70Lくらいの大きさで、動物の手の形のロゴのメーカーの大型のリュックで、
購入から15年ほどたちます。
大きいだけにめったに使わないので、外見はきれいなのですが、

内部全面の防水加工をなしているゴムがべたつきます。
程度は、物を出し入れすると指先がうっすらと黒くなり、ゴムのべたつきが残ります。
解消法を教えてください。

自己案は粉をまぶす。すりこむ。
カビが生えてもいやだし、有害物質や価格の高いのは避けて、
焼きミョウバンなど考えています。

幅広くアイデアお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ジャックウルフスキン製かな?



内側の 防水コーティング皮膜の劣化ですねー

自分のバッグの場合 別のメーカー品ですが
皮剥け的に剥がれたので べたつきは無く 指で剥いたり ガムテープで剥がし取りました

基本 経年劣化 寿命と判断し処分です。
使いつずけたければ ベタベタを取り 防水加工し直し

アルコール等で 拭きとれないかな?
防水加工は、 テントのグランドシート(床)に塗る強力防水剤 テムポー、かホワイトベアーというメーカーから出ています 1L缶で 2千円位 これを 内側から 刷毛で塗れば 防水性は確保
但し 素材によっては、表地にシミ出てくるかも 
    • good
    • 1

防水目的のウレタンコーティングの劣化です。


粉をまぶす等の対策は意味が無いのでやる必要ないです。荷物が汚れるだけです。
ザックの生地が寿命を迎えたことになります。つまりザックの寿命がきた。
対策としてはタワシ等でこすり落とす。ガムテープ等で張り付けて除去。
いくらやっても少し時間がたつと再び粘ついてきます。完全になくすのは不可能に近い。
また、生地のコシがなくなってフニャフニャになるのも問題でしょう。
元々の防水性は最初から無いようなものですから、コーティングが無くなっても大した問題じゃないかと。
滅多に使わないから勿体無いと思うでしょうが、基本はザックの寿命。買い替えも視野に入れたほうがいいと思います。
ジャックウルフスキンのザックは自分もろくに使わないうちに同様になり、捨てました。
使わなくてもウレタンは劣化します。これは仕方ないこと。
靴の分解は有名ですが、ザックも同様に劣化するのです。同じ理由です。
    • good
    • 5

こんにちは



根本的な解決にはならないですが
内袋を使ってその袋は中に入れたままにする。しかないような気がします

たぶん湿気などでそうなると思いますので
シリカゲルをちょっと多めに入れてみてはどうでしょうか
ただべたつき始めると止められないんですよね
    • good
    • 0

わかります。


溶けた輪ゴムとかね。

ウチの場合は押入れにしまってあった20年モノの双眼鏡のグリップがそんな感じです。
残念ながら解消法は知りません。
ゴム製品は熱に注意が必要のようですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今、若い子に人気だというリュックはどこのお店に売ってますか? どこのブランドですか?

今、若い子に人気だというリュックはどこのお店に売ってますか?
どこのブランドですか?

Aベストアンサー

原宿に行って下さい。

Qリュックやバックに付いている正方形を45度傾けた形でコンセントの穴みた

リュックやバックに付いている正方形を45度傾けた形でコンセントの穴みたいな穴があいた4センチ程の大きさのものは何の為に付いてるんでしょうか?
登山やバック関係に詳しい方が居れば教えて下さい。

Aベストアンサー

NO1の者です。追加です。一応あれはピッケルホルダーだと思います。ベルトがない場合はベルトをつけてピッケルを通して持ち運ぶものだと思います。

Qバウハウスの精神を受け継いだリュックブランドを探しています。

バウハウスの影響を強く受けた会社といえば、文房具ならLAMY、時計ならNOMOSなど他分野に存在していますが、リュックサックメーカーでのそれにあたるものがなかなか見つかりません。
カバンをパッと見てアールヌーボー系/バウハウス系などと区別はできるのですが、究極にバウハウスを求めたカバンが見つからないのです。
バウハウスの影響を受けている会社など大量にあると思いますが、その中でも"強く"影響を受けていると思われるリュックサックメーカーを教えてください。

Aベストアンサー

PICARD 社のものなどどうですか。

Q70Lザック購入で悩んでます

ドイターのエアコンセプト55+10Lから少し大きなバックの購入を検討しています。
現在夏のテント泊1~3泊と
 初冬と晩秋のテント泊を行ってますので、
 10本歯のアイゼンなんかを持ち運びもしています。
現在検討中なのが、オスプレーアルゴン70L、グレゴリーバルトロ70L
ゼロポイント70L、オスプレーイーサー70Lを検討中です。
実容量、素材、特徴、フィット感、良い点、悪い点など詳しくわかる方がいらっしゃいましたら是非教えて頂けますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 登山歴30年です。ザックもこれまでにいくつ買ったことやら・・・
 今持っているザックだけでも70L、60Lを2つ、45L、30L、20L、15Lが2つあります。

 例えば靴は何より「足に合う」ことが最重要なので、極端な話100人中99人が絶賛する靴でも、足に合わなければただのクズです。
 ですが、ザックはそういう要素は靴に比べるとかなり少ない装備ですので、いくつか買って使ってメーカー毎の特徴が判ってくれば、カタログ買いしても大きな問題は起きにくいです。

 フィッティングの問題は、多くのモデルが背面長の調節システムを備えていますし、そうでないモデルはサイズが複数用意されています。自分の背面長さえ測定して把握すれば、「合わないザック」はまず掴まずに済みます。

 重量バランスはザックメーカーの技術力がモロに出るポイントですし、実際に使用するユーザーとしても一番重要です。これについては技術力が足りないメーカーは素直にダメ、というだけの話です。
 私の70Lが「ダメなザック」の典型でしょうね・・・敢えてメーカー名は書きませんが。
 私のスタイルだと70Lザックは年に一度の家族連れテント泊でしか使わいませんし、それも例年は立山なので歩行距離も少ない、というわけで「とにかく安ければ良い」という選び方をしたザックです。なので重量バランスも使い勝手も悪いのは覚悟していたので、別にダメザックでも良いのですが。
(でも、今年は涸沢だったのでちょっときつかった・・)

 ちなみにショップで担いでみても、初心者の人にはまずザックの良し悪しは判別できません。特に大型ザックほど難しいです。
 最重要ポイントの重量バランスについては、新聞紙で嵩だけ作ってある店頭のザックと、本格的に荷物を詰めたザックでは条件が違いすぎるので、まず判らないでしょう。砂袋などを入れて重量だけ重くしても、自然の状態とは"荷物そのものの重量バランス"が大きく違うので、やはり難しいです。
 使い勝手も、かなり使い込んだ人でないと判らないポイントはたくさんあります。

 それと、70Lがベテラン専用というわけではあるはずがありません。
 ザックの容量は経験や技術のレベルで決まるのではなく、単純に用途で決まるものです。初心者でもテント泊山行をするのなら、60-70Lクラスのザックは必要なのは当たり前です。
 大学のワンゲルに入部すると、「初めて買うザックが100Lクラス」なんて普通ですし。
 体力や経験も質問文からある程度ちゃんと判るので、回答できない質問ではないと思うんですけどね。

 さて、質問者さんがリストアップした候補の中には「ダメザック」はありません。私はグレゴリーは買ったことがないので判らないのですが(だって高すぎるから・・)、非常に評判が高いメーカーの製品ですから間違いはないでしょう。
 ですので、どれを買っても後悔することはないでしょう。

 これだけで終わっては書く方も淋しいので、少し選択のポイントを。

 アルゴン70は、110Lまでのラインアップの中野最小容量モデルです。
 このようなモデルは、基本設計が超大型ザックですから、それをスケールダウンしたモデルでは、容量の割にザック本体が少し重くなりがちです。
 逆に、基本設計が40Lクラスのザックの"大容量版"みたいなザックだと、容量目一杯の荷物を積むと妙に頼りないザックになったりします。
 例えば、同じオスプレーだとアトモス65だと、アルゴン70と比べると同クラスとはとても思えないほど軽量です。ですが、元々アトモスはトレイルランニングなどを想定して50Lモデルが先に出たモデルなので、"目一杯荷物を積む"ことを想定されているモデルではありません。
 なので、この65もテント泊3泊に使うにはちょっと頼りない造りです。(65Lのくせに推奨パッキングウエイトも18-23kgに過ぎませんし)

 イーサーとゼロポイントのトレッキングパックは、ちょうど70Lクラスをメインに設計されているモデルなので、いろいろな性能や機能が無理なくバランスしているという点で、非常に使いやすいモデルでしょう。

 つまり、それぞれのモデルがどのクラスをメインに設計されているモデルで、購入候補モデルはその縮小版なのか拡大版なのか、またはジャストなのか、ということを推測することは、まあまあ重要です。そんなに決定的な差はないので、敢えて"縮小版"を選ぶこともあるのですが。(そういえば"拡大版"に食指を動かされることはあまりないような気が)

 あとは好みでしょう。
 私は岩稜縦走やヤブ山での使用もあるので、ファスナーやストラップがたくさん付いたザックは好みません。なのでアルゴンとバルトロにはあまり興味が湧きませんね。価格的にも高すぎますし。
 同じ意味で、モンベルのトレッキングパックもあまり好みません。同じモンベルの70Lクラスなら、エクスペディションパック65を買うでしょう。このザック、前面にほとんどフルオープンするファスナーが付いているので非常に便利です。

 でも、私が買うとすれば、迷うことなくイーサーを買います。というより本当に欲しいのですが。
 このクラスとしては非常に軽量ですし、重荷に耐えるだけの頑強さもあります。つまり重量と機能のバランスとしてはベストに近いでしょう。
 正面のストレッチポケットも使いやすそうです。ポケットやファスナーがごちゃごちゃ付いているより、このポケット1つの方がどれだけ使いやすいか。この正面のポケットはオスプレーの得意技なので、私が持っているオスプレーのザックにも付いていて、その使いやすさは実感しています。私のザックの正面ポケットはストレッチではないのですが、その分容量が大きく、スノーシューとアイゼンを両方無造作に突っ込んでおけるほどです。ストレッチだと使わない時に岩角やヤブに引っかけたりすることがないので、容量が少し小さくなる分使い勝手は良さそうです。

 次点はモンベル(ゼロポイント)のエクスペディションパック65でしょうか。
 外部に収納スペースはありませんが、正面をファスナーでほとんどフルオープンできるので、たいていのモノは気軽にここから出し入れできるのが便利です。
 ただし、ザックの中に超大型(80-100L)の防水バックを入れてその中に荷物を入れるようなパッキングをすると、この前面ファスナーはほとんど無用の長物になってしまいます。でも、荷物を完全に防水したい時はこの方法がベストなので、私はよくやりますけど。

 重量バランスについては、質問者さんが挙げたメーカーは定評あるメーカーばかりなので問題はないでしょう。

 あと、細かいところですがショルダーハーネスやウエストベルトの"パッド"について。
 背面のパッドも同じなのですが、軽量化のためあまりに薄いと重荷を担いだ時に辛いです。だからといってむやみに厚いと、今度は雨が降った時に水を吸って異様に重くなります。
 例の私の"ダメザック"がそうなのですが、半日雨の中を行動すると体感的には10kg重くなります。ま、いくらなんでも10Lも水を吸っているとは思えないので、疲れの分を差し引いて考えなくてはならないのでしょうが、それでもどう見積もっても3kg、もしかしたら5kgくらいは重量が純増してます。疲れてくるに従って荷物が重くなるので、これは辛いです。
 45Lの非常に気に入っているオスプレーも、残念ながら雨が降るとやたら重くなるザックです。

 まあ今時、薄いパッドだと肩や腰に食い込む、ということ自体が「ザックの基本設計が悪いため重量バランスがおかしい」ということですから、メーカーの想定内の荷物重量であれば、パットが薄すぎて不快、というようなことはあり得ないでしょう。少なくともここで挙げたメーカーの製品では。(オスプレーも最近はパッドの厚いモデルはほとんどなくなりました)

 登山歴30年です。ザックもこれまでにいくつ買ったことやら・・・
 今持っているザックだけでも70L、60Lを2つ、45L、30L、20L、15Lが2つあります。

 例えば靴は何より「足に合う」ことが最重要なので、極端な話100人中99人が絶賛する靴でも、足に合わなければただのクズです。
 ですが、ザックはそういう要素は靴に比べるとかなり少ない装備ですので、いくつか買って使ってメーカー毎の特徴が判ってくれば、カタログ買いしても大きな問題は起きにくいです。

 フィッティングの問題は、多くのモデル...続きを読む

Qリュック、財布を買うときにオススメなブランドは?

来月20歳の彼氏の誕生日なのですが、「リュックがほしいな~」とポロっと言ってましたのでリュックをあげようかと思ってます。
今彼はCHUMSのショルダーを使っているので、それ以外のブランドであげたいのですが、私は全然そのようなアウトドアなブランドを知らないので困っています(*_*)
又、とにかくVANSが大好きらしくて、VANSのオールドスクールという靴を全種類集めてます。笑

このように、カジュアルな彼が好きそうなブランドを教えてください!
ちなみにリュックは確定ではないので、お財布でいいブランドもあればついでに教えてください★
予算はどちらとも1万前後(2万はこさない程度)でお願いします♪

Aベストアンサー

アウトドアブランドだと、ノースフェイス、グレゴリー、コロンビアなど、かわいいリュックがあります。でも、チャムスのほうがおしゃれかも…

カジュアル系だと、ビームスとか覗いてみると、リュックや財布など売ってるので、彼氏さんが好きそうなのがありそうです。他はシップス、ジャーナルスタンダード、アローズ…はちょっと大人かな?

良いのが見つかるといいですね!

Q今年の8月にゴムボートで無人島に行きたいんですが,関西でゴムボート(オ

今年の8月にゴムボートで無人島に行きたいんですが,関西でゴムボート(オール&バタ足エンジン)でいけるところを探しています. お勧めの場所やアドバイスがあったらおしえてください.
一応こちらが用意する条件としては
人数 3人
ゴムボート 2人乗り
食糧 自給自足
住む所 テント
非常に馬鹿なことだとは思いますが,コメントよろしくお願いします.

Aベストアンサー

ああ、そうだ。
スワンボートの元ネタのRマニアの電波少年的無人島脱出が瀬戸内海の由利島って所だった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B1%E5%88%A9%E5%B3%B6

それから無人島のタグがあったから貼っとく
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%84%A1%E4%BA%BA%E5%B3%B6

Qこのリュックのブランドがわかる方教えてくださいm(_ _;)m

このリュックのブランドがわかる方教えてくださいm(_ _;)m

Aベストアンサー

それはノーブランドです。

Q登山用ザック ミレーのイゾア28Lとハイカー28Lについて

登山用ザック ミレーのイゾア28Lとハイカー28Lについて

どちらも28Lですが、荷物の入る量に違いはありますか?

Aベストアンサー

登山を前提としたのザックの選び方について、アドバイスさせていただきます。

28lですと、日帰りの低山ハイク用になります。食料、雨具、防寒着でいっぱいになります。
小さいザックをパンパンにして背負うと後ろに引っ張られバランスが悪くなります。
日帰りでも、大体5~8kgの荷物を背負う事になります。

まず自分の身長(背中の長さ)に合わせた大きさを選びます。余裕のある容量のものに薄くパックしたほうが、背中からあまり重心が離れず疲労も少なくなります。

トレッキング用、クライミング用、スキー・スノーボード用、ハイキング用、など多くのメーカーが用途別に毎年新しいものを開発生産し店に卸します。大抵モデルごとに1ロットの生産です。
店の方でも仕入れ数が売り切れたらフォローは無しです。(人気のモデルほど直ぐ売り切れ店頭に並んでいる時期は短い)
1度買ったらずっと使える物です、身体に合い、デザインの気に入る物を購入しましょう。
沢山のモデルを店頭に並べている大きな店で実際に背負ってフィット感をたしかめネットで色・サイズや重量などを調べて妥協せずに良いものを購入しましょう。
*大きな登山用品店ではオリジナルブランドのザックを売っていますが、新素材の開発力などでは
 世界規模で生産する専門メーカーに引けをとっているようです。
*最初は30~40リットルの大きさで背中にしっかりしたフレームの入っている物が○。
*ポケットやチャックが沢山付いているものは一見すると便利そうですが、
 確実に重量が重くなります。必要な機能のみ選びましょう。
*内容量はリットル表示ですが、ザックの形状やメーカーによりかなり差があります。
*形、機能が気に入っても、色が気に入らない場合1シーズン待つと大抵マイナーチェンジしたものがでます。

登山を前提としたのザックの選び方について、アドバイスさせていただきます。

28lですと、日帰りの低山ハイク用になります。食料、雨具、防寒着でいっぱいになります。
小さいザックをパンパンにして背負うと後ろに引っ張られバランスが悪くなります。
日帰りでも、大体5~8kgの荷物を背負う事になります。

まず自分の身長(背中の長さ)に合わせた大きさを選びます。余裕のある容量のものに薄くパックしたほうが、背中からあまり重心が離れず疲労も少なくなります。

トレッキング用、クライミング用、スキ...続きを読む

Qこのリュックのブランド名を教えて

リュックのブランド名がわかりません。
文字が薄くて読めません。どなたか同じものを持っている方が
いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

「Culture Mix」と読めたのでそれで調べてみたのですが
同じロゴの商品が見つけられませんでした。
下記の画像はすでに削除された商品ページのものです。
商品名は「POWER TO THE PEOPLE culture mix リュック バックパック レッド 赤 0331OK-7099」でした。
http://image.rakuten.co.jp/vectorpremium/cabinet/02520160331/025-901603260111_1.jpg

たぶんこれも一緒だと思うのですが。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14125362079

Qトートバッグはどこのがいいですか?(LLビーン、コールマン、モンベル)

とにかくたくさん入る丈夫なトートバッグをさがしています。

トートだけで自立できるほどの強度(厚み)があること、
洗濯できること、長持ちすることが条件です。

もともとモンベルやLLビーンが好きでしたが
キャンプグッズはコールマンを愛用しているので
コールマンもいいなと思っています。

最近は店舗にでかけることができなくなり(小さい子がいるため)
見比べることができません。
どのブランドがおすすめでしょうか。

ちなみに、入れるのは下記です。

A4サイズの8ミリ厚のファイル1冊(時には2冊)
A4サイズのハードブック本(2~3センチ厚)が3~4冊程度
A4サイズのドキュメントファイル(2~3センチ厚)が2冊
B5サイズのポーチ(5センチ厚)
おにぎり
ナルゲンボトル(丸型1L)
着替え(上下)一着

これに、バッグを持ち運ばない時(どこかに置いておくとき)
B5サイズのミニショルダー(15センチ厚)を
なんとなく上に載せておくことができればいいな、と思ってます。

Aベストアンサー

#1です。

ご呈示された3社全ての商品(デイパックではありませんが)を各々使っていますが、安かろう悪かろうの商品は特に無い様です。

 ですので、言い直します。「この3社の中で一番安いもの」。

 因みに小生はモンベルが好きです。チャックが壊れた時(チャックメーカーの製造上の不備と思われます)対応がとても親切でした。

 LLビーンは直営店が直ぐに無くなってしまいましたし、もはやアウトドアメーカーでは無いと「小生には」思えます。

 コールマンは小生の考えでは「燈火」専門メーカーです。素晴らしい燃焼器具を造りますね。他の商品は・・。

 ご自分のお財布と相談されて、ベストなお買い物をされて下さい。

 蛇足ですが、雨中使われるなら完全防水タイプよりはポンチョかザックカバーをお買いになると良いです。ポンチョはおすすめです。

 

 


人気Q&Aランキング