旧日本陸海軍の局地戦闘機を教えて下さい。

A 回答 (3件)

局地戦闘機といえば、二式単戦 鍾馗


三菱局地戦闘機 雷電(J2M)
川西 局地戦闘機 紫電(N1K)
          紫電改
B29撃墜に戦果をあげたのは、
三式戦 飛燕
夜間戦闘機 月光
雷電
二式複戦  屠龍 の順?

そして、満州帝国軍 二式高練(たしか、1機撃墜)
なを、帝国陸軍には、局地戦闘機と言う機種はない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。海軍の戦闘機でてこなかったすね。

お礼日時:2003/11/10 20:19

B29にもっとも効いた兵器は15センチ高射砲かもしれません。


昭和20年5月に久我山配備された15センチ高射砲。
一発でB29を撃墜し、その後この上空を回避するようになったそうです。
回避するようになっちゃったので、その後撃墜はなくなったようですが、抑止力としては最高の兵器かと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。軽巡洋艦の阿賀野型にも積んでた長口径の大砲でなかったかな。横浜本牧にも高射砲並べてたとききましたが。

お礼日時:2003/11/10 20:28

最も成果をあげたかはわかりませんが、旧日本軍の局地戦闘機といえばB29の迎撃任務を行った三菱の「雷電」ではないでしょうか。



そのほか、中島の4式戦「疾風」なども性能面ではP51と遜色ないので、B29を撃墜していると思います。

ただし、いずれも開発が戦争末期なので、戦局に影響を与えるほどではなかったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/10 20:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飛燕の直系の先祖はどの機体?

亡き祖父が戦時中に飛燕の開発に関わったことがあるというので、飛燕について少し勉強してみたところ、ドイツのメッサーシュミットBf109を原型にしていることを知りました。
ただ、メッサーシュミットBf109にもいろいろ種類(E-3、E-4、E-7等)があって、飛燕はそのうちのどれを原型にしたのかが知りたいです。飛燕のプラモデルと並べて飾りたいと思っていますので。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確な記録が見つからないので何とも言えませんが、設計時期がBf-109Eの運用開始時期である1940年、そして発動機がE型から採用しているDB601の国産型であるハ40を使用しているのでE型の比較的初期型を参考にしている可能性は高いかと思います。

しかし飛燕(キ61)は重戦であるBf-109系列とは性格の異なる中戦(重戦と軽戦の中間的性格として命名されたカテゴリ)であり、Bf-109系列の性格をより色濃く受け継いでいるのは同時期に試作開発された重戦のキ60の方ではないかと思います。

飛燕は素人目には液冷のDB601エンジンを搭載した機体として似た機体に見えますが、より翼面荷重の小さな主翼や主脚の構造などはBf-109とは異なる日本独自の設計かと思われます。

なので提案ですが、飛燕の「原型機」としてではなく「異母兄弟」としてBf-109Eや、同じくDB601を搭載したイタリアのマッキMC.202などを作って並べてみては如何でしょうか?

Q水上戦闘機と戦闘飛行艇が空中戦したらどっちが強い?

水上戦闘機と戦闘飛行艇が空中戦したらどっちが強い?
ですか?

*条件
どちらとも単発単座(複座でも大差ないですか?)のレシプロ機。
機体サイズ・パイロットの技量は同等。
個人的なイメージとしては水上戦闘機が旧日本海軍の二式水戦で、戦闘飛行艇が紅の豚の赤い飛行艇です。
まあ豚さんの飛行艇だとエンジンの馬力が圧倒的に二式水戦に劣ってると思うんで、エンジン出力もだいたい同等(1000馬力)で考えてください。
あと設計も古いんで、二式水戦と同時代の技術力で設計された場合としてお願いします。

*欠点
水上機
フロートが空気抵抗になって機動性が落ちる。

飛行艇
胴体で着水するので、水に受けるよう加工されているから重い。


またぜんぜん違う質問ですが、水上機がずっと海面に着水したままだと水がフロートに入って沈んでしまうって本当ですか?
こちらもよかったら回答お願います。

Aベストアンサー

二式水戦は水上戦闘機としては非常に高性能で、950馬力で440キロ近い速度が出ました。

水上飛行艇に対して「一撃離脱」戦で攻撃出来ると思いますので、「二式水戦と仮定したら」水上戦闘機の方が有利でしょう。

Q絵師様、専属絵師様を探しています

タイトルの通り、絵師様、専属絵師様を探しているのですが、どこで探していいか分かりません><
同じようなブログの記事がいくつも上がっているので、ブログじゃ駄目だなと思い、行き詰っているところです・・・
絵自体はMHP3猟団のHPやブログに使用したいと思っています。
それ故、モンハンのイラスト(かわいい、かっこいい、リアル、それ風)が描ける絵師様を募集しているのですが。。
専属絵師様、適当にイラストを提供して頂ける絵師様、何方でも構いません。
とにかく絵師様を探しています!
どこで探すと良いか教えて下さい。

Aベストアンサー

絵師募集で検索してヒットする掲示板で募集されてみてはいかがですか?
http://81.xmbs.jp/post-23836-br3.php?guid=on
http://arbeit024.progoo.com/bbs/

Q川西航空機 水上戦闘機の強風を知っている方いますか? 僕の曽祖父が昔乗っていたと言っていて気になった

川西航空機 水上戦闘機の強風を知っている方いますか?
僕の曽祖父が昔乗っていたと言っていて気になったので質問しました。知っている方お願いします。

Aベストアンサー

水上戦闘機として火星エンジンを搭載し、100機ほど生産された機体です。
日本は重機が無く、滑走路の整備を人力で行うことが殆どだったため、南方の島で使うための水上戦闘機を開発しなければならない事情がありました。
当然、水上戦闘機ですからフロートなどを付けなければならず、同じように設計したならば陸上戦闘機や艦上戦闘機よりも性能は低下します。
強風は2重反転プロペラと空戦フラップいう新機軸を採用したのですが、2重反転プロペラは機構が難しくなってしまい機体の評価を落としました。

強風を戦力化するまでの繋ぎとして、零式艦戦11型にフロートを取り付けた二式水戦が実用化されましたが、強風は開発が遅れたり火星エンジンが大型だったため、
強風よりも二式水戦が主力の水上戦闘機として南方やアリューシャン列島で活躍しています。
色々と問題を抱えながらも、ようやく昭和18年に正式に採用されたのですが、その時には強風を使う戦場はなくなってしまっていました。
曽祖父様は、わずか100程生産された強風に乗っていらしたのですね。

でも、本来の局地戦闘機である雷電と零戦の後継機である烈風の開発遅れのために、川西が強風の陸上機型の紫電を提案します。
エンジンを火星から誉に積み替え陸上機化したところ、性能が向上し空戦フラップが更に有効になりました。
ただ、紫電は単純に陸上機化したため、中翼で下方の視界が悪い、主脚の機構が面倒である等の欠点を持っていました。

紫電を更に改良し低翼の局地戦闘機に設計し直したの紫電改です。紫電改は日本海軍の最高の傑作戦闘機ですね。
紫電改は空戦フラップで格闘性能も優れており、米軍の戦後のテストでは米軍の高品質の燃料では高速性能もトップクラスの評価を得ました。
紫電改は局地戦闘機として運用されましたが、空母への搭載を考慮した艦上戦闘機としてのテストも実施されています(空母が使える状況ではなくなりテストだけ)。

強風という機体はあまり恵まれた機体ではなかったのですが、紫電改という傑作機の母体となった機体ですね。

水上戦闘機として火星エンジンを搭載し、100機ほど生産された機体です。
日本は重機が無く、滑走路の整備を人力で行うことが殆どだったため、南方の島で使うための水上戦闘機を開発しなければならない事情がありました。
当然、水上戦闘機ですからフロートなどを付けなければならず、同じように設計したならば陸上戦闘機や艦上戦闘機よりも性能は低下します。
強風は2重反転プロペラと空戦フラップいう新機軸を採用したのですが、2重反転プロペラは機構が難しくなってしまい機体の評価を落としました。

強風を戦...続きを読む

Qラジコン飛行機の飛燕の尾翼の色について

昨日、一番に大事にしていた飛燕を破損させてしまいました。
ヘッド部分と水平尾翼が重症です、買い換えるにも終息品でありません。
なんとか復活させたいと思っています。
がんばれば何とか修復できそうなのですが水平尾翼のフィルム(朱色?)
に合う色あいのフィルムが無く探しています。

どなたか、いい感じのフィルムを教えてください。
又はパーツが売っている所を知っていましたら教えてください。
※京商は売り切れでした。

京商 エンジンRC飛行機 飛燕 50 GP Ver【ARF完成キット】の水平尾翼。

Aベストアンサー

こんにちは。

飛燕の尾翼の色は、赤が定番ですが、

僕の記憶が確かなら、

正確にこの赤色という資料はなかったと記憶しています。


つまり… 逆に言うと、本当は

どんな赤でも間違いではないことになります。



ですから、どんなフィルムでもOKということです。

御参考までに。

Q日曜日なのに戦闘機が1機のみ飛行してた

今日の夕方に福岡県の北部から山口県の方向へ1機のみですがジャンボジェット機が巡航する高度よりもかなり低空で、マッハ1までは出てないと思いますが凄く速い速度で飛行していました。>夕方ごろ
まず、F-15とかF-2の戦闘機では間違いなく、ノーズが長い戦闘機で航空自衛隊の戦闘機ではなかったです。
今日、福岡やその近辺で航空祭などのイベントはありましたか?
もしない場合、そういう戦闘機が日曜日に僚機なしで1機のみで飛行している事ってありえますか?

#近所に基地がありますがスクランブルで飛んだ気配は全くありませんでした。

Aベストアンサー

普通にあるでしょ。
整備後のテストフライトの可能性もあるし。
大騒ぎする必要ありません。また化石燃料無駄遣いしてるよ、ってくらいのものです。

Qこの絵師さんの詳細をおしえてください!

タイトルどうり、この画像の絵師さん、もしくわこの絵柄の絵師さんの
詳細を教えてもらいたいです!至急!

Aベストアンサー

下記のサイトのゲームの画像ですね。

http://erfolg.main.jp/home.html

絵師さんは「さとい」さんだと思いますがHPなどは持ってなかったかと思います。
上記サイトにメールするなりすればコンタクト取れるかもしれませんが。

Q日本の戦闘機の機銃

1)日本軍戦闘機が戦争全期にわたって20ミリ、12.7ミリ、7.7ミリの3種類があり、しかも1機に異口径機銃を装備しているのはなぜですか。米軍はF4F,F6F,P40,P47,P51といった量産主力戦闘機はみんな12.7ミリ機銃6ないし8です。前線では同口径の機銃にした方が汎用性があって補修、交換、銃弾の補給も容易なはずです。
2)同様に全期で胴体銃が多いのはなぜですか。米軍も初期や大戦前は胴体銃がありましたが、中期以降は1)のとおり翼内12.7ミリ機銃6です。一方の日本は後期の3式戦、4式戦、零戦52型でも翼内銃、胴体銃の混合です。4式戦なんて2000馬力エンジンなんだから米軍並みの12.7ミリ機銃6でもパワーが出ないなんてことはないと思いますが。
3)日本機はエンジン、フラップなどの機体の技術は高いようですが、武装は後進国だったんでしょうか。

Aベストアンサー

日本軍の「こだわり」と、アメリカ軍の「合理性の追求」という、両者の基本的な考え方の違いがそのまま現われているのだと思います。

日本軍の戦闘機では、弾道の直進性が良く命中させやすい小口径の胴体銃と、命中させにくいが当れば破壊力の大きい翼内砲の両方を装備して、戦闘の状況に応じて切り替えて使っていました。零式艦上戦闘機の場合、左手で操作するスロットルレバーに発射ボタンが付いており、7.7ミリだけ発射と、7.7ミリと20ミリの両方発射と、20ミリだけ発射の3通りを切り替えるようになっていました。

一方、アメリカ軍の戦闘機では、まさに質問者さんご指摘の通り、規格を統一することで生産・補給・運用を最大限合理化するという方針を貫いていました。

また、装填する弾数も多く、狙って命中させるよりもとにかく湯水のごとくバラまいてどれか当れば良いんだという戦い方をしていましたが、それができたのは、恐ろしい程の大量生産・大量輸送が可能な国力があったればこそです。逆に言えば、生産力こそがアメリカの最大の武器だから、規格を統一することで生産力と輸送力を最大限に発揮できる態勢を整備したと言うこともできそうです。

生産力に於いて劣勢な日本は、どうしても少数精鋭で勝ちに行かないといけない。機関銃や機関砲も少ない弾丸数で戦果をあげることが求められましたから、いきおい性能に「こだわる」ことになりました。

規格の統一など意図せず、それぞれの戦闘機が性能を追求しましたから、例えば陸軍一式戦闘機「隼」のように機首の機銃だけで、翼内には銃を装備しない機体もあれば、海軍の紫電改のように翼内の機関砲だけの機体もあり、形式はまちまちでした。

陸軍4式戦闘機「疾風」のパワーの問題ですが、2000馬力もあるから少しくらい重い武装を積んでもかまわないとは当時の陸軍は考えなかったようで、さらなる重量の軽減に努めていました。

日本は武装に関して後進国だったかという点ですが、トップの技術は高かったけれども底辺の技術が低かったという事だと思います。たとえば、航空機メーカーで戦闘機の設計に当る技術者は欧米と比較してもひけを取らない高い技術を持っていましたが、その一方で部品の材質や仕上げ加工は誠にお粗末でした。先の4式戦闘機「疾風」など、空中戦ではアメリカのP-51ムスタング戦闘機を上回る性能を発揮しましたが、着陸した後はエンジンの下から大量のオイルがポタポタと漏れていました。

その他、航空燃料の品質も悪かったし、量も不足していたし、20ミリの機関砲弾も品質にバラツキがあって、不発や暴発で事故もあったようです。基礎技術の不備が先端技術の足を引っぱって戦に負けたという側面は否定できません。その反省から、戦後になって工業規格(JIS)の重要性が認識され、精力的に整備されたと言われています。

日本軍の「こだわり」と、アメリカ軍の「合理性の追求」という、両者の基本的な考え方の違いがそのまま現われているのだと思います。

日本軍の戦闘機では、弾道の直進性が良く命中させやすい小口径の胴体銃と、命中させにくいが当れば破壊力の大きい翼内砲の両方を装備して、戦闘の状況に応じて切り替えて使っていました。零式艦上戦闘機の場合、左手で操作するスロットルレバーに発射ボタンが付いており、7.7ミリだけ発射と、7.7ミリと20ミリの両方発射と、20ミリだけ発射の3通りを切り替えるようになってい...続きを読む

Q小栗小次郎助重=絵師宗湛ですか?

小栗小次郎助重=絵師宗湛ですか?
小栗判官伝説の小栗小次郎助重が、のちに絵師となり、宗湛になったという話がありますが、
両者は同一人物ですか?

Aベストアンサー

bungrtsuです。

>>1462年(寛正3年)京都相国寺松泉軒の襖絵を描く、その数年前まで武将として合戦をしていたとは思えないのですが。

次のサイトの一番下の「緑の枠内」にでてきています。
これとは違うのでしょうか?

http://otakesumiyo.hp.infoseek.co.jp/oguri.htm

Q日本の戦闘機事情について@2011.09

いくつか教えてください。

暇がある方お願いします。

========= ========= ========= ========= ========= ========= ========= =========

(1).
F-2支援戦闘機の開発にアメちゃんが絡んできたのは、
 ・自国開発させないため?
 ・失敗した際に助けてあげるため?

(2).
日本が自国の技術だけで作れないところって、エンジンだけ?他にもあるのでしょうか?
どこかからエンジンだけライセンスしてもらって、その他は自国で作るとかって無理なんです?

(3).
ユーロファイターのエンジンって、そんなに性能高くないんですか?
これが強そうなのは、機体が軽いからとかなんとか。

(4).
F-4Jが退役するみたいですけど、(弱いのは置いておいて、)無理やり使い続けることって出来ないんですか?
そんなに、F-35が欲しいなら、5年でも10年でも待てばいいんじゃないです?

(5).
とりあえず、F-4Jの退役に対する対策として、完成品の戦闘機を購入ってだめなんでしょうか?
とりあえず、ユーロファイター・F/A-18E/Fなんか買ってきて、空自につかわせてみればいいのに、とか素人は考えてしまいます。
無駄にグダグダいって、金(人件費とか)の無駄使いするなら、製品買って使って保守する方にかね使ったほうがいいんじゃないの?とか。

(6).
とりあえず、F-2の生産ライン復旧させるコスト払って、F-2でその場しのぎではダメなのですか?
F-4J程度の後継なら、F-2でお釣りがでる気がします。
単発なのが少し残念ですけど。F-35欲しがってる連中が単発・双発を気にしているとは思えないし。

(7).
F-35が、1機あたり、50億円とか、そんな安いことになりそうって話があるみたいなんですけど、
実際問題そんなことってありえるのでしょうか?
どんなウラがあるのですか?


以上、よろしくお願いします。

いくつか教えてください。

暇がある方お願いします。

========= ========= ========= ========= ========= ========= ========= =========

(1).
F-2支援戦闘機の開発にアメちゃんが絡んできたのは、
 ・自国開発させないため?
 ・失敗した際に助けてあげるため?

(2).
日本が自国の技術だけで作れないところって、エンジンだけ?他にもあるのでしょうか?
どこかからエンジンだけライセンスしてもらって、その他は自国で作るとかって無理なんです?

(3).
ユーロファイターのエンジンって、そんなに性...続きを読む

Aベストアンサー

全てにお答えできませんが・・
1) 当然 自国開発させないため です。
F2導入以前に完全自国製のFS-Xの開発を進めており、次期戦闘機としての指名度ナンバー1でした。
ところがアメちゃんの横やりが入りF16ベースに・・・・
そんでもってあれこれ絡みが入って左右の翼でメーカーが違うとか訳の分からんことになってしまいました。

2)エンジンも作れます。IHIはガスタービンエンジンが得意ですが、構造的にはジェットエンジンと大差ない。
また、先のFS-Xからも判るとおり自国生産できます。
まあ、大型旅客機サイズの物になると話は変わってくるでしょうが。開発費かかって元取れない・・・

3)ちょっと判りません。

4)消耗品の交換で済めばいいのですが本体の消耗も有るでしょう。また、ご老体のため予備パーツを沢山持たねば成りません。
統合制御システムも導入できません。設計古いし、詰め込む余裕なさすぎ。機体単体としては使えるかもしれませんが、戦略的に運用できなければ意味がないです。F15みたいに機体余裕が有れば色々使い道有るかも知れませんけど。

5)機体後と買うのは問題外。
何故かというと交換パーツの入手に手続きが必要になってくるから。
有事の際に「オメー所に回すパーツなんてないよ~~」って言われたらオシマイですからね。
あと、制裁のネタにされます。
従って、最低でもライセンス生産です。

6)先にも書いたとおり将来性のないF4使い続ける意味がない。戦闘機としては性能低すぎるし、爆撃機として使うのならより安価なF1の方がいいでしょう。
また、F2単価が100億(?)では話に成らんでしょう。コストパフォーマンス悪すぎ。
F15を3機は導入できる。と言ってもF15のフライトコントロールシステムは完全にブラックボックスなのでアメちゃんからの支給品です。ホイホイ量産できない。

7)元ネタがよくわかりませんが、アメちゃんでの導入価格では?
日本ではその価格には成らんと思います。

全てにお答えできませんが・・
1) 当然 自国開発させないため です。
F2導入以前に完全自国製のFS-Xの開発を進めており、次期戦闘機としての指名度ナンバー1でした。
ところがアメちゃんの横やりが入りF16ベースに・・・・
そんでもってあれこれ絡みが入って左右の翼でメーカーが違うとか訳の分からんことになってしまいました。

2)エンジンも作れます。IHIはガスタービンエンジンが得意ですが、構造的にはジェットエンジンと大差ない。
また、先のFS-Xからも判るとおり自国生産できます。
まあ、大型旅...続きを読む


人気Q&Aランキング