妖怪人間ベムの漫画があるみたいですが、ネットで調べたところ、
何種類かあるみたいなのですが、だいたい何種類ぐらいあるのでしょうか?

もし可能であれば、わかる範囲でそのシリーズの概要とかも簡単に教えてもらえるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

今のところ高橋秀武先生の妖怪人間ベムと津島直人先生の妖怪人間ベムRETURNSの2種類が


存在するようです。

高橋秀武先生のバージョンは2006年版アニメのメディアミックスとして、
『週刊ヤングジャンプ』『漫革』に掲載され、舞台は第二次世界大戦中から終戦直後の
ヨーロッパのとある国(ドイツを思わせるが明確な描写は無い)で、ベムたちは「国防軍」の
人体実験から逃げ出した設定です。
個人的に高橋秀武先生のファンですのでこの作品も読みましたが、妖怪人間ベムに思い入れが
なかったのであまり印象には残っておりません。

津島直人先生のバージョンは1993年12月から1995年7月まで『月刊少年ガンガン』に
全20話が連載され、同時期の『トイレの花子さん』など小学生の怪談ブームを背景に
第一企画が企画して連載が開始されたそうです。
1997年春のテレビアニメ化やゲーム化などメディアミックス展開の予定もあったようですが、
最終的には漫画版のみの展開に終わったようです。

RETURNSの特色として

 ベム、ベラ、ベロの三人は、ベリメリ共和国に属するゼウス博士により生み出された
人造生物だった。
三人を軍事利用しようとする共和国高官に対しゼウス博士が反乱を起こし、
相討ちになり、行動の自由を手にした。
妖怪人間たちは、時に人間を操り、時に自らの力を悪用する怪奇生物「妖獣」と戦う。
入手経緯は不明だが、妖怪人間たちは特定の富豪しか持てない「GOLDカード」を
保有しており、いざとなれば村落ひとつを作ることすらできる。
この漫画は「近未来」が舞台となっており、「東京」の表記が変わっている。
この漫画世界では「獣人(キメラ)」という人種が存在しており、
妖怪人間たちも初見の者からは獣人だと解釈される。
獣人の扱いは国によってまちまちで、「日本らしき国」では公然と迫害されているが、
ある国では代議士子息が獣人を虐殺したことで父親の政治家生命が危うくなっていた。
この漫画世界では、アメリカ大陸の「メリゴ連邦」、ユーラシア大陸西部の
「ユーロニア共和国」、そしてユーラシア大陸中央の「タキオン帝国」が三大国として
幅を利かせている。
 後半では、タキオン帝国の暴君・神帝シキが仇敵となる。

といったものが挙げられています。
私はこちらのバージョンは未読ですのでコメントは差し控えさせて頂きます。
ただどちらの作品も独自の解釈でストーリーを進めておりますので、1968年のTV放映の
ような雰囲気は認められないと思います。
もし、そういった作品を希望するのであれば入手できるかは分かりませんが、
1968年から1969年に田中憲(現 田丸ようすけ)作画のコミック作品があり2002年に
復刻されているようです。
私はこちらも未読ですが、恐らくTV放映に1番近い雰囲気を持っているものと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しく書いていただきありがとうございました!
最近テレビドラマの影響もあり、
どんな内容の漫画があるのか知りたくて質問させていただきました。
どれも読んでみたいと思います。

お礼日時:2011/11/11 10:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブラックジャックのコミック何種類かあるけど違いはありますか?

今[新装版]が出ていますが

DX版とか文庫のやつとか
秋田書店のものとか講談社のやつとかありますが
内容は全部同じなのでしょうか?

17巻までのものとかいろいろありますが
話数とか未収録分などの違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

≫出版社 / 著者からの内容紹介
≫文庫版「BLACK JACK」収録作品を、
≫「週刊少年チャンピオン」掲載順に再編集した新装版。
≫1冊あたりのボリュームもアップして
とありますから新装版=文庫版で、
新装版は順番がチャンピオン掲載順ということでしょう。
http://www.bekkoame.ne.jp/~takeboh/bj3.html
を見ると各版の詳細がわかります。
http://www.phoenix.to/73/bjlist.html
にはあらすじが短く紹介されているので、
「指」「植物人間」「快楽の座」等どの版にも収録されてない、
今日では入手が難しい作品の内容を知ることができます。
ざっと数えてみるとチャンピオンコミックスが抜けが7つで最も少ない(文庫は12)、
しかも手塚存命中の出版で最も”オリジナル”な物だと思います。

Q妖怪の漫画

妖怪の漫画にはまってます。

「夏目友人帳」緑川ゆき
「百鬼夜行抄」今市子
「百物語」杉浦日向子
「猫絵十兵衛」永尾まる
が好きです。


「うしおととら」
「結界師」
「妖怪のお医者さん」
は何か違います。



オススメあれば
教えて下さい!

Aベストアンサー

こちらのなら如何でしょう?
宮本福助『拝み屋横丁顛末記』
http://www.ichijinsha.co.jp/zerosum/works.html#24
波津彬子『雨柳堂夢咄』
http://comics.yahoo.co.jp/magazine/hfclub/urixyuud02_0001.html
熊倉隆敏『もっけ』
http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000000131
http://mv.avex.jp/mokke/

Q妖怪、化け物

妖怪とか化け物と戦う戦士的なものについてお伺いしたいです。
ブリーチに出てくる嘘(ホロウ)と戦う正義が死神ですね。

また死神の間でも戦いますが、
幽遊白書の霊界探偵と妖怪ですね。

こういう構図のもので○○と××のようなものがあれば是非是非お教え下さい。

Aベストアンサー

「アイスマーク」  近代国家(悪)vs小さな王国&魔物(主人公の連合軍)連合を組む過程でバトル。
魔物達が、べつに人間の味方ではなく、魔物(敵)→魔物(利害の一致した仲間)という感じです。

「貴族探偵エドワード」  一貫したテーマではありませんが、魔物vs(普通の)探偵(正義)。バトルします。

「ネシャンサーガ」  悪い生き物vs神の使い(正義)

「エイリアンvsプレデター」  凶暴な宇宙人vs好戦的だが話せば(?)分かる宇宙人(と人間)

「封神演技」ジャンプ漫画版。  妖怪仙人vs仙人(正義)→宇宙人vs仙人連合軍(正義)

「西遊記演技」中国の伝説。  妖怪vs仏門に入った妖怪と三蔵法師(正義)

「古事記」国譲りのあたり。  天津神(正義)vs国津神

以上、小説メインでお送り致しました。
たぶん「火の鳥」だったと思うのですけど、手塚漫画で、土着の精霊信仰による妖怪(正義)vs仏様(悪)というのもありました。

Qタンノくんやスケトウダラのような妖怪

おそらく私が見たのは水木しげるさんの筆だったと思いますが、体が魚で足が人、という日本の妖怪をご存知ありませんか?
名前か、掲載されている書名、またはURLを教えていただけると幸いです。
鮫人とは違います。

Aベストアンサー

 日本の妖怪だとばかり思い込んでいたので分かりませんでしたが、ありました。鯛の体に男の足の妖怪画が。
 「イクティオスカプラ・アエロファギア」という南アメリカアマゾン川の妖怪です。
 残念ながらネットの画像では見つかりませんでしたが、書籍では、水木しげる作画活動50周年記念出版原画集『妖鬼化(むじゃら)』(ソフトガレージ刊)第5巻「世界編(アジア・アフリカ・オセアニア・アメリカ)」の168頁に掲載されています。
http://www.softgarage.com/books/contents/yokomizu/mizuki/mujara/contents.html
 当該頁の本文には

 ピラニアのような鋭(するど)い歯を持つ、足の生えた魚である。
 南アメリカのアマゾン川に生息し、水中にいるときもあれば、川岸に直立していることも多い。もちろん、走ることも可能である。
 鱗(うろこ)は鎧(よろい)のように硬く、これが敵から身を守るのに役立っている。足には獣のような毛と蹄(ひづめ)がある。
 ふだんはほかの魚を食べているのだが、なにしろ歯が鋭いので、人間でもひとたびかみつけば、身を裂くことなど簡単である。
 水からでて移動する魚というのはけっこうたくさんいて、有名どころでは、東南アジアのキノボリウオ、それにウナギやナマズの類(たぐい)も、日照りで池の水がなくなったり、環境が悪化すると、地上をはって他所に行くことが知られている。


 描かれている絵を文章で説明すると、「背景は薄暗い木々と川の水面が描かれている。そこから立ち上がった足の生えた魚。足は毛むくじゃらの腿と脛。左正面を向いた巨大な魚で、色は鯛のような桜色で着色されている。口にはギザギザの牙が生え、ちょうど尾びれ近くから足が生えている」。(説明するのが難しい…)

 『妖鬼化』はけっこう高価な本ですし(1冊が6,600円)、また図書館に置いている可能性も少ないかもしれませんが、なにかの一助になれば幸甚です。

 ちなみに同本のB6版(単行本サイズ)の第6巻が「世界・特別編」なので、こちらにも掲載されているかもしれません。これなら1冊が1,680円なのでお手ごろでしょう。
http://www.softgarage.com/books/contents/yokomizu/mizuki/mujara_mini/contents.html

 日本の妖怪だとばかり思い込んでいたので分かりませんでしたが、ありました。鯛の体に男の足の妖怪画が。
 「イクティオスカプラ・アエロファギア」という南アメリカアマゾン川の妖怪です。
 残念ながらネットの画像では見つかりませんでしたが、書籍では、水木しげる作画活動50周年記念出版原画集『妖鬼化(むじゃら)』(ソフトガレージ刊)第5巻「世界編(アジア・アフリカ・オセアニア・アメリカ)」の168頁に掲載されています。
http://www.softgarage.com/books/contents/yokomizu/mizuki/mujara...続きを読む

Q妖怪の漫画 わらし???

昔、20年近く前の話ですが、「わらし」という題名?もしくは主人公の名前?(漢字かひらがなかカタカナか、はっきり覚えて無い)そんな漫画を読んだ記憶があります。もう一度見てみたいのですが、何かご存知ないでしょうか?ちなみに妖怪がたくさん出てくる漫画だったと思います。

Aベストアンサー

力を持った「座敷童」が、あんこちゃんという女の子を助けて、妖怪と戦っていくお話で、「ミスター味っ子」の後に、マガジンに連載されました。
単行本も、出るには、出ています。
支離滅裂な、ところもあり、いきなりの終わり方をしますが、作者の2大ワールドのひとつで、私は、好きですね。
単行本が、かなり、わずかしか、出ていなくて、全4巻揃えるのに、非常に苦労しました。
絶版でしょうし、古本屋でも、見たことがありません。
いつか、ここではない、サイトで、出会ったら、貸してあげますけど。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報