葛藤(嫉妬もそうです)とは付き合い続けることに変わりないです。
自分一人で自分の問題を整理できる能力、
相手とからんだ問題であれば、相手とコミュニケーション(ときには喧嘩もできる)が取れる能力、
二人の生活を二人の協力でもって、積み立てていく能力、

過去にからんだ幻想や妄想(いくらでも作りあげられます)に取りつかれるのではなく、
今現在、二人に問われている問題として、
乗り切る時なのだと、考えていただけることを願います。

>前向きに転換できる方法

あなた自身の過去の男性との思い出の持ち方を振り返り、
彼のそれだけをとりたてるのではなく、
自分にも過去はあった~彼もそうである、
(あなたに過去がなければ、とてもむずかしいですが)

同等なんだという目で、相手の立場を思いやることでしょうか。

ともかく、20代の若さで10歳年上のお相手を選ぶということで、
私個人としては、自信が揺らぐのは当たり前だとも思いますが、
無理してませんか、気になります。

この回答への補足

先に回答いただいた方々、ありがとうございます。
でもzosteropsさんの回答で気になったことがあるので、こちらからコメントさせていただきます。

確かに嫉妬うんぬんより、自分のことと向き合うことかもしれません。
彼を選んだ理由・・・私は小さい頃から父が脳障害があり、ずっと介護の手伝いで
家のことが生活の中心でした。男性との付き合いも、
学生時代に1回ほどの軽い付き合い程度でした。

でも3年前に父が他界し、彼と出会い、初めて色んな経験をさせてくれたのが彼でした。
色んな所に旅行したり、ダイビングに連れて行ってくれたり、時には父に代わって自転車の乗り方を教えてくれました。時にはお料理も・・・
彼といると、自分の世界が広がるように、そして人としてもっと成長できるかもしれないと
思えました。沢山のことを私に与えてくれています。だから結婚したいと思いました。
でも、ふと思うと、今後私は彼に何をしてあげれているだろう?と思います。
Giveばかりで、私は彼に何かTakeできているか?
なにか出来ることはないかと、彼に応えるために英会話の勉強(旅行の為)をしたり、
お料理を練習したり、ペーパードライバーを克服して、車を運転してみようかと
色々努力しています。
彼は、私が一生懸命努力するのが魅力のひとつといってくれるので、応えようとしています。
けれど、時に「無理しているかも」と思います。それは自分でも本当は感じています。
いつかキャパオーバーで自分を見失うんじゃないかと思うときもあります。
そして上記のことが何も出来ない私に「自信がない」にもつながると思います。

好きだから、努力する。
それが解決手段と思っていたけれど、違うのかな・・・

こんな状態の私は、結婚後も無理だと思いますでしょうか?
考えを変えるべきですか?

自分一人で自分の問題を整理できる能力、は今までずっと自分がガマンすれば何とかなると思ってやってきました。
でも、
相手とからんだ問題であれば、相手とコミュニケーション(ときには喧嘩もできる)が取れる能力はまだついていないです。
それが結婚する今に、乗り越えることかもしれません。

補足日時:2011/04/10 10:01
    • good
    • 0

おばさんです。



とても苦しいですよね。

頭では解っていても、心がこだわってしまう…。

貴女と同じ状況になれば、みんなおんなじです。

<嫉妬>は<愛情>の裏返しだと思います。

だから、嫉妬をした自分を認めてあげる事も大切だと思うのです。


恋愛をしている中で、相手に対し<尊敬>とか<すご~い!>と思えるところを発見すると、その反動なのか、自分に対して<自信喪失>のような…、貴女が書いているみたいに<こんな私で…>と思ってしまう事があります。

相手を大きく感じれば、感じるほど…不思議と自分を過小評価してしまう。

だから、それも貴女が彼をとても尊敬している裏返しなんです。

でも、少し度を越して、自分を抑え過ぎるように感じるところもあります…、無理だけはしてはだめですよ。


さて、写真だけだから良いイメージばかりがどんどん膨らんでしまうんだね。

まして、彼と同じお医者様だから、彼へ抱いているままのイメージで彼女を見てしまう…。

実際に会えていないから、これは仕方ないかもしれないけれど…。

結論から先に言うと、嫉妬はしょうがない。

尊敬に値する彼が、愛している人は<貴女一人だけ!>って言っているのだから、理解も出来るし、納得もしているでしょ。

彼は貴女が望めば、はっきり何百回、何千回でも<愛してる!>と言ってくれるよ。

でも、貴女の心が感じてしまったのだから、おいそれと嫉妬心なんか言葉では消せやしない。

貴女が<愛されている!>と感じていても、心がざわめく。

これはしょうがないんだ。

貴女の心が<愛されている!>とどんなに感じても、嫉妬を感じるのは心の別の部分だから。

。。。。。

おばさんがやはり写真を見つけたのは、結婚してすぐだったなぁ。

偶然見つけたんだけど、どう自分の気持ちに向き合おうかと思った。

私達はいろいろな経験をしてきた事が、お互いの<良さ>を作り、だからこそ、その良さを感じ合う事が出来るんだと思った。

つまり、今、私が<惚れた>男は彼女無くしては創られなかったんだ…と、思った。

彼女と付き合い別れた事で、愛する事を学べたんだろうし、女心も少しは解ったんだろうし、別れに涙して、心の痛みも感じる事が出来たんだろうし…。

彼女をステップにして(踏み台?)男を磨けたんだと思った。

こんな良い男にしてくれて、(私に)残しておいてくれてありがとう…と、思った。

実際<残りものに福があった!>…と、友達達にも報告したし…(笑)


だから、元カノから電話があった時には(旦那はうまく隠し通せたつもりでいる)話しやすいように席を外したし、平気にもなっていたよ。

気持的に上手く整理がつけられたから、大丈夫だった。

おばさんの場合は、彼女を<認める>事で、<受け止められた>事で、嫉妬心がだいぶ消えてくれた。


参考になれば、嬉しいです。

。。。。。

今は、結婚を前にして、神経が張っている事もあると思いますが、ゆっくり、ゆっくり二人の日々を重ねていかれる事で、貴女の中から彼女をも過去にしていけますよ。

最後に…隠されていなかった事は、彼にとって<どうでもいい相手>になってしまったからだと思いますよ!!!


末永く、お幸せに!!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの言葉をありがとうございます。

確かに・・・彼も色んな経験をして、今の彼がある。
その過程を、否定せず受け止めることが大事ですね。
「前の彼女」の経験も、彼を培う為の必要な存在と思えばいいですね。

私も今まで色んな経験をして、彼から愛される私になれた。
今までの積み重ねに自信を持って良い、ですよね。

私は経験も浅い若輩者ですが
いつかutyatopiさんのような女性になれたらいいなと思います。
認めて、受け入れる女性になりたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/10 18:32

嫉妬は、悪いことではないと思いますよ。

素直で自然な感情の一つなだけじゃないでしょうか?

全ての人に当てはまることではないけど、男性は前に付き合ってた女性との仲がさして親密でなくても
とても思い出深いものでも、別れ方がきれいでなくても、なぜか前カノ・元カノの‘記録’を残してること
多いもんですよー。

恋愛遍歴重ねた(笑)と年齢的に職場の貴方の婚約者くらいの後輩が話しやすいのか話引き出し上手なのか(笑)
色んな男性の‘恋話’深く突っ込むと、現妻もしくは今カノのことしか想えないし考えられないけど
例えば○十年前もの初カノとの写真や手紙を保管してある、当然元カノとの画像や思い出の品は取ってあるって
ホント!驚くくらい多いもんです。

対して女性陣は、今カレいたりや別れちゃってそのまま空き家でぇ~す>< も過去の男性とのそういった‘記録’
残してることって圧倒的に少ない。元カレが奮発して買ってくれたプレゼント高価なモンだったら売っちゃったぁ♪なんて強者も。

かくゆう妙齢過ぎそうな私の彼も、過去の女性の写メもメアドや電話番号全て捨てられないそうです。
私はどちらかというと‘記録’に残る物には執着しないし、別れたカレ達の連絡先など削除かけたかどっかに
入ってるかもしれない、程度。

・・・私の個人的な見解では貴女の嫉妬心は婚約者の元カノに向いてるようだけど、実は貴女が知らない婚約者の過去が
どーしようもなく悔しい? その時には私はいなかったんだ(当然だけど)の寂しさ? 何とも言えない複雑な気持ちが
渦巻いてしまってるんだと思えます。

アドバイスにはならないかもしれないけれど、婚約者の彼にこれまで浮ついたこともなく真面目一筋、恋愛したこともない
堅物だったとしたら。。。貴女はそんな男性に惹かれて結婚の約束までするくらい好きになったと思いますか???

けじめをつけた恋、の経験ある人ほど深みもあるし人間的にも魅力が出るのではないでしょうか?ね?

けじめをつけた過去の女性、もう気持ちは完全に貴女にいってて信頼関係ができてるからこそ、そんなわかりやすく
雑然と収納ボックスなとに入れておいたのです。
貴女が嫌! つい嫉妬しちゃう! という言葉も彼はきちんと受け止めてはいる、けれどこれが男女の温度差なのか
おそらく彼は忙しかったり面倒だったり(これは貴女に対して失礼だけど)、貴女に見られても何もやましいことがないから。

過去は過去の出来事なだけ。 これからは貴女と婚約者の彼と二人でたくさんの思い出や‘記録’を作っていくのでしょ^^?

元カノの写真などがあるとどうしてもざわざわしてしまうのなら、あれこれ言わずに「これは実家に送ってしまってほしい」
とだけでも強くお願いしてみては?
元カノについての質問などは一切しないこと。彼の職業や年齢なんか関係なく彼は純粋に人生の伴侶として
貴女を選んだ。貴女も彼とずっと一緒にいたいとなってるのでしょ? 問題なしなしナッシング。

当り前だけど今はまだ‘恋愛相手’として彼のことが大好き。
でも、これから結婚というおごそかな段階に二人で進んでいくうちに、カレカノよりも強靭な‘愛する同士’になるってこと
忘れないよーに、ね♪


・・・ちなみにオバチャンになってしまうと、彼氏の若かりし頃の恋話など興味津々になってしまいます(汗;;;)
嫉妬というよりは、あー最終的に私を選んでくれたんだな~ってなもん。
私だって、一体アタシのどこがいいんだろ??? だけどそんな野暮なことは聞いちゃ、ダメNGですよ~^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんのお言葉ありがとうございます。
確かに・・・彼は情が深いところがあるので、きっと思い出は残したいのかもしれないです。
それでも、気持ちがざわざわが続くようなら引越しの時にでも、
それとなくアルバムのことをお願いしてます。
元カノについての質問などは何も聞かずに。

結婚したら彼への気持ちも深くなるのかな。楽しみです。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/10 18:21

 もっと、自分に自信を持ってください。



 あなたと付き合って一年以上経っているのです。

 その間、元の彼女がいいと思うのならば
別れているはずです。

 結婚もあなたとすると決めたのですから。


 アルバムの件ですが、
彼も捨てようとか、
見えない所へ隠そうくらいは思っているはずです。


 ですが、

仕事で忙しい日々の中で、

「捨てるのか、隠すのか」
「どこへ捨てる?Orどこへ隠す」
という点で悩んで放置してるのかと。
(男性はそういうことに不器用なのです)

 もう少し様子を見てください。

 そのうちどこかへ移動してくれているはずです。

(結婚1カ月前くらいまでそのままだった場合は
泣きたい、嫉妬したい、怒りたい、などの感情を出す前に
あなたを信じている。だけど、どうしてなの?
というふうに、
信じているということ前提で
理由から尋ねてください)


 まず、彼を信じて下さい。

 自分を信じて結婚してくれると彼が思えば
彼もあなたを裏切れないはずです。
  

 結婚はゴールじゃなくて
スタートです。


 女性として、辛い出来事なのは理解します。

 だけど、

 自分に自信を持つこと
 彼を信じること

 を結婚前に見直す機会だと思って
乗り切ってください。


 結婚後には
いいこと、
悪いこと
両方の出来事を二人で体験して
共有します。


 今の問題を
 乗り切った先には
もっと
絆の深い関係になると考えて
前向きに生きてください。

 幸せになってね。

 応援してます。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございます。
確かに、「嫉妬」よりも「自分に自信をつける」ことに重点を置けば、
ずっと気持ちが楽になれます。
嫉妬よりも、自信をつけることが今後にとって大切なことだと思いました。

「幸せになってね 応援してます」

ありがとうございます。今は小さい頃から辛いと思う経験をしてきたけれど、
ようやく幸せの順番が巡ってきたように感じます。
見ず知らずの方の言葉にジンとしてしまいました。がんばります。

お礼日時:2011/04/10 18:13

嫉妬する気持ちもわかりますし、悪いこととは思いません。


「前の彼女が女医で同じ職業なのが嫌だから医者を辞めて」っていうようなトンチンカンな相手を困らせる嫉妬は
醜いけれども、あなたの今回の行動はそうではないと思います。
「嫌なことは嫌」って言ってもいいんですよ。

単純に、あなたという彼女がいるのに前の彼女との思い出の品を持ってる彼が無神経なだけです。
別に構わない、って女性もいるでしょうけれどもあなたは少なくとも嫌な思いをしたわけだから、
あなたのことを本当に想っていて、結婚まで考えてるなら「嫌な思いさせてごめん」って捨てる(もしくは見えない所に隠す)のが筋ってものでしょう。ただの彼女なら「干渉される筋合いない」って言われるかもしれませんが、
半年後に結婚する「婚約者」って関係ならそのくらい言ったっておかしくありません。
あなたとの未来に元彼女とのアルバムが必要ですか?私なら言います。
そんな後生大事に持ってるほど大事な彼女ならそっちと結婚したら?振られたからって未練がましすぎ。って。

あとはあなたは何でそんなに卑屈なんでしょうか?
何でそんなに「彼に釣り合えるように」とか思うのかな?
医者だろうと年が離れていようと何だろうと一対一の「男と女」ですよ。
男と女の付き合いに職業も年齢も関係ありません。尊敬することは大事なことだけど、自分が下だと卑屈になっちゃ
おしまいです。あなたが男性ならそんな女と付き合いたいと思いますか?

結婚しようと考えてるなら「何で私が見れないところに置いとけって言ってるのにそのままなの?」
「片付ける気がないなら私が捨てちゃうよ」位のことはズバッと言ってもいいと思います。
っていうかそれくらい言えないと結婚してもあなたは卑屈なままでそのうち彼にも愛想尽かされちゃいますよ。
何も言わない、キツく言わない嫁だからって舐められちゃいます。

ちなみに私ももう結婚しましたが、主人は一回り年上です。
付き合ってた頃から言いたいことはお互い言ってましたし(私がズバズバ言うことが多かったかな 笑)
主人は会社役員で私は育児のため専業主婦ですけど、稼いでいようといまいと「それは間違ってる」「私は嫌だ」
ってことは主張しますよ。言わないで溜めとくのもお互いのためになりませんし。
ただ言いっぱなしってだけじゃなくて尊敬するところは尊敬して感謝もしてます。
だからケンカにもなりませんし、上手くバランスが取れてるのかもしれませんね。
(まあ、主人が一回り上ってことでキャパも大きいんだと思いますが)

あなたもちゃんと社会で働いて頑張ってるのだから、そこまで卑屈になる必要はないと思います。
確かに人の命を救う「医者」って職業は立派だと思いますけど、あなたが卑屈になったり釣り合おうと思う必要なんてない。彼と付き合えてる時点で彼が「自分と釣り合ってる」って判断してるんですから。
卑屈になるからこそ、他の女性には敵わないって思い込んじゃうわけですしね。
その気になりゃ女医でも看護師とでも結婚できたのに、医療と関係ない私を選んでくれた時点で
私のことが好きでたまらないのね!くらいに自信持たないと!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答をありがとうございます。
そうですね、きっぱり「嫌なものは嫌」と言うぐらいになった方がいいかもしれません。
「医者だから」「年が離れてるから」なんて理由は、必要ないですね。
私は「あなたが最後に選んだ」自分だと認識するようにします。
もっと自信を持つようにします。

私もdakedakepuruさんのように、徐々にでも彼に対等に
接せられるように努力します。(急にだと彼がびっくりするかもなので)

お礼日時:2011/04/10 18:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング