利用規約の変更について

お世話になります

軽トラをユーザー車検で通したいと思います。  そこで下記質問です

1:荷台に荷物があったら 車検はできないでしょうか?
荷物は 空のペール缶が10個ほどで、荷台に幌をかけて運びます  (荷物は見えないが、何か荷台に積んでいるのはわかる)

2:サイドブレーキを引いても、サイドブレーキ警告灯が消えません(サイドブレーキをかけないと点灯しない荷台ライトがあるので、サイドをかけなくても点灯できるように、配線をいじりました  これはすぐに直せます)

3:バックランプに連動して 後方を照らすライト (左右の斜め後ろをてらします)を 後付しました、
  これは外さないとだめでしょうか?


ご存じの方お教えください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

1.車体サイズや重量に影響するもの出なければ即NGではないでしょうが・・・(ちょっとした工具箱等を携行しているのは普通)


 車体の様子が分からないようになっているのはまずマナーとして問題です。(特にトラックは荷台が命ですし)

 検査時に整備点検簿が必要になりますが・・・軽トラの場合、荷台に点検用ハッチがあるのが大半のはずです。
 それが確認できない、となるとちゃんと点検して記入したのかが疑われる可能性があります。

 つまり荷台がふさがっている場合、違法改造も含めてあらぬ疑いがかけられる可能性があります。
 きちんと下ろして幌も外しておくのが無難です。

2.駐車ブレーキの警告灯は保安基準で義務付けられています。 (第12条)
  ですので正常に働かない場合はアウトです。
  室内の目視検査のときにばれる可能性は高いです。(作業灯があればより注目されるポイントかと)

3.後退灯は1個もしくは2個です。(第40条)
  現在3個、というのであればアウトです。

  なお後方の灯火の色ですが、白色は後退灯と番号灯以外は禁止です。
  『その他の灯火』という言い訳も難しいです。
  
  また電球を抜いただけですと逆に整備不良になると思います。
  装着している以上ちゃんと動かないとダメ、ということです。
  
  以上から撤去が望ましいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

教えていただいた方法にし  今日無事車検通りました

感謝します!

お礼日時:2011/10/03 20:43

中古車屋の整備士です。



ANo5の方の回答で間違いないです。

私が車検に行くとしたら、
5番の方のように整備します。

ダメ元で行って、検査員の見落としを狙うのも一つですが・・・
最近の検査場では検査官や検査員の室が下がったような気がします。
見落とす可能性は大きくなったと思いますが、見落とすかどうかは行ってみないと・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます


落ちる可能性を低めたいので 撤去しました

ありがとうございました

お礼日時:2011/10/03 20:44

車種や幌の取り付け等が不明だけど

    • good
    • 0
この回答へのお礼

車種は ダイハツの軽トラです 

ダンプアップなどはない 普通の軽で
幌は布一枚のタイプです  ドーム形態? ではありません

お礼日時:2011/10/03 20:42

ANo.1 さんの回答変だと私は思いますが。

 
    • good
    • 0

荷物は下ろしましょう


バックランプは2ヶ迄です後付ランプは車幅以内で
作業用ライトは室内スイッチでなく外部スイッチで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

バックランプは2つまでなんですね


ありがとうございます

お礼日時:2011/10/03 20:40

基本的に車検は 微妙な部分は 検査官の感性です



1について 車高に影響有りそうな 荷物は アウト(もちろん見た目)


2について あくまで警告灯なので 問題ないと思います

3について 取り外さなくても 玉を抜けばOK (飾り扱い)

車検は 都道府県 検査官 によって 一概に言えません

もちろん微妙な部分ですよ


ユーザー車検は もしその部分がNGでも その部分を修正し適応させる事によりOKとなります

点検整備は くれぐれも お願いします

参考です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

参考します

お礼日時:2011/10/03 20:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽トラックの車検ついてアドバイスください

軽トラックの車検をしようと思うのですが幌の部分が車検証の高さの寸法より(199センチ)60センチほど高くなっています、この場合は幌を取り除いて車検を受けないとだめでしょうか?ちなみに幌を取り外すと屋根のないパネルバンのようになります、どうぞご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1さんが言う構造変更は出来ません。
2メートルを超えると軽登録できません。

幌を外し骨組みが差し込みになっていればOKです。
溶接、ボルトで付いていると不合格です。1度幌を外して点検して下さい。

外れるようなら、そのまま車検場にいって見てもらえばOKの時もありますが、幌は外して行くのが良いと思います。

Q車検の時、トラックにはアオリが必要ですか?

購入したトラック(小型貨物)にアオリがありません。
抹消車両を中古新規登録するとき(ユーザー車検で陸運局に持ち込む場合)、アオリを取り付ける必要はありますか?
また、継続車検時(ユーザー車検)も同じでしょうか?

Aベストアンサー

荷物を縛り付けて固定すると言う事で、フックが付いていればOKみたいです。(バイク屋さんだったのかな?)大型車でも建機運搬車はアオリ無しで検査ラインを通ってますから、大丈夫でしょ!ただ「車重が変わってないか?」と聞かれたら素直に、「構造変更検査にします」ですね?!

Q軽トラックのアオリについて

質問失礼します。
軽トラックのアオリをステンレスで覆い取っ手なども内蔵し、開かない状態で車検は通るものなのでしょうか。
また、リアのアオリを高さ変更している場合車検は厳しいでしょうか。
宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

突起がない、鋭利な部分がないなどのいくつかの条件をちゃんとクリアしていれば
車検に合格すると思います。
架装屋さんで作業して貰っていれば、合法状態に仕上げて下さっているはずです。

Qサイドブレーキのランプが付きません

一昨日からサイドブレーキを引いてもランプが付かなくなりました。
最初気付かずサイドブレーキを引いたまま1~2m動いてしまいました。
3年程前にはDのランプが付かなくなったことがありました。翌日には直ったので気にしていなかったのですが、今回は翌日になっても直っていなかったので気になります。
これはどこかに異常が起きているのでしょうか?
ご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

一応最初に書いておきます。サイドブレーキのランプと書かれてますが、このランプ(警告灯)は別にサイドブレーキをかけた時に点くだけではなく、ブレーキ液が減った場合などブレーキ系統に警告することがある場合に点くようになっています。

このランプが点かなくなった理由ですが、
 ・サイドブレーキのスイッチが故障
 ・サイドブレーキのスイッチからの配線が断線
 ・ブレーキ警告ランプ切れ
 ・ブレーキ警告ランプの配線断線
 ・車種によってコンピュータ部分の不良
などが考えられます。

警告灯が点かない状況でもおそらく走行自体に影響があるようには思えませんが、先にも書いたようにブレーキオイルが減った時に気が付かないなど思わぬ事故に遭遇する可能性もありますので、故障状況が自己で判断できないようであれば整備工場に持ち込んだほうがいいと思いますよ。

Q軽自動車の構造変更について

趣味ではなく仕事なのですが軽自動車(ミゼットII)の平ボディをバンに架装し構造変更できないかと考えております、しかし寸法が20センチ長く、30センチ高く、幅は2センチほど拡大したいと考えています、ミゼットですので軽自動車の規格にはまだまだ余裕があり長さの拡大幅もホイールベース3分の2に収まるので(普通車的な発想なのですが)規格寸法には収まるのですが軽自動車協会に確認したところ軽自動車は普通車のような基準ではなくいかなることでも高さを除いて寸法変更できないとの回答でした、これにより荷台の部分を積載物として製作せざるをえなくなりましたがどうしても納得いかずご質問いたしました、本当に寸法は変更できないのでしょうか?
またできるとしたらどのくらいまでできるのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたらどうぞご教授よろしくお願いいたします。
なお、年式は平成9年、型式K100P、フレームはラダーフレームとなっております。

Aベストアンサー

No,2です。
正確に書類なしで形状変更できるのは
長さ ±3cm
幅 ±2cm
高さ ±4cm
車両重量 ±50kg
までになります。

それ以上に変更するとなった場合は、車両の重心位置の割り出しやボディが車体強度の受け持っているような場合だと
ボディの変更後に、現在以上のボディ強度になっていることを証明する書類などを準備する必要があります。
これらの書類は、書式がないために1から自分で作る必要があります。

一応自動車検査法人などで、強度計算の求め方などを聞いてみたほうがいいでしょう。
http://www.navi.go.jp/index.html

下記サイトも参考になるかもしれませんので一応乗せておきます。
(ジムニーのボディを乗せ換えた人のHPです)
http://www.otojim.com/kouhen/kouhen2.html

Q軽トラの荷台に腐食で穴が・・・車検は大丈夫?

安く軽トラを譲ってもらったので、ウキウキして車検の手続きをしていました。軽く洗車でもしてから持って行こうと、荷台に敷いてあったゴムマットを外すと、腐食で荷台に穴が!!
軽くしか確認していなかった当方にも落ち度があるので、この際とやかく言うのは止めて・・・
荷台に穴が開いていても車検は通るのでしょうか?積載には問題なさそうですが・・・・

Aベストアンサー

通りますよ
 ゴムマット敷いたままだしましょう

Qサンバーバンのフレームが錆びて腐る?

現在、サンバーバンの購入を検討しています。購入直前段階において、どうしても気になるのが、フレーム(特に左サイドメンバー)が錆びて腐るという弱点です。

サンバーのオーナーさんや、整備業者さんからの情報発信が多数散見されます。前方から空気を導入するダクトの役目を兼ねているから止むを得ないそうです。

他方で、近所のディーラーの技術担当者に聞くと、そんな事例はまったく聞いたことがないと言われ、驚き残念に思いました。メーカーに問い合わせると、フレームの錆び・腐りといった具体的事例には一切言及せずに、「 以下にご回答申し上げます。品質問題につきましては、段階的に複数の改善を折り込み、信頼性の向上を図っております。」という要領を得ない、人を食ったような回答でした。


そこで、サンバーのオーナーさんや、事情に詳しい方にお願いです。

(質問1)
2011年5月現在において、サンバーバンのこの弱点は改善されたり、防錆力の向上がなされているのでしょうか。

(質問2)
サンバーを購入されるとき、この弱点についてどう考えられましたでしょうか。


私にとってのサンバーの最大の魅力である安全性と耐久性を支える骨格そのものが錆びて腐ってしまうことであるため、とても気になっており、購入の決断ができずにいます。教えていただけましたら幸いです。どうぞ宜しくお願いします。

現在、サンバーバンの購入を検討しています。購入直前段階において、どうしても気になるのが、フレーム(特に左サイドメンバー)が錆びて腐るという弱点です。

サンバーのオーナーさんや、整備業者さんからの情報発信が多数散見されます。前方から空気を導入するダクトの役目を兼ねているから止むを得ないそうです。

他方で、近所のディーラーの技術担当者に聞くと、そんな事例はまったく聞いたことがないと言われ、驚き残念に思いました。メーカーに問い合わせると、フレームの錆び・腐りといった具体的事例に...続きを読む

Aベストアンサー

自動車修理工です。

ご指摘のとおり、サンバーのフレームが腐ったのを散見してます。

左サイドメンバーに限りません。
特によく目にするのが、「左右フロント前端部の Yの字になった箇所」です。

右はパワステギアBOXが取り付けられてます。
左に限らず右も、特にこの部分が腐ってます。

腐ってしまったモノは、「アングル材」を使ってフレーム補強してる例を よく見かけます。
(私の工場は、一町工場なので、フレームまではイジレません・・・。)

日整連(日本自動車整備振興会連合会)が毎月発刊している
「技術情報」誌、2008年 1月号に そのあたりの記述があります。

富士重工業株式会社からの情報提供として、
「スバル サンバー シャシフレーム点検整備要領について」
の表題で。

無断転載禁止なので、概要だけ。

----------------------------------------------------------

サンバーのシャシフレーム錆び発生時の点検整備要領について

サンバー TT・TV・TW・KS・KV型 全車

融雪剤の散布量増加に伴い、車体の錆びによるトラブルが増加している。
走行後 速やかに洗っても完全に発錆を防ぐことは困難である。
トラブルを未然に防ぐため、定期点検を実施してほしい。


(1) ジャッキアップし、フレームの泥等を除去し、防錆処置(ワックス塗布)する。
(2) フレーム前側サイドメンバー溶接部や一般面にピンホール無いか確認
(3) メンバーを軽くハンマーで叩き、反響音を聞く
(4) フレーム下部の水抜き穴より、内面の錆状況を確認する。

ピンホール・反響音の異常・内面錆発生の場合は、
「フレーム前側サイドメンバー外面に防錆処置を実施し、水抜き穴よりフレーム内面に防錆処置(ワックス塗布)を施す。 ワックス塗布は、ノズル先端が360度噴出するノズルを使用のこと。 詳細はスバル販売会社へ相談。」

------------------------------------------------------------



・・・とあります。

つまり、メーカーでもとっくに把握してるのですよ。

ですので、新車を購入したらば即、スバルのディーラーで 上記の処置をやってもらうに限ります。

おそらくメーカーからは さらに詳しい実施要領がディーラーに流されてるハズですから。

私の経験から、前方のYの字になったトコ以外、致命的なフレーム腐りを見たことはありません。
(リアサスペンションアーム・鋳鉄製・が腐ってしまってるのを見たことはあります。)

2008年時点のハナシではありますが、その後にメーカーが改善したかどうかはわかりません。
と言うより、こうやって公にしたからには、「我が社からクルマが出てしまったら あとはそちらで!」なコトなのではないでしょうか?

いずれにせよ、まだ年式が新しいにも関わらず 錆び・腐りが発生するのは事実です。
新車購入時にワックス処置?をしておくのがベストだと思います。

自動車修理工です。

ご指摘のとおり、サンバーのフレームが腐ったのを散見してます。

左サイドメンバーに限りません。
特によく目にするのが、「左右フロント前端部の Yの字になった箇所」です。

右はパワステギアBOXが取り付けられてます。
左に限らず右も、特にこの部分が腐ってます。

腐ってしまったモノは、「アングル材」を使ってフレーム補強してる例を よく見かけます。
(私の工場は、一町工場なので、フレームまではイジレません・・・。)

日整連(日本自動車整備振興会連合会)が毎月発刊して...続きを読む

Q軽のタイヤ145R12を155/65R13にかえた

いま、スバルサンバーという軽バンに乗っています。
最近乗り始めたんですが、とても愛着がわきまして

今はいているスチールホイルのタイヤ145R12を

アルミホイルにして155/65R13にかえたいのですが大丈夫でしょうか?

あとは自分で調べて、オフセット+45、PCD100、ハブ径59mm以上
なら大丈夫だと思っています。

もし、ダメならインチアップ?というのでしょうか?
アルミホイルに履き替えたいんですがどうすればいいでしょうか?
いま、ヤフーオークションで品定めしているのが楽しいです。

Aベストアンサー

大丈夫でしょう・・・多分

私の車がハイゼットバンで、
145R12 6PRを155/70R13にしています。
ハンドルを目いっぱい切ったときに、ロアアームに擦るときがあります。
ホイールは乗用のアトレーワゴンの物です。
ホイール幅が少し広くなったせいか?オフセットがあと5mm外なら当たらなかったでしょう。
タイヤの対荷重は、調べた結果クリアーしています。
ホイールにもJW-Tマークがありますので、車検もOKです。

貴方の場合、
貨物なら、ホイールにJW-Tマークが有る物を探してください。
それから、軽自動車検査協会に電話でよいので、
タイヤの対荷重がOKか確認する必要があります。

ぶっちゃけた話が
スピードメーターは許容の幅が大きいので、
相当のサイズ違いでないと外れることは無いです。
あとは車検対応で許容荷重だけです。
車検用にバンタイヤをしまって置くなら特に問題ないと思います。

Q軽貨物バンに乗用タイヤを履かせたい

4ナンバーの軽貨物バンに乗っていますが、滅多に荷物を載せない(載せてもたいした量ではない)ので
乗り心地とブレーキング性能を改善するべく乗用車用のタイヤを履かせたいと思っています。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5639434.html
↑のNo.2の回答で、タイヤの耐荷重能力が純正タイヤと同等なら車検に適合するとありますが、
145R12 6PR LTタイヤと同等以上の耐加重値を持った乗用車用タイヤはありますか?

また、インチアップも可能とありますが、タイヤの外径の変化はどの程度までが許容範囲ですか?

現在乗っている車の車両重量は980kgで、最大積載量は350kg(4名乗車時250kg)です。

Aベストアンサー

http://tyre.dunlop.co.jp/b_tyre/attention/shogen.html

この諸元表の中の、「 LIGHT TRUCK ○ 小型トラック用 」をご覧下さい。

145R12-6PRの最大負荷能力は 「450kg」 です。

一方、乗用車タイヤは、「 ロード・インデックス値 」で表されることが多いものです。

その ロード・インデックス値が 450kgの対荷重を満足するものは・・・

http://www.bridgestone.co.jp/tire/basic/ap_list.html#basic-ttl01

「 ロード・インデックス値 」が 「 80 」のものです。
この数値以上を持ったタイヤならば、どんなサイズであれ、現在の保安基準には適合します。

ただし、注意が必要です。

先の 「145~」の貨物用タイヤの 最大負荷能力は、「空気圧 350kPa」の時です。
乗用車タイヤのロード・インデックス値は、「 240kPa」を前提としてます。

ですので、今後購入された 「 ロード・インデックス 80以上 」のタイヤには、
必ず 「 240kPa」の空気圧を守らなければなりません。
その空気圧の時に、「 450kg 」の耐荷重能力が発揮できるのですから。
(ただ、軽貨物車で、350kPaなんて空気いれてるクルマに とんと出会いません。 当方、自動車修理工ですが。)

あと、ホイールの強度に関して。
もともと貨物を積むのが本来の「軽貨物車」ですので、タイヤのみならず、ホイールにも強度要求されます。
アルミホイールの場合、 「JWL」マークが付いてることが必要です。
(厳密に言えば、JWL-T ですが、そこまでは求めないかも。っていうか、このJWLでさえ認識されずに通っているのが現状です。)


質問者さんが どんな乗り方(滅多に荷物を載せない、載せてもたいした量ではない)されようとも、検査基準では、「 ロード・インデックス 80 」を満足していなければ、車検には通りません。

また、外径が変わるとスピードメータに誤差が生じます。
絶対に誤差があってはならない・・・というものでもありません。

プラス側に15%、マイナス側に10%まで許されてます。
(ほんのチョット前までは、マイナス側への誤差は一切ゆるされてませんでした。
いつも法がコロコロ変わるのには閉口してます!)

というわけで、タイヤサイズに関しては、

http://www.tiresize.net/rim/rim.htm

・・・なサイトを参考に、検討してみてください。

(空気圧、240kPa というのは、単純に1/100にして 「2.4キロ」と考えてくださって結構です。 350kPaも同様です。 「3.5キロ」と考えてください。厳密にはチョット違いますが、まあ、ザックリと。)
 

http://tyre.dunlop.co.jp/b_tyre/attention/shogen.html

この諸元表の中の、「 LIGHT TRUCK ○ 小型トラック用 」をご覧下さい。

145R12-6PRの最大負荷能力は 「450kg」 です。

一方、乗用車タイヤは、「 ロード・インデックス値 」で表されることが多いものです。

その ロード・インデックス値が 450kgの対荷重を満足するものは・・・

http://www.bridgestone.co.jp/tire/basic/ap_list.html#basic-ttl01

「 ロード・インデックス値 」が 「 80 」のものです。
この数...続きを読む

Q加速しない、アイドリングは安定。

加速しない、アイドリングは安定。
平成12年式ダイハツアトレイ、タ-ボ。
去年の今頃同じ症状に見舞われましたが余りというかほとんど乗らないので、
騙し騙しで乗ってきましたが、
暑すぎる時期になると症状が出る感じです。
月一程度良い気候の時乗っているときは全く症状は出なく快調そのもので
トラブルを忘れていましたが、今日、同じ症状が出ました。

今までに経験のない事で戸惑っています。
症状
○アイドリングは順調
○空ぶかしオッケイ
 でエンジンが止まる事はありません。
○去年トラぶったときは燃料タンクが何となく「ペコッ」と音がした感じがして
 燃料ポンプへの影響を疑い、燃料を満タン状態にする、
 ポンプ、キャニスタ-関係かなとおもったりしたのですが、タンクにショックを
 与え、燃料満タン、この状態で丸一年無事乗ってきました。
○最近満タンにしていなく半分くらいの量で置いたままの状態でした。

今日の状態は下記の通りです。
○空ぶかしの状態では幾らでも回転数は上がる。
○実走行。アクセルを踏み込み2500回転位か「?」オ-トマ、加速出来ない。
 さらにアクセルを踏み込んでも返って減速する。(たまに順調に加速するときがある)
○アクセルを戻し再び踏み込む、加速する。(しないときもあるがほとんどがする感じ)
○アクセルふかす→減速→アクセル戻す→アクセルふかす、こんな状態で何とか
 帰ってきました。
 尚平地では何とか走行出来ていますが坂(付加がかかるところはしんどい感じです)
 平地では順調に行けば60キロ位の速度で順調に走行できる感じです。
 尚、エアコンを入れるとダウンする感じです。(アイドリング状態ではオッケイ)
○燃料満タン状態にしました。

深刻な常態かそうでないのか、何となくの回答で結構ですので
よろしくお教えお願いします。

加速しない、アイドリングは安定。
平成12年式ダイハツアトレイ、タ-ボ。
去年の今頃同じ症状に見舞われましたが余りというかほとんど乗らないので、
騙し騙しで乗ってきましたが、
暑すぎる時期になると症状が出る感じです。
月一程度良い気候の時乗っているときは全く症状は出なく快調そのもので
トラブルを忘れていましたが、今日、同じ症状が出ました。

今までに経験のない事で戸惑っています。
症状
○アイドリングは順調
○空ぶかしオッケイ
 でエンジンが止まる事はありません。
○去年トラぶったときは燃...続きを読む

Aベストアンサー

当方のH11アトレーバンカスタムターボ(S230V)も似たような感じが出たことあります。
(ただアイドリングで少しだけ不調な兆しがありましたが)

イグニッションコイルの劣化。(亀裂が入っており上手く火花が飛ばないときがあった。ならびにプラグ)

VSVバルブ劣化。その他ISVバルブ類の可能性も(ブースト圧がかからない為上り坂などではきつくなる。ブースト異常などでアトレーにはよくあるとの事。)

スロットルボデーやインジェクタなどの汚れ。センサー故障。


などが怪しいでしょうか・・・

踏み込んだときタービンの音は聞こえますか?
聞こえないならVSVやアクチュエーター・タービン劣化等が可能性高いかもしれませんね。
(エンジンの熱によりバルブが故障するみたいなので、さらに気温上昇などで同じ症状が出やすい可能性も)

参考URL:http://www51.tok2.com/home/kiroku/syuurisyo2/DAIHATU/S200-H14kouzou.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報