「竹取物語」の作者には従来・源順などいろいろな説があると思うのですが、最も有力な説はだれなのでしょうか?
また、その人物についてのプロフィールなどあればおしえてください。

A 回答 (2件)

 こんばんわ。


 残念ながら,有力な作者は不明だそうです。
 源 順,僧正遍昭,源 融,紀長谷雄,菅原道真,紀長谷雄,空海,その他の説があります。
 作者は男性であろうと言うことの他は一切不明という他はありませんが,古くは源順(みなもとのしたごう),近代にいたって和歌の作風から僧正遍照(そうじょうへんじょう),その関連から漢文体『竹取物語』を前提として空海,などが取り沙汰されてきました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがあとうございました。

お礼日時:2003/11/03 00:21

「竹取物語」の作者は誰が作者であるとは断定できないようですね。


下記のサイトに大変詳しく解説してありますので、
長いですがお読み下さい。
http://www.kcn.ne.jp/~tkia/mjf/mjf-64.html

参考URL:http://www.kcn.ne.jp/~tkia/mjf/mjf-64.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
詳しいですね。随分と。

お礼日時:2003/11/03 00:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q竹取物語の話教えてください!

訳などを読んで勉強はしたのですが、なかなか話がつかめなくて、疑問に思うことがたくさんあり非常に困ってます。明後日テストがあるのですが、未だにどんな内容なのかぱっとしません。どなたか竹取物語の話についてよく理解している方、すごく簡単でいいので、物語の内容教えてください。。お願いします。。

Aベストアンサー

あらすじですが・・

竹を切って来ていろいろな製品を作って暮らしていた、竹取の翁とその妻の嫗がいた。ある日、竹取の翁が竹林に出かけていくと、根元が光り輝いている竹があった。なんだろうと思って切ってみると、中から9センチほどの美しい人が出てきたので、自分たちの子供として育てることにした。その日から竹の中に金を見つける日が続き、竹取の翁の夫婦は豊かになっていった。翁がみつけた子供はどんどん大きくなり、三ヶ月ほどで年頃の娘になった。この世のものとは思えないほど美しくなった娘に、人を呼んで名前をつけることになった。呼ばれてきた人は、「なよ竹のかぐや姫」と名づけた。この時、男女を問わず人を集め、3日にわたって様々な遊びをした。

世間の男たちは、高貴な人も下層の人も皆なんとかしてかぐや姫と結婚したいと思った。その甲斐もないのに、竹取の翁の家の周りをうろうろする公達は後を絶たなかった。彼らははまるでホームレスの様に竹取の翁の家の周りですごしていた。そうこうするうちに、熱意のないものはこなくなっていった。最後に残ったのは、好色といわれる五人の公達で、彼らはあきらめず、夜昼となく通ってきた。彼らの名は石作皇子、車持皇子、右大臣阿倍御主人、大納言大伴御行、中納言石上麻呂といった。

彼らがあきらめそうにないのを見て、翁がかぐや姫に「女は男と結婚するものだ。お前も彼らの中から選びなさい。」というと、かぐや姫は「『私の言うものを持ってくることができた人と結婚したいと思います』と彼らに伝えてください」と言った。夜になると、例の五人が集まった来た。翁は五人の公達を集め、かぐや姫の意思を伝えた。

その意思とは石作皇子には仏の御石の鉢、車持皇子には蓬莱の玉の枝、右大臣阿倍御主人には火鼠の裘、大納言大伴御行には龍の首の珠、中納言石上麻呂には燕の子安貝を持ってこさせると言うものだった。

しかし、石作は只の鉢を持っていってばれ、車持は偽物をわざわざ作ったが職人がやってきてばれ、阿倍はそれは燃えない物とされていたのに燃えて別物、大伴は嵐に遭って諦め、石上は取ろうとして腰を打ち、断命。結局誰一人として成功しなかった。

そんな様が御門に伝わり、御門が会いたがった。翁が取り持ったが、彼女は拒否し、一度は姿を見られたものの、あれこれ使って結局御門も諦めさせた。しかし、彼と歌の交換はするようになった。

そうしているうち、ある旧暦も8月、姫は夜に泣くようになった。はじめは話さなかったが、(旧暦の、以下略)15日が近づくにつれ、泣き方が激しくなり、翁が問うと、「自分は別世界のものであり、15日に帰らねばならぬ」という。それを御門が知り、勇ましい軍勢も送った。

そして当日、子の刻(2時)頃、空から人が降りてきて、彼女を連れ去った。そのとき、姫は御門に不死の薬を送った。しかし御門はそれを駿河の日本で一番高い山で焼くように命じた。それからあの山は「不死の山」(後の富士山)と言う。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%8F%96%E7%89%A9%E8%AA%9E

あらすじですが・・

竹を切って来ていろいろな製品を作って暮らしていた、竹取の翁とその妻の嫗がいた。ある日、竹取の翁が竹林に出かけていくと、根元が光り輝いている竹があった。なんだろうと思って切ってみると、中から9センチほどの美しい人が出てきたので、自分たちの子供として育てることにした。その日から竹の中に金を見つける日が続き、竹取の翁の夫婦は豊かになっていった。翁がみつけた子供はどんどん大きくなり、三ヶ月ほどで年頃の娘になった。この世のものとは思えないほど美しくなった娘に、人...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報