明日教授に奨学金を受ける為の推薦状を書いていただくことになってます。
その場で書いてくださるとのことですので、そんなに大変な作業ではないとは思うのですが、僕個人のためにしてくださることなので、ちょっとしたお礼は必要でしょうか?
お礼をするとしたらどんなものが良いでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

とらやの羊羹などいかがでしょうか?


昔から、「頼み事」や「謝罪」のときには「とらやの羊羹」というのがお約束になってるみたいです。

下記サイトで言えば、中形羊羹の「新緑」の化粧箱入(2本入)3,360円が適当かと思います。
もちろん大きさや味の種類・価格などはお好みで決めてくださいね。(笑)

価格一覧
http://www.toraya-group.co.jp/price/pri01.html#p …
店舗一覧
http://www.toraya-group.co.jp/shops/sho_index.html

相手が公務員でも「魚心あれば、水心」といいますから、相手が断っても、さりげなく
机の端などに置いてくるのがおとなの対応なのかな、なんて思いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
 
羊羹ですか、僕もきんつば的なものを考えていたので、検討してみます。
 
とらやの羊羹…覚えておきます。

お礼日時:2011/04/22 01:09

基本的には、口頭で感謝の気持ちを述べるだけでも結構かと思いますが・・・



ただ、社会には「慣習」というものがあり、周りの人たちがやっていれば、
自分もしておいたほうが無難ということもありますので、
同じような立場の人を知っていれば確認してみるのがベストです。

私なら、2千円程度の菓子を持参し「皆様でお召し上がりください」程度しておきます。

ただし国公立で、教授が「公務員」の立場でしたら、一切必要ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
 
やはりお菓子が無難でしょうか…
 
もうすこし早くにお礼の事を考えておくべきだったと後悔してます。

お礼日時:2011/04/22 01:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q推薦書のお礼

大学院留学にあたって、以前教授に推薦書を書いていただきました。

それからもう半年以上連絡していなかったのですが、進学先が決まったため、連絡したい(お礼をいいたい)と思いますが、どういう文面にしたらよいのか、悩んでます。

もし、良い文が思いつく方、いらっしゃったらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

メールで送る場合と勝手に想定しました。
(手紙の場合は拝啓など多少、手紙のルールを加味してください)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
○○教授

□□大学△△学部の◇◇です。
大変ご無沙汰しております。

この度、□□大学の大学院に無事、進学が決まりましたことをご報告いたします。

その節には推薦書を賜り、本当にありがとうございました。

大学院に進学してからも、○○教授から学ばせていただいたことを活かしながら、
さらに努力していく所存であります。

これからも○○教授がご自愛ご活躍くださることをお祈り申し上げます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Q教授推薦書の書き方について

こんにちは
私は、現在大学四年の学生です。
来年、春からは東京の企業で働くことになっています。

最近、企業から教授に推薦書を書いてもらうように言われました。しかし、教授にお願いしたのですが、自分で書け、とのことです。
後で、添削はしてくれるそうです。

教授推薦書とは、どのように書けばよいのでしょうか。企業からは特に用紙・文字数などの指定はなくフォーマット自由で書いてもらい、提出せよとのことです。

分かる方は、お手数ですが教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> しかし、教授にお願いしたのですが、自分で書け、
> とのことです。

「中身の下書きを」自分で書いてみて、ですね。


推薦書は、構造として
o 推薦者と推薦される者との関係
o 推薦される者の人柄・評価
o 推薦者の立場・属性などや、署名捺印
o 推薦書としての形式
の4つの部分に分けられれます。

ただ、あなたにとっての指導教員としての教授の先生は1人かもしれませんが、推薦書を頼まれた先生からみればたくさんいる学生の一人であるわけで、正直なところ『書く内容が思いつかない』わけです。仮にぱっと中身を思いついたとしても、成績をつけるように欠点とかも遠慮なく書いてしまったら「こんな欠点のある学生を推薦するんですかアンタは」と、その先生は会社から思われてしまうわけであり、さらには、その先生からあなたはそのように思われているとも会社から思われてしまうわけです。

というわけで、特に前2つについて、
o 4年間のうちどれくらいの期間のお付き合いか、なぜその学生を指導するようになったのか(どういう動機で何を勉強しようとあなたはその先生を選んだのか)、など
o 授業・ゼミ・研究、それに大学での課外活動、さらには大学に関係ない個人としての趣味・特性など
などが該当します。とりあえずは『他人からどう見られているか』という点をまず書いてみてはどうでしょうか。

その上で、それが単なる他人ではなく教員に書いてもらうとしたら...という見え方・書き方にアレンジしたもの、そしてそれを4項目目に相当する、公文書らしい形態(宛名・日時・文責、それに署名してもらうスペースなど)にして、下書きとして先生に渡せばよいでしょう。なお、最終的に紙に印刷したものを署名捺印してもらって封をするような形になります。

あんまり形式ばる必要はないのですが、どうしても形式のイメージがわかなければ、ビジネス文書の形式を参考にするといいかも。
http://www.teglet.co.jp/naoko/ の「ビジネス文書」の「紹介推薦」からの例文がちょっと参考になると思います。


学生の就職にあたっての推薦文の考え方として
http://pweb.sophia.ac.jp/~t-oka/edu/suisen.html
というのがありました。参考までに。

> しかし、教授にお願いしたのですが、自分で書け、
> とのことです。

「中身の下書きを」自分で書いてみて、ですね。


推薦書は、構造として
o 推薦者と推薦される者との関係
o 推薦される者の人柄・評価
o 推薦者の立場・属性などや、署名捺印
o 推薦書としての形式
の4つの部分に分けられれます。

ただ、あなたにとっての指導教員としての教授の先生は1人かもしれませんが、推薦書を頼まれた先生からみればたくさんいる学生の一人であるわけで、正直なところ『書く内容が思いつかない』わけ...続きを読む

Q就職の口利きのお礼はいくら位包めばいいのでしょうか…

息子が今度、就職試験を受けるのですが、受験にあたって推薦人(紹介者)として開業医の先生の知人にお世話になります。つきましてはその知人にお礼をしたいと思いますが、こういった事に初めてのの事で何も分らず、どのようなお礼をしていいものか困っております。その方面での知識の有る方、どうかお知恵をお貸しください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

下記のご質問に回答させていただこうと思っておりました。
締め切られていましたので、ここで書かせていただきます。
http://www.okwave.jp/qa3390581.html

#2さんへの補足で、
>試験の結果、同じ得点だった場合には、人事担当者は紹介人(推薦人?)がある方を選ぶのも道理ではないかと思うのです…。

全てがそうだとは言いませんが、おっしゃるとおりのことが多々あります。
父が以前会社のトップにいましたので、そのようなことを頼まれていました。

人それぞれで一概には言えないと思いますが、商品券でのお礼が一番多かったです。
金額は、5万~10万円くらいだったと思います。
医師ではありませんので、参考程度にされてください。

Q教授の研究室を訪ねたいときのメールの書き方

教授の研究室を訪ねたい場合はどのようにメールをすればよいでしょうか。
訊ねてもよいと言われている曜日に行こうと思っているのですが、一応時間帯など決めてアポをとっておきたいのです。
○時に行きたい旨を告げて、それがムリなら相手の都合に合わせて何時でも行けるので指定してほしいという内容にしたいのですが・・・。
教員の方にメールするのは初めてなもので、失礼の無い文章が書きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私だったらこう書きます。

○○科○年 ○○といいます。
○○についてお尋ねしたいことがあるのですが、
○月○日○時にお伺いしてもよろしいでしょうか。
ご都合が悪ければ、他の時間にも伺えます。
お手数ですが、ご返信宜しくお願いいたします。


教授は学生相手にそんなに立派な礼儀を
求めていないと思います。
質問者さんの敬語能力だったら
十分大丈夫ですよ。

よほど気難しい教授でない限り
簡潔で分かりやすい内容なら問題ないです。

Q教授の推薦書の書き方

こんにちは。初めて質問します。

内定が決まった企業に、
ゼミ教授の推薦書を
提出するように言われました。
その旨を、教授に伝えた所、
「推薦書の内容をメールしてください」
との返信がきました。

どなたか宜しければ、推薦書の書き方を
教えてはいただけないでしょうか?
是非宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

教授が言っているのは,中に何を書いて欲しいかということだと思います(教授が貴方のことを全て把握しているわけではありませんから…)

成績が良い,賞を取った,研究成果,性格その他の自己アピール,書いて欲しい事を箇条書きでも良いので,メールすれば良いです.

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q厳封のやり方について

厳封された証明書を送りたいのですが、具体的に厳封するとはどういうことをするべきなんでしょうか。

何か特別な判子(緘)なども必要なのでしょうか?

回答お待ちしています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

送る、というのが郵送という意味なら、内容証明が一番適切だと思います。

そこまでする必要はない、ということでしたら通常の封筒を用い、封をした箇所、封筒の紙を貼り合わせた真ん中辺り、下から開けられる可能性も考えて下の部分、の3箇所に押印(あなたの指名印)をするかサインでもしたらどうでしょう。

この3箇所というのは、封筒をのりで貼り合わせた箇所で、こっそり開けられる可能性がある場所です。こっそり開けて、再度貼り合わせたときに、その形跡が残るようにしておくのです。

通常、業務でプライバシーに関わるような書類を郵送する場合は、「緘」という印を3箇所に押して送りますが、個人の郵送でしたら個人印で十分だと思います。

Q「年次」と「年時」に使い方について

今、大学に提出する書類を作成してるのですが、少し漢字の意味で悩んでいることがあります。

よく、「大学3年次」という言葉を書きますが、この「3年次」というのは「大学3年生の時」という意味なのでしょうか?
つまり、「大学3年時」と同じ意味なのでしょうか?

それとも、「今、大学2年生で来年は3年次です。」というように未来などを表現する時に使う言葉なのでしょうか?

どなたかお詳しい方がおられましたら、ご教示頂けたら嬉しいです。

Aベストアンサー

大学用語としてお答えすれば,

>「3年次」というのは「大学3年生の時」という意味なのでしょうか?
わかりやすくは,そう解釈していいと思います。区別するとすれば,3年生というのは学生個人のステータスであって,3年次というのは制度的な入学後3年目をいうことばです。たとえば,
 3年生の健康診断は○月○日に行います。
 この演習科目は3年次に配当されています。

また,4年制大学のカリキュラムは4年間で組んでありますから,年次は1~4しかありません。しかし,留年をすれば5年生,6年生になる人もいます(大学によっては何回留年しても4年生ということもあります)。

Q受領を連絡された場合、返信はいるのでしょうか

ビジネスの場で 取引相手から受領メールが届いた場合に返信は必要なのでしょうか?
勉強不足にてお恥ずかしいのですが、ご回答よろしくお願いします。
もし 必要でしたら例文も書いて頂けると助かります(汗

Aベストアンサー

お客様であれば、ご丁寧に連絡いただきありがとうございます、くらいの返信はされてもよろしいかと。
基本的にお客様からの連絡で終わりにしないほうがいいので。
お客様というわけではないのであれば、そこまで必要ないと思います。

Q「お伺いさせて頂きます」という敬語

よろしくお願いします。

「お伺いさせて頂きます」という敬語の使い方は、やや不自然に感じますが正しいでしょうか?
間違っていればその部分と理由を教えてください。

Aベストアンサー

「伺う」「させて頂く」は、いずれも謙譲語ですので、二重敬語になり、違和感を感じられるのは当然です。
「伺います」あるいは「参加させて頂きます」などに言い換えるべきだと思います。

そもそも「させて頂く」という謙譲語は、「本来、このようなことをするのは失礼と存じますが」的な前提に基づいた敬語なのですが(例えばテレビで「抽選の結果は、発送をもって代えさせて頂きます」)、最近では、動詞にこれを付ければ敬語になると勘違いして使うケースが増えており、だんだんそれがスタンダードになってきているのは、個人的には淋しく悲しい気がしています。

例えば、会議などで企画を説明する時、本来は「それでは企画内容について、ご説明致します」「ご説明申し上げます」と言うべきですが、最近の若者はほぼ全員が「説明させて頂きます」と使います。
食事を勧められて「では頂かせて頂きます」という、わけのわからない敬語を使うのも聞いたことがあります。

スミマセン。年寄りの愚痴でした。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報