お酒好きのおしりトラブル対策とは

6月に修学旅行に行くんですけど

横浜(神奈川)でいつも使ってる
ヘアアイロンは京都でも使えますか?!

東日本と西日本では
W数が違うため使えない、と聞きました..
本当なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

富士川以西と以東では周波数g亜子となり、関東では50Hz、関西では60Hz


になっています。そのため、エアコンなどのようにモーターを使う電化製品では、
異様に加熱したりパワー不足になったりしますが、ヘアアイロンのように、熱源として
電気を使う製品では間違いなく使用できます。

京都ならば関東と同じように使えます。
しかし、大阪の場合は注意が必要です。
関西電力がサブミリナルで「ボケ周波数」を混ぜています。
ヘアアイロンのように直接身に触れる電化製品ですとボケが感染します。
何か発言するたびにボケないと気が済まなくなってくるのです。

また、京都でも南側は水に気をつけてください。
宇治川、桂川、鴨川が合流する地点で坂田利夫に似た男が「アホの粉」を
水に混ぜているのです。ですから、ここから下流の人はアホばっかりです。
    • good
    • 0

日本は東西でW数じゃなくて、周波数が違う(50Hzと60Hz)


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%95%86%E7%94%A8% …

これはどう違うかと言うと、
東京の時計を大阪に持っていくと50分で60分進んでしまう。
(モーターなら回転数があがる)という感じです。

今の家電製品は、それらを自動的に感知して切り替えてくれるものが
ほとんどですし、ヘアアイロンなら周波数の違いは関係ないので、
問題なく使えますよ。
    • good
    • 0

ヘアアイロンやヘアドライヤーのような「電熱器具」は、電源周波数(東日本50Hz・西日本60Hz)の違いではW数は影響しません。


(※モーターを使ってるヘアドライヤーもOK)

ちなみに、回答者は北関東住まいで関西方面や九州方面に何度も出張してますが、愛用のヘアドライヤーを持参して使っても全く問題なしです。

電源周波数の影響を受けるのは、誘導負荷(交流モーター等々)ぐらいで、電源電圧が同じ100Vの日本国内なら電熱負荷は殆んど影響を受けません。

従って、ヘアアイロンなら100%間違いなく西日本でも使えます。
    • good
    • 0

W数が違う事は有りません。



周波数が違うだけです。

モーターを使用する機器は駄目だったりします。

使用する電気製品の使用説明書を確認してください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関西から関東へ。電化製品はそのまま使えるんですよね?

もうだいぶ昔に聞いたのですが、関東と関西では電力が違う?ので、関西地方で買って、使っていた電化製品は関東ではあまり使わない方がいいと・・・。
その話はもう大昔の話なのでしょうか?

Aベストアンサー

関東と関西では電力が違う?>
周波数が違います。関西は60Hz 関東は50Hzです。
イマドキの製品では全く問題ないと思います。
一昔前の製品であれば周波数の切り替えスイッチがどこかにあると思うので切り替えてください。

Q東日本と西日本で同じ家電商品使えますか?

聞きたいことはタイトル通りなのですが、将来引越しする予定があるので教えてください。

以前、大阪に住んでた方が引越ししたら、ワット数とかが東日本と西日本じゃ違うので家電商品を買い替えたことがあると言ってました。

これは本当なんでしょうか?
ちなみに私は2003年に結婚を機に東日本で家電を買い揃えたばかりで、もし本当ならすごいショックです。
転勤で東日本から西日本へ引越しする予定があるので、心配で・・・

もし本当なら対処法とかあれば教えてください。
また、そういう経験された方がいらっしゃいましたどうされたのか聞きたいです。

Aベストアンサー

ガス器具(ガス炊飯器やガスレンジ)に都市ガス用とプロパンガス用があるように、電気製品に交流モーターが使われている場合、西日本が100V 60Hzに対して、東日本が100V 50Hzの交流電源になりますので、回転数が異なります。
AC100V電源でも家電製品の中で直流に変換して内部で直流電源で動作している機器は問題ありませんね。
家電製品でも機器の後ろに50Hz/60Hz切り替えスイッチが付いているものがあります。そういったものは切り替えてやれば問題ないですね。
問題は、家電製品の取扱い説明書や家電製品の後部のプレートや貼り付けシールに60Hz用と書いてある(刻まれている)機器は、問題ありますね。そのまま、50Hz圏から60Hz圏に移動して使うと支障が出ます。
例えば、ミキサーの回転数や掃除機の回転数が変わって、出力(パワー)や消費電力が変わったりする事がありえますね。

家電製品の取扱い説明書や後部の定格を書いたプレートやシールが60Hz用と書いてないか、総チェックして、早目に交換するなど対策してください。

Q西日本と東日本

たとえば東日本で購入した電気製品を西日本で使おうと
コンセントを差し込む。そして使用←のようなことは可能なのでしょうか。いつかテレビで西と東ではコンセントの規格が違うようなことを聞いたものですから

Aベストアンサー

すでに解答されている通り、周波数が、東日本と西日本でそれぞれ50Hzと60Hzと違います。これは明治時代に東日本(北海道電力・東北電力・東京電力)ではドイツ製の発電機を、西日本では(中部電力・北陸電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力)アメリカ製の発電機を使用していることに起源があります。しかし、基本的に家電製品はこれらの相違に対応しているもの(本当に昔のものは対応していないので説明書の仕様等を見るほうがよい)が多いです。
テレビ、ラジオ、ビデオ、DVDなど音響機器・映像機器やパーソナルコンピュータや周辺機器
インバーター内蔵エア・コンディショナー、照明器具など
トースター、電気コタツ、電気毛布、 掃除機



しかし周波数の違いで性能に変化があるものもあります。
冷蔵庫
扇風機
インバーター内蔵でないエアコン

しかし、電子レンジや蛍光灯照明器具など電源周波数を指定して設計・製造されているものがあるあり、このような製品では、周波数の異なる地域(たとえば東京から大阪)に引っ越す際に部品交換や買い替えが必要になる場合がある。

しかし、東日本でも60Hz地方が、群馬県の一部に、中部地方にも50Hzの地域が長野県の一部にあり、また静岡県富士郡芝川町は芝川町の中を富士川が横切り、50Hzと60Hzが混在しているので、基本的に両周波数対応製品が多く存在します。

余談ですが、最近ではパソコンなど海外でも電圧変換機が無くても使える製品もあります。

すでに解答されている通り、周波数が、東日本と西日本でそれぞれ50Hzと60Hzと違います。これは明治時代に東日本(北海道電力・東北電力・東京電力)ではドイツ製の発電機を、西日本では(中部電力・北陸電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力)アメリカ製の発電機を使用していることに起源があります。しかし、基本的に家電製品はこれらの相違に対応しているもの(本当に昔のものは対応していないので説明書の仕様等を見るほうがよい)が多いです。
テレビ、ラジオ、ビデオ、DVDなど音響機器・...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報