はじめまして。ご多忙中恐縮ですが教えていただけますでしょか?
海外の湯沸かし器を、日本で使用したいのですが変圧器をかますのではなく、湯沸かし器自体をいじって日本の電圧に合わせることは可能でしょうか?コンセントを変えるのはもちろんですが、大事なのは電圧です。
もし、どこかの電気屋さんがサービスしているのでしたら、是非連絡先を教えてください。また、おいくらくらいになるのかも教えていただけると幸いです。湯沸し機以外にも多数電化製品を変圧したいと思っています。是非、お願いいたします!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

>220V の電化製品を日本で使用する場‥



大丈夫だと思います。220vを200vで使う場合ヒーターの発熱がおよそ83%位に落ちます。つまり湧き上がりに時間が掛かると言うわけですが湯沸かし器なら問題は有りません。仮にマイコン制御でも基板内で低電圧で安定化してあるでしょうから問題ないと思います。

問題は電源ですがnerogooさんのお宅の分電盤に赤、白、黒の三本線が来ていれば200Vが取り出せます。
但しこれは素人が工事してはいけません。必ず有資格者に頼んでください。又プラグの形状なども違うでしょうから電気工事店、家電店などに相談すると良いですよ。仮に白、黒の二本しかなければ電柱から引き直しで電力会社に申し込んでください。

>湯沸し機以外にも多数電化製品を変圧したいと‥
これは又その時に質問なさったら如何でしょう。色々な電気製品が有りますから一概には言えませんから。
    • good
    • 5

皆さんがおっしゃるように、単相3線式の受電設備である場合、単相200Vを作ることは可能です。

単純な電熱器の湯沸かし器ならば、使える可能性は高いと思われます。(通常電圧変動を10%位は余裕を見るものです。ただ、更に電圧変動するような電気設備容量であるならNGです)
しかし、いずれにせよ、その電化製品の保証範囲外であることを認識しなければ成りません。
万が一に発火等が発生しても、すべてが個人の責任になります。
電熱装置は色々な意味で危険な電化製品です。変に改造して家を焼失しては笑い話にもなりません。
    • good
    • 1

#1の回答者の方が杞憂されて居られますが、日本の電気用品安全法(以前:電気用品取締法)の定義は以下の通りです


法律・制度の目的

電気用品の製造、販売等を規制するとともに、電気用品の安全性の確保につき民間事業者の自主的な活動を促進することにより、電気用品による危険及び障害の発生を防止することを目的としている。

この法は、粗悪品の製造、販売を消費者保護の観点から、規制するもでありますので、海外駐在者の方が帰国時持ち帰る物(電気製品)に対する法では有りません。
全く、あくまでも個人の責任において使用する分には罰則等の項目は有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきまことにありがとうございます!感謝感謝です。初めてこのシステムを使うので、本当に回答をいただけるか半信半疑でしたが、感動の一言本当にありがとうございました。心より感謝いたします!

お礼日時:2003/12/02 19:01

家庭用の電源の形態は通常2種類有ります。

単相2線式、単相3線式です。古い住宅又は小さい住宅などは、前者の2線式です。新築、大きい住宅等は3線式が使われております。これは、電力量計(各家に付いています)の表面の銘板を見てください。
単2の場合は、残念ですが100Vしか配線されていません。
単3の場合は、100V-200Vの配線がされておりますので、簡単に配線替えが出来ます。
故に、220Vの機器も問題なく使えます。
街の電気屋さんへいって頼んでください。5千円以内で出来るでしょう。(約30分の工事です)
このときに、コンセントも100Vと区別するため200V用のコンセントに変えてくれます。100V用機器のコンセントは入りませんので、ご安心下さい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきまことにありがとうございます!感謝感謝です。初めてこのシステムを使うので、本当に回答をいただけるか半信半疑でしたが、感動の一言本当にありがとうございました。心より感謝いたします!

お礼日時:2003/12/02 19:01

No4の方のとおり、家庭用の大型エアコン、電子レンジ、IH調理器は200V配線で使用するものもあります。

したがって、200Vのまま使用するほうが現実的です。ただし、
1) 200V回路は国内では専用配線にして固定的に使う必要がある。(コンセントの抜き差し・移動はできない)その機器専用にブレーカーを設ける必要があります。
2) 220Vと200Vの若干の電圧の違いが問題になる製品があります。また周波数の問題もあります。ヒーターや白熱電球であれば若干弱いと感じる程度だと思いますが、モーターを使った製品などは許容できないものもあります。(220V60Hzを基本に設計しているため)

近所でエアコンの電気工事をしているところに相談してみてください。エアコンの電源新設工事費並みでできると思います。
なお、機器自体を100Vにするのは現実的ではありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきまことにありがとうございます!感謝感謝です。初めてこのシステムを使うので、本当に回答をいただけるか半信半疑でしたが、感動の一言本当にありがとうございました。心より感謝いたします!

お礼日時:2003/12/02 19:02

電圧切り替えは、通常、電気屋に頼めば、有料でやってくれます。


例えば、200Vのエアコンを付けるときなどは、2,000~4,000円掛かるようです。
あと、エアコンなどは、基本では、単独です。
ですから、単独で、線を引く必要がありますので、その場合、もっと掛かります。当然、コンセントも必要です。
でも、間違えて、100Vの電化製品を刺したら、一発で壊れます。
ですから、200Vのエアコンのコンセントには、100Vの製品が刺せないように、コンセント形状が変えてあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきまことにありがとうございます!感謝感謝です。初めてこのシステムを使うので、本当に回答をいただけるか半信半疑でしたが、感動の一言本当にありがとうございました。心より感謝いたします!

お礼日時:2003/12/02 19:02

No.2です。



うっかりしていました。higejii3さんの回答どおりです。
我が家でもエアコンに使用していますが日常無意識に使っていたので忘れていました。

単相220Vは最近の家であれば屋内まで配線がきているはずです。なければ屋外の柱上トランスから引き込むことが出来ます。エアコン、皿洗い機などは設置するだけで使用者が220Vと触れることはありませんが、製品によっては直接操作するので取扱いには注意が必要です(経験者だと思いますが)220V製品にはアースが必要です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきまことにありがとうございます!感謝感謝です。初めてこのシステムを使うので、本当に回答をいただけるか半信半疑でしたが、感動の一言本当にありがとうございました。心より感謝いたします!

お礼日時:2003/12/02 19:02

おや、220Vって家庭に来てませんか?


確かブレーカーのところまで来てるんじゃあないかな。
3本の電線が来てて、そのうちの2本を使うと100~115V、もう1本を使うと200~220Vが取れると思うのですが。
家庭用でも一寸大きめのマルチタイプのエアコン室外機は220Vですよ(我が家も使ってます)。
電気工事店で、屋内配線を頼めば良いのじゃないのかな。
湯沸し器をいじるより配線をしてもらったらいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきまことにありがとうございます!感謝感謝です。初めてこのシステムを使うので、本当に回答をいただけるか半信半疑でしたが、感動の一言本当にありがとうございました。心より感謝いたします!

お礼日時:2003/12/02 19:03

専門的知識はありませんが、汎用変圧器はステップ・アップ(100V→220V)がステップダウンより高くつくと理解しています。

出力にもよりますが需要が限られているので多数の電化製品を変圧器付きで使用するのは高いものにつきます。

改良は事実上無理でしょう。不経済、需要限定で手作りとなり、且つ安全保証面から引き受ける業者はいないのではないかと思います。変圧器で使えるものだけ使い、ある時点で国内モデルに買い換える方が安全(感電、火災など)で経済的です。

あなたが金に糸目をつけず改良して日本で使いたいほどの珍しい製品をお持ちなら、そのメーカに100V製品を特注するか、改良を依頼する方が安くつくと思いますが・・

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/sacom/299487/516654/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきまことにありがとうございます!感謝感謝です。初めてこのシステムを使うので、本当に回答をいただけるか半信半疑でしたが、感動の一言本当にありがとうございました。心より感謝いたします!

お礼日時:2003/12/02 19:03

>湯沸かし器自体をいじって日本の電圧に合わせる…


>どこかの電気屋さんがサービスしている…

『電気用品安全法』によれば、
「電気用品を製造又は輸入しようとする事業者は、経済産業大臣に届ける義務があり…中略…経済産業省の定める技術水準に適合させる必要がある」
とあります。この規定に則し、日本の規格に適合させるような改造を施し、必要な手続きを取るには、相当な期間と費用を要し、現実的ではありません。

技術的に不可能とはいいませんが、無申告で行うことは、日本の法令に触れることであり、教goo/OK-Webの規約からも問題があります。

参考URL:http://www5.cao.go.jp/otodb/japanese/houseido/ho …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきまことにありがとうございます!感謝感謝です。初めてこのシステムを使うので、本当に回答をいただけるか半信半疑でしたが、感動の一言本当にありがとうございました。心より感謝いたします!

お礼日時:2003/12/02 19:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q220Vの電化製品を日本で使用する!

タイで購入した照明ライト(間接ライトというのか、木の枝で電球が隠されたようなもの)はタイ仕様なので220V対応です。それを100V仕様の日本で使用したいのですが、問題はないでしょうか。
100Vの製品を220Vの国で使用する場合は、オーバーで火災の原因など起こる恐れ等ありますが、220Vの製品(ここでは照明ライト)を100Vの国で使用するのはそのような事故につながるようなことはないでしょうか。ライト(電気スタンド?)なので、安全面上問題な確認したく、ご存知の方おりましたら教えて頂きたく、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

220Vの用の電化製品を100Vにつないだ場合、パワーが足りないので、壊れたり、火が出ることは無いですが、うまく動作しませんよ。
100Vにつないだ場合、照明のライトが点かないか、弱く光るようになります。
ちゃんと照明をしたい場合は、ランプを220V用のものを100V用のものに取り替えるか、100Vを220Vに変化する変圧器を利用することになります。

ランプを220V用のものを100V用に変える場合、電流が倍になるので、電線の太さが気になります。220Vの電気製品の場合、100Vの電気製品に比べ、電線の太さを細くできます。細い電線にたくさんの電流を流すと、熱を持ってしまって、電線が解けてしまったり、最悪火が出ることもあります。

Q海外の電気製品を日本で使う場合

いまイギリスに住んでいて、イギリス仕様のテレビなどの電気製品(220-230V, 50Hz)を使っております。ちなみにコードには変圧器がついていないタイプの製品です。「日本仕様(100V)の製品⇒イギリスで使用」は高い電圧に対応できないため、煙を吹いたりして危険とWebで読みました。「イギリス仕様の製品⇒日本で使用」の場合、今度は半分以下の電圧で使用になります。この場合はコンセントの形状を合わせれば、変圧器なしで使えるのでしょうか。無理な話だとは思うのですが、もし使えたら....と淡い期待を抱いております。詳しい方、教えてください。どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1.TVは放送方式がPAL、日本はNTSCなので使えません、電圧を下げるトランスを使っても!
 また日本ではアナログ放送は終わって地デジ放送になっています
2.レンジ、ヒーター、ドライヤーなどの電力機器は、電圧を下げるトランスが馬鹿でっかくなります
3.60Hz地域に帰国される場合は、蛍光灯、など50Hz専用機器は使用できません
ということで、
PC,小出力のオーディオ機器など消費電力が小さく周波数依存のないものを
電圧を下げるトランスを使って使用できます、変換ロスがありますので電気代はロスりますが・・・

Q200Vと220Vがあるのはなぜ?

電動機の仕様で
50/60/60(HZ)
200/200/220(V)
ってありますが、60HZに200Vと220Vの2種類あるのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

60Hzに200V、220Vがある理由
海外には、三相60Hz220Vを使っている国があります(参考URLによれば、韓国、台湾が該当)。
また、国内でも事業所によっては、三相210Vを使っているところも有ります。
そういうところでの使用を考慮しているのかと思います。

50Hzに220Vが無い理由
周波数が低くなると、同じ電圧を発生するのに必要な磁束が多くなり、鉄心の磁束密度があがります。が、磁気飽和のため、磁束密度には上限があります。
50Hz220Vがないのは、鉄心の飽和による制約からかと。
(50Hz200Vも、60Hz240V相当の磁束が必要なので、結構厳しい運転条件になってます。)

参考URL:http://www.furuichi.co.jp/material/data/etc/power.htm

Q220V用の電球を100Vにて使うことはできますか?

電気音痴です。ヨーロッパに住んでいます。日本より持ってきた照明器具を変圧機を利用して100Vにて使用しています。ここで問題なのですが、電球が切れてしまった場合、ここヨーロッパで販売されている220V用の電球を安全に使用することはできるのでしょうか?
質問は多岐にわたるのですが:

1)100Vの状態で、220V用の電球は使用できるでしょうか?小学生のときの理科の実験で、1.5Vの電池を一個つないでも2個つないでも問題なく豆電球を点灯できたような記憶があって、なんだか問題なさそうなのですが、どうなのでしょう?
また、そのとき、100Vで100Wの電球の代わりにする同じ明るさ用の電球として220V用で100Wの電球を買えばいいのでしょうか?
2)220V用の電球型の蛍光灯が売っていて、接続は電球と同じようにぐりぐりとねじ込むのですが、これをこのまま100Vの照明器具に使うことはできるのでしょうか?
3)いっそのこと、照明器具をそのまま220Vでつないでしまっても安全に使用できるのでしょうか?電球は100W以上になることはないのですが、コンセントやコードなどが220Vという電圧に負けて火を噴いてもらっても困るのですがどうなんでしょう?なんだか、日本の照明器具の電線も、ここで売っている照明器具の電線とかわらないように見えるし、コンセントのところを差し込みに合うようにしてしまえば、問題なく使えるような気がしています。実際のところどうなんでしょう?

電気音痴です。ヨーロッパに住んでいます。日本より持ってきた照明器具を変圧機を利用して100Vにて使用しています。ここで問題なのですが、電球が切れてしまった場合、ここヨーロッパで販売されている220V用の電球を安全に使用することはできるのでしょうか?
質問は多岐にわたるのですが:

1)100Vの状態で、220V用の電球は使用できるでしょうか?小学生のときの理科の実験で、1.5Vの電池を一個つないでも2個つないでも問題なく豆電球を点灯できたような記憶があって、なんだか問題なさそうな...続きを読む

Aベストアンサー

220Vの地域で売ってある100Wの電球に流れる電流は
 100W÷220V=0.4545A
そしてその電球の抵抗は
 220V÷0.4545A=484Ω
この電球を100Vで光らせれば
 100V÷484Ω=0.2066A の電流が流れ
 100Vx0.2066A=20.66W となり
たった20W程度の明るさしかないと言う計算になります
もし100Vの電圧で100W程度の明るさが欲しい場合 
100Vで100Wの電球は
 100W÷100V=1Aの電流が流れるので
 100V÷1A=100Ω という抵抗値になります
220Vの地区で抵抗値100Ωの電球をさがせば
 220V÷100Ω=2.2A 220Vx2.2A=484Wになります
かりに400Wもの明るさの電球があるとすれば
 400W÷220V=1.818A
 220V÷1.818A=121Ω になり
これを100Vで使えば
 100V÷121Ω=0.826Aの電流が流れるので 電力は
 100Vx0.826A=82.6W になりますので
お手持ちの器具に使用可能かと思われます
実際に400Wとかはなくても 200Wくらいなら売ってあるかもしれません
220Vで200Wの場合100Vで41Wです 使用可能です たぶん  
あくまでも日本から出たことのない人間の計算です
球が切れたら器具ごと買い換えましょう

220Vの地域で売ってある100Wの電球に流れる電流は
 100W÷220V=0.4545A
そしてその電球の抵抗は
 220V÷0.4545A=484Ω
この電球を100Vで光らせれば
 100V÷484Ω=0.2066A の電流が流れ
 100Vx0.2066A=20.66W となり
たった20W程度の明るさしかないと言う計算になります
もし100Vの電圧で100W程度の明るさが欲しい場合 
100Vで100Wの電球は
 100W÷100V=1Aの電流が流れるので
 100V÷1A=100Ω という抵抗値になります
220Vの地区で抵抗値100Ωの電球をさがせば
 220V÷100Ω=2.2A 220Vx2.2A...続きを読む

Q海外製品を単相200vで使用できますか?

スイスの友人からmazer super jollyというコーヒー豆のグラインダーを貰いました。
国内での動作は昇圧トランスで確認しています。
プラグ形状がc,j型で三芯あるもので なのですが、家に単相200Vが入っているので、単純に電源プラグを付け替えたりして使えるものかを教えて頂けますでしょうか。
規格としては230Vの350Wです。
モーターものなので、電圧が足りないと回らないか、熱がでそうな気もするのですが。
アメリカの120Vは一応100Vで動きますし、±10%のを考えると200Vの方が要件を満たしてそうで、使えるのでは?と思ってしまいます。

輸入品の単相200Vの機器というのは内部の部品を変えているのでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

日本を基準で見れば100Vは100V以上、200Vは200V以上で供給されている事がほとんどです。
例え公称電圧が100Vであっても、実質は105V前後のはずです。
しかも一般家電製品は規定受電電圧である95V~107Vの範囲を逸脱していても作動するくらいの動作許容電圧の幅があります。
そのくらいでないと一般家電製品は家電法にて認可されません。

海外では日本と違い受電電圧は200V以上のところがほとんどです。
電気事故なども日本と比べて多く、いざ起きれば大きな事故に繋がる場合が多いのです。
そのために海外では家電法による品質の確保が日本以上に厳しく、様々な面で日本のものを超える性能を確保しているものがほとんどです。
もちろん公称電圧や規定電圧は定められていますが、実際の受電電圧は日本とは比べ物にならないくらいに大きく幅があります。
正直言って海外で電力会社から一般家庭に供給される電力が公称電圧を確保できているものはかなり珍しいはずです。
それでも海外で海外製家電製品が問題なく動作できるだけの許容電圧幅が家電製品側に求められているからなのです。

日本における公称電圧200Vは、単相200Vも三相200Vも規定受電電圧は215V以下です。
実際にはおそらく210V前後のはずですが、200Vで動作する家電品も動作許容電圧には当然幅がありますので、規定受電電圧の幅を逸脱する電圧でも動作する事になっています。
上記のように海外製家電品は動作許容電圧幅が広いので、日本での単相200V電源で動作しないものはないと思われます。

しかし一番問題なのはそんな僅かな電圧の差などではなく、交流電荷の周波数の問題の方が深刻なのです。
質問者さんが質問しているものが、モーターを使用しているものというのが問題なのです。
海外ではほとんどが交流電荷の周波数は60Hzです。
日本では関東以北と以南では50Hzと60Hzと違います。
質問者さんが関東以南であれば60Hz電荷でしょうからほぼ問題なく海外製200V家電品は使用できると思います。
しかし関東以北であれば正常に動作しない可能性が非常に大きくなります。
電圧差は大した問題ではありませんが、交流電荷の周波数の違いによる効率の低下が60Hz機器を50Hz電源で使用するというだけで、効率が20%程度するのです。
何度も言いますが、僅かな電圧差などでモーターが過熱してどうとかはほぼありません。
それよりも交流電荷の周波数の差は機器故障に直結する大きな問題なのです。

日本では200Vを使用するものは一般家電製品扱いされません。
可搬して使用できる200V電化製品は日本では存在しない事になっているので、海外製品の電源プラグが挿せるコンセントはありません。
エアコンなどで使われる単相200Vコンセントに挿せる形状のプラグに交換するのが必然です。

輸入品の家電製品は日本の家電法に沿った対策がされているものとそうでないものが存在します。
日本の法に合致しない電化製品を作る海外家電メーカーも、それらを輸入する業者も日本の法規上は問題がありません。
問題なのは販売する側がそういった表記をして購入者に周知しているかなのです。
そして一番肝心なのがそういった海外製家電製品を購入して使用する側にあるという事なのです。
そういうものを日本で使用するのにはメーカー保証も製造者責任も求められません。
言ってしまえば日本の法に沿った一般家電製品以外の家電品を使う側の自己責任となるという事です。
万が一何かあれば全て使用者責任になります。
変圧器使用などは電力会社との契約上では違約になりますし、そこまでリスクを負ってまで使わなければならないものでもないと思います。
そういった問題を良く理解した利口な人間は、日本の電力電圧事情に合致しない電化製品など恐ろしくて使用するなどありえません。
そういった事情に無知な人間ほどこういう質問をしますし、いかにも知ってるようなフリした愚かなものは、さも知ってるように回答したがるものです。

結論を言えば日本の家電製品取締法の範囲に入らない電化製品を日本国内で使う事は犯罪と同等だという事です。

日本を基準で見れば100Vは100V以上、200Vは200V以上で供給されている事がほとんどです。
例え公称電圧が100Vであっても、実質は105V前後のはずです。
しかも一般家電製品は規定受電電圧である95V~107Vの範囲を逸脱していても作動するくらいの動作許容電圧の幅があります。
そのくらいでないと一般家電製品は家電法にて認可されません。

海外では日本と違い受電電圧は200V以上のところがほとんどです。
電気事故なども日本と比べて多く、いざ起きれば大きな事故に繋がる場合が多いので...続きを読む

Qアメリカから電化製品を購入し日本で使えますか?

該当製品は
Vivitek Qumi Q2
http://www.amazon.com/Vivitek-Q2-3D-Ready-Projector-Black/dp/B004FP3RYM/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1348929978&sr=8-1&keywords=Qumi+Q2
です。

その他、アメリカのアマゾンでよく欲しい物がみつかります。
今後のためにも家電(ボルト、アンペア、ワット、hzなど)の知識が無い私に
アメリカから電化製品を買う際に理解しておかなければいけないアドバイスを頂けると幸いです。

追記
ボルト、アンペア、ワット、hzなどの解説サイト等説明を見たのですが、
各、用語の説明や計算方法などは載っていますが、で結局どこがどう違えば使えなくて
どうであれば使えるの?と言うことが解らないのです。

例えば、ボルトは電気を押し出す力などと説明されていますが、
電気を押し出す力と日本のコンセントに指して使えるかどうかとの
関係については理解できませんでした。

学術的なことよりも、海外には欲しい家電がたくさんあるので、それに強くなりたいのですが・・・。
(ここでは、書ける情報量では無いと言うことであれば、どの辺りから勉強を始めればよいでしょうか?)

該当製品は
Vivitek Qumi Q2
http://www.amazon.com/Vivitek-Q2-3D-Ready-Projector-Black/dp/B004FP3RYM/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1348929978&sr=8-1&keywords=Qumi+Q2
です。

その他、アメリカのアマゾンでよく欲しい物がみつかります。
今後のためにも家電(ボルト、アンペア、ワット、hzなど)の知識が無い私に
アメリカから電化製品を買う際に理解しておかなければいけないアドバイスを頂けると幸いです。

追記
ボルト、アンペア、ワット、hzなどの解説サイト等説明を見たのですが、
各、用語の説明や計算方法...続きを読む

Aベストアンサー

まず、大前提として、ピッタリ何ボルト、何ヘルツでないと動かない、という機械は(専門的なものを除いて)ほとんどありません。

例えば、日本国内のことで言いますと、日本国内で各電力会社から供給されている電気は西日本で60ヘルツ、東日本で50ヘルツです。このため、日本国内で使用されることを想定している家電製品はそのほとんどが50ヘルツでも60ヘルツでも使用できるようになっています(一部の照明器具など、一度取り付けたら滅多に移動することがないものについては、稀にどちらかのヘルツ数でしか使えない、というものがありますが、その場合は必ず注意書きが書いてあります)。
このあたりは、参考URLをご参照下さい。

また、日本国内であれば地域問わず、各家庭のコンセントには105~115ボルト程度の電圧がかかっているのが普通です。便宜上「100ボルト」と言っていますが、送電線の長さや、同じ線から電気をもらっている他の家庭での使用状況によって数ボルト程度の変動があるのが普通です。このため、日本国内で使用されることを想定している家電製品は、やはりそのほとんどが100ボルト~120ボルト程度の幅のなかで使えるように作られています。

さらに、カメラや携帯電話(の充電器)、電動シェーバーなど旅行に持ち歩く可能性の高い商品の場合は、(特に最近のものは)世界各国どこの国でも使えるように100~240ボルトの電圧で使えるように作られています。


さて、前置きが長くなりましたが、以上を踏まえてご質問の本題「海外の家電製品が日本でも使えるか」、ですが。

まず、ヘルツで言いますと、ほとんどの国は50ヘルツ/60ヘルツ併用または60ヘルツの電気が供給されていますので、お住まいが西日本であればほぼ気にする必要はないでしょう。東日本の場合、50ヘルツでも使用可能か確かめた方が良いでしょう。
電圧については、その製品が受け入れることのできる電圧の幅の中に、100ボルト近辺が含まれているかどうか。
最後に、以外と盲点なのですが、コンセントの形状は日本と同じ国のものかどうか。日本はA型(縦長2本)またはB型(縦長2本+真ん中にアース)です。北米/カナダはほとんど同じA型またはB型ですが、それ以外の国では全く違う形のコンセントを使っています。これは、変換プラグ(海外旅行用品を扱うお店などで手に入ります)を使えば解決する問題ではありますが、結構不便です。

※余談
最近はエアコンや食器洗浄機など200ボルトの電源を使うものが増えていますので、家庭のコンセントにも200ボルトの電源が来ている場合があります。この場合はコンセントのところに「200V」と書かれていますし、コンセントの形が違いますのですぐわかると思いますが、このコンセントは日本独自の規格ですので海外のものには合いません。改造が必要ですので電気工事店にご相談下さい。

もし、カタログ等を読んでもそのあたりの情報がわからない場合には、メーカーに「この製品は日本国内でも使用できますか?」と問い合わせるのが一番確実です。
メーカーによっては、「北米/日本向け仕様」「ヨーロッパ向け仕様」「日本以外のアジア/オセアニア向け仕様」など、複数のラインナップを作っている場合もありますので。

問い合わせ先がわからない場合は、ネット上でその国の電源規格を調べたり、使用体験談などを探されるのも参考にはなるのでは、と思います。

電圧(ボルト)も、ヘルツも違うけど、どうしてもこれが使いたいんだ!!ということであれば、間に変圧器やインバーターなどをかますことで使う事は可能です。気軽にコンセントに抜き差ししただけでは使えない、というだけのことですので、上級編としてチャレンジしてみられるのも良いのではないでしょうか。


なお、最後の最後になって恐縮ですが、例として挙げられたプロジェクターは日本アマゾンでも売っています。日本アマゾンから購入すれば、値段は違うかも知れませんが確実に日本国内向け仕様のものが手に入ると思いますよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%95%86%E7%94%A8%E9%9B%BB%E6%BA%90%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0

まず、大前提として、ピッタリ何ボルト、何ヘルツでないと動かない、という機械は(専門的なものを除いて)ほとんどありません。

例えば、日本国内のことで言いますと、日本国内で各電力会社から供給されている電気は西日本で60ヘルツ、東日本で50ヘルツです。このため、日本国内で使用されることを想定している家電製品はそのほとんどが50ヘルツでも60ヘルツでも使用できるようになっています(一部の照明器具など、一度取り付けたら滅多に移動することがないものについては、稀にどちらかのヘルツ数でしか...続きを読む

Qアメリカ製の120v 1000w 60hz の コーヒーメーカー の国内(西日本)での使用

早速ですが質問があります。
アメリカ製の120v、1000w、60hzのコーヒーメーカー の個人輸入を考えております。
西日本で使用する場合、120Vと20V分オーバーしています。(西日本なのでヘルツはクリヤーです。)
この20Vの差は使用する場合危険なのでしょうか?
(温度を関知するセンサーが作動しない等)
あと、変圧器の高級なものは、電圧を下げてなおかつ、1000w の物に対応する出力?があるようですが、安価でポータブルな、120V→100Vだけの物は、コーヒーメーカーのような高出力の物には対応できないでしょうか?
当方電気には詳しくないもので、詳しいかたの、お返事おまちしています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは

「本体内部の電源がフリー電源でない場合。変圧機が必要ということでしょうか? また安価でポータブルな変圧器でも出力が多少下がるぐらいで使用可能でしょうか?」

回答します
変圧器(昇圧用 100V→120V)が必要です。
約10A~15A相当のが必要になります。
1000W=120V×xA のxですから。

「また安価でポータブルな変圧器でも出力が多少下がるぐらいで使用可能でしょうか?」
とありますが 出力が下がると おのずとコーヒーメーカーなのでヒーター部分の熱が下がるか または
水を沸かすのが沸騰 では無く 80℃ぐらいになるとかが 考えられますが。(中身を分解してみないと
どんな風になっているか分からない為 電気公式などでの推測です)

Q220Vの電気機器は200Vで使えるか?

店舗で中国から輸入した220Vの電気機器(照明)を使用したいと考えています。尚、店舗には単相200Vは来ています。もちろん現在でも200Vの電気機器は使用しています。何か問題はありますか?(暗くなるとか?火災の危険があるとか?)又、ここは神奈川なので50Hzですが、この機器には60Hzと書いてあるそうです。これも何か問題が発生するでしょうか?回答、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

通常、電気機器はプラスマイナス20%程度の電圧変動を前提に設計
されています。ですので、安定して200vが出ているなら、「仕様上」
は問題なく動作するはずです。

また、周波数が異なると動作しなかったり、異常発熱などをする
機器としては、電動機があるもの(回転数が変わる)トランスなど
があるもの(周波数が変わると発熱量が変わる)がありますが、
単なる照明機器なら、これらの問題にも抵触しない「筈」です。

ただ、中国製ですからね。どうなるかは保証の限りじゃないですよ。

Q200V単相の製品を100Vで使用する為の変圧器?

こんにちは。
200V単相の電源を使用する電気製品を100Vの電源(一般家庭のコンセント)で使いたいと思っています。噂で200V単相の電気製品のプラグを一旦、装置に差し込んで、その装置から家庭のコンセントにつなぐ変圧器のような物?があると聞きました。
本当にそのような製品があるのか?あれば価格帯や価格帯による性能の違い、オススメ製品のURL等を教えて頂けませんでしょうか?出来れば私の使用目的の基本性能はしっかり押さえた低価格の物が嬉しいです。
また、そのような変圧器を使用しても元の電気製品に悪影響は出ないのでしょうか?ちなみに、200V単相最大1500Wぐらいの電気製品です。
ご存知の方、どうぞよろしくお願いします!!

Aベストアンサー

交流100Vを必要な電圧に変換利用することは、ごく当たり前のことで機器の内外で日常的に行なはれています。
ご質問の装置(部品)は昇圧トランス、またはステップアップトランス等と呼ばれるもので以下に一例を貼ります。
http://www.e-kasuga.net/product_udt.html

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報