ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

質問させてください。

ギターヴォーカルをやっている人がよくマイクでバチってくる!!!と聞きます。

原因はアース処理がしっかりされていないからだということだと思います。

そこでよく目にするのが、ギターアンプのINPUTにささっているシールドにワニ口のクリップ(配線処理されているもの)を指し、その先をマイクのキャノンのコネクタ部であったり、ネジ(アンプやその近くにある何かしらの)につないでいます。

毎回、ライヴごとに手間をとらせるのも気が引けるので、買うより作成してしまう方向で考えました。

その時に、気をつけないといけないこと、こうやると後々便利ですよ!とか、過去にこれくらいの予算で作れました!!とか、あれば教えてください。

現状電線の長さは3m程度で考えています。太さは0.75mm2くらいあれば大丈夫でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ばち指」に関するQ&A: ばち指について

A 回答 (2件)

マイクに唇が触れた時にビビっとくるやつですよね。



ギターアンプによっては電源の極性を変えるスイッチが付いてますが試してますよね?

自分の場合はこの作業だけで解決しちゃうので、アースまで考えたことはないので(⌒-⌒; )

お役にたてずにスイマセン。
方法は書かれている方法で良いような気がしますが。。。(´・_・`)
    • good
    • 0

バチッと来るのは静電気ですから



>原因はアース処理がしっかりされていないからだということだと思います。

というのは全く反対です。体(主に衣服)に溜まった静電気はアースされているモノに触れると勢いよくアースに流れます。静電破壊防止用の塗料は抵抗値が数メガオームになるように設計されており、溜まった静電気をゆっくり少しずつ流すことでバチッとなるのを防いでいます。
体に静電気が溜まるのを防ぐのは洗濯物の柔軟剤など水分を保持するような薬品とか、静電気を逃がすモノにこまめに触れたりすることです。バチッとくるのはアースを取ることでは防げません。


アースがしっかり取れていない(アース浮き)ことで漏れ電流などに感電する場合はバチッとはならずにビリビリ来るのが普通です。そのビリビリは一瞬ではなく、たとえばマイクを掴んだ時に感電するようならマイクを掴んでいる間はずっとビリビリし続けます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギターボーカル マイクのビリビリについて

こんにちわ

スタジオでエレキギターを弾きながら歌っていて唇にマイクが当たると
ビリビリっとなる事がよくあります。

いろいろ調べるとどうやらアース、グラウンド処理ができていない為に
起こるのだそうです。
ライブ等だとPAさんがキチンとグラウンド処理してくださるのでビリっときた事はありませんが練習スタジオだとちょくちょくビリビリきます。
どうにか練習スタジオでもできるグラウンド処理は無いでしょうか?
今考えているのはワニ口クリップでボーカルマイクのコネクタ部とギターアンプのINPUT部を繋ぐという方法です。
ですが電気的な事は詳しくないのでみなさんに聞いてからやろうと思っています。
よろしくお願い致します。


以下は今まで試してあまり効果なかった方法なのでこれ以外で良い方法をお願い致します。
・ギターアンプのコンセントを逆にする
・マイクを変えてみる
・ポップガードをつける

Aベストアンサー

PAです。
お困りの原因は高確率で今考えていらっしゃる方法で解決すると思います。
片方がワニ口、もう片方がXLRというのがアース線の基本です。
PAは自作するのが基本ですが、過去に販売しているサイトを見かけた事もありますし、ご自分でというのであれば方法が記載されたサイトもありますので何とかなるでしょう。。。

日本は100Vですから感電しても数mAの電流が流れるだけなので滅多な事にはなりませんが、ドイツなどでは400Vですから危険極まりありません。気をつけるに超した事はありませんから…。

Qマーシャルのギターアンプのノイズで困っています。

先日ギターを始めようと思いIbanezのGRG150DとMarshallのMG15CDを買ってきたのですが、MG15CDからの「ビビビビ」とか「ビー」とかいう感じのノイズが酷くて困っています。

コンセントの向きを変える、シールドを交換するなどの対策はしましたが、依然ノイズは出ています。

具体的な症状としては、
・ギターを構えているだけの時に一番大きなノイズ。
・弦かシールドの金属部分に少しでも触れるとノイズがなくなる。
・ピックガードに触れると、何も触れてない時とは違った感じ(でも音は大きい)のノイズがでる。
・放置してる状態でも突然ノイズが無くなったり復活したりする。
・ギターの角度などを変えるとノイズが無くなったりするが、またすぐに復活し、実際に弾く時の角度ではほとんどノイズが出る。

等です。

ちなみに家にあったローランドのCUBE-20Xに繋げてみたところノイズは出ませんでした。

かなり大きなノイズで困っています。

回答よろしくお願いします。

PS.楽器に関するカテゴリーがどこにあるか分からなかったので別カテゴリーにも同内容の質問をしてしまいました。

先日ギターを始めようと思いIbanezのGRG150DとMarshallのMG15CDを買ってきたのですが、MG15CDからの「ビビビビ」とか「ビー」とかいう感じのノイズが酷くて困っています。

コンセントの向きを変える、シールドを交換するなどの対策はしましたが、依然ノイズは出ています。

具体的な症状としては、
・ギターを構えているだけの時に一番大きなノイズ。
・弦かシールドの金属部分に少しでも触れるとノイズがなくなる。
・ピックガードに触れると、何も触れてない時とは違った感じ(でも音は大きい)のノイズが...続きを読む

Aベストアンサー

再び失礼します。

MG15CDでノイズが出、CUBE20Xではノイズが出ないということであれば、ギター側の不具合という可能性は考えにくいところがあります。アンプが原因という可能性も検討する必要がありそうです。とりあえず、アンプにシールドをつながずに電源を入れ、ボリュームを上げた時にそのノイズが出るかどうかを確認してみるのも良いかもしれません。それでノイズが出るようであれば、アンプの方に問題があると思われます。

ノイズについては、そのノイズの様子によってその原因を推定するのが良いでしょう。ノイズ源によってノイズの現れ方は違うので、それぞれのノイズの状況に応じてノイズ源を特定していくのが良いと思います。場合によっては、ノイズの原因が一つではなく複数あり、それらが相乗効果として現れてくる可能性も考えるのが良いでしょう。

・ギターを構えているだけの時に一番大きなノイズ
この状態では、外来のノイズに対して無防備な状況になります。ノイズが最も大きく感じられてもおかしくはありません。

・弦かシールドの金属部分に少しでも触れるとノイズがなくなる
これは人体がアースとなってノイズが消えている状況です。アースに流れるべき電気が行き場を失っている状態では、大抵はそれがノイズとして現れます。弦に触れてノイズが消えるのであれば、ギターのアースは生きています。シールドに触れてノイズがなくなるのも、シールドのプラグに直接触れたことでアースが取れたことを示しています。

・ピックガードに触れると、何も触れてない時とは違った感じ(でも音は大きい)のノイズがでる
これについては、私自身は、何を意味しているのかわからないところがあります。

・放置してる状態でも突然ノイズが無くなったり復活したりする
ノイズの状況が変化するということは、状況に変化があったと捉えるのが妥当です。何も条件が変わらないのにノイズの状況が原因もなく変わるということはありえません。放置している状況であれば、ギターや機材をいじることで生じているノイズではない(外的要因が作用している)可能性が疑わしくなります。

・ギターの角度などを変えるとノイズがなくなったりするが、またすぐに復活し、実際に弾く時の角度ではほとんどノイズが出る
ギターの角度を変えた時にその直後はノイズがなくなったりするとすれば、シールドなどの接触不良も原因として疑わしくなるところがあります。シールドの接触不良でノイズが出るということもあり得る事態です。シールド側であればシールドのプラグ内の配線の接触、ギター側についてはプラグ周りの接点落ちや接触不良がないか、確認してみるのも良いかもしれません。

また、ノイズの音程が、東日本ではG、西日本ではBに近い場合、電源からノイズを拾っている可能性があります。東日本の交流電源の周波数は50Hz、西日本の交流電源の周波数は60Hzですので、電源のノイズを拾うとその周辺の音程のノイズがのることになるでしょう。こちらはギターのアースを見直したり、アンプ側の電源のアースを取るなどで解決できる可能性があると思います。

たびたび失礼しました。

再び失礼します。

MG15CDでノイズが出、CUBE20Xではノイズが出ないということであれば、ギター側の不具合という可能性は考えにくいところがあります。アンプが原因という可能性も検討する必要がありそうです。とりあえず、アンプにシールドをつながずに電源を入れ、ボリュームを上げた時にそのノイズが出るかどうかを確認してみるのも良いかもしれません。それでノイズが出るようであれば、アンプの方に問題があると思われます。

ノイズについては、そのノイズの様子によってその原因を推定するのが良いでし...続きを読む

Qギターで感電することってありえるの?

ギターで感電しお亡くなりなった方がいらっしゃると聞いたのですが
普通のギターで感電するというのはありえるのでしょうか?

Aベストアンサー

エレキギターで感電する可能性はあり得ます。

アンプの電源でアースが取れていない場合などでは、エレキギターを含む回路がアースから浮いているので、感電する可能性は高くなると思います。ただ、日本の一般的な電源ではアースをきちんととれないことが多いので、その点ではちょっと怖いところはありますね。
また、エレキギターは配線のアースを弦に落としています。弦に触れるとノイズが減るのはこのためです。
上のようにアンプがアースから浮いていて、エレキギターを抱えて弦に触れている状態で、他の電圧差のある電気機器(アースの取れている機器)に体が触れた場合、ギターの回路の電圧が身体を通して他の電気機器に流れていき、ギタリストは感電します。マイクなどでピリッとくるのはこうした現象の軽いもので、酷い場合には本当に感電死します。
こうした感電については、ギターアンプ側を含めてそれぞれの機器できちんとアースを確保すれば防止できます。アースが取れない場合は、アンプのコンセントをひっくり返してつなぎなおし、極性を変えて揃えるのも対策の一つではあります。
このあたりは、下記URLの説明がわかりやすいと思います。
http://www.tokyo-st.net/pc/exp/C5/C5.html

それ以外には、機器の整備不良などで漏電していたりすると、感電するリスクがあります。たとえば、濡れた手で被覆が破れているコードに触れたりすれば、どんな電気製品でも当然感電する可能性が高くなります。また、落雷のショックなどで感電するなどもあるかも知れません。

参考まで。

エレキギターで感電する可能性はあり得ます。

アンプの電源でアースが取れていない場合などでは、エレキギターを含む回路がアースから浮いているので、感電する可能性は高くなると思います。ただ、日本の一般的な電源ではアースをきちんととれないことが多いので、その点ではちょっと怖いところはありますね。
また、エレキギターは配線のアースを弦に落としています。弦に触れるとノイズが減るのはこのためです。
上のようにアンプがアースから浮いていて、エレキギターを抱えて弦に触れている状態で、他の...続きを読む

Qエレキギターで感電死するのですか!?

皆様、こんにちわ。
私は「エレキギター電気系構造」の初心者です。

>>「エレキギターで感電死する!?」とテレビで見まして、心配になり、色々とググッたのですが、解答が見つからなかったので、こちらへご質問させていただきました。

エレキギター(レスポールタイプ)を、フリーマーケットで購入しました。
そのエレキギターは、購入した時から、ピックアップ(ハムバック)が交換されてました。
ちなみに、ピックアップは「セイモアダンカン」製の、ハムバッカーです。

「エレクトリックギターで感電死する」と聞きまして、不安になりました。

「ピックアップ交換」だけで、感電死するものなのでしょうか??

皆様、ご解答のほど、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

エレキギターほとんどのモデルはノイズ対策として「弦アース」を取っています。
アンプにつないだ時に手で弦に触るとノイズが小さくなる経験が有ると思いますが、それが「弦アース」している証明になると思います。

これは言い換えれば「人体アース」とも言えますね。
アースとは文字通り「地上」「地面」の意で地面に流れるべき物です。

これは、感覚的に解かりにくいかも知れませんが、通常日本ではコンセントは2つ穴に差し込みますよね。外国のコンセントは3つ穴が主流です。
3つ目の穴はアースになっていて余分な電気はソコに流れる仕組みです。日本のこの規格が少々問題なのです。

正直エレキギター本体の電気は非常に微弱で人体に影響が出る事はありえません。

し・か・し!

他の回答でも有る通りアンプです!アンプは日本では100Vのコンセントに接続して使用しますよね?
雨等でアンプが濡れたり何かの原因でアンプが故障したとき回路のどこかで「ショート」を起こして行き場所の無くなった100Vの電気が、アンプ→シールド→ギターの弦と逆流してくる事が考えられます。

コレは大変危険です。こんなケースの事をTVでは言っていたのでしょう。
しかし何時故障するか?なんて解かりませんよね。そのために「アース」が有ります。
最悪そんな状態になっても人体には来ないで地上に電気が流れて機材のダメージ程度で収まります(性質上、電気は行き場所が分かれると「より流れやすい方」この場合アースに流れて行きます)

洗濯機やエアコンなど比較的大きい電力を使うモノは安全の為アースが付いています(コンセントの先に緑色の線が付いていたりするアレです)

ギターアンプも中型以上なら電源ケーブルに緑色の線が付いているのはアースです。
日本でも気の利いた所なら「アース工事」がなされてコンセントにアース接続用の端子が合ったりするのですが、無い場合は建物の鉄骨や水道管等の最終的に「地面」に通じている導電性ものにアースを接続すればいいのです。

もし「アンプにアースの線がない!」場合は「ワニ口クリップ付きコード」なんかでアンプに差しているシールドプラグの金属部分を挟んでもう一方は同様に地面に落としてあげれば大丈夫です。

とは言えご質問の「ピックアップ交換」で感電死どころか感電もしませんどれだけ配線がおかしくても「ノイズが酷い/音が出ない」位が関の山です。
普通に使えるなら大丈夫ですよ。
アンプを野外なんかで使用する時に気をつけて下さい。

余談ですが私は瞬間的な100Vの感電を仕事上何度も経験しましたが平気です。でもこれは「タマタマ」に過ぎません。
中には十数ボルトで感電死した例も有りますから電気の取り扱いには十分注意してくださいね。

何よりアンプのアースをキチンとすると「安全」以外にも「音が良くなる」傾向が有るのでオススメします。

エレキギターほとんどのモデルはノイズ対策として「弦アース」を取っています。
アンプにつないだ時に手で弦に触るとノイズが小さくなる経験が有ると思いますが、それが「弦アース」している証明になると思います。

これは言い換えれば「人体アース」とも言えますね。
アースとは文字通り「地上」「地面」の意で地面に流れるべき物です。

これは、感覚的に解かりにくいかも知れませんが、通常日本ではコンセントは2つ穴に差し込みますよね。外国のコンセントは3つ穴が主流です。
3つ目の穴はアースに...続きを読む


人気Q&Aランキング