ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

 先日、某大手航空会社会社の20代前半女性従業員(ヒラ社員)の接客についての不手際を申し出て、お客様相談室に「彼女からの謝罪文がほしい」と要求し、受取ました。その文章の中で自分のことを「小職」と使っており、違和感を感じました。
 私の職場の男性上司が「小生」を多用しており、違いを自身でネットや辞典などで調べたところ
「小生」・・・(手紙で男性が)同等、あるいは同等以下に自分を謙遜する言い回しとありました。
「小職」については、辞書に記載はありませんでしたが、ネット等で調べたところ「官職が自身を指す?こと。また(役職者が)目上の者に対して使う言葉」とありました。


語源からすると自身では男性が用いるイメージが強いです。


「20代前半の世間も分かっていないような娘が「小職」など仰々しい表現だし、違和感を感じる。「わたし」「わたくし(め)」が自然ではないか」とお客様相談室に申し出ると「謙遜する一般的な表現で特に問題はない」との回答。

「小職など」日常で使わなく、かつ形式ばった言葉を(その娘が)知っているとも思えず、クレーム対応マニュアルをコピー&ペイストしたぐらいにしか思っていませんが、20代半ばの娘が(仮に)謝罪文として書くのに適切な表現なのでしょうか。

本題はここまで。

ちなみに謝罪文は郵送で来ましたが、最近その会社の屋号が変更になり、封筒の印刷済み社名のところに修正テープを用いて新しい屋号を手書きで書き直した封筒が届きました。

理由を聞くと「経費削減のため」だそうです。
謝罪文の言葉遣いといい、やはり常識や教養に欠ける会社だからこのような謝罪文や書面を送りつけてくるのでしょうかね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

【小職】


・・・一人称。官職についている人が自分をへりくだっていう語。

現代風に読み替えると、「職位」をへりくだって言える立場の人間の使う言葉ですから、グループやチームの責任者クラスが使う言葉になると思います。
ですから、小職=課長、マネージャ。
職位に対して指示、命令権を持たない、担当者や主任クラスが「小職」を使うのは可笑しいですね。

> ちなみに謝罪文は郵送で来ましたが、最近その会社の屋号が変更になり、封筒の印刷済み社名のところに修正テープを用いて新しい屋号を手書きで書き直した封筒が届きました。

・手書き?
信じられない。
古い屋号の封筒類は、一般的に、取引先や、グループ企業や関係会社、社内便用の封筒に使用すると思います。
一般のお客様や、、、
特に、お客さま相談室への問い合わせに対する回答文書の送付に「手書き修正」封筒を使うなんて正気の沙汰とは思えません。

それは、それは、すんごい!会社ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答誠にありがとうございます。
私も一連の流れに違和感を感じており、賛同していただける方がいらしてうれしく思います。

お礼日時:2011/04/16 01:58

「小職」という言葉は、「官職」つまり昔でいえば、それなりの官位(官職と位階)を持つ貴族が目上の相手に対して使う言葉です。


また、そこそこ高い官職のものが使ってこそへりくだることになりますが、そうではない者が使っても逆効果です。
ましてや、民間企業の課長やそこらが社外の相手に対して使うような言葉ではありませんね。
(「私は平社員ではなく、役付きですよ」とアピールしているようなものです)

「小生」であれば、書き言葉であれば普通に使っても用法的には間違いありません。
ただ、最近では意味が理解できない人もいるでしょうし、へりくだっているつもりが逆に尊大な表現に受け取られることさえあります。

謙譲語というのは、字面そのものより、へりくだる心の方が大切です。
国語的な用法が仮に正しくても、相手を見て適切に使わなければ、無意味なばかりか逆効果になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/29 20:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「小職」、「小生」の使い方

最近、私の部下(20代半ば)が社外向けのメールで頻繁に、自分のことを「小職」と言ったり、「小生」と言ったりしています。私の認識では、

「小職」は、役職に就いている人間がへりくだって言う場合に使用。どちらかというと、社内向けの文書で使う言葉。

「小生」は、目上の立場のものが、下のものに対して、へりくだって言う場合に使用。目上のものに対しては、通常使わない。

という感じで認識していますが、間違っているでしょうか?
注意をしようかどうか迷っています。
お客に対して、威張っているような感じも受けるのですが、私だけでしょうか。

Aベストアンサー

× 小生が思うに、顧客向けの文書では「小生云々」は使わない方が宜しかろうと存じます。
○ 私の考えでは、お客様向けの文書では「小生云々」は使わない方が良いと思います。

このように、小生は、文章全体の文体をも左右しかねません。
ですから、前者では、「偉そうに答えやがって」と思われることでしょう。
全体に高所から情報を発している文体になっているので当然のことです。
小職も、また、同じです。
加えて、何か、官僚的な上意下達の臭いも感じます。

理由と用法は、質問者の考えられている通りでしょう。
注意すべきかと思います。

Qヒラ社員なのに「小職」、注意すべき?

最近なぜか、ご自分のことを「小職」と書いて
メールする方をよく見かけます。

耳慣れない言葉だったので辞書で調べてみたところ、
『一人称。官職についている人が自分をへりくだっていう語』とあり、
役職者はともかく
ヒラ社員が使うのは誤りではないかと思いました。


具体的にどの立場から
使ってOKなのかはわかりませんが、
たとえば新入社員がマネしてかっこつけて社外の方へも使っていたら
恥ずかしいものでしょうか?


同僚がクライアントへの電話で
「拝見していただけましたか?」と毎回言うのも気になります。
これも言おうかどうしようか迷っています。



こうした同僚の表現間違い、皆さんはどうしてますか?
私だったら、自分が間違ってたら恥ずかしいので教えてほしいです。

Aベストアンサー

一般社員が自分をへりくだるときには、
「小職」ではなく、「小生」でよいと思います。

辞書では、
「手紙文などで、男子が自分をへりくだっていう語」
となっていますし、問題ないでしょう。
goo辞書で、検索語を「小生」とし、「説明文から」で
検索してみると、他の言い方も確認できますよ。

こういう表現間違いって、聞いているこちらも
なんとなく気恥ずかしいですよね。
私は昔、先輩の男性社員が、上司に向かって、
「ご苦労様です」って言っているのを、
いつも、ハラハラして見ていました。
相手が同期や後輩なら指摘できるんですが、
先輩なだけに、結局、何も言わずじまいでした。

ところで・・・、
「小職」とか「小生」って使っている人は、
へりくだりながらも、なんとなくエバッている感が
あるように感じてしまうのは、私だけでしょうか?


人気Q&Aランキング