あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

水深40m前後の海で一つテンヤ釣りをすることになりました。詳しい人に聞くと初心者はテンヤは5、8、10号を用意し8号中心で使うそうです。カブラ型を勧められています。

ただしベイトリールは落ちるのが遅いので使いにくい、スピニングが理想とも言われました。

私はベイト派で手持ちのリールで使えそうなのがRYOGA1016HLとアンタレスDC7LVです。スズキのルアー釣りではアンタレスDC7LVで軽いルアーを不満なく投げているのでイケそうに思えます。どうでしょうか?

一つテンヤでベイトリールを使ったことのある経験者がいましたらアドバイスお願いします。

A 回答 (3件)

T3のメリットはレベルワインドが広いため放出スピードが速いことで、最初の一投目を如何に人より早く先に落とすかを考えるとT3が一番みたいです。

タイラバに限らず、テンヤでも、ジギングでも、イイダコでも一緒かと・・・。
これはあくまでもダイワの営業に発売前に聞いた話です。実際に実釣で使うって人が結構買っていたという話からで・・・。

一応、話題性もあって出てすぐにT3のハイギヤは買いましたが・・・、バス用に。
リコールのおまけにステッカー貰いました。

ドラグ性能重視だと、レベルワインドが連動するリョウガになると思います。

タイラバでは、60gのタイラバをアンタレスDC7でPE1.5号で使いまいしたが、根掛かり多発させると最後の方は食い込んでラインの出は悪かったです。
PE0.6号では根がかってもすぐ切れるのでそういった影響はあまり無かったです。
前日にPEにシュッのようなモノを吹いておくとかなり軽減はされると思います。

40m、8号錘なら潮の影響を考えるとPEは0.3~0.6号位が良いと思いますが、たくさん釣れたときにはドラグを出しながらやり取りしても多少は食い込むと思いますのでジリオンPEの方が向いているかもしれん。


すいません、一つテンヤはベイトは経験者ではないです。

スピニングでは少しやらせて貰いましたが、釣ったわけでも無いです。


ダイワから、

一つテンヤ用のAGSガイドのロッドが出てますね、多分。
ひょっとしたら、まだかもしれませんが。

そのテスターの人はリールはモアザンブランジーノのレバーリールを合わせて使ってましたよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

少しでも早く落とすにはT3の機構は魅力的ですね。竿は先調子がいいようなので何にしますかねえ。意外とメバリングの竿とテンヤ竿は調子が似てます。ガイドの径が小さいので難しいかもしれませんが。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/27 10:26

ベイトのひとつテンヤ経験者ではありませんが、


一緒の船で根魚狙ってました。

フリーでトラブラないスピニングと比べて間違いなくフォールは遅いです。
構造上のことなので気にしても仕方ありません。
カブラの型はなんでも良いと思います。
リールも普通に使えるものならなんでも良いでしょう。
フォールで落ちていく速度如きではブレーキシステムに違いは出ませんので。

ぶっちゃけバスタックルで十分釣りが出来ますが、
やり取り等を考えるとショートグリップのバスロッドは決して楽ではないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

乗合船でなければ落ちる早さは気にしないでいいのでしょうか。私は乗合船なもので。人より早く落とすことが重要と聞いたもので気になっています。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/27 10:28

落下スピード重視なら、ダイワT3がベストかもしれません。



鯛ラバ用に購入した人もけっこう多いみたいですよ。

何より安いですし。


それより、ひとつテンヤ用の竿でトリガーってあるんでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

T3か!買おうと思っていた矢先にリコール問題でやめていたのでした。海水対応なのでいいかも。検討します。

でも鯛ラバと一つテンヤでは求める性能が違うんじゃないですかね?鯛ラバもやりたいのですが今回は一つテンヤなのです。

ところでアンタレスDCではダメですか?

お礼日時:2011/09/22 10:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q活きイワシの船ヒラメ用ロッドについて

タイトルの通りなのですが、
活きイワシのヒラメ用ロッドを探しています。
いわゆる普通の安いヒラメ専用ロッドのショート180cmを持っています。
リールはオシアコンクエスト301HGでPE2号を巻いています。

最近、スロージギングもやってみたくなり、ロッドを調べているんですが、だんだんスロージギング用ロッドでも活きイワシのヒラメ釣りにも使えるんじゃないか?などと思ってきました。
どんなロッドでも使おうと思えば使えるのは当たり前ですが、求めるのは、ヒラメ専用ロッドに負けず劣らずのスロージギ用ロッドです。
何かいいロッドがありましたら教えてください!

ちなみに良く使う錘は60号です!

Aベストアンサー

スロージギングとヒラメの泳がせ用竿の両用は難しいと思います。
なぜなら使う錘(ジグ)の重量の違いがあるからです。
スロージギングで一般的に使われるジグの重さは100g程度でしょう。
一方ヒラメの泳がせで60号の錘を使用されるのであればグラム表記に直すと
3.75(g) × 60(号) =225(g)
となります。
つまり、倍以上の差があることになり、ロッドを傷めてしまうことも考えられます。

また、ヒラメ竿は特殊で、胴調子でヒラメに食い込ませるための独特の柔らかさがあります。
それだけ柔らかくないといけないので、ジギングロッドのコンセプトとは異なり、釣果が落ちる可能性も出てきます。
やはりヒラメ竿を買われた方が良いかと、、、

一応ヒラメ竿のお勧めとリンクを貼っておきますね。
ダイワ ライトヒラメX
http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/fune_rd/lighthirame_x/index.html
ダイワ 剣崎ヒラメ
http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/fune_rd/kenzai_hirame/index.html

汎用性で考えるなら
シマノ ライトゲームCI4
http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/4388

どうしてもジギングロッドとヒラメ竿を両用されるのであれば上記のライトゲームCI4が軽いので使い勝手が良いと思いますよ。

スロージギングとヒラメの泳がせ用竿の両用は難しいと思います。
なぜなら使う錘(ジグ)の重量の違いがあるからです。
スロージギングで一般的に使われるジグの重さは100g程度でしょう。
一方ヒラメの泳がせで60号の錘を使用されるのであればグラム表記に直すと
3.75(g) × 60(号) =225(g)
となります。
つまり、倍以上の差があることになり、ロッドを傷めてしまうことも考えられます。

また、ヒラメ竿は特殊で、胴調子でヒラメに食い込ませるための独特の柔らかさがあります。
それだけ柔らかくな...続きを読む

Q炎月とグラップラーの違い

先日、シマノのカタログを見ていて気づいたのですが、炎月BB16とグラップラーBB16は、シルエットと定価が同じですよね?

これは、イメージとしては、
「同じリールで、炎月がPG、グラップラーがHGモデル」
と考えてしまって良いのでしょうか?

Aベストアンサー

非常に興味深い事例ですね。

仰る通りシルエットも全くと言っていいほど同じですし、カラーだけの違いのような気がします。
やはりHGモデルとPGモデルという区別の仕方もあるかもしれません。

しかし、16グラップラーBBは糸巻き量がPE1号/440mなのに対し、16炎月BBはPE1号/200mです。
グラップラーBBはジギング系統での使用を想定して設計されていますので、糸巻き量設定が多くなったのでしょう。
逆に炎月BBはタイラバ専用機を謳っていますので、そこまでの糸巻き量は必要なかったのでしょう。

このクラスのリールは専用機と言っても名ばかりです、グラップラーBBを使用してタイラバにも使えるでしょうし、その逆もしかりなのだと思います。

面白い情報提供、ありがとうございました。

Q小型船の維持費を教えて下さい。

主人が小型船(12人のり)全長6~7メートルの船をかおうとしてます。
免許はあります。
ほかにどのような維持費がかかるのか教えて下さい。

船をおいとく場所は家の庭とかでも問題ないのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめましてこんばんは、釣り船の雇われ船頭です。

お店の船以外に自分名義でメートルにして8mの船外機タイプの
ボートも所有しています。質問者さんの聞きたいこととは違うかもしれませんが、
個人所有ということを前提として長文ですが回答します。


>使用本拠地登録申請

現在の法律では船を所有するに当たって自動車の車庫証明に該当する
ような許可申請は必要ありません。船籍地登録といってどこを本拠地と
するかの申請は必要ですが、海や川の近くであればどこでもかまいません。
ほぼ人間の本籍地と同じ感覚で、住民登録地と関連がなくても大丈夫です。
したがって、マリーナや港でなく、ご自宅でも問題ありません。
(ただしどこに係留してもいいということではないし、
 場合によっては不法係留問題の原因でもあります)

ご自宅や所有地、会社などに保管して使うときだけ浮かべてもOKです。


>保険

こちらも加入義務はありません。ただし、加入していないともしものとき、
億単位の莫大な費用が必要になります。

船の保険の場合は一人頭の保険内容×乗船定員になります。
例えば一人当たりにかかる金額が年間¥5000だとして定員が
6人となれば年間¥30000という計算方式です。
内容は保険会社や加入者の希望もあるのでケースバイケースです。
もちろん一年単位の掛け捨てで、次の年への繰越や等級、
割引はありません。決まった金額を毎年払い続けることになります。


>整備・点検

こちらも使用内容や頻度、船体の装備などによってピンキリ。
マリーナなどであればほとんど整備士さんが常駐していて鍵を預け、
電話などでいつまでにどんな内容の点検と言う具合でやってもらいますけど、
オイル交換やちょっとした内容でも自動車の何倍かかかります。


>船検

いわゆる車検と同じ物。
こちらはJCIという検査機関かマリーナや船舶代理店に行ってもらいます。
ほぼ、車の車検と同じですが、費用はそれほどかかりません。
ユーザー車検のように個人で行うこともできます。


>係船

船体の大きさや形状、マリーナや各港によって金額は天井知らずです。
地方ですと公営のマリーナで一ヶ月¥3000~なんて格安なところもありますが、
首都圏ですとその地域の普通自動車の駐車場と同じくらいが最低金額の相場です。
私の船の前の持ち主である友人は東京都江東区にあるマリーナにおいていましたが、
係船料だけで一ヶ月¥45000ほどかかり、年会費や入会保証金は
さらに別会計だったそうです。


>燃料

こちらも使用内容やエンジンによります。
4ストローク・エンジンならばさほどかかりませんが、
原付スクーターなどに代表される2ストローク・エンジンですと
1時間当たり20リットルぐらいのガソリンが必要になります。
例えば、行きたい海域まで1時間航行するとして帰りの分で×2。
少し遊んだり移動して×1。
天候急変・不良で航行時間が倍になるのも入れて予備を×2とします。

2+1+2=5。 
1を20リットルとすれば一日100リットルが最低必要ということです。
(4ストローク・エンジンの場合は上記の四分の一程度です)

燃料は個人であればガソリンスタンドで携行用のタンクを購入して
自分で給油・運搬するか、マリーナなどの施設で給油ということに。
ただし、近年は防犯・防火の観点から携行缶へ給油・販売してくれる
スタンドは簡単には見つからないし、セルフスタンドでも同様です。
また、マリーナなどはかなり割高になります。

ご自身で税務署へ出向き、免税申請するのが一番安く済み、
税金もかからなくて安く済みますが、この手続きはすごく面倒ですし、
個人で行うのは現実的ではありません。


以上が大まかな例となります。

質問者さんの置かれる地域や船体がどのようなものなのかわからないので、
あくまで参考程度にしてください。

ちなみに私の船の場合ですと、

係船料:月¥5000 (組合員として十分の一の破格な金額)
保険:年間¥35000 (定員を8人から5人へ変更して減額)
船検:年間¥20000 (3年毎分を一年あたりにして)
整備・点検:年間¥50000 (ほとんど自分で整備、実費のみの金額)
燃料:月¥10000程度 (低燃費で実働が月に50時間程度)

職業にしている私ですら個人で所有していると最低でも
コレだけかかります。

もし、
月にイチ程度の使用頻度であれば個人で所有せず、
レンタルを利用したり乗り合いの釣り船に乗ったほうが確実に安いですよ。

はじめましてこんばんは、釣り船の雇われ船頭です。

お店の船以外に自分名義でメートルにして8mの船外機タイプの
ボートも所有しています。質問者さんの聞きたいこととは違うかもしれませんが、
個人所有ということを前提として長文ですが回答します。


>使用本拠地登録申請

現在の法律では船を所有するに当たって自動車の車庫証明に該当する
ような許可申請は必要ありません。船籍地登録といってどこを本拠地と
するかの申請は必要ですが、海や川の近くであればどこでもかまいません。
ほぼ人...続きを読む

Q「ジグの重さ」について教えてください

いつも水深70~100位のところで船釣りしています。
ジギングするにはどれ位の重さのジグを準備して行けば良いのでしょうか。

Aベストアンサー

どうも、こんばんわ。

船釣りは良くするがジギングは初めての方ですかね?

即興で計算式作ってみました。
ジグの重さ=30g+(水深-10m)×1g
例えば
水深 40m = 30+( 40-10)×1 = 60g
水深 70m = 30+( 70-10)×1 = 90g
水深100m = 30+(100-10)×1 = 120g
水深150m = 30+(150-10)×1 = 170g
水深200m = 30+(200-10)×1 = 220g
この重さから1.5倍ぐらいの範囲がここ5年ぐらいの一般的な重さだと思います。
#1様もこれぐらいを意識してより簡素な式で表したと思うのですが。

まとめると90gから(120g×1.5)ぐらいまでが70mから100mで一般的によく使われる範囲になります。
特にここ数年で「ロングジグ」→「引きオモリの少ないジグ」とジグのはやりが変わってきているのでもう少し重めの方も多いです。
このことをふまえてご質問者様の好みにあった物を選ばれてはいかがでしょうか?

#1様のおっしゃる通り地域差でこの重さが全然あてはまらない物もあります。
たとえば水深60m前後で200gが最低ラインと言われる地域もありますし。
まずは行かれる船の船長に確認を取ることが先決かと思います。
(リーダーの太さや長さも推奨値が変わる)

当然、お使いになるタックル次第では重さの制約を受けると思います。
ジギングのロッドは概ねjig-MAXを控えめに表示しています。
だいたい1.5倍まで普通に使えると思っていても結構です。(当然、自己責任でですが)

まずは船長に確認!これが一番大事です。
少しでも参考になったなら幸いです。

どうも、こんばんわ。

船釣りは良くするがジギングは初めての方ですかね?

即興で計算式作ってみました。
ジグの重さ=30g+(水深-10m)×1g
例えば
水深 40m = 30+( 40-10)×1 = 60g
水深 70m = 30+( 70-10)×1 = 90g
水深100m = 30+(100-10)×1 = 120g
水深150m = 30+(150-10)×1 = 170g
水深200m = 30+(200-10)×1 = 220g
この重さから1.5倍ぐらいの範囲がここ5年ぐらいの一般的な重さだと思います。
#1様もこれぐらいを意識してより簡素な式で表したと思うのですが。

まとめると90gから(120g×1...続きを読む

Q船からワーム等で根魚狙いをする場合の仕掛けについて教えてください。

船からワーム等で根魚狙いをする場合の仕掛けについて教えてください。
 
水深:20-50m
対象:アイナメ・ヒラメ・ソイ
海底:キツイ根と砂地が混在する
 
竿:ハードロックフィッシュ用7ft(7-28g,10-20lb)
リール:RYOGA1016HL
 
糸:?
リーダー:?
仕掛け:?
  
オカッパリ用でテキサスリグ一式はそろえてあります。ただしオモリは7-21gなので少し軽いかも?と思っています。そもそも船でテキサスリグがいいのかどうかも自信はありません。生きイワシでヒラメを狙う場合は30号のオモリを使用するそうです。
 
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

釣り場(茨城方面?)の状況や特性にもよりますが、水深50mくらいになると20gのリグではキツイかもしれません。最近流行の、1.5~2ozくらいのZZヘッド+マナティー(90mm)でワインド釣法で狙うのも手かと思います。とにかく、大ハズレの仕掛けを持ち込むと釣りにならない(下手すると船長に使用を禁止される)ので、乗船する船の船長に事前に確認をとることをお勧めします。

ちなみに、ルアーOKの乗合船(またはルアー専門の乗合船)の場合、私はラインはPE0.6~1号、リーダーはナイロン5号を2m、これに上記のZZヘッドとマナティーの組合せで狙います。ラインシステムをしっかり組んで、ドラグの調整を適正にしておけば、万が一大ヒラメが掛かってもなんとかやり取りできるかと思います。

Q鯛カブラ・鯛ラバ・鯛サビキの違い

鯛の釣り方についてですが、鯛カブラ・鯛ラバ・鯛サビキの違いを教えてください。

Aベストアンサー

鯛カブラと鯛ラバは元々同じもので呼び方が違うだけでしたが、最近はヒトツテンヤが流行でヒトツテンヤと鯛ラバの中間的なものも鯛カブラとか言われてますね。

元々の鯛カブラと鯛ラバはシンカーに直接ハリスなどを結びその先にカラーラバー(ゴム)と針を取り付けたもので仕掛けを底まで落として一定速度で巻き上げるだけのシンプルなもの。
シンカーの色や形も様々出ていますし、ラバーゴムの色を色々と換えてその日のヒットカラーを探るのも楽しみの一つ。
しかしアタリが来ても基本的にはそのまま巻き続ける事が重要で、普通の釣りと違って合わせは向こう合わせでしっかり食い込むのを待つのが肝心です。
いつもついつい合わせてしまうので少し慣れが必要な釣りですが慣れると釣果は一気に上がります。

鯛サビキは鯛用のサビキ
仕掛けは10mを超えるモノも多くエダスは1~1.5mでエダスの間隔は1.5~2m空けるのが一般的です。
こちらも仕掛けを底まで落として一定速度で巻き上げて来る釣り方になります。
鯛カブラなどより簡単ですが仕掛けが長いので取り扱いにはちょっと熟練が必要です。

鯛カブラとして売られていることもあるヒトツテンヤは軽めのシンカー(2~10号位)に直接針が付けられている仕掛け、孫針が付いている物も多い。
こちらは針にエビやワームを付けて海底までひらひらと落とし底に着いたら糸ふけを取って少し竿でしゃくり上げ再び底へ落としてしゃくり上げる。と言う様な動作を繰り返す釣り。

いずれの釣り方も仕掛けを落としているときにヒットすることが多いのでフリーフォールさせるより若干テンションかけて落とした方がアタリはとりやすいです。

鯛カブラと鯛ラバは元々同じもので呼び方が違うだけでしたが、最近はヒトツテンヤが流行でヒトツテンヤと鯛ラバの中間的なものも鯛カブラとか言われてますね。

元々の鯛カブラと鯛ラバはシンカーに直接ハリスなどを結びその先にカラーラバー(ゴム)と針を取り付けたもので仕掛けを底まで落として一定速度で巻き上げるだけのシンプルなもの。
シンカーの色や形も様々出ていますし、ラバーゴムの色を色々と換えてその日のヒットカラーを探るのも楽しみの一つ。
しかしアタリが来ても基本的にはそのまま巻き続ける...続きを読む

Q鯛は3日目がおいしい、ほんと ?

釣り好きですが、釣りたての魚は、スーパーでの魚と比べると雲泥の差で釣りたてがおいしいと思います。
ところで、先日のテレデでは、鯛など「熟成 ?」すると云っていました。
私は、とんでもないと思います。
いかがでしようか ?
「いなだ」「すずき」等々、「いわし」「あじ」等小魚でなくても釣ったすぐの方がおいしいと思います。
仮に、熟成とそうでない魚とあるならば、どこで見分けすればいいでしようか ?

Aベストアンサー

鯛、アジ、ブリ等、
「締めて3日目くらいが一番美味しい(うまみが多い)」
と言われる魚が多いのは事実です。
(生食ではなく火を通す場合(塩焼きや煮付け)は、私は新鮮な方が美味しいと思いますが)

これは、他の方もおっしゃっている通り、日を置くことでうまみ成分が増えるからですが、
ただ死ぬにまかせていただけではだめです。

生きているうちにきちんとした手順で締める(血抜きや神経締め等)ことで、初めて「美味しさ」につながります。
スーパーで売っている魚は、大抵の場合、獲ってからただ氷水にいれて締めているだけなので、
うまみにつながらないのでしょう。

現に、私はアジ釣りを良くしますが、
クーラーに入れる前に血抜きを行い、海水氷で冷やして持ち帰ります。
そうして持ち帰り、2日(長いときは3日)程クーラーの中で寝かせてから刺身で食べることが良くありますが、とても美味しいですよ(^^)

確かに歯ごたえは釣り立てには及びませんが、私は歯ごたえより、うまみを選びます。

ただ、必ずしも
「寝かせる=うまみが多くなる」
とは限りません。
例えば、イシモチ、カマス、ハゼ、サバ(生きているうちにエラと内蔵を除いたものに限る)等、
「足が速く、刺身で食べることが出来るのは釣り人の特権」
と言われている魚は、釣ったその日しか刺身で食べられません。

なので、熟成で美味しくなるのは魚によりけりですね。

尚、熟成か腐っているのかを見た目で見分ける方法は私は分かりません(^^;)
なので、私が安心して生食するのは、自分で釣ったか、店(寿司屋等)で食べるときだけです。

鯛、アジ、ブリ等、
「締めて3日目くらいが一番美味しい(うまみが多い)」
と言われる魚が多いのは事実です。
(生食ではなく火を通す場合(塩焼きや煮付け)は、私は新鮮な方が美味しいと思いますが)

これは、他の方もおっしゃっている通り、日を置くことでうまみ成分が増えるからですが、
ただ死ぬにまかせていただけではだめです。

生きているうちにきちんとした手順で締める(血抜きや神経締め等)ことで、初めて「美味しさ」につながります。
スーパーで売っている魚は、大抵の場合、獲ってから...続きを読む

Q探見丸MINIと探見丸MINI PLAYSの違い

探見丸CV‐FISH を使っていましたが、かさ張るので探見丸MINIと探見丸MINI PLAYSのどちらかを買おうと思っています。

もう販売中止らしいので中古品などを探す予定です。

釣り船で使います。半日電池が持てば十分です。

手元での持ちやすさと液晶画面の見やすさで選びたく思います。さて、この2機種、どちらを選べばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

自分自身は使ったことがないので偉そうなことは言えないのですが、周囲の評判は非常に悪く、継続して使用している方はいないのが現状です。使いにくい、見にくい、という声が多いようです。
私も両機種いずれからの購入を検討したことがありましたが、釣具店の店員さんにまで遠回しに「他のにした方が・・・」と言われやめました。

割と早く販売中止になったことからも評価の低さがおしはかれますね・・・
「どちらがよいか」という問いの回答になっておらず恐縮です。

Qオシアジガーとオシアコンクエストの使用用途の違いについて教えてください。 どちらか買おうと思ってま

オシアジガーとオシアコンクエストの使用用途の違いについて教えてください。

どちらか買おうと思ってますが、何を基準に選んだらいいんですかね?

ジガーは普通のジギングで、コンクエストはスローやライト向けのような印象を持っています。

Aベストアンサー

こんばんわ。
専門ではありませんが、2機種のカタログデータを比較してみました。
「ドラグ」はオシアジガーの方が強いようです。
しかし、力強さでは「ギヤ比」と「ハンドル1回転の巻き上げ長さ」
の数値が小さい、さらにリール自体も軽くて、パーツの耐久性も高い
「オシアコンクエスト」がいいようです。
パワーギヤ仕様なら、どちらの機種も大差はないようですので、
あとはお好みで選ばれるといいと思います。
あくまでも、「数値で比較して」という意味ですので、あしからず。
慎重に考えて購入して下さいませ。

Qカワハギの保存

本日カワハギを釣って来ました。
明日用事があり明後日の土曜日、鍋物をすることになりました。
カワハギをさばいておこうと思うのですが、身・肝はどうして保存しておいたほうがいいのでしょうか!
教えてください!冷蔵庫・冷凍庫ですか?

Aベストアンサー

冷蔵の方が良いでしょう。
釣ったばかりの魚は鮮度がいいはずです。
それを冷凍してまたスグ解凍するのでしたら、逆に鮮度と味が落ち、鮮度がいい意味がなくなります。
ましてや、鍋にするのでしたら・・・

頭とって内臓綺麗にとって、血合いを洗い流した状態でリードペーパーなどにくるんでそのまま冷蔵しておけば、刺身でも2~3日は大丈夫です。
刺身にするその日に三枚におろしてください。三枚におろしてしまうと酸化して美味しくなくなります。もちろん皮も引かないで。
肝は採って来たその日のうちに水にさらして、血を抜いて茹でます。
茹でた物を、裏ごして刺身ショウユに混ぜれば肝じょうゆになります。
きちんと血抜きしないと、生臭いので注意。
肝が大きいのなら、血を抜きやすくするために何個かに切ってさらしましょう。小さくしてもどうせ裏ごしますからね。

鍋にするにしても、肝と身は上記の方法で下処理して、肝は裏ごして鍋に混ぜていただけば、コクも出て美味しくなるでしょう。

魚はあまり鮮度が良いと旨味はありません。刺身の場合でも同じで殺してスグは実は旨味があまりないです。歯ごたえはありますがね。
ボタン海老なんか生きているのと、死んでいくらか時間経ったのを比べるとその味の違いは、ど素人でも分かるくらい違います。
ヒラメなどは旨味を出すために一日冷蔵庫に寝かせてから使ったりします。

以上の理由から冷凍は避けたほうが良いです。

冷蔵の方が良いでしょう。
釣ったばかりの魚は鮮度がいいはずです。
それを冷凍してまたスグ解凍するのでしたら、逆に鮮度と味が落ち、鮮度がいい意味がなくなります。
ましてや、鍋にするのでしたら・・・

頭とって内臓綺麗にとって、血合いを洗い流した状態でリードペーパーなどにくるんでそのまま冷蔵しておけば、刺身でも2~3日は大丈夫です。
刺身にするその日に三枚におろしてください。三枚におろしてしまうと酸化して美味しくなくなります。もちろん皮も引かないで。
肝は採って来たその日のうち...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング