ネットが遅くてイライラしてない!?

友人(女性)は京都の種智大学に通っています。
彼女はお寺(浄土真宗)の長女で下には小学生の妹がいるそうなのですが、女姉妹しかいないお寺は将来の跡継ぎはどうなるのでしょうか?お婿さんをとるのでしょうか?それとも嫁に行くのは本人の自由ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 浄土真宗ですと,本願寺派なら龍谷大学,大谷派なら大谷大学に行くのが普通ですが,真言宗系の種智院大学へ行っておられるのですね。


 
1 娘さんが寺を継ぐ
2 娘さんが婿を迎えて,そのお婿さんが寺を継ぐ。
3 本山から寺を継ぐ坊さんがやってくる。
 
 のどれかですね。
 私の後輩が,浄土真宗本願寺派のお寺の住職の一人娘を嫁に貰いましたので,嫁さんの実家のお寺は「3」の形態になるそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりお寺の娘さんはお寺の方と結婚されるのが普通なのでしょうか?
彼女は中学時代の同級生のフリーターの方とご両親に内緒でお付き合いしてますが今後が気になります。

お礼日時:2003/12/02 15:30

日本国民として自由に結婚できますが、


現実問題として、坊さんの婿とったり、旦那となる人に
寺を継いでもらうのが、周囲の願いでしょう。

寺だけではなく、跡取りってのは大変な話ですよね。
    • good
    • 0

>女姉妹しかいないお寺は将来の跡継ぎ…



浄土真宗は成立当初から妻帯を認めていますから、当然女性の結婚も認めています。しかも女性でも僧侶の資格を持つことができますから、婿養子さんを迎えれば何の問題もありません。婿養子さんが他の職業に就いていても、いっこうに差し支えありません。

ご質問の主旨は、その姉妹がお寺を出るといった場合を想定してのことでしょうか。だとすれば、#1さんの言われるとおりです。基本的に、お寺は住職のものではなく、本山から派遣されてきているだけです。

私は浄土真宗のさかんな北陸の人間ですが、最近はお寺さんも少子化が進み、ご質問のようなケースは枚挙にいとまがありません。違うお坊さんに代わることもありますが、ふだんは無住の寺としておいて、必要なときだけ本山あるいは同系の寺院から、お坊さんが来ることもあるようです。
また、長い歴史のうちには、廃寺となり近隣の同系寺院に統合されたようなことも、多々あります。

いずれにしても、せっかく仏教系の大学に行かれているなら、女住職さんを応援してあげましょうね。
    • good
    • 0

なんびとたりとも 本人の自由を制約する事は出来ませんので、お寺を継がないと彼女が言い・妹も否定すれば、本山から代わりの人が住職としてやってきます。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寺の娘の結婚を反対するご両親

お寺の娘さんである友人が、両親に結婚を反対されています。
似た境遇の方がいらっしゃったら回答いただきたいです。


私の友人は、地方のお寺の長女として生まれました。
現在は、実家を離れて関西で仕事をしています。


彼女には、2年ほど付き合っている彼がいます。
年末に彼からプロポーズされた彼女は
その旨をご両親に伝えたところ、激怒されたそうです。


ご両親の意見としては
「寺で生まれたからには、寺に嫁ぐのが道理。
そうじゃない家に嫁ぐのなら、実家はなくなると思え。
親が寺に嫁いでほしいのを知っていたのに
なぜ付き合う人なんか作ったんだ。」だそうで…。
※彼氏さんの職業は、普通のサラリーマンです。


彼女には弟と妹が1人ずつおり、現在は弟さんがお寺を継ぐ準備をしているため
跡継ぎが必要というわけではないようですが
彼女にも、お寺に嫁いでほしいんだそうです。
理由は“お寺の親戚”として、弟をサポートしてほしいから。


弟さんは
お姉さんが幸せなのであれば、無理に寺に嫁がなくてもいい。
兄弟としてこれからも助け合っていくつもりだし
別にそれは寺同士じゃなくたって…と言った意見なのだそうですが
ご両親としては「寺同士じゃないと出来ないことがある」と断固拒否。


私の友人の年齢は31歳、その彼も同い年。
結婚を渋られる年齢ではないように思います。
むしろ、もらい手があることで喜ばれてもおかしくないかと…。
少なくとも、私は32で結婚が決まった時
両親とも「どーぞどーぞ」状態だったので。


長くなりましたが、質問は
[1]結婚を渋っている両親を説得した方の、成功経験がお聞きしたいです。

[2]かなりレアではありますが、実家がお寺の方で、結婚を反対された経験がある方いますか?
 いらっしゃいましたら、体験談を話せる範囲で教えて下さい。


当方40代ですし、それなりの人生経験は積んできましたが
初めて聞く類の話だったので、何てアドバイスをしたらよいかも分かりません。
お力を貸して下さい。

ちなみにご両親は、お寺同士のお見合い結婚なんだとか。
だから娘にも、同じ道を歩ませたいのかもしれませんね…。

お寺の娘さんである友人が、両親に結婚を反対されています。
似た境遇の方がいらっしゃったら回答いただきたいです。


私の友人は、地方のお寺の長女として生まれました。
現在は、実家を離れて関西で仕事をしています。


彼女には、2年ほど付き合っている彼がいます。
年末に彼からプロポーズされた彼女は
その旨をご両親に伝えたところ、激怒されたそうです。


ご両親の意見としては
「寺で生まれたからには、寺に嫁ぐのが道理。
そうじゃない家に嫁ぐのなら、実家はなくなると思え。
親が寺に嫁いでほしいの...続きを読む

Aベストアンサー

三人姉妹の長女であり、長女が婿養子を取らないと代が終わってしまう
と言うなら話は別ですが、長女が婿養子を取らずとも弟さんが跡取りを
するための準備を計画されているのですから、長女の方が嫁がれても特
に御寺としては支障はないのではと思います。

単なる親の我儘ですよ。親離れが出来ない子供は全国的に多いはずです
が、この親の場合は未だに子供離れが出来ない大人なんです。
いつまでも何歳になっても手元に置いていたいんです。結婚する事自体
は反対はされないでしょうが、結婚してもいつでも自分の目の届く範囲
で生活している姿を見続けたいだけなんです。
寺同士でないと出来ない事もあると父親が言ったようですが、そんなの
は単なる言い逃れです。何か口実を作って思い止まらせようとする父親
の作戦の一つですよ。

説得は絶対に無理でしょうね。娘さんは両親を取るか彼を取るかと選択
されたら、間違いなく彼を選ぶでしょうね。僕はそれで構わないと思い
ます。あの手この手を考えても、父親には通用しないでしょうね。
言えば言うほど父親の激怒はエスカレートするだけです。

お母さんは何にも言われないのでしょうか。

あなたが彼女に助言するなら、いっその事駆け落ちをしたらどうかと言
って見てはどうでしょうか。駆け落ちをしたからには、親でもなければ
子供でもないと考え、この時点から自ら縁を切ってしまいます。そうで
もしなければ一生結婚は出来ませんよ。彼が僧侶になれば話は別です。
しかし僧侶になるには簡単な事ではありませんので、サラリーマンの彼
には不可能に近いはずです。

三人姉妹の長女であり、長女が婿養子を取らないと代が終わってしまう
と言うなら話は別ですが、長女が婿養子を取らずとも弟さんが跡取りを
するための準備を計画されているのですから、長女の方が嫁がれても特
に御寺としては支障はないのではと思います。

単なる親の我儘ですよ。親離れが出来ない子供は全国的に多いはずです
が、この親の場合は未だに子供離れが出来ない大人なんです。
いつまでも何歳になっても手元に置いていたいんです。結婚する事自体
は反対はされないでしょうが、結婚してもいつでも自分...続きを読む

Q住職の息子さん(後継ぎ)は何て呼べばいいんですか?

住職の息子さんもお坊さんで将来は寺を継ぐ方なんですが何てお呼びすればいいんでしょうか?

若住職ですか?
若聖人?

教えてください。

Aベストアンサー

お寺の用語は宗派が異なりますとまったく違う場合があります。
例えば、住職の奥さんのことを
浄土真宗では「坊守(ぼうもり)さん」といいますが
浄土宗では「寺庭婦人(じていふじん)」と言います。
お尋ねの住職の息子さんも、単に若さんという場合や新発意(しんぽち)という宗派もあります。
ただ、新発意を住職の息子さんと言う意味で使う宗派と「新しいお坊さん」という意味で使う場合(地域)と、
「子供のお坊さん」という場合と、「お寺の跡取り」という意味で使う場合とがあり難しいです。
お寺の男子の子供を「若院(じゃくいん)」や若(わか)さん」とかも言いますし、これも跡取りのみに使う場合とそうでない場合(地域)とがあります。
また「しんぽち」を「新発意」と書く宗派ばかりでなく、「新発」と書いたり「新法師(しんぽち)」、「真法師(しんぽち)」(たしか天台でしょうか?)と書く宗派もあります。
読み方も 「しぼち(新発意,新発)」とも呼ぶ宗派もあるようです。
私は、浄土真宗の坊さんで、他宗のことは良くわかりませんが、浄土真宗では、「若院(じゃくいん」です。No.1でご回答の0410さんには申し訳ありませんが、私の30年の経験上では宗門内で若住職という用語は聞いたことがありません。(宗門法規上、住職は職名なので、職名としては住職、副住職、代務住職しかありません。)

お寺の用語は宗派が異なりますとまったく違う場合があります。
例えば、住職の奥さんのことを
浄土真宗では「坊守(ぼうもり)さん」といいますが
浄土宗では「寺庭婦人(じていふじん)」と言います。
お尋ねの住職の息子さんも、単に若さんという場合や新発意(しんぽち)という宗派もあります。
ただ、新発意を住職の息子さんと言う意味で使う宗派と「新しいお坊さん」という意味で使う場合(地域)と、
「子供のお坊さん」という場合と、「お寺の跡取り」という意味で使う場合とがあり難しいです。
お寺...続きを読む


人気Q&Aランキング