OCN光で最大124,800円おトク!

剣道や空手の習い事について教えてください。
娘(小3・早生まれで小柄)が、剣道か空手を習いたいと言っています。
習い始めるからには、私としては少なくとも小学校卒業までは続けさせたいと思っています。(本人が希望するなら、その後も…)
また、習う事によって、礼儀が身に付き、姿勢が良くなるといいな、と思っています。

ただ、私には全く知識がなく、娘の友達(女の子)では、習っている子がいないため、
詳しい方に色々と教えていただきたいのです。
本当に知識が無いので、言葉等が間違っていたら、ご指摘ください。

○剣道について…
道具一式(面や竹刀など)は、名前が刺繍されていますよね?
あれは、通常個人で購入するのが一般的ですか?
高いと聞いた事があるのですが、どの程度の金額が必要なのでしょうか?
また、どのくらいの期間で買い替えなどが必要になってくるのでしょうか?

○空手について…
流派というものが、よくわかりません。
一般的…というか、有名な流派は、なんという流派でしょうか?
見学を申し込もうか検討している近所の空手道場は『剛柔流』とかかれていました。
また、極真空手とかも聞いた事がありますが、どのような違いがあるのでしょうか?

その他、剣道や空手を習った方に、それぞれメリットやデメリットなどあれば
教えていただけると助かります。

質問ばかりで申し訳ありませんが、よろしくおねがいしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ポケモン博士です。


まず礼儀は家で教えるものです。
形(作法)だけで良いなら形(作法)だけは身につきますが、
礼儀というのは人に教わるものではありません。
(本人が自覚しているのなら別ですが)

剣道に関して。
防具一式は通常個人で買うのが普通です。
(貸してくれる道場もありますが人の汗が付いているので嫌がりますね)
高いと言っても小学生用のであれば4万円ほどで全部揃います。
それでも4万はしますけどね。

最初から防具一式を買う必要は無く、
最初の一ヶ月はジャージで、
一ヶ月目から3ヶ月目位までは胴着と袴でOKです。(場所によって個人差あり)
竹刀は大体貸してくれます。
この時点で嫌ならやめればいいだけです。
剣道はまともに竹刀が振れるようになるまで最低1年は見てください。
買い替えは中学生の成長期に入ると部分部分で買い替えが必要ですね。
胴着とか袴とか小手とか。
できれば初段を取得するまで着させて、初段合格のお祝いに
新しいものを一式買うのが良いと思います。
その時は10万位(最低でも)は覚悟しましょう。(それでも安いですが)
小三なら中学校2年前後で初段が取れると思います。

空手に関して。
流派は他の回答者も書かれているので多少省かせてもらいます。
現在の空手には大きく分けると二種類あり、
フルコンタクト空手と伝統空手になります。
フルコンタクトというのは実際に当てます。空手型もやります。
伝統空手は寸止めと空手型です。
どちらが良いというのはありません。
ちなみに近所に剛柔流があるのですね。
伝統空手の中でも四大伝統空手に属する空手の一派です。
古くからあり空手連盟の中でもメジャーです。
同じく初段は中学校2年位で取れるかと思います。

メリットデメリットに関して。
剣道を見ていると大体小学校卒業と共に、
若しくは中学校卒業と共にやめて行きます。
なぜなら思春期の女の子にとっては「クサイ・ダサイ」からです。(他にも理由あり)
大体親にやらされた子は辞めていきます。
中学校や高校に入ればバスケやバレーなどをみんなでやりたくなるんですかね。
剣道の面白さを知っている女の子は続けていますね。
メリットとしては力と集中力がつきます。
剣道をやっていて頭が悪い子って少ないです。(いや実際にはいますが)
それだけ集中力がつくと思います。
体力もつきますのでテスト前なんかは何時間でも勉強を頑張れます。
「小学校卒業までは」ではなく「初段までは」と言って下さい。

一方空手では、
勇気がつく、身を守る方法が身に付く、
自信がつくなどですね。場所によっては結構厳しい体力を使いますが、
剣道から比べたら体力の消耗は1/3から1/4位です。
あとは身体の使い方が学べますね。
やはりこちらも中学校卒業と共にやめていく人が多いですね。
デメリットとしては流派が多い分、
中体連や高体連での活躍ではなく流派での大会になることです。
剣道は全日本剣道連盟が仕切っているので中体連や高体連もあり、
その他いろんな大会があります。
空手で黒帯を一本持ってるとうれしいものです。
恐らく現在は空手をやっている人は少ないのではないでしょうか。
格闘技ブームも終わったし、試合で勝てない子はやめていくし、
別のスポーツに走る人も多いのでそんなには多くないと思いますがどうでしょうか。
それでも剛柔流の看板しょってるから多いかな。

色々と羅列して書いてしまいましたが、
空手が剛柔流であれば、剣道も空手もどちらもオススメです。
本人がやらせたいほうをやらせて上げましょう。
自分からやりたがっているのなら高校に行っても続けてくれると思いますよ。

参考までに。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ポケモン博士様、詳しいのですね。
参考になるアドバイスがたくさんですね。

卒業ではなく、初段まで、ですね。了解しました(^^)

それをふまえて、
今後、中学生になって…ということを考えると、近所の中学では「空手部」はないので
剣道の方が続けやすいのかな、という気がしてきました。
最初はジャージでという点も、ありがたいですね。

まだ、どちらの教室も見学には行っていないので
両方見学して、『初段まで』続けられそうな方を選びたいと思います。

ためになるアドバイス、ありがとうございました。

お礼日時:2012/06/29 09:47

武道におけるデメリットというのは、技術を護身として発揮した時にあると思います。


例えば、幼気な女の子が危険な目にあい、顔面にパンチをしたならそれはそれで正当防衛です。
ですが、危険な目にあった瞬間、瞬時に構えを取り顔面に突きを打ってきたら加害者はおろか周りの方も唖然とします。
さらに当たり所がよく鼻が折れたともなれば過剰防衛になるかもしれませんね。
このように、格闘系の武道を嗜んでいるということは、体そのものが凶器になるわけです。

金銭面に関しては、剣道防具一式で10万円ほどと考えてください。竹刀は5000円ほどのものから5~6万するものもあります。
空手は道着が肌触りの良い物上下で2万円、帯1000~3000円ほどです。

質問内容には関係ないのですが、弓道や合気道はいかがでしょうか。
弓道もピリピリとした緊張感はあります。集中力を一番使うかもしれませんね。
合気道は空手などに比べて使う力が最小限に抑えられており、女性警官や警視庁特殊機動隊などにも採用されている通り、ダメージを最小限に相手を取り押さえる、戦意を喪失させるkとが可能です。
護身としても考えるなら結構オススメですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

身体が凶器…そうですよね。
ボクシングなんかも同じですよね。
やはり、子どもなので、とっさの時にパンチ等が出てしまう可能性はありますよね。

実は剣道・空手と同様に弓道も検討したのですが、
小学生にはちょっと早いのかな、という結論に至りました。
同学年の友達と比べても、特に娘は身体も小さいので…。
近くで小学生に弓道を教えている所もみつからないのです。。。

合気道は、検討していませんでした。
近くに習える所があるか等ふまえて、考えてみたいと思います。

アドバイス、ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/02 07:54

なにやら思い出話をしている人もいるみたいですが、


昔から寸止めルールはあり、
顔面に直で入れると入れたほうが反則になるんですよね。
それでも反則になってでも顔面を打とうとする輩が昔はたくさんいました。
そんなんで歯を折ったりした武闘集団はいましたが、
昔はともかく今は顔面マスクをほとんど使用しているのでそんなに殺伐とはしていません。

ってかスポーツ化した空手はみんな和気藹々とやっていると思います。
かえってそれがサークル活動のような威厳のない空手になり、
日本の武道としての権威を失墜させているような気がします。

とりあえず女性が顔面を殴り殴られてなんて現代でやっていたら誰もやりません。
その点はご安心を。安全には配慮をしています。
ちなみに中国人から見て唯一「気」を放っているのは剣道だそうです。
空手は護身術としても人気が高いと思います。(使えるかどうかは別として)

今はとりあえず見学に行って、
好きなほうをやらせるのがいいと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

和気あいあい…なるほど。
練習以外の楽しくやるのは、大歓迎なのですが、
けじめが無くなってしまうと、それはそれでちょっと困りますよね。
危険度が少ないという点は、安心しました。

剣道のピリピリした緊張感は『気』がでているのかもしれないですね。
納得です!

見学の際に、雰囲気等もよく見てこようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/02 07:59

ちょっと誤解が生じたようですので、一言だけ。


伝統派空手は、昔から「寸止め」ではありません。そういう建前、そういう鉄則(?)でやっていただけです。ですので、練習中も、試合中も当てない筈の拳(突き)が顔面にガンガン入りますので、結構、怖いものなのです。これが、喧嘩などですと、ボーッとていれば顔面に入るのは当たり前で納得できるのですが、当てない約束なのに入ってしまう怖さを想像できましょうかね。それに、中段(腹部)などは、試合でも、昔から目一杯入れるというのが普通であると考えてください。寸止めルールなら、反則の筈なのに、それで、「技あり」、「一本」、または、「ポイント」になります。実際、昨今では「メンホー」という顔面防具を着けていますから、顔面には明らかに入れています。それで、ポイントが与えられています。時々、メンホーが破壊されて、大怪我を負います。メンホーは、強度的に問題がありますが、寸止めの筈という建前なので、いい加減なのです。まあ、いずれにしましても、「寸止め」は、素人の妄想に過ぎないのです。

そういう危険で、陰湿な空手に嫌気が差したと言いましょうか、そういう暗部を内包した空手を抜け(拓大空手部の退部)て、新たに創設されたのが極真(故大山先生)空手なのでして、明るくスポーツ化された第一回オープントーナメントに招かれた伝統派空手の面々は全員、一様に驚いたものでした。「反則勝ち」は、空手をする資格のない者との烙印を押されるのが、大学空手部の伝統的慣行でしたのに、極真では、「反則勝ち」がOKであることに、大変に驚いたのです。大学の応援団もそういうことは百も承知で、一発、顔面に貰いますと、「返せ! 返せ!」の大合唱になるのが常でした。二発続けて貰いますと、「反則勝ち」になってしまいます。反則勝ちなどしようものなら、後輩たちにもナメられて退部を余儀なくされました。ですので、四年間、大学体育会系空手部に籍を置きたい者は、当てられたら、即座に、きちんと顔面を打ち返せる技術が必要でした。ともあれ、当時の、世の中の健全化に合わせるように、伝統派も、極真的なものに接近していったというのが間違いのない歴史なのです。極真は顔面突きがありませんが、「メンホー」を着用して、中段と同様に、顔面にもある程度の打撃ならOKとしているのが、今日の伝統派と言えるのだと思います。

小学生の女の子に、武道はお勧めしません。却って、イジメの対象にされてしまいかねません。特に、剣道をやっている子がイジメにあうケースが多いように思われます。誤解を恐れずに言えば、空手もある種、歪んだ精神構造になるような気がします。無茶苦茶な時代に、無茶苦茶な稽古をして、無茶苦茶な喧嘩ばかりしていた体験者に言わせますと、通常の精神構造では、残念ながら、空手は、強くなれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の解釈、ちょっと間違っていたんですね。
訂正&現実的で正直なアドバイス、ありがとうございます。

危険なスポーツだと、改めて痛感しました。
ルールは、あって無いようなものなのですね。。。

女の子だし、正直、心配な部分もあります。
見学に行ったらその辺をよく見て、聞いてこようと思います。

大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2012/06/29 10:07

僕は剣道を高校までやってました。


最近生まれた子供に何かスポーツをやらせるなら剣道をすすめたいと思っています。
(強制じゃなくってあくまで親として一押しって意味でですけど)

武道全般のメリットとしてはやはり礼儀を重んじるとか道である点(スポーツとの違いは説明しにくいのですが)かな。
礼儀正しくなるかどうかは別として勝ち負けを超えた所に目標を置いていたなと。
あるべきあり方を追求するってところは子供ながら好きな考え方でしたね。(柔道で言う一本を狙うってやつ)

礼儀正しさなんかは野球でも学べると思うけど日本人の心みたいなのは武道のだいご味かな。

実際、外国に行くと日本人は柔道・空手・剣道のなんかはできると思われるようです。
僕らがブラジル人がみんなサッカーうまいと思うみたいな感じで。
国際化が進めば進むほど日本人としてのたしなみってメリットがでてくるでしょうね。

剣道の防具は自分で買います。ピンキリですがそれなりの値段です。(安いのなら10万見とけば十分お釣りがきます)
剣道教室の中にはお古の防具を貸し出してくれるところも多いです。中学にあがった子の寄付とかね。
市内は消耗品です。1本で何カ月も持ちますけどね。そんなに高くはないです。

防具は僕は小学校で1回買い換えたかな。中学で買ったやつは高校まで使えました。

デメリットはやっぱりくさいことかな。
高校あたりの思春期にあの臭さはちょっと悲しいものがありましたね。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

私も、剣道などの礼儀を重んじる雰囲気は、かっこいいなぁ、と感じていました。
(実際、私はやっていないので、あくまで雰囲気しかわかりませんが…)
あと、試合が始まる前のしーんとしながらも、ぴりっとした空気感というんでしょうか、
普段の生活の中に、ああいった緊張感はあまりないように感じるので
良い経験になるような気がします。

ブラジル人がサッカーが上手いの例えは、なるほどと思っちゃいました(^^)

また、防具等の金額や買い替え時期、参考になりました。
実は、今、娘はチアをしているのですが、衣裳やポンポンはほぼ毎年買い替えとなるので、
数年使える防具と比べれば、そんなには大差ないのかな、とも思えました。

いろいろ詳しく教えていただき、有難うございました!

お礼日時:2012/06/29 09:37

40代の既婚男性です。


剣道の方は知りませんが、空手はほんの少しだけやっていたことがあるので。

空手は元々は中国から沖縄経由で日本本土に伝わってきたもので、松涛館流、糸東流、和道流、剛柔流などが伝統空手としてあります。これらは基本的に寸止めです。つまり、パンチをしても相手に触れる一歩手前で止める空手です。こういう空手に疑問や不満を持っていた大山倍達(まさたつ)という人が極心空手という寸止めしない(フルコンタクト)空手を創設しました。伝統的な空手からは「喧嘩空手」と批難を浴びましたが、これも足技以外は顔面攻撃はしないことになっているようです。大山倍達が亡くなった後、後継者問題で極心空手は幾つかに分裂しました。因みに、大山空手というのは極心空手にいた別の大山さんが独立して創設した空手です。空手の流派によっては安全のために防具を付けてやるセミコンタクトのものもあります。

どこの道場がいいかは一概に言えません。どの流派に入るにせよ、入る前に一度クラスを見学させてもらったらいいと思います。見学を拒否するようなところはちょっと問題だと思います。あと、脅かすわけではありませんが、どうしても怪我の危険性がありますので、その辺をしっかり注意してくれているか道場選びの時にチェックされたらいいと思います(寸止め空手でも、組み手などで初心者は緊張して寸止めできずパンチしてしまうこともあり得ます)。それは兎も角、私の通っていた道場では女性の方(子供さん含めて)も多かったです。健康的なスポーツ(?)だと思います。

「メリットやデメリット」
確かに礼儀意作法は良くなると思います(しっかりした道場なら)。
費用自体はそんなにかからないと思います。
デメリットはないことはないのでしょうが、ちょっと今思いつきません。

「私としては少なくとも小学校卒業までは続けさせたいと思っています。(本人が希望するなら、その後も…)」
最初は白帯から級が上がっていき、黒帯(有段)になるまで何年かかかると思います。一方で、(男の子の場合)段々と一人でやる運動からサッカーや野球など集団でやる運動に興味が行く傾向があるようです。

こんな感じでよろしいでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。

恥ずかしながら…基本的に寸止め、という点は、知りませんでした(^^;)
HPで、子どもの練習風景の写真では、軽い防具等をつけていたので、実際にパンチやキックなどをしているものと思っていました。(ちょっと安心しました)

見学の際のポイントも教えていただき、ありがとうございます。
参考にしたいと思います。

お礼日時:2012/06/28 11:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q幼児からの武道

幼児からの武道


現在、2才6カ月の息子がいますが、3才ごろから習わせることができる武道は
何でしょうか?

よく聞くのは「空手」「合気道」ですが、他に
「小さいころから習っておいて良かった!」
という武道がなかなか思いつきません。

ある程度、体ができてからでないと難しい武道なら
弓道・なぎなた・居合道(模擬刀を使うので)くらいのことはわかりますが

柔道・剣道などは5才くらいからはじめてもいいのか、または才能がない子は
「剣道の才能はないので、お辞めいただきたい。」
と言われたりするのだろうかと、内心、びくびくしています。

いろいろな武道があると思いますが、何歳から習わせるのがベストなのですか?
例えば、柔道=○才からできますが、体が出来上がる○歳からがベスト
という形でお答えいただけるなら嬉しく、習い事をさせる際の参考にさせていただきたいと
思っております。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私はサッカー教室等のボールを扱う競技がいいと思います。
3歳から武道は早すぎます。(もちろん私の主観なので相反する考えなら無視してください)
武道は白い胴着を着て親としては誇らしいと思いますが、親の自己満足でしかありません。
特に合気道は3歳児の運動能力を存分に発揮できる武道ではないと思います。
毎回の決まりきった動作、それも2~3年は毎日同じことの連続です。
その2,3年は例えばあなたが大人として習ったら3ヶ月もかからずに習得できるようなものです。
(それを言っちゃおしまいかもしれませんが)
それを毎回分けも分からずにやるのは子供にとって損な気がします。
損というのは子供の太陽のように有り余っているエネルギーを合気道では
消費してあげられないということです。結果的に「運動をさせているからいいや」
と親は思っても持久力も忍耐力も育たない子供になってしまいます。

まだ、剣道や柔道なら運動量が激しいからお勧めですが、
それでも3歳児なら剣道なら竹刀を振り切れないし、
柔道ならデブの子には敵わないので劣等感を持ったり、怪我をさせられなければいいのですが。

それとあなたが気にしている「才能がないから辞めてください」っていうのは決してありません。
なぜなら、人と優劣を競うスポーツではないのですから。
だから才能が無くてもそれなりにやれると思います。
辞めるかどうかは物心がついた子供が自分で判断するものだと思います。
親が決めることではなく。

話は変わりますがなぜボールなのかと言うと、
武道は個体差で戦うことを嫌う子供がいます。
そういう子供に戦わせているのは子供にとってプラスになることでしょうか。
しかし、ボールを触る投げるというのは相手と戦うことも無く、
個人の頭脳をフルに生かし、体の全機能に命令させなければならないので、
人間の脳が持っている「勘」や「感」を育ててあげることができるからです。
また、ボールを追いかけるということは持久力もアップします。
大事なことは小さいうちは親が遊んであげるということです。
一日寝たら直ぐ回復する子供の体力を空にしてあげられるのは親だけです。
どこかの新聞の受け売りですが、日本人のお父さんは
自分の子供と接する時間は1日当り30分未満ということらしいのですが、
親父の愛情を子供に浴びせるには全く足りていません。
私は球技というのは親と子が接することができる良い時間だと思います。
武道なら親が経験者でなければ教えて上げられませんが、
球技なら少なくとも幼児よりは親の方が上手いでしょう。
だから幼児のうちは武道を習うのもいいですが、親が遊んであげるべきだと思います。

話はそれましたが、それでも武道を習わせたいならどれくらいからが適正なのか。
私の主観的考えで適正年齢を書かせてもらいます。
当然、現段階の私の浅薄な知識からの発想なので参考程度にしといてください。

~小学2年 球技、ボール遊び。
小学1年~ 伝統空手。型が主体なので覚えやすい。また勝敗が肉弾戦でないので怪我が少ない。
小学3年~ フルコンタクト空手、柔道。自我が芽生え始めているのでやりたいならお勧め。
小学4年~ 剣道。竹刀を振るのにそれ相応の筋肉が必要なのでこの位から。
中学生~ 合気道、少林寺拳法。自我が芽生え、体力的に自信はないけど何か武道をやりたくなったら。
      関節技が主体で、しかも技が理論的なので大人向け。試合はない。

どれも4、5歳位から習えます。ただ、経験上低い年齢から始めたからと言って、
体力や経験的に有利になることはありません。
つまりこれより早く始めたからと言って上手くなるかどうかというのは別問題なのです。
しかも、重いものを振り回したり、ダンスにしか思えない型や
まだ、年端もいかない物心もつかない子供に対戦させて本人が強くなるのでしょうか。
子供の試合を見ていると、親達はまるで闘犬でもさせているがのように見えます。
まぁ個々の教育方針があるので子供のために良い答えを出してください。

あくまでも参考程度にどうぞ。

私はサッカー教室等のボールを扱う競技がいいと思います。
3歳から武道は早すぎます。(もちろん私の主観なので相反する考えなら無視してください)
武道は白い胴着を着て親としては誇らしいと思いますが、親の自己満足でしかありません。
特に合気道は3歳児の運動能力を存分に発揮できる武道ではないと思います。
毎回の決まりきった動作、それも2~3年は毎日同じことの連続です。
その2,3年は例えばあなたが大人として習ったら3ヶ月もかからずに習得できるようなものです。
(それを言っちゃおしまいかもし...続きを読む

Q子供の空手教室、流派が多すぎて選べません

幼児の子供を空手教室に通わせたいと思い、近隣の教室を探しましたが、通える範囲にあまりにも、多くの流派があり困ってしまいます。戦い方面ではなく(K1など)伝統的で海外でも通用するようなものを希望しています。
自分でも調べてみましたが、未知の分野でよくわかりません。実際に空手をしている方に教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4&5です。5は失礼な表現だったかな?とか思ったんですが甘い気持ちで子供を道場に通わせる親御さんが多いので正直な気持ちを書かせていただきました。

剣道をすすめたいわけではなく良い指導者につけば空手でも何の武道でもいいのです。ただ平均的に見て空手の指導者は人間的にどうか?と思える人が少なくありません(空手人としては残念なことですが)。これは空手が他の武道に比べ以上にケンカの強弱にこだわる体質があるからでしょう。例えば大会なら当然競技ですからルールがあります(反則になる部分を殴ってはいけない、とか)。ところが少なからぬ空手のセンセイは反則負けになった弟子に「真剣勝負ならお前が勝っていた」とか「こんな大会はまやかしだ」とか人格を歪めかねない励まし方をします。空手は柔道や剣道と違って統一されたルールがありません、また統一された基本もありません。
剣道が比較的子供に習わせるのが無難かな、とか思うのは
1)統一された基本、ルールがある
2)大きい声を日常的に出す(元気が出る子供になる)
3)柔道、空手のように直接的な身体のぶつかりあいを重視しないので僅かながら暴力肯定的な武道とは距離を置ける
4)平均的にみて柔道、空手よりは質の高い指導者が多い(最近は道場でだらしない態度をとることに抵抗のない空手家、柔道家が少なくない。剣道家でもいるかも知れませんが礼法(「面とれ」など)が統一されているせいかいくらかマシ)
5)モノを大切にする心が養われる(もっとも最近は剣道家でも防具をまたいだりするケースを見聞するのでこの点ではあまり期待できないかも)

といったところですね。回答#4でレスリングを推薦したのは

1)統一された基本、ルールがある
2)運動量が他の武道、格闘技に比べて激しいので体力づくりにはベスト
3)他の武道、格闘技に比べ左右の偏りがなく身体を鍛えられる
4)積極性が特に重視される
といったところです。
上述したようにどの道場でも最終的には流派や武道の種類より指導者の指導力と人格です。大流派だからすぐれているということはまったくありません。

#4&5です。5は失礼な表現だったかな?とか思ったんですが甘い気持ちで子供を道場に通わせる親御さんが多いので正直な気持ちを書かせていただきました。

剣道をすすめたいわけではなく良い指導者につけば空手でも何の武道でもいいのです。ただ平均的に見て空手の指導者は人間的にどうか?と思える人が少なくありません(空手人としては残念なことですが)。これは空手が他の武道に比べ以上にケンカの強弱にこだわる体質があるからでしょう。例えば大会なら当然競技ですからルールがあります(反則になる部...続きを読む

Q子どもが柔道を習い始めましたが…

小学校低学年の息子が、柔道をやってみたいと言い出し、数ヶ月前から、近所の道場に通い始めました。
先生3人に対し、習いに来ている子どもたちは50人近くいて、
生徒さんの親兄弟、その道場に通っていた中高生が指導してくださっています。
…というか、生徒さんのほとんどは、親か兄弟が柔道をされている方ばかりで、
親兄弟に柔道経験がないのは、うちくらいです。。。

子どもたちの指導を一緒にしているくらいですから、
うち以外のみなさんは、家族ぐるみで親しくされていて、
完全にボランティアで指導に来てくださっているので、仕方のないことですが、
稽古中、ご自身のお子さん(兄弟さん)や、親しいお子さんの指導に一生懸命で、
うちの子は、時々声をかけてもらえる程度で、熱心に指導してもらえることがほとんどありません。

入門して数ヶ月…週4回、2時間の練習には一度も休まず参加していますが、
初回に礼法や受け身を教わり、2回目に大腰を教わっただけで、
3回目以降は打ち込みや乱取りをするように言われ、当然、毎回やられっぱなしです。

また、練習試合をやる際も、うちの子の相手は、「頑張れ」「技かけろ」と声をかけれもらえますが、
うちの子は応援されることが一度もなく…開始数秒であっけなく投げられて終わりです。


息子には、投げられるのも練習の一つ、まずは受け身を覚えないと!と励まし、
最初の頃は、息子自身も、頑張って投げられ続けていましたが、
最近になって、負けてばかりで悔しい、強くなりたい、と、練習から帰ると1時間ほど泣き叫ぶようになりました。
(週4回なので、なぐさめたり、励ましたりするのも辛くなってきました。)

上級生の動きを見学して、打ち込み乱取りを続けていれば、
特に指導してもらわなくても上達するのであれば、励まして様子を見たいと思いますが、
柔道経験がなく、的確なアドバイスもできませんが、親として何かしてあげられることがあるなら、
家でも練習をさせたいと思っています。

柔道経験のある方、子どもの指導をされている方のご意見を聞かせていただけたら嬉しいです。

小学校低学年の息子が、柔道をやってみたいと言い出し、数ヶ月前から、近所の道場に通い始めました。
先生3人に対し、習いに来ている子どもたちは50人近くいて、
生徒さんの親兄弟、その道場に通っていた中高生が指導してくださっています。
…というか、生徒さんのほとんどは、親か兄弟が柔道をされている方ばかりで、
親兄弟に柔道経験がないのは、うちくらいです。。。

子どもたちの指導を一緒にしているくらいですから、
うち以外のみなさんは、家族ぐるみで親しくされていて、
完全にボランティアで指導に来...続きを読む

Aベストアンサー

柔道歴10年の中年です。

他の回答者も言うように、50人規模の柔道場というのはそうとう
大規模としか言えません。俺自身、警察で柔道を習っていましたが、
先生が5-6人、子供が各学年5-8人で総勢20-30人、中学生になると
時間帯をずらして稽古をさせていました。

で、本題ですが、3回目から打ち込みはともかく乱取り参加というのは、
乱暴という印象すら感じます。俺の中学時代は、基礎動作(エビとか)と
受け身で数ヶ月は費やしました。その危機管理ができているのかという疑問。

次に柔道に限らないですが、初心者が短期間で強くなるなんて漫画の
世界だけです。通常の社会人だって、できない事は5W1Hなどをしっかり
考えて対策を考えて行動します。子供にそれを求めるのは難しいかも
しれませんが、どんな世界にだって頭を使う事は求められるのです。
プロ野球の現役最年長である山本昌選手も同じ事を言っています。

https://www.youtube.com/watch?v=FYEUNzj3o5Q

20年ぐらい前の柔道漫画にだって、柔「道」っていうんだから長い。
完璧な技を持ってる者なんて無に等しい。5-6年の経験を持っていても
それはよちよち歩きを卒業したぐらいだ。みたいな言葉がありました。

個人的印象ですが、習って数ヶ月ですといくつかの技を教えてもらって
その中から得意技を1つか2つ、徹底的に練習して磨き上げ「始める」
時期なのです。全国大会にでる高校生だって、持ち技は驚くほど少ない。
但し、その一つ一つが武器なのです。

「学問に王道無し」と言いますが、柔道も同じです。
俺の親も師範も同じ事を言うでしょうが、俺も同じ言葉を贈ります。
「泣き叫ぶぐらいの時間があれば考えろ。泣き叫ぶだけで強くなる
ならばそうしろ。ありえないけどね」

現状だと、強豪選手の練習相手にしかなりません。サンドバッグですな。
慰めるだけではその繰り返しにしかならないので、その次を導いてあげましょう。
それは柔道未経験の方にでもできます。

最後に、強くなる時期なんて皆バラバラです。
打ち込み(適格な技の反復練習)の強化は継続ですな。立ち技で
勝てなければ寝技もあります。個人的には寝技の強い奴はむちゃくちゃ怖い。
怪我をする事なく楽しんでください。勝つ事のみを求めると歪みますので。

柔道歴10年の中年です。

他の回答者も言うように、50人規模の柔道場というのはそうとう
大規模としか言えません。俺自身、警察で柔道を習っていましたが、
先生が5-6人、子供が各学年5-8人で総勢20-30人、中学生になると
時間帯をずらして稽古をさせていました。

で、本題ですが、3回目から打ち込みはともかく乱取り参加というのは、
乱暴という印象すら感じます。俺の中学時代は、基礎動作(エビとか)と
受け身で数ヶ月は費やしました。その危機管理ができているのかという疑問。

次に柔道に限らないですが、...続きを読む

Q柔道か空手か、警察官を目指す娘の習い事

はじめまして、質問させていただきます。
うちの小1の娘が将来警察官になりたいと言っており、さらに格闘技や武道を習得していると良いという情報を仕入れてきました。

そこで、親としても(小柄な娘が警察官になれるかは別として)将来の護身のためにも何か習わせてやりたいと思っています。
とはいえ親子共々それらに関する知識に疎いので、何を習わせるか、何を習いたいのか迷っているところです。

・比較的安全で女の子でも力がつくもの
・将来的に役立つ可能性が高いもの
・できれば出費がかさまないもの

現在、柔道・空手・合気道の3択で考えているのですが、ご意見をお願いします。
実際にお子様が、格闘技や武道をやられている親御さんの回答もお待ちしております。

Aベストアンサー

自分が空手道を嗜んでおります。
合気道も少し触れました。

剣道・柔道などが一般的ではありますが
ケガの率は、公表されていないだけで結構高いと聞きます。
(最近は改善されていると思います)
警察官の武道としては有利に働くようですが、
費用、(女性が行うという前提での)安全面から、現状ではあまりお勧めは出来ません。

合気道はお金がかからず、女性の護身術として
恐らく最も良いものであると思います。
さほど筋力も必要とせず、武道としての基礎も身に付きますし
動きの鍛錬、力の流れの鍛錬も出来ます。

空手道は、自分が嗜んでいることを差し引いても最も勧められます。
自分は指導者の立場であり、競技者の立場でもあります。

安全面については、極真空手などの接触型(いわゆる格闘空手)ではなければ
他の武道に比べて非常によく配慮されています。
試合、練習、試験においても、まず第一に安全と健康から考えられていますし
空手道自体を健康のために、と始める方は年齢問わずいらっしゃいます。
子供でも、お年寄りでも安全に行えるスポーツです。

費用面ですが、これは他に比べてどうなのかまでは分かりませんが
道具を使うスポーツに比べて比較的安価ではないかと思います。
基本的には(少なくとも自分の流派では)道着とサポーター程度が初期費用で
あとは毎月の月謝(3000円程度)と、試合、試験の費用くらいでしょうか。
年間にして総額でも5万円いくかいかないか程度です。
お金をかけようと思えばもっとかかるものもありますが
そういったものは試合を本格的に勝ち上がっていく選手の場合です。

空手道の良いところは何よりも精神面、心が鍛えられるところです。
技術としては体の動かし方や動きそのものの鍛錬ももちろんできます。
護身術、警察官としての実務にも耐える技術でもありますし
実際に警察官の方で空手道を習っていらっしゃる方もたくさん見えます。
ただ、それ以上に仲間と一緒にやる練習や、道場訓による精神的な鍛練は
他の武道よりも一層重心を置いて指導している武道です。

加えて、生涯続けられるスポーツであるという点が良いところです。
定年を迎えてから始める方も見えますし、親子でやっている方もいます。
自分のように競技をしながら指導し、審判や審査員として関わることも出来ます。

流派は現在主流としては剛柔流、和道会、糸東流、松濤館流などです。
個人的には松濤館流をお勧めしたいところですが(自分の所属なので)
型に関しては剛柔流や糸東流、組手に関しては和道会がお勧めです。
松濤館は、最も古く、言ってしまえば古臭いです。
その分、伝統的でもありますが、試合などで勝ちあがるには熟練が必要になってきます。


なお、上記の金額はおおよそであり、私の周囲の環境からですので
あくまでも参考の数字と思ってください。
違う部分も多分にあります。
流派についての印象も、個人的なものです。
実態については、競技の結果や、道場を訪れて現場の人に尋ねてみてください。

自分が空手道を嗜んでおります。
合気道も少し触れました。

剣道・柔道などが一般的ではありますが
ケガの率は、公表されていないだけで結構高いと聞きます。
(最近は改善されていると思います)
警察官の武道としては有利に働くようですが、
費用、(女性が行うという前提での)安全面から、現状ではあまりお勧めは出来ません。

合気道はお金がかからず、女性の護身術として
恐らく最も良いものであると思います。
さほど筋力も必要とせず、武道としての基礎も身に付きますし
動きの鍛錬、力の流れの鍛錬も出...続きを読む

Q厳しい剣道を習うことの意味

幼いころから気が弱く、また気が優しい、精神も強くない。押さえつけられたり、怒られたりすることで、がんばろう!とはならず、よけいに萎縮してしまう。そんなタイプの子供の親です。
本人は、強くなりたい!強くなろう!という気持ちがなく、ただ、なんとなくやっているというかんじです。親として、上手になって大会とか出るくらいになってほしいとかはありません。本人がやりたいといって始めたことです。二年たちますが、辞めたい時期もありました。辞めることは簡単です。でも、簡単には辞めさせずにきました。でも特に、性格や精神的に強くなってはいません。来年中学になると何かしらの部活に入らなくてはいけなく、また、やめることもできません。聞くところ、竹刀でたたき、蹴飛ばして泣くまで気合いを入れる先生です。精神的に強くなってもらいたいとは思います。でも、そこまでして剣道を続けることが、本人のためになるのか?本人が続けたいならそれでいいのですが。質問ですが、うちの子供と、似たタイプの方、また、親御さん、剣道をやってきてよかったこと、逆に、思い切って辞めてよかったことなど、教ええください。

幼いころから気が弱く、また気が優しい、精神も強くない。押さえつけられたり、怒られたりすることで、がんばろう!とはならず、よけいに萎縮してしまう。そんなタイプの子供の親です。
本人は、強くなりたい!強くなろう!という気持ちがなく、ただ、なんとなくやっているというかんじです。親として、上手になって大会とか出るくらいになってほしいとかはありません。本人がやりたいといって始めたことです。二年たちますが、辞めたい時期もありました。辞めることは簡単です。でも、簡単には辞めさせずにきま...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、小学校2年から剣道をやっている者です

始めて2年ならまだまだ剣道の深い面白みが見えない時期だと思います
性格や精神的な強さは見る角度によって違います
気が優しいというのは一つの強さだと思いますし

>聞くところ、竹刀でたたき、蹴飛ばして泣くまで気合いを入れる先生
剣道をやっている人でそんな人が居るのは同じ剣道をやっている者として恥ずかしいです
剣道は普通厳しく叱る事はあっても、竹刀で叩いたり蹴飛ばして泣くまで気合を入れるなんてしませんし、それは剣道の精神に反することです
そんな指導者の下で剣道を続けても本当の精神的な強さは得られませんし辛いだけだと思います

ここからはわたし自身のやってきて良かったことになりますが、先ず一つとして人の痛みが分かるということです
稽古の時に相手を打ち、自分も打たれるので「ああ、本当に痛いな」と実感します
二つ目は沢山の友人と良い先生に出会えたことです
これは本当に一生物だと思います

纏りの無い文章となってしまいましたが、参考になれば幸いです

Q剣道ってどこでもこうなの?

子どもが剣道を習っています。近所の小学校の体育館で行われているのですが、ひとつ疑問があります。

それは保護者の負担が大きいことです。保護者会というものがあり、役員(会長、会計、書記)は練習日には必ず出席しなければなりません。その他に「お当番」というものがあり、出席表や先生方のお茶の用意などがあります。これは2ヶ月に1回ぐらい回ってきます。

それに大会の準備、行事ごとの炊き出し(初稽古のぜんざい、夏のバーベキュー、何かのときに豚汁など)、総会、納会、などなど・・・。

野球やサッカーがこういう保護者会みたいなのがあるのはわかります。でも、入部者が多いです。それはやっぱりメジャースポーツだからですよね?剣道はいわゆる少子化のあおりを受けてのマイナースポーツ(武道)、保護者に負担が大きいと入部者も少なくなる一方です。実際、1年生の入部者は今のところいません。どうも「保護者の負担が多いらしい」と嫌がられているようです。

でも、子どもを入れている保護者はそういう活動をやめようとはしません。しかも、保護者会の活動に熱心な保護者の子どもは強くなると言われています。(ちょっと疑問・・・)お茶も子ども達は各自持ってきているのに、先生方はともかく、練習に来ている初心者の大人の分まで当番の保護者負担です。いや、先生方も本当は各自で用意すべきではないのかと私は思うのですが・・・。

夫も教えている立場なのですが、「保護者の負担が大きすぎる。俺だけでもお茶は自分で持って行く」と言って保護者会が用意するお茶は断っています。

どこでも剣道ってこんなものなのでしょうか?保護者の負担が大きいのでしょうか?またそうじゃないと子どもは強くならないのでしょうか?(夫は「違うって」と言います)このままだと入部者は少なくなる一方です。

よろしくお願いします。

子どもが剣道を習っています。近所の小学校の体育館で行われているのですが、ひとつ疑問があります。

それは保護者の負担が大きいことです。保護者会というものがあり、役員(会長、会計、書記)は練習日には必ず出席しなければなりません。その他に「お当番」というものがあり、出席表や先生方のお茶の用意などがあります。これは2ヶ月に1回ぐらい回ってきます。

それに大会の準備、行事ごとの炊き出し(初稽古のぜんざい、夏のバーベキュー、何かのときに豚汁など)、総会、納会、などなど・・・。

...続きを読む

Aベストアンサー

 私は、小中高と町道場で剣道を習っていましたので、○○小学校剣道部、という位置付けではありませんが・・・

 私の経験上は、そういったことは全く無かったですね。保護者が練習を見に来ることも殆ど無いですし(せいぜい子供たちの送り迎え程度)、お茶なんて言われなくとも各自水筒に入れて持ってきていましたし。したがって、親の負担というのは月々の月謝(町道場なので・・・)と送り迎え(コレも人により、私自身は道場まで一人で行きましたし、そういう子も結構居ます)以外は殆ど無く、だからといって特別弱い、ということも無かったです。

 以上、ご参考までに。

Q心身を鍛える子どもの習い事

精神的に弱い小1男児への習い事を検討中です。
友達との付き合いが上手くいかないと、チック症が出てきてかなりネガティブな状態になります。

精神鍛錬にと、習い事を変えてみようと思っています。通える範囲に空手・テコンドー・少林寺拳法・柔術・スカッシュ・があります。心を落ち着けるものとすれば書道・絵画でしょうか。

運動の習い事はいくつか経験はあるのですが、本気で向き合ったものはありません。

教室や指導者によって雰囲気は違うと思いますが、優しい性格の子どもにはどういったものがお薦めですか?今回は、始めたら小学生の間は続けさせたいと思っています。

上記のスポーツ・習い事の経験のある方のお話を伺いたいです。

Aベストアンサー

求めている答えではないかもしれませんが…。
「鍛える」というふうに考えていると、逆効果じゃないかな。
私がそういう子どもでした。ナイーブすぎて、チック症状が出ていました。
親はやはり、「もっと強くなってほしい」と思ったのでしょうね。武道を習う事を強制されました。
最悪の思い出です。
私は人と争う事や、大きな声を出す事や、わけがわからなくても指導者の言う事に従って決められたことをこなす…ということがどうにも苦手。つらくてつらくて、毎回泣きながらかよっていました。
どんなに嫌でもやめてはダメと言われましたが、本当につらくて、つらくて結局2年ぐらい習った後でどうしても行けなくなり、やめました。今でも思い出すと悲しくなる思い出です。
ナイーブな子を「強くする、鍛える」という考えはやめてあげてほしいです。
それよりも、お子さん自身は何がやりたいのでしょう?
自分がやりたいこと、好きな事こそが、心のよりどころを作ることにつながると思います。
私の親は「弱い」私を受け入れることができなかったんだと思います。
チックが出ていても、弱くても、ネガティブでも、それでも親がすべてを受け入れていると思えたら、子どもも自分自身を受け入れていく。そんな自分でもいいんだと思えたとき、はじめて「強くなれる」んだと思います。
なんでもいい、子ども自身が好きな事、少しでも得意だと思えること、そこをのばしてあげる、思いっきりやらせてあげる、そういう方向で考えた方がいいと思うのです。
私は40代になった今でも、自分自身を受け入れているとは言いがたいです。親とは今でも葛藤があります。
お子さんが安心できるよりどころ、ホームベースをいっぱい作ってあげてほしいと思います。

求めている答えではないかもしれませんが…。
「鍛える」というふうに考えていると、逆効果じゃないかな。
私がそういう子どもでした。ナイーブすぎて、チック症状が出ていました。
親はやはり、「もっと強くなってほしい」と思ったのでしょうね。武道を習う事を強制されました。
最悪の思い出です。
私は人と争う事や、大きな声を出す事や、わけがわからなくても指導者の言う事に従って決められたことをこなす…ということがどうにも苦手。つらくてつらくて、毎回泣きながらかよっていました。
どんなに嫌でもやめ...続きを読む

Q子供の友達の親に言ってしまいました。

子供の友達の親に言ってしまいました。
小学二年の娘の友達で1年からほぼ毎日のように遊びに来る子がいます。週二日はその子のうちで遊ぶ約束なんですが親が嫌だと言ったからと家に来ます(その子のママ曰く勝手に出て行くらしいんですが)その子のとっては都合がいい家なんでしょう。

その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、ひどいときはその子が嫌いな子は家に入れるなと言う始末、うちは5時までが遊び時間と決めていたのでその子にも言っていたのですが、私は5時半までだからと何回言っても聞いてくれずそれどころか延長するように言ってきます。(最終的に追い出しましたけど・・・)

毎回だめと注意し厳しく言ったのですがなかなか帰ってくれず約束守れないなら出入り禁止にしようと考えたのですが娘が一番気に入っているお友達だったのでそれもできずどうかと迷いましたが、親に時間のことだけは手紙を書いてお願いしてみました。すると怒られたらしく時間を守ってくれるようになりました。しばらくは良かったのですが、最近まただんだんと時間がきても帰らなくなり延長をしてと毎回行ってくるのでもう聞き流して時間がきたら帰らしてました。

親に毎回言うのも嫌だし毎日そうしていたのですが、この前子供に今日は用事があるから遊べないと伝えてといった日があって娘が学校の帰りに言ったらしいのですが「私も一緒に行くから大丈夫!」と何回断ってもだめだったそうです。たまになら許せますが毎回です。

子供も少しあきれた様子でもう嫌だといっていました。でもさすがに来ないと思っていたのですが、けろっとした顔で遊びに来てました。「今日は遊べないって言ってなかった?」と聞くと「うん、聞いたけど私も一緒に行くから大丈夫」というのです。

一緒には連れて行けないので帰るよう促したのですが「何で?」と帰ってくれる様子もなく注意しても聞くどころか笑っていてうちの娘のほうがごめんなさいと泣いて私に謝っていました。たぶんなめているんだろうとも思いましたが次からは約束守るように言ってその日は公園で遊ばせるようにしました。

おかげで予定も狂ってしまいイライラしました。子供の言うことで腹を立てるのも大人げないのですが、今までのこともありどうしても我慢できず親に電話しその日のことを説明し用事があるときは来ないようにお願いしました。

ところが違う意味にとられたのかその子が親から2学期始まるまでおうちに遊びに行くのも呼ぶのも禁止にされたそうです。そこまで言ったつもりはないのですが相手もいい気がしなかったのでしょう、結果的に娘に寂しい思いをさせてしまいました。自業自得ですが我慢してれば良かったのにと反省しています。注意しても聞かない子にはどう接したらいいんでしょうか?またどう我慢してますか。

子供の友達の親に言ってしまいました。
小学二年の娘の友達で1年からほぼ毎日のように遊びに来る子がいます。週二日はその子のうちで遊ぶ約束なんですが親が嫌だと言ったからと家に来ます(その子のママ曰く勝手に出て行くらしいんですが)その子のとっては都合がいい家なんでしょう。

その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、...続きを読む

Aベストアンサー

小学校2年生の男の子の母です。
似たような子が息子の友達にもいます。。

はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか?
遊びにいく回数が重なるにつれて?このおうちでワガママ言っても大丈夫?
と思ってしまったのでしょう。
おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。
息子の友達がそうでした。

それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で大きなトラブルになってしまいました。

それ以降、私も反省し、遊ばせるときにはなるべく親同士も一緒に顔を合わせることにしました。
子供の友達と、そのママを家に一緒に呼ぶのです。
うちはマンション住まいなのですが、ドタバタとするような時は
『下の人に迷惑だからドンドンしないでね~!』と注意します。
するとだいたいの親が『こらっ○○!気をつけなさいよ~!』と怒ります。
そうして最近では価値観が合うママとは、子供だけ預かって遊ばせたりもするようになりました。

ちなみにその子は親が一緒に遊ぶ時間を作れないので、少し可哀相かもしれませんが
放課後、休日に遊ぶことを3年生になるまで禁止しました。
もちろん、学校内で遊ぶのは構わないし、私もその子に会えば普通に接します。
ちなみに3年生までと区切りをつけたのは、ある程度の分別がつくようになるまでの期間を子供に明確に説明したかったためです。
息子もさすがに懲りたようで、約束はきちんと守っています。

私がこのくらいの年齢の頃はもっと自由に遊んでいた記憶があって、
自分の息子にも同じ感覚でいたかったのですが、時代の流れでしょうかそれがとても難しいことなのだと思い知らされました。
時には娘さんに寂しい思いをさせてでも、親がトラブルを回避してあげるべきだと思います。

質問者さんは電話して正解だったと思いますよ。
相手の親もきっと今までの行動から察して厳しく言ったのではないかと推測しますが、
万が一相手が気分を害してしまっていたとしても、いっそのこときっぱり割り切ってしまいませんか?
親同士の価値観が違うのだ、と。
ここで我慢しているとそのうちもっと大きなトラブルになる可能性が高いと思います。

息子の学校では、女の子は2年生の終わり頃には仲良しグループを作りはじめ、
3年生になるとグループ同士の対立なんかもたびたび起こっているようです。
もし可能であれば、娘さんに今からでも他のお友達と仲良くするように
言葉が悪いかも知れませんが誘導してあげるのもひとつの手かとも思います。

小学校2年生の男の子の母です。
似たような子が息子の友達にもいます。。

はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか?
遊びにいく回数が重なるにつれて?このおうちでワガママ言っても大丈夫?
と思ってしまったのでしょう。
おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。
息子の友達がそうでした。

それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で...続きを読む

Q剣道部だった方、もしくは入ってる方、教えてください

剣道部に入るか迷ってます。
剣道部のメリットと、デメリットを教えてください。
(身長は16.2です)
あと、私はかなりコミュ障ですw
こんな私でも、できるのでしょうか。

Aベストアンサー

経験者で道場から部に移るのか、未経験で学校の部で始めるのか判りませんのでまず剣道自体の話から。
先にデメリットから。臭い・暑い・重いの三点はまず基本です。防具自体は洗濯が出来ないので独特な異臭が漂います。そして夏場は通気性や給水のしづらさもあり大変です。防具は専用の袋に入れると大きいリュックサック2つ分くらいの大きさがあり大変です。あとは機材が高いことです。初心者貸し出し用の防具一式はあるかと思いますがやがて必要になります。パソコン1台分くらいです。

次にメリットです。単位時間が短い・大怪我は少ない・資格になる。一試合は2分(小学)~5分(大人)で瞬発系スポーツに分類されます。格闘技なのであざは沢山出来ますが骨折脱臼は余り発生しません。ただ後ろ向き移動があるので転倒は結構あります。剣道をはじめ和武道は段位が高度資格として扱われるので履歴書などにも胸を張って書けます。他のスポーツだと大会成績でしかアピールできないので実績化しやすいです。

身長に関しては他の格闘技と違い体重別が無いので不利に思えますが、身長によって狙いやすい部位とタイミングが異なるだけです。高身長は面が狙いやすくリーチを活かして仕掛けられます。一方の低身長は籠手や胴を出技や返し技(カウンター攻撃)として出しやすくなります。なので背が高い男子相手でも錬度の高い女性が勝ってしまう事もあります。

剣道自体はコミュニケーションの無い個人競技です。しかし対人競技なので多くのことを人から教わらないとなりませんし、道具の扱いは尚更です。なのでコミュ障克服のため剣道はじめると逆に考えてください。自分も引っ込み思案だった幼少期から剣道を経て変わった気がします。
ただし練習は声の大きさだけは初めから出していきましょう。「ヤー」とか「メーン」とか頭を使う必要は無いし会話ではないので恥ずかしがらず出していきましょう。重要さはいずれわかります。


剣道部としては雰囲気も習慣もばらばらなので一概には言えません。坊主強要の剣道部もあればいじめ横行な部もどこかにはあるでしょう。幸い私が所属した部も道場もアットホームで礼儀正しい所だったので支えあい育てあいの素晴らしい剣道ライフでした。

どうでしょうか興味沸きましたか?

経験者で道場から部に移るのか、未経験で学校の部で始めるのか判りませんのでまず剣道自体の話から。
先にデメリットから。臭い・暑い・重いの三点はまず基本です。防具自体は洗濯が出来ないので独特な異臭が漂います。そして夏場は通気性や給水のしづらさもあり大変です。防具は専用の袋に入れると大きいリュックサック2つ分くらいの大きさがあり大変です。あとは機材が高いことです。初心者貸し出し用の防具一式はあるかと思いますがやがて必要になります。パソコン1台分くらいです。

次にメリットです。単位時...続きを読む

Q小学生の空手経験は活かせるのか?

小3の息子が近所の空手教室に通いはじめて4年目になります。
習い始めのころは「体を丈夫にしたい」「思いっきり体を動かしたい」
というような動機でしたが、最近は同じ頃にはじめたお友達が
どんどんやめていってしまい、果たして今のこのままの状態で
いいのか、先が見えず、不安に感じております。
年に3回ほど大会には出場しますが、よくて2回戦どまり。
選手としては親の目からみても・・・な状態です。
本人は「空手の練習は楽しい!」と言っており、
先生との相性も良い感じで、先生からも好かれてはいるようです。
少年野球や少年サッカーが盛んな地域に住んでいますので
空手をちいさい頃からやっていたというお兄さんたちが近所おらず、
よけいに今後のことが見えずもやもやしてます。
「空手をちいさい頃から続けていてよかった」という経験談が
ありましたら教えていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

僕は街の道場で20年近く剛柔流空手を習ってました。
まず、空手云々というより“継続する事”は必ず将来何らかの力になるって事を親御さんが知った方がいいと思います。
空手だけに限りません。
僕も小さい頃からやってましたが、小学生のうちは試合等で結果が残せなくても中学生や高校生になって急成長する人もいます。
成長するにしたがって体も違ってきますしね。
まだ小学生なのに結果を出すなんて早過ぎますし親御さん自らが子供さんの可能性を消す事になると思います。
それに空手は3年4年で満足に習ったなんて言えませんよ。
僕から見たら“かじっただけ”です。
10年20年やってもまだ勉強中って人もいます。
2回戦行ったんならそれでも褒めてやりましょうよ。
初戦敗退よりいいじゃないですか。
もちろん厳しい意見をぶつけるのもいいと思います。
僕はもう辞めてしまいましたが自分の中では色々なことに役立ってるって思ってます。
継続する事、目標を達成するまでの根性や努力や方法、いい事は色々ありますよ。
途中で投げ出してしまう方がよっぽど子供さんにはマイナスです。
どうか子供さんにダメの判を押すような事だけはしないでくださいね。

もちろん空手を辞めて他の事で高い能力を発揮出来るかも知れませんが…。
それを言ってたらキリが無くなりますしね。
それもダメだったらまた辞めるんですか?って事になります。
継続は力なりです。

僕は街の道場で20年近く剛柔流空手を習ってました。
まず、空手云々というより“継続する事”は必ず将来何らかの力になるって事を親御さんが知った方がいいと思います。
空手だけに限りません。
僕も小さい頃からやってましたが、小学生のうちは試合等で結果が残せなくても中学生や高校生になって急成長する人もいます。
成長するにしたがって体も違ってきますしね。
まだ小学生なのに結果を出すなんて早過ぎますし親御さん自らが子供さんの可能性を消す事になると思います。
それに空手は3年4年で満足に...続きを読む


人気Q&Aランキング