フレッツVPNワイドのプラン10へ全く別の場所から
リモートデスクトップ接続が出来ると聞きました。
そのVPNにはPHP+MySQLで構築したシステム(サーバ:CentOS、PC
WindowsXP)があるので会社に出向くことなく自宅からそのデータや
プログラムを更新したいと考えています。
VPNに保守用のパソコン1台を設置してそのパソコンを
外から操作することができるそうなのですが具体的な方法や仕組みが分かりません。
そもそもですが、デスクトップ接続というとWindowsの機能を思い浮かべますが、
同じようにそのパソコンの画面が表示され、操作するのでしょうか。
実現するにはまず何から始めればよいでしょうか。
教えてください。
何卒よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

勤務先の会社が引いてくれればですが・・・


質問者の自宅をフレッツVPNワイドの新たな拠点として追加するだけです。
つまり会社の小さな営業所扱い。

現在、会社の支店・営業所のPCから該当サーバを操作できる仕組みになっているのであれば、リモートデスクトップを使う必要すらないでしょう。

なお、こんな方法もあります(わたしが委託されたサーバを管理している方法ですが)。
http://www.kddi.com/business/secure_pc_access/in …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIP-VPNとインターネットVPNの違い

就職活動をしている大学生です。
セキュリティとネットワークに興味があり、そこから自分が何をやりたいのか突き詰めて行った結果VPNを提供している企業が浮かび上がって来ました、業界研究をしている際に疑問が出てきました。

IP-VPNとインターネットVPNの違いの違いがいまいちわかりません。

インターネットVPNはインターネット上を介したVPN、IPは事業者のネットワーク内のVPNって解釈でよいのですかね??

そうなるとプライベート回線を引くのとIP-VPNの違いは???

提供している事業者の違い、VPNに関すること、VPNの今後&求められるもの等、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用い、自社専用ネットワークであるかのようなWANを構築できるサービスのことです。
通信事業者側で用意している網は品質を保証してあり、ユーザー側はIP-VPN網に接続するだけで、セキュアな通信ができ、インターネットVPN同様LANのように使えます。

プライベート回線とは専用線やフレームリレー網などのことを言っているのですかね?
専用線は料金が距離に比例し、拠点間の距離が離れるほどコストが大きくなり、セルリレー/フレームリレーは、フルメッシュ型接続ですけど、柔軟なネットワーク構築が難しいという問題があります。専用線・フレームリレーなどは回線帯域の割にはコストが高いので、インターネットVPNやIP-VPNでコストを安くしてネットワークを構築するようになってきてます。

インターネットVPNやIP-VPNはプロトコルにIPを使わなくてはならないので、データはIPに乗せる必要があります。
そこで、広域イーサネットというサービスを各通信事業者が行っています。広域イーサネットはプロトコルをIP以外(IPXやSNAなど)を通すことができ、またイーサなので、WAN側に接続するのに極端な話、スイッチでつなげられますので、今までのようにルータの設定などいらなくなります。(VLAN構成にするならスイッチの設定が必要ですけけど)また、QoSなどデータの優先制御や帯域制御などもできますので、VoIPなどにも使えますね。
ということで、簡単に拠点間のLAN構築が可能になります。

提供しているサービスの違いは、どこも似たり寄ったりかなって思いますけど。
サービス提供エリアや、構築にあったオプションサービスなどで選べばいいのでは。

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワ...続きを読む

QONUとCTUの違い

LANについてお聞きします。
ONU(回線終端装置)とCTUの違いがわかりません。
役割と違いを教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CTUってのが何だか分からなくて調べてみました。
https://506506.ntt.com/yougo/159.html
要はNTT西日本のフレッツ光・プレミアム以外でいうところの、
ルーターやルーター機能内蔵のモデムといったところですな。
ONUは終端装置、CTUはブロードバンドルーターの位置づけで
役割は全く違うと思いますが。

QVLANとVPN

複数のVLANを含んでいるネットワークの中の各VLANへWAN側からアクセスさせる、という設定は可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

製品(使うルータ)次第でしょう

http://www.centurysys.co.jp/router/index.html
の機器でフレッツVPNワイドでVPNを組んで、拠点ごとにアクセスできるVLANを制限したネットワークを構築したことはあります
(VLANタグを付けたのはこのルータの下に付けたL2SWで、このルータはタグ付きVLANを流しただけですが)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報