こんばんは。デザイン事務所の代表をやっております。
最近デザイン+印刷費ということで
印刷~納品まで請け負うことが多いです。
印刷費は大体そのまま請求しておりますが
上乗せしている方って何%位のっけてますか?
印刷所とのやりとりが便利なので今後も請け負うつもりですが
今後は若干プラスしようと思っております。
同じようにデザインから印刷、納品までやられている方、
教えて頂けると嬉しいです。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

条件 検収」に関するQ&A: 検収条件について

A 回答 (6件)

一般管理費として15%ですね.あとは企画費・制作進行・雑費などとしての請求.

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね。その位ですよね。
一番確実なのは、ちゃんとプラスした内容を説明して納得してもらうことですね。

お礼日時:2011/05/07 15:38

>デザイン事務所の代表をやっております。


>印刷費は大体そのまま請求しておりますが上乗せしている方って何%位のっけてますか?
経営者ならコスト計算で手数料も含めて算出できなければなりません。
印刷会社への支払い条件と注文主の支払い条件で運用金利の差額が出ると思います。
また、印刷会社への発注、納品検収等のために時間を割きますので、その人件費も考えなければなりません。
世間相場で手数料を上乗せすると注文主の信頼を失いますので、裏付けを提示して率直に必要経費を加算して下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
確かにきっちり算出して提出するのが信頼関係に繋がりますよね。

お礼日時:2011/05/07 15:28

印刷費の金額にもよるのでは?



%といっても 元の金額が大きければ大きくなりますし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね。数百万の場合は
%は低めにしたいですね。

お礼日時:2011/05/07 15:29

うちは1発目は 5%~超特急時10%+輸送費取ります。


データはこちらと相手で売り切りデザインならDVD-Rでメディア渡し
継続であれば契約書の写しと印刷の紙媒体のファイルを渡します。
その場合の追加印刷発注なら (0.5%+印刷代)+ 輸送費の請求です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
具体的な相場、ありがとうございます。
ただ、増刷やもろもろのトータル経費を考えると
自分の判断で安くなっている部分もあるので
それを能力として高めの%をとりたかったりもします。
もちろんそれも見積もり項目には加えます。

お礼日時:2011/05/07 15:30

質問者様の質問を見ていつも思うのですが…



なぜ『マッキントッシュ』カテゴリへの投稿なのでしょうか?
『ビジネス&キャリア』→『クリエイティブ』の方が
よりたくさんの回答が得られると思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうでもないですよ、こっちのカテゴリの方が回答は多いと思います。

お礼日時:2011/05/07 15:39

得意先ですが、以前デザイン会社通しで印刷を発注していた際、デザイン会社が法外なマージンを乗せて請求していたことが発覚したために大問題になったことがありました。



そのため、

○印刷をデザイン会社や代理店を通す際は、マージンの比率をあらかじめ決める
※業界の慣例からして、大体5~7%位が適正とされる。
本当は15%が望ましいのですが、今どきそこまではとれません。

○見積もり・請求時には、デザイン会社・代理店が印刷会社から受け取った見積もり・請求書も一緒に提出してもらう
※外注先が適正な取引を行なっているかチェックするため。

といった面倒な取り決めを設定し、不正にマージンを上乗せされないよう監視したという経緯があります。
今となっては、印刷は間に会社を立てず、得意先である当方と直取引のみとなりました。
仕事が増えて大変ですが…


ご質問の場合は少なくとも、見積もりに「管理費 ○%」と項目を立てたほうがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私も確かにその問題になるのを恐れてます。
管理費の他に誰にいくらなぜはいるのかを
はっきり明確にして、納得してもらうことですよね。

お礼日時:2011/05/07 15:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q印刷所に入稿する際の手数料請求は失礼でない?

個人でデータ制作(主に印刷物用のデータ)の仕事をすることになり、いくつか依頼を頂きました。
私は完成データを依頼者に渡すまでで、印刷所への入稿、印刷代の入金は依頼者の方でやって頂きました。

印刷に詳しくない別の依頼者の方がいます。
慣れていないので私の方で印刷の手続きをしてほしいということで入稿+印刷代入金をしなければなりません。
その際に銀行振込手数料や領収書発行に費用がかかります。(領収書発行に500円必要と印刷所のHPに書いてありました。)
印刷入稿を依頼主の方がされると費用がかからないので、私のほうでする場合は手数料を請求したいのですが
例えば「印刷入稿手数料」という名目で請求してもいいものでしょうか。(1500円ほどにする予定です)

なにかにくっつけて請求して項目上は請求していない風にするものなのでしょうか。

ただ実際の印刷代にこの印刷入稿手数料をプラスした状態で見積もりを出したとして
印刷が終わって印刷所の請求書見せてと言われ、金額が見積もりと違った場合や

もし次回同じ内容で注文を頂いて、印刷入稿は依頼者のほうでするとなった場合など
値段の違いを説明しないといけないかもしれません。
それだったらはじめからちゃんと説明したいのです。

データ制作代金にのせてしまえば分からないのかもしれませんが。
次に同じ依頼がきたらデータ作成のみだとしても前回と同じ請求額でというやり方もあるのかもしれませんが
ウソをつくのが嫌だなと思っています。
かといって何でも正直に言ってしまうのも問題があるのではないかと思いました。

私は営業的なことがさっぱり分かりません。
うまいやり方があるのかもしれませんが思いつきません。

どなたか助言よろしくお願いします。

個人でデータ制作(主に印刷物用のデータ)の仕事をすることになり、いくつか依頼を頂きました。
私は完成データを依頼者に渡すまでで、印刷所への入稿、印刷代の入金は依頼者の方でやって頂きました。

印刷に詳しくない別の依頼者の方がいます。
慣れていないので私の方で印刷の手続きをしてほしいということで入稿+印刷代入金をしなければなりません。
その際に銀行振込手数料や領収書発行に費用がかかります。(領収書発行に500円必要と印刷所のHPに書いてありました。)
印刷入稿を依頼主の方がされると費...続きを読む

Aベストアンサー

>例えば「印刷入稿手数料」という名目で請求してもいい…

別に悪くはありませんけど、手数料などと称するのは、一般的な商慣習ではないです。

あなたが街の電器店でテレビを買うとき、テレビの販売代金にはメーカーの製造原価のみならず、流通過程の運送経費に問屋や小売店の利潤、広告宣伝費から租税公課に至るまで、ありとあらゆる経費が含まれています。
電器店はそのような原価の内訳を顧客に明かしたりしません。

>1500円ほどにする予定です…

実際にかかる費用に適正な利潤を上乗せして請求することに、何の問題もありません。

>印刷が終わって印刷所の請求書見せてと言われ…

見せる必用ありません。
誰も電器店でテレビの原価構成を聞いたりしません。

>印刷入稿は依頼者のほうでするとなった場合など値段の違いを説明しないといけない…

直に分離発注すれば安くなるのは当たり前で、そんな説明など必用ありません。
どうしても説明しろといわれたなら、
「外注費にマージンを上乗せするのは、商慣習として当然のこと。」
と開き直れば良いです。

>次に同じ依頼がきたらデータ作成のみだとしても前回と同じ請求額でというやり方もあるのかも…

それはいけません。
具体的にどんなお仕事内容か良くつかみきれませんが、とにかく、データ作成のみの場合と、100部印刷も 1万部印刷も同じ料金ということはあり得ません。

>ウソをつくのが嫌だなと思っています…

ウソをつくのではありません。
適正な利潤を得るだけです。

>かといって何でも正直に言ってしまうのも問題があるのではないかと…

だから、
・データ作成料 10万円
・印刷 @100円 × 100部 = 1万円
・消費税 5,500円
・合計請求額 115,500円
と、この程度の内訳で良いのです。

「データ作成料」はあなたがほしいと思うだけ。
「印刷」の単価は、実際にかかった外注費の総計に適度の利潤を上乗せして逆算。
「消費税」の請求も忘れないように。

>例えば「印刷入稿手数料」という名目で請求してもいい…

別に悪くはありませんけど、手数料などと称するのは、一般的な商慣習ではないです。

あなたが街の電器店でテレビを買うとき、テレビの販売代金にはメーカーの製造原価のみならず、流通過程の運送経費に問屋や小売店の利潤、広告宣伝費から租税公課に至るまで、ありとあらゆる経費が含まれています。
電器店はそのような原価の内訳を顧客に明かしたりしません。

>1500円ほどにする予定です…

実際にかかる費用に適正な利潤を上乗せして請求することに、...続きを読む

Q印刷物納品後、クライアントから版下データを要求されましたが・・・。

はじめまして。デザイン制作会社に勤務しているデザイナーです。
先日あった、数年取引のある某飲食店クライアントとの話です。

今までの印刷物のデータ一式(折り込みチラシや、フライヤー、DMなど)を欲しいと言われました。
案件ごとに制作デザイン費、撮影代一式をその都度、支払っているからと言われれば、クライアントに権利がある気もします。
ただ、印刷する為の版下データ(イラストレーターデータ、画像データなど)の権利は制作会社のものとではないでしょうか。
基本的には、このような契約を結んでも無いですし、今後の関係性を考えると、頑なに拒むのも不利益かなとも思います。

このような場合のような、一般的な回答や、よいアドバイスがあればよろしくお願いします。

因みに、大きなキャンペーンや手の込んだ印刷物など以外は、ほかの出入り業者が請け負っているようです。

Aベストアンサー

 「撮影料を払おうがデザイン費を払おうが、著作権の譲渡が契約書に明記されていない限り、写真やデザインの著作権は制作者にあります。自由に使い回したりアレンジしたければ、別に契約して権利を買い取ってもらうのがスジでしょう」という#2様のご回答がこれまでの中で一番正解に近い表現だと思います。端的に言えば、著作権は基本的に作品を生み出した者に帰属するからです。
 
 ただ、クライアントとクリエィティヴの関係では、その関係の開始の時点で権利や基本契約などについてよく話し合い明文化してからスタートするといったケースが少ないことに加えて、かなりまとまった額の制作料を支払ったクライアントにしてみれば、著作権や版権はすべて当方に帰属するものととかく考えがちなもの、そこに双方の考え方の違いが問題して生じてしまいがちなものです。

 わたくしもこれまでに何度かこの問題に遭遇したことがありましたが、まずは相手さんによく説明して十分に納得してもらうことから始めました。幾つかのケースでは著作権について理解を頂いて解決しましたが、中には物分りが悪い向きもありますからやむなく金額的な面で妥協したケースもあり、幾つかは一切拒否の姿勢を貫いたものでした。

 ただ、こうしたケースでは一旦作品が自分の手を離れると、当然のことながら作品が理不尽な一人歩きを始め、しかも多くは他人の手が加えられと、オリジナリティと品位を保てないことになりますので、わたくしの場合は全件に対して、たとえ手弁当の無料奉仕であろうとも、印刷などの際には監修をさせてもらうことを条件としながらも、権利の一切を移譲するということだけはお断りしてきました。

 とは言うものの、ケース・バイ・ケースとはよく言ったもの、事情はそれぞれで違います。もちろん「今後の関係性を考えると、頑なに拒むのも不利益かなとも思います」とお考えなら、それはそれで妥協もしかたがないでしょう。ただし、それで不利益を回避できるかどうか、わたくしは疑問を感じますが。

 ただ、ひと言言いたいのは、結果的にどのような道を選ぼうと、このような著作権の存在、そしてその主張と移譲、あるいは流用の許諾といったクライアントとクリエィティヴの関係についてはキチンと理解し、プロの立場からクライアントに十分な説明を行いつつ、一貫して曖昧な姿勢を取らないことが大切だということだけは申し上げたいところです。
 

 「撮影料を払おうがデザイン費を払おうが、著作権の譲渡が契約書に明記されていない限り、写真やデザインの著作権は制作者にあります。自由に使い回したりアレンジしたければ、別に契約して権利を買い取ってもらうのがスジでしょう」という#2様のご回答がこれまでの中で一番正解に近い表現だと思います。端的に言えば、著作権は基本的に作品を生み出した者に帰属するからです。
 
 ただ、クライアントとクリエィティヴの関係では、その関係の開始の時点で権利や基本契約などについてよく話し合い明文化し...続きを読む

QチラシやPOPの元データは無償で渡すべき?

チラシやショップカード、POPなどの制作・印刷代行をはじめたのですが、イラストレーターやフォトショップなどの元データは依頼されたら顧客に無償渡すべきものなのでしょうか?
それとも、元データを渡す際は制作・印刷料とは別途請求するのが普通なのでしょうか?

過去の質問を拝見し、著作権についても勉強したのですが、実際現場ではどのように扱われているのかが知りたくて質問しました。

渡さないと融通の効かない業者という風に思われたりするのでしょうか。もしデータ料をいただくのが普通であれば、A4サイズなどの相場を教えて頂けると大変助かります。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

契約しだいです。
官庁の入札で、「データを渡す」という条件に出会ったことがあります。

過去の判例ですと、契約がなされていない場合、

 普通、「印刷物」を発注した場合、其の途中で作成したデータや昔ならフィルムなどは「印刷会社」の物になり,発注者は「印刷物」だけ権利があります。

 現在では、デジタル化で簡単にデータの流用ができるので、データを渡してしまうと仕事が来なくなることがあります。したがって、データを渡す場合は、普通の価格よりも高めにするのが一般的です。

2ちゃんねる DTP・印刷板
「データよこせ!」への対処はどうしてる?
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/dtp/1217346815/

Qデザイン制作にかかる印刷代の勘定科目。

フリーデザイナーです。
勘定科目について教えてください。

商品として納品するパネル制作にあたって、
出力センターでラミネート加工を注文しました。
その時に支払った費用の勘定科目について教えてください。

費用として印刷加工代と勘定科目を作ってしまってよいのか、
わかりません。
こういった費用はこれから頻繁に出てくると思うので
スッキリ疑問を解消したいです。

Aベストアンサー

会社で事務をしています。

商品のパネルのためにラミネート加工をしたのであれば、
その費用は、仕入もしくは外注費ではダメなのですか?

仕入高 : 販売目的で外部から仕入れた商品(少額でない付随費用を含む)を処理します。

外注費 : 会社の業務の一部(出荷業務等)を外部へ委託している場合、その支払額を処理します。

下記は私がよく参照している勘定科目のサイトです。
よければ参考にしてください。

参考URL:http://www.lan2.jp/jisyo/

Qデザインの内訳・請求額について

個人でデザイナーをしている者です。
まだそこまで経験はありません。
この度ポスターデザインを受けて初めて請求書を書く事になったのですが、デザイン全てにおける必要事項がどんなものかよくわからないので、参考にさせて頂きたく、デザイナーをされている方にお聞きしたいのです。
調べてみると事細かく出てきますが

アイディア費/デザイン費/制作費/入稿データ料/修正費/印刷費/納品費など…

デザイン費に修正やアイディア費が含まれる事もありますが必要とされるものはこの辺が一般的でしょうか?
何か大事な事が抜けているといけないので、宜しければ例を挙げて教えて頂けないかと思います。

クライアント様側で印刷から納品をされる、写真などの資料が予め準備されているなどその場合金額も多少変わってくるかと思いますが、[A3サイズ、片面カラーのデザイン]の条件ですと流れとして妥当な金額も含めどのようになりますか?

不手際ありましたらすみません。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

Webディレクターですが、回答させていただきます。

請求書ということは、事前に見積もりを出さずに始めているパターンでしょうか。
見積もりの段階で、いろいろとルールを明確に伝える(見積書に備考欄をつくって記載しておく)と、トラブルを防ぎやすいです。
もし、まだ発注前なら、細かく指定しましょう。
例えば修正費は、たいてい発生しますが、ミスの場合や指示ミス、デザインの好みが合わないなどあると思いますので、(1回までは修正無料 )としてもいいと思います。
「込み」にすると、修正がなければ値引きしてくれ、と言われることがあります。
アイデア、デザインの違いがあまりわかりませんが、別々ではなく、あわせて「デザイン費」としたほうが突っ込まれにくい気がします。
ただ、細かく分けることで、中断になった場合など、「ここまでの費用はください」と言いやすいです。
あと、備考欄には、「作成後、不要となったデザイン、制作物は、作成時点を納品物とし、費用をいただきます」等の注意書はあったほうが良いと思います。
たまに沢山つくらされて「不要になったのでキャンセル」と言われますが、事前に言うことで慎重に依頼がされるようになり、お互い無駄や不満がなくなります。

項目については、多すぎる印象ですが、細かいほうが受ける側は理解しやすいので、おすすめです。

私がもらう、作る見積もりですと、
デザインディレクション費
デザイン費、制作費
くらいにまとめちゃいますね。あとはランク分けで単価が違ったりします。

また、納品物が、元データだったり、二次利用したいと言われることがあるので、ルールを記載しておくとよいですね。
例えば「PSDデータでの納品は別途お見積りします」などの記載があれば、元のデータが納品物という誤解はされません。

希望の回答にはなっていませんが、参考までに。

Webディレクターですが、回答させていただきます。

請求書ということは、事前に見積もりを出さずに始めているパターンでしょうか。
見積もりの段階で、いろいろとルールを明確に伝える(見積書に備考欄をつくって記載しておく)と、トラブルを防ぎやすいです。
もし、まだ発注前なら、細かく指定しましょう。
例えば修正費は、たいてい発生しますが、ミスの場合や指示ミス、デザインの好みが合わないなどあると思いますので、(1回までは修正無料 )としてもいいと思います。
「込み」にすると、修正がなければ値引き...続きを読む

Q個人に払うデザイン代は源泉徴収するのでしょうか?

私はサイト開発をしている会社の経理を担当しています。
会社設立から1年と経っておらず、私自身経理初心者なので、
判断がつかず困っております。

個人事業主のデザイナーの方に依頼したのは、当社のサイト開発の一部
業務を言わば外注したもので、経理上も外注費として処理しています。
請求書に源泉徴収の記述がなかったので、その時はそのままの代金を
支払ったのですが(金額としては5万円程度です)、
後になって源泉徴収すべきではなかったのかと疑問が湧いてきました。
経理の人間がこんなことではいけないと、深く反省しています。

教えてgoo!の質問の中からいろいろと探していたのですが、
『デザインへの報酬の支払いではなく一定の作業を外注したと見なせば、源泉徴収は行わない』
という回答があったのですが、今回のケースには当てはまりませんか?
外注費、として処理してあるので、このまま源泉徴収しなくても構わないのでしょうか?

どなたか御回答いただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

所得税法基本通達は、源泉徴収の必要なデザイン報酬として、「映画関係の原画料、線画料又はタイトル料、テレビジョン放送のパターン製作料、標章の懸賞の入賞金」を挙げており、一方で「 織物業者が支払ういわゆる意匠料(図案を基に織原版を作成するに必要な下画の写調料)又は紋切料(下画を基にする織原版の作成料)、字又は絵等の看板書き料は、前記の報酬に類似するものの源泉徴収しなくてもよい」としています。

従って、ご質問のインターネット・サイトのデザインに関する支払は源泉徴収の必要な報酬ではないと考えて差し支えありません。

Q【フリーデザイナーの方】パッケージのデザイン料金

お世話になります。
現在会社でグラフィックデザインを行っております。
以前勤めていた会社からパッケージの制作依頼がきており、会社としてではなく、個人として引き受けたいと思っています。

以前、見積もりが欲しいと言われた際に、会社在籍時の相場を参考に、1パッケージ(ロゴデザイン含め)10万円~とかなり大雑把に目安を伝えました。
ラフは3案程度提案、修正料込みなので、これでも相場よりは安いかな?と思っていましたが、「何名もデザイナー、営業が居る大きい制作会社ならわかるけど、個人でやっているのに高いのでは。この金額ではお願いできない...」と言われたことがあり、今回改めての見積もりをどう出すか、に悩んでいます。
(そのように言って来たのに、再度見積もりを依頼するのもどうかと思いますが... 苦笑)

クライアントはかなり小会社で、担当商品の流通量も少ないため予算には厳しいのですが、
これまでの付き合いもあるため相場の範囲内で一番安い見積もりを出してあげたいと考えています。
個人でフリーで活動中の方に、下記お見積もりの出し方のアドバイスいただけたら嬉しいです。


(1)ロゴデザインなど含め、新規でグラフィックから制作するパッケージデザイン料金


(2)ロゴは流用で、雰囲気は前回のママ踏襲する簡単なパッケージデザイン
(イメージとして3-4時間以内でできる範囲のデザイン)

(3)デザイン全て前回のママイキ、1行程度の文字修正や一部のみ修正の際の料金
(30分以内でできる修正)

よろしくお願いいたします。

お世話になります。
現在会社でグラフィックデザインを行っております。
以前勤めていた会社からパッケージの制作依頼がきており、会社としてではなく、個人として引き受けたいと思っています。

以前、見積もりが欲しいと言われた際に、会社在籍時の相場を参考に、1パッケージ(ロゴデザイン含め)10万円~とかなり大雑把に目安を伝えました。
ラフは3案程度提案、修正料込みなので、これでも相場よりは安いかな?と思っていましたが、「何名もデザイナー、営業が居る大きい制作会社ならわかるけど、個人でや...続きを読む

Aベストアンサー

フリーでデザイン9年やってます。

この場合、見積もりを出さないで相手の希望する金額を素直に聞いた方がよいと思います。
10万円と一度見積もっているのだから、
5000円でやってくれとかみたいな極端な安い値段は言ってこないと思います。

ワタクシの計算方法ですが、
日給5万円で計算しています。(分量が多ければ4万にも3万にもなりますが…)

なので、
(1)について
3パターンのラフを新規で作るのに1日でできるのであれば、
最低金額5万円(当然修正などのやりとりに数回、数日要すると思うけど、これはやってみないと分からないので、一番時間のかかる新規作業分のみの計算をします。)

(2)について
上記の計算をふまえて2~3万円。

(3)について
1万円。

こんな感じです。
でも見積もりくれって言われたら(2)、(3)については上記の値段とほぼ同じ感じに見積もり出すと思いますが、
(1)に関しては質問者様と同じ10万円くらいの見積もりは出すと思います。

QA4チラシのデザイン料

クライアント直で、チラシのデザインの依頼を受けました。
A4・表面(4色)・裏面(4色)です。
部数は、まだ聞いていません。

当方、ページもののデザイナーのため、
ペラもののデザイン料が分かりません。
この場合、どれぐらいのデザイン料になるでしょうか。

ちなみに、同じクライアントで、
(折ってB5になる)
B5の三つ折りパンフレット・表面(4色)・裏面(4色)を、
以前10万円で請求したことがあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>¥25,000と、¥30,000の違いはどういうところなのでしょうか?

irr0804さんが、どのようなデザイン・どれくらいのデザイン実績がおありか
  存じ上げない状態での、シンプルに私の場合はという回答です。
  クライアント様からデザインを受けた場合、デザインの内容によっての価格幅です。
  ※これは¥25,000と、¥30,000どちらを請求させていただくかは、私の場合は内容次第です。


>3割は、何のためにプラスするのか気になりました。

  説明が悪かったですね・・・
  打合せ料金・交通費を込で請求する場合、3割プラスしたり
  クライアント様との状況次第で別途という明記で請求する場合とそうでない場合と臨機応変にしてます。
  
  たとえば、デザイン料金のみ請求でよい場合はそのままの計算。
  デザインが大変・もしくは何回も調整が入るなどは請求金額をかえたり・・・
  あと、打合せが何度も・・・調整が何度も・・・
  なんてことは経験ないでしょうか?
  私の場合はクライアントの数・デザインの数分、基準価格をもとに様々な価格があると思います・・・
 
※基準価格から大幅に請求額が変わるようなことはしません。
  打合せなどの時間を、人件費で計算した場合、妥当な金額もしくはお安く請求させていただいてます。

>¥25,000と、¥30,000の違いはどういうところなのでしょうか?

irr0804さんが、どのようなデザイン・どれくらいのデザイン実績がおありか
  存じ上げない状態での、シンプルに私の場合はという回答です。
  クライアント様からデザインを受けた場合、デザインの内容によっての価格幅です。
  ※これは¥25,000と、¥30,000どちらを請求させていただくかは、私の場合は内容次第です。


>3割は、何のためにプラスするのか気になりました。

  説明が悪かったですね・・・
  打合せ料金・交通費を込...続きを読む

Q利益をのせる

カテゴリーの選定が合っているかわかりませんが、分かる方教えて下さい。
会社で使う計算方法であって、これが業界用語か分かりませんが、
「利益を10%のせて」と言われると、商品の金額÷0.9をします。
例えば、1000円のものは1111.1111……となり、約1112円となります。
しかし、1000円の10%は100円です。
これをのせるといえば、利益を10%とることなので、1100円ではないでしょうか?
1112円と1100円で12円の差がでます。
私が意味をちゃんと理解していないだけかもしれませんが、
「チラッと分かる」という方でも結構ですので、何か答えか、
考え方のヒントを下さい。

Aベストアンサー

既に回答が出ていますので、屋上屋ですが、整理しておきましょう。

売値を決める時に、利益率で計算する場合、次の2つの方法があります。

(1)仕入れ原価の10%の利益を乗せる方法・・「内掛け」と呼びます。
売値=原価1,000円X(1+利益率)
<例>原価1,000円X(1+利益率10%)=1,100円

これは、原価に対しては10%の利益が取れますが、売値1,100円に対しては、100円÷1,100円≒9%の利益率となります。

(2)売値の10%の利益をとる方法・・「外掛け」と呼びます。
売値=仕入れ原価÷(1-利益率)
<例>原価1,000円÷(1-0.1)=1,111円

以上を理解しておくとよいでしょう。質問者の会社でとられている方法は、(2)の方法です。業界や会社により、違います。

Qパンフレットを再版かける際、イラスト・デザイン流用料の請求がきたのですが・・・

こんばんは、よろしくお願いします。

このたび、会社のパンフレットに書いてある内容が若干変わるため、その部分を一部修正して、再版をかけることになりました。
そこで、グループ会社(制作会社)へ修正を依頼し、見積りをとったところ、見積り内の項目に、「イラスト・デザイン流用料」というものが入っていました・・・。
ちなみに、料金は、一番最初にパンフレット制作をお願いした際の、イラスト・デザイン料金の50%の金額・・・。
当初デザインを担当した方というのが、その依頼した制作会社の人間ではなく、その制作会社から、さらに外注をした様子です。(会社なのか、個人なのかはわかりませんが。)

この「イラスト・デザイン流用料」というものに、どうにも納得がいきません。
当初パンフレットを制作した際、ちゃんとイラスト・デザイン料金と支払っているならば、そこでイラスト・デザイン料金というのは、完結するものだと思っていました。
これから、再版をかけるたびに、流用料を払わなければいけないのでしょうか?

これから、著作権法・意匠法について調べてみようと思っていますが、もし、こんな事例に心当たりがある方がいらっしゃいましたら、ぜひ、この「流用料」の請求に対して払うべきなのか、払わなくていいものなのか、教えてください。
よろしくお願いします。

こんばんは、よろしくお願いします。

このたび、会社のパンフレットに書いてある内容が若干変わるため、その部分を一部修正して、再版をかけることになりました。
そこで、グループ会社(制作会社)へ修正を依頼し、見積りをとったところ、見積り内の項目に、「イラスト・デザイン流用料」というものが入っていました・・・。
ちなみに、料金は、一番最初にパンフレット制作をお願いした際の、イラスト・デザイン料金の50%の金額・・・。
当初デザインを担当した方というのが、その依頼した制作会社の人間...続きを読む

Aベストアンサー

アートディレクターをしています。

回答ですが。。。とはいえ、その都度その案件ごと全てに適応というわけでもないのですけれども、基本として金額は発生します。

流用料という語句は、間違っていると思われますね。再使用料ぐらいのほうがわかりやすかったかも(笑)

問題としては、そのイラストが、買い取りであったかどうかということがポイントとなります。その時々権利の買い取りの有無は、本来明確にしておくべきものです。

制作物に対する金額のはじき出し方には色々な方法や形があります。とくにイラスト、写真等に関しては重版がかかるたびにレンタル料のような形で支払うケースも少なくはありません。一度作ったから終わりというわけではないのです。

何故そのようなことが生まれるのかといえば、そこには「著作の権利」であったり「知的財産」としての表明であったりとあるわけですが。

さらに、制作側が御社の予算をOKした理由として、例えば「パンフレット500部制作にあたりのイラスト料金」と考えていたはずで、それ以上の部数の使用は追加使用料という姿勢があったと思われます。

これの理由としては、どれだけ世間に流布されていくかという視点で料金をはじき出す場合もあるからです。例えば、企業ロゴなどのデザインが一様に高額な理由の一つとして、長くに渡り企業シンボルとしてあらゆる媒体にそのデザインが使われていくからというポイントもあります。

なんにせよ、権利の有無について明確にしておかなかったことが、今回の事件の原因で、そこに「納得いかない」は適用するべきではないかと思われます。

制作者たちからすれば、そういうクライアント側の無知からくるしがらみで、泣き寝入りすることも多く、また自分たちの商品価値を下げるようになることに他ならないからです。

もし、どうしても納得いかないのであれば、最悪のケースとして、他のイラストに差し替えるという手もありますね。新規での料金は発生してしまいまうかもしれませんが、気持ち的には納得出来るかもしれません。

結論としては、クライアントとして、そのイラストの価値を認め、今後も良いお付き合いをと思うのであれば、支払ってあげるべきですし、こんなの代わりはいくらでもいるんだよというのであれば、支払わないでこれっきりとすることでしょうか。

アートディレクターをしています。

回答ですが。。。とはいえ、その都度その案件ごと全てに適応というわけでもないのですけれども、基本として金額は発生します。

流用料という語句は、間違っていると思われますね。再使用料ぐらいのほうがわかりやすかったかも(笑)

問題としては、そのイラストが、買い取りであったかどうかということがポイントとなります。その時々権利の買い取りの有無は、本来明確にしておくべきものです。

制作物に対する金額のはじき出し方には色々な方法や形があります。と...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報