dポイント最大50倍で史上最大級のお得に!

初めて質問してみます。
PCでオーディオCDを作成する際、WindowsMediaPlayerやiTunesでWAVEにリッピングして、
それを音楽用CDとしてディスクに書き込んだ場合、オーディオ用CDレコーダ並みの音質になるのでしょうか?

今まで、オーディオ用のデュアルドライブのCD-R機を使用してディスクを作成していたのですが、
故障したため、方法から見直しています。

例えば、ノートPCの付属のドライブで最大速度で読み込み、書き込みを行った場合など、WAVEで一度リッピングしたとしても音質の劣化はあると思うのですが、

その劣化を最小限に抑えるべく、
ドライブもパイオニアのPureReadを使ってディスクに忠実にリップする環境を整えました。
ソフトウェアの選定に入り、exact audio copyなどのソフトを使ってCD-Rを作成しようかとも思いましたが何とも手間でして…
WAVEが無圧縮のフォーマットであれば、WindowsMediaPlayerやiTunesであってもデータは同じ。
あとは読み込みと書き込みの精度の問題になるのかとも思うのですが、いかがでしょうか。

音楽データのバイナリ云々の意見はさておき、
オーディオマニアな方々のご意見が聞けたらと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

>> WindowsMediaPlayerやiTunesであってもデータは同じ。

あとは読み込みと書き込みの精度の問題になるのかとも思うのですが //

その認識で正しいと思います。

まず、リッピングの過程に関しては、いわゆるバイナリ一致、正確に言えばCDから正確にPCMデータを読み出せていれば、音質の劣化はあり得ません。たとえ光学ドライブの最高速度で読み出したとしても、結果的に正しいPCMデータでありさえすれば良いからです。従って、少なくとも読み出し(リッピング)に関しては、速度は問題ではありません。

もちろん、高速であるほどエラーが起こる可能性は否定できませんが、低速なら絶対に大丈夫とも限りません(たとえば傷やホコリの影響)。確実を期するのであれば、複数回リトライしてデータの整合性を検証する、さらにはチェックサムのデータベースと照合して正確性を確認する、といったプロセスが必要です。EACでは、AccurateRipに対応しているようです。

という訳で、読み込み速度は問題ではありません。むしろ、データの整合性(バイナリ一致)を確認する方法のほうが遥かに重要です。WMPやiTunesにはこの仕組みがないため、読み込みの正確性が担保されていません。その点こそが、WMPやiTunesの問題点です。もっとも、傷だらけのCDでもなければ、EACでもWMPでもiTunesでも結果に差はないでしょうが...

ちなみに、このような方法でデータの整合性を確認するのであれば、PureReadは不要です(むしろ、問題のないディスクでPureReadを使うと、かえってデータが一致しない場合がある、と見聞きします)。

反対に、書込みに関しては、ピット形成の正確性が問題になるでしょう。仮にデータとして一致しても、ジッタが増えれば音質が劣化する(と言われている)からです。通常は、データとして誤って書込まれる可能性は低いので、ジッタのほうが問題と言えます。

一般には、あまり高速で書込まない方が良いとされていますが、使用するCD-Rにもよるでしょう。また、等倍などあまりに低速だと、かえってジッタが増えるという話も見聞きします。この辺りは、自分で検証するのはあまりにも手間がかかるので、「調べるのが趣味」の人に頼るのがベターでしょう。たとえば...

http://homepage2.nifty.com/yss/

http://dvd-r.jpn.org/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答がたくさんいただけて、うれしいです。
この問題についての回答が伸びたことは、
さまざまな人の意見があるということでもあり、
諸々参考にさせていただければと思います。
ですが、ベストを選択するということで、
ベストアンサーとさせていただきました!

いろいろ試させていただきます!

お礼日時:2012/05/11 21:18

再々度、No,4(&7)です。



WAVなど非圧縮形式で取り込み、書き込みもよほどのことがなければ、バイナリは一致します。なので、バイナリ一致は最低条件で、その以上のことが大事です。

客観的な測定と主観的な聴感を併用して詰めていくのが理想的だと思いますが、専門的な測定器は高価で一般人には手が届かず、一般人にもできる測定は信頼度がいまいち、という現実があると思っていますので、おもいっきし主観的ではありますが、聴感だけで判断してもいいかと思っています。

ただ、最近は酷いメディアが多いので、メディア判別の自衛のために、エラーレートの測定ぐらいはしたほうがいいと思います。昔はC1エラーの平均が0.5以下なんて当たり前だったのですが・・。

近くなったのでついでに
>問題のないディスクでPureReadを使うと、かえってデータが一致しない場合がある、と見聞きします
この経験は今のところないです。
ただ、(さらにマニアックな話になってしまいますが、個人的な耳では)PureReadを使うと微妙に音が良くありません。もちろんできたファイルのバイナリは同じです。EACのSecureモード、PlextoolsProfessionalのDAEオプションなど、セキュアすぎるリッピングはどうもこの傾向があるようです。負荷が高いせいでしょうか。
この話がそんな風に伝わったのではないかという気がしますが・・。
    • good
    • 1

はじめまして♪



音楽CDに記録されている状態は、読み取りミスが有る前提で、スクランブル、補正データ等が複雑に活用されています。

WAV=CDと同じ、では無く、CDに記録されているデジタルオーディオがWAV形式と言うファイルに相当します。(MacならAIFとかAIFFと言うファイル。単にファイルの型で、中身は同じですけどね。)

汎用の音楽再生ソフト(WMPとかiTunesなど)では、読み取時の設定により、読み取りエラーが有った場合の対処が違って来たりします。
「訂正」「補正」「補間」と有るのですが、「訂正」だけで済まない読み込みの場合は、元のデータと完全に一致しているかと言えば多少怪しい部分が存在します。

WAVファイルのデータが元と全く同じか?と言う部分ですね。

焼き込みに関しては、ドライブによりピットの精度等の違いは有るはず。しかし、その差が音質的に影響するかと言えば、リアルタイム再生が前提のCDプレーヤー等ではジッタなどで影響する可能性は有ると考えて良いでしょう。

しかし、ごく一部の機種を除けばジッタを吸収回避するプレーヤー等が多いので、事実上は影響が無いと考えて良いと思いますよ。

なお、パソコンでディスクコピーとか、ディスクの複製、ディスクのバックアップなど、ソフトによって呼び方は様々ですが、そういうケースでは最初に読み取った時の読み取りエラーも正確に再現していると考えて良いでしょう。

音楽CDはプレスして反射層を造って量産します。プレスの金型が多数のプレスを行えば鈍って来ますし、反射層の蒸着でもピンホールと呼ばれる反射しない部分が発生します。

もともと、それでも十分な音質が再現できるようにCDと言う規格が造られたそうですので、理論の部分、科学的検証、音を聴いた時の感性評価で、いろいろ違う側面からの考え方が有るのでしょう。

焼き込みソフトに関しては、WMPやiTunes等は単にOSの焼き込み機能を利用するだけです。実用上は全く問題ないのですが、気にされるのでしたら焼き込み専用ソフトを活用し、焼き上がりが正確だったかを検証させると言う事で良いと思います。

デジタルデータを入れておく、USBメモリで音質が違うと言う事がほぼ無いのと同じで、CD-Rへの焼き方(ドライブの種類やソフトの種類、OSの状況など)では、正常動作をしている限りは問題ないと考えて良いでしょう。

なお、光学ドライブは発光素子が消耗品です。電球や蛍光灯よりは今では長持ちですが、徐々に劣化して行く物ですよ。
私も多用したら3年位で他の機器で読み込めないと言う症状が出始め、徐々にそいう問題が多発していろいろ検索してみたら、当時は焼き込み数百枚から千枚程度で限界と言う多くの人の状況に照らし合わせて、600枚以上焼いた頃からだったので自分でもそういう物なんだと考えています。
(多量のデータをバックアップ、しかもCD-R2種とDVD-R2種、多重に保管し万が一の補間にと考えていたから、非常に多くの焼き込みを行っていた時期です、HDDも数ヶ月で飛んだりという、特殊な苦い経験も有った時だったんですよぉ。苦笑。 最近はHDDもなかなか壊れないなぁ~。)

高品位な音質というより、正しいデータを長期的に安定して記録できる焼き込みと考えた方が良いと思います。

私個人は「聴いてみて、良ければイイジャン。」と言う考えですが、基本的に理系の人間なのか「聴いてみた時に差がワカラナイ場合は論理的に正しいと考えられる方を選択」としています。
今は「差がワカラナイ」けれど、将来のシステムとか自分の感性が良くなったら「差」が感じられるかもしれないと言う未来投資の意味も有るんですよ(爆笑)


なにか、参考にでもなりましたら、幸いです♪
    • good
    • 0

No. 3の回答者です。

書き忘れていたので、補足まで。

「読み込みと書き込みの精度の問題」を考えるのであれば、「音楽データのバイナリ云々の意見」を考えざるを得ません。ジッタの問題なども然りです。「精度」は技術的に、あるいは数字として比較して初めて分かるものなので、「バイナリ云々の意見」は無視できない基本問題です。

他方で、バイナリ云々の意見を「さておく」なら、けっきょくは官能評価の問題ですから、「聴いて良ければ全て良し」です。人間の認識・感覚は「思い込み」によって左右されますから、No. 6の回答者がおっしゃる通り、鰯の頭も信心から、ですね。「精度」など、もはやどうでも良い問題です。

ですので、「いちばん精度の高いコピー方法は何か」という話であれば、バイナリ一致は当然として、ジッタレートの低さなどに注目する必要がありそうですよ、というのがNo. 3の回答の趣旨です。そして、少なくともバイナリ一致というレベルでは、よほど傷ついたディスクでもない限り問題がない、ということも併せて書いた通りです。

逆に、「聴感上もっとも良い方法は何か」という話だと、「聴いて良いと思った方法でどうぞ」としか言えません。なぜなら、「ある回答者にとって意味のある方法の違い」であったとしても、「あなた自身がその違いを認識できるかどうか」は、あなた以外には分からないからです。

なお、「バイナリ云々の意見」と「オーディオマニアな方々のご意見」は両立しないとお考えのようですが、必ずしもそうとは限りません。確かに、「聴いて良ければ全て良し」のマニアも少なくありませんが、「技術的に正しいアプローチをすることが高音質化にとって重要」と考えるマニアもいます。
    • good
    • 0

再度、No,4です。



>オーディオマニアな方々のご意見が聞けたら
だったので、ややマニアックに書きましたが、実際にどうするかは質問者さん次第です。

いままでに、元の音楽CDとコピーしたCD-Rとで、音の違いを感じたことがないなら、あまりこだわらずに、お使いのPCで何も気にせず書き込んでもいいかと思います。また、可能であれば、いままでのCDレコーダーで作成したものとPCで作成したものの比較もしてみて下さい。
    • good
    • 0

WAV形式にコピーするのが一番簡単で高音質だと思います。



オリジナルと聴き比べた時に被害が出易いダイナミックレンジも
そこそこ確保されていますから。

最近はsonic stageでクルマ用CDを作ることが多いです。
    • good
    • 0

WindowsMediaPlayerやiTunesを使う場合場WAVかロスレスでなければ音質は落ちます。


読み書きの速度は余り早くても遅くても精度やメディアへの焼付け下具合に影響が出る事があります。
大まかに適度な範囲がよいようです。

以前は音楽焼専用モードのあるドライブなんかもありましたが今はありませんね。
とはいえ、そこまでの違いが分かるプレーヤーやDAC、アンプ、スピーカーを使ってないと分からないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>とはいえ、そこまでの違いが分かるプレーヤーやDAC、アンプ、スピーカーを使>ってないと分からないと思います

かなり本格的なシステムで再生しており、
その違いが素人でも認識できるレベルだったのでどうしたものかと思案しております。

やっぱり古いPC用のCDドライブを調達することも検討してみたいと思います。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/05/12 13:17

鰯の信心も頭から、というように、なんでも丸かじりが結構栄養的によかったりするものです。


CDオリジナルより、CDRコピーのほうが、音質は上です。かなり上です。非常に上です。
本当はまったく変わりなくともそう思い込めば上になります。
それが信心からです。昔の人でも知っていた真実です。

もしあなたが非常に神経質なひとなら、オリジナルクリップと、コピーの再度クリップをバイナリ比較して、ちゃんとした結論を出すことができます。でも貴方はそのようなことをしようとも思わない人なのですよね。結局、何が正しいかなんて貴方には意味のないことなのです。それを今から分かっていただければ、貴方の生き方に少しはプラスになるのではないかと私は思っています♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回の質問は主に盤の出来栄えといった部分にもフォーカスしているので、
まぁ、結果を測定するには不確定な要素が多すぎるというのも問題なのですよね・・・

回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/05/12 13:15

4の方に賛成。



単純にCDをコピーするのであれば、ライティングソフトだけで良いです。他の物はいらないです。
>オーディオ用CDレコーダ並みの音質
たいして変わりません。ただ、昔の高級CDレコーダーをPCで目指すとハードルは高いか?現行商品ではまず無理でしょう。
なぜ?
良いドライブが無い。良いメディアも無い(普通には売っていない)。

>読み込みと書き込みの精度
ライティングソフトは、B's Recorderを使用。回答者はこれ以外使いません。
少なくとも、データ上は変わりません。同じメディアを使えば、エラーレートやジッターは最新ドライブも少し前の良質なCD専用ドライブもたいして変わりません。PlexTools Professional(ドライブはPX-5232TA)というソフトで見ていますが、最新ドライブの方が、エラーレートなど良い場合もあります。
読み込み・書き込み速度ですが、ドライブやメディアごとに最適な速度が違いますので、ご自分で追求するしか無いでしょう。

ソニー・オプティアークのドライブなんかパイオニアよりもCD焼きには良かったですよ。

WindowsMediaPlayerは、とにかく1回圧縮してしまうのでは無かったでしょうか?それをまたWAVEに戻すのでは無かったかな?
    • good
    • 0

概ね、No,3さんに同意です。



それでは実際にどうなのよということになります。個人的な考えを述べますが、各人の考えもあるでしょうから、適当にご判断下さい。

>今まで、オーディオ用のデュアルドライブのCD-R機を使用してディスクを作成していた
ご使用になっていた機器のメーカーや型番は何ですか?
何倍速でコピーしていたでしょうか?

オーディオ機器はコストパフォーマンスが悪いので一概にいえないところもありますが、それなりに良いレコーダーをご使用でしたら、現行のPCではちょっと追いつけないかと思います。現行のPCはハイスペックすぎてノイズが多く、平板で愚鈍な音になります。

●デュプリケーター
CDレコーダー以外で、音質にこだわるなら、デュプリケーターをお勧めします。デュプリケーターのコントローラーだけ買って、お好みのPC用光学ドライブを組み合わせたりもできます。5/12Vだけですし、容量もさほどでないことから、電源にもこだわりやすいです。
PCよりずっと低スペックで余計なノイズがとても少ないのが効いていると思います。

●PC
手軽なのは、PCですが、なかなか難しいです。

まず、書き込み時にバーンプルーフをオフにして下さい。WMP、iTunes、EACではできませんから、別のを探します。後は4倍速と8倍速で焼いてみて、お好きなほうを選んで下さい。現行PCではこの程度まででいいでしょう。他にいくらやっても焼け石に水です。
なお、デュプリケーターでもこの技は有効です。

現行PCでも、Windowsの替りに軽いLinuxを使う方法などありますが、デュプリケーターには適いませんので、PCはこのくらいで。

●メディア
もうあまり良いメディアがありません。寂しいかぎりです。
民生用のCDレコーダーを使われていたのなら、太陽誘電製造のメディアを使うことが多く、あまり選択の幅はなかったと思います。データ用メディアならバラエティ豊かとお思いかもしれませんが、酷いものもあるので、国産と表示されているもの(太陽誘電製造のシアニン)か、TDK,MAXEL,MITSUBISHIなど国内有名ブランドの台湾製表示、が無難なところかと思います。
もっと拘りたかったら、森メディアさんを覗いてみて下さい。ここの掲示板で訊いてみてもいいでしょう。http://www.morimedia.jp/


●ドライブ
悲しいかな、これももはや良いドライブがありません。2千円を切る値段で売られていると悲しくなります。
最近のドライブはDVDやBlu-rayをメインにしているので、CD書き込みは苦手になっています。それもあまり多彩なメディアは手に余るので、なんとかなっているのはせいぜい現在の標準メディアである太陽誘電の48倍速メディアだけかと思います。そういう意味では、メディアも太陽誘電48倍速だけに限ったほうがよいかもしれません。
ちなみに、評判の高かった最後のCD-RWドライブであるPlextorのPremium2の新品を高値で販売しているところが今でもあります。これの型番はPremium2/TONKで、正規民生品の/JPKとは異なるので、氏素性がはっきりしません。Plextorではサポートも修理もできませんし、書き込み品質が悪かったという話もあるので注意が必要です。
同じく現在主流のSATAではなくPATAですが、PlextorのCD-RW後期の他のドライブ、PX-W4012TA、PX-W4824TA、PX-W5232TA(初代Premium)の中古を捜すほうがいいと思います。もっと出せれば、それこそPremium2/JPKですが、/TONKとの区別が難しくなってしまいました。

☆読み取り
普通のCDであれば、基本的に正確な読み取りに問題はありません。問題になるのは、酷い汚れや傷がある、ごく限られた場合だけです。それもあまりに酷いと、どんなことをしても無駄なので、なんとかなる範囲は狭いです。
パイオニアのPureReadがさかんに宣伝されていますが、パイオニアのドライブは伝統的に汚れや傷に弱く、PureReadを使ってやっとエラー訂正能力が他のドライブ並みになるというのが本当のところらしいです。

>何とも手間でして…
もしかして、音楽CDのまるごとコピーがしたいだけでしょうか?
なら、曲ごとにリッピングして焼く方法ではなく、CDからCDイメージを取り出して、それを焼くほうが簡単な操作で済みますし、元の音楽CDとギャップなどもそっくりな再現ができます。EACですと、IMGで取り出して、書き込む際には取り出した際のCUEシートを指定する方法です。
この方法なら、ソフトはImgBurnをお勧めします。バーンプルーフのオフもできます。逆に、曲ごとに指定するのもできないことはありませんが、しにくいです。ソフトはいろいろ悩ましいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No.4さまもベストアンサー級でございました!
#なかなか回答数がたくさんついてしまい、迷ってしまいました。

Plextorのドライブ、懐かしいですね…
ひとまずNo.4さまの回答で「きちんとしたCD-R」は作成できると思いますので、
似たような疑問を持たれてこのトピックにたどり着いた方にとっても有益なものになるのではないのかと思います、

ありがとうございます!

お礼日時:2012/05/11 21:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音楽用CD、データ書き込みができる、おすすめフリーソフトを、教えてください。

音楽用CD書き込み、また
CD-R
DVD-R
にデータ書き込みができる
シンプルで安定した
日本語のフリーソフトを、教えてください。

Aベストアンサー

私も使ってます
http://www.altech-ads.com/product/10001005.htm
burn4freeです

QCD(市販品)⇒CD-Rに高音質で移す方法

過去に記載された質問かもしれませんが
どうしても気になってしまいます。

手持ちのCD(市販品)約1500枚を
CD-Rに音を悪くしないように移したいです。

CDシングルが多いのでバックアップは容量がもったいない気がします。

現在、CD(市販品)⇒Windows Media Player⇒CD-Rに
保存しています。

CD-Rは日本製のSONYを使用しています。
もちろんデータ用ではなく音楽用です。

録音モードは標準モードです。
(最大80分です。約15曲~19曲)

この方法が好きな曲のみを編集してCDに保管する
BESTな方法と思いました。

しかし、CD(市販品)とCD-Rを聴き比べると
CD-Rの方が音が低い感じがします。

どなたかわかる方ご回答願えますか?

Aベストアンサー

>CD-Rの方が音が低い感じがします。
タイトルにあるように、音質が悪いとおっしゃっているんですよね(^^;;

>録音モードは標準モードです。
何のことをおっしゃっているのかわかりません。
何も設定を変更していないなら、WMAの128kbpsに圧縮されています。これは非可逆圧縮なので、元の音質には戻りません。
まずは取り込み形式をWAV(無損失)に変更してみて下さい。ただし、Windows Media Player のバージョンが11でないとできませんから、それ以外のバージョンの場合はWindows Media オーディオ ロスレスにしてみて下さい。圧縮はされますが可逆圧縮ですから、CD-R書き込み時には元に復元されます。

ここまでができている場合、デジタル的には同じ音質のコピーができています。
確認するには、元の音楽CDと焼いたCD-Rの同じ曲を再度WAVとしてパソコンに取り込んで、両者を比較します。比較にはefuさんのWaveCompareを使うのが一般的です。やってみればデジタル的には同じであることがわかるでしょう。
http://www.ne.jp/asahi/fa/efu/

デジタル的には同じであっても、元の音楽CDと焼いたCD-Rには音質の差があります。
音にあまり関心を持たない人やあまり良い機器で聴いていない人には音の違いがわかりませんが、それ以外の人なら簡単に判ってしまう音質差です。これは仕方がないとも言えます。プレスCDとCD-Rの外見はよく似ていますが異なるメディアだからです。
また、最近はドライブもCD-Rメディアも非常に品質が悪くなっており、パソコンも過剰にスペックが高いのでノイズが多くてCD-Rを焼くのに適しているとは言えません。

なので、回答としては
1、(できる範囲、こだわる範囲で)なるべく良いドライブを使う。
2、(できる範囲、こだわる範囲で)なるべく良いメディアを使う。
3、(できる範囲、こだわる範囲で)なるべく良い環境を整える。
と、なるでしょう。

質問者さんのこだわりと必要性にもよりますが、とりあえずは・・
良いドライブは、現行では#2さんが挙げられたPlextorのPremium2しかありません。それほど他のドライブは酷いです。メディアは質問者さんが挙げられたSONYの音楽用メディアでいいでしょう。中身は太陽誘電製造の32倍速メディアで、現在主流の48倍速以上メディアより低速書き込みに適したメディアです。ただし、音楽用メディアはお高いですから、データ用48倍速以上メディアの中から良いメディアを探してもいいでしょう。例えば、森メディアさんで販売している、CDR80SYSB-Press です。
http://www.morimedia.jp/eshopdo/refer/refer.php?sid=ykmsv11&cid=3&scid=&mcid=&me=&vmode=&view_id=CDR80SYSB-Press&PHPSESSID=25f7accf36dc5099d2fb3e7e2baf50d4

音にこだわる人でWindows Media Player を使う人はあまりいないと思いますが、別に大きな問題があるとは思いません。ソフトによる音質の差はほとんどありません。が、私はまだXPなのでCD Manipulator を愛用しています。

ただ、長期保存が目的なら、CD-Rはあまり適したメディアとは言えないと思います。
赤の可視光線で焼くのですから光に晒さないことが大事ですし、最近はメディアの品質も良くないですから、持って数年と考えたほうが良いでしょう。念のため複数のCD-Rに焼いて、さらに数年毎にコピーを繰り返すことになります。それより、複数のHDDにバックアップしておくほうが簡単だと思います。

>CD-Rの方が音が低い感じがします。
タイトルにあるように、音質が悪いとおっしゃっているんですよね(^^;;

>録音モードは標準モードです。
何のことをおっしゃっているのかわかりません。
何も設定を変更していないなら、WMAの128kbpsに圧縮されています。これは非可逆圧縮なので、元の音質には戻りません。
まずは取り込み形式をWAV(無損失)に変更してみて下さい。ただし、Windows Media Player のバージョンが11でないとできませんから、それ以外のバージョンの場合はWindows Media オーディオ ロ...続きを読む

Q高音質のCD-Rを作れるフリーソフトは?

高音質または、音質を最高の状態で一定にしてCD-Rを作れるフリーソフトを探しています。是非教えてください!

Aベストアンサー

Sound Engineだけでなく、音楽の録音や編集のソフトに関してはおそらくOSによる大きな違いは無いと思います。
入力レベルはWindowsのボリュームコントロール(レコーディングコントロール)で行う必要があるでしょう。

それほど詳しくはないですが以下のサイトで使い方を紹介しています。

http://members.ld.infoseek.co.jp/heto2/SoundE/index.html

検索サイトで探せばもう少し詳しく載せているところもあるかもしれません。

うちのパソコンがWindows98(一部95も使用)という、化石的な環境なのでこれ以外の環境については想像でお答えするしかありませんが、パソコンの処理能力も現在よりケタ違い(二ケタ以上?)に遅い環境でもちゃんと動いてますから、高機能の割には軽いソフトだと言えます。

Qフリーウェアで一番良い音質でエンコード、CD作成のできるソフト(おすすめ)を教えて下さい

iPodで聞いたりするためにエンコーダ(itunesはエンコードであまり良くない噂を聞くので同期にしか使わない予定です。)、買ったCDに傷がつくのが嫌なためCD-RにCDをコピーして使いたいと思っています。
そこで色々調べてみたのですが、エンコーダはCDex、CD作成はEACというソフトが性能が良く人気なのかなと思いました。
本題ですがこれらよりもっといいよっていうソフトがあれば教えて下さい。自分の聴覚は別にしてとにかく良い音で出力したいと思っています。ハード的なことは置いといて良いソフトあればご教授願います。

Aベストアンサー

 EAC使うんですから、LAMEを外部エンコーダで設定してエンコードするのが普通かと。

>>自分の聴覚は別にしてとにかく良い音で出力したいと思っています。
 面倒だけど先に自分の耳がどの位まで判断できるか確認すべき。
 データ的に高音質だと言っても、自分でその事が判らないなら意味がありませんし、好みとか色々影響受けるので、他人の評価を単純に参考にできません。
 MP3にしたところで320kbpsじゃないと気が済まない人がいる一方で、音質の差異を判った上で気楽に聞けて良いと128kbpsをあえて選ぶ人もいますし、不可逆圧縮では駄目だと可逆圧縮を選ぶ人もいます。
 ですのでまずはABXテストをして自分がどの程度聞き分けられるかを調べて、それから自分として如何するかを決めないと振り回されるだけです。
 とりあえず適当に良く効く曲で、WAVとMP3(128、192、320kbps辺り)でテストしてみるべきかと。
 http://anonymousriver.hp.infoseek.co.jp/ABX_and_ABCHR/index.html
 http://aok3.web.infoseek.co.jp/enco_matome.htm


>>ハード的なことは置いといて
 数万する物は道楽だとしても、テキトーな二束三文の品ではあまり変わらないので音質に拘る意味がないです。


>>iTunes
 MP3のエンコードに関しては現在は改善されている模様
 http://www.listening-tests.info/mp3-128-1/results.htm
 一応聞き比べて特に差異を感じないなら、iTunesを使うのも一つ。
 使っている楽曲データベースが充実してるので(同人音楽系もカバーしているし)タグの作業が楽です。

 EAC使うんですから、LAMEを外部エンコーダで設定してエンコードするのが普通かと。

>>自分の聴覚は別にしてとにかく良い音で出力したいと思っています。
 面倒だけど先に自分の耳がどの位まで判断できるか確認すべき。
 データ的に高音質だと言っても、自分でその事が判らないなら意味がありませんし、好みとか色々影響受けるので、他人の評価を単純に参考にできません。
 MP3にしたところで320kbpsじゃないと気が済まない人がいる一方で、音質の差異を判った上で気楽に聞けて良いと128kbps...続きを読む

Q品質の良いCD-Rを教えて下さい。

以前、音楽CDを焼くのに、何処のCD-Rが一番品質がいいか質問したのですが、有名メーカーならどこも大差ないと言われたので、店頭に行って聞いた所、やはり最初に思っていた通り、太陽誘電を薦められました。というのもTDKなども生産は台湾などで行われており、太陽誘電だけが国内生産しているとのことでした。

そのお店では、CDR80AWPY50BRが1400円以下で売っていたのですが、Amazonで検索すると1,436円です。でも同じ太陽誘電でも50枚で検索すると、CDR80SPY50BR が1,154円、CDR80AWPY50BRMG が1,365円、CDR80AWPY50BR が1,436円、CDR80AWWY50BR が1,436円、CDR80WPYSBV が1,800円など、色々な種類があります。正直、印刷面の色以外違いが判りません。

何が違うのでしょうか?品質やデータの保持期間などに差はあるのでしょうか?
何も変わらなければ(そうだとしたらなんでこんなに種類があるのか意味不明ですが)一番安い、CDR80SPY50BR 1,154円を買おうと思うのですが。

また、パソコンがNECのノートPCしか無いので、付属のライティングソフトを使うしか無いのですが、Roxio Creator LJなど幾つか付属のソフトがありますが、ライティングソフトによって信頼性が変わるということはありますか?

もうCDの返却日なので、できるだけ早くCD-Rを買いたいです。
よろしくお願いします。

保存はちゃんとケースか、100枚くらいCDを収納できるバック(1枚ずつ白い袋に入れるタイプ)に入れて、直射日光などの当たらない場所で保管します。

以前、音楽CDを焼くのに、何処のCD-Rが一番品質がいいか質問したのですが、有名メーカーならどこも大差ないと言われたので、店頭に行って聞いた所、やはり最初に思っていた通り、太陽誘電を薦められました。というのもTDKなども生産は台湾などで行われており、太陽誘電だけが国内生産しているとのことでした。

そのお店では、CDR80AWPY50BRが1400円以下で売っていたのですが、Amazonで検索すると1,436円です。でも同じ太陽誘電でも50枚で検索すると、CDR80SPY50BR が1,154円、CDR80AWPY50BRMG が1,365円、CDR80AW...続きを読む

Aベストアンサー

既にレンタル期限が過ぎたかもしれませんが・・w

挙げられた太陽誘電メディアは、基本的に、みな同じメディアです。違いは、プリンタブルの色やプリンタブルの面積などです。ほとんどで最大書き込み速度が40倍速となっていますが、中身は基本的に、最後に挙げられた48倍速のCDR80WPYSBVと同じはずです。
CD-Rは超薄利の超大量生産メディアですので、種類がつくれないのです。

それに、太陽誘電製造メディアは太陽誘電が自社ブランドの「That's」で販売しているものだけではありません。太陽誘電が製造し、他社ブランドで発売しているものが沢山あります。SONYブランドは昔から僅かな例外を除けばほぼ100%ですし、TDKブランドやMAXELLブランドなど、昔は自社生産していたブランドでも、現在はかなりの%になります。

見分け方はただ一つ、「原産国が日本」です。現在では、CD-Rメディアを国内で製造しているのは太陽誘電ただ1社だけだからです。怪しいメディアでない限り、原産国は印刷されていますので、ご確認下さい。現在国内で流通している半分以上がこれに該当すると思います。

ただ、ここ数年の間に、太陽誘電は海外生産を進めています。現在では、製造前半を日本で行い、後半を中国で行う、「半日本・半中国」製がほとんどです。なので、店員さんは昔の決まり文句を連発するかもしれませんが、太陽誘電製造メディアにそれほど拘る必要もなくなってきたと思います。

実際、TDKやMAXELLなどそれなりに名の通ったブランドの台湾製メディアですと、CMCやRitekなど、太陽誘電と遜色ないと思います。

ここまでを含めますと、日本で流通している8割以上になると思いますので、
>有名メーカーならどこも大差ない
と言っていいと思います。

いちおう、購入前に原産国をチェックするようにしたらいいかと思います。

なお、No,2さんはCDR-74MYをご紹介されていますが、現在の高速メディアとは違い、16倍速(または8倍速)の頃のメディアですので、現行の一般的な光学ドライブでは難しいかと思います。


>ライティングソフトによって信頼性が変わるということはありますか?
ないと言っていいです。ライティングソフトは命令を出すだけで、実際にはメディアとドライブの問題です。

ただし、ドライブに負担をかけるようなことは好ましくないので、速度は16倍速までに抑え、バーンプルーフを外しておくほうが賢明だと思います。


バックアップに関して
現在のCD-Rはバックアップ用途にはお勧めしません。2~5年が寿命の使い捨てメディアと思ったほうがよいです。バックアップはHDDにとり、故障に備えて複数のHDDにとるのがお勧めです。

既にレンタル期限が過ぎたかもしれませんが・・w

挙げられた太陽誘電メディアは、基本的に、みな同じメディアです。違いは、プリンタブルの色やプリンタブルの面積などです。ほとんどで最大書き込み速度が40倍速となっていますが、中身は基本的に、最後に挙げられた48倍速のCDR80WPYSBVと同じはずです。
CD-Rは超薄利の超大量生産メディアですので、種類がつくれないのです。

それに、太陽誘電製造メディアは太陽誘電が自社ブランドの「That's」で販売しているものだけではありません。太陽誘電が製造し、他社...続きを読む

Q音楽CD作成各種ソフトの音質

なかなか自分の目的にあった質問がなかったので失礼します。

WindowsXPを使い、できる限り元のCDの音質を劣化させることなくCD-Rに音楽を焼いて音楽CDを作るのが目的です。私的利用のためのCDコピーです。そのためのCDライティングソフトを探しています。

まずWindowsMediaPlayer10を使ってコピーしてみましたが、できたCD-Rを聴くと、妙なエコー?がかかって音質がかなり変化している感じがします。もちろんMP3やWMAに圧縮することなく、CDEXというソフトを使ってWAVに変換してからMediaPlayerでCDに焼いているのですが…
過去の回答にMediaPlayerを使って音楽CDを作ると音が悪い、という回答がありました。音楽CDを作れるソフトは他にも種々あると思いますが、WAVファイル→CD-Rという同じ過程をふんでも、使うライティングソフトによって音質の違いはあるのでしょうか?
デジタルの世界なのでエラーをのぞけば理論上は同じでしょうが、今回のようにエコーをかける等なんらかの変化がおこってしまうことはあるのでしょうか?
おすすめのソフト(できればフリーがいいです汗)があれば教えていただきたいです。

ちなみにクラシック音楽をつっこんで勉強している身なのでできる限り音質は気をつけたい、という前提があります。よろしくお願いします。

なかなか自分の目的にあった質問がなかったので失礼します。

WindowsXPを使い、できる限り元のCDの音質を劣化させることなくCD-Rに音楽を焼いて音楽CDを作るのが目的です。私的利用のためのCDコピーです。そのためのCDライティングソフトを探しています。

まずWindowsMediaPlayer10を使ってコピーしてみましたが、できたCD-Rを聴くと、妙なエコー?がかかって音質がかなり変化している感じがします。もちろんMP3やWMAに圧縮することなく、CDEXというソフトを使ってWAVに変換してからMediaPlayerでCDに焼い...続きを読む

Aベストアンサー

長々と書いてしまいましたが、案外No,5の方がおっしゃったようなことかもしれませんので、
まずご確認下さい。

>NEC,PC-VL3507D
パソコンのことですね。ドライブ名ではありません。
NEC製で、PC-VL3507Dという型番、ということです。
使用ドライブまで明示しているパソコンはないですからねw

ドライブ名はデバイスマネージャーから確認できます。
http://help.bha.co.jp/cs/trouble3.php?ProCD=BHA&DirectID=580
この例ですと、RICOH DVD/CDRW MP9200とSAMSUNG DVD-ROM SD-612が光学ドライブです。

PC-VL3507DはNECのサイトを調べるとでてきます。
http://121ware.com/psp/PA121/NECS_SUPPORT_SITE/CRM/s/WEBLIB_NECS_PRO.PRODUCT_ID.FieldFormula.IScript_Product_Spec_Details?prodId=PC-VL3507D

ドライブの詳細はわかりませんが、CD-R書き込みは最大で16倍速とのこと。薄型ドライブなんでしょうか。
発表が2003年9月末ということですが、その時には既に太陽誘電の48倍速メディアは発売されていましたから、
お使いのドライブがミスマッチということはないかと思います。
このくらいの倍速のドライブだと、2倍速書き込みができれば検討してもいいかも知れません。

ライティングソフトは「Sonic RecordNow DX 」となっていますから、こちらを使う方がいいかと思います。

長々と書いてしまいましたが、案外No,5の方がおっしゃったようなことかもしれませんので、
まずご確認下さい。

>NEC,PC-VL3507D
パソコンのことですね。ドライブ名ではありません。
NEC製で、PC-VL3507Dという型番、ということです。
使用ドライブまで明示しているパソコンはないですからねw

ドライブ名はデバイスマネージャーから確認できます。
http://help.bha.co.jp/cs/trouble3.php?ProCD=BHA&DirectID=580
この例ですと、RICOH DVD/CDRW MP9200とSAMSUNG DVD-ROM SD-612が光学ドライブです。
...続きを読む

Qフリーソフトで、WAVファイルを音楽CD-Rにコピーして、カースレテオ

フリーソフトで、WAVファイルを音楽CD-Rにコピーして、カースレテオで再生できることを目指しています。どうも、この関係のソフトは、WAVファイルを音楽CD-Rにコピーできても、PCでしか再生できないなど、がっかりさせられることが多く、まだ運命のソフトに巡り合っていません。最終的には、音楽CD-Rをカーステレオで再生できないと意味がありません。私の希望を満たすフリーソフトをご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

DeepBurnerとか

  ”オーディオCD 作成” で検索してお好きなアプリを選択

Q音楽CDをCD-Rにコピーするとき高音質にするには

見ていただいてありがとうございます。

音楽CDをCD-Rにコピーしたいと考えています。

普段はそこまで音質にはこだわらないのですが、
このCDに限っては高音質で残したいと思っています。

ノートでOSはwin98seでCD-RWもついていません。
これから外付けCDーRWの購入する予定です。

メディアの値段はよくわかりませんが1枚500円くらいまでならと考えています。
OSやCD-RWなどの違いにより音質というのは違ってくるものなんでしょうか。

初心者でスミマセン

音楽CDを一番高音質でコピーするには
どうするのがベストでしょうか。


CD-RWについてはとくに何倍速!というのには
こだわってはいません。
そちらのお勧めもあれば是非教えていただきたいと思います。お力添えの程よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

補足、ならびに回答の訂正

CD-R/RWに記録されるデータについて
「デジタル記録メディアに記録された物は劣化しない」
…というのは、あくまでも理論上のことであり、実際には化学変化や経年劣化、書き込み品質の低下などでデータの信頼性は下がります。

CD-ROMですと、きちんと品質を管理されながら「プレス」されるため「ピット」の「エッジ」が綺麗に記録されます
長いピットが「1」、短いピットが「0」です。

一方、CD-Rは記録面の色素にレーザー光を照射して変質させてピットを作ります。

CD-ROMピットは全て同じ幅の楕円形の凸状ですが、CD-Rは化学変化に伴う凸形状ですから、ピッチの形状やエッジが崩れてきます(断面が綺麗にならず、エッジに丸みが帯びる)

CD-ROMの規格で決められているエラー一定数値以上になった場合、「音声」や「動画」は前後のデータから補完されますので、重大な欠点とはなりません(コマ落ちや音飛び、音質の低下という状態になる)
一応は再生が可能なわけです。
これが通常の「データ」ですと話は厄介です。
「書き込んだのは良いものの、読み出せない」
…という状況になります。

また、記録する際にピックアップの動きが正確でないと記録されるデータにムラが出ることもあります。

再生される音声データも、このピックアップの動きから発生される電気的ノイズがアナログ系ラインに乗る為、音質は低下するとされています。

良く知られていることですがCD-R/RWメディアの記録面は経年劣化しやすく、安価なメディアだと数週間太陽光に当てただけですっかり読み出し不能となるケースも多いようです

高性能なドライブで、安定したレーザー出力、安定したピックアップ、メディアの信頼性など環境を整える必要があります。

要はドライブが推奨したメディアを使い、安定した状況でPCに余分な作業をさせない。
できればCD焼き専用マシンが望ましい

ドライブメーカーは推奨メディアに対してチューニングされたレーザー光をあててピットを生成させます。
ドライブメーカーがあとから「フォームウェア」をリリースするのは、新しいメディアが出てきて、それには適正なレーザー光をあてることが出来無くなるからです。

50枚で千円程度の激安メディアは記録面の色素が不安定なので、使用しないこと。

PC内のノイズですが、電源ケーブル等のコアフェライトはノイズの周波数とコアフェライトが除去できる周波数が一致していないと意味がありません。

後付のシールド類は、使いすぎると、シールドどうしでノイズは反射しますので逆効果です。

簡単に言えばケーブルを捻るだけでかなりのノイズは減る。

補足、ならびに回答の訂正

CD-R/RWに記録されるデータについて
「デジタル記録メディアに記録された物は劣化しない」
…というのは、あくまでも理論上のことであり、実際には化学変化や経年劣化、書き込み品質の低下などでデータの信頼性は下がります。

CD-ROMですと、きちんと品質を管理されながら「プレス」されるため「ピット」の「エッジ」が綺麗に記録されます
長いピットが「1」、短いピットが「0」です。

一方、CD-Rは記録面の色素にレーザー光を照射して変質させてピットを作ります。

...続きを読む

QExact Audio Copy で書き込みエラー

Exact Audio CopyでCD-Rに書き込みを行う際、4枚に1枚ほどの割合(25%ほど)で書き込みエラーが生じ、Appsが異常終了してしまいます(エラーMsgのダイアログは添付ファイルをご参照ください>すみません、PC画面全域のハードコピーの方が良かったですね...)。
大量にCD-Rを焼かないといけない事情ある中、廃棄ディスクも無視できないほどの量となっているため、この現象の回避方法をご存じの方おられましたらご助言頂けますよう、宜しくお願いいたします。

異常終了するケースでは、CDイメージの書き込み処理がストップし、まず該当のエラーダイアログが一枚表示されます。次、ダイアログ上唯一のボタン(OKボタン)をクリックすると、同じダイアログ(だと思われる)がズラズラズラと重なり合って10枚(?)ほど連鎖表示され、自動的にEACが落ちてしまいます。

"...Whole-Overflow" というメッセージゆえ、単に書き込み元ファイルの容量が、書き込み先CD-Rの容量をオーバーしたのかと思いきや、外付けCDドライブの電源を一旦OFF→ONしてCD-Rを新しいプレーンディスクに取り替え、ECAをリスタートして再処理すると、正常に書き込み処理が完了してしまうのです。
正常終了は嬉しいものの、いわゆる再起動による原因の消滅ということで、根本的な問題を解決できないまま、かれこれ20枚ものディスクを廃棄してきています。

以下、当方環境を整理させて頂きます。
・OS: Windows Vista(32bit)
・ソフト: Exact Audio Copy(Ver.1.0 bata 3)
     ※取込: IMG取り込み
     ※書込: WRI書き込み
     ※EACの諸設定はほぼ規定値(理解不足のため)
・ドライブ: Plextor Premium2
・CDR: 太陽誘電製 That's/2-40x/700MB)
・作業: 音楽CDのバックアップ

以上、どなたかこの問題、および解決方法をご存じの方がおられましたら、ご連絡頂けますよう切にお願い申し上げます。

Exact Audio CopyでCD-Rに書き込みを行う際、4枚に1枚ほどの割合(25%ほど)で書き込みエラーが生じ、Appsが異常終了してしまいます(エラーMsgのダイアログは添付ファイルをご参照ください>すみません、PC画面全域のハードコピーの方が良かったですね...)。
大量にCD-Rを焼かないといけない事情ある中、廃棄ディスクも無視できないほどの量となっているため、この現象の回避方法をご存じの方おられましたらご助言頂けますよう、宜しくお願いいたします。

異常終了するケースでは、CDイメージの書き込み処理...続きを読む

Aベストアンサー

私の場合は、状況がちょっと違いましたが、似たようなトラブルの時、
EACオプション-書き込みの"CDRDAOを使用する"のチェックを外して
対応した記憶があります。

QWAVデータCDに焼くと、音質は市販と同じ?

こんばんは。

市販のCDのデータをPCに入れて

それをライティングソフトにてCD-Rに書き込みます

するとそのCD-Rは市販のCDとまったくクオリティの同じ音質でしょうか?

Aベストアンサー

デジタルでコピーする場合、他の回答者さまの内容に準じますが、CD-Rは焼いた直後から劣化が始まります。

市販のオーデオCD ROM(ファイル形式はCDA)は機械的にピット(穴)を型抜きしますので半永久的(?)ですが、PCだとCD-Rディスクに電磁的にピットを作るので浅く化学的影響を受けやすい特性を持っています。つまり、空気中でより酸化しやすいということです。

保管の状態にもよりますが、5年くらいの利用と考えた方がいいと思います。

(訊いてもいない回答ですみません^^;)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報