「直方体をひとつの面で切った時 その切り口は 直角三角形にならない」を
フツーの小学校6年生にわかるように説明したいのですが・・・。

うまく説明できる方 いらっしゃいましたら 教えてください。

A 回答 (10件)

たしかに、「やってできなかった」というのは「できない」証明になりません。

それを言える小学生はえらい。

直角三角形を切り取れるとすれば、まず、一つの頂点が直角でなければならない。すると、直方体は全ての面(平行以外)が直交だから、直角を切り取る段階で、いずれかの面に垂直になります。すると、対面に対しても垂直だから、2本の平行線がうまれる。これでは三角形は作れないことになります。
(強いて言えば、背理法ですか)

実際に切り取らずに、曲尺(カネシャク)の内側を直方体にあててみれば実感できると思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

曲尺がないので 厚紙を切って見ました。
これは スゴイ!!カンドーです。
斜めの切り口だと 直角じゃない って 感覚的にわかりますね。
今晩 こどもにやってみます。

お礼日時:2001/05/15 18:44

直方体を一つの面で切る時、


切り口の面の一つの角を直角にすると
常に切り口の形が長方形になる事を証明されたらいかがでしょうか?

切り口に直角を含む場合に長方形以外にならなければ、
直角三角形にもならない事が証明できますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

以前 発泡スチロールの直方体で 説明したとき、
「ほらっ こう 直角になろうとして グーッと寄ってゆくと
直角になろうとしたときに 四角形になっちゃうでしょ」
とは 説明しました。

立体の切り口を平面として 理解するのが ちょっと ムズカシイようで
ぴんと来ていないようでした。

逆に 「四角形になるときは・・・」と説明すると 良いのかも知れませんね。

お礼日時:2001/05/16 10:59

直方体はできませんが、例えば、底面がひし形の四角柱であれば直角三角形ができます。

(切り口が直角三角形ができる似た図形を示し、違いを理解させる戦法です。)

(1)直方体では1つの切り口の最大が直角であること
(2)直角になるのは水平に切るときだけであること(三角形はできず底面と同じ)
(3)斜めに切ると直角より小さくなること(三角形はできることがある)
(4)斜めに切って直角を得るのは角が直角が超える場合であること

上の論法を直方体と底面がひし形の四角柱を切る条件を底面の形以外では同じにして、示されてはいががでしょうか?
(高さ、切る角度を同じにする。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

こどもにとって、
この「斜めに切ると直角より小さくなる」が 感覚的にわかりにくいようです。

------------------------------------------------
昨晩は こどもが学校の遠足で 疲れちゃってて 帰宅したら寝てました。
ですので 今晩 みなさんの説明をしてみて どれわかるか 試してみます。
(アクリルの直方体も作ったよ!!)

こどもが納得した時点で ポイントの割り振りが確定します。

お礼日時:2001/05/16 11:02

すみません。


前回とんでもない勘違いをしてしまいました。
2等辺三角形にならないケースもありました。
斜めに切った場合、3辺はばらばらですね。
ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ 気になさらないで下さい。

何かわかりましたら 是非 教えてください。

お礼日時:2001/05/15 18:52

切り取った立体は、3つの直角三角形と、切り口の三角形からなる三角錐ですから、ピタゴラスの定理を使えば切り口は直角三角形にはならないことは、お分かりかと思います。


小学生対称としたピタゴラスの定理の説明は、いくつかのホームページに掲載されているかと思います。
参考にひとつご覧ください。

参考URL:http://web2.incl.ne.jp/yaoki/omathj/week70.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「ピタゴラスの定理」ですか。これは おお これは使えるかも。
なるほど、小学生でもわかるように教えられるようですね。
使ってみます。
==============================
最初に書けばよかったのですが、これ 幕張で「おもしろ数学」みたいなのを
昨年の夏にやっていて その時に ボランティアの学生さんが「質問コーナー」を
やっていて質問したんですが 最初の人は 質問の内容がわからず 二人目は
「ん~ 小学生かぁ」で 講師みたいな人が出てきて 説明してくれたのですが
いまひとつでした。会場に 秋山さんもいらしていたので ホントは 秋山さんに
ズバッと回答して欲しかったんですが・・。(秋山さんには質問できませんでした)
===============================
あと この問題の出所なんですが、こどもを塾に迎えに行ったときに
6年生の子達が「学校で宿題出された。直方体の切り口が・・・」と塾の先生に質問しているのを耳にしたことです。
近所の公立小学校の生徒さん達だったのですが「げっ どうやって 学校の先生は教えるんだろう??」って思ってしまったんですよ。
塾の先生は、答えられずに困っていましたが 小学校の先生はキチンとこども達を納得させられる説明をしたのか興味があります。(まさか イイカゲンにやってるんじゃないよねぇぇ)

お礼日時:2001/05/15 16:42

切り口を直角にしようと思ったら三角形にはならないよ。

ではだめですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ううっ これでわかってくれたら・・・。

お礼日時:2001/05/15 16:28

1.実際に直方体を見せて、面の一つ(面A)に斜めに直線(a)を引きます。

これはどのように引いても良いです。
2.面Aにおいて、直線と直方体の一つの頂点とが直角三角形を形成していることを指摘します。残る2辺はb,cとします。
3.直方体を2つに切り分けるときには、今書いた直線が含まれる面で切るものとします。つまりこの直線は切り口の三角形の1辺(a)になることとします。
4.直方体を切り分けるとき、面Aに対しどのような角度で切っても、切り口にできる三角形のa以外の辺はb,cよりは長くなることを説明します。そして、三角形abcが直角三角形であったからには、このようにして切り口にできた三角形は直角三角形ではありえないことを説明します。角度で説明しても良いです。
5.直方体上に引く線を色々変えてやってみせれば、直方体の表面にしか直角三角形ができないことが理解できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

おおっ すごく論理的な感じがします。
アクリルケースとあわせると 効果バツグンな気がします。

こどもは、「角度」で説明しないとわかってくれないです。
(直角は 直角ですから)

お礼日時:2001/05/15 16:25

算数「嫌い」、立体の切り取り「そんなの切ってみないとわからない」という、こんな私が考えたんですが、どうでしょう?


透明アクリル板で直方体をつくり、いろんな色のマジックを使って三角形の切り取り方のパターンをいくつか書く(何ならそれを影絵みたいに写してみる)。そうやって、1つの頂点が直角に近くなるにつれて、三角形が箱の面に限りなく近づいて、直角になったときは四角形になってしまう、ということを視覚的にわからせる…。
理屈のほうはよくわかりませんが、これだととっつきやすいかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

おおっ アクリル板とは気づきませんでした。
本当は CGでできると良いんですが・・・。

お金を掛けず ひま掛けて アクリル板ってとこですね。
(なんか 学校の教材みたい・・)

お礼日時:2001/05/15 16:08

まず立方体で考えてみてください。


上部から斜めに切った場合、三辺が等しい三角形、つまり
正三角形ができます。
正三角形の内角はそれぞれ60度です。
次に直方体について考えてみます。
短い辺を底辺とする2等辺三角形ができます。
2等辺三角形が直角三角形であるためには、
等しい2辺が底辺より短くなくてはなりませから
直方体の切り口は直角三角形にはなりません。

つたない説明ですが、納得してくれといいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

直角2等辺三角形で せめるわけですね。

3DのComputerGraphicsを使うと うまく説明できるかもしれませんね。

お礼日時:2001/05/15 16:01

うーん言葉だけの説明では難しいですね。


三角形にするためには、3点をとうらなければならない。ってことは、直方体のそれぞれの角の所をとおるようにしないと、切り口は4点になってしまう。3点のところでは、切り方が決まっているので、形も決まってくる。この形をみると辺の長さが同じではないので、直角三角形にはならない。
って言ってもわからないか。。。

とりあえず、図を書いて説明したり、実際に作って切ってみせたり、"じゃあ、直角三角形を作ってみて"見たいなことをいってさせるとか。。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速 ありがとうございます。

10個くらい発泡スチロールで直方体を作ってやって それを こどもに
切らせたことがあります。
でも 納得してくれませんでした。

こどもは「だって 全部のばあいじゃないじゃない」って言うんですよ。
とほほ

お礼日時:2001/05/15 12:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三角錐と三角柱と直方体の頂点、辺、面

三角錐と三角柱と直方体の頂点、辺、面の個数を調べたときに、どんな法則がありますか?

Aベストアンサー

蛇足かもしれませんが、オイラーの法則について、塾で教えていたときの中2の幾何の教材の読み物ページにこんなものを載せていました。(ちなみに私はトポロジーのお話自体はまったく知らない素人です^^;)あくまで直感勝負で。(笑)

(1)まず、立体の面を1つ取り除き、その立体を「ぶにゅ~っと」つぶして平面にする。
(2)そこから辺を1つずつ取り除く。そうすると、
(2-1)面が1つなくなるか、
(2-2)頂点が1つなくなるか、のどちらか1つの現象が起こる。
(3)つまり(頂点)-(辺)+(面)の値はこの作業により不変であることがわかる。
(4)(2)の作業を繰り返すと、すべての辺を取り除く直前で、●---●(頂点-辺-頂点)という図になる。ここで最後の作業として(2-2)が起こり、頂点が1つだけ残る。
(5)(4)の頂点1つと(1)ではじめに取り除いた面1つも考えて、(頂点)-(辺)+(面)=2が成り立つ。

確かなんとなく、大きな箱の上に小さな箱を乗せてくっつけ、鏡餅のような立体を作った場合は、面どうしをくっつけた数、というのもパラメータに入ってきていたような気がします。CADのシステムを組まれる方とかはこういう話にお強いのでしょうか?

蛇足かもしれませんが、オイラーの法則について、塾で教えていたときの中2の幾何の教材の読み物ページにこんなものを載せていました。(ちなみに私はトポロジーのお話自体はまったく知らない素人です^^;)あくまで直感勝負で。(笑)

(1)まず、立体の面を1つ取り除き、その立体を「ぶにゅ~っと」つぶして平面にする。
(2)そこから辺を1つずつ取り除く。そうすると、
(2-1)面が1つなくなるか、
(2-2)頂点が1つなくなるか、のどちらか1つの現象が起こる。
(3)つまり(頂点)-(辺)+(面)の値はこ...続きを読む

Q直角三角形の斜辺に下ろした垂線によって作られる新しい三角形の系列は?

次々に作られていく新しい直角三角形の系列はどこかでフラクタルという概念に関係しているのですか。

Aベストアンサー

直角ともう一つの角度が等しくなりますので、三角形は互いに相似になりますし、部分を見たときに全体に等しくなりますから、
おっしゃられるとおり、フラクタルそのものだと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%AB

Q1=2を直角三角形で説明(アンサイクロペディアより

アンサイクロペディアの、直角三角形を利用した1=2の証明方法が不思議でなりません。
面積が変わるということはあり得るのでしょうか。

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/1%3D2

直角三角形を利用した証明方法

まず、上の図のような直角三角形をかく。
1ますを1平方センチメートルとすると、この三角形の面積は8×21÷2=84平方センチメートルである。
この三角形を上の図のように分解して、下の図のように同じ直角三角形になるように並べ替える。
この三角形も同じ直角三角形であるため、84平方センチメートルであるが、よく見ると中に穴が開いているので、パーツだけの面積は83平方センチメートルである。
同じパーツなので、面積は同じである。したがって、83=84。
両辺から82を引いて、1=2

Aベストアンサー

こんばんわ。
有名な数学パズルですね。

ある種、「錯覚」の問題でもあります。
ポイントとなるのは、黄色と水色の三角形です。

それらの斜辺の傾きを調べると、微妙に違っています。
具体的な値で評価してみれば、よくわかります。
3/8≒ 5/13(5/13の方が大きい)

つまり、全体の大きな直角三角形を見たとき、
・左の図の斜辺は少しへこんでいて、
・右の図の斜辺は少しふくらんでいます。

その差がちょうど「1」になっているので、いまのような問題ができるのです。

Q直角三角形

底辺が6cmで中心角が30度の図形で。
高さは日比より、1:2:√3
よりすべての辺に6をかけて高さはhは3となりますが。
比を使わない求め方はありますか?
高さは底辺の半分と考えてもいいのでしょうか?(直角三角形の場合は)

Aベストアンサー

No2です。
 △ABCで∠ABC=30°,∠ACB=90°のとき、辺の比は
   AC:AB:BC=1:2:√3 です。
 BCは比でいうと√3のところになるので、「すべてに6をかけて」ということが
 できません。もしかけるなら、この場合は√3に何かをかけて6になるようにすれば
 よいので、2√3をかけます。
   [1:2:√3]→[2√3をかけて]→[2√3:4√3:6]
 すると、高さのACは比でいうと1のところですから、2√3cmと求まります。

>比を使わない求め方はありますか?
  角度に30°や45°や60°を含む直角三角形の辺の長さは比から求めた方が速いです。
 (というか、1辺しか与えられない場合は比でやるしかありません)
  もちろん、直角三角形の2辺の長さがわかっていれば、残りは三平方の定理で求め
  られます。

>高さは底辺の半分と考えてもいいのでしょうか?
  こうなるのは、ごく限られた直角三角形(∠ABCがおよそ26.6°ぐらい)だけですから、
  そのようには考えない方がいいでしょう。

No2です。
 △ABCで∠ABC=30°,∠ACB=90°のとき、辺の比は
   AC:AB:BC=1:2:√3 です。
 BCは比でいうと√3のところになるので、「すべてに6をかけて」ということが
 できません。もしかけるなら、この場合は√3に何かをかけて6になるようにすれば
 よいので、2√3をかけます。
   [1:2:√3]→[2√3をかけて]→[2√3:4√3:6]
 すると、高さのACは比でいうと1のところですから、2√3cmと求まります。

>比を使わない求め方はありますか?
  ...続きを読む

Q直角三角形の斜辺の求め方

直角三角形で角は90°だけわかっています。
辺は斜辺を除く2辺がわかっています。
そのケースの斜辺の求め方を教えてください。

エクセルで使用するので
できれば関数も教えていただけますと助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

A1セルに高さ、A2セルに底辺が入っている場合
=SQRT(A1*A1+A2*A2)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報