中古車の購入を検討しています。

ディーラー系ではありませんが、比較的メジャーな中古車屋です。
諸費用が結構高く感じるのですが、こんなものなのでしょうか。
(100円単位は四捨五入しています)

合計:207.3万円

●車両関係:合計197.4万
 本体:190万(税込)
 車検整備・納車点検費用:26000
 オプション:36000 
 リサイクル費用:12000

●諸費用 合計:69000
 登録届け出代行:26000
 車庫証明:自分でおこなう
 納車準備費用:11000
 自賠責未経過額:11000
 持ち込み代行料:21000
 
●法定費用 合計34000
 自動車税:30000
 登録・届け出費用:3000
 ナンバー代:1000
 車庫証明:自分でおこなう

なお、オプションは、バックカメラ設置(カメラ本体+取付工賃)34000と
ETCセットアップ(不明)2000です。

店員さんに言って、自分でやれるところは省いて見積もりをもらいました。
他に省けるところはない、ということでした。
自分でできないのであれば、登録届け出代行や持ち込み代行料の「代行」は変な気がします。
自分の代わりに行くから「代行」だと思うのですが、省けませんといわれました。
(名義変更前に手続きに必要な資料は渡せないとのことでした。確かにそうかも、とも思います)

車は、新車(年式H20年(12月))から3年が過ぎておらず車検が切れていません。
それでも車検整備・納車準備費用に26000円もかかるものなのでしょうか。
走行距離も1万キロ以下で状態も良さそうな印象です(素人的にはですが)。

自社工場(関東運輸局認証工場)も持っていて、おそらく他のところに整備に
出すわけではなさそうです。

自分は千葉県に住んでいて、中古車屋さんは神奈川県です。
納車は自分で取りに行くことにしています。
また、ローンは組まず、一括で支払う予定です。

車の購入が初めてなので、妥当なのかどうか良くわかりません。
詳しい方がいらっしゃいましたら、ご助言ください。


 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

県外登録でこの費用なら良心的な方だと思いますよ


県外登録代行料が5万円とかもありますから


質問の内容とずれてしまいますが車の購入が初めてなのであれば、近くのディーラーで新車購入の方がよいと思いますよ
もしくは近くのディーラー系の中古車ショップが無難です。


まず購入店が遠いとちょっとしたトラブルが在っても相談がおっくうで諦めてしまったり、購入店の保障があっても使いにくかったり分かりにくかったりします。
たとえば「前の方からカタカタ音がする」なんて事が起こったときに、面倒だしまあいいかとかなってしまいますよ。


それと車のメーカー保証は3年と5年の物があります、新車で買うと3年は殆どの部品をメーカーが無償で修理をしてくれます、それとエンジンとかミッションのような物はさらに2年保証があります

その中古車を購入しても2年は特別保証部品(エンジンなど)の保証が在るので高額な修理費用がかかる事は少ないと思いますが、はじめての車だったら修理費用も気にせずにあれこれ気になるところを気軽に聞けるほうが良いと思いますよ。


ディーラーであれば、担当者にハズレが居てもお店にハズレる事はそうはありません
中古車店では、担当もお店もハズレって事もあります、ある意味で中古車は一期一会ですのでお客さんとの関係も売るまでのお付き合いと考えるショップが多いのではないでしょうか?
当然そうじゃない中古車ショップもありますが、表示価格を下げて諸費用を高めで帳尻を合わせるようなやり方が多い業界なので期待してはいけない気がします



購入しようとしている車体も自動車税から推測するとそれなりの値段ですし、かなり程度の良い物を選んだのではないでしょうか?
そうすると、タイヤの減った分を考えたり次の車検まで期間などをかんがえたりしたときに「新車の方がよかったかも」と思うかもしれませんよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>県外登録でこの費用なら良心的な方だと思いますよ

そのような気がしてきました。
神奈川から千葉で登録となると、1日がかりの作業ですし、儲けも考えると、
多少割高感はありますが、メチャクチャではなさそうです。

確かにディーラーで買いたいところです。とはいえ、新車の見積もりをもらったら、320万程度(車体価格260万)で、中古に比べて100万の差がありました。値引きはしますよ、とはいっていましたが、この差は埋められないのは当然としても、数十万の差はでそうです。
(スバルなので値引きも難しそうです。中古車屋も値引きには一切応じない雰囲気です。)

とはいえ、新車購入も検討しようと思います。故障だとかで店と揉めたりすることを考えると、めんどくさいことになったら、数十万の差なんて小さいものです。
場所が遠いので、頻繁にお世話になることにはならないと思います。むしろ、新車から、3年たっておらず新車の保証の範囲内ですので、まめにディーラーに通おうかと思っています。
中古車屋の保証も比較的充実していますが、それよりも新車保証のほうが魅力的ですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/06 22:42

私が疑問に思う点は…車検が残ってる車両ですから、車検整備と記さない事、納車点検費用26000円と納車準備費用11000円は重複してる、登録届け出代行26000円と持ち込み代行21000円と登録届け出費用3000円も同一の物、自賠責未経過分11000円も支払わなくても良い物。

私なら その店で買いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

軽微ですが、記述に間違いがありました。

誤:車検整備・納車点検費用:26000
正:車検整備/納車点検費用:26000

ですので、車検がない車の場合は「車検整備代」で、車検がある場合は「納車点検費用」になるかと思います。検討している車は車検はまだありますので、「納車点検費用」になるかと思います。

「納車点検費用」と「納車準備費用」は重複しているような気がします。まあ、尋ねれば、
「点検は技術的な部分で、準備は事務手続きです」とでもいうのかも知れませんが、
素人的には重複しているように感じますね。項目を無理やり増やしているように見えます。
内訳を細かく見せるための親切心かもしれませんが。

持ち込み代行料は、実車を神奈川から千葉まで運ぶ料金のようで、あまり割高感はありません(少しはありますが)。もっと高いのもザラのようですし。

一方、登録届け出代行は割高に感じます。膨大な量の事務手続きがあるわけでもないでしょうに、26000円は高いです。丸1日事務手続きをしたとして、時給3250円です。
「手続きには、書類や実車が必要で、名義変更前にそれらを渡すわけにはいかない」というのはもっともですが、それを逆手にとって割高にしている感があります。

届け出費用は、実際に役所(陸運局かなにか?)に支払う金額のようです。
ということで「登録届け出代行」「持ち込み代行」「登録費用」は、登録にかかる料金の内訳といったところのようです。

自賠責未経過額は本当に払わなくていいものですか?
自賠責保険料を店側で支払っている場合、未経過分を支払う必要があるのではないのでは
ないのでしょうか。店が払ったという証拠(領収書など)は確認していませんが、そうだとしたら支払うことはありえるのではないのでしょうか。

オプション抜きで、諸経費12万ですから、聞いていた程度だな、と思う反面、内訳をみるとインチキくさい項目が多かったので質問させて頂きました。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/06 22:05

今時の中古車事情は


本体価格は仕入れ値以下で売れば売るほど赤字だったりしますし
諸費用が新車よりも高いのは
常態化しています。
これは
ネットで情報が氾濫した結果です。

要は中古車は総額商売ですから
諸費用を減額して星場合、本体価格をより高く買うと提案すれば
諸費用は安くして貰えるかもしれません。

車検については
検査2年付きでの販売条件のようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

中古車は総額販売ということで納得しました。
といっても、総額でも割安な印象な車でした。
他のところより、10万~15万程度安い印象です。

>諸費用を減額して星場合、本体価格をより高く買うと提案すれば
これって、どんなメリットがあるのですか。(ジョークですか?)

>検査2年付きでの販売条件のようです。
どういう意味でしょうか。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/06 22:45

中古車は、新車ではありませんので、車体の価格と言うのが同じではありません。



中古車販売店は、車の販売利益(車の値段に掛かる利益)と諸経費の中の自分の店の取り分になる所を合計して利益として計算します。

車両価格が高い店は諸経費が安く、車両価格を安く見せている店は、諸経費を高くして同じ利益を確保します。

ですので、諸経費だけ見て高いからまけろ!と言えば、店はトータルの利益が減りますので、「じゃぁ、他に行ってちょうだい。」とはっきりと言います。
店によっては、そうなってしまった後に、元の値段でも良いからと言っても、「あんたに売る車は無いよ」とはっきり言う店まであったりします(^^;

ですので、こまごました、手続きの項目で稼いでる店は、比較的車両価格が安くなっている店が多いですので、手数料で稼がないと店が成り立たないんです。
予定して居た利益を大幅に削ってまで売るお店はありませんので、その所を良く理解されてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

中古車は総額販売ということで納得しました。

値引きについては、とても厳しそうです。
口コミでは、端数もまけてくれなかった、とありました。

値引きをお願いしたところ、きっぱりと「うちはやっていません」と言われました。
怒ってはいないと思いますが、案に他の車を勧められました。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/06 22:49

総額での商売なので、


儲けを諸費用に乗せるのか、車体価格に乗せるのか
っていうだけかと思います。
似たような条件でよそで見積もりを取って比較してはどうでしょうか。
高いと思うならば値引き交渉してみては?
諸費用だけ値切るのじゃ限界があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

よそでの見積もりはとってはいませんが、車体価格がかなり
(といっても10~15万程度)安いので、たぶんこちらの方が安そうです。
値段が安いのも魅力ですが、走行距離が少ない、ナビが最新、マニュアル車、探していた色、などの理由から、購入を検討しています。

値段が安いのは、むしろ「何か原因があるのでは?」と疑ってしまいます。
中古車屋がいうには、
「オーナーから直接買ったものだから、安くできる。高くする手もあるが、安く提供できるのなら売りやすいし回転が速くできるので、安くしている」
ということでした。どこまで本当かはわかりません。

値引きは一切受けません、という感じでした。口コミをみても、端数の値下げすら
受けなかったと記述がありました。
それよりも、少し高くてもいいから、ディーラー系の中古車屋にあったらいいなあ、
とは思いますが、仕方ないですね。

お礼日時:2011/07/06 21:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q可変費用曲線・・・

 ある問題で、企業が固定費用1万円、限界費用が2千円で生産するときと、固定費用2万円、限界費用千円で生産するときがある。とういうのがありました。
 この中で、可変費用は2000yと、1000yでいいのでしょうか?また可変費用曲線を書く場合、生産量は特に設定されていないので1,2,3・・・としていいのですか?(直線になりますが・・)あと、可変費用曲線のほかに、平均可変費用曲線、総費用曲線、平均費用曲線を書いたあとに、どの産出量で企業は固定費用の低い技術を用いるか、どの産出量で企業は固定費用の高い技術を用いるかという問題はどのように考えたらいいでしょうか?
 質問ばかりですいませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どの産出量で企業は固定費用の高い技術を用いるか?

総費用曲線を用います。この場合、2本の総費用曲線を
書くと、ある産出量以上から、「固定費用の高い技術」の方が総費用が安くなるのが分かると思います(逆にその産出量に達するまでは、「固定費用の低い技術」の方が総費用が安い)。産出量に応じて、安くなる方を用いるわけです。この問題の場合、その、ある生産量yを計算で求めて回答すれば良いわけです。

Qメーカー系ディーラーで中古車購入時のトラブルについて

お世話になります。
 
ネットでの中古車情報を見てメーカー系列の中古車販売店で中古車を購入しました。

販売店は私の居住地から遠く、現車は一度も確認しておらず、担当セールスの「目立つ傷はない」との説明を鵜呑みにして契約し、先月私の居住地で納車されましたが、前後バンパーにかなり目立つ傷が数箇所あり、現車受け取りの際、陸送のドライバーにその傷を確認してもらった上、担当セールスに傷の状況を説明し無償の修理を要求しましたが解決に至りませんでした。

そのディーラーは自動車メーカー名の後に「~株式会社」という全国どこにでもある自動車販売会社ですが、これらのトラブルをその販売会社本社の担当部署を通り越して直接自動車メーカーの「お客様相談センター」のような所に相談することは可能でしょうか?

説明不足があれば補足を入れますので回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考までに聞いてください。
私もメーカー系ディーラーで中古車を購入したことがあります。
遠方でしたので後の整備は近くのディーラーで行っています。
メーカー系ディーラーの中古車の場合は保証が付いていることが多いので安心代が若干プラスされているものと思っています。

購入後、故障もしましたが、違うディーラーでも保証で修理可能でした。
その付き合いから近くのディーラーの営業マンとは多少無理な事まで聞いてもらえる関係になっています。

保証が切れた後、重大なトラブル(普通は壊れないところ)が発生しました。
クレームで何とかならないか聞いたところ、
ディーラーの営業マンから上に(所長、販売店本社)の決済をもらうより、上から(メーカー)の話の方が上手く話が進むとの事を聞きました。

で、メーカーのお客様センターに電話して、こんなトラブルが発生しているが、通常壊れるようなものではないのに壊れるのは欠陥じゃないか?
と苦情の電話を入れたら、即ディーラ本社の方に報告がまわってきたそうです。ただ、こういった場合はメーカーはディーラーで解決しろと言われる場合が多いそうです。

営業マンさんとは話が出来ていたので、その後結構スムーズに話は進みました。
営業さんには「かなり粘ったそうですね」って言われました。

私個人的にはメーカーに苦情を申し立てるのも効果ありだと思います。

ただ、故障ではなく傷の場合は個人によって感覚が異なってきますからね。
なんとも言えませんが。

コンパウンドで磨いて消えるような傷ではないのですか?結構大きい擦り傷でも磨けば消えることが多いですよ。
それとも、へこんでいるのですか?

参考までに聞いてください。
私もメーカー系ディーラーで中古車を購入したことがあります。
遠方でしたので後の整備は近くのディーラーで行っています。
メーカー系ディーラーの中古車の場合は保証が付いていることが多いので安心代が若干プラスされているものと思っています。

購入後、故障もしましたが、違うディーラーでも保証で修理可能でした。
その付き合いから近くのディーラーの営業マンとは多少無理な事まで聞いてもらえる関係になっています。

保証が切れた後、重大なトラブル(普通は壊れな...続きを読む

Q長期の平均費用と限界費用の位置関係は、短期の平均費用と限界費用の位置関

長期の平均費用と限界費用の位置関係は、短期の平均費用と限界費用の位置関係と同様の性質を持つ、と学んだのですが、別の問題でそれぞれ下記の解説がありました。

1.長期平均費用が一定のとき、長期限界費用はそれに一致する。
2.限界費用が一定の大きさのとき、平均総費用は逓減する。

2は短期の問題です。1と2は同じことを言っているようで違うことを言っていて、よくわからなくなりました。

長期と短期で性質が違うときがあるのか、それとも、2について「平均総費用が一定のとき、限界費用はそれに一致する」のでしょうか?

Aベストアンサー

費用は大きく分けて固定費用と可変費用に分けられます。可変費用を生産量で微分したものが限界費用であり、費用全体を生産量で割ったものが平均費用です。

1.の場合、平均費用が一定なので、固定費用がゼロ、かつ限界費用が一定でなければなりません。
限界費用は、充分に生産量が大きいならば一定又は逓増することが仮定されているため、この条件以外では1.を満たしません。

2.の場合、固定費用がゼロでないならば、平均費用は逓減します。

これらは数式では
C = F + V(x)
C/x = F/x + V(x)/x
dC/dx = dV(x)/dx
であり、1の場合ではF=0, C/x = Const. のとき、V(x)/x =Const. がいえるため、V(x)=kx となり、明らかです。

2の場合では
dC/dx = dV(x)/dx=Const.のときV(x)=kxとなるため、
C/x = F/x + V(x)/x = F/x + k
となることから明らかです。


これらは長短関係なく成り立ちます。

Q中古車購入での諸費用について

県外のものを購入しようと思っているます。車種はレガシィツーリングワゴン(BH5)です。そこで質問なんですが、本体価格以外の費用はどれくらいかかるでしょうか?具体的には、車検があと1年くらい残っていて、距離は東京から福井に納車です。
直接問い合わせるのがいいかもしれませんが参考にしたいので教えてください。

Aベストアンサー

tani17さん、はじめまして。元自動車営業マンです。
自動車は車両本体価格のほかに、諸費用というものが掛かります。

諸費用の明細は

・ 登録手続き       お店の代行費用です。確認をお願いします。
・ 車庫証明の申請費用   申請代金¥2,600±¥100+代行費用
・ 納車費用        これはお店の代行費用です。
・ 重量税         2万円前後
・ 自動車税       (これは、中古車業者さんで買うにせよ、個人売買にせよ前所有者が1年分を納税しているため
              月割りでの支払いになると思われます)
・ 自動車取得税     (車両本体価格が50万円以上のものであれば課税。車両本体金額×5%前後)
・ リサイクル費用

中古車業者さんで購入の際は、代行費用が別途かかると思います。

ご自分ですべて行う場合は5~7万円くらいを目安にしたほうが
いいですよ。

中古車業者さんにお願いした場合は、お店によって代行費用の値段
が違いますが、+7万円くらいが目安ではないか?お店に問い合わせ
てみるのが早いです。

yui_oさんの金額は正確な金額だと思います。

以上です。

元自動車営業マン

tani17さん、はじめまして。元自動車営業マンです。
自動車は車両本体価格のほかに、諸費用というものが掛かります。

諸費用の明細は

・ 登録手続き       お店の代行費用です。確認をお願いします。
・ 車庫証明の申請費用   申請代金¥2,600±¥100+代行費用
・ 納車費用        これはお店の代行費用です。
・ 重量税         2万円前後
・ 自動車税       (これは、中古車業者さんで買うにせよ、個人売買にせよ前所有者が1年分を納税しているた...続きを読む

Q限界費用関数について

総費用関数を微分すると限界費用関数となるとありますが本当でしょうか?
総費用関数がY=Xの2乗、とすると、限界費用関数はY=2X、です。
具体的には、
生産量が0、総費用が0、限界費用が0
生産量が1、総費用が1、限界費用が1
生産量が2、総費用が4、限界費用が3(つまり4-1)
生産量が3、総費用が9、限界費用が5(つまり9-4)
生産量が4、総費用が16、限界費用が7(つまり16-9)
ですよね。
しかし、限界費用関数で導出すると
Y=2Xですから、0,2,4,6,8となります。
ご覧のとおり個別に計算したものと一致しません。

なにか勘違いしているのでしょうか。
是非教えていただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 総費用関数を微分すると限界費用関数となるとありますが本当でしょうか?

はい。本当です。


> 具体的には、<略>ですよね。

ここが間違っています。
質問者氏の計算は、ゼロから1まで、1から2まで・・・の追加的にかかった費用の平均であって、限界費用ではありません。


生産量が1の時を考えましょう。ここから0.1を増やした1.1の時、
(1.21-1)/0.1=2.1
となるはずです。この1.1をさらに近い数字(例えば1.01)にした場合には2.01となります。
どんどんこの差をゼロに近づけていくと、2になるのは分かると思います。この極限が2であり、それが微分です。

おそらく、「生産を1単位追加した場合にかかる追加的な費用」という説明に引っ張られていると思いますが、単位を少し変えるだけで変わってしまうため、Xの1メモリは特に何の意味もありません。

Qメーカー系ディーラーで中古車購入時のトラブルについて困っています。

お世話になります。
メーカー系列の中古車販売店で中古車を購入しました。
晴れた昼間に、現車を確認し試乗しました。
特にそのときは目立つようなキズはなく
一日あけて購入を決め販売店で納車をうけました。
ところが
※納車の確認の時にフロントガラスの中央に飛び石でできたようなキズがあるのを発見しました。
購入前に現車を確認し試乗したときは、気づきませんでしたし
もちろんそんな説明はありません。
納車にあたり納車磨きでピカピカになって納車になり目立つようになったのかもしれません。
その場で担当セールスに購入を決めてからついたのではないかと抗議しましたが、動かしていないからありえないと言われました。
もちろん無償の修理を要求しましたが中古車だから仕方ないとよ言われてしまい、結局その日は乗って帰りました。
後日オートバックスで見てもらったところ、今後は分からないが、現在はキズで割れてはいないとのことです。

諦めるしかないのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。
先日 私は、N社の中古店で車を購入しました。しかしフロントガラスが酷く汚い状態で納車されたので本社のお客様相談室にメールしたら直ぐに対応して頂きました。私は、N社のディーラーの人に俺は、デーィラーと言う信用を金で買ったんだから対応しろといいました。ちなみにリサイクル料をボラレそうになりました。他にも多々クレーム内容があったので全部対応させました。泣き寝入りしないように対応してもらった方がいいですよ。安い買い物じゃないので。

Q訴訟費用について

本人訴訟なので素人ですみません

判決
原告勝訴 「訴訟費用は被告の負担とする」
控訴上告の猶予期限2週間が過ぎ判決確定
原告は訴訟費用計算
訴訟費用額確定申立書を裁判所に出す
・・・・その後はどういう流れになるのでしょうか?

ちなみに訴訟費用内訳は
1.訴え提起手数料
2.書類の送達費用(切手代)
3.代表者事項証明書交付手数料
4.同送付費用
5.原告出頭旅費
6.原告出頭日当
7.書類作成費用及び提出費用
8.訴訟費用額確定処分正本送達費用
・・・・他にありますか?

色々質問させていただいていますが
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

>原告は訴訟費用計算、訴訟費用額確定申立書を裁判所に出す

その次ですか ?
それならば、その申立が認められたならば「決定」と言う裁判形式で当事者に送達されます。
7日間の即時抗告の期間が経過すれば確定し、それが債務名義となります。
なお、実務では、そこまでする案件は皆無に等しいくらいです。
何故ならば、認められる金額の割に手間が大変なので合わないからです。
本案の判決に基づき強制執行で債権の実現を得るので普通のやり方です。
なお、訴訟費用の範囲とその額は、「民事訴訟費用等に関する法律」の2条で詳しく載っています。

Q中古200系クラウンハイブリッド購入検討中

H20~21年式のクラウンハイブリッドの購入を考えています

ブラック、10万kmぐらいで200万前後のものです

(1)200系ガソリンクラウンでも、ほぼ同価格。ならばV6&ハイブリッドのパワーを堪能したい。そしてハイブリッドだとアスリートの要素が多い。ガソリンのアスリートだと結構高価。

(2)250万円ぐらいで現行フーガ250GTも考えましたが、燃費もパワーも3500ccハイブリッドに劣る。しかもハイブリッドのほうが安い。
街乗りだと、2500ccのクラウンやフーガで7~8km/L、クラウンハイブリッドだと街乗り10~12km/Lでハイパワーだから素晴らしい(中古車ショップ情報)
浮いたガソリン代を3500ccの自動車税に回せるので、2500ccの維持費(差額13000円)と変わらない!
デザインはフーガが好きなんですが、ボディサイズが大きすぎて保育園の送迎には少々難があるか・・・

(3)幼児が二人乗るので静かなハイブリッドが良いのでは。安全装備もハイブリッドクラウンは充実。

ということで200系ハイブリッドクラウンを第一候補に挙げています。


しかし、気になるのが「ハイブリッド車の中古は大丈夫か?」です。

4~5年落ちで10万kmはバッテリーはどのような状態でしょうか?

バッテリーが衰えれば燃費も悪くなる?(モーターアシストが少なくなる?)
それは実際r¥どれくらい?

私は年間10000~12000kmほど走行します。

最低でも車検2回だして、6年間は乗りたいので7万kmはこれから乗ります。

また、モーターの耐久性はどうなんでしょうか?

200系クラウンはタイミングチェーンだし、足回りはそれなりに頑丈であると聞いています。

200系でも20万kmぐらい走っていてもピンピンしてる車もたくさんありますし。


長文になりましたが、200系クラウンハイブリッド(10万kmオーバー)は6年以上、7万km以上、大きなトラブルなく乗れますか?

他に注意点やアドバイスもあればお願いします

H20~21年式のクラウンハイブリッドの購入を考えています

ブラック、10万kmぐらいで200万前後のものです

(1)200系ガソリンクラウンでも、ほぼ同価格。ならばV6&ハイブリッドのパワーを堪能したい。そしてハイブリッドだとアスリートの要素が多い。ガソリンのアスリートだと結構高価。

(2)250万円ぐらいで現行フーガ250GTも考えましたが、燃費もパワーも3500ccハイブリッドに劣る。しかもハイブリッドのほうが安い。
街乗りだと、2500ccのクラウンやフーガで7~8km/L、クラウンハイブリッドだと街...続きを読む

Aベストアンサー

一昨年の2月頃に、200系前期のハイブリットを手にした事があります。
しかも、中古です。
走行距離、7万キロで、ディラー系列のお店から手に入れました。

まあ、ディラー系列の中古車店から手に入れたので、状態は全く問題ありませんでした。
確かに、クラウンクラスのハイプットなら、居住性と走行安定性は文句ありません。

ただ、やはり、排気量が3.5なので、ハイブリットでも街乗り程度だと覚悟が必要です。
その、燃費面で。

ただし、ハイブリット特有の長距離なら、少しは燃費面で回復するかもしれません。

それと、問題のバッテリー関係ですが、購入する前に、バッテリーは全て新品に交換してもらっています。
当然、費用は無料ではありませんが、ディラー系列のお店なので、その辺は多少の値引きはしてもらいました。
なので、その辺の事は、購入される際にじっくり商談される事です。

まあ、何処で購入するか分かりませんが、ハイブリットと言う普通の車とはだいぶ機能的に違うので、購入するお店は慎重に選ばれる事を是非ともお勧めします。
正直な話、そのディラーのお店ですら、もしもの時の為に、ジャフ入会を勧められました。
せめて、トラブルった場合の、移動手段としてレッカー移動できるジャフへの入会は進められました。
念の為の、処置としてです。

それと、年の為に教えておきますが、実に内装は安っぽいです。
特に、皮シートは、ツルツルして冷たいし皮ではなく、ビニールと言う印象が強くて、その際は、布シートを選びました。
しかし、従来のウール系のモケットシートと違い、布シートも実に安っぽいです。
また、フロントガラスのそり具合によるものかは分かりませんが、視界性が物凄く狭く感じられて、ちょっと運転がしずらいです。
ただ、それは自分にとってです。

なので、購入してわずか3ヶ月程度で、別の車に乗り換えています。

後、エアサスでは無いので、乗り心地は自分的な感覚ではゴツゴツして結構気になっていました。

でも、その反面、ハイブリットは走りのアスリート系なので、動作。運転性能は、実にキビキビと走ってくれますので、その点だけは、合格点あげられると思います。

最後に、黒人気かもしれませんが、この年式の黒は実際見ると分かると思いますが、安っぽい黒です。
ハイヤー、タクシーみたいでお勧めできません。
やはり、パール系なら、あの独特なボディー形状が大きく見えて、乗るなら絶対パール系です。

ちなみに、私のは紺でした。実にさびしい、しけた濃紺でした。
それだけは、絶対に乗らないでね。

あっ!紺お乗りの方。すみません。正直な印象を語っただけなので、気分を害さないでください!!

一昨年の2月頃に、200系前期のハイブリットを手にした事があります。
しかも、中古です。
走行距離、7万キロで、ディラー系列のお店から手に入れました。

まあ、ディラー系列の中古車店から手に入れたので、状態は全く問題ありませんでした。
確かに、クラウンクラスのハイプットなら、居住性と走行安定性は文句ありません。

ただ、やはり、排気量が3.5なので、ハイブリットでも街乗り程度だと覚悟が必要です。
その、燃費面で。

ただし、ハイブリット特有の長距離なら、少しは燃費面で回復するかもし...続きを読む

Q損益計算書上の退職給付費用と注記資料の退職給付費用の関係について

退職給付会計について調べていますが、損益計算書に計上される退職給付費用について質問です。会計の本やインターネットで調べると、損益計算書上に計上される退職給付費用=勤務費用+利息費用-期待運用収益+過去勤務債務の処理額+数理計算上の差異の処理額+会計基準変更時差額の処理額とありました。
しかしながら、実際に数社の連結財務諸表(有価証券報告書)を見ると、連結損益計算書の販売費及び一般管理費にある退職給付費用と退職給付関係の注記にある退職給付費用に関する事項に記載されている退職給付費用には大きな差があります。以下の例をご覧下さい。
例)
(1)損益計算書:退職給付費用 37,559(単位以下すべて百万円)
(2)注記:退職給付費用に関する事項 
イ)勤務費用   47,802
ロ)利息費用   33,288
ハ)期待運用収益 △17,999
ニ)会計基準変更時差異の費用処理額 12,009
ホ)数理計算上の差異の費用処理額  12,298
ヘ)過去勤務債務の費用処理額   △ 5,431
ト)その他              179                       
注記:退職給付費用計         82,146

ご覧のように、注記の退職給付費用は上述の計算式の項目(退職給付費用=勤務費用+利息費用-期待運用収益+過去勤務債務の処理額+数理計算上の差異の処理額+会計基準変更時差額の処理額)が記載されています。しかし、損益計算書上の退職給付費用は注記のそれより大幅に少ない数値が記載されています。本やインターネットを見る限り、注記の退職給付費用の数値と損益計算書上の退職給付費用はほぼ同額であるべきではないかと思うのですが、なぜこのような大きな差がでるのでしょうか。いろいろ調べましたが、どうしても分かりません。企業会計にお詳しい方、どなたかお教えください。よろしくお願いします。

退職給付会計について調べていますが、損益計算書に計上される退職給付費用について質問です。会計の本やインターネットで調べると、損益計算書上に計上される退職給付費用=勤務費用+利息費用-期待運用収益+過去勤務債務の処理額+数理計算上の差異の処理額+会計基準変更時差額の処理額とありました。
しかしながら、実際に数社の連結財務諸表(有価証券報告書)を見ると、連結損益計算書の販売費及び一般管理費にある退職給付費用と退職給付関係の注記にある退職給付費用に関する事項に記載されている退職...続きを読む

Aベストアンサー

No.1さんの仰る可能性が高いと思うのですが・・・
以下ご確認までに;


損益計算書の「退職給付費用」は、どの大項目に記載されていますか?
例えばこちらのように、
http://www.hap-net.com/ir/pdf2/37h_pl.pdf
”販売費及び一般管理費”の配下に記載されていませんか?

とすれば、No.1さんのご推測どおりです。

-----

実は、少なからぬ企業の有価証券報告書において、「退職給付費用」は損益計算書に独立項目として記載されていません。
(注記に記載されているだけです)

もし損益計算書に独立項目として記載されている場合、大概の場合が”販管費”の一項目として記載されているケースと思われますが、
この場合、同時に”原価”のほうにも、退職給付費用が配賦されているはずです。
(→この場合、原価のブレイクダウンが注記に存在すれば、そこにかかれているケースもなくはないかもしれません。)

退職給付費用は、人件費の事後費用、といったところですから、商品製造・販売に直接関わる”原価”、直接関わらない"販管費"部分、双方に配賦されるのが通常、というわけです。。。


以上、ご参考いただける部分あれば幸いです。

No.1さんの仰る可能性が高いと思うのですが・・・
以下ご確認までに;


損益計算書の「退職給付費用」は、どの大項目に記載されていますか?
例えばこちらのように、
http://www.hap-net.com/ir/pdf2/37h_pl.pdf
”販売費及び一般管理費”の配下に記載されていませんか?

とすれば、No.1さんのご推測どおりです。

-----

実は、少なからぬ企業の有価証券報告書において、「退職給付費用」は損益計算書に独立項目として記載されていません。
(注記に記載されているだけです)

もし損益計算書に...続きを読む

Q マツダのディーラー系でマツダ車の修理をキャンセルしたら、部品を買い取

 マツダのディーラー系でマツダ車の修理をキャンセルしたら、部品を買い取るかキャンセル料を払う事になりました。支払う必要はあるのでしょうか?

 ブレーキに引っかかりを2回程度わずかに感じたので、5日前に車を見てもらい、ブレーキのマスターシリンダとキャリパーシールを交換修理したらよいかもしれないということでした。点検では症状は認められないので、交換の必要があるかはわからないと自信なさげな説明でした。部品を検索してもらうと、一部のパーツの手配に時間がかかり、1ヵ月半後にしか部品がそろわないという事でした。重要な箇所の事でしたので修理を依頼しました。
 5日間乗っていて、症状が全く再発しなかったので、今回の修理は見送って、今度また症状が再発したら修理をお願いしたい旨連絡しました。すると、部品の一部はもう入ってきているので、キャンセルするなら部品を買い取って欲しいと言われました。それも困るので返品できないか、部品屋さんに聞いて貰ったところ、返品は可能だが、キャンセル料が生じるとの事で請求されました。キャンセル料は、返品手数料との事でした。
 キャリパーのOHパーツが2月中旬にしか納品できないとの事でしたので、きているのはマスターシリンダーのOHパーツだと思います。金額的には部品代金の30%程度の請求を受けました。
 1ヵ月半後にしか部品がそろわないという事だったので依頼から5日目にキャンセルすれば迷惑を掛けないと思ったのですが、このようなケースで部品の買取を求められたり、キャンセル料を取られたりする事に応じる必要はあるのでしょうか?また、わずか5日で返品処理したにもかかわらず、30%以上もの返品手数料を請求される事は妥当なのでしょうか?

(ディーラー系ということでこれまでオイル交換や点検、修理にも使っていたのですが、余計な追加作業をしつこく営業されたりしてうんざりしていましたので、もう二度とお付き合いする事はないと思います。今回のキャンセルのあたっても、非常に態度が悪く、キャンセル料の支払いまでいつ払いに来れるかなどと高圧的に言われて気分が悪かったです。)

 マツダのディーラー系でマツダ車の修理をキャンセルしたら、部品を買い取るかキャンセル料を払う事になりました。支払う必要はあるのでしょうか?

 ブレーキに引っかかりを2回程度わずかに感じたので、5日前に車を見てもらい、ブレーキのマスターシリンダとキャリパーシールを交換修理したらよいかもしれないということでした。点検では症状は認められないので、交換の必要があるかはわからないと自信なさげな説明でした。部品を検索してもらうと、一部のパーツの手配に時間がかかり、1ヵ月半後にしか部品...続きを読む

Aベストアンサー

車は、年式経ってるのでしょうか?
本来、メーカーのパーツセンターにある部品は返品可能です。
今は判りませんが昔は返品手数料はペナルティとして消費税分の5%でしたが最近は高いらしいです。
さて本題ですがメーカーに無い部品はバックオーダーと言って受注生産になります。
このバックオーダー部品は、ほぼ100%返品が効きません。
返品が効く場合もあるのですが、それは以下の例です。
1.納期予定日が異常に長く生産ラインに乗るまで時間が要する場合。
2.納期予定日が決定していてもキャンセルできる猶予があった場合。
お客さんが注文をして取りに来ない、修理に来ない・・・等は部品をメーカーから買い取る販社や修理工場としては非常に厳しい状態です。
ですのでバックオーダーとなって注文を入れた場合ユーザーにも常識的な責任を求めます。
ただ、このディーラー系・・・・・
技術的に問題ありませんか?
ブレーキに引っかかりを感じる?
確かにマスターシリンダーの不良、もしくはブレーキキャリパーにおける不具合の可能性が高いですが4輪ディスクにしてもリアがドラムにしても簡易点検は十分可能です。
ピストンの戻り不良はキャリパーのピストンを作動させて。きちんとピストンが出るか、そして戻るか見れば判ることですし、ドラムブレーキにいたってもホイールシリンダーの作動点検にて判る事です。
ブレーキラインに問題が無ければ残りはマスターバックとブレーキレバーとABSシステムしかないんですから。
レバーに至っては目視と作動点検で5分もかかりません。
ABSの作動不良では、この症状は起きませんからブレーキ本体とマスターバックしかありません。
マスターは基本的に気密テストは簡易的に行えますがマスターシリンダーは常時、引っ掛かりがない状態では分解してみないと原因究明できませんのでブレーキ本体が問題なければ、おのずとマスターの原因となるはずです。
同時交換しないと判らないというのは技術力の低さを証明してるようなものだと思いませんか?
どっちも、やってみなければ判らない?・・・・なんてあやふやな状態で整備をユーザーに要求することに問題ありです。
この整備は重要な箇所です。
部品代金は安いですが工賃に至ってはブレーキキャリパーOHにしてもマスターOHにしても部品代金よりはるかに高額です。
その修理工場もきちんと点検して使用する部品を限定すべきだと思います。

車は、年式経ってるのでしょうか?
本来、メーカーのパーツセンターにある部品は返品可能です。
今は判りませんが昔は返品手数料はペナルティとして消費税分の5%でしたが最近は高いらしいです。
さて本題ですがメーカーに無い部品はバックオーダーと言って受注生産になります。
このバックオーダー部品は、ほぼ100%返品が効きません。
返品が効く場合もあるのですが、それは以下の例です。
1.納期予定日が異常に長く生産ラインに乗るまで時間が要する場合。
2.納期予定日が決定していてもキャン...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報