サーバルームの耐震構造、空調設備、電源設備の概算費用について教えて下さい。

サーバラック1台にメールサーバ1台、Webサーバ1台、その他サーバを1台を設置します。
情報が少なくて申し訳ないのですが、そんなに広くない自社社屋内サーバルームを改造するという想定です。
あとは一般的に想定できる内容で、ホントにざっくりとした金額で構わないので、教えていただけないでしょうか。

(150万+80万+50万=280万 みたいな概算で構いません。)

よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

会社の耐震規定は調べて置いた方が良い。

後で規定にはまらなかったら無駄金になるんで。

床はコンクリ?コンクリ床にアンカーボルト直打ちが一番安いけど、アクセス床なんかだとまともな耐震性はのぞめんよ。耐震アクセス床工事しないと震度6耐震とかは絶対無理。

ウチの会社での例だと、ラック30万円+1Uサーバ50万円×3+直打ち取り付け工事50万円で250万円ぐらいかな。工事は系列会社でやったからこんなもんだけど外注だとわかんない。電源工事しなくても最低これぐらいはかかる。

電源工事するとすっごいかかるよ。配電盤追加で簡単に100万円追加。そっちの社屋の規模がわからんけど、屋内配線とか電源契約とかめんどくさいこともある。30Aブレーカーが2個あいてればケーブル引くだけ何で簡単なんだけどね。

すでに出てるけど、ラックマウントサーバ3台動かすとけっこう熱が出るんで、エアコンも考えた方が良い。業務用エアコンでないなら業務用の高出力タイプにした方が良いかも。室温はサーバやUPSの寿命に直結するんで安易には考えないように。

普通はサーバ3台なら1500VAのUPS2台使って冗長化がセオリーだから最低限20Aプラグ(普通のは15A)がいるからコンセント工事が必要。ケーブルなんかもちゃんとした奴か調べる必要有り。下手に細いと燃えるよ。

工事に関してはラックサーバ工事ができるちゃんとしたところに依頼すること。コンクリ床だからって下調べせずにアンカー打ったらH鋼に当たって適当に済ませました、じゃ、目も当てられない。

サーバラック耐震工事とかしてるところなら敷設関係(電源とか)は全部面倒見てくれるところもあるからそういうところで見積もりとって、わからないところは片っ端から聞いてください。

知識がないとぼったくられかねないんで情報収集はしておいて、合い見積もりもした方が良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなり申し訳ありません。
情報ありがとうございました。
実例を教えていただき大変参考になりました。
合い見積もりは必要ですね。

お礼日時:2011/04/27 09:13

耐震はピンキリで答えようが無いです部屋作るだけなら数万で出来ますが


セキュリティーをどうするか100万程度以上かかります
空調は普通のエアコンでも大丈夫ですが冷えすぎる程度のワット数が必要
電源設備はどの程度のバックアップ時間が必要かということ
数日停電でも動くという前提なら発電機必要
ざっくり出せる代物では有りませんよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなり申し訳ありません。
情報を頂きありがとうございました。
確かに、ざっくりといっても難しいお願いですね。

お礼日時:2011/04/27 10:26

>単語の意味さえ分からないレベルなんですが、


ちょぃまて。素人(質問者)が構築して質問者が管理するわけではないよな?
しっかり素人がやって痛い目を見る前に工事は専門の業者に依頼して見積もりと管理は選任の技術者を雇用しましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

> しっかり素人がやって痛い目を見る前に工事は専門の業者に依頼して見積もりと管理は選任の技術者を雇用しましょう

現在はとりあえず費用感を掴みたい、という段階です。
今後、話がすすめば専門業者に見積依頼が必要ですね。

お礼日時:2011/04/14 11:36

ピンは普通のコンセント、空調は不要、耐震はスカートでも履かせておけば、5万円くらい


キリはCVSF、空調は冗長化、耐震はアンカーボルトで500万円くらい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
単語の意味さえ分からないレベルなんですが、調べて参考にさせて頂きます。
助かりました。

お礼日時:2011/04/12 21:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクライアントサーバーかターミナルサーバーか

個別稼働している複数の販売管理システムを統合してデータを共有化する場合、クライアントサーバーとターミナルサーバーはどちらが適切でしょうか。又、それぞれの一長一短などあれば教えて頂けないでしょうか。

現在の状況
8種の販売管理システムが個別に稼働
※マスターデーターも販売データも個別に存在

統合構想
販売管理システムの仕様を統一し、データは全てサーバーに入れる
※マスターデーターも販売データも共有化
クライアント:約30台(社外(VPN接続)も含む)
・ターミナルサーバーの場合、データーもアプリケーションもサーバーに入れる
・クライアントサーバーの場合、データはサーバー、アプリケーションはクライアントに入れる

Aベストアンサー

> 個人情報保護の都合上、データを置く場所には管理者を
> 置かなければならず、管理上ソフトもデータも一カ所に
> 置く流れになっています。
> この流れは正しいでしょうか。

方法は幾つかありそうなので、正しい、ということは言い
切れないように思えます。

> 組織通りにデータを持つとどのようなメリットがあるのでしょうか。

そうしたら必ずいい、という訳ではありませんが、良くな
る基盤にはなるでしょう。例えば、インターネットの考え
方、一箇所がトラブっても全体は動く、とかですね。
サーバ型はサーバが停止したら全業務が停止します。
その為にサーバの二重化とか、信頼性アップとかコスト増に
陥りやすいですね。

それ以外に、無駄なネット使用が減少するとか、やり方にも
よりますが、データの二重化のやりやすさもあるでしょう。

Qサーバルームの電源

会社の一室をサーバルームとして利用しているのですが、社内用の無停電電源装置(UPS)の内側にある漏電ブレーカが作動しサーバ群が停止してしまいました。

電源は下記のような配線になっています。(非UPS系統が別にあります)
[電力会社]---[分電盤]---[UPS]---[漏電ブレーカ]---[サーバ室]

漏電ブレーカが作動したのは昨年夏なのですが、調べたところ付近への落雷による誤動作である可能性が高いことが分かりました。

電気工事に関して全く分からない素人なのですが、UPSの内側に漏電ブレーカを入れるのは普通行なわれることなのでしょうか。

現状の配線では、サーバの停電を防ぐためには現在のUPSとは別に(漏電ブレーカの内側に)UPSを入れなければなりませんが、そうすると、現在のUPSの意味がないような気がします。

こういった場合には、どのような配線にするのが適切なのでしょうか。

Aベストアンサー

サーバ室をカバーするほどのUPSならハードワイヤー接続の可能性が高いからブレーカは必要でしょうけど、漏電ブレーカにする必要はありません普通のサーキットブレーカでよいと思います。
また、普通のUPSはサージフィルタやインバータが搭載されているはずなので雷による漏電状態は考えにくいと思うのですが。。。

あと、UPSが一般的な大型UPSなら長時間の停電時には電力供給がたたれますので何らかの方法でシャットダウン信号を供給してもらう必要があります。発電機つきのCVCFならその必要もないのですが。

Qクライアントからサーバーのアプリを起動する方法

クライアントサーバーシステムを使用しているのですが
サーバーにインストールしているアプリをクライアント
から起動、終了(中止)や再起動するショートカットのようなものをクライアントに作成して簡便にする方法がありますか?
再起動するだけでもかまいませんのでよろしくお願いいたします。

サーバーはWINDOWS NT SERVER4.0
クライアントはWINDOWS95と98です

Aベストアンサー

再起動だけなら、こういうソフトがありますけどね。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se130027.html

画面を表示してのリモートコントロールならば
VNCをオススメします。
http://www.forest.impress.co.jp/library/vnc.html

Q比較的小規模なCentOSサーバ構築費用

従業員20名ほどの会社の会社員です。

この度、自社で使用する収益管理システム(WEBベース)を稼働させるためのCentOSサーバを外注で構築する事になりました。サーバの設置場所は自社内で、台数は1台です。収益管理システムのソフトウェアは既に手元にあります。諸事情によりVPS等レンタルの利用は考えていません。あくまで自社内に構築する事を目的としています。

サーバで使用する回線・プロバイダの契約、ドメインの取得、ハードウェアの発注などは全て自社で行う予定なので、外注先には以下の作業を依頼する形になります。

・CentOSインストール
・ファイアウォール設定
・apacheインストール
・PHPインストール
・MySQLインストール
・バックアップ設定(同サーバ内に保存)
・外注先からの保守のためのリモート設定
・収益管理システムのインストール
・ルータ設定

出張費や構築後の保守費用はとりあえず抜きにして、上記の内容ですと費用としてはおよそ幾らぐらいが妥当でしょうか?業者により見積額がピンキリなので決め兼ねています。

どなたかお詳しい方いらっしゃいましたら教えて頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。

従業員20名ほどの会社の会社員です。

この度、自社で使用する収益管理システム(WEBベース)を稼働させるためのCentOSサーバを外注で構築する事になりました。サーバの設置場所は自社内で、台数は1台です。収益管理システムのソフトウェアは既に手元にあります。諸事情によりVPS等レンタルの利用は考えていません。あくまで自社内に構築する事を目的としています。

サーバで使用する回線・プロバイダの契約、ドメインの取得、ハードウェアの発注などは全て自社で行う予定なので、外注先には以下の作業を依頼する形...続きを読む

Aベストアンサー

私が見積もるとしたら2人日といったところでしょうか。単金(1日)が3万円なら6万円ですね。綺麗な設定資料が欲しいならもう1人日です。

ただし、相見積もりを取った時に安いから良いという訳でもないですし高いから良いという訳でもありません。

安い=とりあえず入り込んでおいて後で追加請求をしてやろう または 作業内容を綺麗に洗い出せてないだけの業者
高い=不確定な部分は全部リスクとして計上してこの価格で取れたあと作業が普通な内容だったらより儲かるぜ

見積もりの根拠を提出させ、工数(人日)に見合った作業を行っているか、作業にもれはないか、無駄な作業は無いかを確認するのが良いでしょう。

Qサーバー上にあるRAIDアレイからシステムブート

サーバー上にあるRAIDアレイからシステムブート

現在、Linuxサーバーを運用しています。
今度クライアントPC一台のデータを冗長化(システムドライブごと)すべく
RAIDカードを導入しようするか迷っているのですが、
サーバー上のバックアップ用RAID5アレイに大きな空きがあるので、
それを活用しようと思いました。

以前クライアントにLinuxを導入する際、PXEブートを使用したことがあるのですが、
それと同じ要領で、

ネットワーク上のRAIDアレイからOSダウンロード

OS起動

ネットワーク上のRAIDアレイをシステムドライブとして認識

といったことは可能でしょうか?

これが可能な方法はひとつだけ知っておりまして、それは
クライアントに導入するOSを仮想化し、そのHDDイメージをサーバー上に設定する。
そしてクライアント側にOS仮想化ソフト(VMware等)を導入して
一度クライアント側で仮想化ソフトを立ち上げてVM上でOSを起動する。
という方法です。

この方法では大幅なパフォーマンスの低下が見られるため、実用は不可能でした。

クライアントに導入する予定のOSはできればWindows系列、
不可能であればLinuxを導入する予定です。

サーバー上にあるRAIDアレイからシステムブート

現在、Linuxサーバーを運用しています。
今度クライアントPC一台のデータを冗長化(システムドライブごと)すべく
RAIDカードを導入しようするか迷っているのですが、
サーバー上のバックアップ用RAID5アレイに大きな空きがあるので、
それを活用しようと思いました。

以前クライアントにLinuxを導入する際、PXEブートを使用したことがあるのですが、
それと同じ要領で、

ネットワーク上のRAIDアレイからOSダウンロード

OS起動

ネットワーク上のRAIDアレ...続きを読む

Aベストアンサー

性能を求めるなら、少々面倒、かつ、出費を伴いますが、
iSCSIが最適です。

クライアント側に
  iSCSIブート可能なLANカードを増設。
  iSCSIターゲットとして、サーバを指定する。

サーバ側に
  iSCSI仮想ターゲットソフトウェアを導入。
  サーバ上の特定パーティションをiSCSIボリューム(LUN)として、
  クライアント向けに定義する。

以上で、サーバ側のディスク領域を利用してクライアントがiSCSIブート可能です。
クライアントOSからは、サーバ側で定義したiSCSIボリュームが普通のSCSIディスクとして認識されます。

過去にSANを構築したことがあれば、敷居は低いはず。
一方、ストレージ系の経験が全くない場合は、まず「iSCSIという仕組み」そのものについて知識を会得して下さい。
知識がないと、構築中に確実にハマリます。


サーバ側で必要となる、
Linuxで動作するiSCSI仮想ターゲット
「iSCSi Enterprise Target」を参考URLに記載します。

クライアント側に増設するLANカードは、
Broadcom社製チップ搭載のものが実績が多く安心かと思います。
また、Broadcom社製であっても、iSCSIブートできないものがあるので要注意。
(iSCSIブート機能はオプションライセンスなので、同一チップ搭載でもiSCSIブートできるもの、できないものがあります)

参考URL:http://iscsitarget.sourceforge.net/

性能を求めるなら、少々面倒、かつ、出費を伴いますが、
iSCSIが最適です。

クライアント側に
  iSCSIブート可能なLANカードを増設。
  iSCSIターゲットとして、サーバを指定する。

サーバ側に
  iSCSI仮想ターゲットソフトウェアを導入。
  サーバ上の特定パーティションをiSCSIボリューム(LUN)として、
  クライアント向けに定義する。

以上で、サーバ側のディスク領域を利用してクライアントがiSCSIブート可能です。
クライアントOSからは、サーバ側で定義したiSCSIボリュームが普通...続きを読む

Qマッチングサイト構築に必要なシステム(技術)と概算工数・見積

現在下記サイトに類似したマッチングサイト構築の構想があります。
https://hp.submit.ne.jp/

主な要件は以下の通りです。
【ログイン機能】 --- 制作依頼・請負のように各カテゴリーからログインし、情報を登録・開示・閲覧
【スカウト(依頼提出)機能/メッセージ送受信機能】 --- 依頼担当者は請負会社の登録情報を元にメッセージを送信
【データベースとの連携】 --- 500~1000程度の企業情報を登録・管理(ユーザではなく制作側で初期段階でまとめて登録)、ウェブ上で閲覧可能にする

ページ・パーツデザインやXHTML/CSSコーディング部分につきましては自身で対応可能です。
有識者の方がいらっしゃいましたら、最適なシステム(必要技術)及び概算工数・見積につきましてご教授いただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

完全にシステムだけなら一人のエンジニアが2ヶ月で作成できるレベルです。

多分120万円ぐらい??

ページのデザインやパーツの制作はマッチングサイトの仕組みを理解していないと、それだけでも大変な作業となるでしょう。

通常では、そのような形をとれる業者は少ないです。

結局PPTなどで、資料を作成して、しっかりとしたデザインを作れるように誘導する必要があるので、業者からすれば手間のかかる作業となるでしょう。

マッチングサイトを専門に構築している業者もあるようなので、実際に見積もりをされてはいかがでしょう?

http://matching-made.jp/
http://palmgate.jp/

マッチンジャーなどのパッケージを使うのもひとつの手です。(拡張が出来ないし、ソースをカスタマイズできないのが難点。。。)

Qクライアント と サーバー を構築

よろしくお願いします。
Windows2000~2003 (server)についての質問です。

ちょっとパソコンを使える程度の者が、クライアントとサーバーの役割を「こんなもんなんだ~」という程度に学べる方法はありますか。

サーバーとクライアントを構築実演するのですが、時間が2時間半くらいと限られています。最悪、クライアントは自分のノートパソコンを使用するとして、サーバーを構築する必要があります。サーバーを構築したとしても、これだけの短時間でサーバーとクライアントとしての役割を簡単に感じられるようなもの(例えば、WEBサーバー、FTPサーバー、メールサーバー、等とありますが・・・)は何かありますでしょうか?

また、それをどういう手順でやれば良いかについても教えてくださると幸いです。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

"ちょっとパソコンを使える程度"というのがどの程度なのか分かりませんが、実演時間も2時間半と決められているとのことなので、サーバーとクライアントの役割を理解する程度ならば、なにもWEBサーバーやFTPサーバー、ましてやメールサーバーなどを構築する必要はないと思います。
W2K或いはW2K3をドメインコントローラとして構築し、クライアントをドメインに参加させ、構築したドメインコントローラ上でクライアントマシンやユーザーの管理を色々試すだけで、サーバーの役割も十分理解可能と思います。

手順の概要としては以下の通りになります。

1.W2K或いはW2K3をインストールしアクティブディレクトリとDNSを入れ、ドメインコントローラに昇格します。
2.クライアントマシンをドメインに参加させます。
3.アクティブディレクトリのユーザーとコンピュータで、新規OUを作成し、適当なユーザーを新規作成します。
4.管理ツールからドメインセキュリティポリシーを開き、作成したユーザーに対して任意のポリシーを有効にします。
5.クライアントマシンにて、新規作成したユーザーでドメインにログオンしなおし、設定したポリシーが有効になって反映されていることを確認します。(例えば、デスクトップやIEに関する制限やパスワードの制限etc)

上記の作業ならば、ゼロから構築しても2時間半もあれば十分実演可能であり、内容も簡単な為理解しやすいと思います。
なにもWEBサーバーやFTPサーバー、メールサーバーやDBサーバーとして構築実演する必要はなく、サーバーでクライアントの管理ができれば、それぞれの役割について十分理解可能と思うのですが如何でしょう?
どうしてもというのであれば、上記の中ではWEBサーバーかFTPサーバーがもっとも簡単です。例えばWEBサーバーならば、簡単に説明すると、IISをインストールして、ホームディレクトリ(%SystemRoot%\Inetpub\wwwroot)に、クライアントのIEで表示させたいファイルを作成し、IISの設定をちょっといじるだけで、クライアントのIEにてホームディレクトリのURLを入力すれば、作成したファイル(HTMLなど)が表示されます。或いは、下記Deep_Blueさんの仰るとおり、FTPサーバーが一番簡単だと思います。(勿論、"ちょっとパソコンを使える程度"のレベルにもよるとは思いますが。)

"ちょっとパソコンを使える程度"というのがどの程度なのか分かりませんが、実演時間も2時間半と決められているとのことなので、サーバーとクライアントの役割を理解する程度ならば、なにもWEBサーバーやFTPサーバー、ましてやメールサーバーなどを構築する必要はないと思います。
W2K或いはW2K3をドメインコントローラとして構築し、クライアントをドメインに参加させ、構築したドメインコントローラ上でクライアントマシンやユーザーの管理を色々試すだけで、サーバーの役割も十分理解可能と思います。

手順...続きを読む

Qサーバルームの移動

現在勤めているサーバルームが狭くなってきましたので、別の所(同ビル)へ新しくサーバルームを設けることになりました。
サーバの機器移設など、Project Charter を任されることになりそうです。

でも私自身初めてのことであり、現サーバルームのレイアウトに関わったわけではありません。

参考になる本、サイトは無いかと探しているのですが、なかなか見つかりません。
もし経験者の方がおられましたらどういった手順からはじめたらよいのか、またポイントなどアドバイスをいただけませんでしょうか。ここでも勉強させてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年中そんな事をしている身として,不安な気持ちはよく分かります。

規模や作業範囲が不明なので曖昧な意見になってしまうのですが,
調整が必要な作業項目は大きく分けて以下になるかと思います。

・物理的な配置作業
・電気工事
・ネットワーク配線工事(場合によっては電話工事も)
・機器設置作業
・上記に伴うユーザへの各種サービス停止/復旧連絡

#1さんの仰るように,まず基本となるのは時間軸なので
タイムチャートを作成することが前提となります。
そこには各工程で問題が発生した時を見越して,
ロールバックやバッファも盛り込んで下さい。

そのためには
・各工程に関わる業者個別の作業内容確認
・全業者間の依存関係の調整
を徹底する必要があるかと思います。
(当たり前といえば当たり前ですが,多くの問題はここで
潰す事ができます)

その他のポイントとして,ラックの設置や電源工事など
事前に出来る事があれば極力事前に作業をして,
当日はサーバの物理的な移動と結線と起動及び動作確認
だけ,という状態がよいかと思います。
(それだけでも数時間かかる事も普通にあります)


最後に私の今までの「やっちまったリスト」を挙げます。

◎UPSのコンセント形状を確認してなかった。
→たまたま業者が形が同じコンセントを持っていてセーフ
◎電話がうまく通じなかった
→NTTと電話工事業者(MDFから先の部分)との連携ミス。
 直接サーバとは関係なかったので後日工事。
◎UPSの納期が間に合わなかった。
→これは業者側のミスですが。業者手持ちのものを代用し
 後日リプレース。

ごらんの通り事前の確認漏れによる凡ミスでばかりで
大変恥ずかしいのですが,反面教師にでもして下さい。

年中そんな事をしている身として,不安な気持ちはよく分かります。

規模や作業範囲が不明なので曖昧な意見になってしまうのですが,
調整が必要な作業項目は大きく分けて以下になるかと思います。

・物理的な配置作業
・電気工事
・ネットワーク配線工事(場合によっては電話工事も)
・機器設置作業
・上記に伴うユーザへの各種サービス停止/復旧連絡

#1さんの仰るように,まず基本となるのは時間軸なので
タイムチャートを作成することが前提となります。
そこには各工程で問題が発生した時を見...続きを読む

Qクライアントサーバーにするには何が必要でしょうか

あるクライアントPCにファイルサーバーの役目を持たせて、
文書ファイルの共有化をしたいのですが、windows2000 Professionalのままで
可能でしょうか。
共有化による同時接続が回避できないため、Serverソフトを入れるべきかとも
思いますが、社内LANにつながったクライアントのままで、同時に
ファイルサーバーの役目を持たせることが可能かどうかを知りたいのです。
つまり、自分もLAN上で作業をしながら、別のPCの接続を受けて、排他制御
されたファイルの更新をリアルタイムに監視できるようなシステムを構築したい
のですが、別マシンにすべきでしょうか。

 主に使用するアプリ Access2002(ファイル共有化の目的のソフト)
 このPCのOS   windows2000 Professional
 イントラネット状況 WindowsNT4.0 Serverを使用
 ひとつのドメインに約40台が常時接続。
 社内のドメイン数は約50、接続PCは各ドメインから1台程度

他に必要な情報があれば補足しますので、教えて下さい。
ちなみに、社内のシステム部門には空サーバーはありません。
LANケーブルは専用線を敷設しています。
サーバーの新設には待ちがあり、今回は利用できそうにありません。
現在はファイルの共有化にメール添付を使用して、手動で更新しています。

あるクライアントPCにファイルサーバーの役目を持たせて、
文書ファイルの共有化をしたいのですが、windows2000 Professionalのままで
可能でしょうか。
共有化による同時接続が回避できないため、Serverソフトを入れるべきかとも
思いますが、社内LANにつながったクライアントのままで、同時に
ファイルサーバーの役目を持たせることが可能かどうかを知りたいのです。
つまり、自分もLAN上で作業をしながら、別のPCの接続を受けて、排他制御
されたファイルの更新をリアルタイムに監視できるよ...続きを読む

Aベストアンサー

 補足から...

 Access2002の検証をしていないのでなんとも言えませんが、Accessって所詮クライアントソフトなんですよね。だから、同時アクセスや随時更新なんて手法には向いていないアプリケーションです。
 そこで、MSDEを使用した構築が可能でしたら、DBエンジンをMSDEにしてしまって、ユーザが使用する部分のみ別のアプリケーションで作ってしまうのがベストの様な気がします。

 Access2002のデータベースをファイル共有する場合には、排他制御やユーザの寛大な心が必要になりますのであまりお薦め出来ません。
 アプリケーションを別途構築する必要がありますが、MSDEを使用する事でかなりの問題が解決出来ます。MSDEはOFFICEのプロフェッショナルには付いてきています。
SQLサーバを買う余裕は無いけど...堅牢なシステムに少しでも近づけたい考えるなら、MSDEしかないですね。

Qサーバルームの温度管理方法について

会社のサーバルームの温度対策をするよう指示を受けました。
サーバルームではラック型サーバ4台、タワー型サーバ3台を24時間稼動させています。
現状は何もしていませんので、夜間や土日は結構な温度になっています。

サーバルームと言っても、雑居ビルの1フロア(40坪)を
会議室、社長室、サーバルームとパーテーションで区切って扉を付けただけですので、
サーバルームのエアコンだけを24時間動かすと言う事ができません。
(40坪のオフィス全体のエアコンON/OFFのみ可能)

エアコンの工事などもできないとの事で
冷風機の設置を考えています。

こういった状況でサーバの温度対策を行う場合、冷風機で十分でしょうか?
冷たい風を浴びれば室内はともかくサーバは冷めるのでないかと思っているのですが・・・
または他に効果的な対策がありましたら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

雑居ビルの場合、夏期はかなりの高温になることが予想されます。エアコンはつけておきたくない、ということであれば、サーバーを停止できませんでしょうか。UPSは用意されていると思いますので、タイマーにて休業日や夜間は停止してしまい、朝、使用開始する数時間前には再通電されるようにする、という手法です。

以前管理していた事務所で、夏期の土日にサーバーが異常高温(記録では50度)で停止した経験があります。これは100平方メートルほどの事務所(似たような広さですね)で、パーティション等も何もなく設置されていたサーバーでした。4台あって4台とも停止しました。それ以降は、複数台あるエアコンのうち、サーバーに一番近い1台のみをを弱くかけておくようにしました。設定温度は33度で冷房です。この対策でどんなに暑いさなかでも40度を上回ることはなくなりました。

以上、2例、参考になさってください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報