見守り電球またはGPS端末が特価中!

海や湖を目の前にすると、足元にある小石を拾って
なげたくなる心理ってありますよね。
あれは、どうしてそんな気持ちになるのでしょうか?
心理学で解明されて、名称がついていますか?

道路に空き缶が立っていたら蹴飛ばしたくなる、
処女雪を歩いてみたくなる、
薄氷を踏みたくなる、
これらの心理はみな同じなのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。


これは「アフォーダンス:行為の可能性(J.ギブソン)」と呼ばれるものです。
目の前に海や湖が広がっていますと、そこには「石を放るという行為」の可能性が発生します。この状況がその可能性を訴えてくるため、思わず石を投げたくなるというわけです。あるいは、声を出して叫びたくなることもあります。
空き缶がなければ蹴ろうとは思いません。ですが、たまたま道にそれが転がっていますと、自分と空き缶の関係にアフォーダンスが成立します。

できるからやりたくなる。我々がこのような行為に至る動機とは、謂わば「外部環境からの呼掛け」です。それは、例えば食べたいとかHをしたいといった潜在的な内的動因とは異なり、主に状況や物から発生する「外的誘引」ということになります。
誰もいない空き地に看板が立っていると石を投げ付けたくなる。別に看板に恨みがあるわけではありませんが、前に誰かのやった跡などがありますと誘惑は更にテキメンです。このようなものは多くのひとに共通する行動であり、アフォーダンスは現在でも心理学の古典学説として扱われています。このため、空き地の看板はみなボコボコになってしまうのであります。
    • good
    • 1

 心の変化もしくは破壊性を意味すんではないかと思います。

小石を拾って投げたくなるというのは目の前にある環境を自ら変えたくなる心理だと思います。色々な事情があると思うのですが石を湖に投げるのは破壊というより変化を求めているように感じます。空き缶は微妙ですが石と比べると攻撃性を感じますね、蹴るわけですから蹴ってやりたいという心情がその空き缶を蹴ったのではないかと思います。わかりませんがそんな感じがします。処女雪を歩いてみたくなるのは恐らく開拓意欲に近いものかと思います。薄氷を踏みたくるのは典型的な破壊的欲望だろうと感じます。このように考えますとある意味破壊性、攻撃性、等が含まれた感情がある場合そのような行動にでる可能性はありますね。特に薄氷を割りたくなるというはあまりにも露骨です。処女雪を踏みたくなるというのは開拓的な意味合いが含まれるだろうし処女雪を踏みしめ壊すことによる快感的なものがあるのかもしれません。まあそいういみでは石を投げたくなる心理は破壊的ではないですね。どちらかというと変化的願望のイルミネーションを見たいといったところかなと思います。多少破壊的ではりますが・・・
    • good
    • 1

確認ではないでしょうか。


確かにそこにあるかどうかという確認です。
視覚情報だけでは、まだ足りないという追確認の欲求かもしれません。
新鮮なものに出会った時にこそ、さらに知りたくなるという自然な欲求のような感じがします。
対象確認の有効な方法が、動作を伴って素早く決定されるというところに
潜在的な、感覚の多重的確認の働きが見られるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

「新奇性追求」型気質によるものです。



ある精神医学者の理論によれば、人間は4つの個性(気質)に分類されるそうです。
(1)好奇心の赴くままに探索する「新奇性追求」型
(2)危険を避けて行動する「損害回避」型
(3)報酬を得ようとする「報酬依存」型
(4)安定志向に暮らす「持続性」型
人間は、単純な精神構造ではありませんので、一人の人間にこれら4つの気質があり、人によってどの気質が強く表面に出てくるかでその人間のタイプが決定されます。
「新奇性追求」型は、20才までにピークを迎え、以降年齢を重ねるごとに減退する気質です。
つまり、他の型に比べると幼児性が色濃く存在する型なのです。
>海や湖を目の前にすると、足元にある小石を拾ってなげたくなる心理。
>道路に空き缶が立っていたら蹴飛ばしたくなる、
>処女雪を歩いてみたくなる、
>薄氷を踏みたくなる、
こうした行為は、多くの場合20代を越えると極端にしなくなります。そう考えると「新奇性追求」型気質によるものだと推察できます。
空き缶を蹴ったら足が怪我するか、他人に当たる恐れがあります。
石を湖に投げても、誰からもお金はもらえません。
処女雪に入らず他の人や車が通ったところを行けば安定した移動ができます。
「新奇性追求」型気質以外の(20代以上の)人は、このような事はしないものです。

しかし、20代以上の人で、「新奇性追求」型でなくとも、石投げ、空き缶蹴り、処女雪踏み、薄氷つぶしをしたくなる時があります。
その場合、何かにいらついていたり、新しい商品や流行ものを衝動買いしがちだったり、怒りっぽかったり、浮気願望が強い精神状態
にあると思われます。
・・・そうは言っても、処女雪踏み、薄氷つぶしは楽しいですけどね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチャールズがカミラさんにこれほど惚れたのは何故?

イギリス王室の世紀の結婚式を拝見してました。
もし、ダイアナさんが生きてらしたら何処の席で息子さんの結婚式を
ご覧になってたんでしょうか?
いつも疑問に思ってたのは何故美しいダイアナさんよりあの下品なカミラ
さんと長い間不倫を続け、愛を注いだのでしょうか?
男女間のミステリーを感じます。
不誠実な夫に耐えかねた妻の最後はあまりにも悲劇的、それなのに
カミラはちゃっかりとイギリス王室の一員となってしまった。
カミラの前の夫が彼女は凄い床上手だと発言したのを記事で読んだ
事があります。
"君のタンポンになりたい”という信じられない言葉を盗聴されてしまった
チャールズ。
そこまでカミラを愛し続けたのは何故?相性?同じ趣味?価値観?
真面目に答えて欲しいです。

Aベストアンサー

真面目に答えます・・・。

カミラの曾祖母はエドワード7世(イギリス国王)の長年の公妾にして最愛の女性であるそうです。
そして更に遡ればリッチモンド公爵チャールズ・レノックスの血筋だとも言われてます。

充分に王妃としての素質はあったように思います。

ダイアナと結婚以前からカミラとは関係があったようです。(すでに最愛の人だったみたいですね)
何故、カミラを最初に王妃にしなかったのかまでは王室の事ですので分かりません。
ただ、チャールズ皇太子は伝統に対して抵抗したがるところが見え隠れする方みたいですが、伝統を破るほどの革新的な王子ではないそうです。

ダイアナは正直、自分の言いたい事を言う、好きな時に好きなことを楽しみといった自由人で強く、暖かい人情のある方だったそうです。
しかし一般的な母性はあるとしても極端に甘えさせてくれるなどの懐の深さはなかったようです。

チャールズの母であるエリザベスは王女だった為にチャールズに対して母として接する機会があまりなく愛情不足だったと思われます。
チャールズは気難しく理屈っぽい。正直さ、率直な振る舞いが特徴です。
伝統や格式を担う公人としては適役と思われます。

そして問題なのが、公人としてダイアナを妃にした事としかしダイアナは公人としてでは無く私人として愛して欲しかった事です。
ダイアナは彼を変えられると幻想を抱いてたのかもしれません。
ダイアナは言いたい事を言う性格ですので、キレて文句を言う日々が続いたのかもしれません。
しかし、チャールズはグッと考え込んで大事な事だけ発言するタイプです。
ですから元々の性格は真逆だったと思われます。
その為チャールズはダイアナに寄りつかなくなったのかもしれません。

もちろんダイアナは理屈を理解しようと努力をした事は伺えるのですが・・・理解は出来ても許容する事が出来なかったと思われます。

そしてカミラの場合は難しい理屈などは置いておきたい人のようです。
カミラにとって重要な事は自分を求め愛してくれる人がいること。
ドロドロとした三角関係にあってもチャールズの事を理解しそして許容する事が出来る方のようです。

気難しい彼に対してデリケートな部分を刺激したりしない、とても尊重してくれる方だと言われてます。
そして最大の彼女の魅力は強い母性愛です。
愛する男性を子の様に慈しみ、命を捧げて生涯を守るほどの古典的な母たる姿勢を崩さなかった事と周りから何を言われても誇り高く、強い女性であった為にチャールズにとっては不可欠な女性だったのだと思います。

長くなりましたが、カミラとダイアナでは性格が真逆であることは一番の原因だったのではないでしょうか?
ただ、誰が悪いとかでは無いと思います。

私も最初は否定派でしたが、現在はお二人の関係を暖かく見守って差し上げたい様な心情です。

真面目に答えます・・・。

カミラの曾祖母はエドワード7世(イギリス国王)の長年の公妾にして最愛の女性であるそうです。
そして更に遡ればリッチモンド公爵チャールズ・レノックスの血筋だとも言われてます。

充分に王妃としての素質はあったように思います。

ダイアナと結婚以前からカミラとは関係があったようです。(すでに最愛の人だったみたいですね)
何故、カミラを最初に王妃にしなかったのかまでは王室の事ですので分かりません。
ただ、チャールズ皇太子は伝統に対して抵抗したがるところが見え隠...続きを読む

Qやたら石を投げる男児

ハイになってくると、無邪気に楽しそうに
石(なるべく大きいものを選ぶ)を拾って、
犬、ネコ、野鳥、壁、大人に向けて投げる5歳位の男児って、
何故、投げるのでしょうか?
その都度、家族が注意してはいますが、くり返します。

やたら石を投げる男児っていますよね。
あれは何なのでしょうか?
好戦的な先祖のDNAが受け継がれているんでしょうか?

Aベストアンサー

石や砂を投げる、棒を振り回す男児いますね。本能なんでしょうね~
でも5歳にもなってやってるのはちょっと・・・
躾の方法が間違っていて手遅れになっているか、障害の問題で注意が入っていかないのか。。

聞いた話ですが、男の子はとても動物的なので、情緒面を意識して育てないとただの猿男になるそうです。
(女の子は生まれ持って母性という共感性があるのである程度大丈夫だとか)

男の子3人の母としては、投げてから注意じゃ遅いと思ってます。石を拾った時点で言わないと駄目です。
あとは投げようとした直前にストップ!をかけて止めさせる。
投げてからいくら「ダメよ~」「あぶないでしょ~」と言っても本人は満足してしまってるので耳に入りません。


人気Q&Aランキング