クラリネットってどうしたら温かく、明るい太い音がでるのですか?

今音色をとても研究しています。

あとプロのクラリネット奏者で上手な人を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは



 質問者さんの目指す音色はどうやってイメージしたのですか?

>クラリネットってどうしたら温かく、明るい太い音がでるのですか?
 大きく分けて楽器自体がフランス式のシステムやドイツ式のシステムで2分されるんですよ。とっても乱暴にざっくり分けてみると。

フランス式:先端の薄いリードが特徴で開きもあるマウスピースを使います。
ドイツ式:先端が厚いフランス式よりも小さいリードが特徴で開きの狭いマウスピースを使います。

そして楽器の音を変える機構が違っていてドイツ式は暖かく太い音、フランス式は明るくて柔らかく煌びやかな音が持ち味といわれています。
フランス式の代表的なメーカーはビュッフェ・クランポン社やセルマー社、ドイツ式ではヴァリツァーなどが有名です。 ヤマハはどちらのシステムも作っていますし、ウィーン式も特注で受けていると聞いたことがあります。
 ヤマハではないですが、イギリス式とかもあるんですよ。

>今音色をとても研究しています。

 いろんな国の演奏家の生の音をたくさん聴いて、頑張って研究して下さいね(^^)

>あとプロのクラリネット奏者で上手な人を教えて下さい。

 いっぱいいて悩みまくりますが、まずウィーン式のレオポルド・ウラッハとかアルフレード・プリンツとかはずせないでしょう。 ドイツ式だとカール・ライスターやザビーネ・マイヤー、フランス式だとジャック・ランスロ、パスカル・モラゲス、ポール・メイエ等々。その他ロシアや東ヨーロッパの国々、イタリア、イギリス、イスラエル、日本etc.(;_;)
    • good
    • 0

はじめまして♪



回答#1様と同じで、ベニーグッドマンや北村英二さん、いいですねぇ~☆

さて、クラリネットってバイオリンと似ていて、かなり上級者でなければ柔らかくて熱い音が出しにくい楽器です。
中学の頃に吹奏楽部でしたが、私は金管でした、大好きな先輩がクラで、肺活量と堅いリードを自分に合わせて削る、体力勝負 って言ってましたよ。

グッドマンや英二さんは私の父が好きで、同じく父の友人も好んでいて、当時夢の様な高級オーディオセットで聴かせてもらった記憶が有ります、久々に「 鈴懸の径 」探して聴いてみよ~っとぉ(苦笑)

がんばってください♪
    • good
    • 0

こんにちは。

聴くのが専門なので、奏者の紹介だけですが(それもジャズで)、
北村英二(HPもありますし、youtube で聴けます)、ベニー・グッドマンなどはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクラリネットの響き

今まで丸い音を目指していたのですが、響きが足りないなと思いました。
もっとベルから音が響く感じがほしいんですが、どう練習すればいいのか分かりません。
それに目指していた丸いキレイな音もまだ全然近づけていません。
高い音はちょっととがったような音になってしまい、タンギングとかをすると余計汚くなります。

具体的にどういう練習法が効果的か教えて欲しいです。

Aベストアンサー

吹奏楽指導の他、アマチュア吹奏楽団やビッグバンド、アマチュアオーケストラでサックスやファゴットを吹いてきました。あなたの使用楽器やマウスピース、リード、経験年数などが不明なので、あなたの状態がうまくイメージできにくく、的はずれな回答になるかもしれませんが、お許しください。

まず、「丸い音を目指していた」とのことですが、他の回答者がおっしゃっているように、あまり薄いリードだと「丸い音」には聞こえにくいものです。標準タイプのマウスピースに対して「2半」のリードを使い安易に吹き鳴らすと下品な音に聞こえます。また、リードメーカーによっても音の特徴があります。しかしながら、ジャズをしている人たちは薄いリードを選びます。そして、様々な表現をして楽しみます。薄いリードには様々な表現ができる可能性があるのです。アンブシュアや楽器の角度、喉の開き方、息の入れ方等々工夫してみてください。リードを唇で優しく包み込むイメージが良いと思います。お金に余裕があるのなら、マウスピースやリガチャーを替えるのも楽しいものですが、まずは、リードと奏法が大切です。
 最初は、標準マウスピースに「3」ぐらいのリードをおすすめします。リードメーカーは各社特徴があっておもしろいですが、10枚買うと2~3枚程度吹きやすいものがあると思います。上級者になれば、3半、4などのリードを選択される方もありますが、「3番のリードで十分に楽器を鳴らせる」「もっと息を入れたいがリードがもたない」と感じるようになってからの方が良いと思います。厚めのリードを使うには口や体の筋力にゆとりが必要です。また、個人的にはあまり分厚くない「3~3半」くらいのリードで繊細なコントロールをしながら演奏する方が面白いと思います。

「もっとベルから音が響く感じがほしい」という感想から想像される状態は、息の不十分さです。息を十分に入れて唇で優しくリードを包みリードが十分に振動できるようにイメージしてください。最高にリードが振動する圧力・包み方を体で覚えるようにします。低音と高音ではアンブシュアが全く違います。正しい音程でリードが最高によく振動するために必要な圧力や支えるポイントが違うのです。また、低音の場合は、太い息をイメージして、高音の場合は細く早い息をイメージしてみてください。
また、楽器が十分にならないのは、楽器の状態にもよるかもしれません。信頼できる楽器店で調整された楽器でしょうか。また、あまりにも古かったり安いグレードだったりしないでしょうか。信頼できる人たちに相談してみてください。楽器が変わるとびっくりするくらいうまくなる人がいますよ。

「高い音はちょっととがったような音になってしまい、タンギングとかをすると余計汚くなります。」とのことですが、高い音で安定して良い音が出ないのは、良いアンブシュアができていないことやリードが薄くてコントロールしにくいことが考えられます。リードの工夫をするとともに、ロングトーンで心地よい音が出るアンブシュアや楽器の角度等を覚えていってください。正しい音程が出ているかどうか確かめるのも必要です。チューナーで確かめてください。また、タンギングで音が乱れるとのことですが、タンギングをしたときに口の中ができるだけ動かないことが大切です。舌が必要最小限の動きをすること、唇が動かないこと、くわえ方が変わらないこと等とても大切です。ロングトーンをしながら、音程や音色が変化しないように舌をそっと動かしてタンギングをしてみてください。全ての音域で練習することをおすすめします。

参考になったかどうかわかりませんが、楽器を思う存分楽しめますように。

吹奏楽指導の他、アマチュア吹奏楽団やビッグバンド、アマチュアオーケストラでサックスやファゴットを吹いてきました。あなたの使用楽器やマウスピース、リード、経験年数などが不明なので、あなたの状態がうまくイメージできにくく、的はずれな回答になるかもしれませんが、お許しください。

まず、「丸い音を目指していた」とのことですが、他の回答者がおっしゃっているように、あまり薄いリードだと「丸い音」には聞こえにくいものです。標準タイプのマウスピースに対して「2半」のリードを使い安易に吹...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報