現在フレッツADSLモアでネット接続しています。プロバイダーはぷららです。基地局から距離が6.5kmもある為、1.5Mも8Mも難色を示されてしまいモアでようやくNTTが乗り気になってくれ去年の年末に開通しました。使用はネットサーフィンやメールはもちろん、毎日韓国のインターネットのTVをみています。距離があるせいか速度が平均0.5Mしか出ないので今年の3月にプロバイダーの工事費と使用料の無料キャンペーンでBフレッツを申込ました。しかし「あなたの地域であと2人申込が無いと光ファイバーは引けません。」と言われ仮受付でした。それから半年、何の音沙汰の無いまま半年が過ぎプロバイダーのキャンペーンも終わってしまったので10月に入り別サイトで工事費無料のキャンペーンを申し込んだらNTTから電話があり「調べてみたらあなたの地域は回線を引ける状態になったようなので受付します。」と言われました。パソコンのOSや接続台数、家の状態(戸建とかマンションとか)を聞かれましたが工事日は決まったら連絡するとだけ言われ電話は終わりました。ちなみに後で別の人からプロバイダーのキャンペーンの申込の取消はしていなかったので別サイトの申込と二重になったのでどちらにしますか?と言われプロバイダーのキャンペーンはまだ使えますか?と聞いたら使えると言うのでプロバイダーのキャンペーンでの申込で受付完了しました。ようやく仮受付から本受付になったようですが、皆さんは本受付から開通までどのくらいの期間かかりましたか?私のやつはNTTに聞けばいいじゃないと言われそうですが私は皆さんのケースを聞きたいので質問をさせて頂きます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

わたしは、8月末にBフレッツが開通しました。


私の事例を報告しますと、3月に事前申し込みを行い5月末にコンサルティングがありました。

ひと月たっても、なにもなかったのでメールにて問い合わせ、工事の設計段階で1週間後には完了予定と返事を頂きました。また、ひと月たっても変化がないので再度メールにて問い合わせ、こんどの返事は10月頃工事完了の予定と返事をもらったのですが、2~3日してNTTより電話が入り、工事日が決定したとのことでした。

8月末に工事完了になった次第です。回線IDが発行されていると思いますが、それで工事の進行状況が確認できると思いますので(NTT西は出来た)進行状況を確認され、あまりに進まないときは問い合わせしたほうがよいみたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。やはりBフレッツはコンサルティングがあってからかなり日数を要するようですね。私は不覚にもBフレッツの担当者の名前しか覚えていない為、部署の電話番号も分からずHPで問い合わせをするしかありません。HPでのBフレッツの申込コンサルティングは必ずしも地元のNTTからかかるとは限らないとの事でした。なんとかHPで問い合わせてみます。

お礼日時:2003/10/04 17:16

私のマンションにも先日、NTTが来て、工事費を全額タダにするから、光ファイフィバー入れさせて欲しいと言ってきました。

管理人さんは、知識がないため、乗り気でした。
 マンション等は光ケーブルを各個人宅へ引くためには、工事は実質的に無理なのです。その結果、光を入れても個人宅には10M程度しか引くことができません。実質的な速度は約1/10程度ですから、光を入れても1~2M程度なのです。
 私は他の12MADSLで、設置時には2.3M程度しかありませんでした。遅い理由は設定に問題があるので速度を上げるソフトを購入すると現在では5.8M程度まで改善されました。友人は自宅へ光ケーブルを入れたのですが100Mにはほど遠くADSLとほぼ同じ状態でしたが、新しくパソコンを買い換えやっと本来のスピードが出たそうです。

 ただ、100Mって本当にいるのでしょうか?各プロバイダーは送り出しの速度はあまり高速化になっていないため、現状で300k程度かな?将来のTVを見るためには必要でしょうが、すぐにいる理由は不明です。ただ、1回線で5台つなげるメリットはありますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。NTTは光化には乗り気なようですね。(^_^;)ADSLはずいぶん後発だったですが。私の家は戸建なのでマンションの事情と言うものをアドバイスで初めて知りました。現実はなかなか厳しいものです。光ファイバーも過信はいけないと思います。人間とは欲が果てないものでISDNにして速いなぁと思ってもすぐ不満になり、ADSLにして速いなぁと思ってもまたすぐ不満になり・・・。0.5MだとTV映像こそ紙芝居にならないもののやはりちょっと不満な時もあります。申込を急いでもすぐ開通するとは思っていないのですが月々数千円上がっても試すだけ試してみたいと考えています。それに3万近くする工事費を自己負担の余裕が無いので自己負担しなきゃいけなくなったら光ファイバーはすっぱりあきらめるつもりです。私の申込タイプでは100Mを最大32人でシェアするそうですが。

お礼日時:2003/10/05 19:03

こんにちわ、jixyoji-ですσ(^^)。



念の為どこの高速常時接続事業者がjunkoyokkonさんのお住まいでサービス・インしてるか下記HPでご確認ください。

「RBBTODAY」
http://www.rbbtoday.com/
このHPはADSLや高速常時接続に関して常時情報が更新するので役立ちます☆それとエリア検索、郵便番号検索機能があるのでご自身の住んでる場所でどこの高速常時接続がサービスしてるかわかります。

FTTH(光ファイバー)を導入したいのであれば詳細は下記HPでご覧ください。

「FTTx Information -FTTH,FTTB,光ファイバー ユーザー情報交換サイト-」
http://www.fttx.jp/

下記HPでADSLとFTTH(光ファイバー)の月額料金の比較ができるので是非活用してください。

「\価格.com ブロードバンド\」
http://kakaku.com/bb/

●現在フレッツADSLモアでネット接続しています。プロバイダーはぷららです。基地局から距離が6.5kmもある為、1.5Mも8Mも難色を示されてしまいモアでようやくNTTが乗り気になってくれ去年の年末に開通しました。使用はネットサーフィンやメールはもちろん、毎日韓国のインターネットのTVをみています。距離があるせいか速度が平均0.5Mしか出ないので今年の3月にプロバイダーの工事費と使用料の無料キャンペーンでBフレッツを申込ました。

(-_-)ウーム,junkoyokkonさんは完全にNTTに【カモ】にされていますね。NTT交換局から【6.5km】という条件でフレッツADSLモア(下り24Mbps)が下り0.5Mbpsしか速度がでないのはあたりまえです(+o+)。ADSLの下り24MbpsオーバーサービスではNTT交換局から【2km】を越えるとその効果はなくなり,逆に下り1.5Mbps,下り8Mbps,下り12Mbpsよりも速度低下が大きくなり逆効果になります(゜o゜)。

ADSLの技術的,速度の比例などの詳細な情報は下記HPをご覧になればわかります。

「ADSL 各社比較のページ」
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7416/

つまりなぜNTT側がjunkoyokkonさんがNTT交換局から【6.5km】というADSLを導入するのに悪条件にもかかわらず,フレッツADSLモアを奨めた理由には裏があります。

1.フレッツADSLモアは下り1.5Mbps,下り8Mbps,下り12Mbpsよりも契約料金が高いのでNTT側にとって利益幅が大きいから,junkoyokkonさんが全くの素人なので要するに【ぼったくった】。特に『モアでようやくNTTが乗り気になってくれ』という表現からNTT側の詐欺商法がみてとれる(`´)。

2.ただ単にjunkoyokkonさんに対してADSLの技術的内容を全く知らない【アホな社員】が速度が出ないということを全く理解せずに無理やりにフレッツADSLモアを契約させた。

と以上の理由が考えられます。文面から察するに1.の理由の方が極めて大きいですね(ー_ーメ)。

●しかし「あなたの地域であと2人申込が無いと光ファイバーは引けません。」と言われ仮受付でした。それから半年、何の音沙汰の無いまま半年が過ぎプロバイダーのキャンペーンも終わってしまったので10月に入り別サイトで工事費無料のキャンペーンを申し込んだらNTTから電話があり「調べてみたらあなたの地域は回線を引ける状態になったようなので受付します。」と言われました。パソコンのOSや接続台数、家の状態(戸建とかマンションとか)を聞かれましたが工事日は決まったら連絡するとだけ言われ電話は終わりました。ちなみに後で別の人からプロバイダーのキャンペーンの申込の取消はしていなかったので別サイトの申込と二重になったのでどちらにしますか?と言われプロバイダーのキャンペーンはまだ使えますか?と聞いたら使えると言うのでプロバイダーのキャンペーンでの申込で受付完了しました。ようやく仮受付から本受付になったようですが、皆さんは本受付から開通までどのくらいの期間かかりましたか?

('';)ウーン,junkoyokkonさんほどNTT側にとって【意のままに操れるお客】はいないでしょうね(「・・)。まずFTTH(光ファイバー)を導入するのに半年待ってさらに3ヶ月も待つ必要などありません(▼д▼)。関西電力系のFTTH(光ファイバー)サービス【eoメガファイバー】は最短10日で開通したケースもあります。少なからず同業他社であれば1ヶ月~半年で開通するケースが大半ですよ。junkoyokkonさんは自分がどれだけNTTに【ナメラレテイル】か気づいていますか(・_・")?このご時世企業側の言う事をまともに聞いていたら損をするのは貴方自身ですよ(;¬_¬)。参考程度に導入なさった例を下記HPでご覧ください。

「第43回:祝・FTTH2回線開通 ~BフレッツとUSEN BROAD-GATE 01を比較する~」
http://bb.watch.impress.co.jp/column/shimizu/200 …

はっきり申し上げてNTTとの契約は一切破棄された方が宜しいと思います(ー_ーメ)。ここまで顧客をナメテイル企業にjunkoyokkonさんのお金を流す必要はありません。申込者に対し【何故半年もかかっているのか?】理由すら説明しない企業と契約などする必要はありませんよ)`ε´(。別にFTTH(光ファイバー)サービスはNTTの独占排他的サービスではありません。こういういい加減な企業と契約するからいつまでたってもこんないい加減なサービスが成立するんです(`´)。例えば同業他社の【eoメガファイバー】や【有線ブロードネットワークス】などがあるので即乗り換えてください(▼▼)。

「USENの光ファイバー」
http://ftth.gate01.com/

「eoメガファイバー」
http://www.k-opti.com/

またFTTH(光ファイバー)だけでなくCATVという方法もあります。「RBBTODAY」で提供エリアにあるようであればこちらも考えて宜しいと思います。

「CATVインターネット」
http://www.oasystem.com/catv/

「CATV-LAN導入記(1)」
http://www.yuki.info/docs/other/catvin1.php

「東急CATV回線使用家庭内LANぱーと2」
http://www.saitosite.com/pc/0001/mourilan.html

いい加減【NTTだから良いサービスをしていそうだ】という感じの不明瞭な安心感を抱かない方が宜しいですね┐('~`;)┌。"サービスの悪い会社とは契約しない"という意思表示を明確にしないと【カモ】にされます。それにNTTは下記観点から赤信号点滅ですね(-_-;)。

・排他的独占事業で通信事業を行ってきたが規制緩和推進政策で同業他社が参入する事で競争が発生。最も損をするのは独占事業を行っていた会社である事。

・1985年の民営化以前までは【電電公社】というお役所であり2003年の現在約40歳以上の人間はほとんど基御役人であり,古い体質の企業で中間管理職以上は未だに【親方日の丸】で利益を追求する民間的発想でなく利益を追求しない【お役所】的である事。

・【親方日の丸】的発想のせいか【ADSLはWindows XP専用です】というADSLサービスを提供する会社にあるまじき虚言癖をもった社員を雇っている事。下記過去ログ参照。

「NTT局窓口でフレッツADSLはWINDOWS-XPでなければいけないと言われました」
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=559941

・民間企業であるにもかかわらず未だに財務省(旧大蔵省)がNTT株を約50%以上もち(つまり国民の税金),民間企業とは名ばかりの【半民半官】のお役所であり,【NTT法】という法律で民間企業が守られているという何ともインチキな状況で旧態依然の体質である事。

・NTT労組は日本でも最大級の労働組合であり秒進分歩で進化するIT業界で,経営者サイドと賃金の交渉など古きよき時代の行動を取る事で新規事業者のスピードにまるでついていけない事。

・NTTが数兆円も投資し総力を挙げて取り組んできた【日本全国光ファイバー化】構想もADSLの登場で一気に頓挫し,今年3月末で約100万回線を見込んでいたFTTH(光ファイバー)契約者数がNTT東西あわせたったの約20万回線と大誤算となった事。

・相次ぐADSL&FTTH(光ファイバー)事業者の参入で競争が激化し月額料金が限界を遥かに超えた値下げ競争で,NTTグループの社員数約10万人もいる中最も人件費がかかり赤字垂れ流しの状態が続いている事。

・今年7月にも各ADSL事業者が下り24Mbpsオーバーサービスを開始する為,FTTH(光ファイバー)の速度面での優位性がさらに弱まりデフレ経済の中消費者は安さを求めるので,FTTH(光ファイバー)よりもADSLの方が魅力が高まり益々何兆円も投資して施設した光ファイバー網の回収計画が水泡に帰す事。

・固定電話の収益構造が垂直降下で激減する中ADSLの登場による【日本全国光ファイバー化】構想が頓挫した今,それに立ち代るビジネスモデルがまるで見えず単なるリストラで帳簿面でのキャッシュフローが増えているだけである事。

・NTTグループ全体の収益で約8割以上の利益をDoCoMoだけであげており極端に利益構造が傾きすぎているものの,DoCoMoもじりじりとシェアを同業他社の学割や第3世代形態のシェアトップのau,カメラ付携帯のJ-PHONE,基本料金をそのまま無料の通話料金にするなど激安通話料のTU-KAに差を詰められDoCoMoがこけると総崩れになる可能性が極めて高い事。

それではよりよいネット環境をm(._.)m。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

jixyoji様
色々アドバイスありがとうございます。補足も入ってしまいますがすみません。

遅いことは百も承知でADSLを申し込みました。上級者ではないですがネット歴は5年、それなりに研究しています。なぜ平均0.5Mしか出ないことを承知で申し込んだかと言えば通信費節約の為、フレッツISDNをADSLにしたかったのです。0.5MとはいってもISDNよりかは何倍かは速いわけです。24Mにしても何も変わらない事も分かっていましたのではなから申し込んでいません。メッセンジャーなどもやっているので繋ぎ放題は必須です。NTTになめられていないとは思っていないです。なぜなら今まで数々不愉快な思いはしているからです。「あと2人」なんて言われた時もなめられてるなぁと思いました。所詮昔はお役所だったわけですからこんなものだと思っています。決して好感はありません。ちなみに私は高知県在住なので都会ほど多数の選択肢はありません。今までいろいろやりました。Yahoo!BBのADSLを申し込んでみたり(当時のあまりの対応の遅さにキャンセル)有線のFTTHサービスに興味を持ったり。(しばらくエリアに入る気配なし)CATVは選択肢に入っていません。なぜならテレビの加入もしていないので初期導入費用が莫大だからです。いまの状態も自分で研究した上での選択です。カモにされていると思われても仕方ありませんが。少なくともNTTに対する不満は共感できます。もっとよりよいネット環境があれば別にNTTにこだわりはありません。変える気持ちは大いにあります。

お礼日時:2003/10/04 17:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング