忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

Windows7 Home Premiumを以下のディスク構成で使用しています。


 HDD1:内蔵 ベーシック Cドライブ(100GB)+Dドライブ(1.9TB)
 HDD2:内蔵 ベーシック Eドライブ(3TB)
 HDD3:外付 ベーシック Fドライブ(1TB)


外付はUSBではなく、ラックマウント型のケース(SATA)への取付けです。
これを以下のようにHDDの形式を変換しました。
方法は「ディスクの管理」で対象ディスクを右クリックし、「ダイナミックディスクに変換」を選択しました。


 HDD1:内蔵 ベーシック Cドライブ(100GB)+Dドライブ(1.9TB)
 HDD2:内蔵 ダイナミック Eドライブ(3TB)
 HDD3:外付 ダイナミック Fドライブ(1TB)


すると、HDD3はデータが消えずにダイナミックディスクに変換されましたが
HDD2は「未割り当て」となり、ドライブ文字が消えてしまいました。

ベーシック→ダイナミックの変換はデータは消えないと思っていたのですが…
HDD2とHDD3で挙動が異なる理由として、考えられるものはありますか?
また(こちらの方が切実ですが)、HDD2のデータを復旧する方法はあるのでしょうか?


どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

2.19TB以下のHDDは、パーティションテーブルをMBRもしくは、GPTとなります。

 MBRを利用されている人は多いと思いますが
2.2TB以上のHDDは、MBRの場合は全領域を利用出来ないために、GPTでパーティション作成となります

MBRとGPTの違いはありますから、それにより変換時に何らかの不都合があったと思います

ベーシックから、ダイナミックへのアップグレードは、データは消えませんね。

GPTでの情報が少ない上に、ダイナミックにしてしまったと言うことですから、情報が少ないために、修復は困難でしょうね

testdiskで出来るかもしれませんが、出来ない可能性のが高いかもしれません
技術力のあるサルベージ業社ですと、ボリュームを復旧することが出来るかもしれません。
クイックフォーマットして、ファイナルデータなどでデータを取り出す業社もあるようですが・・・

この回答への補足

下記の補足です。testdiskは管理者権限で起動すると復帰対象に出てきました。しかし復旧してもデータは復元できませんでした。
その後フリーの削除ファイル復元ソフトで検索し、ファイルが半分程度出てきたので、確信は持てないですが少しはサルベージできるかもしれません。
以後ディスクの扱いは慎重にの教訓を得ました。

回答していただいた皆様、ありがとうございました。

補足日時:2011/11/08 11:55
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
testdiskを試してみたのですが、復帰対象のディスクとして表示されませんでした。
業者の依頼も考えたのですが、なかなか高額なんですよね。。。
他の方法がないか検討して、ダメなら諦めます。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/04 16:21

普通に(正しく)作業していれば、変換後もデータは維持されています。


HDD2は作業ミスしたのでしょう。
ダイナミックGPTに変換した場合は復旧はムリでしょう。(未割り当てになった原因と思われます)
手作業での復旧は困難ですので、ダメもとで下記のツールでベーシックディスクに戻してみてはどうでしょうか。
ただし「未割り当て」ということはディスクのMBRが初期化されていますので、ツールを使っても認識できない可能性があります。
---下記サイトの
「The best way: Convert to basic disk without losing data by using Aomei Dynamic Disk Converter」(最善の方法:ディスクコンバータ ツールを使ってデータを維持したままダイナミック -> ベーシック に変換する)
という部分のみを参照してみてください。
http://www.dynamic-disk.com/convert-dynamic-disk …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
教えていただいたURLで試してみました。が、「2TB以上のディスクはサポートしていません」旨のメッセージが表示され先に進めませんでした(デモ版だから?)
今後はGPTでは、ベーシックで利用することにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/04 16:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHDDのダイナミックディスクをベーシックに変換できるフリーソフトウェアありませんか?

タイトル通りです。

Windowsのディスク管理からでは出来ないのでフリーソフトウェアでダイナミックディスクをベーシックに変換し、1台のHDDのパーティションを全てひとまとめにしようと考えています。

Windowsの「EFIシステムパーティション」や「回復パーティション」が同HDDにパーティションを分けて記憶されていますが、旧OSでCドライブに別にWindowsOSがあるため不要なので、まとめて消し去りたいです、他にも必要なファイルはないためデータは消えても構いません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

であれば、diskpart でクリーンすることでしょう。その後、フォーマットすれば1パーティションにまとめられます。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1004/16/news101.html

すでに Windows がインストールされている HDD の場合、フォーマットができない場合があります。この diskpart で clean を行うと、管理領域を含めて消去しますので、問題なくフォーマットできます。これは、ダイナミックディスクでも関係ありません。
http://freesoft.tvbok.com/tips/efi_installation/diskpart_gpt_mbr.html ← ダイナミックディスクでもOK。

Q増設した新品のHDDを誤ってダイナミックディスクにしてしまいました。

 新品のHDDを増設して、最初に起動したときに、アップグレードをするにチェックをいれてしまい、ダイナミックディスクになってしまいました。ベーシックディスクにしようと、ボリュームの削除などしているのですが、
 見割り当て領域の黒い色の帯に管理のところなっても、右クリックから「ベーシック」の項目がみつかりません。どうすれば、
 増設の最初にアップグレードしてダイナミックディスクになったものをベーシックディスクに戻すことができるでしょうか?
 おしえてください。
 管理ウインドウでどこを右クリックしてもベーシックの文字がでてきません。


 環境   OS windows xp sp2
HDD S-ATA接続
      マザーボード:asus P5GDC-V Deluxe  

Aベストアンサー

ダイナミックディスクからベーシックディスクにするためには、当該ディスク上のボリュームを削除する必要があります。
つまり、「データを保持したまま変換はできない」と言うことです。
http://support.microsoft.com/kb/309044/ja?

Qダイナミックディスクとベーシックディスクのメリット・デメリット

ダイナミックディスクとベーシックディスクの違いや利点などを教えてください。
ダイナミックディスクにパーティションという概念はないのですか?

Aベストアンサー

>全ディスク10GBのうちの6GBなど、一部の空き領域を使用することができますか?

a.可能です。ただし、何となく怖いので、私は実際に試したことはありません。

それから「論理ディスク」とは何ですか?
用語辞典を探しましたが、見つかりませんでした・・・。
察するに物理ディスクを更に区分けしたものでしょうか。

a.そうです。表現がややこしくてすいません。要は、物理的なハードディスク当を物理ディスク(ドライブ)と言い、その中をパーティションやボリュームで区切った一つ一つを論理ディスク(ドライブ)と言います。

Qディスクの管理 ベーシックかダイナミックか

SATA HDDを3台内蔵しています
NTFSフォーマットです

Cドラ:500G(465.75G)・・・ベーシック
Eドラ:400G(372.61G)・・・ベーシック
Fドラ:2テラ(1863.01G)・・・ダイナミック

ベーシック?
ダイナミック?
性能的に違いはあるのでしょうか?

ベーシックを右クリックすると、”ダイナミックディスクに変換”
と選べますが、どういう効果があるのでしょうか?

WinXP Pro SP3です

Aベストアンサー

ANo.1です。

ダイナミックディスクからベーシックディスクへの変換は、次の通りです。
http://www.careerdesign.co.jp/index.php?option=com_content&task=view&id=285&Itemid=148

要は、パーティションを一端削除して再度確保すれば、自動的にベーシックディスクになるようです。データがある場合は、別のHDD等にバックアップしておく必要があります。これが、一番単純で分かり易い方法だと思います。

下記のフリーソフトウエアをインストールして、パーティションの操作を行っても良いでしょう。参考まで。
http://gigazine.net/news/20101118_Easeus_Partition_Manager/

Q思慮、思料、思量の使い分けを教えて下さい

自分がこう思うとの表現で、「思慮」と「思料」と「思量」はどう使い分けるものでしょうか?

また、
「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

上記使い方はお客様への公文で使ってもよいでしょうか?

Aベストアンサー

>「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

はい、変です。思慮するがおかしい以上は思慮で止めるのも輪をかけて奇妙です。客を相手の文章と限らず、「と思う」の意味で使うわけには一切いきますまい。

思量と思料はまったく同義と見なして差し支えないと思います。どちらも「と思います」や「と考えます」を四角張って言いたいときに使うものですな。

QGPT保護されたHDDを消去せずにデータのサルベージをするには?

Macbookがクラッシュしてしまいました。(電源を入れても灰色の画面にフォルダが映るだけ。)
あまりにも突然クラッシュしてしまったのでバックアップの類も一切ありませんでした。
なので、内臓HDDを取り出し、外付けケースに入れ何とかデータのサルベージを試みたのですがうまくいかず。
Macでは「デバイスを認識できない」と、Windowsでは「GPT保護されたパーティション」と出て、双方ともフォルダにはアクセスできません。
何とか、少しでもデータを取り出したいのですが何か妙案はないでしょうか?

なお、検索の結果、フォーマットは比較的簡単に行えることはわかりました。
この質問ではHDDを削除せずにデータのみを取り出す方法を探しています。
一応Macbookに内蔵されていたHDDだったのでこちらにカテゴライズしましたが、Windowsで行う操作でもかまいません。
有料ソフトウェアでも何でもよいので皆さんの知恵を貸してください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
KNOPPIX使ってみるとか・・・
http://www.rcis.aist.go.jp/project/knoppix/
Macのソフトでは定番でDiskWarriorやData Rescueがあります。DiskWarriorのCDで起動して、HDD自体を認識しているなら修復が可能だろうと思います。
他には、TestDiskがHFS+に対応してます。
Windowsで起動してTestDisk作業したことはないので、どの程度効果があるのかは残念ながら私自身は知りません、
http://www.cgsecurity.org/wiki/TestDisk
では。

参考URL:http://www.alsoft.com/,http://www.prosoftengineering.com/index.php

QHDDの回避不可能セクタ数が200

CrystalDiskInfoなるソフトで初めてパソコンのHDDを調べてみました。
健康状態が注意となっており、代替処理保留中のセクタ数が200で回避不可能セクタ数が200となっています。
これを0にするにはどうしたらいいでしょうか?
リカバリーしたら元に戻りますでしょうか?
パソコンは3年前に買ってデフラグは一度もした事がありません。

Aベストアンサー

まず、CrystalDiskInfo(CDI)の値の読み方が違います。
大切なのは生の値で、代替処理保留中のセクタが3個、回復不能セクタが6個あるということです。

結果から言って、HDDは機械自体が故障しています。
直すには、新しいHDDに交換するしかありません。

他の回答者はCDIの警告を出さない説明などをしていますが、それは単純に安全装置をゆるくする様な物で、全く意味がありません。

ちなみに、

代替処理保留中のセクタ……前回の読み取り時にエラーが発生したけど、次に読んだときに正常に読み出せればエラーじゃ無いけど、心配だからマークしておく。

回復不可能セクタ……何度も読んだけど、全く内容が読み取れなかった。だからここは二度と使わないようにしよう。

……と言った物です。
また、CDIの表示で、

現在値……現状の生の値をメーカー独自の計算式で割合にしたもの。状況が悪くなるにつれて、数字が小さくなる。
最悪値……過去、HDDにとって一番劣悪だった現在値が保存される
しきい値……この値を、現在値が下回ったときに、そのHDDは故障と診断される

ということです。
HDD自体は代替処理中も回復不能も現在値が満タンの200なので問題なしと報告していますが、ユーザ側としては生の値にゼロ以外の数字が出たときはHDDの交換時期であると判断すべきであると、個人的には考えています。確実にHDDに保存されたデータが破壊されていますから。

まず、CrystalDiskInfo(CDI)の値の読み方が違います。
大切なのは生の値で、代替処理保留中のセクタが3個、回復不能セクタが6個あるということです。

結果から言って、HDDは機械自体が故障しています。
直すには、新しいHDDに交換するしかありません。

他の回答者はCDIの警告を出さない説明などをしていますが、それは単純に安全装置をゆるくする様な物で、全く意味がありません。

ちなみに、

代替処理保留中のセクタ……前回の読み取り時にエラーが発生したけど、次に読んだときに正常に読み出せればエラーじ...続きを読む

Qボリュームの拡張時の警告

先日、「以前別のPCで利用していたHDDをデータ用として再利用にあたり、以前のシステムファイルなどを消去するためフォーマットしたい」
という質問をしました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7734988.html

フォーマットしても問題ないことが分かり、データを移動させてフォーマット作業をしたのですが、新たな問題が発生しました。

まず、そのHDDは2つのパーティション(仮にパスをD、Eとします)に区切られていました。
Dドライブには以前利用していたWindows XPのシステムファイルを始め、様々なデータが入っています。
Eドライブはその他データ用の領域です。
まず、Eドライブのバックアップを完了し、フォーマットしました。

データ保管用のHDDなのでパーティション分割する意味はあまりないと思ったので、2つのパーティションを結合しようと思い、
Windows7のディスク管理ツールから、Dドライブを選択し、「ボリュームの拡張」を選択しました。
現時点でDドライブは未フォーマット、Eドライブはフォーマットしたので存在していません。
すると、以下のような警告が出ました。


選択したベーシックディスクがダイナミックディスクに、
選択した操作により変換されます。ディスクを
ダイナミックディスクに変換すると、そのディスク上の
どのボリューム(現在ブートしているボリュームを
除いて)からもオペレーティングシステムを起動できなくなります。
続行しますか?


この文中の単語などを調べてみたのですが、続行していいのか自分では判断が付きませんでした。
現在のような状況で続行しても問題ないかどうかご教授願います。

先日、「以前別のPCで利用していたHDDをデータ用として再利用にあたり、以前のシステムファイルなどを消去するためフォーマットしたい」
という質問をしました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7734988.html

フォーマットしても問題ないことが分かり、データを移動させてフォーマット作業をしたのですが、新たな問題が発生しました。

まず、そのHDDは2つのパーティション(仮にパスをD、Eとします)に区切られていました。
Dドライブには以前利用していたWindows XPのシステムファイルを始め、様々なデータが入っ...続きを読む

Aベストアンサー

#1補足です。

>この操作を行ったとして現在のブートドライブ(Windows7)は無事ですが、
>XPを起動ディスクとして使用することはできなくなるということでいいのでしょうか。

そうなります。
一旦ダイナミックディスクに変換したディスクをブートドライブとしてそのまま使うことができないということです。
なので、前の書き込みにあるように、Windows XPを使わないのならそのまま続行する、使うのなら続行しないとなるのです。

もっとも、パーティション操作ソフトがあれば、ダイナミックディスクを使わなくてもパーティションの統合はできますし、ブートディスクとして使うこともできます。
おそらくZecSiriusさんのしたいことを安全に行うには、この方法が一番かと思います。

Qファイル名が長すぎる場合のコピーや移動は?

200ギガを越えるHDDのバックアップをしていました。

最新のWindows 8 なので油断してしまい、表題の件に関わる警告のウィンドウが出たときにスキップの操作をしてしまいました。つまり、古いHDDの中に取り出せないファイルが残ってしまったのです。

何文字以上がコピペなどの規制にかかるのでしょうか?

コピーできなかったファイルを探し出す方法を教えてください。
ファイル数は88万以上あり、手動ではできそうにもありません。

Aベストアンサー

パス(C:\a.jpgなら8文字)を含めて半角で256文字、全角は1文字で半角2文字分で数えます。
ただ、制限文字数は他の要素(コピー時の内部処理的なコマンド追加)で早まったりするので、240文字程度までに抑えておくのが良いでしょう。

ファイル名が少々長い(40文字とか)程度でも、深い階層に置いていたり、途中にあるフォルダの名前も長かったり、ファイルやフォルダ名が全角だったりすると、意外と簡単に制限に引っかかります。

良くあるのが、最初は浅い階層に置いているファイルを、整理の為に階層の一番下に置くことを繰り返していると簡単に10階層以上下になって文字数オーバーとかです。

bunbackupで差分コピーを使うと、エラーが発生してコピーできなかったファイルがわかります。すでにほとんどのBackupが終わっているならば新旧HDDの比較だけなので、そう時間はかからないと思いますよ。

QSSDを外付けケースでUSB接続しました。認識しません・・・

こんにちは
端的には、タイトル通りです。

PC VAIO Fit15 i5 Win8.1

HDDケース Inateck FE2006 
http://www.inateck.com/jp/inateck-automatic-usb-3-0-enclosure-sata-ssd-fe2006-blue/

SSD シリコンパワー Slim S80 120G
    A-DATA ASP600S3-256GM-C

HDDケースは、USB2.0接続の一昔前の物も手持ちに有ったので、試してみましたが、ダメでした。
また、Inateckのケースに、HDDをセットすると、普通に認識されました。

「認識されない」というのは、正確ではないかもしれません。エクスプローラーの「PC」で、外付けドライブとして表示されません。
ただ、「デバイスとプリンター」では、外付けケースは認識されているようですし、SSDも認識されているようです(プロパティでメーカー、型番が表示される)。また、「安全な取り外し」をしなくてはならないようです。

SSDの取り扱いには、注意を払いました(静電気対策等)。

不良品、故障以外に、何か心当たりはありませんでしょうか?
よろしくお願いします。

こんにちは
端的には、タイトル通りです。

PC VAIO Fit15 i5 Win8.1

HDDケース Inateck FE2006 
http://www.inateck.com/jp/inateck-automatic-usb-3-0-enclosure-sata-ssd-fe2006-blue/

SSD シリコンパワー Slim S80 120G
    A-DATA ASP600S3-256GM-C

HDDケースは、USB2.0接続の一昔前の物も手持ちに有ったので、試してみましたが、ダメでした。
また、Inateckのケースに、HDDをセットすると、普通に認識されました。

「認識されない」というのは、正確ではないかも...続きを読む

Aベストアンサー

下記が判りやすいでしょうか。
http://www.windowseight.net/setup/ssdformat.html

以前に良くありましたが、HDDを外付けUSBケースに入れてパソコンに繋いだが、認識されないのは何故か? と言う質問と同じですね。通常、エクスプローラにはフォーマットされた使用可能な状態でないと表示されません。未フォーマットだと、エクスプローラでは表示されません。ただし、BIOSのレベルやディスクの管理などで表示されていれば、認識はされています。もし、認識されていない場合は、HDD/SSDが存在していないと言う訳で、故障している可能性があります。

また、USBケースに入れていると、インターフェースだけ認識されている場合があり、デバイスマネージャでは表示されているが、HDDが存在していない場合があります。これも、HDD/SSDが故障している可能性があります。

今回は、フォーマットの問題だけだと思います。多分........


人気Q&Aランキング