『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

プロレス史に残る名タッグチームは多数あると思います。

ザ・ファンクス、ハンセン&ブロディ、ロード・ウォリアーズ、
BI砲、龍原砲、ブリティッシュ・ブルドッグス、邪道&外道、
・・・・・挙げ出したらキリがありません。

そんな中、みなさんの好きだったタッグチームは何ですか?
(期間限定だったチームでもかまいません)

『このタッグチームは良かったよなぁ』という思い出のタッグが
ありましたら教えてください。

因みに自分は・・・

アドリアン・アドニス&ボブ・オートンJr
超世代軍の頃の三沢&川田
海援隊DX ディック東郷&Men’sテイオー
最強タッグに出場した R・スティムボート&D・スレーター

・・・等が好きなタッグチームでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

こんばんはー。

日付がかわりました。

伝説かどうか分かりませんが・・・
ディック・マードック&ダスティ・ローデスの
『ザ・テキサス・アウトローズ』がカッコよかったです。
昔、新日で期間限定で復活しましたね。
残念ながらアメリカで活躍していた頃の勇姿は知りません。
ローデスが『ゴミ箱野郎』と呼ばれてた頃はどんなファイトだったのでしょうか。

『ザ・ファビラス・フリーバーズ』(字あってるかな?)
テリー・ゴディ&マイケル・ヘイズ・・・あと一人いたと思うけど、
思い出せません。ヘイズの腰振りダンスが妙に印象に残ってます。

ブルーザー・ブロディ&ミッシングリンク
怪獣チームです。変にインパクトありました。
この二人でチームワークなんて出来るのか? と、見た目なんかすごいです。
ミッシングリンク来日しなかったですよね確か。個人的には好きなキャラでした。

これも確か1回だけしたか?
ザ・グレート・カブキ&ケンドー・ナガサキ
全盛時に見たかったですね。

アブドーラ・ザ・ブッチャー&ジャイアント・キマラ
呪術コンビですね。ある意味お化けチームです。
このチームと上記のカブキ&ナガサキのお化け対決が実現していたら・・・
でも日本よりアメリカのほうが盛り上がるかな。

アメリカでは組んでたらしいけど、日本では放送していないので見た事がない
見てみたかったチームですが、

カブキ&マサ斉藤&タイガー服部
服部さんがどんな役回りだったのか気になります。

あ、もう時間がアレなんで、この辺にしときます。
それでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再回答ありがとうございます^^

ディック・マードック&ダスティ・ローデスの
『ザ・テキサス・アウトローズ』

自分も、アメリカで活躍していた頃の勇姿は知りません。
でも、このチームは「伝説のタッグチーム」と言って良い
のではないでしょうか。
チーム解散後、ローデスは「アメリカンドリーム」にイメチェン
したんですよね?
派手なガウンに、腰をフリフリしながらのエルボー・・・
自分の知ってるダスティ・ローデスはそんな感じです。
なので、ヒール(?)時代のローデスは自分も見てみたいです。

『ザ・ファビラス・フリーバーズ』

テリー・ゴディ&マイケル・ヘイズ・・・あとひとりは
バディ・ロバーツじゃなかったでしたっけ。
(地味だったからあまり印象が…^^; )
ヘイズはのらりくらりとしたスタイルが、いかにもアメリカン
プロレスといった感じでしたね。

ブルーザー・ブロディ&ミッシングリンク

こんなタッグチームがあったんですか。
すごい魅力的なチームなんですけど^^
二人並んでるだけでもすごく絵になるチームですね!
見てみたかったなぁ・・・。

ザ・グレート・カブキ&ケンドー・ナガサキ

「東洋の神秘」コンビですね。
アメリカで本格的に組んでたら、最高に絵になるヒールコンビ
だったのではないでしょうかね^^

アブドーラ・ザ・ブッチャー&ジャイアント・キマラ

カブキ&ナガサキとの対戦が実現してたら・・・
これは自分も見てみたかったですね。
アメリカでは大ウケすること間違いナシのカードですね。

カブキ&マサ斉藤&タイガー服部

仕事人が3人集まりましたね。
ヒールとして、間違いなくいい仕事をしたんでしょうね。
服部さんは「悪のマネージャー」として、いろいろちょっかいを
出してたんでしょうね^^

今回もいろいろなチームを挙げていただきありがとうございました。
すっごい懐かしかったし、楽しかったです^^

お礼日時:2012/05/23 08:06

こんばんは。

断水大変でしたね。新聞で見てる限りでは復旧したようですが、大丈夫ですか?

で、伝説のタッグですが、今日は藤波・木村健吾 組をあげます。

ここに集うメンバー、あまりこの二人の名前をあげませんが、名コンビじゃないですか。
IWGPタッグリーグでの猪木・坂口戦。
藤波が猪木から、ピンフォール!
あのシーンは良かった。

でも、他に印象に残っているシーンと言えば、ボコボコにやられてからの藤波の逆さ押さえ込み。同じくボコボコにやられてからの木村健吾のローリングタッチ。

それじゃあ、ダメじゃん。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。

断水・・・たった1日だけでしたけども、水の確保に追われて
大変な思いをしました。
東北地方の人たちは、この何十倍の苦労をされてると思うと、
自分達はしあわせだよな、と思わずにいられませんでした。
いまはもう復旧して、普通の生活をしています。
心配していただき、ありがとうございました^^

さて本題・・・

藤波・木村健吾 組・・・ですね。

IWGPタッグリーグでの猪木・坂口戦。
藤波が猪木から、ピンフォール!

これは新日本40年の歴史の中で、絶対に欠かせない試合ですね。
フィニッシュホールドがドラゴンスープレックスというのが
劇的でしたよね。
「封印を解いた」という感じのフィニッシュで、興奮したのを
思い出します^^

ボコボコにやられてからの藤波の逆さ押さえ込み
ボコボコにやられてからの木村健吾のローリングタッチ

たしかにそうでした(笑)
笑いのネタにもなってしまってる「ドラゴン・リングイン」も
ありましたね。
「それじゃあ、ダメじゃん。」とブラウン管に向かって言ってた
のを思い出します(笑)

藤波・木村健吾組・・・いろんな意味で伝説のタッグチーム
ですね^^

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/22 17:28

初めまして。


コンビとしましては…

『D.キッド&D.スミス』のブリティッシュ・ドッグズですかね。

キッドの強さが際立ってましたね。
蔵前国技館の頃が懐かしー。ワラ。

『闘魂三銃士』の横的な繋がりが印象的でしたね。
破壊王に合掌。


(゜゜)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。

>『D.キッド&D.スミス』のブリティッシュ・ドッグズですかね。

キッドとスミスはカッコ良かったですね。
全日本移籍後、キッドが小さい体ながらも果敢にヘビー級に
向かっていく姿は見ていて熱くなりました。
スミスの早過ぎる死が悔やまれますが…間違いなく、記憶に残る
伝説のタッグチームでしたね。

『闘魂三銃士』
チームとして活動した印象は薄いですけど・・・伝説のユニット
でしたね。
有明コロシアムに3人が凱旋帰国して、藤波・木村・越中の3人と
対戦した試合は忘れられません。
(いまでもビデオに残してあります^^)
破壊王の突然の死は・・・言葉にならないくらいショックでした。
息子の大地がデビューしましたけど、自分の息子を見守るような
気持ちで応援してしまいます。
【史上最年少のIWGP王者】目指して頑張ってほしいものです。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/21 17:54

こんにちは。

また、来ました。

伝説のタッグとして、本日は、越中・小林邦昭 組をあげたいと思います。
どうせなら、対戦相手の青柳・斉藤 組も含めて。

当時、新日のテレビが土曜の16時、しかも、司会が山田邦子という、とんでもない状態で、しばらくプロレスから離れていた時期がありました。

そんな時、久々に見て興奮したのが、彼らの試合でした。

ボコボコ感が良かったな~

この試合がなければ、今頃プロレスを語ることもなかったかもしれない、という自分にとっては大きな意味をもつチームです。

それにしても、山田邦子は、うざかったぁ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再回答ありがとうございます^^

>司会が山田邦子という、とんでもない状態

これは・・・あの伝説の・・・
「ギブUPまで待てない!ワールドプロレスリング」
のことですね。

あの番組はひどかった・・・プロレス史の中でも5本の
指に入るぐらいの汚点番組でしたね。
(あとの4本は…ちょっと浮かびませんが(笑))

男闘呼組なんて「ホントにプロレスを知ってるの?」と
思いたくなるような存在でうざかったです!
いや~本当に最悪でした。

越中・小林邦昭VS青柳・斉藤

殺伐としたガチな試合でしたね。
後の「平成維震軍」の原点となった試合でした。

そうですか・・・この試合を見なかったら、今頃プロレスを
語ることも無かったですか。
べっさんとこうして出会うこともなかったかも・・・そう考えると
越中&小林組に感謝しないわけにはいかないですね(笑)

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/21 17:33

おはようございます(●^o^●)



肝心な人を、入れるの忘れちゃいました(><)

女子ですけど、

 ・ エリック兄弟(一族かなぁ)
  ケビン&ケリー ケビン & マイク
  でも、一番好きなのは、従兄弟のランスでした。

 ・ クラッシュギャルズ
  
昨日の回答の最初に、新日本と入ってしまって、ごめんなさい(><)

回答してる時に、 高橋 & 内藤 が頭をよぎったのですが、
なぜか内藤の名前が、急に思い出せなくなって、
我慢出来なくて、お礼途中に、新日の選手名鑑を見に行ったのです。
その時に、入った文字と思われます。

こないだnabessanさんへの「お礼」にも書いたのですが、
内藤のコスチュームには、Tシャツも含まれているんでしょうかね?

いつまでたっても脱がないから、ついついジッと見入ってしまいました。
いつ脱ぐんだろう・・・脱ぐチャンスが無いのかなぁ????・・・と。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再回答ありがとうございます^^

「新日本こんばんは(●^o^●)」
えっ?!・・・何???・・・どういう意味???
と、混乱してたんですが、ただの打ち間違いだったん
ですか(笑)
ファンの間ではこういうあいさつがあるの???と
不安になってたので…安心しました(笑)
でも・・・
「マドンナ的存在」のgrakaiさんがこれを続けたら、
ここのカテで案外流行るかもしれないですよ(爆)

エリック兄弟・・・自分はケビンが好きでした^^
デビット、ケリー、マイク、クリス…次々と亡くなって、
「呪われたエリック一家」なんて言われてましたね。
お父さんのアイアンクローで流れた血の呪い、なんて
都市伝説みたいな説もあったり・・・。
もしも、全員が何事も無く生きていたら・・・すごい
「エリック王国」が出来ていたんでしょうね。

クラッシュギャルズ
女子プロレスでは絶対に欠かせない名チームですね!
自分は大森ゆかりが好きでしたね^^
ジャンボ堀とのコンビが良かったなぁ・・・。

内藤のTシャツ・・・自分も気になってます(笑)
インディー系(大仁田とか)はTシャツ姿で試合するのも
アリかもしれないですけど、メジャー団体では見たくない
スタイルですね。
ただ脱ぐチャンスが無いだけ…と思いたいです(笑)

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/21 17:10

マクガイア・ブラザース、妙に憎めない連中で、ビリーが死んだと聞いたときは悲しかった



見てみたいのは、歌でしか知らないシャープ兄弟
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。

マクガイア・ブラザース

自分はリアルタイムで見たことが無いんですが、その名前を
聞くと、ミニバイクに乗ってるシーンが真っ先に思い浮かび
ます。
小学生の時に夢中になって読んだ「プロレス入門」という
本に写真が載っていましたので・・・。

シャープ兄弟も見たことはありませんが、力道山・木村組との
試合は有名ですよね。

ザ・ファンクス、マスカラスブラザース、エリック兄弟、
マレンコブラザース・・・いろんな兄弟タッグがありますが、
この2チームもプロレス史には欠かせない「名兄弟タッグ」
ですね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/21 16:16

新日本こんばんは(●^o^●)



前回は、別な所に古舘さんの質問を、
割り込み回答しちゃって、済みません(*^^)v

私は、以下が好きです(#^.^#)
<<まぁ、きっとsuternness-Tさんの想像通りだと思いますが。。。>>

 ・ 三沢 & 小川
 ・ 三沢 & 小橋
 ・ 三沢 & 川田

 ・ 石森 & KENTA
 
 ・ 中西 & ストロングマン

 
 「伝説」なのに、ついつい最近のチームも入れちゃいました。
  本当は、もっと入れたかった(><)
 伝説までは行かないけど、、、大好きっていうタッグチームが、
 たくさん有ります。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは^^
回答いただきありがとうございます。

・ 三沢 & 小川
・ 三沢 & 小橋
・ 三沢 & 川田

三沢&小川は名チームでしたね^^

超世代軍の頃、三沢のパートナーが川田→小橋→秋山と変わっていき、
「次は大森か?」と思っていたところに、三沢が武道館で小川を指名
したんですよね。
ジュニアヘビー級だった小川を指名したことは、当時の全日本では
異例の抜擢でした。
でも…三沢の選択に間違いはなかったですね。
三沢光晴を語るうえで、小川良成は絶対に外せませんよね。

・ 中西 & ストロングマン

ガチムチ系が大好きなgrakaiさんならではの回答ですね(笑)
中西の欠場でストロングマンは宙に浮いてしまってる感じですが、
最近は永田とコンビを組むことが多いみたいですね^^
自分としては「真壁&ストロングマン」なんて、正式に組んだら面白い
と思ってるんですけどね。いかがでしょうか?
中西の復活が待たれるところですが、負傷箇所のことを考えると
絶対に無理はしてほしくないですね。

>伝説までは行かないけど、、、大好きっていうタッグチームが、
 たくさん有ります。

他の回答者様もそうだと思いますが・・・挙げ出したらみなさん本当に
止まらなくなると思います(笑)

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/21 16:05

スタさん、こんばんは。


伝説のタッグコンビといえば、アンドレ&レネグレイ 組をあげたいと思います。

レネグレイ…あまりにも悲しい記憶しか残っていません。

得意技は、…記憶になし。

フォールを奪った、…記憶もなし。

アンドレとのコンビ以外で…新日本に呼ばれた記憶なし

アンドレの隣にいるからか…どう見ても、ジュニアヘビー

アンドレの名参謀と言われてましたが…その理由はフランス語を話せた。

でも、このコンビ、MSGタッグ優勝という偉業を達成してるんです。
この人以外とのコンビだったら、もっと楽に優勝できたろうに。
でも、何故か記憶に残るレスラーでした。

とりあえず、今日はこんなところで。
また、来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

べっさん、こんにちは。
回答いただきありがとうございます。

アンドレ&レネグレイ 組

・・・さすがですね!(笑)
MSGタッグで優勝したことはしっかり憶えています。

いまは無き「週刊ファイト」で見た、グレイがアンドレに
抱きついて優勝を喜んでいる白黒写真が忘れられません。
(「週刊ファイト」ご存知ですよね?(笑) )

「レネグレイ」の記憶って、自分もそれ以外にまったく無い
ですねぇ(笑)
(フランス語を話せたというのは憶えてます^^)

>この人以外とのコンビだったら、もっと楽に優勝できたろうに。

たしかにそうかも(笑)
でも、「アンドレのパートナーといえば?」という質問があった
としたら・・・真っ先に自分は「レネグレイ」の名前が浮かぶ
のも事実です。

そう考えると「アンドレ&レネグレイ」は伝説のタッグチームと
言っていいのかもしれませんね^^

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/21 15:39

往年のプロレスファンです



私の好きだったタッグチームは

「ハンセン&ブロディ」「ロードウォリアーズ」等「定番」は置いといて・・・

ここで挙げたいのは

「マレンコ・ブラザーズ」です。

プロレスラーだった父が開く「マレンコ道場」で幼い頃から英才教育を受け、その後「神様」カール・ゴッチの「ゴッチ道場」でも鍛え上げられたテクニックはスゴイの一言。
特にサブミッション(関節技)のテクニックは超一流。

派手さはありませんでしたが、流れるように間節をキメていく様は見る者を唸らせましたね。

そしてライバルである「キッド&スミス」。

マレンコが兄弟なら、キッド&スミスは従兄同士。
ウェイトも同じくらいの両タッグチームですが、マレンコが「テクニック」で勝負するのに対し、「キッド&スミス」は圧倒的なスピードとパワーでガンガン押しまくるスタイル。

この両タッグの試合は本当に面白かったですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも回答をいただきありがとうございます。

「マレンコ・ブラザーズ」

UWFに来ていた頃は、ぱっとしない印象があったんですが、
(自分はU系を見ないもので・・・(^^; )
全日本マットに登場してからは「おーっ!すごい!」と、その
テクニックに驚かされました。
回答者様の仰るとおり、あの兄弟のサブミッションは超一流
でしたね。

「キッド&スミス」

ブリティッシュ・ブルドッグスですね。
自分はスミスが好きでした。
ザ・コブラのデビュー戦の相手、ザ・バンピートとしての
初登場シーンが忘れられません。

マレンコ・ブラザーズVSキッド&スミスは名勝負でしたね。

そこに、ダニー・クロファットとダグ・ファーナスの
「カンナム・エキスプレス」が絡んで・・・当時の全日本は
「外国人天国」でおもしろかったですね^^

回答者様なら、もっと渋くてマニアックなチームをご存知かと
勝手に思ってますので(笑)
「おーっ!」と唸ってしまうようなチームが浮かびましたら、
また教えてください^^

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/21 15:16

ザ・ストロングマシーンズっていませんでした!?


1番に思い浮かんだのがこれなんで…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。

お礼が遅くなりすいませんでした。
自分の住む市が「断水」という事態になり、
土・日はバタバタしてたもので(^^;

ストロングマシーンズ・・・ありましたね。
何号までいたんですかね。5号までいた記憶が
あるんですけど…。
アンドレが「ジャイアントマシーン」になったり、
マスクドスーパースターが「スーパーマシーン」に
なったり・・・「プロレスの世界」ならではの
楽しみがありましたね^^

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/21 14:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロレスのコンビ名 ・ チーム名

いつもお世話になっております。

これまでにプロレス界においては、名コンビや、様々なチーム( 軍団 )が有ったと思います。
また、そのコンビやチーム( 軍団 )には、
その選手たちのイメージなどから付けられた “ ネーミング ” が多々ありましたね。

コンビでは、ジャイアント馬場&アントニオ猪木の 『 B・I砲 』 や、
女子プロレスに革命を巻き起こした 『 クラッシュギャルズ 』 などが有りますね。
チーム( 軍団 )では、『 超世代軍 』 や、最近では 『 TEAM 2000 』 などが有りますね。

その中で、私がイマイチしっくり来なかったなあ ・ ・ と思ったネーミングが、
新日本のタッグチーム ・ ・ 知る人ぞ知る 『 烈風隊 』 です(^^;)
このコンビは結局、この名前が付いて間もなく自然解消したと記憶しています。

そこで、皆様の中で、印象に残っているコンビ・チーム名、
ハマっていると思うネーミングのコンビ・チーム名、
ネーミングがイマイチだと思うコンビ・チーム名など、
ございましたら、どうぞ御紹介よろしくお願いいたします。   ( 文中敬称略 )

いつもお世話になっております。

これまでにプロレス界においては、名コンビや、様々なチーム( 軍団 )が有ったと思います。
また、そのコンビやチーム( 軍団 )には、
その選手たちのイメージなどから付けられた “ ネーミング ” が多々ありましたね。

コンビでは、ジャイアント馬場&アントニオ猪木の 『 B・I砲 』 や、
女子プロレスに革命を巻き起こした 『 クラッシュギャルズ 』 などが有りますね。
チーム( 軍団 )では、『 超世代軍 』 や、最近では 『 TEAM 2000 』 などが有りま...続きを読む

Aベストアンサー

日本には来日しなかったチームを少し思い出しましたので…

スカイ・スクレイパーズ(旧NWA?)
→ダニー・スパイビー&セッド・ビシャス
 確か途中でどちらかがパニッシャー・ダイス・モーガン(いまのアンダーテイカー)に変わったような…確かに三人とも背が高いですよねぇ。安易ながらピッタリのネーミングかと。

ファビラス・ワンズ(フロリダ地区)
→スティーブ・カーン&スタン・レーン
 実は藤波&木村組が現地でUSタッグに挑戦しており、その試合の模様が当時のプロレス中継(ワールドプロレスリング)で放送された。

ハイ・フライヤーズ(AWA)
→グレッグ・ガニア&ジム・ブランゼル
 鶴田がAWA王者だった時代にAWAタッグ王者だったチーム。そういえばPWFタッグ王者決定リーグ戦にはチームで来日していましたね。AWA地区では”飛べる”ほうだったのでしょうが、飛び技といえばドロップキックぐらいしか印象がありません。

ブレードランナーズ
→スティング&アルティメット・ウォリアー
 両者がグリーンボーイ時代に組んでいたタッグチーム。ちょうど映画「ブレードランナー」と時期がかぶっていたんでしょうか?写真でしか見たことがありませんが、当時から両者とも顔面ペインティングをしていますが、全然イケてません。

<これからは来日しているチーム>
マッド・マックス(新日本)
 マシン軍団を失った若松市政がマネージャーとなり、マッドマックス1号&2号を引き連れてきた。一人一人のレスラーの質は決して悪くなかったと思いますが、チーム名に名前負けしていたことと、若松と一緒に登場したことが運のツキ?途中で2号が更迭され、スーパーマックスなるレスラーに変わった。

ナスティ・ボーイズ
 旧WCWではそれなりに売れたチームのようですが、個人的には全く魅力を感じないチーム。初来日は全日本だったと思いますが、パッとしなかった。チーム名を和訳すると「悪がきたち」といったところなのでしょうが、ヘアスタイル以外はただのデブ?

<ふと思い出したので…>
ドラゴン・ボンバーズ
→藤波,越中,ライガー,飯塚,Bキャット,南海龍
 どんなきっかけで結成されたかは忘れましたが…個人的にはネーミングもメンバーも好きでした。

カルガリー・ハリケーンズ(前にも出てましたが…)
→S・S・マシン,高野俊二,ヒロ斉藤
 確か3人で事務所を持っていたと思います。単なる軍団やタッグチームよりは全然いいと思います。このネーミングをつけたことでマシン=平田を自分からバラしているようなもの。当時まだマスクマンの正体に思いをめぐらしていた時代で、藤波の「お前は平田だろう」発言があった後でも「いやっ、マシンは平田じゃないかも」と考えたりもしたのですが…

長くなりそうなのでこれで。

日本には来日しなかったチームを少し思い出しましたので…

スカイ・スクレイパーズ(旧NWA?)
→ダニー・スパイビー&セッド・ビシャス
 確か途中でどちらかがパニッシャー・ダイス・モーガン(いまのアンダーテイカー)に変わったような…確かに三人とも背が高いですよねぇ。安易ながらピッタリのネーミングかと。

ファビラス・ワンズ(フロリダ地区)
→スティーブ・カーン&スタン・レーン
 実は藤波&木村組が現地でUSタッグに挑戦しており、その試合の模様が当時のプロレス中継(ワールドプロ...続きを読む

Qプロレス オールタイム最強タッグ決定戦

ネタ質問ですので気楽にお付き合いください。

プロレスの世界で誰が強い、という話は尽きないところですが、あえてタッグ戦を企画することにしました。
全員、全盛期で出場するとします(たとえば力道山は既に故人ですが、この企画では1950年代後半の力道山が出場するとします)。
16チーム32人のレスラーが4ブロックに分かれて、各ブロック総当たり戦を行います。
試合は60分3本勝負。勝ちは2点、時間切れ引分は1点、その他の引分と負けは0点。最多得点チームが決勝リーグに進出。2チーム同点の場合は時間無制限1本勝負で決勝リーグ進出チームを決定。
日本プロレス、新日本プロレス、全日本プロレス共催、NWA、AWA、WWWF(WWE)後援。日本武道館をはじめ、日本各地の大規模会場を転戦するシリーズです。

ということで、以下の16チームがエントリーしましたが、どんな展開が待っているでしょう。
どのカードで波乱があるか、どの対戦でとくに熱戦となるか、どのカードで遺恨が生まれあるいは決着がつくか、どのチームが決勝リーグに進むか、どのチームが優勝するか…
プロレスファンの皆さんの熱い妄想をぜひお聞かせください。


■Aブロック
力道山 & 豊登
ルー・テーズ & カール・ゴッチ
ダニー・ホッジ & ビル・ロビンソン
キラー・コワルスキー & ゴリラ・モンスーン

■Bブロック
藤波辰爾 & 長州力
武藤敬司 & 三沢光晴
リック・フレアー & ハルク・ホーガン
ロード・ウォリアー・ホーク & ロード・ウォリアー・アニマル

■Cブロック
ジャンボ鶴田 & 天龍源一郎
ディック・ザ・ブルーザー & クラッシャー・リソワルスキー
ハーリー・レイス & ニック・ボックウィンクル
ブルーザー・ブロディ & スタン・ハンセン

■Dブロック
ジャイアント馬場 & アントニオ猪木
ジン・キニスキー & ブルーノ・サンマルチノ
ドリー・ファンク・ジュニア & テリー・ファンク
アブドーラ・ザ・ブッチャー & タイガー・ジェット・シン


※全試合ガチンコでやってどのチームが優勝するか…ではありません。あくまでも、プロレスの興行として行われると考えてください。
※「どうしてもこのタッグチームを出場させたい」という場合、他のチームに適当な理由をつけて帰国させたりして、あえてここにないチームを代わりに出場させるのもありです。それも1970年代頃までのプロレスのリーグ戦のお約束ですし(笑)
※ネタ質問ですから、細かな設定不備・不足はご容赦ください。ただの批判なども受け付けません。

ネタ質問ですので気楽にお付き合いください。

プロレスの世界で誰が強い、という話は尽きないところですが、あえてタッグ戦を企画することにしました。
全員、全盛期で出場するとします(たとえば力道山は既に故人ですが、この企画では1950年代後半の力道山が出場するとします)。
16チーム32人のレスラーが4ブロックに分かれて、各ブロック総当たり戦を行います。
試合は60分3本勝負。勝ちは2点、時間切れ引分は1点、その他の引分と負けは0点。最多得点チームが決勝リーグに進出。2チーム同点の場合は時間...続きを読む

Aベストアンサー

お~ すごいメンバー!
是非、ゴールデンで全国放送してほしいです。

Aブロック
世界三大シューターの大活躍により力道山・豊登組とコワルスキー・ゴリラモンスーンが脱落。
優勝争いは、ゴッチ・テーズ組 対 ホッジ・ロビンソン組となる。
ここは、ロビンソンがビリー・ライレー・ジムの先輩、ゴッチを立てる形となり、ホッジ・ロビンソン組が敗退。
ゴッチ・テーズ組が勝ち上がり。

Bブロック
さすがに体格で劣る長州・藤波組は厳しい。フレアーの四の字もタッグ戦ではうまく機能せず、武藤・三沢 対 ロード ウォリアーズとの優勝争い。ここで、同じペイントレスラーとして目覚めた武藤がムタに変身。あろうことか、三沢に攻撃を開始する始末。さすがの三沢も多勢に無勢では、なすすべなく、ロード ウォリアーズが勝ち上がり。

Cブロック
得意の反則防衛戦法も使えず、世界王者コンビが早々に脱落。開幕戦で行われたブルーザ対決で両者とも、精魂が尽きるような試合を展開。ブルーザ対決は両者リングアウトの引き分けに終わるが、両チームとも、以降の戦いに精彩を欠くことになる。この間隙をぬうように、鶴龍コンビが勝ち上がり。

Dブロック
反則負けの連続で、シン・ブッチャー組が早々に脱落。しかし、ファンクスが余りにもダメージを受け、リーグ戦を棄権。優勝争いは、馬場・猪木組 対 キニスキー・サンマルチノ組となる。
この優勝争いで、棄権した筈のファンクスがキニスキーに加勢。
まさかの展開で、キニスキー・サンマルチノ組が勝ち上がることになる。


最後まで書くと、文字数が足りなくなりそうなので、小雪が舞い散る札幌中島スポーツセンターから、一旦ごきげんよう、さようなら。

お~ すごいメンバー!
是非、ゴールデンで全国放送してほしいです。

Aブロック
世界三大シューターの大活躍により力道山・豊登組とコワルスキー・ゴリラモンスーンが脱落。
優勝争いは、ゴッチ・テーズ組 対 ホッジ・ロビンソン組となる。
ここは、ロビンソンがビリー・ライレー・ジムの先輩、ゴッチを立てる形となり、ホッジ・ロビンソン組が敗退。
ゴッチ・テーズ組が勝ち上がり。

Bブロック
さすがに体格で劣る長州・藤波組は厳しい。フレアーの四の字もタッグ戦ではうまく機能せず、武藤・三沢 ...続きを読む

Q猪木VS馬場 が実現しなかった理由

1979年のオールスター戦で二人は対戦の意思を確認しあったそうですね。
それなのにどうして実現しなかったのでしょう。

Aベストアンサー

 理由は3つあるでしょう。

<テレビ局の問題>
 仮に両者が試合をしたとすれば、テレビ朝日,日本テレビの両テレビ局が共同で中継し同時に放送することになったでしょう。そうでないと、新日本,全日本ともにそれぞれのテレビ局と契約しているのですから、不公平です。
 しかし、何もそこまでするほどのことか? とテレビ局は考えるでしょうね。そうまでしても視聴率は稼げない(猪木×アリ戦と違い、一般のファンは興味を持たない。プロレスファンしか見ない)でしょうし、同じ試合を同時に放送するメリットもありません。
 そうかといって、テレビ中継なしで試合してもプロレス興行団体としては儲けになりませんし、ビデオ化して売るといっても、現在ほどビデオは普及していませんでした。
 結局、テレビ局が首を縦に振らなければどうにもならなかったのです。

<両者の意識の差の問題>
 ミスター高橋氏が暴露してくれたように、プロレスとは格闘競技ではなく、あらかじめ勝敗も筋書きも決まった「演劇」なのです。
 馬場と猪木が闘うとすれば、筋書きは「互いの技を受け合い、最後は引き分け」しかありません。しかし、それにしても猪木にすれば「俺はアリと闘った世界の猪木だ」と思っていますから、馬場と優劣はなく対等に闘わせてもらえる、延髄斬りや腕ひしぎ逆十字も受けて欲しい、と思っていたでしょう。
 ところが馬場は、猪木など自分より格下だと思っています。馬場はかつて「猪木をライバルと思ったことはない」と語っています。同期とはいえ猪木は5歳も年下で、体格もずっと小さく、何よりもプロレスラー,またプロモーターとしての国際的な地位では馬場の方がはるかに上です。馬場は、もし試合をするならば自分の方が優位に進める内容でなければ嫌だ、十六キックも受けて欲しいし、ココナッツ・クラッシュも受けて欲しい、延髄斬りでダウンなんか嫌だとと考えていたでしょう。
 このように、両者の意識の差が実現の妨げになったのです。

<猪木の信用の問題>
 猪木は、天才にありがちな少しゆがんだ性格です。馬場は、「猪木は信用できない」と語っていたと伝えられます。引き分けの約束でリングに立っても、突然猪木が本気で殴ってきたり関節を折りにきたらどうなるか。馬場はそれを怖れたのでしょう。

 理由は3つあるでしょう。

<テレビ局の問題>
 仮に両者が試合をしたとすれば、テレビ朝日,日本テレビの両テレビ局が共同で中継し同時に放送することになったでしょう。そうでないと、新日本,全日本ともにそれぞれのテレビ局と契約しているのですから、不公平です。
 しかし、何もそこまでするほどのことか? とテレビ局は考えるでしょうね。そうまでしても視聴率は稼げない(猪木×アリ戦と違い、一般のファンは興味を持たない。プロレスファンしか見ない)でしょうし、同じ試合を同時に放送するメリッ...続きを読む

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Qマクガイヤー兄弟

マクガイヤー兄弟の試合内容はどのようなものだったのですか?
変則マッチやアントニオ猪木との対戦を見たことのある人、知っている人がいらっしゃったら回答願います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昔のことなのでウロ覚えですが猪木選手との対戦はあまりなかったように記憶しています。やはり#1の方が回答しているようにヤマハ・ブラザースとの試合が多かったと思います(当時藤波、木村健などはまだ前座でテレビにはほとんど出なかった)。猪木との対戦が少なかったのはコミックレスラーを猪木が嫌っていたことが理由のようです。
試合内容は大きなボディに山本、星野がパンチを入れてもまったく効かず、ラストはリング中央で兄弟にサンドイッチにされてダウン、フォールされるといったパターンが多かったですね。逆に兄弟が負けるときは先に兄弟のどちらかがダウンしたりロープにひっかかったりしてもう一人が孤立してしまい、倒れても一人ではなかなかおきられないところでフォールされて負けたような気がしますが(あまりテレビで負け試合はありませんでした)。


人気Q&Aランキング