『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

11月20放送の第6話のサブタイトルが、
「55年前の真実。第一次南極観測隊に起こった悲劇。真相が今、明かされる」でした。

私は映画「南極物語」も観ていないですし、原作も読んでいません。
なので、これまで何がどう伝えられていて、
ドラマの中で何が真相、真実なのか全然判りませんでした。
ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは。



>なので、これまで何がどう伝えられていて、
>ドラマの中で何が真相、真実なのか全然判りませんでした。

もしかして、今までの映画やお話と、今回のドラマとで、
今回のドラマが今までには伝えられていなかったことや
本当の真実を明かすというニュアンスに取られていますか?
だったらば、今回のドラマは「今までの話と違う真実が明かされる」ドラマではなくて、
55年前の南極観測隊に怒った悲劇を明かしているだけですよ。

>私は映画「南極物語」も観ていないですし、原作も読んでいません。

これまでの映画等でも、今回のドラマでも大なり小なり、脚色はされています。
なので、本当の実際の御話は、北村泰一さま(犬係であった犬塚夏生役のモデル)の
「タロとジロの真実」(下の回答者様が正しき名前を書いておられます)をお読みになれば
それが真実だと思いますよ。北村泰一さまは第一次南極観測隊の実際の隊員でおられました。
(今もお元気そうです)

例えば、北村泰一さまは京都市ご出身ですが、
ドラマの中の犬塚夏生は静岡県出身となっていますし、
タロとジロは魚を掘り出して食べていましたが、
実際はタロとジロがペンギンを捕獲していたのを北村氏が見ておられますから、
ペンギンを捕獲して越冬していた可能性があるにしろ、ドラマでは魚掘り出し。
一部アザラシやペンギンを捕獲したのかな?というシーンはありましたが。

今までの映画では、タロとジロが隊員を見つけていちもくさんに寄ってきて抱き合うという脚色でしたが、北村氏によると、必ずしも映画の様なすぐに抱き合う事がないどころか、大きくなっていてどの犬だか名前を読んで反応するまでは判らなかったとあります。
今回のドラマでは倉持が近寄っても、忘れていたかのような反応ぶりでしたね、
やがてタロとジロが解り、抱き合っていましたね。

と言うように映画やドラマではやはり多少なり脚色されていますよ。

なので今回のドラマで、「今までの映画などで明かされなかった真実をこのドラマでやりますよ」と言う意味合いではないということです。
「第一次南極大陸観測隊に起こった悲劇をドラマにしました」という、どうして犬を置いてきてしまったのかと言うところだと思います。
置き去りにしたと言われていますが、そこにはどうしょうもない背景があったわけですし、ドラマではそのあたりも力を入れて表現されていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、そういうことですか。
詳細をありがとうございました。

お礼日時:2011/12/22 22:55

>第一次南極観測隊に起こった悲劇。

真相

犬を置き去りにしてタロ・ジロ以外は死亡した悲劇のことと思います。(「南極物語」も「南極大陸」も一部フィクションがありますが、北村泰一著「南極越冬隊 タロジロの真実」は真実の物語で、映画「南極物語」にも描かれていない、探検と観測、犬たちとの生活の一年)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%AD% …

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%A5%B5% …

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%A5%B5% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>タロ・ジロ以外は死亡した悲劇のことと思います

とのことですが、紹介して頂いたWikiのページを見ても
よく判りませんでした。

・これまで、「何」が「どう伝えられていた」のか
・先日のドラマによって、それまでの伝えられていた事と
 どういう相違があったのか
・先日のドラマが明かした真相は何か

これらを知りたいです。

お礼日時:2011/11/23 05:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング