はじめまして。ご多忙中恐縮ですが教えていただけますでしょか?
海外の湯沸かし器を、日本で使用したいのですが変圧器をかますのではなく、湯沸かし器自体をいじって日本の電圧に合わせることは可能でしょうか?コンセントを変えるのはもちろんですが、大事なのは電圧です。
もし、どこかの電気屋さんがサービスしているのでしたら、是非連絡先を教えてください。また、おいくらくらいになるのかも教えていただけると幸いです。湯沸し機以外にも多数電化製品を変圧したいと思っています。是非、お願いいたします!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

>220V の電化製品を日本で使用する場‥



大丈夫だと思います。220vを200vで使う場合ヒーターの発熱がおよそ83%位に落ちます。つまり湧き上がりに時間が掛かると言うわけですが湯沸かし器なら問題は有りません。仮にマイコン制御でも基板内で低電圧で安定化してあるでしょうから問題ないと思います。

問題は電源ですがnerogooさんのお宅の分電盤に赤、白、黒の三本線が来ていれば200Vが取り出せます。
但しこれは素人が工事してはいけません。必ず有資格者に頼んでください。又プラグの形状なども違うでしょうから電気工事店、家電店などに相談すると良いですよ。仮に白、黒の二本しかなければ電柱から引き直しで電力会社に申し込んでください。

>湯沸し機以外にも多数電化製品を変圧したいと‥
これは又その時に質問なさったら如何でしょう。色々な電気製品が有りますから一概には言えませんから。
    • good
    • 4

皆さんがおっしゃるように、単相3線式の受電設備である場合、単相200Vを作ることは可能です。

単純な電熱器の湯沸かし器ならば、使える可能性は高いと思われます。(通常電圧変動を10%位は余裕を見るものです。ただ、更に電圧変動するような電気設備容量であるならNGです)
しかし、いずれにせよ、その電化製品の保証範囲外であることを認識しなければ成りません。
万が一に発火等が発生しても、すべてが個人の責任になります。
電熱装置は色々な意味で危険な電化製品です。変に改造して家を焼失しては笑い話にもなりません。
    • good
    • 1

#1の回答者の方が杞憂されて居られますが、日本の電気用品安全法(以前:電気用品取締法)の定義は以下の通りです


法律・制度の目的

電気用品の製造、販売等を規制するとともに、電気用品の安全性の確保につき民間事業者の自主的な活動を促進することにより、電気用品による危険及び障害の発生を防止することを目的としている。

この法は、粗悪品の製造、販売を消費者保護の観点から、規制するもでありますので、海外駐在者の方が帰国時持ち帰る物(電気製品)に対する法では有りません。
全く、あくまでも個人の責任において使用する分には罰則等の項目は有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきまことにありがとうございます!感謝感謝です。初めてこのシステムを使うので、本当に回答をいただけるか半信半疑でしたが、感動の一言本当にありがとうございました。心より感謝いたします!

お礼日時:2003/12/02 19:01

家庭用の電源の形態は通常2種類有ります。

単相2線式、単相3線式です。古い住宅又は小さい住宅などは、前者の2線式です。新築、大きい住宅等は3線式が使われております。これは、電力量計(各家に付いています)の表面の銘板を見てください。
単2の場合は、残念ですが100Vしか配線されていません。
単3の場合は、100V-200Vの配線がされておりますので、簡単に配線替えが出来ます。
故に、220Vの機器も問題なく使えます。
街の電気屋さんへいって頼んでください。5千円以内で出来るでしょう。(約30分の工事です)
このときに、コンセントも100Vと区別するため200V用のコンセントに変えてくれます。100V用機器のコンセントは入りませんので、ご安心下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきまことにありがとうございます!感謝感謝です。初めてこのシステムを使うので、本当に回答をいただけるか半信半疑でしたが、感動の一言本当にありがとうございました。心より感謝いたします!

お礼日時:2003/12/02 19:01

No4の方のとおり、家庭用の大型エアコン、電子レンジ、IH調理器は200V配線で使用するものもあります。

したがって、200Vのまま使用するほうが現実的です。ただし、
1) 200V回路は国内では専用配線にして固定的に使う必要がある。(コンセントの抜き差し・移動はできない)その機器専用にブレーカーを設ける必要があります。
2) 220Vと200Vの若干の電圧の違いが問題になる製品があります。また周波数の問題もあります。ヒーターや白熱電球であれば若干弱いと感じる程度だと思いますが、モーターを使った製品などは許容できないものもあります。(220V60Hzを基本に設計しているため)

近所でエアコンの電気工事をしているところに相談してみてください。エアコンの電源新設工事費並みでできると思います。
なお、機器自体を100Vにするのは現実的ではありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきまことにありがとうございます!感謝感謝です。初めてこのシステムを使うので、本当に回答をいただけるか半信半疑でしたが、感動の一言本当にありがとうございました。心より感謝いたします!

お礼日時:2003/12/02 19:02

電圧切り替えは、通常、電気屋に頼めば、有料でやってくれます。


例えば、200Vのエアコンを付けるときなどは、2,000~4,000円掛かるようです。
あと、エアコンなどは、基本では、単独です。
ですから、単独で、線を引く必要がありますので、その場合、もっと掛かります。当然、コンセントも必要です。
でも、間違えて、100Vの電化製品を刺したら、一発で壊れます。
ですから、200Vのエアコンのコンセントには、100Vの製品が刺せないように、コンセント形状が変えてあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきまことにありがとうございます!感謝感謝です。初めてこのシステムを使うので、本当に回答をいただけるか半信半疑でしたが、感動の一言本当にありがとうございました。心より感謝いたします!

お礼日時:2003/12/02 19:02

No.2です。



うっかりしていました。higejii3さんの回答どおりです。
我が家でもエアコンに使用していますが日常無意識に使っていたので忘れていました。

単相220Vは最近の家であれば屋内まで配線がきているはずです。なければ屋外の柱上トランスから引き込むことが出来ます。エアコン、皿洗い機などは設置するだけで使用者が220Vと触れることはありませんが、製品によっては直接操作するので取扱いには注意が必要です(経験者だと思いますが)220V製品にはアースが必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきまことにありがとうございます!感謝感謝です。初めてこのシステムを使うので、本当に回答をいただけるか半信半疑でしたが、感動の一言本当にありがとうございました。心より感謝いたします!

お礼日時:2003/12/02 19:02

おや、220Vって家庭に来てませんか?


確かブレーカーのところまで来てるんじゃあないかな。
3本の電線が来てて、そのうちの2本を使うと100~115V、もう1本を使うと200~220Vが取れると思うのですが。
家庭用でも一寸大きめのマルチタイプのエアコン室外機は220Vですよ(我が家も使ってます)。
電気工事店で、屋内配線を頼めば良いのじゃないのかな。
湯沸し器をいじるより配線をしてもらったらいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきまことにありがとうございます!感謝感謝です。初めてこのシステムを使うので、本当に回答をいただけるか半信半疑でしたが、感動の一言本当にありがとうございました。心より感謝いたします!

お礼日時:2003/12/02 19:03

専門的知識はありませんが、汎用変圧器はステップ・アップ(100V→220V)がステップダウンより高くつくと理解しています。

出力にもよりますが需要が限られているので多数の電化製品を変圧器付きで使用するのは高いものにつきます。

改良は事実上無理でしょう。不経済、需要限定で手作りとなり、且つ安全保証面から引き受ける業者はいないのではないかと思います。変圧器で使えるものだけ使い、ある時点で国内モデルに買い換える方が安全(感電、火災など)で経済的です。

あなたが金に糸目をつけず改良して日本で使いたいほどの珍しい製品をお持ちなら、そのメーカに100V製品を特注するか、改良を依頼する方が安くつくと思いますが・・

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/sacom/299487/516654/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきまことにありがとうございます!感謝感謝です。初めてこのシステムを使うので、本当に回答をいただけるか半信半疑でしたが、感動の一言本当にありがとうございました。心より感謝いたします!

お礼日時:2003/12/02 19:03

>湯沸かし器自体をいじって日本の電圧に合わせる…


>どこかの電気屋さんがサービスしている…

『電気用品安全法』によれば、
「電気用品を製造又は輸入しようとする事業者は、経済産業大臣に届ける義務があり…中略…経済産業省の定める技術水準に適合させる必要がある」
とあります。この規定に則し、日本の規格に適合させるような改造を施し、必要な手続きを取るには、相当な期間と費用を要し、現実的ではありません。

技術的に不可能とはいいませんが、無申告で行うことは、日本の法令に触れることであり、教goo/OK-Webの規約からも問題があります。

参考URL:http://www5.cao.go.jp/otodb/japanese/houseido/ho …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきまことにありがとうございます!感謝感謝です。初めてこのシステムを使うので、本当に回答をいただけるか半信半疑でしたが、感動の一言本当にありがとうございました。心より感謝いたします!

お礼日時:2003/12/02 19:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交流回路の位相について教えて下さい 抵抗R、コイルの回路の電流、電圧の位相のベクトル図を書いたのです

交流回路の位相について教えて下さい
抵抗R、コイルの回路の電流、電圧の位相のベクトル図を書いたのですが合ってますか?それぞれ抵抗Rを基準とした電圧の位相、電流の位相、合わせた位相のベクトルです
電圧…抵抗に掛かる電圧よりコイルに掛かる電圧が90度遅れる
電流…抵抗に流れる電流よりコイルに流れる電流が90度遅れる
そのベクトル合成したものがそれぞれ回路に流れる電流、電圧で、合成した電流と電圧は同相

Aベストアンサー

R と L の直列回路だから, R を流れる電流と L を流れる電流は同じでないといけない. つまり
電流…抵抗に流れる電流よりコイルに流れる電流が90度遅れる
は間違っている.

あと, R にしろ L にしろ C にしろ基本的には
その素子の端子間電圧と流れる電流
の関係を理解すべき. その意味では
電圧…抵抗に掛かる電圧よりコイルに掛かる電圧が90度遅れる
もおかしい (「コイルにかかる電圧」の位相を考えるなら「コイルを流れる電流」と比較するのが基本).

Q海外と日本のコンセントの変圧器ですが、日本人が海外に行く場合の変圧器は

海外と日本のコンセントの変圧器ですが、日本人が海外に行く場合の変圧器は家電量販店やネットでも売っているのですが、外国人が日本に来た時の変圧器はどのように入手したらよいかご存知の方はいますか?
できれば複数のタイプのプラグに対応しているものがあると助かります。

Aベストアンサー

誤記訂正:「ステップアップ」です。
北米系の117,120Vは特に不要、ダイレクトで使えます。

Q電気抵抗が小さい銅線に数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加する方法

電気抵抗が小さい銅線に数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加する方法


こんにちは、
下記を教えてください。
電気抵抗が小さい金属に数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加する方法


こんにちは、
下記を教えてください。
1.銅線等の電気抵抗が小さい金属に、図のように変圧器を通して、数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加することは可能でしょうか?
2.この図のR2には、実際に数十GVの高電圧、数mAの微小電流が印加されているのでしょうか?この図のL3を削除したら、急に電圧が下がります。やはりR2には高電圧は印加されていないのでしょうね?
3.この図のL3には、実際に数十GVの高電圧、数mAの微小電流が印加されていると思います。銅線をコイル状にすれば、数十GVの高電圧が印加されるのでしょうか?
4.この方法以外に、銅線等の電気抵抗が小さい金属に、この図のように変圧器を通して、数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加することは可能でしょうか?
5.銅線等の電気抵抗が小さい金属に、変圧器を通さないで、数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加することは可能でしょうか?直接、印加すれば可能でしょうね?

コイルL1,L2,L3の抵抗は0.1オームです。

電気抵抗が小さい銅線に数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加する方法


こんにちは、
下記を教えてください。
電気抵抗が小さい金属に数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加する方法


こんにちは、
下記を教えてください。
1.銅線等の電気抵抗が小さい金属に、図のように変圧器を通して、数十GVの高電圧、数mAの微小電流を印加することは可能でしょうか?
2.この図のR2には、実際に数十GVの高電圧、数mAの微小電流が印加されているのでしょうか?この図のL3を削除したら、急に電圧が下がります。やはり...続きを読む

Aベストアンサー

直流電圧に対して低抵抗
交流、インパルスに対して高インピーダンス
を実現するだけならリアクトルでいい。

ただし、
大電圧に対して高抵抗、高インピーダンス
って条件が厳しい。
これは電流路を物理的に遮断することと一緒。
回路保護が目的なら、逆に大電圧で低インピーダンスになるバリスタとかを並列に挿入する。

Q変圧器(電圧?)

 少し急ぎだったもので、充分に過去の質問を検索できなったので重複した質問になるかもしれませんが、宜しくお願いします。海外で買ったもの(120V)を日本で使おうとすると力は弱まるけど、とりあえず大丈夫ということですよね?日本のものを海外で使おうとすると爆発?でいいんですよね。どなたか教えて下さい。ちなみにアイロンです。書いてあることは120V-60Hz 220Wです。

Aベストアンサー

 NO1の追加です、120Vの仕様の製品を100Vで使うことになりますが、実際は国内の電圧は100Vプラス5%程度の範囲内です。やや能力が落ちますが、仕様には支障がない範囲内ですね。

Q抵抗に電流を加えると電圧発生?

抵抗に電流を加えると電圧が発生すると
聞いた事があるのですが
電流は電圧を加えてはじめて、流れると思うの
ですが、違うのでしょうか

Aベストアンサー

電流、電圧、抵抗の関係は良く水の流れに例えられます。
ある水路を考えたとして、その流量(1秒間に流れる水の量)が電流、水路の落差が電圧、水路の細さが抵抗、と考えれば分かりやすいかも知れません。
もし、ある決まった流量(電流)を水路(回路)に流したいと思えば、水路の傾きを調節して目的流量にする必要があります。その目的流量(電流)にするための水路の落差(電圧)は、流量と水路の細さ(抵抗)の積で決まるわけです。
逆に、ある決まった落差(電圧)で水路に水を流せば、その流量(電流)は落差を水路の細さ(抵抗)で割った値になるという関係に有ります。
つまり、電圧と電流のどちらに注目して回路を設計or測定するかという違いで、文章表現としては「電圧を加える」になるか「電流を流す」になるだけの話で、水路の流量と落差を分離できないように電流と電圧も分離は出来ません。
ただし無限に大きい抵抗、例えばコンデンサーに直流電源をつないだ場合など、に電圧を加えれば電流は流れませんから、電圧だけがかかった回路は作れます。
また、その逆にゼロ抵抗(超伝導状態の導体や、短くて太い導線もほぼゼロ抵抗と見なせます)に電流を流せば電圧はかかりませんから、電圧のかからない電流だけが流れる回路を組むことは可能です。

電流、電圧、抵抗の関係は良く水の流れに例えられます。
ある水路を考えたとして、その流量(1秒間に流れる水の量)が電流、水路の落差が電圧、水路の細さが抵抗、と考えれば分かりやすいかも知れません。
もし、ある決まった流量(電流)を水路(回路)に流したいと思えば、水路の傾きを調節して目的流量にする必要があります。その目的流量(電流)にするための水路の落差(電圧)は、流量と水路の細さ(抵抗)の積で決まるわけです。
逆に、ある決まった落差(電圧)で水路に水を流せば、その流量(電流)...続きを読む

Q海外の電圧と変圧器(昇圧トランス)について。

海外の120V製品を購入しました。性能をできるだけ100%に近づけたいので
↓リンク先にあるような昇圧トランスを購入しようと思っております。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/prod_img/trance.jpg

お伺いしたいのですが、こういった変圧器は、
家の壁のコンセントにきている電源が、例えば95Vのように
100Vに満たなくても120Vまで昇圧するのでしょうか?
それとも、もとから5V不足している場合は115Vになってしまうのでしょうか?教えて下さい。
また、コンセントにきている電圧を簡単に測る方法などありましたらご教授下さい。
宜しくお願い申し上げます。

それと、海外の電圧は、120Vか220Vだと思っているのですが、海外製品の仕様書を見ると
製品によって115Vだったり117Vだったり120Vだったりと結構差があります。
これは何故でしょうか?
こちらも宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

交流用電気器具には、必要な、周波数と、電圧と電流(電力)が要求されます。
器具の定められた、電圧の±5パーセント位が大体の稼動範囲(下限は-10パーセントでも動きますが…)
なので、海外から購入した器具の周波数が対応しているかと言う事も必要です。
(50と60Hz両用ならOK)

次に、壁のコンセントに95Vしか来て無い場合と言う質問について。
家庭用の電気(圧)は流れる電流量(使用量)によって末端程(配線の抵抗で)電圧が落ちますので、家庭の入り口では100vより少し高めに送られて来ています。
そして、壁面の端子で、何にも器具を使って居ない(壁の中の電線に電流が流れて居ない)のに電圧が落ちて居ると言う事は有り得ません。(器具を使った時に電流が電線に流れ、電線の抵抗が邪魔して電圧下がるのて゛)
-----
詰まり、何らかの器具を使ったら(電力を消費したら)電圧が落ちた(.る)と言う事は、配線自体が細すぎ(電線の太さが)なので、トランスで上げたとしても、不安定な状態は解消されません。
----------------
常時95v(←常時変化しない)でしたら「スライダック」と言う可変トランスで120vにする事は可能ですが。
--
電圧を計測するのには、「テスター」←アナログ用(針表示)と、デジタル(液晶表示)が有りますが、DYなどで、\2000位から有ります。「電圧だけを主に測るだけなら一番安い物でokです。
--------
海外では、その国の事情に依って色々な電圧が存在しますが、理論的には、電圧が高い方が効率は良いです。日本の場合、発電機の歴史を見ると(明治の初期には、48V)←などと言う低電圧の発電機を輸入した事も有ったようですが、人体に危険度の少ない100V(50と60Hzに)落ち着いたのですが、クーラーとか、夜間電力を使用する温水器などは、200V(220V)の機器(国内用の)も有ります。

交流用電気器具には、必要な、周波数と、電圧と電流(電力)が要求されます。
器具の定められた、電圧の±5パーセント位が大体の稼動範囲(下限は-10パーセントでも動きますが…)
なので、海外から購入した器具の周波数が対応しているかと言う事も必要です。
(50と60Hz両用ならOK)

次に、壁のコンセントに95Vしか来て無い場合と言う質問について。
家庭用の電気(圧)は流れる電流量(使用量)によって末端程(配線の抵抗で)電圧が落ちますので、家庭の入り口では100vより少し高めに送られて来ています。
そして、...続きを読む

Qある抵抗を電流計、電圧計で測るときの誤差

回路Aは、電流計Aと抵抗Rの直列に対し、電圧計Vを並列に接続している回路。
回路Bは、電圧計Vと抵抗Rの並列に対し、電流計Aを直列に接続している回路。

どちらが抵抗値を誤差が小さく測定できるのかわかりません
電流計の内部抵抗をRa、電圧計の内部抵抗をRvとすると
回路AはR=E/I-Raで求められることと
回路BはR=E/(I-E/Rv)で求められることと
ぐらいしかわかりません

この場合は補正してるし内部抵抗でそれぞれの回路の
測定値に差が出ることはないんですか?

そもそも差があるのかも含めて
あるならなぜ差がでるのか教えてください

Aベストアンサー

測定対象に、計測器を直接つなぐのが原則なので、普通は前者のやり方はしません。何らかの明確な理由があって、前者を取る必然性があれば別ですが。
抵抗の大きさにもよりますが、普通は電圧計に流れる電流は、抵抗に流れる電流より十分小さく、無視できるからです。しかし、抵抗が数Mオーム以上だったりして、電圧計の内部抵抗が無視できないレベルなら、違う測定法が必要かもしれません。
なぜ差がでるのか。。。。。オームの法則で説明できることです。

Q電圧,電流のことを教えてください(変圧器)

こんばんわ。電気のことを教えてください。
明後日から海外へ行きます。その国(停電あり)の電圧は220Vです。そして私の発電機Denyo(GA2300-SS~100V)です。そのため,出力を220V に変えなかればなりません。
ただし変圧器を使わずに変える方法を教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

あっさり言ってしまうと変圧器を使わないと無理です。

Q電流の測定に既知抵抗と電圧計を用いることの利点は?

回路中のある抵抗(既知)に流れている電流を知りたい時に、その抵抗に並列に電圧計を接続した時の測定値をその抵抗値で割って求める方法は、普通に電流計を使って測定する方法に比べてどのような利点があるのでしょうか?
電流計を接続するにはいちいち回路を切らなくてはならないが、電圧計は並列に接続するので回路を切らずに済むからという理由でしょうか?
また、逆に欠点はあるのでしょうか?
どなたか詳しい方、お教えください。

Aベストアンサー

このような用途には、「シャント抵抗」
という専用の抵抗もあったりします。

抵抗を用いて、間接的に電流をはかる
のは、2のケースがあって、

・大電流をはかる必要がある
 数A以上の電流をはかるのに
 単一の電流計だけだとおそらく
 計測できません。
 (ほかにもバイパス回路を使っ
  て計測する方法もあり。こちら
  は電流計で測れる)

・電流の変化を観測するため
 これは、直接電圧計を用いると
 いうよりオシロスコープなどを
 使うことになります。
 突入電流など、瞬間的に変化す
 る様子を確認するには、電圧に
 変換する必要があります。

デメリットは

・電流値の誤差が抵抗の誤差に
 依存する
 特に、大電流をはかる場合、
 抵抗そのものが発熱します。
 抵抗値は温度依存性があるの
 で、場合によっては抵抗値の
 変化を考慮する必要がありま
 す

・電流値が小さい場合には向か
 ない
 電流値が小さい場合、大きな
 抵抗を使わないと、電圧値に
 換算できません。
 しかし、大きな抵抗を使うと
 (もともと電流値が小さいと
 したら)電流値に大きく影響
 します。
 このため、mAオーダー以下で
 は、実用的な精度で電流値を
 求めることは困難です。

このような用途には、「シャント抵抗」
という専用の抵抗もあったりします。

抵抗を用いて、間接的に電流をはかる
のは、2のケースがあって、

・大電流をはかる必要がある
 数A以上の電流をはかるのに
 単一の電流計だけだとおそらく
 計測できません。
 (ほかにもバイパス回路を使っ
  て計測する方法もあり。こちら
  は電流計で測れる)

・電流の変化を観測するため
 これは、直接電圧計を用いると
 いうよりオシロスコープなどを
 使うことになります。
 突入電流など、...続きを読む

Q電圧100Vのプリンターを変圧器を通さずに200Vへつないでしまいまし

電圧100Vのプリンターを変圧器を通さずに200Vへつないでしまいました。

日本で購入した日本使用のBrotherのプリンターを
先日、海外にて変圧器を通さずに直接プラグに差し込んでしまいました。

電圧は200Vです。

差し込んですぐにバチバチバチっという音とともに白い煙がでて
すぐにプラグを取り外しました。
そのあと、どこからか黄色い液体が漏れ出してきました。

あとで、もう一度、今度は変圧器を通してプラグに差し込んでみたら
一応電源が入りました。

この場合、プリンターの使用は可能でしょうか。
漏電、火災などの危険がありますでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

残念ですがあきらめたほうが良いでしょう。

大変申し訳ないのですが、今の技術では、人間や動物、そして宇宙船間ヤマトに搭載されているような、怪我や壊れたときに自動的に怪我や壊れたところを修復する装置と言うのは搭載されていません。

パチパチと言う音は、中で、電気が絶縁破壊を起こして放電して発生した時の音で煙は。電解コンデンサがパンクして発生した物でしょう。(すっぱいにおいがしたかと思います。すっぱいにおいでなければ部品がこげた物です。)

そして、黄色い液体は、プリンタヘッドから漏れ出したインクだと思います。

電源ランプなんていうのは、壊れていても付く物が多いのです。

ただ、この状態でパソコンなどを繋ぐと、USBから逆流してパソコンまで破壊する可能性もあります。

コンセントをさしたまま放置しておけば火災になる可能性もあります。

また、断っておきますが、海外では、その国の電気に関る規格をとっていない物を接続して発生した事故は、無限責任が適応される国があります。
どんな物かといえば、火災が発生し延焼した場合、その国が認定をしていない外国製品などを使った人に対しては一切の免責を認めずそれに掛かった全ての損害賠償を請求する。と言うものです。この場合、保険も効きません

他の国で使ってよいと書かれているものは、それらの表示がされていますので、無限責任にはなりませんが、それはきちんとメーカーがその国の認定を取っているからなのです。

良く考えて利用されてください。

残念ですがあきらめたほうが良いでしょう。

大変申し訳ないのですが、今の技術では、人間や動物、そして宇宙船間ヤマトに搭載されているような、怪我や壊れたときに自動的に怪我や壊れたところを修復する装置と言うのは搭載されていません。

パチパチと言う音は、中で、電気が絶縁破壊を起こして放電して発生した時の音で煙は。電解コンデンサがパンクして発生した物でしょう。(すっぱいにおいがしたかと思います。すっぱいにおいでなければ部品がこげた物です。)

そして、黄色い液体は、プリンタヘッドから漏...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報