山田風太郎の小説を読んで、「与太公、与太者」という表現が出てきました。
この作家の作品は昔は普通に使われていて今は使ってはいけない表現がよく出てきて、
子どものころを思い出します。

それで、ふと、落語の与太公は、「おい、ヨタコウ! おまえはな・・・」などと、熊さんなどがいいますが、
私の現実社会で「ヨタコウ・ヨタモノ」とは、不良を意味すると、教えられてきたということに気づきました。
いまどきはつかわないですが。

出来が悪い・・・ということで言うなら、まさに、差別的という意味合いで与太ですが、
いつから、やくざまがいというような意味合いでの'ヨタコウ'だったのが、
落語ではいわば、知恵遅れ的な意味合いになったのでしょうか?

それとも、ヨタ・ヨタコウ・ヨタモノはぜんぶ別?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ご質問に「与太郎」という言葉が無いのが気になるんですが。

。。

与太郎
操り・浄瑠璃社会隠語。うそ。でたらめ。うそつき。
天明四年(1784)には「与太郎とはうそつきのこと」、文化元年(1804)では「うそを、与太郎」と云う注の入った書物があるそうです。

ここでいう浄瑠璃は古浄瑠璃ではなく、義太夫節が出てきてから、つまり江戸貞享元年(1684)頃の竹本議太夫、ひいては近松が活躍する時代からの、操り人形芝居の人気が上がってから作られた隠語でしょう。

落とし噺、落語が出てくるのはその後、50年後くらいですから、操り芝居社会の隠語から与太郎という名前を「今は使ってはいけない表現(公の放送だけでしょ?)の方」用に借りてきた、といった感じだったと思います。

親しみを込めて与太郎を「与太」と言ったりしますから、その派生語として「与太公」「与太者」を考えればいいだけです。与太郎公、与太郎者(与太郎ものというと、与太郎ジャンルの落語になっちまいます)では締まりませんしね。

プー太郎のは、不良と云う意味合いかも知れませんが、落語では愛すべき道化ですから。

ご質問に全部答えてなくってすみません。
ただ、もしかすると、酔坊(よたんぼう。酔っぱらいのこと)ってのも、ちょっとは関係あるかも知れません。

以上すべて
「江戸語の辞典」前田勇編 講談社学術文庫
を参考とさせていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです、与太郎を忘れてました、こちらがラクゴでは本当?ですよね。

ただ、与太という響きがあれっと、山田風太郎の小説で出てきたときに
実母が私が子供の頃に、近所のわる?を【【与太者だ】とか言っていたのを
それこそ、半世紀ぶりに突然おもいだしたので、よたこう、よたもの、よた、よたろう?・・・なにか、愛すべきキャラとはかなり違うぞと。

浄瑠璃からの、「でたらめ」「うそつき」からの派生なのですね。
腑に落ちました。

プー太郎はこれ、しってます。
プーというのはフランス語だそうです。
しらみとか。  やはり、祖母が「しらみったかり」ということをいいました。
さらに、今で言うなら、ホームレスを、「しらみったかりだから、プー太郎」と。

ちがうのかな?

ご教示ありがとうございました。

お礼日時:2012/01/25 23:09

 質問とは違う回答なのですが



  「落語に出てくる与太郎は”バカ”ではない」

 という考え方があります.

  それは,落語の中で相手に対して当意即妙な答えを
 返すからです.

  例:落語「かぼちゃ屋」での会話

    仕事をしない与太郎に向かって
   隠居「おまんまをどうして食う?」
   与 「はしと茶碗で食う」
   隠居「はしと茶碗で食うのはあたりまえだ」
   与 (笑って) 「ライスカレーはしゃじで食う」
  
  これだけのことは,並みの人には言えません.

 江戸以前の言葉では「与太」とは「御託宣」の意味で
ありました.
 (古い沖縄の言葉で「ユタ/ヨタ」とは巫女さんのことです)
 よくしゃべる,という意味のようです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、与太が実は賢いのか?という落ちが落語になってると思います、私も。

キャラとして、みんなに馬鹿にされながら、普通に、生活して、そして、
実は、いいたいことをいってるのが、賢い・・・で、いいのだと。

えーっと、バカボンのお父さんみたい。
バカボンのお父さんは与太から派生したキャラなのか?

与太を言うというのが、もともとはしゃべる(多くを)そして、あまり確実でないことを意味する、ご託宣ということもでしょうか?

だとすると、あまり悪いやつという含みがなくて、
どうして、(私の)母親(86)の世代は、今で言う、不良だというつかい方しかしなかったのかナァ・・・、浄瑠璃は江戸以前からの'ヨタ'から何を拾ってきたんでしょう。

落語の与太郎は、ご託宣ッポイような気はします。

イロイロ賢くなりました、ありがとうございます。

お礼日時:2012/01/30 16:30

下記をご覧下さい。



http://www.edu-kana.com/kenkyu/nezasu/no41/koyam …

中ほどにあるように「三太郎」 という名が小僧や丁稚の別称とされ、 「阿呆の三太郎」 とか 「大馬鹿三太郎」 といったふうに蔑みの名としてもっぱら使われていたのです。
ですから昔は子供の囃し言葉に「バ~カ、バ~カ、大バカ三太郎」と言うのがありました。
その大バカの三太郎の上を行くバカだから四太郎、その”四”に”与”の字を当てて与太郎になったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言われて見れば・・・大ばか三太郎・・・聞いたことがあるような。
しかし、なんとなく、きかんぼうで、あの頃はみんな貧乏でしたが、
「さんちゃん」というのは、元気な男の子・・・三太郎というタダの私のイメージですが。
太郎、次郎、三郎・・・ということで、サブちゃんというのは、多少とも、
かっこよさみたいなものがあるような、イメージです、私の。


三太郎がどうして?・・・というか、漱石先生がそういうのですし、
当時がそうであったことは間違いがないのでしょうけど。

ラクゴでは定吉というのが丁稚の’本名’みたいですが。
どうして、三太郎ではないのか?
女中の’おなべ’は役割名称ででてきますが、やはり、蔑称めいてはいるが、
使われているのに、3太郎の上を行く4太郎で与太郎はしゃれ?

んんん、ネーミングって、深いですね。

お礼日時:2012/01/29 13:18

ごめんなさい、プー太郎は、山田風太郎のことです。

このペンネーム自体、プー太郎から取ったと云う話も聞いてますし、昔からこうよんでました。

せっかくお返事(?)をいただけたので、書き忘れてたことを。
「与太ってる」って言葉もありましたねぇ。

与太ってつくと、不良でもなんとなく馬鹿っぽい。
与太話ってのが、一番ストレートに意味を残してますかね。

余談ですが、人形浄瑠璃で与太郎と同じ役回りは「三太郎」というらしいです。近松の心中重井筒に出演(笑)してます。

以上、蛇足でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか?
山田風太郎をプー太郎ですか・・・はは。
映画で昔、魔界転生をみてとんでもない話を書く人としてしか
記憶になかったのですが、たまたま、戦中日記のようなものを読んで
そこから、はまってます。

時代的に感性が親の言ってたことをあれやこれやと思い出させて、
面白いもので。

浄瑠璃というか、一度だけ文楽を見ました。
面白かったのですが、はまったら、あの人形がもっと生きてるようで
気持ち悪くならないか・・・・と、薬物中毒になるような気持ちを
いま、こらえてます。

お礼日時:2012/01/29 12:49

こんばんは。


「落語の与太公は、何でヨタ?」
逆なのかと思います。与太が始まり・・・・

語源は室町時代の浄瑠璃の隠語とも言いますが・・どうなんでしょうね?

私たちの年代は会話の中でも普通に使いました。与太話・・・与太を言う・・
落語では与太に郎をつけて、与太郎とし、主人公にした。

「ヨタコウ、ヨタモノ」与太者は確かに不良のイメージですね。
与太公はどうでしょう?今の生徒は先生をセンコーと呼ぶそうですから。

結論めきますが、与太が始まりです。
それが落語では与太郎になり・・・
でたらめな人間を与太者と言った。
口の悪い奴は「おい!与太!」と言わずに「おい!与太公!」と言った。

ですから同じものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです、昔を思い出して、いえ、祖母や、実母がそのような表現をして
「あんな与太者とは・・・」というようなことを不良に対して使ったことを
山田風太郎の小説で同じような場面でフラッシュのように、ぴかっと。

私はサスガに使いませんが、というよりすでに通じる相手もいませんが、私にはぴったりと、わかりやすい。

ソレなのに、どうして、ヨタコウと熊さんはいうのだ?とか、これもまた、
いま、ラクゴにはまっているので与太郎(本名?)がニックネームなら
ヨタ公だろうが、何か変だと。

ちなみに「センコー」はいささか古くないですか?
それとも、今でもそういうのでしょうか?

ご老公は偉いのに、えらい違いですね。

なんだか、いろいろ、なつかしいです、ありがとうございました。

浄瑠璃から派生した隠語だとは、昔は浄瑠璃がナウだったのですねぇ・・・・。

お礼日時:2012/01/25 23:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q落語の与太・シモネタについて

熊さん、八さん、ご隠居、おかみさん・・・など、落語の配役というか、水戸黄門ではないですが
役どころがはっきりしていて、それはそれなりに面白いと思うのです。
わかりやすい。

ただ、どうしても、「与太公」が出てくる落語が嫌いです。
うーん、確かに、与太に最終的に振り回されての、落ちだったりして、「かしこい」ことにはなるのですが、道中が聞き苦しくて、特に「与太しゃべり? 与太表情?」。
前座さんがやることが多いような気もして、聞いていて、「苦しい」

嫌なものを見せ付けられるような気分で、素直に笑う気持ちになれないのです。

それと、シモネタがどうしても・・・。
腰巻と、ふんどし・・・どまりでしょうか?

個人的な許容量が小さいのか、「股間でへびが首をもたげている」とか
文七の「女房の尻が半纏からはみだして見える」とか、・・・・笑えません。

嫌なものをみた・・・という、「心持」がするのです。

昔は、こういう、ボケネタ?色ネタ?エロネタで受けたのでやっているのでしょうが、
どうやったら、地雷として感じなくて済むようになりますか?

Aベストアンサー

1.与太郎さんの落語

  最後に,与太さんが成功する部分に着目していただいたのは
 すばらしいことです.

  与太さんが聞き苦しい,なにか侮辱されているように聞こえるのは
 噺家さんの技術が下手だからです.
 
  ぜひ,
  5代目柳家小さん「ろくろ首」「かぼちゃ屋」「子ほめ」
  3代目古今亭志ん朝「大工調べ」
  3代目三遊亭金馬「孝行糖」
  8代目桂文楽「牛ほめ」
  当代柳家小三治「金明竹」
  をお聴き下さい.

2.下ネタ
 これも,話者の技量です.
 巧い方のをお聴きになれば
 まったく下品に感じずに笑うことができるはずです.
 『蛙茶番』をお聴きになったのでしょうか.
 先代柳朝師のものは,江戸っ子が受け入れるストレートな
 表現ですが,あるいはお聞き苦しく感じる方もいるでhそうか.
 6代目三遊亭円生のものをお聴きになる機会があれば
 お気持ちもかわるのでは?
  
  あとは1.2ともに「慣れ」です.
  (こいつはへたくそだな,と毎回思うだけです)

Q【落語】落語の1物語を暗記しようと1ヶ月同じ落語を読み続けたが一向に全ての落語の1話を丸暗記出来なか

【落語】落語の1物語を暗記しようと1ヶ月同じ落語を読み続けたが一向に全ての落語の1話を丸暗記出来なかった。

落語はセンスというがセンス以前の問題で覚えろと言われた落語の1話が覚えられない。

みんなはどうやって落語の1話を覚えたのでしょう。

読んでも覚えていない。

読んでも読んでも覚えていない。

もう話の内容に近い話を適当に口が出て話でやっていこうとしたら丸まま暗記しろと指導が入って吐きそうになる。

だって覚えられないんだもん。

台本通り読め。

台本覚えていません。

練習が足りないからだ。

って一日中同じ一話を声を出して読んでる覚えられないのは異常なのだろうか?

昔、サラリーマンをしていたときに入社研修で社訓を1日で暗記して復唱出来るようにという指示があり、

次の朝に復唱出来なくてアホ呼ばわりされた。

社訓も暗記出来ないのかって社訓が10個くらいあって1つ1つが長くて暗記出来ずに研修期間2日目でクビになったことがある。

みんなスラスラ言えていて凄いと思った。

全然頭に残らない。

幼稚園のときの先生の名前も友達だった子の名前も覚えていない。

小学校の一年生から6年生の各担任の名前も覚えていない。

中学校の先生も高校のときの先生も覚えていない。

これって病気ですか?

1ヶ月掛けて1つの落語も覚えられないって異常ですか?

どうやって落語を覚えるのでしょう。

【落語】落語の1物語を暗記しようと1ヶ月同じ落語を読み続けたが一向に全ての落語の1話を丸暗記出来なかった。

落語はセンスというがセンス以前の問題で覚えろと言われた落語の1話が覚えられない。

みんなはどうやって落語の1話を覚えたのでしょう。

読んでも覚えていない。

読んでも読んでも覚えていない。

もう話の内容に近い話を適当に口が出て話でやっていこうとしたら丸まま暗記しろと指導が入って吐きそうになる。

だって覚えられないんだもん。

台本通り読め。

台本覚えていません。

練習が足りな...続きを読む

Aベストアンサー

>幼稚園のときの先生の名前も友達だった子の名前も覚えていない

私もそうですね。
そもそも、なんという幼稚園に通ってたのかも覚えていないし、、。
覚えている人の方が少ないのでは?

>小学校の一年から6年生の各担任の名前も覚えていない。

私なんか、担任が男だったか、女だったかもさっぱり覚えていない。
余程、悪さをして先生にこっぴどく叱られてたりしたら、記憶に残ってる
かもしれないが、幸いなことに私にはそういうことも無かったし、、。

>中学校の先生も高校のときの先生も覚えていない。

あ、これは、高校3年のときの担任は、覚えている。
何故か? クラスで夏休みにキャンプに行き、二人の子が夜まで戻って来なかったので、大騒ぎになったことがあるので、印象に残っていたから、、。
それと、就職の世話をしてもらいお世話になったので覚えています。

だいたい、人間は、自分に興味が無いことは頭に入らないものだから、、。
貴方は、至って普通だと思いますよ。
落語は、強制で覚えようとしておられるのですか?
其れとも、趣味で?落語家になろうと思っておられるのなら、
諦められた方がいいのでは?
人間には、得手不得手、向き不向きがありますから、、。

>幼稚園のときの先生の名前も友達だった子の名前も覚えていない

私もそうですね。
そもそも、なんという幼稚園に通ってたのかも覚えていないし、、。
覚えている人の方が少ないのでは?

>小学校の一年から6年生の各担任の名前も覚えていない。

私なんか、担任が男だったか、女だったかもさっぱり覚えていない。
余程、悪さをして先生にこっぴどく叱られてたりしたら、記憶に残ってる
かもしれないが、幸いなことに私にはそういうことも無かったし、、。

>中学校の先生も高校のときの先生も覚えていない。

...続きを読む

Q(江戸落語) 落語の中の落語といえば?

落語らしい落語の代表例をご紹介下さいませ。
私の好みでいう落語らしい落語とは以下の条件の多くを含みます。私の乏しい経験からは、「文七元結」が該当します。

1 春夏秋冬、年末年始の何れかの季節感があること。
2 主人公は腕が良いのに仕事が嫌いで家庭を顧みない欠点だらけの反面、無類のお人よしで他人の不幸を見過ごせない善人居士でもあること。
3 小うるさいがしっかり者の女房によって辛うじて生活が維持されていること。
4 2、3によって、下には下の生活があることを知り、聴衆である素朴な江戸の町人が己の生活も満更悪いものではないと慰められるであろうこと。
5 登場人物の全てが根底において善意の人であること。
6 大きな不幸が生じた末に紆余曲折があって、八方が丸く収まり芽出度し芽出度しで終わること。
7 6によって、結局は今まで通り、地道にコツコツ励むことが最善なのだと、要領が悪くウダツの上がらない実直な聞き手が勇気づけられるであろうこと。

片端から聴いてみればよいのは承知していますが貧乏暇なしです。横着なことで済みません。冥土の土産(ちょっとだけ間がある)にしたいので落語の中の落語とでもいうべき演目をご紹介下さいまし。
志ん生、志ん朝、小三治が演じているでしょうから、寄席では聴けても聴けなくても結構です。
よろしくお願いします。

落語らしい落語の代表例をご紹介下さいませ。
私の好みでいう落語らしい落語とは以下の条件の多くを含みます。私の乏しい経験からは、「文七元結」が該当します。

1 春夏秋冬、年末年始の何れかの季節感があること。
2 主人公は腕が良いのに仕事が嫌いで家庭を顧みない欠点だらけの反面、無類のお人よしで他人の不幸を見過ごせない善人居士でもあること。
3 小うるさいがしっかり者の女房によって辛うじて生活が維持されていること。
4 2、3によって、下には下の生活があることを知り、聴衆である素朴な江...続きを読む

Aベストアンサー

私なんぞは、「頭山」「天狗裁き」のような荒唐無稽な噺のほうが落語らしいと思っていまうのですが....

条件にたくさん当てはまりそうなのですと
「火焔太鼓」
「芝浜」
女房は出てきませんが
「井戸の茶碗」
あたりが思い浮びますが、いかがでしょうか。

Q落語:「タカマガハラ」「はなひょろひょろ」の意味

落語で、6代目春風亭柳橋の「大山詣り」を聞いていて、気になる表現があります。

剃刀を湿らすための酒を出すよう頼む時:
「ちょいとタカマガハラ(高天原?)やってくれ」

度を失って無茶なことを言う者に、先達っつぁんがなだめつつ言った言葉:
「はな(鼻?花?)ひょろひょろよ」

これらの意味がわかりません。調べても出てきません。
(まあ、前後関係から何となく想像することはできるのですが、実際の意味や用法が気になります)
わかる方いたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

「たかまがはら」は「高天原」ではあると思いますが、
言葉そのものには意味がなく、「ちょっと高いほうの(酒)」というのを言いたかっただけだと思います。
「合点承知の助」や「けっこう毛だらけ」 などと同じ言葉遊びでしょう。
似た音からつなげて、まったく違う単語を混ぜ込んでくるのは江戸期には多い語法です。

「はなひょろひょろ」は、前後関係がわからないのですが、
何らかのサービスを要求するセリフへの答えだとしたら、
「はな」は「花(祝儀=チップ)」の可能性があると思います。
十分にチップをはずんでいないのだから、そんなムリは通らない、というようなかんじです。
使われている状況が見当違いでしたら申し訳ありません。

Q落語家や芸名にとって”馬”は、どの様な意味合いを持

落語家の芸名に、“駒”も含めて“馬”の入ったものが、古くから使われており、代々引き継がれてきていますね。

現在、11代目が、(金原亭)馬生
10代目が、(鈴々舎)馬風、(翁屋)さん馬、(土橋亭)里う馬
7代目が、(古今亭)志ん馬、(蝶花楼)馬楽
6代目が、(立川)ぜん馬、
5代目が、(金原亭)馬好、(三遊亭)円馬、(三遊亭)春馬、ですね。

落語家や芸名にとって、”猫”や”犬”でなく“馬”であることは、どの様な意味合いを持っていたのでしょうか? あるいは持っているのでしょうか?  
諸兄、教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

質問を拝見して「なるほど、そう言われれば・・・」(笑)
ですから、もちろん自信のある回答ではありませんし、
ご存知の方がおられるのなら私も教えていただきたいのです。

以下は私の推測です。
これはやはり「馬」はめでたい動物である、
そこいらから来ているのではないのでしょうか?

「馬」が妙見菩薩の移し身であるとは良く言うのでしょうが、
「左馬」なども有名ですものね・・・。
商売などをされているところでは、昔は「福助人形」や「招き猫」でした。
最近では大きな将棋の駒の裏側の「左馬」を良く見かけます。
やはり福を招く縁起の良いものとして、「馬」があるようですね。

ただ、何故「馬」が縁起の良い生き物なのか・・・
これは色々諸説もあるようで、私も分かりません。

噺家さんが自分の芸名に「馬」の一字をいれるのも何やら分かるような・・・
初代円生に、もう一人「馬」のつく噺家さんがおりますね。
(土橋亭)里う馬さんの師匠で司馬 龍生さん。
この人は名前ではありませんが、面白いですね。

そう言えば上方の噺家さんには、馬の入る人はおりませんね。
これも面白いです。

こんにちは。

質問を拝見して「なるほど、そう言われれば・・・」(笑)
ですから、もちろん自信のある回答ではありませんし、
ご存知の方がおられるのなら私も教えていただきたいのです。

以下は私の推測です。
これはやはり「馬」はめでたい動物である、
そこいらから来ているのではないのでしょうか?

「馬」が妙見菩薩の移し身であるとは良く言うのでしょうが、
「左馬」なども有名ですものね・・・。
商売などをされているところでは、昔は「福助人形」や「招き猫」でした。
最近では大きな将棋の駒の裏側...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報